ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「土居憲太郎(“兄貴”)」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「土居憲太郎(“兄貴”)」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

HelixのSIMロックフリーモデルも登場予定:
レノボ・ジャパンがアピールする「これがThinkPadだ!」
第5世代Coreプロセッサー・ファミリー導入ThinkPadシリーズを発表したレノボ・ジャパンは、同日行った説明会で、ThinkPadが企業の生産性向上にどのように貢献するのかを訴えた。(2015/2/10)

これもいわゆるPC+:
ドクター土居が説明する「現場で使うThinkCentre Tiny PC」
医師、アパレルオーナー、開発部長、そして、大学教授と1人四役で、土居のアニキはThinkCentre Tiny PCの実力を紹介した。(2014/9/25)

「ThinkPad X240s」ロードテスト:
第4回 大きく変わった「5ボタントラックパッド」を快適に使えるようにする、2つのコツ
業務に使うPCとして積極的にThinkPadを選んできた理由の1つに「トラックポイント」がある。今でもノートPCに搭載するポインティングデバイスとして唯一無二の存在だと確信しているが……。(2014/3/27)

変化できるから生き残る:
ビジネスシーンに強いThinkPadシリーズが「変わらずに、変わる」理由
2014年度導入を見込むThinkPadシリーズの新モデル3種が発表された。ハイパフォーマンスな8型タブやYogaボディの“新ワークスタイル対応デバイス”に加え、“キーボード命”なクラムシェルノートPCスタイルのX1 Carbonはなぜ大きく変わった「新キーボード」を採用したのか。(2014/1/28)

“手のひらサイズのThinkPad”も──「進化に真剣に取り組んだ」新ThinkPad 3機種
レノボ・ジャパンは、8インチWindowsタブレット「ThinkPad 8」を含むThinkPadの新製品3機種を発表した。(2014/1/28)

“マルチディスプレイ”で使おう、はかどるよ:
新ThinkPadシリーズが定義する「“PC+時代”のビジネスPC」
レノボ・ジャパンが新世代ThinkPad製品群を一挙投入。これからのビジネスPCに必要なポイントは何か、ビジネスPCとして導入事例が多い「Think」シリーズならではの強みをアピールした。(2013/10/16)

「ThinkPad」とタブレットを共存、“新しい働き方”を導入せよ:
「タブレット普及で、PCの重要度はさらに増す」──レノボの「PC+」法人市場戦略
レノボ・ジャパンが法人向けクライアント全5シリーズを発表。国内ではNEC レノボ・ジャパングループで、ワールドワイドではLenovoグループ全体で推進する「PC+」の法人市場向け戦略と“ThinkPadシリーズならでは”の点を改めて解説した。(2013/7/17)

ユーザーの実感としては法人だけじゃもったいない:
“法人向け販売現場の実感”としてXi対応ThinkPad Tablet 2に期待するドコモ
レノボ・ジャパンは、7月17日にNTTドコモの「Xi」に対応したThinkPad Tablet 2を紹介する説明会を行い、NTTドコモも、Xi対応のメリットを訴えた。(2013/7/17)

「ThinkPad Helix」開発チームインタビュー:
メカニズムは? サポートは? ホントにThinkPadなの?──「ThinkPad Helix」の気になるところを聞いてきた(後編)
新世代のThinkPadと銘打つ「ThinkPad Helix」だが、現ThinkPadユーザーとしていくつか気になる疑問もある。後編はそんな細かい疑問をいくつか確認する。(2013/7/5)

「ThinkPad Helix」開発チームインタビュー:
メカニズムは? サポートは? ホントにThinkPadなの?──「ThinkPad Helix」の気になるところを聞いてきた(前編)
普段はClassic ThinkPad、時にはタブレット。着脱・変形機構を採用した新世代のThinkPad「ThinkPad Helix」はどんな経緯で開発されたか。「本当にThinkPadシリーズなのか?」の疑問を解消すべく、レノボ・ジャパン「大和研究所」のThinkPad Helix開発チームに話を聞いた。(2013/7/4)

これが、近い将来のPCの姿か:
写真と動画で見る「ThinkPad Helix」──分解モデルも公開
PCもタブレットも「どちらも妥協しない」──。LenovoのハイブリッドUltrabook「ThinkPad Helix」が国内でもいよいよ登場する。外観+分解モデルとともに、Lenovo大和研究所が工夫を込めたポイントをチェックする。(2013/4/9)

ノートとタブレットのいいとこ取り──脱着式Ultrabook「ThinkPad Helix」登場
ディスプレイ部を外してタブレットとして使える脱着式Ultrabook「ThinkPad Helix」が登場した。(2013/4/9)

若干数ってどのくらい……:
レノボ・ジャパン、ThinkPad Tablet 2の販売を1月25日に開始
ThinkPad Tablet 2が“日付が変わったころ”から販売を開始する、が、初回分日本割り当て台数がなくなり次第、販売を終了するという。(2013/1/24)

Bluetoothキーボードも小さな基板も見ました:
レノボ・ジャパン、「ThinkPad Tablet 2」技術説明会
CloverTrailなAtomとWindows 8を導入するThinkPad Tablet 2は、スペックだけを見ても初代から大きく進化した。出荷はまだ先という第2世代を大和のメンバーが解説する。(2012/11/16)

IdeaPad U1 Hybridがこうなりました:
何がゆえのHybrid──大和が語る「ThinkPad X1 Hybrid」の必然性
レノボ・ジャパンは、ThinkPad X1 Hybridの技術説明会を2月7日に行った。2012 CES以外では初公開となった“デュアルCPUデュアルOS”ノートPCの概要を紹介した。(2012/2/8)

古田雄介のアキバPickUP!:
「年末直前まで新製品が出そう」――ノートPCを“2画面化”できる液晶ディスプレイが話題
週末の3連休から本格的に年末モードに突入したアキバ電気街。しかし、PCパーツの新製品の投入ペースは衰えない。先週は拡張ディスプレイ「On-Lap 1301」やEVGAのデュアルGPUカードなどが登場している。(2011/12/26)

ThinkPad Tabletの“重要な”もう1面を知る:
ThinkPad Tabletでシステム管理者が幸せになる理由
これまでのAndroidデバイスは、システム管理者にとって“制御不能”な邪魔者だった。しかし、ThinkPad Tabletは、“制御可能”なAndroidタブレットとして登場した。その付加価値を確認する。(2011/12/14)

メイド イン “米沢”のThinkPad登場か?:
レノボ・ジャパン、米沢事業所で“Thinkプロダクツ”一部モデルの生産を検討
レノボ・ジャパンは、現在中国で行っているThinkPad、ThinkCentreの生産を、法人向けの一部モデルで米沢事業所に移行する検討作業を開始した。(2011/12/13)

5分で分かるPC USER人気記事:
Ultrabook、新CPU、HMDが欲しい11月
11月は「Ultrabook」や「新世代CPU」の記事が注目を集めました。ASUSの薄型軽量ノートPC「ZENBOOK」は3本がトップ5入り。そんなことよりHMDがだな……。(2011/12/2)

これがプロフェッショナルツールだ!:
“大和”魂のAndroidタブレットデバイスはここが違う!──ThinkPad Tablet技術説明会
ビジネス利用を重視したThinkPad Tabletは、後発のAndroidタブレットデバイスながら、「ほかのものとはわけが違う」という。なにがいったいどう違うのか?(2011/9/30)

タブレットなのにキーボードの打ち心地?:
ビジネス、コンシューマーに特化したAndroidタブレットをアピール
レノボ・ジャパンは、8月2日に同社が発表したタブレットデバイス「ThinkPad Tablet」と「IdeaPad Tablet K1」の製品説明会を行った。(2011/8/2)

ボクら的に主役はこちら:
正式発表前の「ThinkPad Tablet」「IdeaPad Tablet K1」を初公開
レノボ・ジャパンは、中田英寿氏を起用するブランドキャンペーンに関する説明会を行い、同社が投入予定で正式発表前のタブレットデバイスが紹介された。(2011/7/19)

古田雄介のアキバPickUp!:
“兄貴”復活「レノボ祭り in 秋葉原」――レノボ製品が勢ぞろい
秋葉原UDXの2階でユーザーイベント「レノボ祭り in 秋葉原」が開かれた。そこにはレノボのハッピを着た土居憲太郎氏の姿があった。(2010/7/25)

元日本AMD、土居氏は今:
“兄貴”のロングバケーション――土居氏と兄貴とikinaとアキバ
アキバの“兄貴”こと土居憲太郎氏が昨年末に日本AMDを退社した。それからおよそ1カ月後、長い休暇を楽しむ同氏の現状と今後について、ビールを飲みながらまったりと聞いた。(2010/2/12)

古田雄介のアキバPickUp!:
「2010年は6コア、2011年はFusionでPCが劇的に変化」――2009年最後のAMDイベント
Radeon HD 5000ファミリーが売れに売れてホクホク顔のAMDが、ユーザーイベントを実施。GPUはもちろん、CPUの今後について計画を明かし、CPUとGPUを融合したプラットフォームが着々と進んでいることをアピールした。(2009/12/20)

古田雄介のアキバPickUp!:
「使う側にも作る側にもいいカンフル剤が来た」――DIY PC Expo 2009開催
アキバで最大級の自作PCイベント「DIY PC Expo 2009」が開かれ、近未来のアキバを彩るであろうさまざまなアイテムが一堂に会した。(2009/11/1)

アキバの“駅むこう”では?:
「業界の活性化につながると期待している」――Windows 7発売記念イベント
10月22日にWindows 7が発売され、秋葉原のヨドバシカメラ マルチメディアAkibaでカウントダウンイベントが開催された。桃井はるこさんや矢口真里さんなどもゲストとして駆けつけ、新OSの登場を祝った。(2009/10/22)

古田雄介のアキバPickUp!:
「10年に1度クラスのお祭り」――本気の盛り上がりをみせたWindows 7深夜販売
10月22日0時、ついにDSP版Windows 7の一般向け販売がスタートした。そのとき、深夜販売慣れしているはずのPCパーツショップのスタッフには、あまりの反響に疲労の色さえ浮かんでいた。(2009/10/22)

Windows 7深夜販売:
Windows 7の一般販売が解禁――真夜中のアキバに1000人を超える群衆
10月22日0時、DSP版Windows 7の一般向け販売が始まり、秋葉原の深夜販売は多くの人で賑わっていた。各ショップのカウントダウンの様子をお伝えしよう。(2009/10/22)

さあ、祭りが始まるぞっ!──神様と兄貴がWindows 7で盛り上がる前夜祭
22日零時のWindows 7出荷開始を前に、異様に盛り上がる秋葉原。ボルテージをさらにアップすべく、インテルとAMDの名物男が立ち上がったっ!(2009/10/21)

古田雄介のアキバPickUp!:
「1000人以上集まるかも」――Windows 7深夜販売に名乗りを挙げるショップたち
Windows 7解禁まで1週間を切り、アキバ各ショップは次々と深夜販売に名乗りを挙げている。今回は“マナーよく楽しむ”ことが重要になりそうだ。フェイスとパソコン工房の巨大店舗もオープン!(2009/10/19)

古田雄介のアキバPickUp!:
「Windows 7なんてまだ先っス」――次の深夜販売は「PT2」!?
P55マザーとCore i7/i5の深夜販売が終わったばかりのアキバだが、10月初頭に次の深夜販売があると三月兎3号店が明言。対象はアースソフトのチューナーカード「PT2」だ!(2009/9/14)

5分で分かった気になる、8月のアキバ事情:
“7時代”の新チップセットが光った8月のアキバ
秋葉原ではAMD 785Gマザーの登場とP55マザーの展示が話題を集め、Windows 7へ向けた新マシン構築の需要が漂い始めている。低価格なBDドライブやハイエンドケースの新製品も脚光を浴びた。(2009/9/4)

古田雄介のアキバPickUp!:
「今回はI社さんより先にやりたかった」――Windows 7時代に先手必勝で挑むAMD
AMDが夏のユーザーイベントをアキバで開催。主役は新チップセット「AMD 785G」だが、発売を間近に控えるWindows 7を強く意識した企画となっていた。そして、ライバルへの対抗心を再びむき出しに。(2009/8/30)

“TWKR”なPhenom IIの6GHzオーバーデモを“kwsk”解説
日本AMDは、「Phenom II X4 42 Black Editon TWKR」のライブデモを公開。“1トライ約1000円”の液体窒素をふんだんに使った冷却で6GHzオーバーに挑んだ。(2009/6/30)

5分で分かった気になるアキバ事情:
ハイスペックと“エコ”のあいだでトレンドが揺れた4月のアキバ
「Phenom II X4 955 Black Edition」や「Radeon HD 4890」などのハイエンドパーツが注目を集めた4月。一方で省電力版GeForce 9600 GTカードが人気を集めるなど、エコ仕様のモデルが好調に売れていた。(2009/5/3)

古田雄介のアキバPickUp!:
OCもコア倍増も省電力も味わえる――ユーザーイベント「AMDグリーンの真髄」
AMDがユーザーイベント「AMDグリーンの真髄」を開催。“兄貴”が最新最強の「Phenom II X4 955 Black Edition」や、登場したばかりの「RADEON HD 4770」などを紹介した。(2009/4/30)

4月29日は「AMDグリーン」の日──AMDイベントで最新ロードマップをキャッチしよう
日本AMDは、4月29日に秋葉原ユーザーイベントを開催する。Phenom II X4 955 Black Editonなど発表されたばかりの新製品が紹介される。(2009/4/24)

2009年のAMDは「チェンジをチャンスに変える」
日本AMDは、1月29日に2009年の事業方針説明会を行い、AMDが注力していく分野や2010年にかけてのロードマップなどが紹介された。(2009/1/29)

古田雄介のアキバPickUp!:
「2009年になって、ようやくAMDの力が出せたかなと」――Phenom IIで飛躍するAMD
1月10日に登場した新型CPU「Phenom II」にあわせて、AMDがユーザーイベントを実施。インテル製CPUとのベンチマーク対決やオーバークロックの解説など、いろいろと踏み込んだ内容だった。(2009/1/14)

っていったら、やっぱりアレですか?:
“新製品の最新情報があるかも”と日本AMDが告知する新春イベントは2009年1月10日
日本AMDは、「年明けに相応しい最新情報」を紹介するイベントを2009年1月10日に行う。2008年を振り返るとともに最新のロードマップが紹介される予定だ。(2008/12/24)

古田雄介のアキバPickUp!:
待望の「KUMA」登場も、「AMDはいつもタイミングが悪いッス」
コードネーム「KUMA」こと、AMDのK10世代デュアルコアCPUが登場した。そこそこ好評に売れているが、ウワサが出てから1年以上経ったためか、ショップの反応は少しだけ冷めている様子。(2008/12/21)

古田雄介のアキバPickUp!:
“自作の次”の道を何本も示した「DIY PC Expo Autumn」
自作PCパーツなどの最新製品を一堂に会した「DIY PC Expo Autumn」が開催され、大勢のユーザーがつめかけた。不景気なニュースを吹き飛ばす、威勢のいいパーツを紹介していこう。(2008/11/4)

古田雄介のアキバPickUp!:
“クビ”の緊張から解き放たれたAMD陣が、アップを始めました
秋葉原で行われたユーザーイベント「AMD 秋の大収穫祭」では、好調に売れ続けるRADEON HD 4000シリーズやAMD 790GXの製品紹介とデモのほか、最近影が薄かったCPUのロードマップも公開された。(2008/10/20)

祭りだっ、遅れるなっ!──AMD、「秋の大収穫祭」をアキバで開催
日本AMDは、Radeon HD 4000シリーズをまるごと紹介するユーザーイベントを10月18日にアキバで開催する。CEATEC 2008で行われたデモやブースが再現される予定だ。(2008/10/17)

古田雄介のアキバPickUp!:
AMD GPUの首領がアキバにぶらり、大名行列が発生していた
AMDでグラフィックス製品を統括するリック・バーグマン氏がアキバのPCパーツショップに現われ、多数のサイン入りグッズを残していった。(2008/10/1)

CEATEC JAPAN 2008:
初めてのCEATECだから、「AMD HD! Experience」をアピールする
AMDはCEATEC会場に設けた自社ブースで、「AMD HD Experience!」を紹介するカンファレンスイベントを開き、AMDのHDコンテンツ再生技術を訴求した。(2008/9/30)

古田雄介のアキバPickUp!:
「Wind Notebook U100」の再入荷は7月末?――“神様”と“兄貴”も登場したMSIイベント
MSIがユーザーイベントを秋葉原で開催。話題のWind Notebookや発表したばかりの新型ノートPCなどを展示し、“たまたま”来場したサプライズゲストによる講演などが行われた。(2008/7/27)

古田雄介のアキバPickUp!:
「ATIとくっついた強みが出てきた」――GPUの活用を示したAMDイベント
RADEON HD 4850/4870が好調に売れ続けるなか、AMDは「納涼 AMD祭り」を開催し、同GPUの新しい活用法を紹介した。(2008/7/14)

古田雄介のアキバPickUp!:
ミニPC戦線拡大――Atom搭載の新型Eee PCがアキバに登場
今週末のアキバで目玉に挙げられたのは、いよいよ販売が始まった「Eee PC 901-X」。一方、500GバイトHDDの低価格競争はついに5000円台へ突入した。(2008/7/12)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。