ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「電通国際情報サービス」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「電通国際情報サービス」に関する情報が集まったページです。

導入事例:
PR:SPDMの活用によりハブベアリング設計業務の課題を解決したNTNの取り組みとは
製品の要求仕様や性能が多様化・高度化し、CAE活用と解析関連のデータを一元管理して資産化するSPDM運用の重要性が高まっている。精密機器メーカーのNTNはハブベアリングの設計業務の課題に対し、SPDMを基盤とする独自の統合計算自動化システムを構築することで解決を図った。(2023/11/27)

電通グループが人的資本経営の実現を支援 グループの強みを生かすサービス詳細は
電通は2023年10月12日、企業の人的資本経営の実現と事業成長を支援するCHROおよび戦略人事チーム向けプログラム「HR for Growth」を提供開始した。(2023/10/13)

車載ソフトウェア:
Over The Air技術を用いた自動車開発支援ソリューションを開発
ISIDは、エクスモーションと業務提携契約を締結した。Over The Air技術を用いて、次世代の自動車開発支援ソリューションの共同開発と提供を目指す。(2023/9/21)

「arrows」のFCNT、スマホ事業をLenovoに譲渡か TSR報じる
5月に民事再生手続きを開始した、スマートフォン「arrows」「らくらくスマホ」を手掛けるFCNTが、プロダクト&サービス事業をLenovo Group Limitedに譲渡する予定だと、東京商工リサーチが報じた。なお、現時点でFCNT、Lenovoからのアナウンスはない。(2023/9/1)

製造マネジメントニュース:
富士通とISIDとDIPROの3社がPLMシステムの提案で協業、モノづくりDXを推進
富士通とISID、DIPROの3社は、PLMシステムの提供を中心としたエンジニアリングチェーン領域におけるソリューション展開で協業を行うことを発表した。(2023/8/24)

IT系上場企業の平均年収を業種別にみてみた[2023年版] パッケージソフトウェア系、SI/システム開発系、クラウド/キャリア系企業
IT系企業で平均年収が高いのは、勢いのあるネットベンチャー系企業なのか、それとも伝統的なSIerなのか。有価証券報告書を基に、パッケージソフトウェア系、SI/システム開発系、クラウド/キャリア系企業の従業員数や平均年齢、平均年収などをまとめた。(2023/7/24)

マーケ×ITニュースダイジェスト:
電通デジタルが「人的資本経営」支援ソリューションを提供する理由
デジタルマーケティングやCXに関する気になるニュースを最近のリリースからピックアップして紹介する。今週は、電通デジタル他が提供する人的資本経営の支援ソリューションなどに注目。(2023/5/12)

オフィス外からの発送が便利に:
テレワーク先からTeamsで宅急便の発送手続きができるサービス 春に本格提供へ
電通はヤマト運輸と連携し、「Teams」上で宅急便の発送手続きができるソリューションを発表した。2月15日から実証実験を行い、今春から本格的に提供を開始する予定。テレワークが定着した今、オフィス外から荷物を発送する際の利便性向上が狙いだ。(2023/2/7)

北欧のネクストイノベーション「Climate Fintech」に迫る旅:
なぜ日本の自治体は、北欧スタートアップと脱炭素を目指すのか カギは「排出量可視化の次の価値」
2022年12月、静岡市は脱炭素先行地域づくり事業にて、スウェーデンのスタートアップと組むこととなった。なぜ日本のサービスではなく、北欧企業が選ばれたのかというと……(2023/1/12)

製造業DX:
PR:Engineering AIをパートナーに設計開発業務を変える、エンジニアに提案するAIとは
製造業でも進むAIの活用。しかし、生産現場などと比べて設計開発業務でのAI活用は進んでいるとはいい難い。そこで、設計開発業務向けにさまざまなソリューションを展開してきた電通国際情報サービスが満を持して展開を始めるのが「Engineering AI」である。同社のEngineering AIではどのようなことが可能になるのだろうか。(2022/11/29)

セミナー:
PR:現場DXは今からでも遅くない? 話題のRPAはCAEでも使えます!!
TechFactory会員の皆さまに、注目のセミナー情報をお届けします。(2022/11/7)

セミナー:
PR:現物を簡単に3Dデータ化! リアルとバーチャルの架け橋 3Dスキャナーとは?
TechFactory会員の皆さまに、注目のセミナー情報をお届けします。(2022/11/7)

製造業DX:
PR:製造業DXは産業IoTからデジタルツイン、そしてインダストリアルメタバースへ
コロナ禍を経て3年ぶりのリアル開催となる「第25回関西ものづくりワールド」に日本マイクロソフトが出展。「デジタルツイン」や「インダストリアルメタバース」をキーワードに、パートナー企業のISIDやSCSKと共同してさまざまな展示を行った。(2022/11/1)

DX Summit vol.13 レポート:
「“改善”の中心には常にデータがある」 全方位的なデータ活用で “改善のサイクル”を回す東京エレクトロン
半導体製造装置のグローバルカンパニーである東京エレクトロンがデータプラットフォームを構築する理由とは何か。同社がかつての“弱点”と向き合った後、どのようにプラットフォームを構築、運用しているのかを同社の ITユニット 情報システム一部 部長代理 柿 良幸氏が解説する。(2022/9/20)

PR:UI刷新で使いやすく 人事システムPOSITIVEでデータ活用を加速
(2022/9/1)

自動運転技術:
実車ができる前にドライビングシミュレーターで感性評価、レンタルスタジオが稼働
電通国際情報サービス(ISID)は2022年9月6日、新製品発表会を開き、ドライビングシミュレーターで乗員の感性評価を行えるレンタル型スタジオ「VDX Studio(VDX=Virtual Driving eXperience)」について紹介した。(2022/9/8)

プロジェクト:
大手町ビルの大規模リノベーション工事が完了、屋上に延べ4000m2のワークエリアを設置
三菱地所は、東京都千代田区大手町で1958年に竣工したオフィスビル「大手町ビル」で、テナントが入居する環境で段階的に進めていた大規模リノベーション工事が完了したことを公表した。2022年5月26日には、今回のリノベーション工事で新設した屋上の空間「大手町ビルスカイラボ」をオープンした。(2022/8/12)

CASE時代をリードするドライビングシミュレーター:
PR:バーチャルなテストコースで感性評価、開発初期にユーザー体験をリアルに検証
自動車業界は100年に1度といわれる大変革期を迎えている。競争が激化する中、実車の完成を待ってから評価するのではなく、ドライビングシミュレーターをフル活用しながら乗車体験を作り込む必要がある。ISIDとエステックは、次世代モビリティのバーチャル検証拠点「VDX Studio」によって次世代自動車の開発を支援する。(2022/8/22)

製造ITニュース:
ローコード開発で16年の実績を持つMendixが語る、DXがうまくいかない3つの理由
ローコードアプリケーション開発プラットフォームを展開するオランダのMendixは2022年6月9日、記者説明会を開催し、ローコード開発の現状と日本でのビジネス展開をについて紹介した。(2022/6/14)

PR:人事情報を一元管理 法改正や制度改定にも対応するHRテックは?
(2022/6/13)

中堅・中小企業は「自動化」に何を求めている? ノークリサーチが分析結果を発表
ノークリサーチによると、RPAなどによる「自動化」は中堅・中小企業市場のニーズが依然として高く、主要な販社/SIerも活性化傾向にあるという。ユーザー企業に効果的なソリューションを提供するために必要な自動化の3つの構成要素とは?(2022/5/10)

UiPathとISIDがDX人材育成プログラムを共同で提供 日本初の協業契約締結
UiPathはISIDは、「UiPathパートナープラクティス発展のための協業契約」を日本で初めて締結した。両社は、企業内で実施可能なDX人材育成プログラムを提供する。(2022/3/30)

クラウドニュースフラッシュ
戸田建設がオンプレミスのVMware製品をあえて「Oracle Cloud」に移行する理由
クラウドサービスを採用した戸田建設やGMOあおぞらネット銀行などの事例、AWSのHPC向けインスタンスの提供開始など、クラウドに関する主要なニュースを取り上げる。(2022/2/28)

製造業DX:
PR:解析・実験データの蓄積と活用を促進する「SPDM」が製造業DXの起爆剤に
製造業のDXを推進する上では、要求定義から設計、解析、実験、生産といった一連の工程でデータ連携が重要になる。このデータ連携の鍵を握っているのはCAEによる解析を行う解析部門や実機による試験を行う実験部門だ。電通国際情報サービスの「i-SPiDM(アイ・エスピーディーエム)」は、解析・実験部門におけるデータ活用を進める「SPDM」を実現するソリューションとなっている。(2022/2/28)

PR:三菱重工、グループ経営を推進するため「POSITIVE」を導入 「将来的には、国内の全グループ企業へ展開」その狙いは?
多様なHRテックの活用が進む中、人事情報における一元管理の重要性が高まってきている。グループ企業や、拠点ごとに異なるシステムを使うことによる業務の煩雑化。その結果、低下する作業効率。その打開策として今、注目を集めているのが、電通国際情報サービスが提供する統合HCMソリューション「POSITIVE」だ。本記事では、大所帯でありながら実際にPOSITIVEを導入し、グループ各社の人事システムを一元化した三菱重工業の事例を基に、その有用性に迫る。(2022/3/3)

基準への準拠を確認する作業負荷を軽減:
NTTデータ、無償で「『AWS FISC安全対策基準対応リファレンス』参考文書」を公開
NTTデータは、「『AWS FISC安全対策基準対応リファレンス』参考文書」を無償で公開した。AWSに構築したシステムが、FISC安全対策基準に準拠していることを判断するための参考情報。金融機関が実施すべき対策を具体的に示した。(2022/2/15)

製造ITニュース:
検証業務の効率化、品質向上を支援するSPDMシステム提供開始
電通国際情報サービスは、解析業務のプロセスおよびデータを一元管理することで、検証業務の効率化と品質向上を支援するSPDMシステム「i-SPiDM」の提供を開始した。(2022/2/10)

就職人気から占う今後のIT業界:
日本のホワイト企業ランキング、トップ10中5社がIT系 2位はFacebook Japan 1位は?
日本で最も「ホワイト」な企業はどこか。就活スクールを展開するAvalon Consulting内の「ホワイト企業総合研究所」が調べたところによると、1位はグーグルだった。(2022/1/26)

ハイパーオートメーションに進化するためのRPAツール活用のススメ:
PR:エキスパートが徹底議論「業務自動化を拡大する企業がRPA製品に求めること」
RPAの導入においてはロボットの安定稼働や統制の難しさに直面するケースが後を絶たない。RPAと他のツールを連携させて自動化の範囲を広げたいという要求も高まる。全てをかなえて「ハイパーオートメーション」を実践するには何が必要か。(2022/1/28)

製造業DX:
PR:導入期間は4分の1以下に、製造業DXの典型用途をテンプレ化する「MVP」の価値
製造業のDXへの取り組みは広がっているが価値を得られている企業はまだ限られた状況だ。そこで「成果をより早くより簡単に得られる仕組み」としてマイクロソフトがパートナー企業と協力し打ち出しているのが「MVP(Minimum Viable Product)」である。(2022/1/14)

メカ設計ニュース:
NVIDIAが「Omniverse」の国内普及を加速、DRからCAE、デジタルツインへ
NVIDIAはメディア向けブリーフィングを開催し、「GTC November 2021」において一般向け販売の開始が発表された「NVIDIA Omniverse Enterprise」の国内導入を支援する団体「NVIDIA Omniverse Partner Council Japan」を結成したことを発表した。(2021/12/8)

PR:製造業を悩ませる“データの分断”、横河電機はどう乗り越えた? その先に見えてきたDXの可能性
(2021/12/15)

専門性を磨き、成長し続けられる場所とは:
PR:ビジネスの変化と共に進化し続ける経営管理――ISIDが描く会計・経営管理ソリューションの現在と未来
大きな変革が進む現在のビジネス環境において、特に会計・経営管理の領域では、ITがその価値を発揮できる余地が大きいという。今後、会計・経営管理領域のシステムインテグレーションはどのように変わっていくのか、そこで求められるのはどういう人材なのか。電通国際情報サービス(ISID)のプロフェッショナルに話を伺った。(2021/11/26)

PHM Conference 2021 in JAPANレポート:
PR:“品質+”の信頼性へシフトせよ、転換点を迎える製造業の挑戦をPHMが後押し
電通国際情報サービスがオンラインで開催したイベント「PHM Conference 2021 in JAPAN」では、「データ分析と故障予知がもたらす安全な未来」をテーマに、DNVビジネス・アシュアランス・ジャパン、テトラ・アビエーション、ダイキン工業が登壇し、PHM(Prognostics and Health Management)と関連する業界動向や取り組み事例について紹介した。(2021/11/15)

PR:「半導体製造装置」メーカー世界4強の東京エレクトロンがデータ活用 エンタープライズがクラウドに求めた要素とは
(2021/12/1)

PR:“攻めの姿勢”だけでいい? 「半導体製造装置」大手メーカー、東京エレクトロンのデータ活用術
(2021/12/1)

大企業愛用のHRテックが価格を刷新!:
PR:成長企業だけが知っている、戦略人事にたどり着くための3ステップとは?
ここ数年で急増した、HRソリューション。特に戦略人事を目的としたタレントマネジメントは注目度が高い。人事データを基に作成されたグラフや表組といったUIは、さも素晴らしい布陣図を描けそうではあるが、そこに至るまでには踏むべきステップが存在しており、“真”の統合システムが欠かせないという。その内容とは?(2021/10/6)

モデルベース開発:
モデルベース開発の普及活動が官から民に、43社参加のMBD推進センターが発足
自動車メーカーとサプライヤーが運営する「MBD推進センター(Japan Automotive Model-Based Engineering center、JAMBE)」が2021年9月24日に発足した。参画企業と日本自動車研究所(JARI)の共同研究事業として、モデルベース開発(MBD)を中小サプライヤーや大学にも普及させていく。(2021/9/27)

戦略とデザインで実現するサステナビリティ
ビジネスにおけるサステナビリティを実現するためには、社会課題やサプライチェーン全体を考慮した経営戦略と、エンドユーザーへの理解やお客さま目線でのコミュニケーションデザインの両軸をしっかりと考える必要がある。(2021/9/13)

電子ブックレット(メカ設計):
コロナ禍に役立つハンズフリードアオープナーの設計製造手法
MONOistやEE Times Japanに掲載した主要な記事を、読みやすいPDF形式の電子ブックレットに再編集した「エンジニア電子ブックレット」。今回は、手のひらを使わずに腕でドアを開くことのできる「ハンズフリードアオープナー」を自社で設計製造した電通国際情報サービスの取り組みを紹介した連載「コロナ禍に役立つハンズフリードアオープナーの設計製造手法に迫る」をまとめた。(2021/9/8)

PR:AI、サブスクで戦略人事を実現 多機能HRテックが中堅企業を支援
(2021/8/6)

視点:
HRテックを活用したニューノーマル時代に必要な組織・働き方改革
価値観の多様化と生産人口が減少していく中で、競争力を維持・高めるには、多様な人材を活用してくことが必要だ。そのためには、組織・働き方改革が不可欠である。(2021/7/12)

自治体DXの「オープンなコミュニティーの形成」を目指す:
自治体のDX向け情報サイト「自治体DX白書.com」を公開 電通国際情報サービスら4社
電通国際情報サービスと電通、Public dots & Company、電通マクロミルインサイトの4社は、自治体のDXに特化した全国の自治体向け情報サイト「自治体DX白書.com」を公開した。情報発信によって、自治体のデジタル化推進を支援する。(2021/7/8)

自治体のDX事例をまとめる情報サイト、電通ら4社が開設
電通が、自治体が取り組んだDXの事例をまとめる情報サイト「自治体DX白書.com」を開設。コンサル企業など3社と協力して情報を集め、記事として掲載するという。(2021/7/7)

広告コピー生成、効果予測、チャットbot他:
電通の広告・マーケティングノウハウをAIで再現 「CXAI」が目指すもの
電通グループ4社が、CXのためのAI構築サービスを開始した。電通のクリエイターの知見を学習したAI技術をモジュール化し、ニーズに合わせて組み合わせてWebアプリとして提供するものだ。開発の狙いについて聞いた。(2021/6/16)

NECと東京大学らが量子コンピュータの専門人材育成に向けて寄付講座を解説
東京大学と協賛企業9社は、「量子ソフトウェア」寄付講座を設置する。量子コンピュータによる新しい量子機械学習手法の研究や量子コンピュータ向けアプリケーションの開発を目的とする。(2021/5/25)

新卒入社してよかった会社ランキング、1位はグーグル 上位に共通した特徴は?
新卒入社してよかった会社ランキング。1位はグーグルで、2位にベイン・アンド・カンパニー・ジャパン、3位にサイボウズがランクインした。上位に共通した特徴は?(2021/4/29)

デジタルモノづくり:
コロナ禍に役立つハンズフリードアオープナーの設計製造手法に迫る(後編)
オフィス内での新型コロナウイルス感染症対策に役立つ製品として、手のひらを使わずに腕でドアを開くことのできる「ハンズフリードアオープナー」。このハンズフリードアオープナーを自社で設計製造した電通国際情報サービスの取り組みについて紹介する。今回の後編では、CAEの活用と、位相最適化、ラティス構造最適化などについて説明する。(2021/3/1)

古田拓也「今更聞けないお金とビジネス」:
電通が史上最大の巨額赤字……高くついた「のれん代」の恐ろしさ
電通グループが15日に発表した2020年12月期の通期決算によれば、当年における最終赤字は同社としては史上最大の1595億円となった。しかし本業では黒字である。最大の要因は、海外事業における「のれん」の減損損失1403億円だ。(2021/2/19)

デジタルモノづくり:
コロナ禍に役立つハンズフリードアオープナーの設計製造手法に迫る(前編)
オフィス内での新型コロナウイルス感染症対策に役立つ製品として、手のひらを使わずに腕でドアを開くことのできる「ハンズフリードアオープナー」がある。このハンズフリードアオープナーを自社で設計製造した電通国際情報サービスの取り組みについて前後編で紹介する。(2021/1/27)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。