ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「ジェフ・ベゾス」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

関連キーワード

有名人のTwitterアカウント乗っ取り事件、当局が3人を逮捕し訴追
容疑者には未成年者も含まれています。(2020/8/1)

Amazon決算、コロナ禍の巣ごもり需要で大幅な増収増益 プライムデーはQ4開催と認める
Amazonの4〜6月期の決算は、コロナ禍の巣ごもり需要を受け、売上高は40%増、純利益は2倍だった。需要急拡大に対応し、従業員を保護するために40億ドル投じた。(2020/7/31)

Twitterの有名人アカウント乗っ取り 社内の特権アカウントを悪用か
Twitterは、企業や有名人のアカウント乗っ取りについて、従業員が絡む「組織的なソーシャルエンジニアリング攻撃」だったとの見方を示している。(2020/7/17)

海外で著名人のTwitterアカウントに乗っ取り被害 一時はツイート投稿機能にも不具合
調査中のようです。【更新】(2020/7/16)

AppleやマスクCEOなど多数のセレブTwitterアカウントが乗っ取られ、暗号通貨詐欺に悪用される
Apple、イーロン・マスク氏、バラク・オバマ氏、一連の暗号通貨企業などのTwitterアカウントが乗っ取られ、暗号通貨詐欺に悪用された。Twitterが調査中だ。(2020/7/16)

Amazon.com、自動運転のZooxを買収
Amazonが、自動運転技術の米新興企業Zooxを買収すると発表した。Zooxは買収完了後も独立子会社としてサービスとしてのモビリティ技術開発にフォーカスしていくとしている。(2020/6/29)

サプライチェーンの新潮流「Logistics 4.0」と新たな事業機会(10):
世界で最も愚直な会社、アマゾンの脅威
物流の第4次産業革命ともいえる「Logistics 4.0」の動向解説に加え、製造業などで生み出される新たな事業機会について紹介する本連載。第10回は、従来のセグメンテーションでは捉えられないプラットフォーマーの代表的存在であるアマゾン(Amazon.com)の戦略について取り上げる。(2020/6/23)

Amazon決算は2桁台の増収減益 「次四半期の40億ドルの営業利益はすべて新型コロナ対策に費やす」とベゾスCEO
Amazonの1〜3月期決算は売上高は新型コロナの巣ごもり需要で26%増だが、純利益は需要に応えるための雇用増などで29%減だった。ベゾスCEOは第2四半期に見込む40億ドルの営業利益は新型コロナ対策に費やすと語った。(2020/5/1)

Amazon、食料品配送需要急増で7万5000人追加雇用 新規顧客の登録は順番待ちに
Amazon.comが、新型コロナで急増する食料品のオンライン購入需要に対応するために、7万5000人を追加雇用する他、傘下のWhole Foods Marketの実店舗の営業時間を短縮。また、新規の顧客登録を順番待ちにした。(2020/4/14)

Amazon、米国でプライムパントリー休止 新型コロナ感染者確認の倉庫を一時閉鎖
Amazon.comのニューヨークの倉庫で新型コロナウイルス感染者が確認され、同社はこの倉庫を一時的に閉鎖した。また、米国でのプライムパントリーを注文増加を受け、一時停止している。(2020/3/20)

日本全国に届け! 話題の“かわいすぎる台湾チアガール”チュンチュンに会いに台湾へ行ってきました
ねとらぼのためにダンスも披露してくれました。(2020/3/5)

「SSD」「HDD」使い分けのポイント【前編】
SSDに“主役”を譲っても「HDD」の出荷容量が伸び続ける理由
ストレージ市場でHDDからSSDなどのフラッシュストレージへの移行が進む。ところがHDDの出荷容量は増加傾向にあり、HDDベンダーは大容量化に寄与する技術開発を進めている。ストレージ市場の現状を整理してみよう。(2020/3/2)

ジェフ・ベゾス氏が温暖化対策基金設立 まずは100億ドルの助成金から
Amazon.comの創業者でCEOのジェフ・ベゾス氏が、地球温暖化対策のための基金「Bezos Eargh Fund」を設立した。まずは今夏に100億ドル(約1兆1000万円)の助成金をNGOなどに支給する。(2020/2/18)

米Microsoftが落札した米国防総省のクラウド事業「JEDI」、Amazonの申し立てで一時停止に
米裁判所は、Microsoftが獲得した米国防総省の100億ドルのクラウド事業「JEDI」の進行を一時停止する判決を下した。Amazon.comの申し立てを認めたもの。(2020/2/14)

Amazon決算、AWS好調で予想を上回る増収増益 プライム会員が1億5000万人以上に
Amazonの10〜12月期決算は、売上高は21%増、純利益は8%増で予測を上回る増収増益だった。プライム会員数が1億5000万人を突破。AWSの売り上げも34%増と好調だった。(2020/1/31)

ベゾス氏iPhoneへの不正アクセス事件、サウジ皇太子が関与か 国連特別報告者
2018年にサウジアラビアのムハンマド皇太子のWhatsAppアカウントからジェフ・ベゾス氏に送信された動画ファイルに、監視用のスパイウェアが仕込まれていた。(2020/1/23)

Amazon決算は増収減益 AWSの伸びが鈍化
Amazonの7〜9月決算は、売上高は24%増だったが、純利益はプライム会員向け翌日配送のための投資がかさみ、26%減だった。AWSの売り上げは伸びているが、そのスピードは鈍化している。(2019/10/25)

これからのAIの話をしよう(データリテラシー編):
AIに従うことの危険性 「正しい意思決定」という幻想から抜け出すには?
ジェフ・ベゾス氏らと共に、米Amazon.comの基礎を作り上げたとされるデータサイエンティストのアンドレアス・ワイガンド氏。企業や個人がどのようにデータを向き合っていけばいいのか、話を聞いた。(2019/10/4)

これからのAIの話をしよう(データリテラシー編):
“Amazonで実験を続けた男”は好奇心の塊だった 元幹部が語る「データの価値」
ジェフ・ベゾス氏らと共に、米Amazon.comの基礎を作り上げたとされるデータサイエンティストのアンドレアス・ワイガンド氏。企業や個人がどのようにデータを向き合っていけばいいのか、話を聞いた。(2019/9/27)

Amazon、気候変動対策の一環で電動配送車10万台発注
Amazonが、パリ協定目標を10年前倒しで達成する「気候公約」への署名を発表し、その一環として電動配送車10万台を発注し、森林保護に1億ドル拠出する。(2019/9/21)

「Amazon's Choice」を付ける基準、米議員が開示求める 低品質な製品も対象に選出か
特定製品を推奨する理由を問う。(2019/8/16)

元日銀マン・鈴木卓実の「ガンダム経済学」:
ハロが誤作動したら? スペースコロニーの行政とは?――ガンダム世界の“社会問題”を分析
スペースコロニーなどガンダム世界のSFが現実味を帯びてきた。例えばハロが誤動作したら誰が責任を取る? 社会科学の見地からリアルに分析。(2019/7/30)

Amazon決算、増収増益だが予想は下回る クラウドと広告が好調
Amazonの4〜6月期決算は、売上高は20%増、純利益は4%増だった。世界での翌日配送プログラム拡大でコストがかさんだ。AWSの売り上げは順調に伸びている。(2019/7/26)

宇宙ビジネスの新潮流:
まるで“ガンダム”の世界 Amazon創業者ジェフ・ベゾスが抱く「宇宙文明」の野望
Amazon創業者ジェフ・ベゾス氏の宇宙ビジネスが加速。宇宙への人類進出を掲げスペースコロニーや月面基地も。その野望の行きつく先は?(2019/6/5)

ITはみ出しコラム:
1万円を切った画面付きスマートスピーカー「Echo Show 5」 どこに置いてどう使う?
ディスプレイ付きのスマートスピーカーが増えつつある中、Amazonから1万円を切る新モデル「Echo Show 5」が登場しました。既に持っている円形ディスプレイ付きモデル「Echo Spot」とかぶりそうですが、多分ポチると思います。(2019/6/2)

離婚で富豪になったマッケンジー・ベゾス氏、資産の半分以上を寄付する「Giving Pledge」に参加
Amazon.comのジェフ・ベゾスCEOと離婚し、約37億ドルを獲得したマッケンジー・ベゾス氏が、資産の半分以上を何らかの慈善事業に寄付する取り組み「Giving Pledge」への参加を表明した。元夫もTwitterでエールを送った。(2019/5/29)

ロケットだけではないSpaceTech:
宇宙飛行士のコストの8割は交通費 GITAIが開発する宇宙ロボットが必要な理由
官から民へ宇宙開発事業が動いていく中で、宇宙に関わるスタートアップが成果を出しつつある。宇宙ステーションなどでの作業や実験を、宇宙飛行士に代わって行うロボットを開発しているGITAIもその1社だ。(2019/5/17)

ジェフ・ベゾス氏、月着陸機「Blue Moon」を披露
ジェフ・ベゾス氏が設立した宇宙企業Blue Originが、月面着陸機「Blue Moon」を発表した。NASAによる「2024年までに米宇宙飛行士を月に送り込む」というミッションをサポートするとしている。(2019/5/10)

Amazon従業員4500人超、気候変動への真摯な取り組み求めベゾスCEOに公開書簡
Amazonの従業員がジェフ・ベゾスCEOと取締役会に対し、企業として地球温暖化対策に真摯に取り組むよう求める公開書簡を送った。書簡には4500人以上の従業員が実名で署名している。(2019/4/11)

世界を読み解くニュース・サロン:
Amazonベゾス不倫騒動と、サウジ記者殺害をつなげる「デジタル監視」の実態
米アマゾンのジェフ・ベゾスCEOの不倫疑惑が国際問題に発展しそうな気配が漂っている。個人的な情報が流出したことについて、ベゾス氏の捜査では「ある国」が関与した可能性を指摘。その背景には、サウジアラビア人記者殺害事件があって……。(2019/4/4)

ジェフ・ベゾス氏スキャンダル脅迫の陰にサウジ政府──調査したコンサルが結論を公表
Amazon.com創業者でWashington Postのオーナーでもあるジェフ・ベゾス氏をゴシップメディアが脅迫した件で、ベゾス氏のプライベート情報を入手したのはサウジ政府だと、ベゾス氏から調査依頼を受けた著名セキュリティコンサルのギャビン・デ・ベッカー氏が発表した。(2019/4/1)

宇宙ビジネスの新潮流:
トヨタとJAXAの宇宙探査、「月」を選んだ背景
JAXAとトヨタ自動車が国際宇宙探査ミッションでの協業の可能性を検討。2018年5月より共同検討してきた燃料電池技術を用いた月面での有人探査活動に必要なモビリティ「有人与圧ローバー」の検討を進めていくという。(2019/3/22)

世界を読み解くニュース・サロン:
アマゾンのベゾスCEO、不倫脅迫騒動があぶり出す「デジタル時代の危うさ」
米ネット通販大手アマゾンのジェフ・ベゾスCEOの離婚、不倫問題に関して、彼が米タブロイド紙から“脅迫”されたと主張し、騒動になっている。この問題から見えるのは、デジタル社会に生きる“危うさ”。それは私たちにとっても人ごとではない。(2019/2/14)

ジェフ・ベゾス氏、ゴシップメディアからの脅迫メールをMediumで公開「プライベート写真公開は嫌だが脅迫に屈するのも嫌だ」
Amazon.comのCEOでWashington Postのオーナーでもあるジェフ・ベゾス氏が、ゴシップメディア「National Enquirer」からの脅迫メールをMediumで公開した。ベゾス氏に、申し出を断れば恥ずかしい写真を公開すると脅すものだ。(2019/2/8)

Amazon.com、AIイベント「re:MARS」を6月にラスベガスで開催へ
Amazonが、Machine learning(機械学習)、Automation(自動化)、Robotics(ロボティクス)、Space(宇宙)をテーマにした一般参加可能なイベント「re:MARS」を6月4〜7日にラスベガスで開催する。(2019/1/18)

ジェフ・ベゾス氏の20億ドル慈善ファンド、まずは24のホームレス支援団体に約1億ドル提供
Amazon.comやBlue Originの創業者で実業家のジェフ・ベゾス氏が、9月に立ち上げた慈善ファンド「Bezos Day One Fund」の最初の出資先を発表した。24のホームレス支援団体に約1000万ドルを提供する。(2018/11/26)

Amazonの第2本社、ニューヨークとワシントン近郊の2カ所に決定
Amazon.comが昨年9月に計画を発表した第2本社の建設地はニューヨークのロングアイランドシティと首都近郊のバージニア州アーリントンの2カ所に決定した。(2018/11/14)

ジェフ・ベゾス氏、米長者番付でも首位に ビル・ゲイツ氏は2位
米経済誌のForbesが10月3日(現地時間)米長者番付を発表した。1位はAmazon.comのジェフ・ベゾスCEOで、首位を24年間維持していた米Microsoft共同創業者のビル・ゲイツ氏は2位になった。(2018/10/4)

Amazon.com、最低賃金を時給15ドルに引き上げ 「批評を受け」とベゾスCEO
“もうけすぎ”批判を受けている米Amazon.comが、米国での最低賃金を時給15ドルに引き上げると発表した。競合するWalmartやTargetは現在11ドル。「他社にも追随してほしい」とベゾスCEO。(2018/10/3)

ITはみ出しコラム:
Amazonが「音声アシスタント対応の電子レンジ」で生活家電に参入するワケ
米Amazon.comが大量の新製品を発表しました。日本でもスマートスピーカー「Amazon Echo」の新モデルが売られますが、印象深いのは初のオリジナル家電として、Alexa対応の電子レンジ「AmazonBasics Microwave」を発表したことです。(2018/9/23)

salesforce.com創業者のベニオフ氏夫妻、TIME誌を1億9000万ドルで買収へ
salesforce.comの創業者、マーク・ベニオフ氏が妻と共に個人として米ニュース雑誌Timeを1億9000万ドルで買収する。Washington Postを買収したジェフ・ベゾス氏と同様に、運営には関与しないとしている。(2018/9/17)

ジェフ・ベゾス氏、20億ドルの慈善ファンド立ち上げ 教育とホームレス支援
Amazon.comの創業者、ジェフ・ベゾス氏が妻のマッケンジーさんとともに20億ドル規模の慈善ファンド「Bezos Day One Fund」を立ち上げた。無料の幼稚園ネットワークを立ち上げる他、ホームレス支援にも取り組む。(2018/9/14)

Amazon決算、純利益は過去最高、AWSの売上高49%増と好調
Amazon.comの4〜6月期決算は、売上高は39%増の529億ドル、純利益はアナリスト予測を上回る約13倍の25億ドルだった。北米およびAWSが特に好調だった。(2018/7/27)

鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:
Microsoftとタッグを組んだWalmart 対Amazonで譲れるものと譲れないもの
米小売最大手のWalmartが米Microsoftと5年間の戦略的提携を結んだ。Microsoftのクラウド、AI、IoTサービスを全社で採用し、小売り分野でのデジタルイノベーションを加速するという。その背景にはもちろん米Amazon.comへの対抗があるわけだが、テクノロジーの全てをMicrosoftに委ねるわけではないようだ。(2018/7/19)

宇宙ビジネスの新潮流:
NASAと協業するベンチャーも オーストラリアの宇宙産業の現在地
南半球のオーストラリアで初めて宇宙機関が発足した。同機関の活動や国際協力のために今後4年間で約4100万オーストラリアドルの予算が計上されたのである。今回はオーストラリアの宇宙産業の今を紹介する。(2018/7/7)

Mostly Harmless:
Amazonに見るデジタルトランスフォーメーションの神髄
デジタルトランスフォーメーション(DX)は、これまでの仕事のやり方をいったん破壊して、「IT/デジタル技術が存在しているという前提で新たに構築し直す」ということ。それを体現し、成功したのがAmazonなのではないでしょうか。(2018/6/25)

ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術:
宇宙という新しい「市場」にチャレンジする時代が、ついに来た
宇宙開発というと国や政府が中心にやっていることだという認識があるが、民間による「商業の宇宙開発」は、この10年あまりで一気に加速している。(2018/6/21)

宇宙ビジネスの新潮流:
ジェフ・ベゾスはなぜ月を目指すのか?
ロケット開発を進める米Blue Originの創業者、ジェフ・ベゾス氏は、「人類は月に戻るべきだ。そして今回は滞在しなければならない」として、月に人類の恒久的拠点を築くことを目指している。(2018/6/18)

ITはみ出しコラム:
AmazonではAIが社員の仕事を着々と奪っている?
膨大なユーザー数のデータを持ち、強力なクラウドサービスも持つ米Amazon。当然ながら社内でもAI活用は進んでいますが、そのせいで居心地が悪くなっている社員もいるようです。(2018/6/17)

Amazon.com、純利益2倍以上と絶好調
Amazon.comの1〜3月期決算は、純利益が前年同期比120%(2倍以上)と好調だった。AWSと北米での売り上げ増が奏功した。(2018/4/27)



にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。