ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「河野太郎」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「河野太郎」に関する情報が集まったページです。

河野防衛相のエゴサから逃れるチャレンジがTwitterで流行 「河野太郎」を画像や暗号で表してもなぜか捕捉されてしまう
どうやって探してるんだ……。(2019/10/10)

パスポート、別名併記に英文説明 河野外相のTwitterきっかけ
外務省は、旧姓を併記したパスポートを取得した人が、海外渡航時に入国審査でトラブルに遭わないようにするための説明文を作成し、各都道府県のパスポートセンターで配布を始めた。(2019/9/11)

スピン経済の歩き方:
新しく就任した大臣が「失言」を繰り返す、3つの理由
内閣改造の風物詩ともいうべき、「大臣の首を取りましょうキャンペーン」が本格化している。それにしても、なぜ新たに就任した大臣は「失言」を繰り返すのか。筆者の窪田氏の分析によると……。(2018/10/9)

タッキーが日UAE親善大使に→ジャニーズ写真のネット掲載に驚く人続出 外務省「公務性があるため」
はいはい、かまいたちの夜……じゃない!? タッキーがネットに写っている!?(2017/9/1)

「Excel方眼紙=悪」なのか? 公開討論会9月に開催
「神Excel」などと呼ばれ、批判されることも多い「Excel方眼紙」。何が問題で、解決策はあるのか――専門家が意見をぶつけ合うイベント「Excel方眼紙公開討論会」が都内で開かれる。(2017/8/4)

AKB沖縄総選挙に「国費2800万円」 河野太郎議員がブログで問題視「戦略、目的などを詳しくチェックする」
「一発勝負でAKBの総選挙をやって、8000人を呼び込んで、それが次にどうつながるか、はっきりした見通しもない」など厳しく批判しました。(2017/7/8)

「科学技術振興予算は今後、増えない」と河野太郎議員 研究者に「現実直視を」
衆院議員の河野太郎氏が、「科学技術振興予算は今後、増えません」と断言。「予算をもっと増やしてほしい」との要望を受け、「現実を直視していただきたい」たしなめている。(2017/1/10)

ものになるモノ、ならないモノ(73):
「神エクセル」が役所ではびこる理由
「神エクセル」問題はなぜなくならないのか? 内閣官房・CIO補佐官に疑問をぶつけた。(2016/12/26)

「なぜアイウエオ順に改められないのか」 河野太郎議員による年金事務所の「イロハ順」問題提起に「こんなことになっていたのか」
イロハ順を使用している事務所の方が多いという事実。(2016/12/24)

河野太郎議員が大学研究費のローカルルールを公開 「100円の品を業者経由で500円で買わねばならない」など多数
不正防止のためとはいえ、過剰な手間とコストが……。(2016/12/12)

河野太郎議員、大学の研究費が運用しにくいとの意見に「ほぼローカルルール」と一刀両断 「いかにやめさせるか真剣な検討が必要」
ほかにも多岐に渡る問題をとりあげ、意見を求めている。(2016/11/18)

基礎研究費は削られているか? 河野太郎議員、大学の研究費に関する諸問題にブログで回答 研究者に意見求める
「基礎研究への研究費が削られている」といった指摘に対し、データを明示して説明した。(2016/11/10)

「大学の基礎研究費は増えている」 河野太郎氏がブログで解説 研究者から意見募集
「基礎研究への研究費が削られている」と言われるが、政府の統計によると、実際は増えているという。河野太郎氏が調査結果を公表し、研究者から意見を募っている。(2016/11/10)

データとして役立たない「神エクセル」問題に解決の兆し 河野太郎議員が文科省へ全廃を指示
見ばえを優先してエクセルをワープロのように使った結果、データの再利用が困難な形式になった書類は、一部で「神エクセル」と呼ばれ批判されていました。(2016/11/4)

1日で約3万円!? シン・ゴジラに登場するオペレーションルームのレンタル料金、爆安な理由と条件を聞いた
ちょっとオペレーションルーム借りてくる。(2016/8/2)

セキュリティ・アディッショナルタイム(4):
脅威情報の共有をめぐり激論? 沖縄で初の国際会議
2015年11月7日、8日の両日にわたって沖縄県名護市で開催された「Cyber3 Conference Okinawa 2015」には、複数の閣僚や企業トップが参加。「サイバーコネクション」「サイバーセキュリティ」「サイバークライム」という三つのトラックに分かれ、議論を交わした。(2015/11/20)

電子書籍新刊情報
BookLive!の新刊電子書籍情報をリストでお届け。あなたが読みたかった作品も電子書籍で購入できるようになっているかも。(2013/7/3)

政治家のソーシャルメディアでの影響力、トップは橋下市長……野田総理は?
アジャイルメディア・ネットワークは独自調査をもとにした、政治家のソーシャルメディアでの影響力ランキングを発表。トップは大阪市長で大阪維新の会代表の橋下徹氏だった。(2012/10/25)

何かがおかしいIT化の進め方(54):
IT関係者は、原発事故から何を学ぶべきか
第53回では、新幹線建設における「優れた全体構想策定」の在り方について考察した。今回はその続編として、“作られた安全神話”が崩壊した「原子力発電システム」のコンセプトについて考え、BCPや情報セキュリティ対策、ITシステム開発・運用の在り方を見直してみたい。(2012/5/10)

「若者のための社会保障のあり方」を議論 河野太郎議員ら出演 アゴラ×ニコ生
ライブドアの言論プラットフォーム「アゴラ」とニコニコ生放送のコラボ番組で、「若者のための社会保障のあり方」をテーマに自民党の河野太郎衆議院議員、一橋大学経済研究所・世代間問題研究機構の小黒一正准教授、学習院大学経済学部経済学科の鈴木亘教授らが議論する。司会は経済学者の池田信夫さん。配信は2月29日22時0分〜。(2012/2/27)

河野太郎氏が、原発報道を語る(後編):
政治家を逃がしてはいけない――今、記者に求められること
原発事故後の政府の対応に、不安を感じた人も多いだろう。また政治家への取材で、メディアに何が足りなかったのだろうか。衆議院議員の河野太郎氏が語った。(2012/2/8)

河野太郎氏が、原発報道を語る(前編):
海外メディアにあって、日本メディアにないもの
原発事故から1年が経とうとしているが、メディアの報道についてどのように感じている人が多いのだろうか。事故前から「核燃料サイクル」を問題視してきた、河野太郎衆院議員が原発報道について語った。(2012/2/7)

池田信夫さん、猪瀬東京都副知事ら出演 日本のエネルギー政策を議論「ザ・討論」
日経CNBCの番組「ザ・闘論」で日本のエネルギー政策について、専門家らが視聴者の意見を交えて討論する。前半は「どうする電力改革――経済界、地方行政の視点から」と題し、経済学者の池田信夫さん、猪瀬直樹東京都副知事、オリックスの宮内義彦会長が語り合う。後半は「エネルギーの選択――原発の行方を問う」と題し、池田信夫さん、自民党の河野太郎衆議院議員、民主党の近藤洋介衆議院議員が議論する。配信は2月1日21時0分〜。(2012/1/30)

原口一博×河野太郎 原子力と新エネルギー政策を議論
原口一博衆議院議員と河野太郎衆議院議員が、2007年以降における日本のエネルギー政策を検証するとともに、福島第1原発事故を経験した日本が今後向かうべき方向を議論する。配信は1月31日16時0分〜。(2012/1/27)

エネルギーシフトは可能か? 河野太郎議員らが議論
自由民主党の河野太郎衆議院議員と齋藤健衆議院議員、民主党の馬淵澄夫衆議院議員が「エネルギーシフトは可能か?〜未来の電力を真剣に考えよう〜」と題し、日本のこれからのエネルギーを語る。配信は7月27日19時30分〜。(2011/7/22)

何が改革を妨げるのか?――現役官僚が語る、官僚や東京電力の問題
改革派官僚として知られ、国家公務員制度改革推進本部事務局で関連法改正などを進めてきた経済産業省の古賀茂明氏。1か月で16万部が売れた『日本中枢の崩壊』の刊行記念会見では、改革を妨げている公務員制度の問題点や、電力会社が各業界を支配する構造について語った。(2011/6/22)

次期リーダーにふさわしいのは、この人
次期リーダーにふさわしいのは誰だと思いますか? 政治家や官僚などに聞いたところ、自民党の衆議院議員がトップだった。ワカモノマニフェスト策定委員会調べ。(2011/5/17)

「脱原発は本当に可能なのか」 河野太郎×池田信夫
「脱原発は本当に可能なのか」――河野太郎衆議院議員と上武大学池田信夫教授が対談。東京電力の福島第1原発事故を受けて脱原発の機運が高まるなか、今後のエネルギー政策についてさまざまな角度から議論する。ライブドアのブログメディア「BLOGOS」主催。配信は5月16日22時30分〜5月16日23時30分。(2011/5/16)

藤田正美の時事日想:
東京電力は“潰せない企業”なのか
福島第1原子力発電所の事故で“四面楚歌”の状況に陥っている東京電力。これだけ大きな事故を起こしながらも「東電は地域にとって必要だ」といった声がある。果たして東電は“潰せない企業”なのだろうか。(2011/5/16)

今後の原子力政策は 河野太郎議員、佐藤前福島県知事、飯田エネルギー研究所長が議論
自民党の河野太郎衆議院議員と環境エネルギー政策研究所の飯田哲也所長が原子力政策について議論する、トークイベント第2弾を開催。前福島県知事の佐藤栄佐久氏をゲストに迎え、「原発のウラ事情」を語る。配信は5月15日19時0分〜5月15日22時0分。(2011/5/11)

河野太郎氏がエネルギー政策を語る 自由報道協会主催
自民党の河野太郎衆議院議員が電力政策や新エネルギー政策について語る。自由報道協会主催。配信は4月26日14時45分〜。(2011/4/19)

今後の原子力政策は 河野太郎氏、飯田エネルギー研究所長が討論
「福島後のエネルギー政策」と題し、自民党の河野太郎衆議院議員と環境エネルギー政策研究所の飯田哲也所長が議論する。原子力政策について両氏が語るイベントは昨年末に続き2回目。東京電力の福島第1原発事故を受けて今回はどんな話になるのか注目だ。配信は4月17日18時30分〜。(2011/4/15)

山本一太×河野太郎 原発問題を語る
自民党の山本一太参院政審会長が東日本大震災と原発問題について語る。ゲストは河野太郎衆院議員。配信は4月12日21時0分〜。(2011/4/8)

河野太郎トークライブ「これで良いのか日本の原子力政策」
自民党・河野太郎議員によるトークライブ「これで良いのか日本の原子力政策」をニコ生する。NPO・環境エネルギー政策研究所の飯田哲也所長と、原子力委員会委員長代理の鈴木達治郎氏がゲスト出演する。配信は12月13日19時30分〜12月13日21時30分。(2010/12/8)

河野太郎氏と対談、事業仕分けなど語る 牧島かれん氏Twitterフォロワー3000人記念Ust
牧島かれん氏(自民党神奈川17区支部長)のTwitterフォロワー3000人到達を記念したUstreamイベント。河野太郎氏をゲストに迎えた対談形式で、、特別会計の事業仕分けの結果なども踏まえながら語る。配信は10月31日20時0分〜10月31日21時0分。(2010/10/29)

事業仕分けの意義、今後の生かし方は 河野太郎議員ら討論
10月27日から始まる事業仕分け第3弾を前に、事業仕分けの本質や意義について討論する。事業仕分けの特徴である「外部者の視点」「全面公開」を政治や行政に生かすには――河野太郎衆議院議員や山内康一衆議院議員らが語る。シンクタンク「構想日本」主催。配信は10月26日18時30分〜。(2010/10/25)

Live動画ピックアップ:
PS3と万能ねぎの、世界万能「生」対談
PS3と万能ねぎのCMがライブ番組に。世界万能「生」対談と題して、特設サイトやニコ生、Ustで配信する。(2010/9/27)

Live動画ピックアップ:
ニコ生で「参院選前夜祭」 つるの剛士さん出演のUstも
河野太郎議員や藤末健三議員を迎えた「参院選前夜祭」がニコ生で。つるの剛士さんがゲストのUstも。(2010/6/23)

Twitterで参加できるジャーナリズム討論会 Ustreamでダダ漏れも
「ジャーナリズムの今後」がテーマの討論会をUstreamでダダ漏れ中継。Twitterを使って議論に参加することもできる。(2010/2/25)

(ほぼ)完全収録:
「Twitterは公式の発言なんですか?」――原口総務相記者会見
原口一博総務相は1月22日夕、総務省会見室で閣議後の記者会見を開催した。地方交付税の配分方針などについて原口大臣が報告した後の質疑応答では、検察報道やクロスオーナーシップ、Twitter上での原口大臣の発言などについての質問が投げかけられた。その内容を詳しくお伝えする。(2010/1/23)

“ネットと政治”を考える(後編)――ネットユーザーが選挙でやれることとは?
アジャイルメディア・ネットワークは4月24日、「インターネットが選挙を変える? 〜 Internet CHANGEs election 〜」を開催した。ネットが政治にどう参加できるのかについてさまざまな分野の専門家が知見を語った。後編では自民党や民主党の国会議員も参加した第2部の「パネルディスカッション」の様子を詳細にお伝えする。(2009/5/5)

“ネットと政治”を考える(前編)――オバマにできたことが、なぜ日本の公職選挙法ではできないのか?
ネットを中心とした草の根の活動を武器にして米国大統領に当選したバラク・オバマ氏。一方、日本では公職選挙法の制限から、ネットで自由な政治活動が行えない状況にある。「インターネットが選挙を変える? 〜 Internet CHANGEs election 〜」では、さまざまな分野の専門家が“ネットと政治”についての知見を語った。前編では第1部の「米国事例紹介と日本の公職選挙法の解説」について詳細にお伝えする。(2009/5/1)

YouTubeに自民党公式チャンネル
YouTubeに自民党公式チャンネル「LDP Channel」がオープン。(2007/12/18)

素人サイト管理から、一転社長に就任した「brst.TV」運営者
今から2年前、ITmediaはある素人サイトを紹介した。そのサイトは、先月末に「@niftyホームページグランプリ」で大賞を受賞。貧乏にあえいでいた(?)運営者も、一転して社長に就任することとなった。(2004/2/6)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。