ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「ハーバード大学」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「ハーバード大学」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

米移民局「オンライン授業のみの留学生は滞在認めない」方針発表
留学生から不安の声。(2020/7/7)

「スモール・ハピネス」で仕事も生活もポジティブになる?!:
第3回 人間関係からスモールハピネスを生み出す
スモール・ハピネスのオリジンともいうべき人間関係に焦点を当てて、そこから得る方法について考えてみたい。(2020/6/16)

Innovative Tech:
タコのように曲がり吸盤を駆使する触手ロボット ハーバード大など開発
まさにタコのような動きをするタコ足形状のロボット。(2020/6/10)

リモートワーク先進国アメリカで起きている変化 成長と危機管理に強い労働スタイルへ
新型コロナウイルスの感染拡大で、以前からリモートワークが進められていた米国では、リモートワークが危機に強く、成長し続けるビジネスの条件とする新しい常識が確立されつつあるという(2020/6/8)

PR:ビジネスリーダーに必須の“AIリテラシー”をすきま時間に学べる 日本マイクロソフトの無料オンライン教材「AI Business School」で日本社会を変える人材に
(2020/6/4)

【世界の論点】コロナ禍のオンライン授業 米国、悪化する教育の不平等 韓国、さながら保護者の授業
新型コロナウイルスの防疫対策として多くの国が学校の閉鎖措置を導入し、韓国や米国では学校に通えない子供たちを支援するためインターネットを介したオンライン授業が行われてきた。(2020/5/12)

コロナ禍のオンライン授業に悪戦苦闘 米韓は経験不足、格差問題に直面
新型コロナウイルス感染症が猛威を振るう中、韓国や米国でもオンライン授業を行われている。しかし、韓国では教員のオンライン授業に対する経験不足、米国では所得格差からくる教育の不平等などの問題も明らかになっている。(2020/5/12)

経済学者の見解を知る:
中国は本当にAI先進国なのか
米国対中国のAI(人工知能)バトルは、どちらが勝者なのか。これはよく聞かれる質問だが、正しく答えられていないことがあまりにも多い。米国では、「AI技術では中国がリードしている」と広く信じられている。しかし、経済学者のDieter Ernst氏は、最近発表した中国のAIチップに関する研究論文の中で、その考えに異議を申し立てている。(2020/4/28)

Boston Dynamics、新型コロナのトリアージでのロボット「SPOT」採用事例を紹介
ロボットメーカーのDoston Dynamicsの四足歩行ロボット「Spot」が、新型コロナと闘う医療現場をサポートしている。トリアージの列に並ぶ患者と医師のビデオチャットをサポートしており、今後は体温測定などにも利用する計画だ。(2020/4/24)

視点:
パーパス駆動型経営は“Nice to Have”ではない 〜求心力経営と遠心力経営をつなぐ不動点〜
企業は何のために存在するのか? 社会より自社の持続可能性を優先する企業は、市場から退場を迫られている。(2020/3/23)

医療機関はITをどう活用できるのか
画像診断に「機械学習」が役立つ理由 5分で見るべき画像数が250枚から20枚に
ある医療IT専門家は、音声認識と機械学習が医療業界に重要な影響を与える技術になると予測する。その理由とは。(2020/2/7)

この頃、セキュリティ界隈で:
新型コロナウイルスの影響、ネットでも 便乗ウイルス出現、感染力増す偽情報
コロナウイルスに便乗したコンピュータウイルスが出現している。(2020/2/4)

Facebook、新型コロナウイルスの誤情報やデマを削除 拡散を防ぐ
米Facebookは新型コロナウイルスの流行を受け、誤った情報やデマの拡散を防ぐため不正確なコンテンツを削除すると発表した。(2020/2/3)

組み込みエンジニアの現場力養成演習ドリル(23):
スマホで極秘通信するには? 米高官が使った「簡単なのにバレない」情報の送受信法
今回は、8年前、アメリカで実際に起きた有名なスキャンダルを題材に、スマートフォンで極秘に通信する“簡単な方法”を考えてもらいます。(2020/1/9)

Innovative Tech:
深海ウナギに学ぶ、大きく膨らむソフトロボット ソウル大学校などが開発
ミウラ折りなどを使って折り畳んだロボットが膨らむことで動作する、やわらかロボット。(2020/1/8)

Innovative Tech:
8種のインクを毎秒50回切り替え可能 超高速の3Dプリンタ、ハーバード大が開発
複数の素材を組み合わせて超高速にオブジェクトを作成できる技術が開発された。(2019/12/20)

Innovative Tech:
蜘蛛の「眼」に学ぶ超小型深度センサー ハーバード大学など開発
正確に標的の場所を捉える蜘蛛の眼の仕組みを応用すると、超小型の深度センサーを作ることができる。(2019/12/19)

PR:楽天テクノロジーコミュニティの魅力が集結 雰囲気は海外のテックイベント「Rakuten Technology Conference 2019」
楽天主催のテクノロジーイベント「Rakuten Technology Conference 2019」が開催された。楽天が注目しているテクノロジーとその活用や戦略の紹介、楽天の働き方などの魅力を発信することがカンファレンスの狙いだ。各セッションは、ほとんどが英語で行われた。その雰囲気はさながら海外のテックイベントだ。楽天の三木谷浩史社長や、CIO&CISO(Chief Information Officer & Chief Information Security Officer)で、テクノロジーディビジョンのトップである平井康文氏、楽天グループ全体のAI、データ、およびR&Dを統括する北川拓也氏などが登壇し、楽天が進める技術面での取り組みが紹介された。(2019/12/10)

「戦術」に秀でても「戦略」で劣る日本人:
日本式経営に“戦略”は存在するのか?――海外の眼が解き明かす「真の日本人像」
軍事だけでなく経営論でも重視される「戦略」。日本人に果たしてこの「戦略」は存在するのか?海外の識者の文献から解き明かす。(2019/12/2)

一貫したストーリーを作りやすい:
入力テキストを基に「動画モンタージュ」を作成するツール、国際大学チームが開発
清華大学と北京航空航天大学、ハーバード大学、IDCヘルズリヤ大学のコンピュータ科学者のチームが、特定のテーマに関するテキストを入力するだけで一つながりの動画モンタージュを作成する新ツール「Write-A-Video」を開発した。(2019/11/20)

連載「パラリンピックで日本が変わる」:
鈴木大地スポーツ庁長官を直撃――東京五輪後も障害者スポーツの火を絶やさぬために
東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会の開催が近づいてきた一方、パラスポーツに関しては組織力、経営力、競技の環境などで課題も多い。スポーツ庁の鈴木長官にインタビューし、東京2020成功のために必要なものや大会後のビジョンについて聞いた。(2019/11/14)

製造マネジメント インタビュー:
グーグルからパナソニックへ、松岡陽子氏の原動力は「人の生活を助けたい」
パナソニックのフェローに、グーグル(Google)米国本社のバイスプレジデントで、スマートホーム製品「Google Nest」のCTOを務めた松岡陽子氏が就任する。松岡氏はパナソニックにどのような影響を与えるのだろうか。同社が開催した会見で松岡氏は、期待される役割など報道陣からの質問に答えた。(2019/11/1)

ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術:
仕事を楽しめる人に共通する3つの気構え
人は自分の不幸には敏感であり、幸福には鈍感である。(2019/10/24)

「自身の未熟さを痛感」「家内からもかつて無い程叱られ」 個性派バイプレイヤー・小手伸也、不倫報道で関係者やファンに謝罪
『週刊文春』が伝えていました。(2019/10/10)

イノベーションは日本を救うのか(35):
ベンチャーエコシステムの活性化、大企業・政府・大学の役割とは
今回は、ベンチャー企業とベンチャーキャピタル以外のところを取り上げたい。具体的には、ベンチャー企業のエグジット、日本政府が果たせる役割、そして大学の役割だ。(2019/10/9)

日本マイクロソフト新社長に吉田仁志氏 日本ヒューレット・パッカードの前社長としてDX支援の経験
吉田氏は、日本ヒューレット・パッカードの前社長としてクラウドをはじめとするDX支援の戦略強化に取り組んだ経験を持つ。(2019/10/1)

この頃、セキュリティ界隈で:
交友関係まで調べられる? 米入国のSNS審査厳格化、留学生足止めも
SNSでつながっている「友人」の発言で入学できない。そんなことが起きている。(2019/9/17)

「同性愛は遺伝子だけで決まらない」 約47万人対象の研究結果、米ハーバード大などが発表
“同性愛遺伝子”は確認されなかった。(2019/9/2)

勉強しない日本人に喝!:
大前研一が「年金2000万円問題」を斬る! 終身雇用「崩壊」時代はこう乗り切れ
大前研一氏は、金融庁が出した「年金だけでは老後資金が2000万円不足する」という報告書を巡る議論について「ウソと誤解ばかりだ」と、喝破する。(2019/7/31)

元日銀マン・鈴木卓実の「ガンダム経済学」:
ハロが誤作動したら? スペースコロニーの行政とは?――ガンダム世界の“社会問題”を分析
スペースコロニーなどガンダム世界のSFが現実味を帯びてきた。例えばハロが誤動作したら誰が責任を取る? 社会科学の見地からリアルに分析。(2019/7/30)

よくわかる人工知能の基礎知識:
「AIのリスク」を理解してる? 世界でいま何が起こっているのか
進化を続けるAIを、人間はどうやって制御し、使いこなしていけばいいのか。いまあるAIの脅威を例に、具体的な対応策を整理してみたい。(2019/7/4)

1円玉より軽い昆虫型ドローン、太陽光発電で単独飛行実現 昆虫の推力効率に匹敵
電力から得られる推力の効率はハナバチなどの昆虫に匹敵。研究チームは「持続的に単独飛行できる飛行ロボットとしては世界最軽量だ」と話している。(2019/7/1)

Facebookの暗号通貨ウォレット「Calibra」のロゴがオンラインバンク「Current」に酷似
Facebookの暗号通貨「Libra」のウォレット「Calibra」のロゴが、フィンテック企業Currentのロゴに酷似していると、Currentがツイートで示した。同じデザイン企業がデザインしたものだ。(2019/6/21)

LiveWorx 2019:
スマート化されたPTCの新本社オフィス、会議室には難破船で作ったテーブルも!?
PTCは年次テクノロジーカンファレンス「LiveWorx 2019」の開催に併せ、移転したばかりの本社オフィスおよび技術展示スペース「Corporate Experience Center」を報道陣に公開した。(2019/6/11)

YouTubeでエロ動画を見ると“着替え中”の子どもなどの動画が推奨──New York Times報道
YouTubeでアダルト系動画を見ると、「次の動画」として例えば子どもが水着で泳いだり、着替えたりする普通のファミリー動画が推奨されることがあるとNew York Timesが報じた。YouTubeは推奨アルゴリズムの改善などで対処するとしている。(2019/6/4)

繁盛店から読み解くマーケティングトレンド:
希望した客はいつもタダ! 奈良のトンカツ「無料食堂」が繁盛する深い訳
奈良に「希望者はいつでも代金無料」というトンカツ店がある。純粋な社会貢献で取り組む同店が繁盛する秘密とは?(2019/4/19)

「また出ていただきます」 「SICK'S 覇乃抄」堤幸彦監督、宇垣美里アナの演技に再起用を約束
“女優”宇垣美里の誕生も近そう。(2019/3/18)

若者のロールモデルになりたい:
同性愛公表のパナソニック取締役ベイツ氏「LGBTへの差別は日本経済の損失」
6月にパナソニック初の外国人取締役に就任した米国人のローレンス・ベイツ氏が、同性愛者であることをカミングアウト(公表)している自身の経験について、就任後初めて取材に応じた。(2018/12/23)

いずれは5万ドルまで上昇:
ビットコイン、19年には上昇基調に 「18年も素晴らしい年だった」と著名投資家が主張
米CNBCに出演したブロックチェーン投資家のスペンサー・ボガート氏は、2019年にはビットコイン価格は上昇基調に戻るとの見方を示した。いずれは5万ドルまで上昇すると予測する。(2018/12/19)

現時点では“宝くじ”:
ハーバード大教授が仮想通貨の未来を予測「革新を起こすのは民間だが、いずれ政府が独占」
IMFでチーフエコノミストを務めたケネス・ロゴフ米ハーバード大学教授は12月10日、英紙Guardianに投稿した記事の中で、仮想通貨の価値がなくなるということも考えにくいが、現時点において仮想通貨は宝くじのようなものであるという。(2018/12/11)

見逃せない問題点:
AIはどこまで「判断」できるのか 安心なこと、不安なこと
AIの開発が進めば、人間はさまざまな労働から解放されて、便利な世の中になると言われている。では、近い将来、高度な判断力を要する業務もAIが行うようになるのだろうか。AIが得意なこと、不得意なことを考えてみると……。(2018/12/6)

組み合わせは3700万通り:
海外で人気の「サブウェイ」は、なぜ日本でイマイチなのか
日本のサブウェイが苦戦している。2014年、日本国内で480店展開していたが、その後閉店が相次ぎ、11月には304店舗まで縮小している。海外ではマクドナルドよりも店舗数が多いのに、なぜ日本で伸び悩んでいるのか。(2018/11/29)

これからのAIの話をしよう(メディア編):
「世の中が変わることが面白い」 84歳の田原総一朗氏がAIに興味を持つ理由
ジャーナリストの田原総一朗さんは、なぜ人工知能の取材を熱心に続けているのか。AIに関心を持ったきっかけや、取材を通して感じたAIへの思いを聞いた。(2018/11/27)

元日銀マン・鈴木卓実の「ガンダム経済学」:
ガンダムの「姫」、セイラ・マスはなぜ投資で成功できたのか?
「機動戦士ガンダム」に登場するセイラ・マスは、かつて医学の道を目指していたが、後に投資で活躍していることが明らかになる。彼女はなぜ投資で成功できたのだろうか? さまざまな視点から分析しよう。(2018/10/30)

Computer Weekly製品ガイド
データの価値にフォーカスするシリコンバレーの新興企業
米カリフォルニア州の新興企業が、データから価値を引き出す手段の向上を目指している。(2018/10/5)

河合薫の「社会を蝕む“ジジイの壁”」:
「オリンピックのため」が合言葉のサマータイム、代償は精神疾患と心臓病?
東京五輪の暑さ対策として、サマータイム導入が検討されることになった。欧州では存廃が検討されているのに、「オリンピックのため」を合言葉に議論を進めようとしている。生活と健康に与える影響とは……?(2018/8/24)

市場の現状と課題:
EdTechで働き方は変わるのか?
「EdTech」とは「Education(教育)」と「Technology(技術)」を組み合わせた造語である。インターネットなどITの発展により、時間や場所の制約がなくなり、より双方向での学習や個々に合わせた学習が可能となったが、市場としては課題もある。EdTech市場の現状とこれからの発展に向けた課題について考察する。(2018/8/10)

サイコパスは「うそをつく」意志決定が速い 京大などがMRIで実証
京大などの研究グループがサイコパスが「うそをつく」メカニズムを調査。サイコパス傾向が高い人ほどうそをつくかどうかの意思決定が速く「半ば自動的にうそをついてしまう」ことが分かった。(2018/7/20)

大真面目なトンデモ研究てんこ盛り  世界初のイグ・ノーベル賞公式展覧会が開催
驚いて、笑って、そして考えよう。(2018/7/13)

製造業のIoTスペシャリストを目指そう(10):
製造業における「バリューチェーン」の変革とは何か
製造業におけるIoTの導入は新たな価値の発見につながりますが、その際にはバリューチェーン(価値連鎖)を意識した分析や活動が求められます。IoTにおけるバリューチェーンとは何か、考えてみましょう。(2018/5/21)



にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。