ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  H

  • 関連の記事

「HUAWEI nova lite」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「HUAWEI nova lite」に関する情報が集まったページです。

イオンモバイル、60歳以上限定で月額980円の新プラン発表 「業界最安級」うたうキャンペーンも
イオンモバイルが、専用ブラウザ不要でフィルタリングができる「イオンモバイルセキュリティPlus」を発表。60歳以上を対象にした「やさしいプランmini.」も発表。「3年学割」や「4周年キャンペーン」も実施する。(2020/2/6)

PR:人気のSIMフリースマホが100円から! 「IIJmio」春のお得なキャンペーンを見逃すな
MVNOサービス「IIJmio」でお得なキャンペーンを3月まで実施している。端末割引、初期費用の割り引き、MNPを条件としたキャッシュバックなどが主な内容。100円で販売しているSIMロックフリースマホもあるので、この機会を逃さずIIJmioへの乗り換えを検討しよう。(2020/2/3)

「散財とは思いたくない」 総額27万円、5つのガジェットで2019年を振り返る
もう2019年も終わってしまう。今年買って良かったガジェット製品を振り返ってみる。(2019/12/28)

楽天MNO本音レポート(4):
iPhoneでも使える? 楽天MNO回線のSIMを、いろいろなスマホに挿してみた
楽天モバイルは、全ての対応機種を「SIMロックフリーで発売する」と宣言しています。では、楽天モバイルが取り扱っているスマホ以外の機種でも、楽天MNOのSIMは使えるのでしょうか? iPhone 11やPixel 4などで試してみました。(2019/12/9)

「OCN モバイル ONE」が月額980円〜の新料金プラン発表 “業界トップ返り咲き”を狙う
NTTコミュニケーションズが、「OCN モバイル ONE」向けの新料金プランを発表。光回線とのセットによる割引きにより、音声対応SIMで月額980円から利用できる。200kbpsの低速でも快適に利用できるよう、ネットワークの品質改善も行う。(2019/11/20)

楽天モバイルが「無料サポータープログラム」参加者に最大1万6000ポイント進呈 エリアマップも公開
楽天モバイルが10月1日から7日まで募集する「無料サポータープログラム」。その参加者に「楽天スーパーポイント」を最大で1万6000ポイントプレゼントすることが明らかとなった。簡単なエリアマップも公開されている。(2019/9/30)

どれもSIMフリー:
「Galaxy」「Xperia」や「arrows」も――楽天モバイルがMNOサービス対応端末を順次発売【写真追加】
10月1日から開始するMNOサービスに合わせて、楽天モバイルが10月から順次新端末を発売する。いずれもSIMロックフリーで、既存のMVNOサービスでも利用できる。(2019/9/6)

ファーウェイがワイヤレススピーカー「HUAWEI Mini Speaker」を8月23日に発売
ファーウェイ・ジャパンは、8月23日にワイヤレススピーカー「HUAWEI Mini Speaker」を発売。101gの軽量コンパクトボディ底面にパッシブラジエーターを搭載し、重低音と大音量を特徴としている。市場想定価格は3280円(税別)。(2019/8/20)

楽天モバイルの機種変更キャンペーン、対象10モデルが通常価格から6000円割引に
楽天モバイルは、5月24日から「人気スマホへおトクに機種変更キャンぺーン」を実施。現在サービスを利用中のユーザーを対象に、対象スマホへの機種変更を通常価格から6000円割引する。ラインアップは「AQUOS zero SH-M10」「AQUOS R2 compact SH-M09」「AQUOS sense2 SH-M08」などで、オンライン・店舗で受付を行う。(2019/5/24)

P20 Proから何が変わった? 「HUAWEI P30 Pro」のカメラ機能を徹底レビュー
3月にHuaweiの新たなフラグシップスマホ「HUAWEI P30 Pro」と「HUAWEI P30」が発表された。今回、上位モデルの「HUAWEI P30 Pro」をいち早く借りることができた。最大のセールスポイントであるLeicaの4眼カメラで撮影した作例を交えつつ、その使い勝手をレポートする。(2019/4/8)

楽天モバイルがMNO回線への移行を案内 3月14日10時以降の契約者にはSIMカードを発送
楽天が「楽天モバイル」のMVNO→MNO回線への移行に関する案内を掲載。3月14日10時以降に新規契約したMVNO回線は10月以降に順次MNO回線のSIMカードを発送するという。既存ユーザーへの対応は、今後改めて案内するという。(2019/3/14)

AQUOS R2 compactやHUAWEI nova lite 3も:
mineo、「iPhone SE」を3万600円で発売 セット端末のiPhone比率は4割超えに
ケイ・オプティコムが「mineo」向けに「iPhone SE」を2月21日に発売する。カナダから調達した整備済製品。価格は3万600円。(2019/2/18)

UQ mobile、2月15日に「HUAWEI nova lite 3」発売 一括約3万円
UQ mobileは、2月15日に「HUAWEI nova lite 3」を追加。約6.21型のフルビューディスプレイを搭載し、カメラのシャッターを押すだけでシーンに合わせた写真を撮影できるAI機能も備えている。端末代金は3万1644円(税込)。(2019/2/7)

イオンモバイルが「3年学割」提供 50万回線突破で次は「100万回線」を目指す
イオンモバイルが「3年学割」を2月15日から提供する。3〜9GBのプランでデータ容量1GBを増量する。契約数は50万を突破した。今後は新たな属性のユーザー増を狙う。(2019/2/6)

楽天モバイルのキャンペーン スマホが5980円、光回線とのセット契約で最大2万2000円相当還元も
楽天モバイルは、1月30日に「春だ!新生活まるごと応援キャンペーン」をスタート。通話SIMを新規契約すると人気スマホを5980円(税別)から購入できるほか、光回線とのセット契約で最大2万2000円相当が還元される。また、1月31日から月額500円(税別)で多彩なクーポンが受け取れるオプションサービス「楽天モバイルお得生活」も開始する。(2019/1/30)

「HUAWEI nova lite 3」、MVNOの価格まとめ 楽天はキャンペーンで9980円に
2月1日に発売される、Huaweiの新たなミッドレンジスマートフォン「HUAWEI nova lite 3」。MVNO各社の価格をまとめた。現時点で最安は、楽天のキャンペーン適用時だ。(2019/1/30)

「HUAWEI nova lite 3」が2月1日発売 水滴型ノッチやAIカメラ搭載 2万円台半ば
ファーウェイ・ジャパンが、SIMロックフリースマートフォンの新モデル「HUAWEI nova lite 3」を2月1日に発売する。6.21型液晶には水滴型ノッチを採用。アウトカメラとインカメラどちらもAI撮影機能を用意した。(2019/1/30)

Spigen、240以上のケースが最大90%オフになる「クリアランスセール」
Spigenは、保護ケース全240以上が500円(税込)になる「クリアランスセール」をAmazonストアで開催。iPhone 8/8 PlusやGalaxy S8/S8+向けなどをラインアップし、期間は2月14日まで行う。(2019/1/11)

石野純也のMobile Eye:
“王道”の戦略で国内外のシェアを高めるHuawei 課題は米国市場の攻略
トリプルカメラ搭載の「Mate 20 Pro」を日本で発売したファーウェイ。グローバルでハイエンドモデルの拡販に力を入れているファーウェイだが、日本でも、その成果が徐々に出始めているようだ。市場動向や同社の戦略を解説していく。(2018/12/1)

熱中症で倒れる前に 緊急時にスマホで表示、「メディカルID」の設定方法
スマートフォンのロックを外すことなく、緊急時の連絡先や病状などを確認できる「メディカルID」。突然意識をなくして救急搬送されたときにも、医療関係者が必要な情報を確認できる。(2018/8/17)

ソフトバンク、2018夏モデル「HUAWEI nova lite 2」「DIGNO J」を7月6日に発売
ソフトバンクが、約5.7型ディスプレイとダブルレンズカメラを備えた「HUAWEI nova lite 2」と初心者でも扱いやすいタフネスモデル「DIGNO J」を7月6日に発売する。(2018/7/3)

SIMロックフリースマホメーカーに聞く:
「P20」シリーズでキャリア/SIMフリー市場を攻めるHuawei 呉波氏に聞く、夏商戦の意気込み
SIMフリー市場を切り開いてきたHuaweiだが、2018年は大手キャリアへの進出を本格化させている。この夏に、3キャリアから同社のスマートフォンが発売された。ファーウェイ・ジャパンで、デバイス部門のプレジデントを務める呉波氏に夏商戦の意気込みを聞いた。(2018/6/29)

SIMロックフリースマホメーカーに聞く:
低価格スマホで若者から支持 モトローラがSIMフリー市場で“安定”している理由
ミッドレンジの「moto g6」と「moto g6 plus」、エントリークラスの「moto e5」を日本で投入するモトローラ。日本でのシェアは安定しているという。SIMフリー市場での戦略をダニー・アダモポウロス社長に聞いた。(2018/6/26)

石野純也のMobile Eye:
Huaweiが躍進、ミッドレンジの拡大、複眼カメラが多様化――3キャリアの夏モデルを振り返る
3キャリアの夏モデルが出そろった。Huaweiが3キャリアにスマホを納入し、ミッドレンジモデルが拡大した。流行のデュアルカメラは、メーカーによって味付けが異なるのが特徴だ。(2018/5/26)

当初は1000円割引:
ソフトバンク、3段階定額データプラン開始 月額1480円から
ソフトバンクが、3段階の定額データプランを6月29日に始める。データ量の上限と月額料金は、1GBが1480円、2GBが2480円、3GBが3480円。特定の条件を満たした場合のみ契約できる。(2018/5/25)

ファーウェイの「nova lite 2」が販路拡大 量販店やWeb通販で購入可能に
MVNO限定販売だった「HUAWEI nova lite 2」が、6月1日から販路を拡大。家電量販店やWeb通販サイトでも購入できるようになる。(2018/5/25)

ソフトバンクが3段階制のデータ定額プランを提供 1GB〜3GBで月額1980円から
ソフトバンクが、ライトユーザー向けに3段階のデータ定額プランを発表。料金は基本料金込みで月額1980円から。ただしソフトバンクの対象機種を使っている必要がある。(2018/5/25)

国内携帯シェア、Appleが6年連続1位 SIMフリーはHuaweiが1位
MM総研は、5月10日に2017年度通期の国内携帯電話端末出荷概況を発表。総出荷台数は前年度比2.7%増の3746万台で6年振りに増加し、スマートフォン出荷台数は8.1%増の3258万台と2年連続過去最高を記録した。SIMフリーも11.9%増の315万台となったが、フィーチャーフォンは23.1%減の488万台と過去最低を更新している。(2018/5/11)

ソフトバンクからHuaweiスマホ「Mate 10 Pro」と「nova lite 2」が登場
ソフトバンクが、Huaweiのスマートフォン「HUAWEI Mate 10 Pro」と「HUAWEI nova lite 2」を発売する。Mate 10 ProはAIプロセッサやライカと共同開発したデュアルカメラを搭載。HUAWEI nova lite 2はコストパフォーマンスを重視する人向けのモデル。(2018/5/10)

次期大型iPhone Xは8 Plusと同サイズ?
iPhone Xの有機ELディスプレイ搭載大型モデルのサイズが判明した。(2018/5/8)

IIJmio meeting 19:
2017年は全36機種を発売 IIJが「格安SIMで端末数ナンバー1」を目指す理由
IIJは、「IIJmio meeting 19」で、IIJmioの端末施策を紹介。端末の調達を担当している永野秀太郎氏が2017年に取り扱った主な端末について裏話を交えながら語り、2018年の端末動向予想やIIJmioの取り組みについても触れた。(2018/4/23)

荻窪圭の携帯カメラでこう遊べ:
3万円で買えるデュアルカメラ! 「HUAWEI nova lite 2」「gooのスマホ g08」で撮りまくる
「HUAWEI nova lite 2」と「gooのスマホ g08」は、3万円あればお釣りが来る価格で購入できるデュアルカメラスマホ。前者はアウトカメラ、後者はインカメラという構成なのだが、とりあえず撮ってみるのである。(2018/3/27)

「gooSimseller」のSIMフリースマホはなぜ安いのか? NTTレゾナントとNTTコムに聞く
アグレッシブな価格設定で最新のSIMフリースマートフォンを販売している「gooSimseller」。なぜ、他社よりも圧倒的に安く販売できるのか? 独自ブランド「gooのスマホ」の狙いは?(2018/3/20)

「技適」なしスマホを使うと罰せられる?  覚えておきたい技適の話
スマートフォンなどを日本で使うために必要な「技適マーク」。技適マークのないスマートフォンやBluetooth端末を使うと電波法違反で罰せられてしまうのか。覚えておきたい技適の話を総務省に聞いた。(2018/3/20)

探してみよう! 3万円前後で買える「春スマホ」(SIMフリー編)
春はケータイやスマートフォンの新規契約や機種変更の多い季節。実売価格3万円前後で買えるおトクなSIMロックフリースマートフォンをチェックしてみよう。(2018/3/15)

PR:お手頃価格で多機能&顔認証も追加 「HUAWEI nova lite 2」のコスパを徹底検証
ファーウェイから、2万円台半ばのお手頃価格のSIMロックフリースマートフォン「HUAWEI nova lite 2」が登場。約5.65型18:9超ワイドディスプレイやダブルレンズカメラの他、アップデートによって顔認証にも対応した。その使い勝手を見ていこう。(提供:ファーウェイ・ジャパン)(2018/3/9)

Huaweiの「Mate 10 lite」と「nova lite 2」で顔認証が利用可能に
ファーウェイ・ジャパンが、SIMフリースマホ「Mate 10 lite」と「nova lite 2」に顔認証機能を追加。3月9日のソフトウェアアップデートで利用可能になる。Mate 10 liteではカメラの新機能として「ARレンズ」も追加する。(2018/3/8)

PR:プライベートも仕事もはかどる 新生活はファーウェイのスマートフォンで決まり!
就職や入学を控えたこの春に、新しいスマートフォンを買って新生活を迎えよう。そこでオススメなのが、高画質カメラや大容量バッテリーが魅力のファーウェイ製スマホだ。今回は最新ラインアップから4モデルを紹介したい。(提供:ファーウェイ・ジャパン)(2018/3/6)

PR:端末代込みで月額1880円から! IIJmio「コミコミセット」がお得な理由
通信料と端末代がセットになったIIJmioの「コミコミセット」がリニューアル。月額2980円のプランが追加され、選べるスマホも増加。コミコミセットは何がお得なのだろうか?(2018/2/19)

イオンモバイルでau回線のサービス開始 ドコモと同額で1GB 月額480円から
3月1日から「イオンモバイル」でau回線のサービスを開始。料金はドコモ回線と同額でデータSIMが月額480円から。サービス開始2周年を記念したキャンペーンも実施する。(2018/2/16)

石川温のスマホ業界新聞:
フリーテルが復活し、今後はeSIMスマホで勝負をかける――ド派手な会見から一転。質素なレンタル会議室から再出発
FREETEL(プラスワン・マーケティング)の端末事業を継承したMAYA SYSTEMが新製品発表会を開催した。以前とは打って変わった質素な発表会に見られるように、今後は堅実路線でやっていくようだが、中国メーカーとの簡単ではない戦いが待っている。(2018/2/16)

MVNO限定販売:
「HUAWEI nova lite 2」登場 ダブルレンズカメラ搭載で2万円台半ば
ファーウェイが「nova lite」の後継モデルを発売する。アスペクト比9:18の縦長ディスプレイとダブルレンスカメラを搭載し、2万円台半ばで販売する。(2018/2/7)

Mobile Weekly Top10:
au春モデルに「Huaweiスマホ」登場/米国で「Xperia」のミドルレンジモデル発表
auが2018年春モデルを発表しました。注目は、au初となるHuawei製スマートフォン「HUAWEI nova 2 HWV31」です。(2018/1/19)

明日から使えるITトリビア:
冬に失敗しがちなスマホの指紋認証 対策はどうする?
冬は指の乾燥や手袋の装着でスマートフォンの操作が煩わしくなる季節。「疑似指紋」を使えばスマホ操作が便利になる?(2018/1/16)

石野純也のMobile Eye:
AT&TがMate 10 Pro採用をドタキャン 日米で明暗分かれたHuaweiのキャリア戦略
スマートフォン市場で着実にシェアを伸ばしているHuaweiだが、課題も残る。キャリア市場での存在感がまだ小さいというのはその1つだ。現状、「キャリア市場への進出」は、日米で明暗がクッキリ分かれる結果となった。(2018/1/15)

NifMo、3周年記念キャンペーン開催 データ容量プレゼントやスマホ最大50%オフセールほか
ニフティが、11月20日に「NifMo」3周年記念キャンペーンを開始。公式Twitterやデータ容量のプレゼント、人気端末の最大50%オフセール、機種変更手数料の無料キャンペーンを行う。また、12月上旬には端末ラインアップに「AQUOS sense lite SH-M05」を追加する。(2017/11/20)

2017年度上期のスマホ出荷台数は前年比12.9%増 SIMフリーはHuaweiがシェア1位
MM総研は、2017年度上期(2017年4月〜9月)の国内携帯電話端末の出荷台数調査結果を発表。総出荷台数は前年比7.6%増の1634.6万台と過去最低を記録した昨年度上期からV字回復し、スマートフォン出荷台数は前年同期比12.9%増の1373.6万台で、2012年度上期に次ぐ2番目を記録した。(2017/11/16)

MVNOに聞く:
申込数は「想定通り」、内容には「賛否両論あった」 IIJmio「コミコミセット」の狙い
IIJが、「IIJmio」で端末と通信費をセットにした「コミコミセット」を開始。IIJ側でチョイスした端末とSIMカードをセットで契約することで、1年目の料金が1880円からと安くなる。まだトライアルの段階だが、IIJにはどのような狙いがあるのだろうか。(2017/10/6)

SIMロックフリー:
「HUAWEI nova lite for Y!mobile」が10月12日発売 アプリとネットワーク対応を最適化
従来、日本ではMVNO限定販売だった「HUAWEI nova lite」が、Y!mobileからも発売される。プリインストールアプリと対応通信規格がY!mobileに最適化されていることが大きな特徴だ。(2017/10/5)

ファーウェイ、「nova lite」「Mate S」のソフトウェアアップデートを実施
ファーウェイは「HUAWEI nova lite」「HUAWEI Mate S」のソフトウェアアップデートを実施。Google セキュリティパッチによる端末セキュリティの強化などを行う。(2017/9/13)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。