ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「面接」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

質問!就職→ITmediaのQ&Aサイト「質問!ITmedia」で就職関連の質問をチェック

関連キーワード

7200人に聞く:
転職活動でうまく回答できなかった質問 「退職理由」や「志望動機」を抑え1位となったのは?
転職支援サービス「エン転職」を運営するエン・ジャパン(東京都新宿区)は、転職活動での「面接」についての調査結果を発表した。(2022/1/13)

対談企画「人事と採用の未来を聞く」 ユニリーバ島田氏(後編):
「“面接”という呼び名から、変えていけたら」──人事・採用のキーマンたちが見据える未来
企業と採用候補者の双方にとって「理想的な面接」とはどのようなものだろうか? 「あの会社サイテー」と思われるような面接はどうしたらなくせるか? ユニリーバ・ジャパン人事総務本部長の島田由香氏と、面接における候補者体験のアップデートを目指すシステム「HRアナリスト」を開発したシングラーの熊谷豪氏(代表取締役CEO)が対談。これからの面接のあるべき姿について意見を交わした。(2021/12/23)

もしも「従業員がネコのラーメン屋」があったら 天国みたいなお店の面接を受ける漫画に癒される
味も絶品、赤猫しょうゆ!(2021/12/7)

Innovative Tech:
面接官の顔をアバター化すると緊張しない? 顔面モニター「デジタルカメン」で検証
公立はこだて未来大学などの研究チームは、面接官の顔だけをアバターに置き換えてオフライン面接をした時に、受験者が感じる緊張度について考察した。(2021/11/25)

BCP・DRの採用面接を乗り切るために【後編】
「成功するBCP・DR管理職」になる鍵は何? 面接でアピールすべきスキルは?
企業で「事業継続計画」(BCP)や「災害復旧」(DR)を担当する管理職を目指すには、そのためのスキルや認定資格が要る。採用面接の想定質問に沿って、身に付けるべき「武器」を紹介する。(2021/11/25)

就職面接での逆質問、7割以上が「したことがある」と回答 何を聞いた?
ビズヒッツは、就職・転職時に面接を受けたことがある人に「面接での逆質問に関する意識調査」を実施した。73.6%が、面接で逆質問をしたことがあることが分かった。何を聞いたのだろうか? また、逆質問をしなかった人にもその理由を尋ねた。(2021/11/19)

BCP・DRの採用面接を乗り切るために【前編】
「いくらBCP予算が必要か」の狙いは数字ではない いじわるな質問に答えるこつ
企業で「事業継続計画」(BCP)や「災害復旧」(DR)を担当する管理職は幅広いスキルを持つ必要がある。自分が即戦力であることを採用面接でどう伝えればいいのか。質問の具体例に沿ってヒントを探る。(2021/11/18)

スピン経済の歩き方:
「愛読書は?」と質問する不毛な新卒採用を、日本人が始めてしまったワケ
愛読書はなんですか?――。就職採用試験で、こんな質問をする面接官が増えているという。そもそも、なぜ愛読書を聞くのがダメなのか。背景にあるのは……。(2021/11/16)

採用担当者が考えるWeb面接のデメリット 3位「通信トラブル」、2位「職場の雰囲気を伝えにくい」、1位は?
転職サイト「doda」を運営するパーソルキャリアは、8月〜9月に求職者、採用担当者を対象に実施したアンケートの調査結果を発表。採用面接は「Web面接」よりも「対面面接」を希望する求職者が多いことが分かった。(2021/10/29)

ひろゆき流・なまけもの経営術:
ひろゆきが「起業して失敗した人」を採用面接で評価した納得理由
生きづらい社会のなかで、「遅刻はするけど、きちんと成果を出す」のがひろゆきこと西村博之氏だ。彼が考える仕事において「本当に頑張るべきこと」とは何なのか。 『なまけもの時間術 管理社会を生き抜く無敵のセオリー23』(学研プラス)の中から、ひろゆき流の「なまけもの経営術」をお届けする。(2021/10/23)

対局に勝てば最終面接、AIベンチャーで「将棋採用」 「強い人はプログラミングに向いている」
AIベンチャーのトリプルアイズは、人材採用の選考フローに将棋を組み込んだ「将棋採用」を始めると発表した。同社の将棋部所属で、アマチュア有段者の社員と対局し、勝てば最終面接へと進める。(2021/10/13)

仮想化エンジニアの採用面接でよく出る11個の質問【第4回】
採用面接で「仮想化のトラブルシューティング経験」を聞かれたら、どう答えればよいのか
仮想化エンジニアの採用面接が進むと、自身の仮想インフラの管理経験や、仮想インフラの改善方法を問われることがある。こうした質問の意図と、回答時のポイントとは。(2021/9/28)

即NGではなく:
「優秀だが、差別的な人」が面接に来たら? アマゾン・ジャパン人事が本人に伝える“一言”
多様性を重視するアマゾン・ジャパンの面接に「極めてだが優秀だが、差別的な人」が来た場合、どのような対応を取るのか。人事部の責任者である上田セシリアさんに聞いた。(2021/9/21)

仮想化エンジニアの採用面接でよく出る11個の質問【第3回】
採用面接で仮想化技術の“あの言葉”の意味を聞かれたら、どう答えるべきか
仮想化エンジニアの採用面接では、求職者が持つ仮想化技術の知識や経験を問われることがある。採用面接に頻出する質問を基に、仮想化のスキルをアピールするための回答のポイントを説明する。(2021/9/21)

グローバル医療サービス会社のDX【前編】
IT幹部を「医療DX」に夢中にさせた、採用面接での医療会社CEOの“あの一言”
民間の医療サービス会社BupaはDX推進の一環で、Microsoftの支援を受けてクラウドサービスを活用している。同社が目指す「パーソナライズ医療の提供」と、それに向けた取り組みを説明する。(2021/9/20)

どうする?:
就活面接で、河村市長的ハラスメントおじさんが出てきたら
オリンピック金メダル丸かじり事件で大批判を受けた後、自らがコロナ罹患で療養されていた河村名古屋市長も回復されたとのこと。河村市長と同世代は組織の幹部になっている人も多く、そんな人が採用面接でやらかすリスクが非常に高いことを証明しているといえます。(2021/9/14)

仮想化エンジニアの採用面接でよく出る11個の質問【第2回】
採用面接で「仮想化技術の経験」や「仮想化製品の知識」を問われたときの“最適解”とは
採用面接は仮想化エンジニアの求職者にとって、仮想化の全般的な知識と実力をアピールするチャンスだ。採用面接で頻出する初歩的な質問と、回答時のポイントを説明する。(2021/9/14)

仮想化エンジニアの採用面接でよく出る11個の質問【第1回】
「仮想化エンジニア」になろう――その仕事内容と必要なスキルとは
仮想化エンジニアの職に就くにはまず、その役割を理解することと採用面接に通過することが必要だ。仮想化エンジニアの具体的な業務内容と、面接時に心掛けておきたいことを説明する。(2021/9/7)

企業の採用選考を自動化「MiaHire」リリース 面接にかける工数削減
 AIに特化したテクノロジー企業であるMIA TECH(神奈川県川崎市)は8月23日、企業の採用選考を自動化する面接DXツール「MiaHire」(ミアハイアー)をリリースした。(2021/8/23)

備えあれば憂いなし:
Web面接で準備したこと2位は「カメラ映りを工夫する」 どんな対策なのか
求人情報サイトを運営するビズヒッツ(三重県鈴鹿市)は、WEB面接の経験がある男女482人を対象に調査を実施。具体的にどんな準備をしていたのか聞いた。(2021/7/19)

学生の4割が「オンライン面接では自分の良さが伝わらないと思う」と回答 理由は?
2022年に卒業する学生を対象に「オンライン面接に関する調査」を実施。オンライン面接が始まる前に準備したことは何かを聞いたところ、1位は「Wi-Fi環境の整備」(37.3%)だった。「オンライン面接では自分の良さが伝わらないと思うか」と聞いたところ……。(2021/6/23)

“真実”を見抜く人事戦略(6):
「オンライン面接元年」対応できた企業は何が違った? 今後気を付けるべきことは?
“オンライン面接元年”であった2020年度を振り返りながら、オンライン面接ならではの問題点や、採用人事が今後工夫すべき点を解説します。(2021/6/10)

転職活動時のオンライン面接 採用担当者が評価するポイントは?
信インフラサービスのALL CONNECTが、全国の20〜50代の男女を対象に「転職活動におけるオンライン面接」に関する調査を実施した。(2021/5/26)

応募した企業数も調査:
「転職が決まらなかった理由」ランキング 3位「面接で失敗した」、2位「年齢が高い」、1位は?
転職経験がある人を対象に「転職が決まらない理由に関する意識調査」を実施。転職先が決まるまでに応募した企業数や、転職エージェントを使ったかどうかも質問した。(2021/5/21)

これからの採用戦略を考える(4):
「上司が合わない」「面接時の業務内容と違う」――入社後のミスマッチ、どう対応? 4つの原因から探る
採用のミスマッチをゼロにすることは難しい。人事・採用担当者は、問題が起きてしまったときに備える要がある。4パターンのミスマッチを挙げ、対応法を紹介する。(2021/5/19)

広がる不安:
Web面接は難しい? 22卒「内々定に自信ない」が6割以上
22卒学生のうち、内々定獲得に自信を持てない人は6割超──こんな結果が、学情が実施した「内々定獲得の自信と就職活動状況」調査で判明した。(2021/5/12)

面接官の対応が重要:
就職や転職の面接、志望度が上がるのはどんなとき? 20代に調査
優秀な20代を採用したいと考えている人事担当者は多いはず。面接時にどのようなことに注意すべきか。学情が調査を実施した。(2021/5/1)

ラストダンジョンで働く人材を募集→面接希望者はまさかの元勇者 採用活動が上手くいかない魔王を応援したくなる漫画
かわいくてかっこよくて苦労性の魔王さまです。(2021/5/1)

感染対策で普及:
就活の「Webセミナー」や「Web面接」 学生が不安に感じるポイントは?
就職活動でWebセミナーやWeb面接が活用されている。学生はどんな不安を抱えているのか? 調査の結果は……。(2021/4/24)

”転職の面接でされた質問”ランキング 3位「職務経歴・経験した仕事内容」、2位「志望動機」 1位は?
ビズヒッツが「転職の面接に関する意識調査」を行い、転職面接での質問や面接対策についてのアンケート結果を発表した。(2021/4/18)

新卒採用、企業の45.2%が最終面接を「対面でのみ実施」 理由は?
新卒採用をする企業の45.2%が最終面接を「対面でのみ実施」と答えた。理由は?(2021/4/13)

狙いは:
“AI面接官”がインターン選考、評価上位10%はそのまま合格 ユニ・チャームが導入したワケ
ユニ・チャームは2018年ごろから、インターンシップ選考でオンラインの取り組みを強化した。さらに、面接官の好み(人的バイアス)ではなく、本人の能力だけにフォーカスしようと“AI選考”も導入した。その狙いは。(2021/4/6)

新社会人へ:
上司を「まねる」ことが仕事なのか そんな時代は
昨年は、ちらほらとしかリクルート姿の学生くんたちを見ることがなく、今年入社する人たちは、ほぼオンラインでの面接をやり遂げた人たちなのだろう。大企業やIT関連の企業を中心に、すっかりテレワークが浸透している。自分のデスクがない新人ということもあるうる世代となりそうだ。(2021/3/31)

22年3月卒の学生に調査:
コロナ禍で増えるWebセミナーやWeb面接 学生は前向きに捉えているのか
採用活動をオンラインで進める企業が増えている。Webセミナー・Web面接に対する学生の意識や利用状況はどうなのか。(2021/3/20)

これからの採用戦略を考える(2):
ミスマッチ・早期離職はなぜ起きる? “入社後に活躍する”中途社員を見極めるための心得
中途採用のミスマッチや早期離職を防ぐため、採用目的はどのように見直すべきか。書類選考や、面接、受け入れ時の注意点とは?(2021/3/18)

エントリー動画をAIで解析:
キリンHD 新卒採用にAIを活用する実証実験 選考にかける時間を3割削減
キリンHDは、Web面接サービスを開発、販売するZENKIGENと共同で、2022年卒の新卒採用のエントリー動画をAI(人工知能)で解析する実証実験を行う(2021/3/5)

先は本当に長い:
就活生にとって厳しい状況は続くが、本当に大切なことは
コロナ禍のなか、就活を続け、Webでの面接など、ほとんどの人が体験たことのないことを経験し、この4月から新社会人として社会に巣立つ人は、一向に落ち着かない状況のなか、不安でいっぱいだろう。人気企業のランキングもかなり様変わりした。(2021/2/23)

21年3月卒:
「Web面接を経験」新卒の87% 面接時にうれしかったことは?
学情が21年3月卒業の大学生・院生を対象に「就職活動の振り返り」をテーマにした調査結果を発表。就職活動で、Web面接を経験した学生は87.1%だった。(2021/2/9)

どう乗り切ったのか:
コロナ禍での就活、Web面接だけで入社を決めた学生はどの程度いた? 独自の苦労も
コロナ禍での就職活動を振り返る。2021年3月卒業(修了)予定の大学生・大学院生を対象に調査を実施。どんな苦労があったのか。(2021/2/6)

なぜ面接評価はアテにならない? 離職率をはじき出すAIがすごい
新卒、中途の採用といえば、適性検査と面接評価が普通だ。しかしこれらの評価が優秀でも、必ずしもハイパフォーマーになるとは限らないし、数年で離職してしまう人もいる。どうしたら自社に適切な人材をうまく選べるのか?(2021/2/5)

コロナ禍の人材採用7大トレンド【前編】
「Web面接」「応募者エクスペリエンス」とは? 人材採用の必修キーワード
コロナ禍での働き方の変化は、人事部門の採用活動にも大きな影響を与えた。こうした変化の中で人事部門が注目すべきトレンドとは何か。主要なトレンドの中から「Web面接」「応募者エクスペリエンス」を紹介する。(2021/2/5)

Go AbekawaのGo Global!〜Jonas Rydenhag編(前):
コネなし、レジュメなし スウェーデンから来たエンジニアをベンチャーが採用した理由
グローバルに活躍するエンジニアを紹介する本連載。今回は翻訳ソフトウェアを手掛ける八楽で働くJonas Rydenhag(ヨナス・リデンハグ)氏にお話を伺う。容姿端麗でCTOを務めるほどのプログラミングスキルを持つヨナス氏だが、八楽の面接担当者の第一声は「こいつ、なめていますね」だった。(2021/2/12)

調査で判明:
「Web面接だけでは熱意をアピールできない」 緊急事態宣言で20代転職希望者が危機感 
2回目の緊急事態宣言が発出された。20代の転職希望者はどんな不安や危機感を抱いているのか。調査で判明。(2021/1/23)

「絶対いい面接官になれそう」 小学生の娘が食卓で放った「ある一言」を描いた漫画がシュールでクール
しっかりしている……!(2021/1/19)

「家でバイトの面接受ける時」→スーツ姿だと思ったら……? 大胆なオンライン面接に「天才」「せめて上は着てw」
発想の勝利。(2021/1/11)

他企業からスカウト可能:
「囲い込んだ学生が必ず活躍するとは限らない」 オープンな採用で“就活ルール”を破壊する、ガイアックスの挑戦
ガイアックス(東京都千代田区)は、自社の新サービス「面接動画スカウト」の社内活用を始める。新卒採用の一次面接を動画面接にし、応募者がそのまま他企業からのスカウトも受けられるようにする。「就活生は受ける企業の数だけ同じ質問をされて非効率」との考えから、一次面接にかかる工数を削減する取り組みだ。一方で、優秀な人材をみすみす外部に紹介することになるとも考えられる。その狙いを聞いた。(2021/1/15)

モノづくり業界転職トレンド(27):
希望年収は伝えるべき? 納得できる年収で転職するためには
転職理由の代表格が「年収アップ」。だが面接の場で希望年収をいつ伝えるかなど迷うところだ。納得できる年収で転職するためのポイントについて、転職コンサルタントに話を聞いた。(2020/12/11)

驚きの成果:
「面接のオンライン化」だけでは失敗する! Googleドライブ、Slackもフル活用、「採用業務オンライン化」攻略法
コロナ禍で、採用面接も変化し、オンライン形式がメインになりつつある。一時しのぎではなく、抜本的な改善として「採用業務のオンライン化」を進めるには、注意すべきポイントがある。(2020/11/20)

モノづくり業界転職トレンド(26):
「最も採用したい一人」になるための、面接のポイント
採用のハードルが上昇する中、自分の強みや熱意を直接伝えられる「面接」が非常に重要になっている。面接において、企業側の視点や通過するために準備すべきことなどについて、転職コンサルタントに話を聞いた。(2020/11/13)

志望度や企業イメージを下げる:
「面接官の反応が薄い……」 Webでの採用試験、企業側が気を付けることは?
新型コロナウイルス感染症拡大の影響で、多くの企業が2021年卒の新卒採用選考をWeb面接形式で実施。Web面接に対し学生はどのような意識を持っているのだろうか。リクルートマネジメントソリューションズが「大学生の就職活動調査2020」の結果を公表した。(2020/11/9)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。