ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「人権」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「人権」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

AI法規制導入へ政府が「戦略会議」で議論開始 規制強める欧米と歩調合わせる
政府は5月22日、AIの開発や利用に関するルール作りなどを議論する「AI戦略会議」を開き、自動で文章などを作成する生成AIの安全性確保のための法規制導入へ向けた議論を始めた。(2024/5/23)

米政府の対中関税引き上げ、日本にも深刻な影響?
ジョー・バイデン米政権は、電気自動車(EV)など中国製品に対する関税を引き上げると発表した。米大統領選でドナルド・トランプ陣営への対抗策という見方もあるが、中国の産業は打撃を受けるのか。そして日本はどのような影響があるだろうか。(2024/5/21)

カツオが食べられなくなる? 水産資源の「獲りすぎ」防ぐサプライチェーンの最前線
水産資源の乱獲が問題になっている。世界で漁業資源とされる業種のうち、資源量に余裕があるとされるのは全体の1割以下だ。水産資源の「獲りすぎ」を防ぐ、サプライチェーンの最前線を解説する。(2024/5/21)

ロシアの北朝鮮製ミサイルに日本企業のマーク 電子部品メーカーに迫られる厳しい対応
米欧の当局や民間機関などの分析により、ウクライナ侵略でロシアが弾道ミサイル「火星11」を含む北朝鮮製ミサイルを使用した実態が明らかになった。問題はミサイルの残骸から日本企業のマークを記した部品が見つかったことだ。(2024/5/20)

池田直渡「週刊モータージャーナル」:
米政府が中国EVに100%課税する意味
米政府は中国製のEVにかけられていた25%の関税を、なんと100%に引き上げると発表した。米政府は世界の貿易から、ならず者でルールを守らない中国を除外し、中国なき世界貿易を目指そうとしている。(2024/5/20)

コーヒー、カカオ、バナナの実態:
バナナが食べられなくなる未来も? 気候変動が生産地に与える被害のリアル
2023年、国内フェアトレード市場は初めて200億円を突破した。喜ばしいニュースだが、現在も生産者は気候変動による被害を受けている。コーヒー、カカオ、バナナの被害の実態を見てみよう。(2024/5/20)

製造マネジメントニュース:
欧州電池規制に対応、自動車/蓄電池の“日本版”サプライチェーンデータ連携始動
自動車メーカーや日本自動車部品工業会、電池サプライチェーン協議会などが設立した「自動車・蓄電池トレーサビリティ推進センター」は、自動車や蓄電池のサプライチェーン企業間でデータ連携を行えるサービス「トレーサビリティサービス」を開発し提供を開始するとともに、会員企業の募集を開始した。(2024/5/17)

新時代のサプライチェーンマネジメント戦略(1):
変わらねばならない製造業のSCM 「戦略」「組織」「人材」の抜本的見直しを
さまざまな企業課題に対応すべく、サプライチェーンマネジメント(SCM)のカバー領域や求められる機能も変化している。本連載では、経営の意思を反映したSCMを実現する大方針たる「SCM戦略」と、それを企画/推進する「SCM戦略組織」、これらを支える「SCM人材」の要件とその育成の在り方を提案する。(2024/5/10)

北欧のサステナビリティが世界をリードするのはなぜ? 意識や社会構造から考える
なぜ、北欧はサステナビリティ先進国として世界から注目されているのか? 社会構造や意識から考えてみよう(2024/5/9)

スピン経済の歩き方:
「外国人嫌いの国は経済が停滞する」は本当か いや、日本には当てはまらないシンプルな理由
米国バイデン大統領が「日本は外国人嫌いで移民を望んでいない」などと発言したが、日本の移民受け入れ状況は実際のところどうなのか。経済との関連性を見ると……。(2024/5/8)

スマホは“基本的人権” 楽天モバイルが「最強こどもプログラム」を提供する理由
楽天モバイルが5月2日、「最強こどもプログラム」を発表した。12歳以下のユーザーを対象に、毎月のデータ量が3GB以下なら440ポイントを、3GB超過月は110ポイントを満13歳になる前の月まで毎月還元する。なぜ同社は子ども向けの割引プログラムを提供するのか。(2024/5/2)

道を外せば法律の有無にかかわらず炎上:
日本企業は「責任あるAI」の使用に向けて今すぐAIガバナンスの準備を――ガートナー提言
ガートナージャパンは、AIガバナンスに関する日本企業への提言を発表した。同社は、日本にAI関連の法規制がないことは取り組みを進めない理由にならず、企業は「責任あるAI」の使用に向けて今すぐ準備を開始すべきだとしている。(2024/5/1)

Pixiv、波紋を呼んだ「写実的な画像禁止」について説明 ハイパーリアリズムなどの画風・技法はOK
「実写と同等もしくは著しく写実的なもの」を禁止する条項が波紋を呼んでいました。(2024/4/16)

pixiv、「著しく写実的」な画像投稿を禁じるガイドライン改定の背景を説明
ピクシブは15日、著しく写実的な作品の投稿を禁止するとしたガイドライン改訂について、その意図を説明した。(2024/4/15)

三井化学のCTOは「サステナビリティ経営」をどう実現するのか 研究者育成の壁
鉄鋼に次いでCO2排出量が多い化学産業。三井化学は4月にCTO室を設置し、サステナビリティ経営を推進する。壁の一つは「研究者育成」だという。同社のCTOの考えを聞いた。(2024/4/15)

軍民融合の中国にAIや宇宙開発で対抗、日米首脳会談共同声明 先端技術で連携
岸田文雄首相とバイデン米大統領が発表した日米首脳会談の共同声明ではAIなどの先端技術や宇宙開発で緊密に連携を図っていくことを確認した。背景にあるのは今後の社会や経済のあり方に影響する先端技術分野で、日米が中国などの権威主義国家に後れをとれないという強い意志だ。(2024/4/12)

Marketing Dive:
ナイキが新CMOの下で超大胆なブランドマーケティングを計画
2024年夏のパリ五輪は、ここ数年のNikeにとって最もインパクトのあるマーケティングショーケースになりそうだ。(2024/4/12)

Tumblr親会社のAutomattic、Appleと「iMessage」で争ったBeeper買収
Androidでの緑のフキダシ問題でAppleといたちごっこを繰り広げたBeeperを、WordPressやTumblrを持つAutomatticが買収した。BeeperのCEOはAutomatticで、引き続きユニバーサルメッセージングアプリを推進していく。(2024/4/10)

線引きはどこだ:
4月から義務化 イオンシネマ問題が示唆する「障害者への合理的配慮」の難しさ
「合理的配慮」とはどのようなもので、企業としてどう在るべきか?(2024/3/27)

株式会社ビズリーチ提供ホワイトペーパー:
PR:公正さが求められる採用面接の基本、順守すべき2大原則とNG事項とは?
採用面接を行う際は、「応募者の基本的人権を尊重する」「応募者の適性・能力のみを基準として行う」という原則にのっとり公正な面接を行うことが必要だ。順守すべき2大原則とNG事項、面接官の心構えを詳しく解説する。(2024/3/27)

アニメ「ウメ星デンカ」「ジャングル黒べえ」YouTubeに初登場  藤子・F・不二雄生誕90周年で
トムス・エンタテインメントは、テレビアニメ「ジャングル黒べえ」「ウメ星デンカ」の各1〜3話をYouTubeの公式チャンネルで無料配信すると発表した。(2024/3/26)

松尾豊「生成AIは医療、金融、製造に貢献」 日本語に特化した開発への“懸念”は?
松尾豊・東京大学大学院教授が「生成AIの進展と活用可能性」と題して、AI開発の最新動向や社会へのインパクトについて講演した。(2024/3/21)

わが道を貫いたトヨタの「先見性」 明らかになってきたEV・脱炭素の「欺瞞」
このところ、電気自動車(EV)に関するネガティブなニュースが増えてきた。国際投資アナリストの大原浩氏は、EV化推進を含む「脱炭素」の欺瞞(ぎまん)が明らかになってきたと強調する。大原氏は緊急寄稿で、いまの日本にとって必要なのは「脱炭素」ではなく、石油や天然ガスなど「炭素=化石燃料」だと強調する。(2024/3/18)

世界を読み解くニュース・サロン:
ようやく制度化「セキュリティ・クリアランス」とは? 民間企業にどう影響するのか
閣議決定されたセキュリティ・クリアランス法案は、民間企業の従業員も無関係ではない。先端技術分野も機密情報となり、情報を扱うための適性評価の対象が民間にも広がるからだ。プライバシーの懸念も出ているが、国の安全と発展のために不可欠な制度だといえる。(2024/3/15)

富士通株式会社提供Webキャスト
サステナビリティと利益追求を両立させる、新しいサプライチェーンの姿とは
欧米諸国ではすでに、消費者レベルにまで浸透しつつあるSX経営やESG経営だが、環境や人権に配慮しつつ、継続的な利益を生み出すのは容易ではない。この大きな変化に対応するには、サプライチェーンの在り方そのものの変革が必要だ。(2024/3/13)

富士通株式会社提供Webキャスト
製造業/小売・流通業必見:SCM変革の鍵となる「デジタルリハーサル」とは?
製造業や小売・流通業にとって、サプライチェーンマネジメント(SCM)の変革が必須の取り組みとなっている。その理由と変革を阻む課題を確認しながら、課題解決の鍵となる「デジタルリハーサル」の手法について解説する。(2024/3/13)

富士通株式会社提供Webキャスト:
PR:製造業/小売・流通業必見:SCM変革の鍵となる「デジタルリハーサル」とは?
製造業や小売・流通業にとって、サプライチェーンマネジメント(SCM)の変革が必須の取り組みとなっている。その理由と変革を阻む課題を確認しながら、課題解決の鍵となる「デジタルリハーサル」の手法について解説する。(2024/3/13)

富士通株式会社提供Webキャスト:
PR:サステナビリティと利益追求を両立させる、新しいサプライチェーンの姿とは
欧米諸国ではすでに、消費者レベルにまで浸透しつつあるSX経営やESG経営だが、環境や人権に配慮しつつ、継続的な利益を生み出すのは容易ではない。この大きな変化に対応するには、サプライチェーンの在り方そのものの変革が必要だ。(2024/3/12)

キリンHD、Snow Man・目黒蓮さんと直接広告契約 「問題に関与ないタレントに活躍の機会が与えられないこと」の悪影響懸念
SMILE-UP.、STARTO ENTERTAINMENTが関与しない形で直接契約しています。(2024/3/8)

「セキュリティ研究者やペネトレーションテスターが罰せられる可能性もある」と警告:
Google、国連サイバー犯罪条約は「サイバーセキュリティの取り組みを脅かす」と主張
Googleは、国連加盟国が締結に向けて議論している「国連サイバー犯罪条約」について、サイバーセキュリティを脅かす可能性があると公式ブログで主張した。サイバーセキュリティ研究者やジャーナリストなどが罰せられる可能性があるとしている。(2024/2/20)

「お粗末」「遊園地みたい」と疑問視される「大吉原展」 「女性差別の負の歴史をふまえた展示」と主旨説明
人身売買や性的搾取という側面に触れられていないなど違和感を訴える声が挙がっていました。(2024/2/8)

働き方の「今」を知る:
【炎上対応まとめ】その時、どうしたらよかった? パワハラ、性加害、寄付金着服……企業の対応を振り返る
「炎上」を目にする機会が年々増えている。一時に大きく注目されても、時間が経つと忘れ去られてしまうものも多いが、過去の失敗を学ぶことは重要だ。毎年同じような炎上が繰り返されており「過去から学んでいればこんなことにはならなかったのに」という事案がたくさんある。本記事では2023年の主な炎上をおさらいし、「企業は炎上にどう向き合い、どのように予防していけばよいのか」について考える。(2024/2/14)

米セレブ300人が“AIフェイク規制”法案を支持 1月にはテイラー・スウィフトの偽ポルノで騒然「ディープフェイクから人権を守る」
カーディ・Bやスティーヴン・タイラーも。(2024/2/7)

YouTube登録者数66万人の“人気歌い手”、薬物所持容疑で逮捕 活動休止の裏で数日前に「現行犯の報道」
すでに11日時点で逮捕されていたとの一部観測も。(2024/1/31)

活躍する若手は「何のため」に働いているのか 「会社のため」ではない
これまでのような「社内のキャリアの上昇」という誘因だけでは、従業員のポジティブな関わりが引き出しにくくなっている。こうした若手に対し、どのように関わるべきなのか。(2024/1/17)

ポン・ジュノ、「パラサイト」俳優死去を受け声明発表 捜査に関する真相究明求める「安全上の問題はなかったか」
48歳で亡くなった俳優のイ・ソンギュン。(2024/1/15)

村田製作所やパナソニック、ロシア兵器に部品使用のウクライナ政府発表に戸惑い
ロシアの無人機やミサイルなどの兵器に一部日本企業の部品が使われていたとされる問題で、製造元の企業が対応に苦慮している。ウクライナ政府によると、日本の部品で見つかったのは集積回路(IC)やエンジン、カメラなど136個。(2024/1/11)

主演クビの「スクリーム7」から、とうとう監督まで降板「悪夢と化した夢の仕事」 代役に人気イケおじ俳優の名前があがる大混乱
制作されるんだろうか?(2023/12/28)

Marketing Dive:
フルボッコにされたバドライト、トーンダウンしたユニリーバ 意識高い企業は何を間違えたのか?
Bud Lightのキャンペーンは炎上してCMOの辞任にまで発展し、Unileverは先進的な姿勢をトーンダウンさせた。2023年、「パーパスドリブン」を掲げたマーケターは何を間違えたのか。(2023/12/21)

製造マネジメントニュース:
ENEOS HDの齊藤社長がセクハラで解任、2年連続で経営トップによる不適切行為
ENEOSホールディングスは、2023年12月19日開催の取締役会で、同社 代表取締役社長 社長執行役員の齊藤猛氏を解任したと発表した。(2023/12/20)

人的資本開示に「マーケティング視点」を取り入れる 投資家の関心を集める情報とは?
人的資本情報の開示には、自社の「売り」をどう表現するかという視点が必要になる。マーケティング用語である「USP(ユニーク・セリング・プロポジション)」がカギとなる。(2023/12/21)

参加資格は「日本国籍保有者」 自衛隊駐屯地で開催予定のスポーツ教室中止に 運営謝罪「人権上の配慮欠いた」
2024年2月に開催予定でした。(2023/12/15)

AIにどこまで委ねるか?【後編】
勝つのは「正義」ではなく「AI」という恐ろしい現実がすぐそこに……
AI技術を軍事利用することで、被害軽減などの成果につながるとの見方がある。一方で、このようにAI技術を正義として捉えることの危険性を警告する専門家もいる。(2023/12/15)

複雑化した工場リスクに対する課題と処方箋(8):
いま必要な製造現場のBCPとは 複雑なリスクに耐える組織づくりの考え方
これまで製造現場のコンプライアンス違反といえば、品質にかかわる不正や不祥事がメインでした。しかし近年、ESG経営やSDGsの広まりから、品質以外の分野でも高度なコンプライアンス要求が生じています。本連載ではコンプライアンスの高度化/複雑化を踏まえ、製造現場が順守すべき事柄を概観します。(2023/12/12)

大阪・関西万博:
大阪・関西万博「いのちの遊び場 クラゲ館」の制作をDNPが担当 中島さち子氏や長坂真護氏とコラボ
DNPは、大阪・関西万博の「いのちの遊び場 クラゲ館」の企画・制作を担当すると発表した。その一環で、テーマ事業プロデューサーの中島さち子氏と美術家の長坂真護氏とのコラボレーションによる「ミドルクラゲ“海月(うみつき)”プロジェクト」が始動する。(2023/12/7)

サプライチェーン改革:
PR:パナソニック インダストリーと住友ゴム工業のDXをけん引するSCM改革の全貌
パンデミックや地学的リスクなど世界的に不確実性が高まる中で、製造業におけるサプライチェーン改革の重要性が増している。Blue Yonderの製造業向けセミナーに登壇したパナソニック インダストリーと住友ゴム工業の取り組みを紹介する。(2023/12/6)

KADOKAWA、差別扇動的との批判相次ぐ書籍を刊行中止 「トランスジェンダーの安全人権を脅かしかねない」との意見書も
刊行中止を発表しました。(2023/12/5)

サプライチェーン改革:
複雑化する調達課題、今日から意識すべき4つのサプライチェーンリスク
MONOistのライブ配信セミナー「サプライチェーンの革新〜資材高騰・部品不足に対するレジリエンスとは〜」で実施した未来調達研究所 経営コンサルタントの坂口孝則氏による基調講演を紹介する。(2023/12/4)

サプライチェーン改革:
情報を一元管理する、半導体材料のサプライチェーンマネジメントシステム構築
レゾナックは、半導体材料の生産、出荷などに関する情報の一元管理と可視化を目指し、サプライチェーンマネジメントシステムを構築する。クラウド上で製品や用途ごとの在庫、販売データなどを管理する。(2023/12/4)

SNS投稿が“パレスチナ寄り”と「スクリーム7」を解雇された俳優、「沈黙は選択肢にない」と声明発表 ボイコット呼びかける声続々
妹役のジェナ・オルテガも出演しないと報道。(2023/11/25)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。