ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  I

「IBM ビジネスコンサルティング サービス」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「IBM ビジネスコンサルティング サービス」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

今日のリサーチ:
「コンテンツのメディア離れ」が進む中で日本企業がこれからすべきこと――PwC調査
「パーソナライズされる世界」でエンターテインメントとメディアの未来はどうなるのでしょうか。PwCのグローバルレポート「Global Entertainment & Media Outlook 2019-2023」の示唆を紹介します。(2019/9/23)

産業制御システムのセキュリティ:
狙われる産業制御システム、ハッキングコンテストで攻撃者の知見を学ぶ
PwC Japanグループは2019年9月5日、「ICS(産業用制御システム)セキュリティ領域における攻撃者視点とその対策」をテーマにメディア向けセミナーを開催。ICS領域で増えつつある脅威シナリオやその対応策について解説がなされた。(2019/9/6)

モビリティサービス:
グローバル展開できるMaaSはない、「プラットフォーマー狙わずオープン化を」
PwCコンサルティングは2019年9月3日、東京都内で記者説明会を開き、次世代モビリティやMaaS(Mobility-as-a-Service、自動車などの移動手段をサービスとして利用すること)の動向について紹介した。(2019/9/4)

トラックの自動運転で初の「レベル4」 UDが実証実験
5段階ある自動運転レベルのうち、限られた区域を運転者の操作なしで走る「レベル4」の自動運転トラックの実験は国内初という。(2019/8/30)

今日のリサーチ:
デジタル化推進のための専門組織を持つ日本企業は約3割、CDO設置率は?――PwC Strategy&調査
日本企業のデジタル化はどれほど進んでいるのでしょうか。(2019/5/7)

今日のリサーチ:
PwCスポーツ産業調査2018、種目別の成長期待でeスポーツがサッカーを抜いて首位に
スポーツ産業の中期的成長率予測は年間で7.0%。概ね楽観的な見通しの中で注目すべきトピックスは……。(2019/4/1)

モビリティサービス:
2030年は自動車市場の半分が商用車に「CASEでもコネクテッドは乗用車に先行」
PwCコンサルティングが、商用車と自動車業界に大きな影響を与えている「CASE」の関係性について説明。「乗用車で注目を集めるCASEが商用車業界にも流れ込んでいるという話を聞くことあるが、実際にはそうではない。一部では乗用車以上に早く現実化、事業化している分野もある」(同社)という。(2019/2/25)

Weekly Memo:
クラウドHCMの“黒船”、ワークデイが本気の攻勢 「“驚くほど小さい”日本のクラウドHCM市場を拡大したい」
SaaS型クラウドサービスで今後の成長分野と目されているHCM(Human Capital Management)。この市場で存在感を高めているワークデイが、今後の成長戦略を打ち出した。果たして、日本のクラウドHCM市場へのインパクトやいかに――。(2019/2/18)

熱視線:
カジノ運営権獲得に向け、海外企業が大阪でPR夏の陣
人口270万人を抱える大阪市は、カジノを設置する日本初の大都市になるとみられている。(2018/8/24)

データで見る、グローバルと日本のセキュリティの差:
サイバー被害の損失額が減った今こそ、セキュリティ対策を強化すべき理由
PwCが情報セキュリティに関する意識調査「グローバル情報セキュリティ調査2018」の結果を発表。サイバー被害検出数や被害額が減少したものの、決して楽観視はできないと警鐘を鳴らす。その理由とは。(2018/6/18)

製造マネジメントニュース:
地域イノベーション人材育成に向けて産学連携
PwCコンサルティングと九州大学は、地域イノベーション人材育成に向けた産学連携による共同プロジェクトを開始する。このプロジェクトの一環として、PwCコンサルティングは寄付講義を九州大学で開講する。(2018/3/23)

Weekly Memo:
デジタルによる既存産業の崩壊は、“他人ごと”ではない PwCが説く“その日”への備え
デジタル技術を使った新たなビジネスモデルで従来型ビジネスを破壊する――。そんなデジタル時代の“破壊的創造者”の存在が注目を集めているが、あなたの会社は、備えができているだろうか。(2017/11/27)

モノづくりのサポートスペース:
「DMM.make AKIBA」3周年 成果と課題は
モノづくりのシェアワーキングスペース「DMM.make AKIBA」が3周年。運営のDMM.comが運営実績を公表。見えてきた成果と課題は?(2017/11/15)

RPAで業務改革を推進、SMFGとSMBCが定型業務の自動化で40万時間の業務量を削減
業務改革に取り組む三井住友フィナンシャルグループ(SMFG)と三井住友銀行(SMBC)が、生産性向上と業務効率化を目指し、RPAを導入した。(2017/11/15)

3Dプリンタニュース:
DMMとPwC、ハードウェア製品の試作/検証など開発支援で協業
DMM.comとPwCコンサルティングが協業を開始した。DMM.comが運営するモノづくり施設「DMM.make AKIBA」をPwCコンサルティングが活用し、デジタル分野での新規事業開発や人材育成支援サービスを提供する。(2017/11/7)

製造ITニュース:
自動車や産業機械など価値の高い「デバイス」管理に有効、Annataが上陸
アイスランドのアナタ(Annata)は、日本支社を開設するとともに、自動車や産業機械の国内大手企業への浸透を広げていく方針を打ち出した。既にこれら国内大手企業の海外法人はAnnataのビジネスソリューションを採用しており、この実績と日本支社の活動をてこに国内や他の海外法人への導入を広げたい考えだ。(2017/10/4)

中部電力、GEデジタルなどはIoT、制御システムのセキュリティ対策にどう取り組んでいるのか
ランサムウェア「WannaCry」のインパクトが記憶に新しい中、ウクライナやロシアを中心に感染を広げた「NotPetya」が登場した直後の開催となった、2017年6月の@ITセキュリティセミナー。レポートシリーズ最終回は、IoT、制御システム向けセキュリティの講演を中心に紹介する。(2017/8/31)

「利用したいと思わない」過半数越え:
シェアリングエコノミー、認知度3割 世代間で意識の差
シェアリングエコノミーの認知度は3割。「利用したいと思わない」が過半数で普及に壁。世代により利用意向は大きな差があり、10〜20代は利用意向が高かった――PwC調べ。(2017/7/25)

特選ブックレットガイド:
自動車産業の未来はどこへ向かうのか?
PwCコンサルティング 白石章二氏の講演「自動車産業の未来 〜変化の潮流の中で生き残るための処方箋〜」の模様をお届けする。(2017/7/21)

2016年調査:
日本の最高デジタル責任者、0%から7%に増加
PwCコンサルティングのStrategy&は日本およびグローバル企業の最高デジタル責任者(CDO)設置状況などを調査した。(2017/7/12)

TechFactory通信 編集後記:
「自動運転車が売れない」可能性
「自動運転車が売れない」――こんな特集記事がいまから10年後、2027年の経済誌を飾る可能性を誰も否定できないでしょう。「自動運転車が売れない」(かもしれない)3つの要因について検討します。(2017/7/1)

PwC 自動車産業セミナー 講演レポート:
自動車産業、変革の時代をどう生きる? 未来への処方箋
PwC Japanグループは、世界の自動車産業の現状と展望を解説する「PwC 自動車産業セミナー」を開催。PwCコンサルティングの白石章二氏が登壇し、「自動車産業の未来 〜変化の潮流の中で生き残るための処方箋〜」と題し、講演を行った。(2017/6/22)

AIを活用し、高精度や自動化を実現:
PwCコンサルティングとグリッド、ドローンで収集したデータの解析サービスで協業
PwCコンサルティングとグリッドがドローンで収集したデータの解析サービスで協業を開始。AIを活用したデータ解析サービスに加え、解析データに基づいたビジネスコンサルティングサービスなども提供する。(2017/3/3)

東京海上日動火災保険 ドライブエージェント パーソナル:
後付け可能な先進運転支援システム、パイオニアと東京海上日動が提供
東京海上日動火災保険は、通信型ドライブレコーダーを貸与する自動車保険特約を開始する。ドライブレコーダーはパイオニアと共同開発したもので、事故発生の可能性が高い場合に注意喚起する機能も備えている。(2016/12/12)

H2Oリテイリング傘下のペルソナ、予算管理クラウドで予実報告を1日から10分に
予実分析報告書の作成業務を1日から約10分に短縮し、急拡大するカードブランドごとの収支情報の把握が可能になったという。(2016/12/1)

開発残酷物語(1):
メンバーの「順調です!」を鵜呑みにした結果――山本一郎氏が聞く、会社成長期に起こりやすい炎上事例と対処法
トラブルの原因は何だったのか、どうすれば良かったのか、同じトラブルを起こさないようにどういう手だてを取ったのか。実在する開発会社がリアルに体験した開発失敗事例を基に、より良いプロジェクトの進め方を山本一郎氏が探ります。(2016/11/25)

うまくいくポイント:
「タレマネ」に成功する企業・失敗する企業
数年前にちょっとしたブームがあった。企業の人材を最大限に生かす「タレントマネジメント」である。その後、成果を上げているケースがある一方で、失敗しているところも。この成否を分けたものは、一体何だったのか?(2016/11/24)

日本企業はセキュリティ人材・技術の採用に遅れ――PwC調べ
セキュリティの専任者や技術の採用率は海外平均に比べて低い結果になった。(2016/11/18)

自然な日本語で直接顧客対応:
NTTコミュニケーションズ、人工知能「COTOHA」を提供開始
NTTコミュニケーションズは、自然な日本語を高い精度で理解し、必要な情報を自ら聞き出すなど人間らしい対話が可能なAI「Communication Engine “COTOHA”」を、2016年10月31日より提供開始する。(2016/10/24)

Weekly Memo:
“もの売りからサービス提供への転換”がIoTの本質、でも、どうやって?
IoTの活用によって企業のビジネスはどのように変わるのか。それを踏まえて企業はIoTにどう取り組み始めればよいのか。この疑問についてPwCの話を聞く機会があったので、それを基に考察してみたい。(2016/9/20)

顧客企業のデジタルトランスフォーメーションを加速:
電通デジタルとPwCコンサルティング、デジタル変革推進プログラムを共同開発
電通デジタルは、経営コンサルティングファームのPwCコンサルティングと共同で顧客企業のデジタル変革を包括的に支援するプログラムを開発し、提供を開始した。(2016/8/25)

会話で感情推定するロボット「Tapia」、DMMが先行販売
DMM.comがMJIの感情認識機能を持ったコミュニケーションロボット「Tapia」(タピア)を2016年6月中旬より販売開始する。価格は9万9800円(税別)。(2016/4/28)

セールスフォースと連携してIoTを実現するロボット、DMMら3社が展開
DMM.comとPwCコンサルティング、MJIがコミュニケーションロボット「タピア」を用いた、マーケティング支援で協業する。Salesforceとの連携を用意することで“ロボットによるIoT”を実現する。(2016/4/27)

ハウステンボスが「ロボット実証実験場」に、年間300万人来場者からニーズ探る
長崎のテーマパーク、ハウステンボスが「ロボット実証実験場」になる。接客や移動、エンタテインメントなどさまざまな領域に各社ロボットを導入し、ニーズと事業化の可能性を探る。(2016/3/31)

ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術:
日本企業の「現場力」、欧米企業の「経営力」のハイブリッドを目指せ
日本人に特有のコミュニケーション技術「すり合わせ」が効果を発揮することがある。しかし、すり合わせは万能ではない。なぜかといえば妥協を生みやすいから。では企業が目指すべき方向は。(2011/9/22)

ITmedia エグゼクティブセミナーリポート:
変革のエンジンとなるプロジェクトチームの作り方――シグマクシス、倉重会長
第18回 ITmedia エグゼクティブセミナーでは「社員こそ競争優位の源泉 ワークスタイル変革で新たな価値創造を」というタイトルのもと、さまざまなスピーカーが熱弁をふるった。基調講演ではシグマクシス会長の倉重英樹氏が、企業に競争力とイノベーションをもたらすワークスタイル変革について持論を展開し注目を集めた。(2011/3/31)

【IFRS】月刊IFRSフォーラム【13】
11月:記事ランキングで振り返る2010年
2010年はどのような年だったのでしょう。今月の月刊IFRSフォーラムでは2010年のニュース記事、解説記事のランキングをお送りします。ニュース記事では公認会計士の資格制度、IFRS任意適用に関する記事などが広く読まれました。解説記事では特定の会計基準が注目を集めました。(2010/12/3)

IBM、マーケティング自動化ソフトのUnicaを4億8000万ドルで買収
IBMはマーケティング関連のBPMベンダーUnicaを買収し、ソフトウェアポートフォリオの拡充とコンサルティング部門の強化を図る。(2010/8/16)

日本IBMとIBCSが統合へ
日本IBMとIBMビジネスコンサルティングサービスが4月1日付けで統合。(2010/2/26)

日本IBMとIBCSが統合へ
日本IBMが4月1日付で組織を再編する。IBM ビジネスコンサルティング サービスを統合し、コンサルティングから情報システムの構築・運用までを提供する体制を作る。(2010/2/25)

PR:データ収集だけで終わらせない、高度な情報活用で予測型経営を実現せよ
経営環境の変化がさらに激しさを増す中、企業には変化に対応するための俊敏さがより求められている。IBMはその実現に向けたアプローチとして、情報のさらなる活用を通じた経営管理の高度化を提唱し、その普及に尽力している。IBMの提唱する経営の高度化とは果たしてどのようなものなのか。また、その実現に向け、企業には何が求められているのか。(2010/2/15)

EBS、HyperionユーザーのIFRSガイド【第3回】
経営管理の高度化はIFRS対応システムとともに
IFRSが話題となっている要因は経営管理のあり方に大きな影響を及ぼす可能性があるからだ。IFRSで影響を受ける経営管理の分野は多岐にわたるが、ここでは情報システムと関連がある領域を中心に検討する。(2010/1/15)

潮目を読む:
【最終回】新時代のイノベーションを実現するリーダー
グローバル企業と比べて日本企業の多くのCIOは、調整タイプのIT部門長であり、たとえ社内でうまく役割を担っていたとしても、外部環境で通用するかは疑問である。(2009/12/14)

日本IBM、クラウド事業参入を支援するコンサルティングを開始
日本IBMとIBCSは、クラウド事業への参入を検討する企業向けに事業の計画やロードマップの立案を行うコンサルティングサービスを提供する。(2009/11/18)

EBS、HyperionユーザーのIFRSガイド【第1回】
OracleアプリケーションのIFRS対応を読み解く
オラクルの「Oracle E-Business Suite」と「Oracle Hyperion」を対象に、各アプリケーションの特徴とIFRS対応プロジェクトを検討する上での課題を概観する(2009/11/9)

潮目を読む:
グローバル人材育成の現場より――求められる新たなカリスマ人材
現在のフラット化する世界において求められる人材像とは何か。国際競争力に勝つために企業はいかなる社員を育てていけば良いのだろうか。(2009/11/5)

潮目を読む:
営業最前線を見直せ――真の価値提供ができる営業力とは
不況期の中、多くの企業では早急な経営改革を迫られている。躍進し続けるためには営業最前線において3つの観点での創意工夫が必要だという。(2009/10/8)

潮目を読む:
イノベーションパートナーになるための挑戦――サービス価値と顧客価値の一致とは
サービスプロバイダーが提供する、コンサルティングサービスやシステム導入、保守・運用などの価格はどのような基準で決められているのでしょうか?(2009/9/4)

需要予測の精度向上:
ミスターマックス、完全自動発注システムが稼働
総合ディスカウントストアのミスターマックスは、需要予測と発注を完全に自動化したシステムを稼働させ、8月末に全42店舗への展開を完了した。(2009/9/1)

Open Cloud Innovation Forum レポート:
PR:サンが模索する「あるべきクラウドの姿」
クラウドコンピューティングサービスへの参入を正式表明したサン・マイクロシステムズ。「The Network is The Computer」というビジョンに沿い、持ち前の技術力でクラウドの土台を磨いてきた同社による戦略が「Open Cloud Innovation Forum」で語られた。(2009/8/31)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。