ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「雇用」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「雇用」に関する情報が集まったページです。

今日のリサーチ:
AI導入でも雇用はそのままか、むしろ増える グローバル調査で経営者とITリーダーの6割以上が回答
AvanadeはAI導入への備えに関するグローバル調査を実施しました。(2024/2/25)

第8回 JAPAN BUILD TOKYO:
CCUS連携で1現場あたり月間10時間を削減 MCデータブラスの「建設サイト・シリーズ」
建設業で時間外労働の上限規制が2024年4月1日にスタートすることに伴い、現状では紙ベースのために長時間作業の温床となっている勤怠や就業履歴の管理を、どう効率化するかが問われている。(2024/2/15)

ドミノ・ピザ、SNSで拡散している従業員の不適切動画めぐり謝罪 「厳正な法的措置も検討」
就業規則に則り厳正に処分するとしています。(2024/2/12)

1100人に調査:
「休日は対応しない」3割 つながらない権利、進展してる?
「つながらない権利」への関心が高まる中、国内でも「就業時間外は業務に対応しない」という考え方を持つ人が増えていることが、NTTデータ経営研究所の調査で分かった。(2024/2/9)

キャリアニュース:
70歳定年時代で「定年の年齢、定年後の再雇用有無を気にする人」が増加
「ミドルの転職」が「ミドルの就業継続意向」についての調査結果を発表した。70歳定年時代を受けて、「定年の年齢や再雇用有無を気にする人が増えた」と、61%の転職コンサルタントが回答した。(2024/2/8)

ブーメラン社員は人材不足の救世主になるか【後編】
「こんなはずじゃなかった」 ブーメラン社員を安易に受け入れた企業の末路
退職後に再雇用される「ブーメラン社員」は、即戦力が期待できる人材だ。ただし、採用する際にはさまざまな点から情報を整理し、他の従業員に配慮する必要がある。管理職が留意すべきポイントは。(2024/2/8)

“キラキラ若手”が会社を辞める3つの要因
就業者の幸せな活躍にとって重要な社会へのエンゲージメントを「ソーシャル・エンゲージメント」という。このソーシャル・エンゲージメントという概念を用いながら、若者の仕事意欲の低下や離職リスクなどについて解説する。(2024/2/6)

60歳以上の転職者が希望する年収 2位は「500〜599万円」、1位は?
エン・ジャパンは、人材紹介サービスの転職コンサルタントを対象に「ミドルの就業継続意向」について調査を行った。60歳以上の転職希望者が希望する年収帯で最も比率が高かったのは「600〜699万円」だった。(2024/2/2)

増加する、60歳超えの労働者:
定年後の嘱託社員、最低賃金での雇用はアリなのか?
60歳の定年後に社員を再雇用する場合、給与はどれくらい支給すべきでしょうか? 6割程度が一般的と聞きましたが、最低賃金での雇用もアリなのでしょうか?(2024/2/2)

東京エレクトロン宮城との連携強化:
トルンプ、仙台市に技術拠点を新設 従来の3倍規模に
トルンプは、仙台市に新たな技術拠点として「宮城テクニカルセンター」を開設した。同社製品の修理や点検を担う施設で、将来的にはエンジニア20人程度を含む約30人が就業する予定だ。(2024/1/26)

AWS、東京・大阪リージョンに2兆2600億円を投資 その効果は?
Amazon Web Servicesは日本のクラウドサービス需要拡大に応え、東京と大阪のリージョンに2兆2600億円を投資すると発表した。これによってGDPに5兆5700億円の貢献と3万500人以上の雇用支援が見込まれる。(2024/1/23)

希望の年収の決め方 「同程度とした」「低くした」「高くした」のうち最も多かったのは?
希望の年収や雇用形態などについて、雇用形態別、年齢別、男女別に回答をみた。(2024/1/15)

産業動向:
「就業時間は減少傾向も、長時間労働の状態が続く」“2024年問題”を踏まえた建設業の人材動向を調査
ヒューマンリソシアは、「2024年問題」を踏まえ、建設業の人材動向を調査した。調査結果によると、就業時間は減少傾向にあるが、他業界と比較すると、依然として長時間労働の状態が続く実態が判明した。(2024/1/12)

CFO Dive:
白熱するAI人材争奪戦 約5000万円の給与を支払う求人例も
AIスキルを持つ人材の雇用は多くの企業にとって優先事項だが、その大半は適切な候補者を見つけるのに苦労している。(2024/1/12)

労働市場の今とミライ:
定年後の再雇用、賃金50%減の「妥当性」は? ”異例の判断”が下った判例から考える
60歳の定年後、再雇用で賃金が下がるのはよく聞く話だ。再雇用社員の賃金が5〜7割下がるのが一般的だが、果たして妥当な設計なのか? ”異例の判断”が下った「名古屋自動車学校事件」の裁判例を基に考察する。(2024/1/10)

「ジョブ型成功には企業の覚悟が不可欠」 "脱年功序列"の活路はどこにある?
多くの日本企業が直面している根本的な問題は、日本が少子高齢化している中、若手従業員を雇用すること難しくなっていることだという。年功序列を辞めるためにやるべきこととは何か。(2023/12/22)

アルムナイネットワークを構築する7つのヒント【後編】
退職した人材の再雇用を狙う「アルムナイ制度」 企画倒れで終わらせないポイントは
人事部門が「アルムナイ制度」(退職者を再雇用する仕組み)を構築し、コミュニティーを長く存続させたいなら「やるべきこと」と「やり過ぎてはいけないこと」がある。それは何か。(2023/12/21)

「週5出社」を貫く企業の行く末【後編】
「出社義務化」でやめる人、なぜか得する“あの会社”
オフィス回帰の動きが見られる一方で、オフィス回帰が離職率を高めるといった課題も顕在化しつつある。人材分野の専門家によると、今後はオフィス回帰が人材と雇用する側の企業にある影響を与える可能性がある。(2023/12/15)

定年退職後も失業手当はもらえるの? イマサラQ&A
40歳や50歳での退職ではなく、定年退職後に仕事を探している場合も失業手当(雇用保険の基本手当)はもらえるのですか。(2023/12/10)

アルムナイネットワークを構築する7つのヒント【前編】
採用難から注目集まる「アルムナイ」制度 参加したくなるグループとは?
人材不足と採用難から、人事部門は「アルムナイ」(退職者)を再雇用する仕組みに熱視線を送っている。企業主導でアルムナイのコミュニティーを立ち上げ、魅力的な参加者を集めるためのこつは。(2023/12/7)

フルタイムのパート社員という矛盾:
中小・零細を支える謎の「フルタイムパート」 就業規則の規定に合致しない存在だが、問題は?
正社員と同じ時間働いているのに扱いは「パートタイマー」という働き手がいます。彼らの問題移転と企業側の対応策について解説します。(2023/11/30)

「幸楽苑」が6年ぶりに正月営業する理由とは? 「“働く人の気持ち”は大事だが、雇用を守ることも大事」
2018年度の年末年始、売上を失ってでも「働く人の気持ち」を守ることが大切と新聞広告を打って以来、正月はお休みしていた。(2023/11/23)

CFO Dive:
ロボットが人の仕事を奪う未来がすぐそこに? Amazonが試験運用を開始
Amazonは以前から業務におけるテクノロジーの活用を強化しており、現在では75万台以上のロボットを保有している。ロボットによって人間の雇用は奪われるのだろうか。(2023/11/23)

パーソル調べ:
高齢者ほど「長く働き続けたい」傾向強く なぜ?
パーソル総合研究所(東京都港区)が、シニア就業者(60〜69歳)、およびプレ・シニア就業者(55〜59歳)の就業実態・意識について調査を実施した。(2023/11/21)

帰国先で年間90日テレワーク可 KADOKAWA、外国籍社員に新制度
KADOKAWAが外国籍社員向けに一時帰国先で年間最長90日間テレワーク可能とするリモートワーク制度を導入した。IP事業の海外展開を進める中、外国籍社員の就業環境を整備する狙いがある。(2023/11/10)

建設業の人材動向レポート(51):
建設業の転職動向「転職による全入職者は減少も、20代は大幅増」【独自調査】
本連載では、総合人材サービス会社で建設業向けの人材サービスを展開するヒューマンリソシアが、独自に調査した建設業における人材動向を定期レポートとしてお届けする。建設業従事者の人材動向に関する実態を解明し、建設業各社の採用・定着に向けた戦略を考えるうえで少しでもお役に立てれば幸いである。今回は、厚生労働省「雇用動向調査」をもとに、建設業の転職市場を調査した。(2023/11/8)

労働市場の今とミライ:
政府による「転職のススメ」 失業給付のタイムラグ解消で何が起きる?
政府が「雇用の流動化」つまり転職の推進に熱心だ。これにより日本の賃金を上げることを狙っているが、転職の推進によって本当に賃上げが実現できるのだろうか。失業給付のタイムラグ解消やキャリアコンサルタントの支援などの具体的な施策で見込める効果と懸念点について言及する。(2023/11/9)

全国平均1002円:
最低賃金1000円超で「失業者の増加」は真実か? 急激には悪化しない3つの理由
「最低賃金をアップさせると、倒産や人員の源泉により雇用機会が失われ失業者が増える」というのは経済学の世界では長くありました。10月に最低賃金が全国平均1002円になり、初めて1000円超を記録しました。今回の改定で失業者増になってしまう可能性はあるのか、考えてみましょう。(2023/11/6)

なお、増えてもまだ足りない模様:
北米や欧州を抑え、日本が「セキュリティ人材の増加率」でトップに ISC2
ISC2は、年次グローバルサイバーセキュリティ人材調査の2023年版を公開した。日本のサイバーセキュリティ人材は、対前年比23.8%増の48万659人で、2022年から9万2000人以上が新たに雇用されたことが明らかになった。(2023/11/2)

プログラミングのこれまでとこれから【第4回】
大人気になるプログラマーやエンジニア職「10選」はこれだ
世界的な不況が起きても、プログラマーやエンジニアなど技術職の雇用市場は活況だ。その中でもこれから特に需要が高まり、“引く手あまた”になる職種「10選」と、その仕事を紹介する。(2023/10/30)

AIとクラウドの活用で2030年までに1.9兆円相当の生産性向上効果:
中堅中小企業のクラウド導入を加速させる「重要な5つの推奨事項」 AWSが発表
AWSは、AIとクラウドを活用して社会課題の解決に取り組む中堅中小企業に関するレポートを発表した。中堅中小企業がクラウド主導の技術を採用することで、2030年には医療、教育、農業の分野全体で年間総額1兆9000億円相当の生産性向上効果と520万人の雇用が生み出されるという。(2023/10/26)

働き方の見取り図:
政府の雇用支援、どれも上すべり 賃金アップ、年収の壁解消……真の目的は「現状維持」?
リスキリングの推進に5年で1兆円の予算を注入する、最低賃金1500円を目指す――矢継ぎ早に打ち出される政府の施策は、本当に働き手が効果を実感できるものなのか。(2023/10/11)

プログラミングのこれまでとこれから【第1回】
不況でも稼げるプログラマーが知っている「プログラミング」の基本はこれだ
プログラマーの雇用市場は活況を呈している。雇用市場の概況から特に需要のある分野を見つつ、プログラミングの基礎知識をおさらいする。(2023/10/11)

労働市場の今とミライ:
「ジョブ型で、賃金が上がる」をどこまで信じていいのか──政府方針に大きな矛盾
政府がジョブ型雇用の推進に積極的だ。個人はリスキリングで時代に合ったスキルを身に着け、企業側は求めるスキルを明確にしたジョブ型雇用の導入をすることで、転職を促進、働く人の賃金が上がる仕組みを作っていくことを狙いとしている。しかし、本当にジョブ型を採用することで賃金が上がるのだろうか?(2023/10/6)

「出戻り社員」を採用する企業が増加 どんな効果があるの?
リクルート(東京都千代田区)が企業で働く人事担当者を対象に調査を行ったところ、半数以上の企業がアルムナイ採用を行っていることが分かった。元社員の再雇用にはどんな効果があるのだろうか。(2023/9/28)

1000人の雇用創出:
日本で初の仕分け拠点 「ソートセンター」、東京・品川に開設 米アマゾン
日本初のAmazonの仕分け拠点となる「ソートセンター」が開設。商品の保管や梱包を行う「フルフィルメントセンター」と、配送を行う「デリバリーステーション」をつなぐ、配送網の中間拠点。新たに約1000人の雇用も創出する。(2023/9/30)

働き方の見取り図:
最低賃金1500円に上げれば解決? “そこじゃない感”が拭い切れないワケ
非正規雇用者が抱える課題は、最低賃金さえ上げれば解決するというものではない――。非正規雇用を形成している各雇用形態の課題とは、どのようなものがあるのか。(2023/9/25)

企業の安易な姿勢:
リーマンショック15年 非正規の割合はどうなった?
米証券大手リーマン・ブラザーズが経営破綻し、世界同時不況を引き起こしたリーマン・ショックから15日で15年を迎えた。世界を襲った金融危機の影響は遠く離れた日本にも波及。製造業を中心に非正規社員の雇い止めなどが相次ぎ、非正規雇用の待遇の悪さや不安定さが浮き彫りとなり社会問題に発展した。(2023/9/17)

建設業の人材動向レポート(50):
【独自調査】平均年収は増加傾向で全産業平均を上回るも、男女間の格差は広がる
本連載では、総合人材サービス会社で建設業向けの人材サービスを展開するヒューマンリソシアが、独自に調査した建設業における人材動向を定期レポートとしてお届けする。建設業従事者の人材動向に関する実態を解明し、建設業各社の採用・定着に向けた戦略を考えるうえで少しでもお役に立てれば幸いである。今回は、建設業で就業している正社員の給与動向と推移についてリサーチした。(2023/9/14)

リクルート調べ:
Z世代の転職、5年で2倍に 理想の環境は?
リクルートは8月30日、Z世代(26歳以下)の就業意識に関する調査結果を発表した。Z世代の転職は5年前と比較し約2倍の増加が見られ、「終身雇用」のキャリア観とは異なる様相を見せた。(2023/8/31)

親会社の株式譲渡に反発:
「池袋に百貨店を残そう」──「そごう・西武」労組がスト実施 駅前で雇用維持訴え
そごう・西武の労働組合がストライキを実施。これに伴い池袋本店が全館臨時休館となった。本店がある池袋駅前では、組合員がビラを配布し、ストライキに理解を求めた。(2023/8/31)

61年ぶり:
そごう・西武“最終手段”ストライキ発動 要因は“物言わぬ”セブン
そごう・西武の労働組合は8月31日、西武池袋本店でストライキを予定している。ストライキという“最終手段”に発展した要因として、小売・流通アナリストは「売却後の雇用について明言されず、ここまでもつれた」と指摘する。(2023/8/30)

女性雇用がスキルギャップを埋める【第2回】
“万能のアプローチ”はないけれど ServiceNowが語るIT業界に女性を呼ぶ方法
IT業界の人材不足を解決する方法の一つとして女性の雇用が挙がっている。一方で女性に魅力を感じてもらう方法を理解していない企業もある。業界や企業はこの問題をどのように考えればよいか。(2023/8/30)

女性雇用がスキルギャップを埋める【第1回】
7割の技術者が「スキルギャップ解決の鍵は女性雇用」と回答 でも現実は
IT業界の課題であるスキルギャップの解決手段として英国技術者の約7割が「女性の雇用」を挙げた。では実際、企業は「女性の雇用」に力を入れているのか。(2023/8/27)

公認会計士の平均年収は? 20代で700万円超
転職サイトを運営するMS-Japanは「公認会計士の雇用実態レポート」を発表した。公認会計士の平均年収は……。(2023/8/24)

男女400人に聞いた:
20代非正規雇用者の「理想の年収」 2位「300〜350万円未満」、1位は?
就職支援事業を手掛けるジェイックが、20代の非正規雇用者を対象に「理想の年収と将来のための長期投資」に関するアンケート調査を行った。(2023/8/23)

建設キャリアアップシステム:
小規模現場でのCCUS就業履歴蓄積をサポート、キャリアリンクを活用
コムテックスと建設業振興基金が、建設キャリアアップシステム(CCUS)による小規模現場での就業履歴蓄積をサポートする「CCUSかんたんスタートキャンペーン」を実施する。入退場管理システム「キャリアリンク」を活用。(2023/8/21)

人づてでは職人や工事会社の確保に限界も:
PR:建設業界の人手不足が深刻化、求める人材に効率的にアプローチする方法は?
技術者の高齢化や若手就業者の減少による人手不足が課題となる建設業界。働き方改革関連法による時間外労働時間の上限規制適用も迫る中、解決は急務だ。そんな中 、「助けの手」となり得るサービスを導入し、事業を拡大する企業もある。(2023/8/21)

約3万人に聞いた:
約8割が「職場でマスク着用」 着用率が高い職種は?
パーソル総合研究所が行った意識調査によると、就業時のマスク着用率は79.8%で約8割だった。最も着用率が高い職種は?(2023/8/16)

ファミリーマート、就業時間を1時間繰り上げる「ファミマサマータイム」を今年は延長実施、その背景は
厳しい暑さへの対応策になるのでしょうか?(2023/7/21)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。