ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  I

  • 関連の記事

「IBM ビジネスコンサルティング サービス」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「IBM ビジネスコンサルティング サービス」に関する情報が集まったページです。

PwCコンサルティングが「DX人材活用の差別化戦略ノート」を公開:
1万人のアセスメント結果から見えた「日本企業がDX人材を活用するためのアプローチ」とは
PwCコンサルティングは「DX人材活用の差別化戦略ノート」を発表した。PwC Strategy & Katzenbach Centerの「Digital Scoringサービス」のアセスメント結果を、PwCコンサルティングが独自に分析したもの。そこから見えた、DXを実現する人材活用の3つのアプローチを紹介している。(2024/2/26)

社員が選んだ「働きがい」のある企業 3位「電通」、2位「PwC」、1位は?
オープンワーク(東京都渋谷区)が「働きがいのある企業ランキング2024」を発表した。社員が選んだ「働きがいのある企業」の1位とは。(2024/2/2)

産学連携の取り組み:
生成AIの社会実装へ、ベネッセなどが新団体「Generative AI Japan」を設立
ベネッセコーポレーションとウルシステムズが共同発起人となり、一般社団法人Generative AI Japanを発足した。安全で、生産性を高める生成AIの社会実装を目指す。(2024/1/26)

人事戦略はデータと分析が不可欠:
人事も「勘と経験」から「データドリブンHR」に転換する時が来ている PwCコンサルティング
PwCコンサルティングは「ピープルアナリティクスサーベイ 2022」の結果を発表した。同社は「ピープルアナリティクスを通じて人事部門が事業価値を高める役割を果たし始めている」としている。(2024/1/26)

旧帝大・早慶に人気の就職先 3位「伊藤忠商事」、2位「三井物産」、1位は?
「高学歴」の学生から就職先として人気の企業はどこか。リーディングマークが2025年卒を対象に実施した調査結果を発表した。(2023/12/28)

製造ITニュース:
「2023年はITモダナイゼーションの潮目に」、国内企業が迎えるDX推進の分岐点
PwCコンサルティングが「2023年DX意識調査−ITモダナイゼーション編」の結果について説明。今回の調査では、ITモダナイゼーション成熟度結果における「準先進」の比率が前回比25ポイント増の54%となるなど大幅な進歩が見られた。(2023/12/22)

Weekly Memo:
「モダナイゼーションはITだけの話ではない」――PwCの2023年調査で判明したDX“4つの課題”
DXを進める企業にとってITモダナイゼーションは必須の取り組みだが、課題も多い。どんな課題を乗り越えなければならないのか。PwCコンサルティングが実施した最新の2023年調査から探る。(2023/12/18)

「旧帝大・早慶」就職人気ランキング 2位「伊藤忠」、1位は?
旧帝大と早慶の学生は、どの会社で働きたいと思っているのだろうか。2025年卒予定の学生に聞いた。(2023/9/28)

大阪市、生成AI活用に向けAWS・PwCと連携 2024年4月からの利用目指す
大阪市が、生成AIを活用した業務効率化に向け、AWSジャパン・PwCコンサルティングの2社と協定を結んだと発表した。まずは9月から11月下旬にかけて、2社がそれぞれ構築した環境内で生成AIを検証する。(2023/8/31)

生成AIで日本企業はどう“生まれ変わるのか” DX推進とデータ活用に期待が集まるワケ
多くの企業が生成AIの活用を模索しているが、規制への対処に頭を悩ませている企業は多いだろう。各国の規制を学び、日本企業の求められる対応を解説する。(2023/8/3)

人工知能ニュース:
米欧中で異なる生成AIへの規制動向、日本企業はどう向き合うべきなのか
PwC Japanグループは2023年7月24日、生成AIなどを含めたAI法規制を巡る各国の動向に関する発表会を開催した。(2023/8/1)

日米/欧中で方向性の違いが明確に:
乗り遅れた日本、生成AIを巡る日米欧中の規制動向
PwC Japanグループは、生成AI(人工知能)を巡る日米欧中の規制動向を解説するセミナーを実施した。日本は規制が最も緩いため、日本のガイドラインに沿ってソリューションを開発すると、他国/地域では罰則の対象になり得ると指摘した。(2023/7/27)

IBMとAdobeがパートナーシップ拡大 顧客の生成AI活用を支援
IBMとAdobeはパートナーシップを拡大し、生成AIサービス「Adobe Sensei GenAI」や「Adobe Firefly」の導入を通じて、顧客のデザインやクリエイティブプロジェクト全体の生産性向上を図る。(2023/7/14)

結局のところ「株価に影響する人的資本指標」とは何なのか
開示義務化で人的資本経営への取り組みを強化する企業が増えている。各社がさまざまな取り組みを実施しているが、中でも企業価値向上につながるのはどのような指標なのか。(2023/7/11)

製造IT導入事例:
ヤマハ発動機、クラウドERPによるグローバル標準業務システム稼働
PwCコンサルティングは、ヤマハ発動機のDX戦略の一環として、SAPのERP「SAP S/4HANA」を活用したグローバル標準業務、システムを稼働させた。(2023/6/23)

スペシャリスト志向も高まる:
高学歴学生の「高年収」志向が鮮明に 就職人気企業ランキング、3年連続の1位は?
難関大学で2024年卒業予定の学生に、就職したい企業を聞いたランキングが発表となった。3年連続で1位を獲得した企業とは?(2023/6/1)

生成AI「使用したことがある」10% ビジネスチャンスと捉える?
PwCコンサルティング(東京都千代田区)は、生成AIに関する実態調査を実施した。54%が生成AIを認知しておらず、使用したことがあるのは10%に留まった。生成AIとは、テキストの添削や要約、プログラム、画像、動画、音声の生成など、従来のAI技術では不可能だったことを可能にするものである。(2023/5/31)

未知のニーズを“価値”に変えるには:
PR:データマネタイゼーション成功の鍵はユースケースの創出にあり
データを使った価値創出に本腰を入れる企業が急増していることがPwCコンサルティングの調査で明らかになった。一方、どの自社データが価値を生むか判別できず、具体的な検討に着手できない企業も多い。解決の糸口を見つけるにはユースケースの創出が重要だ。(2023/6/7)

ヤマハ発動機がS/4HANAで経営基盤改革 その狙いは
ヤマハ発動機はS/4HANAで経営基盤改革を推進している。2030年までの長期ビジョンの達成を目指すという。(2023/5/30)

職種や業種で認知、関心に大きな乖離:
一大ブームの生成系AI、だが54%が「聞いたこともない」 関心の低い業種は?
PwCコンサルティングは、「生成型AIに関する実態調査2023」の結果を発表した。生成型AIそのものをまだ認知していない人が過半数を占め、職種や業種によって生成型AIに対する認知、関心に乖離があることが分かった。(2023/5/22)

今日のリサーチ:
生成AIの認知度は半数未満、知っているサービスの最多は「ChatGPT」――PwCコンサルティング調査
企業における生成AIの認知・関心および活用検討状況の実態と業務代替の可能性などを探った調査の結果です。(2023/5/23)

“生成AI”って結局みんな知ってるの? 一般認知度は46% PwC調べ
PwCコンサルティングは「生成AIに関する実態調査2023」の結果を発表した。それによると、「生成AIを認知しているか」聞いたところ、全体の54%が生成AIを「全く知らない」と回答したという。(2023/5/19)

マンガやアニメの海賊版被害は約2兆円、コロナ禍で5倍に CODA推計
マンガやアニメなど日本コンテンツが2022年に受けた海賊版による被害は全世界で約1兆9500億円から2兆2020億円。CODAが推計を発表した。(2023/4/27)

ITエンジニア経験者に人気の求人ランキング 2位は「アマゾンジャパン」 1位は? OpenWork調べ
ITエンジニア職経験者が最も閲覧した求人は何か。社員の口コミなどを掲載する就職・転職プラットフォーム「OpenWork」を運営するオープンワークが調査し、結果を発表した。(2023/4/13)

OpenWork調べ:
就職人気企業ランキング 東大、京大、早慶、MARCHで1位だったのは?
オープンワークは24年卒の学生を対象に実施した、「24卒就活生が選ぶ、就職注目企業ランキング【大学別編】」の結果を発表した。(2023/3/24)

急上昇した企業も:
東大・京大生の就活人気ランキング 3位「三菱商事」、2位「三井物産」、1位は?
ワンキャリアは、2024年卒の東大生・京大生を対象にした「東大京大24卒就活人気ランキング」を発表した。東大・京大生に人気の企業とは?(2023/3/21)

PwCコンサルティングが実態調査:
「データマネタイゼーション」「データ流通」の最重要課題とは?
来たるデータ流通本格化時代に向けた日本企業の現状と取り組むべき課題について、PwCコンサルティングが調査結果を基に解説した。(2023/3/20)

24卒の東大・京大生が注目する企業ランキング 2位三井物産、1位のIT関連企業は?
2024年に卒業予定の東大生や京大生はどんな企業に注目しているのか──就活サイト運営元が自社のデータをランキング化。1位は?(2023/3/14)

AIを使った需要予測と計画最適化でPwCら3社が協業
PwCコンサルティングおよびPwCアドバイザリーはALGO ARTISと協業する。3社がそれぞれで開発したAIに基づく需要予測と計画最適化のソリューションを共同で提供する。(2023/2/14)

「リスキリング」ってどういう意味? リスもゲームも無関係 DX・AI化と深い関わり 岸田発言で物議
産休・育休中の「リスキリング」を後押しする――1月27日、岸田文雄首相が国会の答弁で行ったこんな趣旨の発言が物議をかもしている。(2023/2/1)

キャリアで重視するものは「スペシャリスト」が最多:
24卒予定の「高学歴」学生に聞いた就職人気企業ランキング トップ5を独占した業界とは?
旧帝大や早慶で2024卒予定の学生に聞いた就職人気企業のランキングが発表された。トップ5を独占した業界とは?(2022/12/30)

オープンワークが調査:
女性社員の30歳時点の想定年収が高い企業ランキング 3位「P&Gジャパン」、2位「電通」、1位は?
女性社員の30歳時点の想定年収が高い企業ランキングを発表した。OpenWorkに蓄積された女性社員の年収・給与データを元に作成している。25歳から40歳にかけての年収アップ額が大きい企業も発表。(2022/11/25)

ITモダナイゼーションで後れを取る日本 PwCが企業に必要な5つのポイントを解説
日本のデジタル競争力は世界でも弱くなっている。一体何が原因なのか。何をしなければならないのか。日本企業に必要な5つの提言を紹介する。(2022/11/15)

ITエンジニアが最も閲覧した求人は? 3位はセールスフォース、2位はアクセンチュア 1位は? OpenWork調べ
2022年度上半期(4月〜9月)にITエンジニア経験のあるユーザーが最も閲覧した求人は何か。社員の口コミなどを掲載する就職・転職プラットフォーム「OpenWork」を運営するオープンワークが調査した。(2022/10/12)

「Adobe Experience Makers Live 2022」レポート:
メタバースが変える「顧客体験」 これから日本が取り組むべきこととは?
「Adobe Experience Makers Live 2022」で語られた、近未来の顧客体験技術としてのメタバースについてレポートする。(2022/10/7)

就活生に聞く:
旧帝大早慶の学生が「働きたい会社」は? 人気ランキングを見る
就職活動を実施している最上位校の学生は、どの会社で働きたいと思っているのだろうか。調査結果を見ると……。(2022/9/21)

リアル展示会「METAVERSE EXPO JAPAN 2022」に見た、日本のメタバースを支える理念と技術とサービス
Metaが主催するメタバースのリアル展示会「METAVERSE EXPO JAPAN 2022」レポート。(2022/7/29)

大日本印刷とPwCがメタバースで協業開始 企業や自治体のメタバース参入をサポート
大日本印刷とPwCコンサルティングは協業を開始し、企業や自治体におけるバーチャル空間「メタバース」の導入や活用を支援する。メタバースへの注目が増す中で、両社の協業はメタバースに取り組みたい企業や自治体にとってどのようなメリットがあるのだろうか。(2022/7/28)

キャリアニュース:
ドローン業界でのスキル不足を解決する「ドローンキャリアマップ」を公開
パーソルプロセス&テクノロジーとパーソルテクノロジースタッフは、PwCコンサルティングと共同で、ドローン業界や企業の課題である「スキル不足」を解決するための「ドローンキャリアマップ」「職種要件定義表」「未来職種一覧」を公開した。(2022/7/28)

役員改革が始まった:
深刻な人材不足 優れたCXO・社外取締役はどこにいるのか?
社外取締役と執行役員。どちらにも共通している課題は、その役割を担うことができる人材の不足です。社外取締役と執行役員の人材プールを充足させていくカギは何でしょうか?(2022/7/15)

役員改革が始まった:
なぜ、日本企業で「CXO」の肩書が流行っているのか 脈々と流れる思想
執行役員をCXOというタイトルに改める企業が増えてきています。CXOとはChief X Officerの略。例えばCEO、CFO、CHROなどがあります。どうしてCXO体制が日本で着目されているかというと……? 筆者は2つほど理由を挙げています。(2022/7/14)

役員改革が始まった:
似たり寄ったり? 社外取締役の提言が「どこも同じ」になってしまう理由
「ESGの実践度合を評価すべきではないか」「株式報酬の比率をもっと高めるべきではないか」。これらは、よくある社外取締役の提言です。決して間違った意見ではありませんが、どんな企業にも当てはまる問題意識でしょう。なぜ、どんな企業でも一様になってしまうのでしょうか。(2022/7/13)

「メタバース」「NFT」に取り組みたいけどどうしたらいい? 日本企業が持つ期待と課題、そして解決策を解説
メタバース、NFTに関するビジネスに興味があるけど、どうすればいいか分からない。そんな企業も多いはずだ。PwCの調査を基に、現状と解決策が見えた。5つのステップで新時代に備える。(2022/6/20)

「リーダー層よりも一般社員の理解度を上げる方が成果が出やすい」:
成果が出ている企業が実践している「4つのポイント」とは PwCが「日本企業のDX推進実態調査2022」を発表
PwCコンサルティングは、「日本企業のDX推進実態調査2022」を発表した。DXに取り組む日本企業の現状を解説し、DXを成功に導くための重要事項を取り上げている。(2022/6/10)

なぜ米国企業のAI活用は停滞しているのか? PwCが考える“2つ”の仮説
PwCは「2022年AI予測調査日本版」を公開した。同調査からは日本企業と米国企業のAI活用の現状と両社の進んでいる点、遅れている点が明らかになった。日本企業がAI活用でまず始めるべきこととは。(2022/6/1)

今日のリサーチ:
AI活用で日本が米国に追い付く――PwC調査
PwC Japanグループが日本で実施した調査の結果から、日本企業によるAI活用が大きく進み、米国と匹敵する状況にまで達していることが分かりました。(2022/5/27)

AI活用にも内製化とアジャイル開発が重要なわけ:
企業のAI活用が進む日本、米国は逆に鈍化――PwC Japanが「2022年AI予測調査」を発表
PwC Japanグループは2022年5月19日、日米企業のAI活用状況を調査したレポート「2022年AI予測調査(日本版)」を発表した。(2022/5/26)

管理会計Q&A:
なぜ? “お荷物部門”を潰したら、むしろ赤字に 致命的なミスを防ぐ「責任会計」とは
そもそも共通費の配賦をしなくても、現場の業績管理と会社の利益確保を両立させる方法はないのでしょうか。専門家の回答は?(2022/5/13)

どうする? 電子帳簿保存法Q&A:
役立つ「OCR」4選 請求書から日付・金額など読み取り 電子帳簿保存法Q&A
電子帳簿保存法の改正に伴い、日付、金額および取引先などの検索要件に関わる項目を自動判別できる高度なOCRツールを探している──そんな質問に対する、専門家の回答は?(2022/5/13)

2つの「枠」がある:
IT導入補助金とは? 申請方法・対象は? 採択率は? 分かりやすく一挙解説【2022年版】
ITツールを導入する際に支払った経費の一部を国が補助する「IT導入補助金」。どのくらいの補助がもらえるのか? 期間や対象は? などの疑問に対し、専門家がお答えします。(2022/5/9)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。