ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  E

「Ethereum」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「Ethereum」に関する情報が集まったページです。

光のDeFi、闇のDeFi 1週間で14億円を手にした”寿司”スワップの芸術的手法
暗号資産において2020年のトピックは分散型金融(DeFi)だ。夏以降、DeFi関連のトークンが急速な盛り上がりを見せ、DeFiに費やされる資金も急速に増加している。一方で、この盛り上がりで思い出すのは、17年に大ブームを巻き起こしたICO(イニシャル・コイン・オファリング)だ。1週間で、コピーしてトークンを売り出し、売り抜けるという、芸術的な手法を取ったスシ(寿司)スワップを例に、DeFiのブームの光と闇を探る。(2020/9/19)

マインクラフトで利用できるNFT、コインチェックが自社マーケットプレイスで取り扱い目指す
コインチェックは9月9日、2020年度内のサービス開始を予定している「NFTマーケットプレイス」にて、人気ゲーム「マインクラフト」で利用できるNFTの取り扱いを目指すと発表した。シンガポールのEnjin Pteと連携し、同社の「Enjin Platform」を通じて発行されたマインクラフト向けNFTを扱う。(2020/9/9)

既存の銀行を破壊する? 最近話題のDeFiとは
この数カ月、暗号資産業界で話題なのがDeFiだ。DeFiは「ディーファイ」と読み、Decentralized Finance、分散型金融の略。銀行など、従来の金融分野のサービスを、ブロックチェーンとその上で動くプログラムで実現するものとされている。(2020/9/8)

米国、欧州でも暗号資産取引ユーザーは20代中心に bitFlyer
若者の間で暗号資産(仮想通貨)に関する関心が高まっているようだ。暗号資産取引所大手のbitFlyer(東京都港区)が行った調査によると、日本だけでなく、米国、欧州でも、新規口座開設者の年代で、最も多かったのは20代だった。(2020/9/7)

製造マネジメントニュース:
ブロックチェーンやIoTを活用したサプライチェーンDXの共同実験を推進
NTTコミュニケーションズと三井物産流通ホールディングスは、ブロックチェーンやIoT技術などを活用したサプライチェーンデジタルトランスフォーメーションの実証実験を推進することに合意した。(2020/9/3)

星暁雄「21世紀のイノベーションのジレンマ」:
イーサリアム2.0の足音 あなたが知らないブロックチェーン最前線
2020年8月4日、イーサリアム(Ethereum)の次世代版であるイーサリアム2.0の公開テストが始まった。イーサリアムは有力な暗号通貨であり、同時に有力なブロックチェーン技術のひとつだ。その技術の世代交代が始まろうとしている。(2020/8/19)

三井物産流通HDとNTT Com、ブロックチェーンやIoTを活用した「サプライチェーンDX」の共同実証で合意
三井物産流通ホールディングスとNTTコミュニケーションズは、NTTのブロックチェーン技術とRFIDなどのIoTを活用した「サプライチェーンDX」の共同実験を実施する。商品やモノの流れを管理する「サプライチェーン情報基盤」を構築し、サプライチェーンの全体最適化や課題解決を目指す。(2020/8/18)

LINEの暗号資産「LINK」、日本でも取り扱い開始
LINE傘下のLVCが、独自の暗号資産(仮想通貨)「LINK」の取り扱いを日本でも始めた。暗号資産取引所「BITMAX」で取引を行う。(2020/8/6)

ブロックチェーンシステムをお手軽構築してみた Amazon Managed Blockchain体験記
ドイツ・ベルリンでミュージシャンとソフトウェアエンジニアを兼業している筆者が、ブロックチェーンを始めてみた。(2020/6/18)

仮想通貨の価格変動率、19年はイーサリアムが月間83%もの変動
仮想通貨は価格の変動率が高いことで知られる。GMOコインがまとめた2019年の月間価格変動率によると、イーサリアムは月間で83%もの価格変動があった。(2020/4/10)

日本法人も始動 デジタル証券発行の先駆者、セキュリタイズとは何か
有価証券をブロックチェーンに乗せる、いわゆる証券トークン化の先駆者が米Securitizeだ。4月1日には日本法人も始動。進行中のものも含めて、既に70件ものSTOを扱っている。特徴と、国内におけるSTOの可能性を聞いた。(2020/4/3)

フィンテックの今:
STOと併せて注目のステーブルコイン Fintech協会 落合氏、神田氏インタビュー
既存通貨に連動(ペッグ)などして、価格安定を目指すステーブルコインに注目が集まっている。どんな特徴を持ち、金融サービスにどんな影響を与えるのか。(2020/4/1)

絵画などアートの証明をブロックチェーンで スタートバーンがサービス開始
ブロックチェーンの利用用途として以前から言われていたのが、土地やモノなどの所有者の情報を記録して、簡単に所有者を証明したり、所有権の移転を容易にするというものだ。このたび、国内のスタートアップであるスタートバーンは、絵画などアートのためのブロックチェーン証明書発行サービスを開始した。(2020/3/26)

PR:“企業間の壁”を解消し、業界全体を巻き込んだデジタルビジネスを実現する――無限の可能性を秘めたテクノロジーとは?
(2020/3/11)

GMOコイン、BraveブラウザのBATトークン取り扱い開始
GMOコインは、新たな仮想通貨としてベーシックアテンショントークン(BAT)の取り扱いを開始した。BATはChromiumをベースにした「Brave」上で使われるトークンだ。(2020/3/19)

ビットコイン急落、83万円から一時44万円に 「デジタル・ゴールド」も世界的な金融市場の混乱に耐えられず
仮想通貨取引所bitFlyerのビットコイン相場は、3月12日の午前中まで83万円台で推移していたが、午後7時に63万円台まで下落。13日に入ってさらに下げ、午前11時には44万1900円の安値を付けた。(2020/3/13)

ビットコイン急落 一時40%安、50万円切る
3月13日、ビットコイン価格が急落した。24時間前の約83万円から一時49万円まで下落し、下落幅は40%を超えた。(2020/3/13)

コインチェック、新規仮想通貨Qtumを3月12日から取り扱い開始
コインチェックは新たな仮想通貨としてQtum(クアンタム)の取り扱いを3月12日から始める。国内の取引所としては初めて。これにより、同社の取り扱い仮想通貨は12種類となる。(2020/3/6)

GMOコインが「貸仮想通貨」 最大年率5%
仮想通貨交換業のGMOコインは2月12日から、貸仮想通貨サービスをリニューアルする。同社で取り扱うすべての仮想通貨を貸し出すことができ、最大年率5%の貸借料を受け取れる。(2020/2/7)

ブロックチェーンのPoCを支援 NTTテクノクロスが検証用プラットフォーム提供
NTTテクノクロスが、ブロックチェーンを活用したサービスを検証できるクラウドプラットフォームを3月6日から提供する。安価に検証できる環境を用意することで、ブロックチェーン関連の事業を展開したい企業を後押しする。(2020/2/4)

仮想通貨Liskを持っているだけで報酬がもらえる コインチェック、ステーキングの提供開始
コインチェックは1月9日、仮想通貨Liskのステーキングサービスを提供すると発表した。平均10Lisk以上保有しているアカウントに対し、保有量に応じて報酬を付与する。付与は毎週水曜日に行われる。報酬額は確定していないが、年率にして数パーセントの見込み。(2020/1/9)

楽天スーパーポイント、仮想通貨へ交換可能に ビットコインやイーサリアムなど3種
楽天ウォレットが、「楽天スーパーポイント」を仮想通貨に交換するサービスを開始。交換可能な仮想通貨はビットコイン、イーサリアム、ビットコインキャッシュ。1ポイント1円相当で、100ポイント以上1ポイント単位で交換できる。(2019/12/24)

楽天スーパーポイントでビットコインなどが購入可能に
楽天子会社で仮想通貨交換業を営む楽天ウォレットは、12月24日から楽天スーパーポイントを使って仮想通貨を購入できるサービスを開始した。100ポイント以上から、1ポイント1円相当として交換できる。(2019/12/24)

たまった楽天ポイントを仮想通貨に交換できる 楽天ウォレットが新サービス開始
気軽に仮想通貨の運用ができる?(2019/12/24)

視点:
非金銭価値の流通するトークンコミュニティー〜評価経済社会で輝く仮想通貨〜
金融から非金融への拡大するロックチェーン。製品の製造、流通、販売過程の追跡や、シェアリング事業における提供者、利用者の評価情報の記録など、その適用領域は多岐にわたる。(2019/12/18)

米司法省、イーサリアムの研究員を逮捕 北朝鮮へのブロックチェーン関連情報提供で
Etherium財団のリサーチサイエンティストが北朝鮮に暗号通貨とブロックチェーンに関する技術を提供したとして米司法省に逮捕された。米政府の国際緊急経済権限法(IEEPA)違反で有罪になれば、最高20年の懲役が科される。(2019/12/1)

ワコム、ブロックチェーン活用でデジタルアート作品の流通基盤構築へ 作者の権利を守りながら流通を促進
ワコムはスタートバーンと共同で、デジタルアート作品を作者の権利を守りながら流通させるプラットフォームを構築すると発表した。(2019/11/26)

そもそもブロックチェーンとは何か?(前編):
いまさら聞けない「ブロックチェーン」入門 仮想通貨だけじゃない
ブロックチェーンは一般的に「投機対象としての仮想通貨」の印象が強く、センセーショナルなニュースで目にする機会のほうが多いかもしれません。しかし、ネット時代における新しい信頼性の技術は、さまざまな活用の可能性を秘めています。(2019/12/27)

ディーカレットの「日本円」版リブラ計画 狙いを時田社長に聞く
価格変動が大きく決済に利用できないといわれる仮想通貨に対し、法定通貨を裏付けとして持つことで価格を安定させるステーブルコイン。Libraをはじめ、その可能性が注目されている。国内でも、円建てのステーブルコインを計画している、仮想通貨取引所のディーカレット。同社の時田一広社長に、その狙いを聞いた。(2019/10/23)

積水ハウスIT業務部の挑戦!:
ハウスメーカーが構想する“不動産ブロックチェーン”の可能性とインパクト
積水ハウスは、2020年以降を見据えた“住”関連ビジネスの基盤づくりを進めており、その一環としてブロックチェーンを活用した次世代不動産プラットフォームを構想している。プラットフォームには、通信会社、ガス会社、保険会社が参加しており、将来ビジョンでは水道や電力、行政などとの連携も視野に入れ、異業種間での新規サービスの創出を見込む。(2019/10/16)

IEO、DApps……ブロックチェーン技術、あなたはどれだけ理解している?
技術の進化が早く、それを取り巻く制度も流動的なブロックチェーン。次々と新しい関連用語が登場していることが、理解を難しくしている。「マイニング」については約半数が認知・理解していたが、「ステーキング」や「STO」「NFT」などはほとんど知られていない。(2019/9/27)

ビットコイン暴落 3カ月ぶりに100万円割る
春から上昇してきたビットコインが、一夜にして10%超の下落。100万円を割った。他の仮想通貨も価格が下落している。(2019/9/25)

黒いアドレスを追え 流出仮想通貨の追跡はこう行われる
過去2年間で、世界中の取引所から1200億円近くの仮想通貨が盗まれている。盗まれた仮想通貨は、資金洗浄されて犯罪組織の資金源となる。これをいかに防ぐか。元Bitflyerのメンバーが立ち上げたBassetは、仮想通貨の送金の流れを明らかにし、犯罪者のアドレスを推論するツールの開発を進めている。(2019/9/19)

日本円で1000円以下から取引可能:
LINEアプリから使える仮想通貨取引所「BITMAX」登場 LINE子会社が国内向けに
(2019/9/18)

LINE、日本でも仮想通貨取引所 「BITMAX」開始
LINEと子会社のLVCが、仮想通貨取引サービス「BITMAX」の提供をAndroid版のLINEアプリで始めた。(2019/9/17)

LINE子会社、仮想通貨交換業者に登録完了 日本展開へ
LINEは、グループ会社のLVCが仮想通貨交換業者として金融庁に登録されたと発表した。日本国内での仮想通貨取引サービスを展開していく考え。(2019/9/6)

和田憲一郎が語るエネルギーの近未来 (14):
ブロックチェーンのコア技術に注力する日本発ベンチャー、カウラが描く新たな電力ビジネス
エネルギー業界でも注目を集めているブロックチェーン。日本でそののコア技術であるイーサリアム開発に注力している会社がある。カウラ(Kaula)である。多くの企業がアプリケーションに注力する中でコア技術開発に注力する理由や、エネルギー分野に関連した取組について、同社CEOの岡本克司氏に話を聞いた。(2019/9/4)

仮想通貨で電子マネーをチャージ可能に 「au WALLET」「楽天Edy」「nanaco」が対象
ディーカレットが、仮想通貨を使って電子マネーをチャージできるサービスを始めた。「au WALLETプリペイドカード」「楽天Edy」「nanaco」のいずれかの電子マネーに交換できる。(2019/8/21)

仮想通貨から電子マネーにチャージ可能に ディーカレット
ディーカレットが8月21日、仮想通貨から電子マネーにチャージできるサービスを開始した。ビットコイン、イーサリアム、リップル、ビットコインキャッシュ、ライトコインの5種類から、au Wallet、楽天Edy、nanacoの3つの電子マネーにチャージできる(2019/8/21)

楽天、仮想通貨取引サービスを開始 ビットコインやイーサリアムなど取り扱い
楽天ウォレットが仮想通貨の現物取引サービスを開始。専用アプリを使って仮想通貨の取引ができる。Android版は先行配信、iOS版は9月上旬にリリース予定。(2019/8/19)

機能と短期的メリットを過大評価
現在のブロックチェーン基盤は2年以内にリプレースが必要
宣伝文句が先行した結果、ブロックチェーンの周辺ではさまざまな問題が生じている。Gartnerは、安全性を確保し、陳腐化を防ぐためにブロックチェーン基盤のリプレースが必要と主張している。(2019/7/29)

車載情報機器:
アルプスアルパインがブロックチェーン活用を強化、フリービットと業務提携
アルプスアルパインとフリービットは2019年7月23日、東京都内で会見を開き、ブロックチェーン技術の活用について包括的業務提携を結んだと発表した。安全なデジタルキーの共同開発、車両情報や走行データのセキュアな管理を実現するITインフラの構築などで協力する。(2019/7/24)

「秘密鍵暗号化していた」 ビットポイント、“二重のセキュリティ対策”でも起きた仮想通貨不正流出
同社が運営する仮想通貨のホットウォレットには二重のセキュリティが施されていたにもかかわらず、不正流出は起きてしまったという。(2019/7/16)

仮想通貨流出のビットポイントが緊急会見 被害は約5万人、ホットウォレットの秘密鍵が根こそぎ抜かれた?
被害の補償は、全額分を用意した仮想通貨の現物で行う方針です。(2019/7/16)

仮想通貨取引所「ビットポイント」から仮想通貨約35億円が不正流出
顧客からの預かり分は約25億円。(2019/7/12)

ビジネスパーソンのための入門Libra:
Libraをビジネスチャンスにしたい人が知っておきたい話
Libraが正式に稼働したとき、関連したビジネスとしてはどんなものがあるのか? コンセンサス・ベイスの志茂博CEOの講演から探る。(2019/7/12)

ビジネスパーソンのための入門Libra:
ビットコインとLibraは何が違うのか?
グローバルに使うことを目指した暗号通貨としてFacebookが主導するLibra。技術面ではなく利用用途面から見ると、ビットコインと大きな2つの違いがある。(2019/7/11)

Libraの2つの顔 超国家企業連合か、暗号通貨の「伝統」か
Libraが成功した際には、超国家的な通貨ネットワークが実現する可能性がある。それだけに、各国の警戒心は強い。グローバルな巨大企業が多数参加するという非中央集権的な側面と、ビットコインを起源とする非中央集権的なあり方を理想とする側面の2つを持つ。日本での法的位置づけも不透明だが、今後どんなシナリオがあるのかも探る。(2019/6/30)

Facebookの仮想通貨「Libra」の価値は何か 日本の法的解釈は
日本ブロックチェーン協会が開催した勉強会で、ブロックチェーン事業者や弁護士などが、Libraの概要や仕組み、日本国内で展開する上での法的解釈などについて解説した。(2019/6/26)

誤解や誤用を避けるには:
ブロックチェーンの「7つの間違い」と回避手法、Gartnerが解説
Gartnerは、ブロックチェーンプロジェクトの一般的な7つの間違いを挙げ、回避手法とともに解説した。例えば分散型台帳技術(DLT)だけにこだわる、本番環境に適用できるかどうかの見極めが甘いといった間違いを指摘した。(2019/6/17)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。