ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「雇用」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「雇用」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

いまさら聞けないジョブ型雇用:
ジョブ型雇用のために、人事部門に求められる自己改革
ジョブ型雇用を日本企業で確実に根付かせていくためには、まず人事部門が変わらなければいけないことを説明します。(2021/6/21)

360度評価は廃止、成果主義を徹底:
なぜ? ジョブ型とメンバーシップ型を「併用」──スタートアップだからこそ“時代を見据えた”制度設計
ジョブ型雇用と、メンバーシップ型雇用は、対立構造で語られることが多い。しかし、これらを併用している企業がある。「くらしのマーケット」を運営する、みんなのマーケット(東京都渋谷区)だ。その理由とは?(2021/6/16)

どこかで折り合いを:
コロナ禍でも、諸外国に比べて日本の失業率が低い理由
新型コロナウイルスが原因で解雇や雇い止めされた人の累計が先日10万人を超えたと発表された。5月14日時点での累積値として解雇等見込み労働者数10万3593人、雇用調整の可能性がある事業所は12万9313カ所となっている。(2021/6/14)

Q&A 総務・人事の相談所:
「一度昇格したら降格しない」人事制度が限界です。ジョブ型雇用に変更すべきでしょうか?
社員の高齢化に伴い、「一度昇格したら降格しない」人事制度が限界を迎えている──このような場合、どうしたらいいのだろうか。人事コンサルタントが解説する。(2021/6/14)

働き続けたい年齢:
定年後の再雇用、年収はどうなる? 約9割が「下がる」現実
パーソル総合研究所は、シニア人材の就業実態や就業意識に関する調査を行った。定年後の再雇用で、約9割の人の年収が下がっていることが明らかに。(2021/6/12)

新たな可能性、「プロフェッショナル派遣」は日本を救えるか?
日本の終身雇用制度は数年前から崩れ始めている。市場変化の激しい今、正社員のみでは、社内の改革やイレギュラーな事象に対応できない。では、どうするべきか。筆者は「プロフェッショナル派遣」を解決策の一つと見ていて……。(2021/6/11)

飲食サービス業が招く空洞化 雇用消え日本経済は「下方屈折」
 東京都などへの緊急事態宣言が20日まで延長され、4〜6月期の国内総生産(GDP)が2期連続のマイナス成長になる可能性が高まってきた。問題は飲食業を中心にした対面型サービス企業が持ちこたえることができず、この分野の雇用が「空洞化」する危険性が出てきたことだ。(2021/6/10)

建設キャリアアップシステム:
顔認証の入退場記録と“建設キャリアアップシステム”の就業履歴を「Buildee」で一元管理、鹿島が全現場へ導入
鹿島建設は、顔認証システムに登録する正確な就業履歴と、同社の全建築現場で供用中の施工管理システム「Buildee(ビルディー)」、さらに建設キャリアアップシステム(CCUS)とも連携させることで、次世代の担い手確保策の有効策として、技能労働者の処遇改善と現場運営のさらなる効率化につなげることを目指している。(2021/6/8)

産業動向:
建設技術者の雇用動向「新型コロナの影響は限定的」、ヒューマンリソシア総研
ヒューマンリソシア総研は、国内における建設業の人材市場動向をまとめた2021年5月分のマンスリーレポートを公表した。今月のトピックスでは、厚生労働省の「一般職業紹介状況」をベースに、2020年度の建設技術者を対象にした雇用環境の動向を探っている。(2021/6/1)

DXを阻むのは「雇用文化」? 日本企業が改革できない“3つの理由”
なぜ、日本企業はデジタルトランスフォーメーション(DX)をうまく進められないのだろうか。ITエンジニアの雇用と育成にまつわるサービスを提供するpaizaの社長の片山氏が、「DXとは何かの理解」「雇用文化」「経営」の3つの側面から解説する。(2021/5/28)

LINEも勤務時間中のワクチン接種OKに
LINEが勤務時間中の新型コロナワクチン接種を認める方針を発表した。雇用形態は問わず、同社が直接雇用する全従業員が対象。(2021/5/26)

キャリアニュース:
2回目の緊急事態宣言下では、テレワーク実施率は減少傾向に
リクルートワークス研究所が、「全国就業実態パネル調査2021」の臨時追跡調査の結果を発表した。1回目の緊急事態宣言下で急速に伸びたテレワーク実施率は、2回目の宣言下で減少していることが分かった。(2021/5/20)

いまさら聞けないジョブ型雇用:
ジョブ型雇用で「昇格」という言葉を使っちゃう会社が、うまくいかないワケ
前回に引き続き、日本企業にジョブ型雇用を定着させる上で重要な論点について話を進めます。日本企業における「昇格」というものを考えることからスタートします。(2021/5/19)

労働環境の変化に対応:
旭化成、3万人規模で新たな経費精算プラットフォーム構築へ SAP ConcurとWalkMeを導入
旭化成は間接費管理基盤として、コンカーのSAP Concurソリューションとデジタルアダプションプラットフォーム「WalkMe」を採用した。コロナ禍で大きく変化した労働環境に対応する就業環境を整備する。(2021/5/18)

注意点は:
デジタル払い、前払い……新たな給与支払いの方法を押さえておこう
外国人労働者や非正規雇用者の増加に伴い、新たな給与支払いの方法が注目されています。ここでは、「デジタル払い」「前払い」について、労務・税務上の注意点を確認します。(2021/5/18)

Q&A 総務・人事の相談所:
定年再雇用「60歳以降、1年ごとに1割給与を減らす」はOKですか?
定年再雇用を新設する際、「60歳以降、1年ごとに1割給与を減らす」制度は問題ないか。実例を踏まえ、人事コンサルタントが解説する。(2021/5/17)

ソフトバンクも就業中のワクチン接種OKに 家族の接種付き添いにも特別有給を付与
ソフトバンクが、社員が就業時間中に新型コロナワクチンを接種することを認めると発表。接種後に体調が悪くなった社員や、家族のワクチン接種に付き添う必要がある社員には、最大2日間の特別有給休暇を付与する。(2021/5/14)

実現が近づく「給与デジタル払い」とは何か 得をするのは誰なのか
給与を「○○Pay」などのキャッシュレス決済サービスで支払う「給与デジタル払い」。政府は2021年度の早期に給与デジタル払いを制度化する方針だが、事業者、雇用者、労働者にはどんな影響があるのか。(2021/5/14)

クラウドワークスも就業時間内のワクチン接種OK ヤフーに続き
クラウドワークスは5月13日、社員が就業時間内に新型コロナワクチンワクチンを接種することを認めると発表した。同社の全従業員が対象。(2021/5/13)

ヤフー、「ワクチン接種を就業時間に含む」と決定 接種後の体調不良で有給OK
ヤフーは、社員が就業時間内に新型コロナワクチンを接種する際、接種時間も就業時間に含むことに決めた。(2021/5/12)

希望する社員の接種を推進するねらい:
ヤフー、コロナワクチンを就業時間内に接種可能に 副反応や家族の接種時には有休
ヤフーは5月12日、新型コロナワクチン接種時の勤怠に関する対応方針を発表した。就業時間内における社員の新型コロナワクチンの接種を認め、接種後に痛みや体調不良が発生し就業が困難となった場合は、特別有給休暇の取得を可能とする。(2021/5/12)

「高所得層ほどテレワーク利用率が高い」:
緊急事態宣言が解除されると出社頻度が増す NIRA総研がテレワーク実態調査結果を発表
NIRA総合研究開発機構は「第4回テレワークに関する就業者実態調査」の結果を発表した。テレワーク利用率は2020年6月以降横ばいで、所得が高くなるほどテレワーク利用率が高くなる傾向があった。(2021/5/12)

定年延長のリアル:
定年延長に向けた人事制度改革(3) 同時に導入「65歳への定年延長」と「70歳までの継続雇用」の成功事例
本連載では、高年齢者活用というテーマの中でも企業の関心が最も高いであろう、「65歳への定年延長(あるいは70歳までの雇用)」を取り上げ、各企業の実態に即した定年延長の進め方や、実際に定年延長を行った企業の実例をもとにした成功ポイントを解説します。(2021/4/28)

ベゾスCEO最後の株主年次書簡で「プライム会員2億人超」「従業員をロボット扱いなどしていない」
Amazon.comのジェフ・ベゾスCEOが1997年から続けている株主向け年次書簡を公開した。これが最後になる書簡で、会長就任後のビジョンを語った。労働問題で注目されているが「地球最高の雇用主を目指す」としている。(2021/4/16)

報酬体系・評価手法は?:
「米国型の血の通わないドライな制度」なのか オリンパスも導入する「ジョブ型雇用」への誤解とは
オリンパスが2019年4月から1800人いる管理職に対し、ジョブ型の人事制度を先行導入した。同社ヒューマンリソーシズヘッド(人事・総務担当)の大月氏は「日本の人々は、ジョブ型人事について誤解している部分がある」と力説する。どういう誤解だろうか。(2021/4/16)

7割がジョブ型or成果主義、9割が技術役員設置──DXで高成長企業の秘訣は人事制度!
DXにより高い成長率を実現している企業は、約70%がジョブ型雇用もしくは成果主義を採用しており、90%以上がソフトウェア開発出身の技術役員を設置していることが、日本CTO協会の調査で分かった。(2021/4/13)

いまさら聞けないジョブ型雇用:
若手社員も「ジョブ型雇用」の対象にすべきか? それとも“日本的育成”を続けるべきか?
前回までは、ジョブ型雇用の基盤となる、ジョブ型人事制度について詳しく解説をしてきました。今回からは、人事制度よりも広範な視野から、日本企業にジョブ型雇用を定着させる上で重要な論点を見ていきます。(2021/4/12)

プロジェクト:
ESRが三重県で延べ15万m2の物流施設「弥富木曽岬DC」着工、総投資額は約270億円
ESRが三重県桑名郡木曽岬町で開発を進める物流施設「ESR弥富木曽岬ディストリビューションセンター」が起工した。総投資額は約270億円に上り、開業後には約1000人規模の雇用を創出し、地域経済への貢献が期待されている。また、建設期間中は、延べ10万人に及ぶ建設作業員の雇用を見込んでいる。(2021/4/5)

建設業の人材動向レポート(31):
建設業の外国人労働者の実態をヒューマン総研が分析、「コロナ禍でも労働者数は増加」
本連載では、ヒューマンタッチ総研が独自に調査した建設業における人材動向について、さまざまな観点で毎月レポート。今回は、2020年に労働者数が過去最高を記録した建設業界での外国人労働者の雇用状況について分析している。(2021/4/2)

8割近くが妥協している:
転職先の条件で妥協したこと 3位「勤務地」、2位「就業時間」、1位は……
転職をしたものの、新しい職場に失望してまた転職……。理想の職場が見つからず、妥協して決めた……。という人も多いのでは。どのような点に妥協したのだろうか。(2021/3/31)

賞与は4段階:
ダイキン、希望者は70歳まで再雇用 「最前線でベテラン活躍」後押し
ダイキン工業が、4月1日から社員が希望すれば70歳まで働き続けられるように、再雇用制度を拡充する。報酬設計も見直し、賞与には4段階の上げ幅を設定する。(2021/3/30)

組み込み開発ニュース:
マイクロチップがアイルランドのコークに新開発センター設立
マイクロチップ(Microchip Technology)は、2000万ドルを投じて、アイルランドのコークに新たに開発センターを設立する。2021年3月中の開所を予定しており、今後7年間で約200人の新規雇用創出を見込む。(2021/3/30)

感染症対策も実施:
パソナ、入社式を淡路島で実施 就労支援プログラムの対象者も参加
パソナは4月1日、淡路島で入社式を行う。新入社員だけでなく、コロナ禍における雇用創出と人材育成を目的とした「ギャップイヤープログラム」社員約20人も参加する。(2021/3/29)

“真実”を見抜く人事戦略(1):
ジョブ型雇用の落し穴──“日本の法”と相性が悪い!
「ジョブ型雇用」はコロナ禍を経て人事業界で急激に広がりをみせたキーワードだが、背景にある思想や文化を無視して、言葉が一人歩きしている。本記事では、ジョブ型に飛びつく企業が見落としがちな落とし穴について説明する。(2021/4/5)

小売業や飲食業は苦戦か
地方への移住が加速、「STEM」が成長――McKinseyが示す“コロナ後の世界”
新型コロナウイルス感染症(COVID-19)のパンデミック収束後、雇用市場はどう変化するのか。McKinsey & Companyの調査結果を基に考察する。(2021/3/25)

キャリアニュース:
ITエンジニアの46.5%が、自分の技術やスキルの陳腐化が不安と回答
パーソル総合研究所が「ITエンジニアの就業意識に関する調査」の結果を発表した。ITエンジニアの46.5%が「自分の技術やスキルがいつまで通用するか不安だ」と回答した。また、希望年収と現在の年収の差は「150.1万円」だった。(2021/3/11)

カシオの人事トランスフォーム(前編):
定年後の再雇用にも、成果主義を導入 カシオ計算機は「シニアに報いる」制度をいかに構築したのか
カシオ計算機が、定年後の再雇用における成果主義の制度化。仕組みと狙いを、カシオ計算機人事部長の吉岡俊幸氏と人事部の桐山英之氏に聞いた。(2021/3/9)

“いま”が分かるビジネス塾:
「EV化で30万人が仕事を失う」説は本当か
EVの普及によって雇用が30万人失われる――。2月、このような記事が話題になったが、この数字は本当なのか。ガソリン車と比べEVは部品点数が少ないので、部品メーカーが淘汰されるのはほぼ間違いないが、その一方で……。(2021/3/2)

職種別の給与・残業ランキングも:
ITエンジニアのキャリア不安、2位は「今の会社で給与が上がるか」、1位は?
パーソル総合研究所が、ITエンジニアの就業意識調査を発表。キャリア不安ランキングの1位は「自分の技術やスキルの陳腐化」だった。(2021/2/26)

トヨタ未来都市、富士の裾野で着工 静岡県など自治体、将来の産業や雇用活性化へ連携
静岡県裾野市内で、次世代技術の実証実験のためトヨタ自動車が手がける未来都市「ウーブン・シティ」が着工となった。完全自動運転やロボット、AIといった最新技術を居住環境内で試す。(2021/2/25)

不本意型の非正規雇用を減らすには:
ブラックジョークでは済まない「ハロワ職員1万人雇い止め」問題 非正規雇用の「使い捨て」を解決するために求められるもの
ハローワーク職員の「雇い止め可能性」が一部新聞で報道され、話題になった。一部では非正規雇用を単なる「調整弁」や「使い捨て」としてしまっているケースもあるが、今後はそうした不本意型の非正規雇用を減らしていく必要がある。では、具体的に、どうすればいいのか。(2021/2/25)

定年延長のリアル:
定年延長に向けた人事制度改革(1) 〜賃金改定の実務からジョブ型雇用、同一労働同一賃金、退職金制度の対応まで〜
定年延長を本格的に検討している企業に向け、人事制度の改定手順を解説していく。(2021/2/25)

前週より1124人増:
コロナ解雇、8万8000人突破 厚労省発表
2月19日時点での見込みを含めて累計8万8574人になった。うち非正規雇用は4万2160人。(2021/2/24)

トヨタ未来都市、富士の裾野に世界の人呼び込め 静岡県など自治体、将来の産業や雇用活性化へ連携
完全自動運転やロボット、人工知能(AI)といった最新技術を居住環境内で試し、世界の研究者らも含め最終的に2千人以上が暮らす想定で多様な企業も連携するため、自治体は周辺を巻き込んだ新たな街づくりと活性化を期待。(2021/2/24)

中小企業への調査:
ジョブ型雇用を導入していない理由 2位は「業務の属人化」、1位は?
あしたのチームが、中小企業の経営者を対象に「ジョブ型雇用を導入していない理由」を調査。2位は「業務が属人化しており、ジョブ型への移行が困難だから」。では1位は……?(2021/2/18)

生活支援に:
「ドライブインお化け屋敷」開設、幽霊役は?
車に乗った状態でお化け屋敷を体験できる、関西初の「ドライブインお化け屋敷」が3月、大阪市内に開設される。コロナ禍で職を失った外国人らを「お化け」役として雇用することで、生活支援につなげたいとの狙いもある。(2021/2/18)

いまさら聞けないジョブ型雇用:
ジョブ型雇用とは? 人事制度の設計手順、職務等級・報酬・評価のポイントを解説
ジョブ型雇用を支える基盤ともいえる、ジョブ型の人事制度について解説。(1)職務等級の設計、(2)報酬制度の設計、(3)評価制度の設計という3ステップで、制度づくりの手順を説明します。(2021/2/18)

これからの採用戦略を考える(1):
「厳選採用」時代、中途採用戦略の立て方とは? カギは雇用形態と成長フェーズ
コロナ禍により採用予算が削減されたことが要因で、多くの企業で余裕をもった人材採用が行えなくなった。「厳選採用」の傾向が続く中、できる限りミスマッチのない採用を行うために、ますます重要になっているのが「採用戦略」だ。(2021/2/19)

NTTとKDDIが「就職氷河期世代」を対象とする就労/就業支援を実施 両社グループへの正社員採用も視野に
NTTとKDDIの「つなぐ×かえるPROJECT(連携協定)」の第2弾の取り組みとして、50歳未満の「就職氷河期世代」に対する就労/就業支援が実施されることになった。両社のグループ企業では、この支援の修了者に対する採用枠も用意するという。(2021/2/16)

全事業所で:
パチンコホール運営の「ダイナム」が就業時間内禁煙を実施 グループ従業員1万6000人が対象
パチンコホールを展開するダイナムが就業時間内禁煙を実施する。全事業所(店舗、本社、物流センター、研修所)が対象。グループ従業員約1万6000人が取り組む。(2021/2/16)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。