ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「人権」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「人権」に関する情報が集まったページです。

「非実在児童ポルノ」めぐる日本共産党の政策紹介ページが議論呼ぶ 「誤った社会的観念を広める」
一定の規制に前向きな内容。(2021/10/18)

NBAネッツ、ワクチン未接種選手を「試合にも練習にも参加させない」と発表 選手本人は「神に守られている」とツイート
「チームプレーヤーとしてどうなのか」と厳しい声も。(2021/10/13)

河合薫の「社会を蝕む“ジジイの壁”」:
日本の“低賃金・人軽視”の悪夢 ブラック企業は「辞めたくても辞められない」
コロナ禍で生活不安が高まり、ブラック企業を「辞めたくても辞められない」という人が増えている。ブラック企業には、従業員を低賃金で長時間働かせ、労働基準法を守らぬ企業も多い。「働く人にどう報いるか?」という点について、後れを取っている日本はこの先、どうなっていくのだろうか──。(2021/10/8)

エーザイCFOの「柳モデル」が証明したESG経営"見えない価値"の可視化手法とデータ分析の力
エーザイ CFOの柳良平氏は「日本企業は米英企業と比べ、財務諸表に表れない"見えない価値"への評価をほとんど得ていない。これを可視化することで企業価値は倍増する」。この企業価値を内外に示す枠組みとして提唱するの「柳モデル」はどういったものか。(2021/10/7)

Yahoo!、コメント欄で攻撃的な投稿を控えるよう呼びかけ 「今更」「コメント廃止すべき」の批判も
10月1日のコメント急増を受け。(2021/10/4)

米EU、新興技術で連携 中国対抗へ協議会 半導体やAIルールも協力
米国と欧州連合が、先端技術協力や貿易ルール整備の連携を話し合う「貿易テクノロジー協議会」の初会合を米ペンシルベニア州ピッツバーグで開いた。会合後に共同声明を発表し、中国などの不公正貿易に対抗するため「団結する」と宣言。軍事転用可能な技術の輸出規制で協調するほか、AIなどの新興分野で人権重視の活用法を主導する立場を打ち出した。(2021/10/1)

弁護士・佐藤みのり「レッドカードなハラスメント」:
セクハラ報告に「被害者も悪い」「彼はそんなことしない」と動かなかった責任者 罪に問えるのか
ハラスメントの報告があっても責任者が十分に調査せず「事なかれ主義」な態度を取ったため、裁判にまで発展したケースがあります。責任者の誤った対応は、企業にとっては訴訟リスクになりえます。(2021/9/24)

世界を読み解くニュース・サロン:
米国人に「印象が良い」日本企業は? イメージランキングの結果が興味深い
米国のニュースサイト「Axios(アクシオス)」と米調査会社ハリス・ポール(HarrisPole)が発表した「Axios Harris Poll 100」の結果が興味深い。米国民の間で良い印象を受けているのはどんな企業なのか。上記企業に共通するのは……?(2021/9/23)

「キル・ビル」主演俳優、10代での中絶体験を公表「私の最もダークな秘密」 米テキサス州の中絶規制法を批判
現在は3児の母。(2021/9/22)

スピン経済の歩き方:
「女性だからではなく実力で選べ!」が、日本企業の競争力を低下させているワケ
女性管理職の平均割合は8.9%で過去最高――。とはいえ、海外に比べると、まだまだ。なぜ日本企業は女性活用が進まないのか。(2021/9/21)

刑務所みたいなIT企業の漫画がクレイジーで怖い 「エンジニアは番号で呼ばれる」「会話には“せんせい”の許可が必要」
本当っぽい話も少々交じっているのがまた怖い。(2021/9/20)

改正個人情報保護法の施行へ、企業に必要な5つのアクション――ガートナー
ガートナーは、「改正個人情報保護法」施行に向けて企業が取り組むべき5つのアクションを発表した。カギとなるのは“People Centricな取り組み”を強化することだという。(2021/9/16)

やまないネット中傷 厳罰化で悪質投稿抑止へ一歩
インターネット上の中傷対策を強化するため、法務省が刑法改正を法制審に諮問することで、「侮辱罪」が厳罰化される見通しとなった。被害者の救済や中傷の抑止につながると期待される一方、批評行為との線引きや利用者のモラル向上など課題も多い。(2021/9/16)

AWSチートシート:
初学者向け「Amazon Translate」(AI翻訳サービス)をPythonで利用するには
AWS活用における便利な小技を簡潔に紹介する連載「AWSチートシート」。今回は、AWSのAI翻訳サービス「Amazon Translate」をPythonで利用する方法を紹介する。(2021/9/9)

家電メーカー進化論:
3年間で大改革の「タイガー」、きっかけは元ソニーの女性役員
1923年創業で、ステンレスボトルや炊飯器などの多くの製品を手掛けるタイガー魔法瓶。2023年に100周年を控えた18年からは、元ソニーでVAIO事業を立ち上げるなどした浅見彰子氏が、既存事業のほか構造改革や未来のビジョンづくりに取り組む。タイガーが抱えていた課題と施策、そして100周年後の展望などを聞いた。(2021/10/13)

直撃すると:
サイゼリヤが「マスク強制?」 ネットで賛否
コロナ禍によって飲食店が厳しい状況下での営業を迫られるなか、イタリアンレストランチェーンのサイゼリヤが「マスク着用は強制と明言した」との情報がネット上で広がり、賛否分かれて議論になっている。そもそもマスク強制は本当なのか。同社を直撃した。(2021/9/6)

「アフガニスタンに比べれば幸せ」「たくさんのお花が開花中! まるで、女性専用車です」 尾瀬ガイド協会が差別ツイートを謝罪
公式Twitterを含むSNSの運用は休止。専門家の関与の元で組織形態を見直すとしています。(2021/9/3)

採用活動にも直結:
SDGsが経営にメリットをもたらす、これだけの理由 デロイトトーマツコンサルティング佐瀬社長に聞いた
SDGsという言葉が流行する前から貧困問題や環境問題に向き合ってきたデロイトトーマツコンサルティング代表執行役社長の佐瀬真人氏にインタビュー。話を聞くと、SDGsが経営にもたらすメリットが見えてきた――。(2021/9/1)

小寺信良のIT大作戦:
結局、「漫画村」は死んでないのではないか
法改正が効いたのならなぜ類似サイトが繁栄しているのか。漫画村運営者への判決が出た後、状況はどう変わったのかを分析する。(2021/8/30)

「お前のパンプなんて知らん」シュワちゃん、マスクなしの屋外筋トレを猛攻撃される 自由を行使するのは“ばか者”発言がブーメランに
「お前の自由なんか知らん」への反撃。(2021/8/28)

世界を読み解くニュース・サロン:
アフガニスタンで日本車が注目されている、なぜ?
アフガニスタンでイスラム武装勢力タリバンが、アフガン政府を追い出したニュースが話題になっている。新たな政権が誕生しようとしているわけだが、その一方で、日本車が注目されている。欧米のメディアがフォーカスしていて……。(2021/8/26)

iPhoneの「BlastDoor」も破るゼロクリック攻撃を研究者が確認
セキュリティ研究所Citizen Labは、バーレーン政府がNSOのスパイウェアで複数の人権活動家のiPhoneにゼロクリック攻撃を仕掛けていたと報告した。iOS 14.6搭載のiPhone 12 Pro Maxも侵入されていた。iMessageのエクスプロイト対策「BlastDoor」も回避された。(2021/8/25)

DXやグリーンエネルギーなど:
パンデミックの教訓をイノベーションに、台湾科学大臣インタビュー
米国EE Timesが、台湾の科学大臣Tsung-Tsong Wu氏にインタビュー。Wu氏は、デジタルトランスフォーメーションやエネルギーといった技術の重要な側面を強調した他、複数の台湾系スタートアップ企業が最近主催した「VivaTech 2021 Virtual Conference」の最新情報を提供してくれた。(2021/8/25)

スピン経済の歩き方:
「中田翔システム」は企業の知恵なのか 問題社員は「新天地」に飛ばしてリセット
日本ハムから巨人に移籍した中田翔内野手にモヤモヤしている人も多いのでは。移籍後、すぐに一軍で活躍できたことに違和感を覚えたと思うが、こうした方法は会社でもできるのだろうか。結論から言うと「できる」。(2021/8/24)

アンジェリーナ・ジョリーがInstagram開設 アフガニスタンに住む少女の手紙公開、すでに480万人超がフォロー
初のSNS。(2021/8/21)

「グラブル」のイベント「サマーフォーチュン」なぜ炎上? “超太っ腹”イベントが一転、地獄絵図になったわけ
賞品が太っ腹すぎたがゆえの……。(2021/8/18)

パワハラ自体は無罪も、企業の「調査方法」に違法判決!? 内部調査で厳守すべき“3つのルール”とは
従業員からハラスメントを申告された場合、相談窓口の担当者や人事は「大変なことだ、とにかく調査を!」と焦る気持ちがあるかもしれません。しかし、ハラスメントの調査方法が適切でなかった場合、パワハラの相談者や行為者が企業に対し訴訟を起こすリスクも考えられます。(2021/8/18)

AI規制の「方向性は同じ」としつつ懸念:
議論呼ぶ欧州AI規制法案「健全なエコシステム形成を阻害する恐れ」経団連が意見発表
経団連らは、欧州AI規制法案に対する意見を発表した。経団連が目指す「信頼できる高品質AIエコシステム」の構築と方向性は同じだとしつつ、一部に懸念を呈した。(2021/8/11)

「退職届を写経しました」→達筆ツイッタラー「私も写経しました」→本物の住職「読んでみました」 ネットの連鎖に「心が浄化される」「私も写経しちゃおう」
いつでも心に退職届を……。(2021/8/8)

SDGsと「ラバブル」な企業【第4回】:
SDGsステートメント策定までにやったこと 眞鍋和博氏(北九州市立大学教授)と語る【後編】
前編に引き続き、LMGのSDGs推進活動をご指導いただいた北九州市立大学教授の眞鍋和博氏との対談をお届けします。(2021/8/4)

イスラエル製スパイウエア 世界の要人が被害に
イスラエル企業が犯罪者追跡のために開発したスパイウェア「ペガサス」が、世界各国の政府関係者や記者、人権活動家ら多数へのハッキングに不正使用されていた可能性が浮上し、国際的な問題になっている。(2021/8/2)

「法は守っている」だけでは不十分:
不正や人権問題を防ぐため、これからの企業に求められるコンプライアンス対応とは?
企業が直面する環境変化を象徴するコロナ禍、ESG/SDGsは、企業に求められるコンプライアンス対応にも大きな影響を与えています。環境変化により発生するリスクに適応するためのコンプライアンスのポイントを解説します。(2021/7/27)

投資額、18年比で15%増:
ESG投資、どんな取り組みをしている企業に投資したい? 若年層と年配層で二極化
日経リサーチが「生活者金融定点調査(2021年版)」を発表した。若年層のESG投資に対する関心が高いことが分かった。どのような取り組みをしている企業に投資したいか尋ねたところ、若年層と年配層で意見が二極化した。どのように意見が割れたのだろうか?(2021/7/26)

五輪組織委、小林賢太郎を解任 「ホロコースト」揶揄する過去のネタに批判
1998年のコントのせりふが問題に。(2021/7/22)

加藤純一、差別発言受けイベント出演が取り消しに 過去に「障がい者を配合してバケモン生まれる」などと発言
2019年のイベントでの発言。(2021/7/20)

スパイウェア「Pegasus」最新版はiOS 14.6のエクスプロイト悪用──Amnestyが解説
Amnesty Internationalが公開したNSO Groupのスパイウェア「Pegasus」に関するレポートによると、「iOS 14.6」搭載の「iPhone 12」でも攻撃成功が確認された。Appleは声明文で「圧倒的多数のユーザーにとっては脅威ではない」と語った。(2021/7/20)

スピン経済の歩き方:
小山田圭吾炎上騒動に学ぶ、企業担当者が「ブラック著名人」とのコラボを避ける方法
東京オリンピック開会式の作曲担当をしていた小山田圭吾氏が、辞任する意向を関係者に伝えたという。それにしても、大会組織委員会はなぜ小山田氏を起用したのか。過去をちょっと調べれば、同級生や障害者をいじめていたことが分かるはずなのに……。(2021/7/20)

スパイウェア「Pegasus」は世界中の記者や人権活動家の端末にインストール済みとの調査結果
イスラエルNSO Groupのスパイウェア「Pegasus」が、世界中の多数の記者や人権活動家のスマートフォンに密かにインストールされていると、Wahington Postなどのメディアが共同調査の結果を発表した。NSOはこれを否定している。(2021/7/19)

磯部孝のアパレル最前線:
フランス司法当局がユニクロなど捜査 新疆問題で表面化する日本アパレルが抱えるジレンマ
7月2日、フランスの司法当局は「人道に対する罪の隠匿」の疑いでユニクロのフランス法人など4社の捜査を始めた。(2021/7/15)

大坂なおみ、自身のバービー人形を紹介 「何にでもなれるし、何でもできると気付いて」とメッセージ
通販サイトには注文が殺到。(2021/7/13)

スピン経済の歩き方:
「安いニッポン」の本当の恐ろしさとは何か 「貧しくなること」ではない
新聞やテレビなどで「安いニッポン」に関するニュースが増えてきた。「このままでは日本は貧しくなる」といった指摘があるが、本当にそうなのか。筆者の窪田氏はちょっと違う見方をしていて……。(2021/6/30)

池田直渡「週刊モータージャーナル」:
EV生産比率を5倍に増やすマツダと政府の“パワハラ”
マツダは、30年時点のEVの生産比率を25%と大幅に上方修正した。ではなぜマツダはそれだけEVの比率を大きく再発表したのかといえば、これは政府によるパワハラの疑いが濃厚である。(2021/6/28)

掲載中止にできる?:
社長のスキャンダルが週刊誌ネタに──企業が事前に対応すべきこととは?
当社の代表がスキャンダルを起こし、週刊誌に取り上げられることになりました。週刊誌から、掲載前に取材を受けることになりましたが、事実とは異なる内容まで報じられてしまうようです。どのような対応を取るべきでしょうか?(2021/6/23)

ワクチン接種の有無「職場に○×で貼り出し」はNG? 企業が絶対にしてはいけない対応例
「従業員が自ら接種を希望しているから問題ナシ」──企業側はこのように認識しがちだが、実は拒否しづらい状況を作ってしまっている可能性もある。訴訟リスクを避けるため、企業はどう対応すべきなのか。(2021/6/22)

企業の「ワクチン接種強要」 法的に問題になるケースとは?
大企業を中心に新型コロナウイルスワクチンの職域接種が検討、実施され始めていますが、心配されるのがワクチン接種を巡るハラスメントです。法的にも問題になりえるような行為と、企業が注意すべきポイントを解説します。(2021/6/22)

堀ちえみ、誹謗中傷犯の摘発は「氷山の一角」 人権無視の言葉で心折れたことも「病を乗り越えたことは間違いだったのでは」
45歳女性が堀さんへの誹謗(ひぼう)中傷コメントで書類送検されています。(2021/6/21)

SDGs:
2030年建築の「森林破壊ゼロ」に向け、木材調達の方針をダイワハウスが策定
大和ハウス工業は、2030年に木材調達での森林破壊ゼロを実現すべく、サプライヤー選定の条件やトレーサビリティーが把握できる木材のみを使用すると表明した方針を公(おおやけ)にした。(2021/6/21)

iPhone 30は? Apple Carは?:
Appleのティム・クックCEOが「VivaTech 2021」で語った注目する技術と未来の方向性
フランスのテクノロジーイベント「VivaTech 2021」が6月16日(現地時間)に開幕し、Apple CEOのティム・クック氏が登壇した。そこで語られた内容を林信行氏がレポートする。(2021/6/18)

「部屋着を見せて」セクハラとの合わせ技も リモハラで“アウト”なのはどこから?
リモートワークの拡大とともに、注目されるようになった「リモートハラスメント(リモハラ)」。画面の向こう側が相手のプライベートな空間であるということに配慮できず、不適切な言動を取る人が問題視されています。(2021/6/17)

カメラは常時ONで監視、数分おきに報告……テレワークで出現「束縛リモハラ上司」に違法性はある?
「部下が見えない」不安に陥った上司たちの一見、行き過ぎと思われる監視行為や不適切な言動は、違法となりえるのでしょうか? リモハラの違法性や、企業が取るべき対応について検討していきます。(2021/6/16)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。