ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「河野太郎」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「河野太郎」に関する情報が集まったページです。

YouTubeの経済効果は2390億円――英コンサル会社が日本向けのレポート公開
YouTubeの日本国内での経済効果は2390億円とする調査結果を、同社が自社の公式ブログで発表した。調査では、YouTubeが2020年度に7万5970人の雇用を創出しているとの試算結果も明らかになった。(2021/11/11)

首相、Twitter発信でフォロワー急増 SNSには炎上の危険も
岸田文雄首相が、SNSを活用した発信を強化している。8月までは数万だったTwitterのフォロワー数は9月の自民党総裁選を通じて急増。徐々にSNSでの存在感を高めている。(2021/10/26)

古田拓也「今更聞けないお金とビジネス」:
立民「年収1000万円以下所得税ゼロ」 1番トクするのは高収入の独身ビジネスマン?
衆院選マニフェストの中でも目を引くのが、立憲民主党の掲げる「年収1000万円未満世帯の所得税免除措置」だ。立憲民主党の枝野代表は「経済を良くするには、分厚い中間層を取り戻し、あすの不安を小さくすることが大事」と発言しており、実現すれば家計の負担が減少すると巷でも歓迎する意見も散見される。(2021/10/1)

明日から使えるITトリビア:
自民総裁選の開票結果が「IPアドレスっぽい」と話題
自由民主党が9月29日に実施した、「自民党総裁選2021」。新総裁は岸田文雄氏に決定した一方で、ネットでは開票結果の表が「IPアドレスっぽい」と話題になっている。(2021/9/29)

スピン経済の歩き方:
日本端子に学ぶ、中国進出企業はネットで叩かれないため何をすべきか
「日本端子」が叩かれている。同社はコネクタや圧着端子の製造販売をしていて、河野太郎氏が株を保有し、弟・二郎氏が社長を務めている。そのため、ネット上では批判が殺到していて……。(2021/9/28)

河野氏、「デジタル遷都」実現に意欲
河野太郎ワクチン担当相の16日夜のインターネット番組で、行政機能をデジタル空間に移し、地方にいながらテレワークを通じて勤務を可能にする「デジタル遷都」構想を目指す考えを示した。「好きなところで仕事ができるのは夢物語と思っているかもしれないが、現実にしたい」と語った。(2021/9/17)

岸田氏、インスタライブに挑戦 河野氏を意識
自民党総裁選(17日告示、29日投開票)への立候補を表明している岸田文雄前政調会長が、Instagramのライブ配信に初挑戦した。視聴者からの私的な質問に答え、若年層に浸透するのが狙い。同日に出馬を表明した河野太郎ワクチン担当相はTwitterを駆使し、人気を高めていることもあり、今後も会員制交流サイト(SNS)を積極的に活用していく考えだ。(2021/9/13)

河野氏、首相になってもTwitter「ブロック」
自民党総裁選(17日告示、29日投開票)に出馬表明した河野太郎ワクチン担当相は、首相になってもTwitterで自身に批判的なコメントを寄せるアカウントは投稿を閲覧できないように「ブロック」する意向を示した。「Twitterにブロックという機能がついている以上、利用は否定されるべきではない」と述べた。(2021/9/13)

菅首相、出馬断念で混迷する総裁選――通信業界に影響を与える次期総裁は誰か
菅義偉内閣総理大臣が、9月に行われる自民党総裁選挙への出馬を見送ることになった。これは事実上の退陣表明であり、次期総裁、つまり次期内閣総理大臣の人選に注目が集まっている。通信業界にとって、誰が首相になるのがいいのだろうか。(2021/9/10)

【新連載】走るガジェット「Tesla」に乗ってます:
iPhoneにタイヤをつけたような「Tesla Model 3」を買ってしまった “人生最後のクルマ”になぜ選んだか
クルマでありながらデジタルガジェットとしての評価も高い、Tesla車を手に入れた山崎潤一郎さんによる新連載です。(2021/9/8)

「国会の質疑オンライン化して」大臣や議員から要望続く 平井・河野両大臣が意欲
国会質疑についてオンライン化を求める声が複数の現役閣僚から出ている。河野太郎行政・規制改革担当相は「国会が許可してくれるなら、オンラインで答弁したい」と意欲を見せた他、平井卓也デジタル改革担当相も「コロナ対策では必要なことではないか」とした。(2021/8/23)

世界を読み解くニュース・サロン:
政府が送った高級ウイスキーはどこに? 企業も“わいろ”を渡すのは止めよう
日本政府が米国のポンペオ前国務長官に贈った高級ウイスキーの所在が分からなくなった――。どこにいったのかという問題よりも、そもそも贈り物をする必要はあるのだろうか。コンプライスが重視されている昨今、こうした行為は「わいろ」と受け取られて……。(2021/8/19)

スピン経済の歩き方:
「できない理由ばかり探す人」が、会社で量産されるワケ
会社の組織で「できない理由」ばかり語る人がいる。なぜ、彼/彼女らはできない理由ばかり述べるのか。その背景にあるのは……。(2021/8/17)

若者向けのワクチン情報動画、YouTubeで1億回以上再生 「人気YouTuberの協力が重要」──同社CEOと河野大臣が対談
新型コロナのワクチンについて正確な情報を若者に届ける上で、人気YouTuberとのコラボレーションが重要とする見解を、河野太郎大臣が明かした。YouTubeによれば、ワクチンについて質の高い情報を発信する動画の累計再生回数は1億回を超えるという。(2021/8/12)

意外に現役? 家庭のFAX 普及率3割、TVゲーム機より上 最近買った人の理由は……
FAXの世帯普及率は3割もあり、意外と(?)現役のマシンだ。ただ世代差は大きく、20代世帯はわずか1.9%、50代以上は5割。「必要に迫られて、最近になって買った」という人にも話を聞いた。(2021/8/11)

コロナワクチン接種、自治体の8割が11月までに完了か JX通信社調べ
報道ベンチャーのJX通信社が新型コロナワクチンの接種を希望する住民への接種について、11月までに完了すると回答した自治体が約8割に上ったとする調査結果を発表した。(2021/7/27)

河合薫の「社会を蝕む“ジジイの壁”」:
日本という組織、「無責任なトップ」のツケは誰に?
東京五輪が始まる。しかし、最初から開催直前まで問題だらけ。誰が責任者かも分からないような事態が続いている。日本という組織の問題点とは。そして、「無責任なトップ」のツケは誰に回ってくるのか──?(2021/7/23)

7月20日から:
1本のハンコで描く新感覚「ハンコアート」キット発売 夏休みの自由研究需要を狙う
ハンコメーカーが誰でもハンコアートが楽しめるキットの販売を開始した。人気アニメや動物イラストを用いたメハンコを販売しており、累計販売本数は12万本以上に上るという。そんな同社が発売するハンコアートとは?(2021/7/20)

ネット上の“ワクチンデマ”、「ファクトチェック記事」「大臣のツイート」の打ち消し効果は? 専門家が調査
新型コロナウイルスワクチンのデマが広がる中、国や一部のメディアはファクトチェック記事を発信したり、大臣がSNSを活用したりして、誤った情報の打ち消しに取り組んでいる。これらの施策は本当にデマの打ち消しに効果があるのか、専門家が調査結果を明らかにした。(2021/7/19)

小寺信良のIT大作戦:
“FAX全廃議論”で再考する、ITリテラシーと信頼関係の問題
コロナ禍でテレワークを経験してからの世代に求められているITスキルと、それにまつわる問題を考えた。(2021/7/14)

河野太郎大臣、ブログで「ワクチンデマ」に反論 「実験用のネズミが2年で死亡」「不妊になる」などきっぱり否定
「デマを流す目的」に納得。(2021/6/24)

霞が関で6月末にFAXを原則廃止、電子メールに切り替え 各省庁からの意見も募集
河野太郎行政・規制改革担当相は霞が関でのFAXの使用を原則廃止し、電子メールに切り替える方針を明らかにした。各省庁に文書で通知するとともに16日まで意見を募集する。河野大臣は「テレワークできない理由の一つにFAXがあるため」と説明している。(2021/6/16)

NEC、本社など4カ所で社員1万人にワクチン優先接種へ 政府の“職域接種”に協力
NECはグループ社員や協力会社の一部の社員、計1万人を対象に新型コロナワクチンを優先的に接種すると発表した。本社(東京都港区)や関西支社(大阪市中央区)、玉川事業場(神奈川県川崎市)、府中事業場(東京都府中市)の会議室などで、常駐する産業医や看護師が社員に接種する。(2021/6/4)

「前例がない」をやらない理由に:
真っ先に変えるべきは日本人の「思考」 オードリー・タンが貫く「透明性」と「多様性」
新型コロナの封じ込め戦略など、台湾の存在感が抜きん出ている。その中心人物として活躍しているのが、デジタル担当政務委員大臣のオードリー・タン氏だ。コロナ禍を通じて、日本が台湾に学ぶべきことは何か。(2021/5/31)

TwitterやYouTubeの投げ銭機能、税金はどう処理する? 税理士YouTuberに聞く
YouTubeやTwitterの投げ銭機能に注目が集まる中、その収益をどう処理するべきなのか。税理士YouTuberとして活動する大河内薫さんに話を聞いた。(2021/5/17)

霞が関でFAX廃止へ 河野大臣「テレワークの阻害要因」
河野太郎行政・規制改革担当相が「テレワークの阻害要因の一つ」として将来的に霞が関からFAXを廃止し、電子メールに切り替える方針を明らかにした。段階的に廃止し、最終的に中央省庁での全廃を目指す。(2021/4/14)

政府の「ワクチン接種記録システム」、ITベンチャーのミラボが3.85億円で受注 4月本格稼働へ マイナンバーとひもづけ
政府が新型コロナワクチンの接種記録とマイナンバーをひもづける「ワクチン接種記録システム」の開発をスタートアップのミラボ(東京都千代田区)に発注すると発表。発注額は約3億8500万円。(2021/2/19)

20代総合職の3割が「過労死ライン」超え:
「テレワーク7割」どころか、紙業務・サービス残業が横行の霞が関官僚 「与野党合意」で民間企業の模範となれるか?
政府が要請する「テレワーク7割」だが、そもそも霞が関で働く官僚が達成できていない。それどころか、民間企業未満の過酷な働き方が昨今明らかになっている。その元凶ともいえる国会対応を巡る与野党合意で、民間企業の模範へと変わっていけるのだろうか。(2021/2/10)

専門家のイロメガネ:
コロナワクチン、有効率90%超えの真の意味
コロナ禍が続く状況で期待されているワクチンだが、不安と期待が入り混じった状態で正確な情報を得られず困っている人も多いだろう。医薬品の開発業界で長く働く薬剤師の立場から、有効率90%のワクチンが本当に救世主になるのか、改めて考えてみたい。(2021/2/9)

コロナワクチンの接種状況、マイナンバーとひも付け 国が新システムを構築へ
河野太郎行政・規制改革担当相が、新型コロナワクチンの接種状況を把握するため、マイナンバーとひも付けるシステムの構築に乗り出す方針を明らかにした。システムの構築費用や情報の入力に伴う人件費などは全て国が負担する。(2021/1/26)

首相官邸の公式ページにコロナワクチンの特設サイト Twitterの公式アカウントも開設
政府が首相官邸の公式ページにコロナワクチンの情報をまとめた特設ページを開設。Twitterにも公式アカウントを開設し、国民へのワクチンに関する情報発信を強化する。(2021/1/22)

河合薫の「社会を蝕む“ジジイの壁”」:
なぜ「嘘ついて出社」? 数字に縛られる管理職を変える“リモート時代のマネジメント”
「上司が有給休暇を取得して出勤している」という、霞が関で働く人の発信が話題になった。河野大臣は罰則に言及したが、正論だけで人は動かない。今は“リモート仕様のマネジメント”教育が不可欠。社員の自律性を高め、つながりを強めるマネジメントのための投資が必要だ。(2021/1/22)

コロナワクチン接種、マイナンバーで管理 平井大臣が提案 「今回使わなくて、いつ使うのか」
平井卓也デジタル改革担当相が会見で、新型コロナウイルスのワクチンを接種した国民の情報管理にマイナンバーを活用すべきと主張した。(2021/1/19)

河野大臣、テレワークの虚偽報告に「処分の対象となり得る」と警告 霞が関の出勤抑制巡り
河野太郎行政・規制改革担当相が記者会見で、テレワークの虚偽報告に対して処分する方針を明らかにした。(2021/1/13)

金融庁が抱える課題とは:
金融庁、DX人材を公募 「人間の力だけでは不正を見抜けない、金融庁も高度化する」
「金融DX」の推進を掲げている金融庁だが、金融庁がつかさどる行政手続きのうち、オンラインで対応可能な手続き種類は8.8%にとどまっている。金融機関との行政手続きの完全電子化を推進するため、DXに取り組む専門人材の公募を実施する。金融庁が抱える課題と、どのようにDXを進めていこうとしているのかについて、金融庁総合政策局の稲田拓司氏に伺った。(2021/1/14)

河野大臣、議員宿舎からZoomで記者会見 報道陣に「記者の皆さんもオンラインで」と要望
河野太郎行政・規制改革担当相が議員宿舎からオンラインで行った記者会見で「記者の皆さんもできるだけオンラインでやってほしい」と報道陣に要望した。(2021/1/8)

ソーラーシェアリング入門(40):
激動の年となった2020年、ソーラーシェアリング市場に起こった変化とは
ソーラーシェアリング(営農型太陽光発電)について解説する本連載。今回は世界的に激動の年となった2020年に、ソーラーシェアリングを取り巻く状況がどのように変化をしてきたのかを振り返ります。(2020/12/28)

印鑑にデバイス装着、押印をブロックチェーンに記録 “次世代ハンコ”は紙とデジタルの橋渡し役になるか
印鑑とブロックチェーンを組み合わせた押印記録システム「Iohan」が登場。実印に専用デバイスを装着し、USBケーブルでスマホに接続すると、押印時の情報をブロックチェーンに記録する。開発元のCryptoPieに詳しい仕組みと展望を聞いた。(2020/12/28)

マスクド・アナライズのAIベンチャー場外乱闘!:
AIブームは完全終了? コロナ対策でDXは躍進 2020年のAI業界を振り返る
新型コロナで揺れた2020年。年明けこそ世の中は平穏でAIには注目も集まっていましたが、コロナ禍になってからはDXが表舞台に躍進し、AIは影を潜めるように。今年のAI業界をマスクド・アナライズさんが振り返ります。(2020/12/17)

届け、2万7000筆の思い 「霞が関は残業の震源地」──国家公務員の働き方改革に向け有識者が河野大臣に署名を提出
中央省庁の働き方の改善を求める有識者団体「深夜閉庁を求める国民の会」が河野太郎行政・規制改革担当相にネットで集まった署名とともに「各省庁を午後10時から翌朝5時までは完全閉庁」とする提言書を提出した。(2020/12/4)

新連載・リモートワークを止めないSaaS:
“脱ハンコ”電子契約の基本的な使い方 クラウドサインとDocusignの長所と短所
脱ハンコの動きの中で、受け皿として注目されているのが電子契約システムだ。電子署名には“2つの方法”があること、クラウドサインとDocusignの機能などについて解説する。(2020/12/3)

「中央省庁のデータ表記を統一」河野大臣のツイートが話題 データ活用の促進や職員の負担軽減に
河野太郎行政・規制改革担当相が自身の公式Twitterアカウントに投稿した「各省庁がネット上で公開するデータの表記方法を統一する」というツイートが注目を集めている。総務省はデータ利活用の利便性向上や職員の負担軽減なども目指す。(2020/11/30)

「縦割り110番」、受け付けの一時停止を検討 要望6000件超え 河野氏「霞が関の処理に限界」
河野太郎行政・規制改革担当相が役所の規制について国民から意見や提案を募るWebサイト「規制改革・行政改革ホットライン」(縦割り110番)について、受け付けの一時停止を検討していると明らかにした。6000件以上の意見が寄せられたため。(2020/11/18)

霞が関でパスワード付きzipファイルを廃止へ 平井デジタル相
平井卓也デジタル改革担当相が中央省庁の職員が文書データの送信で使用するパスワード付きzipファイルを廃止する方針であると明らかにした。「デジタル改革アイデアボックス」の意見を採用した。(2020/11/17)

道路使用許可がメールで申請可能に 2021年から
河野太郎行政・規制改革担当相が警察の行政手続きのデジタル化について、2021年から道路使用許可など一部の手続きを対象にメールで申請を受け付ける方針を明らかにした。(2020/11/13)

行政手続きの「認め印」は全廃へ 1万5000種類中83種類の押印は存続 河野担当相
河野太郎行政・規制改革担当相が民間からの行政手続き約1万5000種類について、99%以上の手続きで押印を廃止できると明らかにした。(2020/11/13)

菅首相「行政への申請は押印を原則廃止」 所信表明演説で
菅義偉内閣総理大臣が初の所信表明演説の中で「行政への申請などにおける押印は原則全て廃止する」と発言した。(2020/10/26)

「国家公務員に働き方改革を」 ネットで署名運動始まる 発起人にヤフー川邊社長、サイボウズ青野社長ら
官公庁に「国家公務員の働き方改革」を要求する署名運動が「change.org」で開始。労働環境のコンサルティングを手掛けるワーク・ライフバランス社が主導する。趣旨に賛同したZホールディングスの川邊健太郎社長、サイボウズの青野慶久社長らが発起人になっている。(2020/10/21)

「行政手続きの99.247%で押印廃止」河野大臣が明らかに “霞ヶ関の慣行”も
河野太郎行革担当相は10月16日の会見で、約1万5千の行政手続きのうち、99.247%の手続きで押印を廃止できると明らかにした。(2020/10/16)

古田拓也「今更聞けないお金とビジネス」:
脱ハンコで止まらない政府の“DX”化、経済効果は年間何億円?
コロナ禍を機に民間企業でトレンドワード化した「DX」(デジタルトランスフォーメーション)。旧来の慣行からデジタルへ移行する動きは、政府にも波及し始めている。「手続きの簡略化」という課題を「ハンコ」というキャッチーな用語に置き換えて表明した。(2020/10/16)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。