ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「融資」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「融資」に関する情報が集まったページです。

短期保有データの扱いにも変化:
「保有個人データ」の取り扱いは、個人情報保護法改正でどう変わる?
個人情報保護法の改正で、「保有個人データ」の取り扱いはどう変わるのか? 改正のポイントと、詳しい既定の内容を解説します。(2022/5/25)

日本初、“返済義務あり”スタートアップ専門の独立系ファンド マネフォ子会社などが設立 事業への干渉は原則なし
マネーフォワード子会社などがスタートアップのみを対象にした独立系ファンドを立ち上げた。日本で主流のエクイティ型(株式を発行して資金調達する方式)ではなく、資金の返済義務がある代わりに、原則として出資者が事業に干渉しない「デット型」を採用した。(2022/5/24)

連載「情報戦を制す人事」:
「数年ごとに、まるで違う部署への異動」でも、社員の納得感を得るには?
ジョブローテーションは「社員の納得」がなければ、離職やモチベーション低下につながりかねません。それでは社員の納得は、どのように得るのでしょうか。「入社2年で2部署」にローテーションする大手映画製作会社と、「役員も含む全社員が5年以内に異動する」大手家具小売業者のケースをご紹介します。(2022/5/24)

対談企画「CFOの意思」:
コロナ禍で株価が急落──アイスタイル菅原CFOは、“株価の波”をどう乗り越える?
「CFOの意思」第2回の対談相手は、アイスタイル取締役CFO・菅原敬氏。2015年の株価上昇、19年の下落にCFOとしてどう対応し、策を練ったのか。ファイナンス分野は「ほぼ未経験」でも、CFOとしてIPOをリードできた秘訣とは? グロース・キャピタルの嶺井政人CEOとの対談。(2022/5/24)

連載「情報戦を制す人事」:
「10年で3部署」は本当に“時代遅れ”なのか? ジョブローテーションについて、今こそ考える
「10年で3部署」のように、定期的な配置転換を実施し、従業員にさまざまな職務を経験させる「ジョブローテーション」。時代遅れと見る向きもあるようですが、本当にそうなのでしょうか。日本企業の現状を紐ときます。(2022/5/23)

新たな手口:
狙われるコロナ禍の病院 「借金半分棒引き」の甘い罠
新型コロナウイルス禍で資金繰りに悩む医療機関に近づいて返済不要な公(おおやけ)の融資枠があると偽り、高額な手数料をだまし取る詐欺行為が、全国で横行している。(2022/5/22)

Payments Dive:
Mastercardがスタートアップを支援 フィンテック有望企業8社を見る
Mastercardは2014年からスタートアップのフィンテック企業を支援している。今年選出された8社をみれば、今後のフィンテックの方向性を知る一助となるはずだ。(2022/5/19)

5大銀の最終利益3割増、2兆6467億円
5大銀行グループの令和4年3月期の決算が16日、出そろった。5社合計の連結最終利益は前期より3割多い2兆6467億円と4期ぶりの高水準となった。三菱UFJフィナンシャル・グループ(FG)が45.5%増の1兆1308億円と過去最高を更新するなど4社が増益を確保した。ただ、ロシアのウクライナ侵攻や米国の金利上昇(債券価格の下落)などのリスクが顕在化しており、各社は金融環境の急変に身構える。(2022/5/17)

フィデリティ・グローバル・ビュー:
ツイッター買収で重要な役割を担うプライベート・デット市場
テスラCEOのイーロン・マスク氏によるツイッター買収は、プライべート・デット市場の存在感の強さも証明しました。(2022/5/17)

コロナ禍でも売上規模5倍に アナログとデジタル融合のiBuyer、すむたすの強さ
米国で流行のモデルなら、日本で取り組むスタートアップがたくさん出てきてもおかしくない。ところが、現在国内でほぼ唯一iBuyerモデルで事業を展開しているのが、すむたすだ。(2022/5/16)

スタートアップとオープンイノベーション〜契約成功の秘訣〜(10):
株式か新株予約権か、スタートアップ投資の対価はどうすべき?
本連載では大手企業とスタートアップのオープンイノベーションを数多く支援してきた弁護士が、スタートアップとのオープンイノベーションにおける取り組み方のポイントを紹介する。第10回はスタートアップへの投資契約における留意点を解説する。(2022/5/16)

調査で判明:
高額な買い物はリボ払い派多数も 利息の計算はしている?
お金に関するメディア「お金を借りる即日融資ガイド110番」を運営するタンタカ(東京都江東区)は、リボ払いに関するアンケートを実施し、リボ払いをする前に支払う利息や手数料を、74.3%の人が計算しないまま利用していることが分かった。(2022/5/9)

イーロン・マスク氏、Twitter買収資金71億ドル超をラリー・エリソン氏やサウジの王子などから調達
Twitterの買収で合意したイーロン・マスク氏が、ラリー・エリソン氏などから買収資金71億4000万ドルを確保した。暗号資産取引所のBinanceも5億ドル出資する。(2022/5/6)

Twitter、マスク氏による買収に合意 440億ドル(約5.6兆円)で非公開企業に
Twitterは、イーロン・マスク氏による買収に合意したと発表した。買収完了後、非公開企業になる。買収総額は約440億ドル(約5兆6400億円)だ。(2022/4/26)

金融業界のAI活用に立ちふさがる課題【中編】
クレジットカード会社が「AI」と距離を置きたくなる“説明責任”問題
金融業界の企業がAIツールの導入を進める際に、対処が必要なのが「説明責任」に関する課題だ。クレジットカード会社を例に、具体的に見ていこう。(2022/4/25)

イーロン・マスク氏、Twitterの株式公開買付による買収を検討 約6兆円の資金調達にめど
Twitterの株式の約9%を持つイーロン・マスク氏が、株式公開買付(Tender Offer)による買収を検討していることが明らかになった。米証券取引委員会に提出された文書で、Morgan Stanley Bankや三菱UFJなどから買収資金465億ドル(約6兆円)の融資の約束を取り付けたとしている。(2022/4/22)

PR:「DXの将来を占うマイルストーン」 北國銀行が挑む脱・旧システム データ分析基盤の構築プロジェクトを追う
(2022/4/25)

東京が変わる:
東京メトロ「有楽町線」「南北線」の延伸で、どうなる?
東京メトロ有楽町線と南北線の延伸が決定した。コロナ禍で事業環境が大きく変化する中、東京メトロが計画する今後の戦略とは。(2022/4/21)

金融業界のAI活用に立ちふさがる課題【前編】
金融機関が「AI」投資を増額へ それでも残る“あの問題”
金融業界の企業の間で、AI技術を組み込んだツールの導入を「避けられないもの」だと考える動きが広がっている。一方で金融業界がAI技術を積極的に活用する上では、解決すべき課題がある。それは何なのか。(2022/4/20)

住信SBIネット銀行、年間住宅ローン取扱額が1兆2000億円突破
 住信SBIネット銀行は4月15日、2021年度の住宅ローン取り扱い額が1兆2000億円を突破したと発表した。住信SBIネット銀行単体では、07年9月の営業開始以来、初の1兆円突破となる。(2022/4/18)

日立、高可用性と柔軟性を兼備するオープン勘定系パッケージ「OpenStage」を提供開始
日立は、金融機関向けにオープン勘定系パッケージ「OpenStage」を提供開始する。レガシーシステムを抜本的に刷新して、高可用性と強靭性を備え、高効率かつ柔軟なシステムを実現し、金融機関のデジタルシフトとサステナブルな成長を支援する。(2022/4/13)

東京商工リサーチ調べ:
コロナ禍なのにラーメン店の倒産が4割減、過去10年で最少 なぜ?
東京商工リサーチの調査によると、2021年度のラーメン店の倒産は22件で、過去10年で最少となった。(2022/4/12)

お金を借りた:
初めて利用したカードローン会社は? 「周囲にバレなかった」7割
カードローンを利用したことがある人は、初めて利用した「カードローン会社」はどこなのだろうか。該当する男女に聞いたところ……。(2022/4/10)

経産省、情報管理認証制度見直し 技術流出を防止
経済産業省は企業の情報流出を防止するため「技術情報管理認証制度」を見直す。使い勝手を改善して制度利用の促進を図る他、各機関によってばらつきのあった認証の有効期間を3年に統一し、1年ごとの定期報告を求めるなど信頼性を高める方針だ。(2022/4/8)

ふくおかFGの五島新社長インタビュー「客本位、収益上げ続ける」デジタル化軸に変革
マイナス金利政策の長期化など金融機関にとって厳しい経営環境が続く中、持続的な成長に向けて「顧客本位を徹底し、収益を上げ続ける」などと抱負を語った。(2022/4/7)

ソーラーシェアリング入門(54):
金融視点で考えるソーラーシェアリングの現状と課題、「融資と保険」の最新動向
「ソーラーシェアリング(営農型太陽光発電)」について解説する本連載。今回は前回に引き続き、農林水産省で開催されている有識者会議の内容について解説します。テーマはソーラーシェアリングにおける「融資と保険」です。(2022/4/6)

男女300人アンケート:
節約を始めたきっかけ 「子どもの学費」上回る1位は?
お金を節約しようと思ったきっかけ1位は「老後の不安」――。そんな結果が、タンタカが運営するお金に関するメディア「お金を借りる即日融資ガイド110番」のアンケート調査で分かった。(2022/4/5)

SAR衛星で災害リスク低減めざす:
宇宙ベンチャー「シンスペクティブ」119億円の大型調達
宇宙ベンチャーのシンスペクティブは3月29日、第三者割当増資で新たに119億円の資金を調達したと発表した。(2022/3/29)

カードローンで借入をした社数は「1社」が最多 背景にある消費者心理は?
調査対象者はカードローンを利用したことがある500人(女性237人/男性263人)。(2022/3/29)

ウクライナ侵攻から1カ月:
ロシアの新興財閥が離反の動き スイス隠し資産公開でプーチン氏“金欠地獄”か
ウクライナ侵攻から1カ月が経過し、ロシア軍の苦戦も伝えられるが、ウラジーミル・プーチン大統領が戦争を止める気配はない。そこで西側諸国が経済制裁の標的とするのがソ連崩壊後に勃興した「オリガルヒ(新興財閥)」と呼ばれる大富豪たちだ。(2022/3/28)

なぜこんな結果に:
コロナ予算77兆円に見識はあったのか
空前絶後とされた2020年度の補正予算には根本的な謎がある。新型コロナ対策のために「実質的な支出」を倍増させたはずの補正予算がもたらしたものはGDPの大幅な落ち込みだった。なぜこんな結果になってしまったのか。実は必然だったという側面があるのだ。(2022/3/24)

古田拓也「今更聞けないお金とビジネス」:
日本にも“金利上昇”到来で、住宅ローン契約者の4人に1人が破たん予備軍に?
金利市場は日銀の利上げをやや織り込みはじめている。住宅ローンをはじめとしたさまざまな「金利」のベースラインが上がるイベントである「利上げ」。これが日本で実現する日がくれば、主に住宅ローンを組んでいる国民にとって大きな痛手となり得る。(2022/3/18)

エンジニアが知っておくべきAI倫理(3):
AIモデル学習の評価時/オペレーション時に発生するバイアスリスク、どう対処する?
正しくAIを作り、活用するために必要な「AI倫理」について、エンジニアが知っておくべき事項を解説する本連載。第3回は、AIモデル学習の評価時、オペレーション時のバイアスリスクへの対処法について。(2022/3/15)

京都銀行など地銀がチャットボット向けFAQをAIで共有化 6行がタッグを組んだ理由
京都銀行や十六銀行など地銀6行が、社内外向けのFAQデータを共有化する。AIを使ったチャットボットでFAQを活用することで、業務の効率化を図る。複数行のFAQデータから、地銀の汎用的なFAQをAI技術を用いて作り上げるのは、AIチャットボットサービスなどを提供するPKSHAだ。(2022/3/16)

ロシアのウクライナ侵攻がICT市場に与える影響は? IDCが6つの要因を予測
IDCは、ロシアによるウクライナ侵攻が世界のICT市場に与える影響についてのレポートを発表した。同レポートによれば、サプライチェーンや資本フロー、エネルギー価格に与える影響は、より広範な規模で世界経済に波及する恐れがある。(2022/3/15)

調査で判明:
クレジットカードを選ぶときに重視すること 2位「ポイント還元率」、1位は?
タンタカが運営する、お金に関するメディア「お金を借りる即日融資ガイド110番」が、クレジットカードを選ぶ際に重要視していること、保有している枚数、国際ブランド、利用額などについて調査した。(2022/3/12)

SMBCグループとマイクロソフト、クラウド分野で戦略的提携 金融以外の分野も含め全世界でDX推進へ
SMBCグループがMicrosoftと提携した。同社クラウドテクノロジーを使ったDXを推進し、エンベデッドファイナンス、サプライチェーンファイナンスを含むサービス開発を共同で進める計画だ。(2022/3/10)

あきらめ倒産も:
“コロナ倒産”危ない300社 有名企業や東証1部を含む上場企業
経営やコンプライアンスなどに問題を抱える300社を実名で発表する会員制報告会が開かれた。リストには東証1部上場企業や有名企業も名を連ねている。コロナ禍で過酷な財務状況となった企業などの内幕が次々に明かされた。(2022/3/7)

【最終回】森山さやの「週刊マーケットダイジェスト」:
紛争の長期化が与える影響は大きい インフレ圧力により経済冷え込み懸念【動画】
先週はロシア軍がウクライナ南部の原子力発電所を砲撃、制圧し、欧米が経済制裁をさらに強める可能性が意識されました。(2022/3/8)

カードローンの利用用途は「生活費」がトップ 借入金額は?
保険相談サービスを提供する保険マンモス(東京都港区)は「カードローンに関するアンケート調査」を実施した。現在までのカードローンの借入総額は?(2022/3/2)

弱々しかった今回の不動産バブル 平成バブルの勢いなく「おっかなびっくり」に終始
 東京都心で見られるマンション価格のバブル的な高騰は、2013年から始まった。いわゆるアベノミクスとほぼ軌を一にしている。(2022/2/28)

Netflixがフランス映画業界に年間最低39億円出資する「歴史的協定」 映画館生き残りに希望
「Netflix問題」で対立していたカンヌ国際映画祭とも和解できるのかも?(2022/2/24)

エンジニアが知っておくべきAI倫理(2):
AIがもたらす「不公平な結果」を防ぐために開発者は何を考慮すればよいのか
正しくAIを作り、活用するために必要な「AI倫理」について、エンジニアが知っておくべき事項を解説する本連載。第2回は、データ収集の際に起きてしまうバイアスの発生を防ぐために、AI構築に携わる技術者がとるべき対応について。(2022/2/22)

動き出した日本の「契約・決済のデジタル化」検討はどこまで進んだか、これからどうなるか
2021年発足したデジタル庁が縦割りの壁を解消する活動を本格化させている。商取引や契約、決済手続きは企業から見ると一続きのプロセスだが、今までそれぞれの監督省庁が異なったり別の法律に縛られたりといった事情からなかなか一元的に合理化できなかった。今、この問題を抜本から解消しようとする検討が進んでいる。(2022/2/21)

BNPL市場はどうなる? “脱法”後払いビジネスの闇に米国政府が監視を強化
後払いサービスは手元に資金がなくてもチャンスを逃さず買い物ができる便利なサービスとして普及しつつある。市場が盛り上がり、さまざまなプレーヤーが参入する中、このサービスのスキームそのものに「脱法」疑惑が持ち上がっている。(2022/2/17)

AIが企業の業況を予測:
PR:銀行の与信管理をAIが支援――金融機関のDXを支えるクラウドサービスに必要な要件とは
銀行は融資先の業況変化を素早く把握したい。しかし、決算書を頼りにしていてはどうしても判断が遅れてしまう。何らかの方法で融資先の状態をリアルタイムに把握できないだろうか。クラウドを利用した業況変化の予測サービスを提供する企業に聞いた。(2022/2/17)

チャレンジャーバンクRedwood Bankのクラウド活用【前編】
“クラウドから生まれた銀行”Redwood Bankが急成長した理由
チャレンジャーバンクのRedwood Bankは、自社のシステムにクラウドサービスを活用している。早くも黒字化を実現した同社の“急成長”戦略とは。(2022/2/10)

森山さやの「週刊マーケットダイジェスト」:
メタショックで大幅下落 一方アップル、アマゾンは好決算で上昇【動画】
先週は決算発表が相次ぎ、決算の内容によって株価の動きが左右される展開でした。アップル、アマゾンは好決算をうけ上昇。一方売上見通しが予想を下回ったメタは大幅に下落しました。(2022/2/8)

子育てサポート企業:
「くるみん認定」とは? メリットや認定基準は? 22年4月の改正ポイントを解説
「くるみん認定」は、次世代法に基づき、一定の要件を満たした企業を「子育てサポート企業」として認定する制度です。認定基準が改正されるのを機に、あらためて制度の内容と目的を確認しましょう。(2022/2/8)

英FCAがAiimi製品を活用
金融監督機関が「AIエンタープライズサーチ」導入 何を期待しているのか?
英国のFCAは、エンタープライズサーチベンダーであるAiimiと3年契約を結んだ。AI技術を搭載したエンタープライズサーチ製品を活用し、FCAが実現しようとしていることとは。(2022/2/7)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。