ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「ジェフ・ベゾス」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

Amazonの車載カメラの是非を問う【前編】
Amazonの配送車両のカメラは何を記録しているのか? プライバシー懸念の声も
「ドライバーと地域の安全を守る」という名目で、Amazon.comは配送車両のカメラで車内外の様子を記録している。米国議会議員や専門家は、この録画がプライバシーに及ぼす影響に懸念を示す。同社の主張とは。(2021/6/15)

ベゾス兄弟との宇宙旅行オークション、2800万ドルで落札
宇宙企業Blue Originがオークションにかけた宇宙船「Blue Shepard」による初有人飛行の座席権は2800万ドル(約31億円)で落札された。開始価格は480万ドルだった。宇宙旅行実施はアポロ11号月面着陸記念日の7月20日だ。(2021/6/13)

ジェフ・ベゾス氏、Blue Originの初有人宇宙飛行に弟と搭乗へ
米宇宙企業Blue Originは、7月20日に予定している同社としての初の有人宇宙旅行に、ジェフ・ベゾスCEOと同氏の弟、マーク・ベゾス氏が搭乗すると発表した。同社の宇宙船「New Shepard」は6人乗りで、1座席は現在オークション中だ。(2021/6/7)

Amazon、従業員用瞑想ボックス「AmaZen」設置 「地球で最も安全な職場になる」目標の一環で
Amazon.comは、従業員がマインドフルネス動画を見ながら瞑想できる1人用ボックス「AmaZen」を設置すると発表した。フルフィルメントセンターの労働環境改善プログラム「WorkingWell」の一環だ。2021年にはこのプログラムのために3億ドル投資する。(2021/5/28)

Amazon.com、映画会社MGMを85億ドルで買収 プライムビデオ強化へ
Amazon.comが「007」などで知られる老舗映画会社MGMを買収する。買収総額は約85億ドル(約9200億円)。2億人ユーザーを擁する「プライムビデオ」のコンテンツを充実させNetflixやDisney+との競争力を維持する狙いだ。(2021/5/27)

TechTarget発 世界のITニュース
Tableauの現CEOが古巣AWSの次期CEOへ 期待される手腕は
AWSはアンディ・ ジャシー氏の後任として、Tableau Softwareの現CEO、アダム・セリプスキー氏を迎え入れる。同氏のリーダーシップの下で、AWSが目指す成長戦略とは。(2021/5/7)

ベゾス氏のBlue Origin、初の民間人宇宙旅行を7月20日に 1座席をオークション
ジェフ・ベゾス氏の宇宙企業Blue Originが、宇宙船「New Shepard」での初の民間時宇宙飛行を7月20日に実施すると発表した。6人乗りで、そのうちの1座席をオークションにかける。(2021/5/6)

Amazon決算 巣ごもり需要で純利益220%増の過去最高益
Amazonの1〜3月期決算は、コロナ禍の巣ごもり需要で売上高は44%増、純利益は220%増と好調だった。AWSの売上高は32%増。(2021/4/30)

NASA、「アルテミス計画」の有人月着陸船開発でSpaceXのみを選定
NASAが、アポロ計画以来になる有人月着陸プロジェクト「アルテミス計画」の月着陸船開発を、イーロン・マスク氏のSpaceXに発注すると発表した。契約総額は28.9億ドル。2人の宇宙飛行士が「Starship」で月に降り立つ。(2021/4/17)

Amazon、AWSの次期CEOに元幹部でTableauのアダム・セリプスキーCEOを指名
第3四半期にジェフ・ベゾスCEOの後任となるAWSのアンディ・ジャシーCEOが、AWSの次期CEOにSalesforce.com傘下のTableauのアダム・セリプスキーCEOを指名した。セリプスキー氏は元AWS幹部で2016年にTableau立ち上げで退社した。(2021/3/24)

Twitterセレブアカウント乗っ取り犯の18歳、懲役3年に
昨年7月にTwitter上で多数のセレブのアカウントが乗っ取られ、ビットコイン詐欺ツイートを投稿した事件の主犯で当時17歳だったグラハム・クラークの有罪が確定し、司法取引により懲役3年が確定した。(2021/3/17)

材料の“奪い合い”が始まる?:
自動車業界に立ちはだかる材料不足の問題
自動車業界は10年前まで、半導体の供給不足によって自動車製造が混乱状態に陥るという事態を、予測することができなかった。自動車メーカーは今から10年後、電気自動車(EV)向け電池やさまざまな重要部品に必要とされる材料が不足するという問題に直面することになるだろう。(2021/3/17)

Amazonが主導する出版業界の変革【前編】
「Kindle」「Audible」以上の衝撃か? Amazonが「POD」で起こす出版革命
Amazon.comは電子書籍サービス「Kindle」の市場投入や「Audible」の買収を経て、書籍の出版や購入、読書の方法を変えた。長期的な目で見ると、さらに大きな影響を及ぼし得るサービスがあるという。それは何なのか。(2021/3/5)

製造マネジメント メルマガ 編集後記:
企業トップはCTO出身が主流に? そしてあの「ニヤリおじさん」もキター!
これからはCTO出身のCEOも増えてくるかもしれません。そして、MONOist組み込み開発フォーラムの2020年おじさん・オブ・ザ・イヤーがアマゾンCEOに!(2021/2/9)

Amazon.com、巣ごもり需要による大幅増収増益で過去最高に
Amazon.comの2020年10〜12月期決算は、プライムデーが同四半期に延期されたこともあり、売上高、純利益ともに過去最高を更新した。リアル店舗以外の、AWSを含むすべてのカテゴリーで2桁台の増収だった。(2021/2/3)

Amazonのジェフ・ベゾスCEOが退任して会長に 後任はAWSのジャシーCEO
Amazon.comの創業者、ジェフ・ベゾスCEOが7〜9月期に会長職に退く。後任はAWSのアンディ・ジャシーCEO。ベゾス氏は引き続きAmazonのプロジェクトに従事するが、Blue OriginやWashington Post、慈善基金に割く時間を増やす。(2021/2/3)

インターステラの採用戦略(前編):
ホリエモンが「次の基幹産業は宇宙ビジネスだ」と断言する理由
北海道大樹町で観測ロケットと超小型衛星打ち上げロケットを独自開発しているインターステラテクノロジズ。同社ファウンダーのホリエモンこと堀江貴文が宇宙ビジネスが自動車産業などに代わって日本の基幹産業になる可能性を語る。日本が持つ技術的・地理的なポテンシャルの高さがあった。(2021/1/18)

AWSが生まれたのは、Amazonが経費削減のためにSunのサーバからHP/Linuxサーバへ切り替えたことがきっかけ 当時の社員が振り返る
Amazon.comの元社員・Dan Rose氏が、AWS立ち上げ時の秘話をTwitterに投稿。その内容と翻訳をお届けする。2000年前後のAmazonでは何が起きていたのか?(2021/1/13)

Amazon決算、プライムデーなしでも純利益3倍に
Amazonの7〜9月決算は、巣ごもり需要の高まりを受け、売上高は37%増、純利益は約3倍増だった。例年同四半期中に実施しているプライムデーは10月に延期している。10〜12月期の売上高予想は1120億〜1210億ドルとした。(2020/10/30)

MLOpsイベントレポート:
第1回勉強会:なぜ今MLOpsなのか、先駆者や実際の現場からMLOpsを学ぼう
MLOpsコミュニティーのイベントレポート連載。今回は「MLOpsとは何で、今なぜそれが必要なのか」「実際にMLOpsでやることとは何か」「機械学習モデルの開発から運用におけるMLOpsがなぜうまくいかないのか、どうすればよいのか」について学ぶ。(2020/9/14)

有名人のTwitterアカウント乗っ取り事件、当局が3人を逮捕し訴追
容疑者には未成年者も含まれています。(2020/8/1)

Amazon決算、コロナ禍の巣ごもり需要で大幅な増収増益 プライムデーはQ4開催と認める
Amazonの4〜6月期の決算は、コロナ禍の巣ごもり需要を受け、売上高は40%増、純利益は2倍だった。需要急拡大に対応し、従業員を保護するために40億ドル投じた。(2020/7/31)

Twitterの有名人アカウント乗っ取り 社内の特権アカウントを悪用か
Twitterは、企業や有名人のアカウント乗っ取りについて、従業員が絡む「組織的なソーシャルエンジニアリング攻撃」だったとの見方を示している。(2020/7/17)

海外で著名人のTwitterアカウントに乗っ取り被害 一時はツイート投稿機能にも不具合
調査中のようです。【更新】(2020/7/16)

AppleやマスクCEOなど多数のセレブTwitterアカウントが乗っ取られ、暗号通貨詐欺に悪用される
Apple、イーロン・マスク氏、バラク・オバマ氏、一連の暗号通貨企業などのTwitterアカウントが乗っ取られ、暗号通貨詐欺に悪用された。Twitterが調査中だ。(2020/7/16)

Amazon.com、自動運転のZooxを買収
Amazonが、自動運転技術の米新興企業Zooxを買収すると発表した。Zooxは買収完了後も独立子会社としてサービスとしてのモビリティ技術開発にフォーカスしていくとしている。(2020/6/29)

サプライチェーンの新潮流「Logistics 4.0」と新たな事業機会(10):
世界で最も愚直な会社、アマゾンの脅威
物流の第4次産業革命ともいえる「Logistics 4.0」の動向解説に加え、製造業などで生み出される新たな事業機会について紹介する本連載。第10回は、従来のセグメンテーションでは捉えられないプラットフォーマーの代表的存在であるアマゾン(Amazon.com)の戦略について取り上げる。(2020/6/23)

Amazon決算は2桁台の増収減益 「次四半期の40億ドルの営業利益はすべて新型コロナ対策に費やす」とベゾスCEO
Amazonの1〜3月期決算は売上高は新型コロナの巣ごもり需要で26%増だが、純利益は需要に応えるための雇用増などで29%減だった。ベゾスCEOは第2四半期に見込む40億ドルの営業利益は新型コロナ対策に費やすと語った。(2020/5/1)

Amazon、食料品配送需要急増で7万5000人追加雇用 新規顧客の登録は順番待ちに
Amazon.comが、新型コロナで急増する食料品のオンライン購入需要に対応するために、7万5000人を追加雇用する他、傘下のWhole Foods Marketの実店舗の営業時間を短縮。また、新規の顧客登録を順番待ちにした。(2020/4/14)

Amazon、米国でプライムパントリー休止 新型コロナ感染者確認の倉庫を一時閉鎖
Amazon.comのニューヨークの倉庫で新型コロナウイルス感染者が確認され、同社はこの倉庫を一時的に閉鎖した。また、米国でのプライムパントリーを注文増加を受け、一時停止している。(2020/3/20)

日本全国に届け! 話題の“かわいすぎる台湾チアガール”チュンチュンに会いに台湾へ行ってきました
ねとらぼのためにダンスも披露してくれました。(2020/3/5)

「SSD」「HDD」使い分けのポイント【前編】
SSDに“主役”を譲っても「HDD」の出荷容量が伸び続ける理由
ストレージ市場でHDDからSSDなどのフラッシュストレージへの移行が進む。ところがHDDの出荷容量は増加傾向にあり、HDDベンダーは大容量化に寄与する技術開発を進めている。ストレージ市場の現状を整理してみよう。(2020/3/2)

ジェフ・ベゾス氏が温暖化対策基金設立 まずは100億ドルの助成金から
Amazon.comの創業者でCEOのジェフ・ベゾス氏が、地球温暖化対策のための基金「Bezos Eargh Fund」を設立した。まずは今夏に100億ドル(約1兆1000万円)の助成金をNGOなどに支給する。(2020/2/18)

米Microsoftが落札した米国防総省のクラウド事業「JEDI」、Amazonの申し立てで一時停止に
米裁判所は、Microsoftが獲得した米国防総省の100億ドルのクラウド事業「JEDI」の進行を一時停止する判決を下した。Amazon.comの申し立てを認めたもの。(2020/2/14)

Amazon決算、AWS好調で予想を上回る増収増益 プライム会員が1億5000万人以上に
Amazonの10〜12月期決算は、売上高は21%増、純利益は8%増で予測を上回る増収増益だった。プライム会員数が1億5000万人を突破。AWSの売り上げも34%増と好調だった。(2020/1/31)

ベゾス氏iPhoneへの不正アクセス事件、サウジ皇太子が関与か 国連特別報告者
2018年にサウジアラビアのムハンマド皇太子のWhatsAppアカウントからジェフ・ベゾス氏に送信された動画ファイルに、監視用のスパイウェアが仕込まれていた。(2020/1/23)

Amazon決算は増収減益 AWSの伸びが鈍化
Amazonの7〜9月決算は、売上高は24%増だったが、純利益はプライム会員向け翌日配送のための投資がかさみ、26%減だった。AWSの売り上げは伸びているが、そのスピードは鈍化している。(2019/10/25)

これからのAIの話をしよう(データリテラシー編):
AIに従うことの危険性 「正しい意思決定」という幻想から抜け出すには?
ジェフ・ベゾス氏らと共に、米Amazon.comの基礎を作り上げたとされるデータサイエンティストのアンドレアス・ワイガンド氏。企業や個人がどのようにデータを向き合っていけばいいのか、話を聞いた。(2019/10/4)

これからのAIの話をしよう(データリテラシー編):
“Amazonで実験を続けた男”は好奇心の塊だった 元幹部が語る「データの価値」
ジェフ・ベゾス氏らと共に、米Amazon.comの基礎を作り上げたとされるデータサイエンティストのアンドレアス・ワイガンド氏。企業や個人がどのようにデータを向き合っていけばいいのか、話を聞いた。(2019/9/27)

Amazon、気候変動対策の一環で電動配送車10万台発注
Amazonが、パリ協定目標を10年前倒しで達成する「気候公約」への署名を発表し、その一環として電動配送車10万台を発注し、森林保護に1億ドル拠出する。(2019/9/21)

「Amazon's Choice」を付ける基準、米議員が開示求める 低品質な製品も対象に選出か
特定製品を推奨する理由を問う。(2019/8/16)

元日銀マン・鈴木卓実の「ガンダム経済学」:
ハロが誤作動したら? スペースコロニーの行政とは?――ガンダム世界の“社会問題”を分析
スペースコロニーなどガンダム世界のSFが現実味を帯びてきた。例えばハロが誤動作したら誰が責任を取る? 社会科学の見地からリアルに分析。(2019/7/30)

Amazon決算、増収増益だが予想は下回る クラウドと広告が好調
Amazonの4〜6月期決算は、売上高は20%増、純利益は4%増だった。世界での翌日配送プログラム拡大でコストがかさんだ。AWSの売り上げは順調に伸びている。(2019/7/26)

宇宙ビジネスの新潮流:
まるで“ガンダム”の世界 Amazon創業者ジェフ・ベゾスが抱く「宇宙文明」の野望
Amazon創業者ジェフ・ベゾス氏の宇宙ビジネスが加速。宇宙への人類進出を掲げスペースコロニーや月面基地も。その野望の行きつく先は?(2019/6/5)

ITはみ出しコラム:
1万円を切った画面付きスマートスピーカー「Echo Show 5」 どこに置いてどう使う?
ディスプレイ付きのスマートスピーカーが増えつつある中、Amazonから1万円を切る新モデル「Echo Show 5」が登場しました。既に持っている円形ディスプレイ付きモデル「Echo Spot」とかぶりそうですが、多分ポチると思います。(2019/6/2)

離婚で富豪になったマッケンジー・ベゾス氏、資産の半分以上を寄付する「Giving Pledge」に参加
Amazon.comのジェフ・ベゾスCEOと離婚し、約37億ドルを獲得したマッケンジー・ベゾス氏が、資産の半分以上を何らかの慈善事業に寄付する取り組み「Giving Pledge」への参加を表明した。元夫もTwitterでエールを送った。(2019/5/29)

ロケットだけではないSpaceTech:
宇宙飛行士のコストの8割は交通費 GITAIが開発する宇宙ロボットが必要な理由
官から民へ宇宙開発事業が動いていく中で、宇宙に関わるスタートアップが成果を出しつつある。宇宙ステーションなどでの作業や実験を、宇宙飛行士に代わって行うロボットを開発しているGITAIもその1社だ。(2019/5/17)

ジェフ・ベゾス氏、月着陸機「Blue Moon」を披露
ジェフ・ベゾス氏が設立した宇宙企業Blue Originが、月面着陸機「Blue Moon」を発表した。NASAによる「2024年までに米宇宙飛行士を月に送り込む」というミッションをサポートするとしている。(2019/5/10)

Amazon従業員4500人超、気候変動への真摯な取り組み求めベゾスCEOに公開書簡
Amazonの従業員がジェフ・ベゾスCEOと取締役会に対し、企業として地球温暖化対策に真摯に取り組むよう求める公開書簡を送った。書簡には4500人以上の従業員が実名で署名している。(2019/4/11)

世界を読み解くニュース・サロン:
Amazonベゾス不倫騒動と、サウジ記者殺害をつなげる「デジタル監視」の実態
米アマゾンのジェフ・ベゾスCEOの不倫疑惑が国際問題に発展しそうな気配が漂っている。個人的な情報が流出したことについて、ベゾス氏の捜査では「ある国」が関与した可能性を指摘。その背景には、サウジアラビア人記者殺害事件があって……。(2019/4/4)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。