ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「学習塾」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

質問!予備校・塾・家庭教師→ITmediaのQ&Aサイト「質問!ITmedia」で予備校・塾・家庭教師関連の質問をチェック

杉山淳一の「週刊鉄道経済」:
鉄道業界で大流行の「SDGs」 背景に見える、エコテロリズムへの危機感
東急で環境保護などをうたったラッピング車両「SDGsトレイン」が走り始めた。こういった取り組みが鉄道業界でも浸透し始めている。環境に配慮した車両は以前から開発されてきたが、あらためてSDGsを発信する背景には、環境保護を訴える若者などへのメッセージの意図がある。(2020/10/2)

「訴えてやる!」の前に読む IT訴訟 徹底解説(80):
代金を支払わないからシステムを引き上げるなんて、どういう了見だ!
社長が取ってきた開発案件。新規顧客だけど、社長の知り合いだから安心していいですよね――?(2020/9/28)

塾で進むオンライン授業導入 バックオフィスも重要に
新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐためにとられた休校などの措置を受けて、オンライン授業の導入が進んでいる。(2020/9/18)

意味がわかると怖い話:「異形の寺」
不思議な誘い。(2020/8/23)

AIベンチャーのプリファード プログラミング教育事業に参入
学習塾運営のやる気スイッチグループと提携し、独自開発のカリキュラムを小学生向けに提供する。(2020/7/7)

シスコが中小企業向けサービスを拡大 新ブランド「Cisco Designed」の狙いとは?
シスコが新たな中小企業向けブランドを発表した。従来国内のみで展開していた中小向けブランドを拡充し、グローバルで展開する。テレワークやオンライン会議などのたニーズに加え、セキュリティやネットワークなども含む提供内容と、その狙いとは。(2020/7/1)

PR:アフターコロナを見据えた、変化に対応できる組織づくり 重要なのが「デバイス管理」
(2020/6/17)

コロナ禍とCX:
東京個別指導学院が挑むコンタクトセンターのリモート化 顧客体験と「3密」回避は両立可能か
コロナ禍においてその在り方が問われているコンタクトセンター。「3密」を乗り越えつつ滞りない顧客対応を実現するためにできることは何か。個別指導塾のパイオニアである東京個別指導学院の実践例を紹介する。(2020/6/18)

「わたしたち、実はいないんです」 AIが生成した架空人物モデルの画像販売「INAI MODEL」が登場
生きているような髪型や表情。(2020/6/9)

新型コロナ経済対策〜消費減税がいちばん効果的である理由
経済回復を考えたら、お金を使った人が恩恵を受ける政策の方が需要喚起の効果は高い。(2020/5/26)

高3全国模試、オンライン化へ 駿台とAI教材開発社が夏に実施 結果は試験終了直後に
駿河台学園とatama plusは、大学入学共通テストの対策模試をオンライン開催すると発表した。期間中はPCを通して好きな日に好きな場所で模試が受けられる。結果は試験終了直後に通知する。(2020/5/12)

ニーズ急増のリモート塾、学びを止めない工夫とは? カギはAIと人の役割分担
外出自粛が続く中、塾業界にも大きな変化が現れている。これまで対面で行っていた授業をオンライン化する塾も増えているが、実際の現場はどうなっているのか。学習塾にAIを活用した教材を提供するベンチャー企業atama plusの稲田代表取締役が語った。(2020/5/5)

本当に効率を上げるためのSaaS:
日本の生産性を押し下げる「経費精算」が無くならない根本理由
多くの会社員にとって、最も身近な事務処理、経費精算。しかし社員、経理担当者の双方にとって経費精算処理の難しさは、領収書などの原本回収が必須になることだ。電子帳簿保存法の改正はあったが、現時点でも導入企業はたったの2000社弱。中小企業にとってはむしろ導入コストや運用コストが増えるだけで、ほとんどメリットがないのが電子帳簿保存法だ。(2020/4/22)

自宅待機時の教育やテレワークの支援
新型コロナウイルス対策中の学校を支える製品・サービスリンク集
政府は新型コロナウイルス感染の拡大防止のため、全国の小中高校に対して臨時休校措置を取るよう要請した。こうした中、さまざまなベンダーが教育機関の支援策を打ち出している。主要な支援策を紹介する。(2020/4/24)

休校中でも関係ねえ! 小島よしお、小学生に算数を教える“海パン授業”が話題に「こんな先生がいたらなぁ」
海パン先生。(2020/4/14)

KDDIとメイツが提携 家庭学習支援サービスを提供へ
KDDIとメイツは、4月13日に家庭学習支援サービス提供に向けたパートナーシップ構築を発表。学習塾や中学・高校などの教育機関を対象に2020年夏の提供を予定していたが、一部前倒しで開始する。(2020/4/13)

「のぞき劇場」「ヌードスタジオ」って? 東京都の休業要請対象になった施設に「初めて聞いた」の声
法律に書いてあった。(2020/4/10)

東京都、遊興施設などへの休止要請 休業要請に協力の中小事業者に50万円
(2020/4/10)

管理職の課題:
ジャニー喜多川は偉大な「2軍の監督」だった 部下の個性伸ばす「ジャニーズ式教育法」とは?
会社の部下をいかに成長させるか――。そんな悩みを抱えている管理職も多いだろう。どのように部下が自らの長所や課題を見つけ、伸ばすことをサポートできるか。多くの優秀な人材を生み出してきたジャニーズ事務所の創始者、ジャニー喜多川氏の教育方法からヒントを探る。(2020/3/10)

LINE、学習動画や問題集を無償提供 新型コロナの臨時休校受け 学研などと連携
LINEが、メッセージアプリ「LINE」で中高生向けに5教科(国語・数学・英語・理科・社会)の学習動画や問題集の無償提供を始めた。提供期間は「新型コロナウイルスによる影響が終息するまで」としている。(2020/3/3)

【まとめ】各社の新型コロナ関連支援サービスまとめ 漫画読み放題、学習支援、給食代替など
新しい情報は随時追記していく予定です。【3月14日13時00分更新】(2020/3/18)

Z会グループのオンライン学習塾「アオイゼミ」、中高生向けの授業動画を無料公開 新型コロナ感染拡大を受け
オンライン学習塾「アオイゼミ」が中高生向け授業動画を3月31日まで無料公開。新型コロナ感染拡大で臨時休校する学校などが出ていることを受け、4000本以上の動画を提供する。(2020/2/28)

なぜ日本は偏差値が嫌いなのに使い続けるのか 考案した元・中学教員が語った“生徒のために作った偏差値が悪者になるまで”
もともとは“教員の勘”で行われていた合否判定を、合理的に行うために生まれた数式。(2020/3/4)

「子ども1人にPC1台」の狙い 文科省が“標準スペックPC”でさせたいこと
文部科学省が進めているGIGAスクール構想では、小中学生1人につきPC1台を用意する方針を打ち出している。文部科学省は学習用個人PCで子どもたちに何をさせたいのか、具体的な活用例を聞いた。(2020/2/10)

IBM調査から読み解く「データ活用戦略の一般原理」(前編):
DX後進国・日本、価値創出事例から「アウトカム型のビジネスモデル」を考える
「IBM グローバル経営層スタディ日本版」が発表された。世界と日本の経営層のデータ活用に対する意識の違いが明らかになった。そもそも「どのようなデータを収集すべきか」が定まっていない企業が多いのはなぜか。(2020/2/4)

学習しているのは1割未満:
「子どもにプログラミングを学習させたい」は4割以上、NECPCが調査
NECパーソナルコンピュータは、子どものプログラミング学習とPCの使用実態に関する調査の結果を発表した。子どもにプログラミングを学習させたいとする割合は4割以上、実際に学習している割合は1.9%だった。(2020/1/22)

「ゲームはいい教材なのよ!」 ゲームばかりの息子に塾の先生がかけた言葉に「良い先生」「読解力もついたりする」の声
ゲームはわからない漢字を教えてくれる。(2020/1/16)

これからのAIの話をしよう(教育編):
「日本の英語学習は非効率」 アイスランド人が日本向け英語学習システムを作ったワケ
「TOEIC」に特化した英語学習システム「cooori」では、AIを活用した学習のパーソナライズを行っている。アイスランド出身のAI研究者は、なぜ日本人向けの語学学習システムを開発したのか。創業者のアルナ・イェンソンCTOに聞いた。(2019/12/24)

KAMIYAMA Report:
先進各国の財政・金融政策への期待
政府は、大型の経済対策(事業規模26兆円程度、財政支出13.2兆円程度)を閣議決定した。景気の下振れリスクに先手を打ち、成長分野への投資や自然災害への対応などを柱とし、関連費用は19年度補正予算と20年度当初予算に分けて計上されるという。予算案が実現する可能性は高そうだ。(2019/12/18)

「ぐるぐる」「ぱたぱた」、ロボットで表現 ソニーと早稲アカ、創造力養うプログラミング教室
ソニー・グローバルエデュケーションが、早稲田アカデミーと業務を提携。ロボットプログラミングの学習キット「KOOV」(クーブ)を活用したプログラミング教室「CREATIVE GARDEN」を2020年2月に開講する。(2019/11/7)

江端さんのDIY奮闘記 介護地獄に安らぎを与える“自力救済的IT”の作り方(2):
それでも介護ITを回してみせる 〜国内ユーザー5人の見守りシステムができるまで
「おばあちゃんが動かない……」。深夜に嫁さんからかかってきた1本の電話で、私は「Raspberry Pi」(ラズパイ)を使った“壮大な見守りシステム”をDIYで構築することになります。今回は、そのドタバタ劇の詳細と、「どうせなら介護を楽しんでやれ」という私の思いの丈をぶつけたいと思います。(2019/10/31)

関西初のSST、2022年に街びらき:
パナソニックが吹田市に“再エネ100タウン”、ALSOKや竹中工務店ら14社と超高齢社会の課題解決
パナソニックは、吹田市の同社工場跡地を活用して、スマートタウン「Suita SST(サスティナブル・スマートタウン)」を2022年に開業する。街のコンセプトには、日本の超高齢社会が抱える3つの課題を解消する「多世代居住」「健康」「地域共生」のキーワードを据え、これらを実現するパートナー企業14社の新たなサービスを実証する。例えば関西電力とは、消費電力を再エネ100%で賄う「再エネ100タウン」、ALSOKとは画像検知やロボティクスによるセキュリティ、竹中工務店とは住めば健康になれる街を実現する建築デザインコードの開発などに取り組む。(2019/9/27)

「とにかくうたい文句と違う」 給与未払いの白鳥エステ、エステスクールでも問題が起きていた
白鳥エステことHSbodydesignの問題点は、従業員の待遇だけではありませんでした。(2019/8/16)

「誰もが知っているこわい話」の共通点とは? “こわい話”を解剖する
こわい話を解剖すると、もっとこわいものが出てくるかも。(2019/8/11)

「家庭教師のトライ」が学力診断にAI活用 20問解くだけで弱点を推定 生徒と講師の負担減らす
トライグループは、AI開発を手掛けるギリアと共同で、生徒の学力を1科目につき10分で正確に測定できるアプリを開発したと発表。短時間で生徒の学習状況が把握できるため、指導者は個人にあったオーダーメイドの教育プランを素早く作成できる。(2019/8/6)

地理と時間の制約を越えて成長する組織とは
どこにいてもどこからでも成長できる――東京海上日動 山陰支店長の人材育成術
管轄2県の従業員と代理店全員が高いレベルで商品知識と販売ノウハウを獲得するには? 移動に疲弊せずに業務をこなすには? 支店長が着手したのは働き方改革と情報共有の効率化、人材育成の3つを一度に変える施策だ。詳細を取材した。(2019/7/26)

28業種を対象に調査:
経済産業省が「平成30年特定サービス産業実態調査」の速報発表 従業者数と年間売上高、正社員比率ともにソフトウェア業がトップ
経済産業省が発表した「平成30年特定サービス産業実態調査」の速報結果によると、ソフトウェア業が、従業者数と年間売上高、正社員比率のいずれも最も高かった。パートやアルバイトの比率が高い業種は、映画館や学習塾、遊園地・テーマパークだった。(2019/6/21)

ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術:
どんな時代でも変わらない「働く」ことについての大切なこと
これからはキャリアは短いけれど、長い期間働くことを意識しなければならないだろう。そのためにはどのような心掛けが必要だろうか。(2019/6/13)

中高生の9割以上が勉強にスマホを活用 約7割が「勉強はかどる」
MMD研究所は、5月15日に「2019年5月 中高生の勉強時におけるスマートフォン利用実態調査」の結果を発表。中学生の91.4%、高校生の94.5%が勉強にスマホを活用し、中高生の約7割が「スマホで勉強がはかどるようになった」と回答。(2019/5/15)

なぜ米国には学習塾が少ないのか? 詰め込み型の勉強は役に立たない、アメリカの入試制度
総合的に学生の能力を見極めるシステム。(2019/5/8)

「元号に選ばれなかった候補たちが令和に復讐するアニメ」 12時間かけて作ったシュールすぎる動画がTwitterに投稿される
なぜか迫力の映像。(2019/5/7)

モツレバ煮込みとオムライス、牛皿、チャーハン、おでん、ラーメン、あとビール:
10連休に一気読みしたい、エンジニア小説14選
エンジニアは小説がお好き。読むのも、書くのも、主人公になるのも。(2019/4/26)

「尊い」とは「見えざる関係性」のこと――『どうして私が美術科に!?』×『ステラのまほう』作者が語る、“尊さビリティ”の正体
どうびじゅはいいぞ。(2019/4/25)

賛否両論:
スマホは子どもの精神と脳の脅威、ならばどうする?
利便性と時代の流れを理由に学校へのスマホ持ち込みを安易に解禁することは、日本の子どもたちの精神の健康と脳発達にとって大きな脅威となる。徹底的にその害毒を教え込むことができるか、さもなくば禁止のままのほうがずっとマシだ。(2019/4/15)

ビッグデータで消費者ニーズを特定
「Yahoo! JAPAN」のユーザー行動履歴を分析できるサービス登場 市場調査の手間を不要に
ヤフーが新しいデータ分析サービスを発表した。「Yahoo!ショッピング」や「Yahoo!ニュース」「Yahoo!検索」など、同社サービスのユーザーの利用データを基に、消費者の関心を可視化できる。(2019/2/26)

特集:小学生の「プログラミング教育」その前に(10):
小学校2校と中学校1校しかない青森県鰺ヶ沢町でプログラミング教育を浸透させる――みんなのコードと経産省は地方の教育のICT化をどうサポートするのか
みんなのコードは日本国内でのテクノロジー教育への関心を高める啓蒙活動を実施し、その一環として「パートナー企業 CSR取り組み報告会」を開催した。本稿では青森県 鰺ヶ沢町教育委員会 ICT教育推進アドバイザー 相馬祐輔氏の取り組み、経産省による教育分野への取り組みを中心にお伝えする。(2019/2/28)

没入感が違う:
「こんな接客は嫌だ」をリアルに体感 そごう・西武がVRのマナー教材を開発したワケ
そごう・西武が社員研修事業に進出する。VRを使って“最悪の接客”と“適切な接客”を体験できるコンテンツを開発した。新規事業立ち上げの苦労とは?(2019/1/21)

設備やノウハウ不足をどう扱う?
プログラミング教育に不安を抱く先生を救う、専門教材に込められた秘策とは
小学生を対象としたプログラミング教育が注目を集めている一方、教える側の設備やノウハウの不足といった課題がある。この課題を解消すべく、教育関連企業はさまざまな工夫を凝らしている。(2019/1/21)

中小企業の淘汰が進む恐れも:
学習塾の倒産、18年は過去最多 少子化・人手不足で悪循環 「バイト学生の卒業」が追い打ち
2018年に発生した学習塾の倒産は、過去最多の35件だった。その他の業態でも倒産が多発しており、18年に発生した教育関連事業者の倒産はリーマンショック後の09年に次いで多い計91件だった。調査を担った帝国データバンクの担当者に、塾の倒産が続いている要因を聞いた。(2019/1/9)

「訴えてやる!」の前に読む IT訴訟 徹底解説(61):
俺、コンサルタント。準委任だから品質には責任持ちません
コンサルティング会社が作った要件にヌケ漏れがあった。責任を取るのは、開発会社か、コンサルティング会社か、それともユーザー企業か?――IT訴訟事例を例にとり、システム開発にまつわるトラブルの予防と対策法を解説する人気連載。今回のテーマは「コンサルティングの義務」だ。(2019/1/7)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。