ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「雇用」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「雇用」に関する情報が集まったページです。

よく分かる! 改正育児・介護休業法:
育児・介護休業、何が緩和されたのか 取得要件を整理する
連載「よく分かる! 改正育児・介護休業法」の第2回目は、有期雇用者の取得要件緩和、取得の柔軟化を中心に解説します。(2021/10/22)

Amazon、年末商戦で15万人を臨時雇用(昨年は10万人)
Amazonは米国のホリデーシーズンに向けて、15万人を臨時雇用すると発表した。昨年は10万人を雇用した。(2021/10/19)

Facebook、メタバース人材を欧州で1万人雇用する計画
メタバース構築に注力するFacebookは、欧州でメタバース関連の人材を1万人採用する計画を発表した。メタバース構築計画の中心を欧州に置くとしている。(2021/10/18)

ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術:
「45歳定年制」の是非から考える「人を活かす経営の新常識」
終身雇用は人を大切に育て活かせているのか? 制度疲労した日本型雇用を乗り越える提案は、10年前から看過され続けた。コロナ禍も相まって、全世代のキャリア自律がもはや待ったなしの必須課題に。いまこそ、「人を活かす経営の新常識」が求められる!(2021/10/14)

事例を解説:
65〜70歳の定年再雇用 全ての社員を対象にしなければならないのか?
高年齢者雇用安定法が改正、2021年4月より65〜70歳までの就労支援措置が施行されました。企業が定年延長/廃止、定年再雇用といった施策を検討する場合、全ての従業員を対象としなくてはいけないのでしょうか? 事例を踏まえて解説します。(2021/10/7)

「扶養から出るな」という夫も:
“パートは低賃金で当然”の日本で、なぜ「全従業員を正社員化」できた? イケア・ジャパン人事に聞く
いわゆる「同一労働同一賃金法」より約6年も前に、イケア・ジャパンはパートタイマーを含め全従業員を正社員雇用に切り替えた。なぜそのようなことができたのか。イケア・ジャパン人事にインタビュー。(2021/10/6)

産業動向:
建設会社に業務のデジタル化を調査、48%は「IT人材の不足」が課題に
インフォマートは、年商が5〜100億円で従業員数が20人以上の国内建設会社に所属するマネジャー(課長)と部長クラスの391人を対象に、「建設業における業務のデジタル化」に関して調査した。リサーチの結果、「業務のデジタル化の弊害になりうる課題を教えて欲しい」と業務のデジタル化に取り組む対象者に聞いたところ、全体の48.7%が「IT人材の不足」と答え、IT人材を十分に雇用できていないことが分かった。(2021/10/5)

BAS:
日立ビルシステムが本社を新しい働き方の実験場に、新型のビルシステムを導入
日立製作所と日立ビルシステムは、日立ビルシステムの本社と亀有総合センターのオフィスを、ニューノーマルの働き方を検証する実験場をイメージして改修し、独自のIoTプラットフォーム「Lumada」を用いたビルIoTプラットフォーム「BuilMirai」および就業者向けアプリケーション「BuilPass」を導入した。(2021/9/30)

起業・独立志向は26%:
45年後、終身雇用はどうなっていると思うか 工学部の学生に聞く
テックオーシャンは、工学部の学生に終身雇用制度やキャリアプランに関する意識調査を実施した。就職や院進学、社会に出て自分がどう働いていると思っているのか聞いた。(2021/9/29)

人事も現場も知っておくべきこと:
障害者雇用で「障害者ができそうな仕事を探す」企業は、既にやり方を間違えている
障害者を雇用するにあたり、多くの企業は社内で「障害者にやってもらえる仕事はあるか」と聞いて業務を探しているが、これは最適な方法ではなく、もっとうまくいくやり方があるとリクルートスタッフィングの飯尾朋子さんは言う。(2021/9/29)

跡継ぎ候補をネットで募集 中小企業の「スモールМ&A」 
億のカネが飛び交う弱肉強食の世界”ハゲタカ”のイメージがある企業のM&Aだが、対照的な現象も起きている。跡取りのいない商店や町工場などの中小企業が、第三者に株や事業を譲ることで廃業を防ぐ「スモールM&A」だ。従業員の雇用や取引先、技術・文化を守る新時代の事業承継として、国も後押ししている。(2021/9/28)

輸出と雇用を失う:
トヨタ豊田章男社長「EV一辺倒」に危機感 政府の「脱炭素」方針を痛烈批判 
「一部の政治家からは、全てを電気自動車にすればいいんだとか、製造業は時代遅れだという声を聞くこともあるが、違うと思う」。トヨタ自動車の豊田章男社長の発言が波紋を広げている。実態を踏まえない国の「脱炭素」方針を痛烈に批判、電気自動車(EV)偏重が続いた場合、日本の自動車産業の雇用が失われると懸念を示す。(2021/9/25)

ひきこもり支援にeスポーツ活用、保護者への啓蒙も 東大阪市と日本学生esports協会が連携
大阪府東大阪市が、ひきこもり支援にeスポーツを活用しようとeスポーツの魅力発信や雇用の創出を目的に活動する「日本学生esports協会」(Gameic)と連携協定を締結したと発表した。(2021/9/24)

LINEが勤務地をほぼ全国に拡大、部署ごとに勤務ルールを作る新制度に 交通費は月10万円まで
LINEが、社内の部署ごとに勤務ルールを作ることができる新たな勤務制度「LINE Hybrid Working Style」を10月に導入すると発表した。出社前提の就業規則を変更し、オフィス出社とテレワークの比率を各部署が決めるとともに、勤務地の制限も緩和する。(2021/9/16)

産業動向:
建設業の年間平均就業時間は3年連続で減少、労働時間の実態を分析
建設HRは、国内における建設業の人材市場動向をまとめた2021年9月分のマンスリーレポートを公表した。今月のトピックスでは、総務省「労働力調査」の最新データから、建設業での労働時間の実態を分析している。(2021/9/15)

オランダ式スマート農業で地方に雇用を 3.11被災企業の挑戦
東日本大震災に起因する地盤沈下や塩害に追い詰められた宮城県の農家が、オランダの園芸を手本にしたスマート農業で再び生産性を向上させている。収量や経営の現状をキーパーソンに聞く。(2021/9/9)

年功賃金・終身雇用の合理性と限界:
成果主義としてのジョブ型雇用転換への課題
近年、産業界を中心に年功賃金、終身雇用の限界に関するコメントが相次いでいる。その要因はというと……?(2021/9/9)

森山さやの「週刊マーケットダイジェスト」:
【動画】日経平均は菅総理不出馬で大きく上昇、米雇用統計は予想を大きく下回る
3日に自民党総裁選に菅総理大臣が出馬しないと表明したことで、日本に新たな首相が誕生する見通しが市場を活気づけ、日経平均は大きく上昇しました。(2021/9/7)

メンバーシップ型と比較:
ジョブ型雇用に「向かない」企業とは? 変革すべき3つのポイント
どういった企業がジョブ型雇用に「向かない」のか、そうした企業がジョブ型雇用を志向したとき、どのような変革がどれくらい必要になるのかについて解説します。(2021/9/3)

コロナと自動化がもたらす雇用問題【後編】
コロナ禍による失業増で成長する“注目の人事職”とは?
自動化技術の普及や失業者への給付金終了を背景に、米国では労働者の就業支援の必要性が高まっている。こうした状況は、人事担当者にとって成長の機会になる可能性があるという。どういうことなのか。(2021/9/3)

野村ホールディングス、10月から就業時間内は全面禁煙に 在宅勤務者も対象
罰則規定などは設けないそうです。(2021/9/1)

社員の健康保持・増進:
野村HD、就業時間内を全面禁煙に 10月から実施
野村ホールディングスは9月1日、国内の野村グループ全社員について、就業時間内の全面禁煙を10月から実施すると発表した。(2021/9/1)

活気づく労働者市場
退職をやめたらスポーツカーや「MacBook Air」を支給 激化する人材引き留め策
米国では働き手の不足から、一時解雇者数と会社都合の退職者数が低い水準で推移している。雇用促進のために従業員向け懸賞やインセンティブ付与などの施策に取り組む企業もある。(2021/8/31)

工場ニュース:
ポテトチップス作り体験施設を併設する、九州初の生産工場が稼働開始
湖池屋は、同社初となる九州の生産拠点「湖池屋 九州阿蘇工場」の稼働開始と、同工場に併設する「湖池屋GOGO!ファクトリー」について発表した。新工場の稼働により雇用を生み出し、地域の復興、活性化につなげていく。(2021/8/27)

70歳の働く場【後編】:
噴出する「働かないおじさん」 識者に聞く「“お荷物”と呼ばれない中高年の働き方」
高年齢者雇用安定法が改正されて、企業は4月から70歳までの社員の就業機会を確保するよう努力しなければならなくなった。企業にとっては継続雇用と定年延長・廃止に加え、個人事業主として業務委託契約を結ぶなどの対応を迫られている。後編ではミドル・シニア層の実態について考えてみたい。(2021/8/26)

連載「情報戦を制す人事」:
雇用契約書の保管方法が変わる? 人事も必見の「電子帳簿保存法」改正のポイント
一見すると人事担当者には無関係にも思える「電子帳簿保存法」ですが、実は改正内容には、人事業務に関わるものも含まれます。人事も見逃せない、電子帳簿保存法の改正のポイントについて解説します。(2021/8/25)

賃金体系も変更:
バブル期の大量採用世代が定年に ダイキンが急ぐ「再雇用制度」大改定の中身
ダイキン工業が、今年4月の高年齢者雇用安定法の改正に合わせ、再雇用期間を延長した。最大のポイントは、70歳までの期間延長と再雇用者の処遇の見直しだ。その詳しい中身は……?(2021/8/24)

コロナと自動化がもたらす雇用問題【前編】
「自動化」「AI」が数十万人の雇用を奪う? 米マサチューセッツ州調査
新型コロナウイルス感染症の影響で、業務自動化技術やAI技術の導入が進んだ企業もある。米国マサチューセッツ州は、これにより数十万人の雇用が失われる可能性があると懸念している。(2021/8/20)

拡大する「非正規労働者」活用と課題【後編】
「ギグワーカー」にも福利厚生は必要? バイデン政権で変わる非正規雇用
非正規労働者の雇用が進む米国では、その扱いに関する法改正も起きた。トランプ前政権は非正規労働者の不利益につながる法案を作ったものの、政権交代で一変した。その流れを紹介する。(2021/8/17)

社労士が解説:
退職勧奨で決めるべきこと 誰を対象にするのか、対象にしてはいけないのか
退職勧奨とは、会社が雇用する従業員に退職するよう促すことをいいます。退職勧奨を行う上で、あらかじめ決めておくべきことを解説します。(2021/8/16)

シニアの長所を生かす:
おじいちゃんIT人材が爆誕!? AI分野で、どんな業務を任せているのか
定年の65歳延長を控え、企業がシニアをどう活用していくかが課題となっている。高齢者には縁遠いイメージのあるAI分野の業務にシルバー人材を活用するライトカフェ(東京都渋谷区)に、雇用の背景や円滑に業務を進めるための工夫を聞いた。(2021/8/13)

調査データから理由を探る:
権利であるはずの「無期雇用への転換」を、多くの有期雇用労働者が希望しないワケ
働き手の権利の一つ、「無期転換ルール」。一見すると有期雇用より無期雇用の方が恵まれているようにも思えるが、このルールを希望する人は意外に少ない。なぜなのか?(2021/8/12)

副業人材の需要、ITエンジニア・情シスが上位 人気の理由は
企業が求める副業人材の職種は、営業に次いでITエンジニアと情シス関連が上位とする調査結果をパーソル総合研究所が発表した。副業人材として人気が高い理由について「正規雇用するほどではないが、ITスキルを持った人がいれば便利と企業が考えている」と分析した。(2021/8/11)

森山さやの「週刊マーケットダイジェスト」:
【動画】労働市場の改善が示され、テーパリング圧力高まる
先週発表された雇用統計で雇用者数が予想を大きく上回り、ダウは約2週間ぶりに最高値を更新、長期金利は1.3%台まで上昇しました。力強い雇用の回復がテーパリング圧力を高めており、市場では想定よりも早い段階での量的緩和の縮小が意識されています。(2021/8/11)

就業意識調査:
66%が現在の仕事に「満足」 満足の理由は「通勤時間、勤務地」、不満は?
マイボイスコムが就業意識に関する調査を行った。働くうえで重視する点、仕事の満足度、仕事に対する考え方を聴取した。意識はコロナ禍でどのように変化したのか?(2021/8/10)

定年再雇用の潮流:
「60歳以降、賃金減額」の判例を知る 長澤運輸事件から変わった「傾向」
定年再雇用時の賃金に関する裁判例は多数あります。中でも2018年の長澤運輸事件が、最高裁の考え方を知る上で重要な判例です。長澤運輸事件を中心に、判例を整理します。(2021/8/10)

拡大する「非正規労働者」活用と課題【中編】
「非正規雇用」の活用が止まらない、コスト削減以外の“驚きの理由”
Gartnerの調査によると、調査対象企業の約3割がコスト削減を目的に非正規雇用を活用していた。不況を乗り切るための手段として捉えられることもある非正規雇用だが、ポジティブな理由で活用する企業もある。それは何か。(2021/8/10)

エン・ジャパンが調査:
ジョブ型雇用、言葉も意味も知っている人は14% 「ミスマッチが減る」と評価する声も
エン・ジャパンがジョブ型雇用に関する調査を実施。認知度は14%だった。評価する人、評価しない人、それぞれの理由を聞いた。(2021/8/6)

「ジョブ型」とは結局何か?:
「日本版ジョブ型雇用」の現在地 日立、富士通、ブリヂストンなど【まとめ読み】
「ジョブ型」とは結局何か? 日本でジョブ型の導入を進める7社の事例を通して、「日本版ジョブ型雇用」の現在地を探る──。(2021/8/5)

拡大する「非正規労働者」活用と課題【前編】
「非正規労働者」は軽蔑的用語に? 外部人材を大切にする言葉「拡大人材」とは
企業の非正規雇用への依存度が高まる中、HRベンダーの間では外部人材を「非正規労働者」と呼ばず、意図的に「拡大人材」と呼ぶ動きがある。これらの言葉の裏側に潜む意味とは。(2021/8/3)

70歳の働く場【中編】:
ホンダ「アシモ」の開発者がハサミメーカーを支援 定年後に「新天地」で挑戦する高齢者
高年齢者雇用安定法が改正されて、企業は4月から70歳までの社員の就業機会を確保するよう努力しなければならなくなった。「70歳の働く場」後編では、シニア人材を信用金庫や信用組合など地域の金融機関の取引先企業に紹介してきた一般社団法人新現役交流会サポートの活動を中心にレポートする。(2021/7/31)

日立ビルシステム、本社オフィスをニューノーマルの働き方の実験場に刷新 ビルIoTなどを活用
日立ビルシステムは、社員約2250人が就業する本社地区の2拠点のオフィスをニューノーマルの働き方の実験場として刷新する。創造性を高めるオープンエリアの新設や、日立の就業者ソリューション「BuilPass」、ビルIoTソリューション「BuilMirai」の導入により、快適なオフィス生活を実現するとともに、ソリューションの強化を図る。(2021/7/29)

70歳の働く場:
定年後に「新天地」で挑戦する高齢者 中小企業の支援で新たな生きがい見つける
高年齢者雇用安定法が改正されて、企業は4月から70歳までの社員の就業機会を確保するよう努力しなければならなくなった。企業にとっては継続雇用と定年延長・廃止に加え、個人事業主として業務委託契約を結ぶなどの対応を迫られている。企業の「お荷物」にならない「70歳の働く場」を考えてみた。(2021/7/28)

3年連続で全10産業が前年を上回る:
上場企業の女性役員比率が増加 登用に前向きな産業は?
東京商工リサーチが「女性役員比率調査」を発表した。3年連続で全10産業が前年を上回る結果となり、各社女性役員雇用に力を入れていることが分かる。最も女性役員比率が高い産業はどこだろうか?(2021/7/19)

産業動向:
高年齢者雇用安定法改正による建設会社の影響を調査、7割が“65歳まで定年引き上げ”
JAGフィールドは、建設会社の経営者・人事採用担当者1057人を対象に、インターネット上で、「高年齢者雇用安定法改正による影響と期待」に関する調査を行った。結果、高年齢者雇用安定法について全体の8割が知っていることや約7割が「65歳までの定年引き上げ」を実施していることが明らかになった。(2021/7/16)

どのような役割があるのか:
ジョブ型雇用で「職務記述書」を導入する、3つの成功ポイント
ジョブ型において、職務記述書はどのような役割を果たすのでしょうか。職務記述書を成功裏に導入、更新する3つのポイントを紹介します。(2021/7/9)

“いま”が分かるビジネス塾:
「ジョブ型」雇用に恐れる必要はあるのか 「賃金」が上がるかもしれない理由
コロナ危機をきっかけに、日本型雇用の見直しが進もうとしている。終身雇用が保障されて、会社の中は「管理職だらけ」といったケースが多いかもしれないが、ジョブ型雇用になればどのような働き方が増えるのか。不安を感じるかもしれないが……。(2021/7/6)

自動車業界の1週間を振り返る:
EV時代も新たな雇用を創出、ルノーと日産が強調
さて、今週も自動車業界は電動化の話題が絶えませんでした。まずは、2030年までに電動車の販売比率90%としていたルノーが、同年までにEV(電気自動車)の販売比率を90%にすると発表しました。(2021/7/3)

雇用調整助成金、上場企業の2割超が申請 5社は「100億円以上」
上場企業の決算資料を調査した結果、雇用調整助成金の計上や申請が判明した企業が770社にのぼった。この数字は上場企業全体の20.2%に達する。(2021/6/30)

コンサル入れず、2年で導入:
KDDIがジョブ型雇用で社員に求める変化──脱「同世代横並び・年功序列」の先にあるキャリア観とは?
KDDIが、全社員を対象にジョブ型人事制度の導入を進めている。これまでの「同世代横並び・年功序列」を脱して、社員にどのような働き方を求めるのか?(2021/6/24)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。