ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「職場のいじめ」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「職場のいじめ」に関する情報が集まったページです。

大愚和尚のビジネス説法:
ある日突然、パワハラ“加害者”に――「育てる」概念は捨てる! 上に立つ者が心得るべき3つのこと
和尚と20年ぶりに再会したKさん。昔話で盛り上がるも、浮かない顔をしている彼に理由を尋ねると「パワハラ加害者」になってしまったという悩みを打ち明けられて――。他の個性を認め、尊重することで共に成長を目指す従業員と企業、そして上司と部下。価値観が変わり続ける現代において、「人を育てる」とはどういうことなのか? リーダーが学ぶべき心得を和尚が説く。(2022/8/16)

弁護士・佐藤みのり「レッドカードなハラスメント」:
モンスター社員が“わざと”上司を怒らせて録音、「パワハラだ!」と訴訟 それでも上司は不利なのか?
問題行動について上司と話し合う面談の席で、終始ふてくされた態度を取った従業員。わざと上司を怒らせて録音し、パワハラだとして訴えました。上司は慰謝料を支払うことになるのでしょうか。(2022/8/2)

働き方の「今」を知る:
パワハラを根絶するために知るべき“5つのポイント”
パワハラ被害に関するニュースが後を絶たない。どうすればパワハラはなくなるのだろうか? パワハラ被害を未然に防ぐ方法、パワハラが起きてしまった際の対処法などを、ブラック企業アナリストの新田龍氏が5つの項目にまとめて解説する。(2022/7/18)

侮辱賞状は「余興のつもり」:
ハシモトホーム自殺事件から考える、パワハラがなくならない4つの理由
青森の住宅会社ハシモトホームで起きたパワハラによる自殺事件が話題となっている。「あーあって感じ」などと書かれた被害男性を侮辱する賞状は、「余興のつもり」で渡されたという。こうした報道から見える、パワハラがなくならない4つの理由とは──?(2022/7/15)

キャリアニュース:
会社を辞めたい理由、1位は「職場の人間関係が悪い」
Biz Hitsが「会社を辞めたい理由ランキングと辞めたいときの対処法」を発表した。会社を辞めたい理由のトップ3は「職場の人間関係が悪い」「理不尽な扱いを受けた」「仕事量や残業が多い」だった。(2022/7/7)

弁護士・佐藤みのり「レッドカードなハラスメント」:
LGBTの社員への対応 会社が責任を問われるリスクがあるのはどんなケース?
LGBTなどの言葉が比較的広まってはきたものの、性的少数者の従業員への対応に、万全を期しているという企業はいまだ少ないでしょう。対応によっては、企業側が安全配慮義務違反などに問われることもあり得ます。(2022/6/30)

「訴えてやる!」の前に読む IT訴訟 徹底解説 連載100回記念スペシャル:
江里口美咲&細川義洋対談「ここがダメだよ、IT業界!」
はーい、読者のみんな。アタシ、江里口美咲。他の連載の登場人物だけど、IT訴訟解説が連載100回を迎えたって聞いて、お祝いに駆け付けたわよ。(2022/6/27)

見分けづらいケースが大半:
「パワハラ」と「厳しめの指導」の見分け方 3つの基準
パワハラの特徴に「注意、指導との境界線がはっきりしない」ことがあります。比較的要件がはっきりしているセクハラと異なり、パワハラは境が曖昧です。両者はどのように見分けられるでしょうか?(2022/6/10)

「お金に愛されないエンジニア」のための新行動論(3):
自作の「金融商品自動売買ツール」をGo言語で作ってみる
「老後のための投資」について、どうも“着火”(やる気に火がつくこと)しません。だとしたら、私が大好きな趣味の世界に、このテーマを持ち込むしかありません。というわけで、私は、大好きなシミュレーションを利用できる、「金融商品自動売買ツール」の構築を目指すことにしました。(2022/5/31)

弁護士・佐藤みのり「レッドカードなハラスメント」:
「雑用ばかりさせるのはパワハラ」 裁判所の“意外”な判断、その理由とは
日常的に部下を指導する立場にある者にとって、「適切な指導」と「違法なハラスメント」の境界は気になるところでしょう。特に、パワーハラスメントは区別がつきにくいので問題です。今回は、「パワハラらしくない」と受け止められがちな、“意外なパワハラ”の2つのパターンについて解説します。(2022/5/31)

「訴えてやる!」の前に読む IT訴訟 徹底解説(97):
パワハラされてリストラされたので、転職サイトに書き込んでやりました
毎日のように怒鳴られ、発言を禁止され、最後はコスト削減のためにリストラされた。この恨み、晴らさでおくべきか!(2022/4/18)

「夢を壊すための裁判ではなく、守るための裁判」「今でもディズニーを愛している」 東京ディズニーランド出演者訴訟、判決受け原告が会見
「安全配慮義務違反」と「パワーハラスメント」を訴えた裁判、争点は――。(2022/3/29)

聖徳学園の校内SNS活用【後編】
聖徳学園は「保護者に使ってもらえるIT」「生徒の安全なSNS利用」をどう実現したのか
聖徳学園は生徒や保護者との情報共有に「Talknote」を採用している。保護者にTalknoteをはじめとするITツールを使ってもらうためにした工夫と、生徒が安全にITツールを利用できるようにするための秘策は。(2022/3/31)

事例で学ぶ製造業DXセキュリティ対策入門(5):
たとえば中堅製造業のDXセキュリティ担当がいきなり社長にプレゼンするような物語
社内DXセキュリティプロジェクトチームのリーダーに任命された、ABC化学薬品新卒6年目の青井葵。元工場長の変わり者、古井課長の手助けも得て、製造業がDXプロジェクトと併せて進めるべき「DXセキュリティ対策」を推進していく本連載。今回は、製造業のDXセキュリティ対策の予算獲得で最大の壁になるであろう役員会の承認を得るためのプレゼンについて考える。(2022/1/20)

「地元と呼べる場所がない」「友達作りに苦労した」 親が転勤族だった人に聞く“転校・転園でツラかったこと、良かったこと”
「子どものころはイヤだったけど……」と大人になって感じ方が変わる人も。(2022/1/26)

仕事と自分を成長させる新しいキーワード「スモール・ハピネス」:
第3回:アートとスモールハピネス
ネガティブなことや、つなぎから解き放たれることからでも、スモールハピネスが生まれる。(2021/12/16)

「身長が追い付くまでいじめられた」「自分だけ自動車免許が取れなかった」 人それぞれに違う“早生まれのツラさは何歳まで続くのか”
「早生まれのツラさ」「何歳まで続いたか」など聞いてみました。(2022/1/25)

もしストレスを「倍返し」できる貯金箱があったら? 上司に仕返しできると思いきや――復讐の連鎖を描いた漫画がホラー
ストレスの溜めすぎにご用心……。(2021/12/2)

河合薫の「社会を蝕む“ジジイの壁”」:
パワハラを「禁止」できない日本 佐川、守るのは加害者のみか
パワハラによる自殺事件が後を絶たない。佐川急便では、パワハラの内部通報があったにもかかわらず、十分な対策が取られなかった。パワハラ防止法が施行されているのに、なぜこのような事件はなくならないのか──?(2021/11/12)

河合薫の「社会を蝕む“ジジイの壁”」:
「常識」という呪い──パワハラ上司になぜ部下は反発できないのか
「権利意識が強い社員はいませんか?」と題し、部下の「常識力」のなさがパワハラ相談の増加につながっているとした毎日新聞のパワハラ防止セミナーが炎上した。確かに上司から見て、「え? これがパワハラになるの?」というケースはあるだろう。しかし、こうした「常識」をわきまえろという圧力が、助けが必要な部下たちをより追い詰めることになる──。(2021/10/22)

河合薫の「社会を蝕む“ジジイの壁”」:
日本の“低賃金・人軽視”の悪夢 ブラック企業は「辞めたくても辞められない」
コロナ禍で生活不安が高まり、ブラック企業を「辞めたくても辞められない」という人が増えている。ブラック企業には、従業員を低賃金で長時間働かせ、労働基準法を守らぬ企業も多い。「働く人にどう報いるか?」という点について、後れを取っている日本はこの先、どうなっていくのだろうか──。(2021/10/8)

スピン経済の歩き方:
「中田翔システム」は企業の知恵なのか 問題社員は「新天地」に飛ばしてリセット
日本ハムから巨人に移籍した中田翔内野手にモヤモヤしている人も多いのでは。移籍後、すぐに一軍で活躍できたことに違和感を覚えたと思うが、こうした方法は会社でもできるのだろうか。結論から言うと「できる」。(2021/8/24)

「愛する誰かがいなきゃ救われないなんて、そんな残酷な話がありますか」 セクハラ事件からジェンダーの揺らぎに向き合う漫画『女の体をゆるすまで』作者インタビュー
作者の内面に迫る1万字インタビュー。(2021/8/19)

クイズDEドラマ:
「プロミス・シンデレラ」眞栄田郷敦の金髪和装姿にファン悲鳴 「優勝すぎでしょ」「流石にかっこよすぎる」
似合いすぎて見とれた。(2021/8/4)

スピン経済の歩き方:
真面目に運営していても、「飲食店」だけが叩かれるシンプルな理由
4度目の緊急事態宣言が発出され、飲食店がまた攻撃されている。西村康稔経済再生相からは、まるで「反社」扱いされたわけだが、なぜ飲食店はここまで叩かれるのか。背景にあるのは……。(2021/7/13)

スピン経済の歩き方:
市場は7割減! “スーツ離れ”を断ち切ることはできるのか
スーツ市場が苦戦している。ピーク時(1992年)に比べて、販売数が7割ほど減少しているが、どうすれば回復することができるのか。筆者の窪田氏は……。(2021/7/6)

コロナ禍特有の「コロハラ」「リモハラ」なども:
社内ハラスメント「対策していない・不十分」9割 被害・加害者ともに男性
「嫌がらせ・いじめ」などの意味を持つハラスメント。19年には育休から復帰した男性社員の関西転勤を不当だとSNS上に投稿した叫びが炎上したことも記憶に新しい。女性に対するマタハラや結婚をほのめかすようなマリッジハラスメントなどを耳にする機会は減ったような気がするが、一方でパワハラやモラハラは根強く残っているようだ。今は被害者も加害者も男性が多いことが調査から分かった。(2021/6/21)

バレた理由は?:
転職活動がバレて困ったこと 3位「詮索された」、2位「慰留された」、1位は?
ビズヒッツが、転職活動がバレた経験のある男女257人を対象に「転職活動に関する意識調査」を実施した。(2021/6/9)

河合薫の「社会を蝕む“ジジイの壁”」:
LGBT「無関係な企業」はない 「体は男だけど女子トイレ」問題と、淘汰される無知な企業
LGBTなどの性的マイノリティーの割合は、8.9%にのぼる。11人に1人と考えると、どの企業も「うちにはいない、関係ない」とは言い切れないのではないだろうか。企業が知っておくべき知識とは。(2021/5/28)

河合薫の「社会を蝕む“ジジイの壁”」:
「内輪だからいい」では済まない侮辱発言、ハラスメントが続く組織は“コミュニケーション能力が低い”
女性タレントの容姿を侮辱する演出を提案したとして、東京五輪の開閉会式演出の総合統括クリエイティブディレクターが辞任した。「内輪のことだから」と擁護する声もあるが、ハラスメントのほとんどは「内輪」で起きた出来事だ。こうしたハラスメントや差別発言は、無意識の思い込みと、コミュニケーション能力の低さから起こっている。(2021/3/26)

見落としがちな“心のエアポケット”:
パワハラは減らないどころか増えている――加害者の典型的な言い訳と、決定的な「2つの見落とし」とは
社会的な認知度が上がっても減らないパワハラ。厚労省の発表によれば、職場でのいじめや嫌がらせは、年々増えてきている。中には被害者が自ら命を絶ってしまうケースもあるが、そんな中、被害を拡大しないために見落としてはいけない“心のエアポケット”とは?(2021/1/20)

ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術:
嫌いな人にも読んでもらえるコンプライアンス教材
法とかルールとかが大嫌いな人にも、楽しんでもらいながらコンプライアンスの基本を学んでほしい。(2020/11/12)

「好きな人をいじめてしまう小学生みたい」 元アイドルが配信中のコメントマナーに苦言「自分が想像してる以上に推しを傷つけてる」
「本当に配信するの憂鬱になる」(2020/10/15)

スピン経済の歩き方:
『半沢直樹』が人気なのは、「パワハラの被害者が増えているから」は本当か
ドラマ「半沢直樹」が高視聴率を叩き出している。人気の背景に、「庶民の留飲を下げるような勧善懲悪のストーリーであることが大きい」といった指摘があるが、筆者の窪田氏はちょっと違う見方をしている。どういうことかというと……。(2020/8/25)

”幼稚性”から紐解く「日本的マネジメント」の問題点【後編】:
「いつまでも学生気分でいるな!」と叫ぶ上司こそ、学生時代の価値観を捨て切れていない
「上司を飛ばして話を進めるな」「会社の休憩時間にモノを食べるな」「上司の決裁を受けるときは、ハンコを傾けて押せ」――。こうした非合理なルールが、いまだ日本企業では常識のようにはびこっている。働き方改革の支援を手掛けてきた沢渡あまね氏に今後のビジネスパーソンに求められる考え方を聞いた。(2020/8/21)

浦上早苗「中国式ニューエコノミー」:
「倍返しより転職しろ」「メガバンクは修羅の世界」半沢直樹にはまる中国人の突っ込み
TBSドラマ「半沢直樹」の続編が中国でもブームで、中国最大の書籍・ドラマレビューサイトでは、10点満点で9.4点をマーク。「勧善懲悪」の分かりやすさが幅広く人気を集める理由だが、結果として、日本の企業文化に対する衝撃や誤解も視聴者から湧きあがっている。ここでは、中国のSNSやブログで続出している突っ込みと考察を紹介したい。(2020/8/20)

河合薫の「社会を蝕む“ジジイの壁”」:
感染は自己責任? 「コロナ差別」を生み出した“とにかく自粛”の曖昧さ
新型コロナの感染が再び拡大する中、感染者や東京の人などに対する差別が報告されている。ここまで恐れてしまうのは、リスクコミュニケーションが機能していないから。データに基づく行動基準よりも「自粛」という言葉が前面に出ていた。リスク管理と差別を分けて考えるべきだ。(2020/7/10)

働き方の「今」を知る:
「パワハラ防止法の施行で『陰湿なパワハラ』が増える」という批判は正しいのか
6月1日、いわゆるパワハラ防止法が施行された。これにより、大企業にはさまざまな対策が義務付けられるようになった(中小企業は22年4月から)。これまで統一されていなかったパワハラの定義が示される一方で「陰湿なパワハラ」が増えるのでは、といった懸念もある。ブラック企業に詳しい新田龍氏の見解は?(2020/6/19)

連載・あなたの会社は大丈夫? 求職者に「ブラック企業」と思われないために:
「経営者目線」より「第三者目線」を ブラック企業とみなされる5つのチェックポイント
内部からは気付きづらい「ブラック企業」の特徴をご存じだろうか。働いていると「当たり前」と感じているものでも、外部から見たら“真っ黒”という会社も中には存在する。あなたの会社は大丈夫? ブラック企業に詳しい新田龍氏が解説。ブラック企業に詳しい新田龍氏が解説する。(2020/3/31)

河合薫の「社会を蝕む“ジジイの壁”」:
新型コロナで増える「パワハラ」 “悲劇の温床”を放置する経営トップの責任
新型コロナ問題でパワハラが増えるのではないかという懸念が広がっている。人は環境によって被害者にも加害者にもなり得る。経営が厳しくなることは避けられないが、「人」を軽視すると、弱い立場の人の命が奪われることになるのを忘れてはいけない。(2020/3/27)

「朝の読書時間を使って歌詞の穴埋めテスト」をする先生も 中学教員たちも競う“合唱コンクールのリアル”
「『合唱の良しあしには担任としての実力が現れる』と考えられていて」(2020/5/4)

「出勤は朝5時半」「ベテランに口出しされないための“頑張ってますアピール”」 現役中学教員に聞く“仕事としての体育祭”
「若手の先生に関しては周囲の目が厳しくて。特に行事に関しては」(2020/4/27)

「修学旅行中の飲酒=不祥事」はよく考えると微妙な問題? 現役中学教員に聞く“仕事としての修学旅行”
楽しい学校行事の代表格・修学旅行。教員視点ではどう変わる?(2020/4/20)

「単純に考えて、学校行事を減らしたら生徒の学力は上がるんじゃない?」 現役中学教員に聞く“授業時間の確保が難しい実態”
風が吹けば桶屋がもうかる式で「学校行事を減らすと、家計が楽になる」可能性も……?(2020/4/13)

「教員は生徒のために自腹を切るのが当たり前」では“平等な公教育”が実現できない? 現役中学教員インタビュー
学校行事や部活では教員の持ち出し(自腹を切ること)が常態化している、といいます。(2020/4/6)

新型コロナウイルス対応の医療関係者、職場で「バイ菌」扱い 学会が不当な扱いに抗議
子どもの登園自粛や、現場で活動したことに謝罪を求められるといったケースも。(2020/2/22)

ひろゆき流「ギスギスした職場」を生き抜くメンタル術【前編】:
ひろゆき流「職場に振り回されないメンタル術」 ムカつく上司、バカな同僚は“動物”だと思え!
鋼のメンタル王・ひろゆきが教える、いつでもどこでもマイペースを貫く、逆転の思考法! 職場で「他人を攻撃する迷惑な人」と賢く距離を取り、スルーする方法について3回にわたってお届けする。第1回目は「他人に振り回されないメンタル術」のヒント。(2020/1/21)

【仕事のグチ、聞かせてください】経営陣の親族が実権を握るスーパー、「葬式で休むのは非常識だ」と3〜4時間説教された理由
スーパーの総菜部門で働いていたというZさんのお話。(2020/2/3)

適応障害の先生に「明日、授業できる?」 現役中学教員が語る「管理職の能力が低い学校はどう壊れていくのか」
「20年後、公立中学校がヤバいことになるかもしれない」。(2019/12/22)

学校に生徒の個人情報は守れるのか 現役中学教員が語る「PCが数台しかない職員室」「私物PC持ち込みは暗黙の了解」
先生だけど、学校のルールを守っていたら「仕事が終わらない」「日付がまわっても帰れない」。(2019/12/21)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。