ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  I

  • 関連の記事

「IMT-2000」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

International Mobile Telecommunication 2000

どこまで近づいたかな?:
「ARROWSケータイ F-05G」の“ケータイ度”をチェック
ドコモから6月下旬に発売予定の富士通製フィーチャーフォン「ARROWSケータイ F-05G」は、従来のSymbian OSベースから、Androidベースのプラットフォームに移行している。どれだけ“ケータイ”しているのか、従来のiモードケータイと比較してみた。(2015/5/25)

日本通信×VAIOの第1弾:
“ストライクゾーンど真ん中の直球勝負スマホ”こと「VAIO Phone」 結果はヒットかホームランか、それとも……
日本通信とVAIOが協業第1弾となる「VAIO Phone」を発表。両社のキーパーソンが、キャリアの高価格スマホとMVNOの格安スマホの中間にある「ストライクゾーンを狙った直球勝負のスマホ」と説明した。(2015/3/12)

モバイルワーク温故知新:
黎明期――モバイルワークが誕生した最初の一歩
連載「モバイルワーク温故知新」の第2回は、ようやくモバイルワークが実現できるインフラが見えてきたという黎明期にフォーカスし、当時の通信環境やワークスタイルを振り返ってみることにしよう。(2012/7/12)

イー・モバイル、LTE普及を推進する国際団体「LTE-SAE Trial Initiative」に加入
イー・モバイルは、国際的にLTEの普及を勧める国際団体「LTE-SAE Trial Initiative」(LSTI)への加盟を発表した。国内キャリアの加入は、NTTドコモに続いて2番目。(2009/5/7)

米国、そして世界での普及を阻むものは何なのか?:
「3Gワイヤレス」最新事情
長い間待ち望まれていた3Gワイヤレスの機能のうちいくつかが、米国内でも利用できるようになってきた。しかし、3Gの本格的な普及までにはまだ時間がかかりそうだ。本稿では、米国で3Gを普及させるために課題となっていることを整理するとともに、各社が行っている取り組みについてまとめる。(2009/3/1)

デジモノ家電を読み解くキーワード:
「iPhone 3G」――“3G”に隠された?メッセージ
ついに、iPhoneが日本で発売される。今回はWWDC 2008で発表されたばかりの新端末「iPhone 3G」について、現在ある情報をもとに「3G」の機能を整理してみよう。(2008/6/13)

4月4日〜4月10日:
5分で分かる先週のモバイル事情
3月の携帯電話の純増数はソフトバンクモバイルがトップを獲得し、11カ月連続で純増首位の座を守った。KDDIは2008年3月期の通期業績予想の修正し、営業利益が140億円減、経常利益も140億円減とした。(2008/4/14)

3.9G携帯の導入へ向け、技術的条件などの検討を開始──総務省
総務省は4月10日、第3世代移動通信システム(3G携帯)を高度化した第3.9世代移動通信システムの導入をにらみ、「第3世代移動通信システム(IMT-2000)の高度化のための技術的方策」に関する審議を開始した。(2008/4/10)

石川温が聞く:
2.5GHz帯の割り当てで落選するとは夢にも思ってない──ソフトバンクモバイル 松本副社長
ソフトバンクとイー・アクセスが3分の1ずつを出資し、「MVNO中心主義」を掲げるオープンワイヤレスネットワーク。ソフトバンクモバイルの松本徹三副社長は、2.5GHz帯の免許割り当てに絶対の自信を持っているという。(2007/12/4)

韓国携帯事情:
韓国のWiBro事業にみる、モバイルWiMAXの未来
韓国が国ぐるみで開発や普及に取り組んできたが「WiBro」が、IMT-2000として世界標準に採択された。WiBro技術の開発や対応機器の輸出に弾みがつくと予想され、関連企業の海外進出が勢いづいている。(2007/12/3)

ものになるモノ、ならないモノ(20):
ケータイメールポータビリティは開国を迫る黒船となるか?
携帯電話業界では秋冬モデルとなる新製品発表で盛り上がっているが、その影で携帯電話のメールを持ち運ぶ新しい仕組みが発表されている。携帯メールポータビリティは巨大なキャリアのオープン化を実現するきっかけとなるのだろうか。日本通信にそのねらいを聞いた。(2007/10/31)

香港のDistacomグループ、アイピーモバイルの支援で合意――通信方式は変更へ
サービス開始の期限が11月9日に迫っているアイピーモバイルが、香港の通信事業者Distacomグループに支援を要請していたことが分かった。同社によればディスタコムは、資金面を含めて支援することで合意したという。(2007/10/24)

ITU、「WiMAX」を国際標準に
国際標準になったことで、WiMAXの「27億人にリーチする可能性」がさらに広がると支持者は期待している。(2007/10/22)

韓国携帯事情:
“019”か“010”か――韓国Rev.Aサービスを巡る電話番号論争
韓LGTのEV-DO Rev.Aサービスがスタートした。しかし、電話番号の頭に付けられる識別番号について、キャリア固有の“019”か全社共通の“010”になるかで論争が持ち上がっている。(2007/9/18)

韓LG Telecom、EV-DO Rev.Aサービスを開始
韓LG TelecomがEV-DO Rev.Aの商業サービスを開始し、同時にSamsung電子製の対応端末2モデルを発売した。サービスエリアは、ソウルを含む首都圏や全国主要都市など韓国32の都市。(2007/9/11)

インターネットモデルで普及を目指す――WiMAX Forumが事業説明を開催
6月に日本事務所を開設したWiMAX Forumが活動内容とWiMAXの最新動向を紹介。オープンなインターネットモデルで普及を狙う。(2007/9/3)

iMOBICON KOREA 2007:
ネットワークと端末は1つに集約――ソフトバンクが目指す“ナンバー1融合環境”とは
ソウルで行われたモバイルビジネスに関するカンファレンス「iMOBICON KOREA 2007」。ソフトバンクモバイルの松本徹三副社長が参加し、ソフトバンクが携帯事業を開始した狙いを語った。(2007/8/28)

次世代ITを支える日本の「研究室」:
夢のモバイルWiMAX端末登場を阻む壁
期待されつつ、その実現の道筋が見えにくいWiMAX。だがここにきて、具体化への取り組みが海外を中心に活発になってきた。次世代携帯端末での標準化もとなえられる中、モバイルWiMAXには大きな弱点が存在していた。(2007/5/2)

2007年はインテルが業界を力強く引っ張っていく
インテルは4月11日に定例の「インテルクライアント・レギュラー・アップデート」を行った。会場では“Robson”“Kedron”“Yorkfield”“Wolfdale”といったサンプルモジュールが披露された。(2007/4/11)

5分でネットがわかるシリーズ(9):
なぜiPhoneは日本で使えないの?
日本では使えないというAppleの携帯電話「iPhone」。日本と各国の携帯電話の通信規格とそのなぞについて解明してみましょう(2007/2/26)

1月20日〜1月26日:
5分で分かる、今週のモバイル事情
au、ドコモに引き続き、ソフトバンクとウィルコムが新端末の発表を行った今週。携帯3社が、携帯電話の電波の生体への影響に関する細胞実験の結果を公表したほか、KDDIは第3四半期決算が増収増益になったことを明らかにした。(2007/1/26)

携帯3社、電波の安全性「改めて生体への悪影響なし」と主張
携帯3事業者は、携帯電波の生体への影響に関する実験結果を公表。「電波の安全性について改めて検証できた」とした。(2007/1/24)

韓国携帯事情:
韓国を悩ます「テポフォン」問題とは?――2006年 携帯電話事件簿
WiBroやHSDPAなどの商用化が始まり、4G携帯への第一歩を歩み出した今年の韓国携帯業界。一方でキャリアやメーカーの再編、携帯と青少年の問題、携帯を使った犯罪の多発などが話題となった。(2006/12/25)

「MBG」でユーザー自身がホットスポットに──アイピーモバイルがサービスをデモ
日本発の通信技術TD-CDMA方式を用い、2GHz帯の周波数でデータ通信中心のサービスを提供予定のアイピーモバイル。2007年春のサービス開始へ向けて、同社は着実に準備を進めている。(2006/11/21)

韓国携帯事情:
FMCに暗雲?──携帯を固定電話代わりに使える「気分ゾーン」事情
韓LG Telecomが開始した、Bluetoothを利用して携帯電話を固定電話のように利用できるサービスが「気分ゾーン」だ。同サービスは順調に加入者を増やしてきたが、固定電話事業者からの反対などがあり、物議を醸している。(2006/10/6)

韓国携帯事情:
市場に新風を吹き込む──韓国キャリア、メーカーの「次の一手」
HSDPAやWiBroの導入、携帯インセンティブの解禁など新しい動きが見られる韓国の携帯電話市場。キャリアやメーカーは、コンシューマー向けにも新たな試みを展開し、市場を活性化させようとしている。(2006/9/26)

韓国携帯事情:
視線は2010年以降へ──「4G」に向けて動き始める韓国企業
韓国では早くも次世代の通信技術「4G」への動きが活発化している。韓Samsung Electronicsが100Mbpsで通信しながらのハンドオーバー実験に成功。WiBroの国外展開なども現実味を帯びてきた。(2006/9/12)

韓国携帯事情:
韓Pantechに聞く、簡単ケータイ「A1406PT」と日本市場
2005年12月に、韓国メーカーとして初めて日本のキャリア向けに端末を供給したPantech。2006年9月には2機種目の「A1406PT」も発売される。そんな同社に新機種や日本市場での戦略について聞いた。(2006/9/1)

韓国携帯事情:
5分で決済完了――手軽さでユーザーを増やす「携帯電話小額決済」とは
コンテンツの購入代金を、携帯電話の利用料金とまとめて支払うことが一般的な韓国。しかし、未成年の住民登録番号盗用などが原因となって本人確認の重要性が増している。(2006/8/24)

韓国携帯事情:
補助金、設備投資、ワールドカップ──韓国携帯キャリアを苦しめる巨額の支出
韓国の携帯キャリア3社の2006年第2四半期の決算は、いずれも増収減益だった。特にマーケティング費用の急激な増加が、キャリアの収益を圧迫したようだ。(2006/8/18)

韓国携帯事情:
ケータイインターネット開放へ向けた取り組み──韓国「網開放」の今
韓国の携帯電話のインターネット接続機能は、基本的に「閉じた世界」で、キャリアによるサービスが中心だ。これを一般のCPにも開放すべく、政府主導の取り組みが行われている。(2006/8/7)

韓国携帯事情:
IMT2000事業中止で2GHz帯の認可が取り消しに──どうなるLG Telecom
3Gサービスの提供を目指していたLG Telecomだが、提供開始に踏み切れず、2GHz帯の認可が取り消しになった。体制の建て直しを迫られるLG Telecomは、今後どうなるのか。(2006/8/1)

韓国情報通信部、LG Telecomの3Gサービス事業許可を取り消し
韓LG Telecomは、韓国内で2GHz帯を利用したIMT2000事業の許可を受けていたが、期日までに義務づけられたサービスが開始できなかった。そのため同社の事業許可が取り消される。(2006/7/21)

第4世代移動通信システムワークショップ:
携帯キャリア3社が語る、次世代の移動通信
総務省主催の「第4世代移動通信システムワークショップ」で、携帯キャリア3社がそれぞれの次世代通信網戦略について話した。(2006/3/30)

4G&IEEE802 WORLDカンファレンス:
IEEE802.20に提案中の規格を公表――クアルコム
初期の参加者の多くがWiMAX(IEEE802.16e)へと移動してしまった移動体通信システムの新技術、IEEE802.20だが、米Qualcommはこの技術に積極的に関与している。(2006/1/23)

塩田紳二のモバイル基礎講座 第10回:
W-CDMAとは何か? 1
W-CDMAは、NTTドコモ、ボーダフォンなどが採用しており、日本ではメジャーな3Gの通信方式です。今回はまず、W-CDMAとcdma20000の違い、CDMAの通信方法などについて見ていきましょう。(2005/12/28)

マシン・ツー・マシン狙いで2009年度黒字化目指す──アイピーモバイル
携帯新規参入が決まった3社の1社、アイピーモバイルは2006年10月サービス開始。データ通信に特化し、2009年度には430万加入、単年度黒字化を目指す。(2005/11/10)

モバイル戦国時代(第3回):
第三勢力の台頭と「ホリエモン携帯」の現実味
最終回は、ドコモや新規事業者の影にある「第三勢力」を扱う。平成電電、アイピーモバイル、YOZAN、ライブドア。いずれも虎視眈々とチャンスを狙っている。(2005/8/23)

ワイヤレスジャパン2005:
4Gは世代交代?──ドコモとKDDIの違い
俗に4Gと呼ばれるBeyond IMT-2000は、3Gからの世代交代を意味するのかどうか。ドコモは世代交代を前提に開発を進め、KDDIは4Gも世代交代も存在しないとする。(2005/7/19)

韓国携帯事情:
韓国で電波法改正案──800MHz帯を巡る争いはあるのか
無償で割り当てられた電波を、対価を支払う形に転換。合わせて、現在SKTのみが使っている800MHz帯を、ほかのキャリアが使えるようになるかもしれない。(2005/6/27)

塩田紳二のモバイル基礎講座 第1回:
2G、3Gの「G」とは何を指す?
本連載では「モバイル基礎講座」と題して、通信やコンピュータなどに関する気になる用語を取り上げ、分かりやすく解説していく。第1回目で取り上げるのは“3G携帯”などというときの「G」だ。(2005/3/4)

800MHz帯はソフトバンクに割り当てられず
総務省が、800MHz帯におけるIMT-2000周波数の割当方針を決定した。既存免許人に15MHz幅×2を割り当てる旨が明記された。(2005/2/8)

800M/1.7GHz帯、各キャリアの要求のまとめも〜携帯周波数会合第7回
「携帯周波数の利用拡大に関する検討会」第7回会合が開催された。800MHz帯問題の論点や、各周波数へのキャリア側からの要求などがまとめられた。(2005/1/25)

2004年を振り返る:
帯域はどこにある?〜新規参入「狂騒曲」
話題を集めた携帯の“新規参入”。「TD-CDMAだ」「いやFDDだ」と通信方式が取りざたされ、いつの間にか800MHz帯が争点になった。今後の見通しは?(2004/12/27)

「ソフトバンクの800MHz帯希望はエゴ」とKDDI
KDDIの小野寺社長が会見で新規参入を希望するソフトバンクを批判。海外メーカーからの端末調達や、2005年度の技術動向についてもコメントした。(2004/12/15)

「再び行政訴訟もあり得る」〜ソフトバンク孫社長
800MHz帯の割当を、強硬に求めるソフトバンク。議論の方法、そして決定のプロセスに納得がいかないなら、再び法廷で争うこともいとわないという。(2004/12/14)

情報マネジメント用語辞典:
ユビキタス・ネットワーク(ゆびきたす・ねっとわーく)
ubiquitous network (2004/12/11)

「1.7GHz帯はバイパス」――ソフトバンク、800MHz帯免許を申請
メイン道路は800MHz帯で、1.7/2GHzはバイパスに過ぎない――800MHzと1.7GHzを併用したマルチバンド方式で携帯市場参入を狙うソフトバンクBBは12月6日、800MHz帯免許を申請した。800MHz帯割り当てをめぐって提起していた仮処分申し立ては取り下げる。(2004/12/6)

イー・アクセスは「W-CDMA陣営」に〜1.7GHz帯で
イー・アクセスは1.7GHz帯を利用した次世代モバイル通信で、W-CDMA方式を採用することに決定した。ドコモと同じW-CDMA陣営ということになる。(2004/11/24)

孫社長「訴訟には絶対勝つ」
800MHz帯が新規事業者に割り当てられなかったのは、総務省とNTTドコモ、KDDI間で“密室の交渉”が行われたせいではないか――孫社長はこう考え、提訴に踏み切った。(2004/10/13)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。