ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「時価総額」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「時価総額」に関する情報が集まったページです。

古田拓也「今更聞けないお金とビジネス」:
84兆円が消失した中国企業時価総額、ADRのリスクも下落に拍車?
トランプ政権下で実行された米上場中国企業の規制強化で、最も不憫(ふびん)な立場なのが、米国市場にも展開している中国企業だろう。これら中国企業は米国から締め付けをくらい、今回は中国からの締め付けによってダメージを受けているという、まさに板挟みの状況だ。(2021/7/30)

フェイスブックの時価総額1兆ドル突破 米独禁法勝訴で
米フェイスブックの株価は6月28日に急伸し、時価総額は1兆ドル(約110兆円)を突破した。米連邦取引委員会(FTC)と複数の州が起こしていた反トラスト法(独占禁止法)訴訟で、米連邦地裁判事が立証不十分として訴えを退けたことが要因。(2021/6/29)

「データクラウド」が形成する新しいビジネスエコシステム:
Snowflakeデータマーケットプレイスが目指すもの クラウドDWHから他社データ活用、そして自社データ収益化へ
2020年9月に新規株式公開(IPO)を果たし、時価総額が一時約700億ドルとなって話題を呼んだSnowflake。独自の製品アーキテクチャを武器に、同社が強化しているのがデータマーケットプレイスのビジネスである。(2021/6/15)

GMOコイン、ポルカドット新規上場 時価総額8位の仮想通貨
仮想通貨取引所のGMOコインは5月19日、新規の仮想通貨としてポルカドット(DOT)の取り扱いを開始した。国内取引所としては初めての上場となる。(2021/5/20)

CoinbaseがNASDAQ上場 ティッカーシンボルは「COIN」
ビットコインなど仮想通貨を扱う米取引所大手のCoinbaseがNASDAQ市場に上場した。時価総額は一時的に約12兆円を超えた。(2021/4/15)

まずはドイツでの“お手並み拝見”:
Tesla、EV市場でのリーダーシップへの険しい道のり
米国カリフォルニア州を拠点とする電気自動車メーカーTeslaのシェアがかつてないレベルまで高まる中、同社の勢いはさらに増しつつある。だが、大々的に宣伝される時価総額は、実際に持続できるものなのだろうか? また、Teslaは世界の競合各社と十分に張り合えるブランドなのだろうか?(2021/3/31)

ビットコイン、6万ドルを超え過去最高値 時価総額は1.1兆ドルに
ビットコインは3月13日の週末、6万ドルの大台を超え過去最高値を更新した。2月中旬に5万ドルを超えてから、約1カ月でさらに1万ドル上昇した。日本円では一時672万円を付け、同じく過去最高値となった。(2021/3/15)

SaaS企業の時価総額はなぜ高いのか?
この数年、SaaS企業は新興企業向け株式市場マザーズのIPOにおいて大きな存在感を見せています。新興市場のけん引役ともいえるほど躍進をしたSaaS企業ですが、果たしてこの勢いは、21年以降も続いていくのでしょうか。(2021/1/26)

浦上早苗「中国式ニューエコノミー」:
テスラからの争奪戦が勃発、中国自動車業界へ参入するメガITの勝算
2020年の自動車業界の最大トピックは、トヨタを抜き世界首位となったテスラの時価総額だろう。販売台数ではトヨタの10分の1もないが、中国マーケットを取り込んで業界に変革を起こし、中国新興EVメーカーは勢力を拡大、さらにメガIT企業の参入も呼び込んだ。そこで21年に台風の目となりそうな、中国自動車業界の注目トレンドを紹介したい。(2020/12/31)

米料理宅配大手のDoorDashのIPO、初値は公開価格の80%超
コロナ禍の巣ごもり需要で好業績が続く米料理宅配サービスのDoorDashが株式公開した。初値は公開価格を大きく上回る182ドルで、時価総額は約600億ドルに達した。チェッカーシンボルは「DASH」。(2020/12/10)

古田拓也「今更聞けないお金とビジネス」:
「ドコモ除外、シャープ追加」の日経平均、指数への影響は?
日経平均からドコモが除外され代わりにシャープが追加となる。ドコモといえば、時価総額12兆円の超巨大企業であるが、シャープの時価総額は7500億円程度と、そのサイズは10分の1以下だ。ドコモを代替する銘柄として、シャープを組み込むことに悪影響はないのだろうか。(2020/11/27)

ビットコインが190万円超え 時価総額ベースで過去最高水準に
ビットコイン価格の上昇が止まらない。11月18日午後に入って、日本円で190万円を超えた。これまでの最高値は、2017年12月の230万円だが、3年前から発行量が増えているため、価格✕発行量で計算される時価総額では、過去最高額水準になってきている。(2020/11/18)

国内スタートアップ想定時価総額ランキング 1位は3500億円超えのPreferrerd Networks
「国内スタートアップ想定時価総額ランキング」。1位は3500億円超えのPreferrerd Networksだった。2位以下の企業の特徴は?(2020/9/10)

旧・東芝メモリ:
キオクシアHD、10月6日に上場 東証が承認、時価総額2兆円以上
東証がキオクシアホールディングス(HD)の上場を承認。上場予定日は10月6日。時価総額は2兆円以上になる見通しだ。(2020/8/27)

Appleの時価総額、米民間企業として初の2兆ドルを突破  1兆ドルからわずか2年で
わずか2年で時価総額が2倍に。(2020/8/20)

表面的な数字に踊らされると判断を誤る:
「トヨタVSテスラ」の構図は本当か? 「時価総額」という数字のマジックにだまされるな
テスラの時価総額がトヨタを抜き、自動車業界トップに躍り出た。日本が世界に誇る「あのトヨタ」が新興企業に打ち負かされてしまった。このようなニュアンスの記事を何度も目にしたが、その表面的な数字だけで物事を語ってしまう傾向に強い違和感を覚えている。「時価総額」という数字のマジックにだまされてはいけない――。(2020/7/15)

専門家のイロメガネ:
「としまえん売却」と「GAFAMの東証一部超え」から見えるコロナ後の世界
「としまえん」の売却が今年2月に伝えられた。また1月には時価総額において「GAFAM」が東証一部全体を超えた。さらに、これら2つのニュースが示す新時代への移行は、コロナで一気に加速している。ここでは、リアルな土地から「新大陸の土地」へのビジネス主戦場の移行、コロナによる移行の加速、またコロナ後の世界を見ていきたい。(2020/7/14)

2510億米ドルに達する:
NVIDIAの時価総額がIntelを上回る
NVIDIAの時価総額が、Intelを初めて大きく上回り、2510億米ドルに達した。NVIDIAの株価は記事執筆時点で420米ドル前後の高値をつけ、会計年度の初めから現在まで79%成長している。(2020/7/13)

池田直渡「週刊モータージャーナル」:
自動運転の夢と現実
自動運転の電子ガジェット的未来感は人々をワクワクさせる効果はあるかもしれないが、社会問題の解決には直結しない。技術というものは多くが、社会が持つ問題を解決するべく開発されるのなので、時価総額を暴騰させる資金集めが目的である場合を別とすれば、まずは社会の側の問題を把握しなくてはならない。(2020/7/6)

古田拓也「今更聞けないお金とビジネス」:
時価総額でトヨタを打ち負かしたテスラは、世界一の自動車メーカーといえるのか
米国の電気自動車大手のテスラ・モーターズが時価総額でトヨタ自動車を上回り、時価総額としては世界一の自動車メーカーとなった。しかし販売台数で見れば、トヨタの4%にも満たないのが実情だ。テスラの時価総額がトヨタを超えたのはなぜだろうか。(2020/6/26)

日本でZORCは登場するか? 不動産テックを取り巻く日米の違い
米国でテックジャイアントと呼ばれるGAFAになぞらえて、代表的な企業がZORCと呼ばれるほど注目されているのが不動産テックだ。大手各社の時価総額を並べると、Zillowが1兆1000億円、Opendoorが4100億円、Redfinが2500億円、Compassが6900億円となっており、1000億円以上のいわゆるユニコーン級企業が目白押しとなっている。(2020/2/4)

クラウド会計のfreeeが上場、終値2700円 公開価格を35%上回る 佐々木CEO「次世代の金融サービスにも投資する」
クラウド会計ソフトを提供するfreeeが東証マザーズに上場した。午前9時の取引開始から買い注文が集まり、午前9時48分に取引が成立。公開価格(2000円)を25%上回る2500円の初値を付けた。終値は2700円で、終値ベースの時価総額は約1259億円。佐々木CEOは会見で「次世代の金融サービスにも投資していきたい」と意欲を見せた。(2019/12/17)

freee上場 クラウド会計に続くビジョンを話す
クラウド会計ソフトを提供するfreeeが12月17日、東証マザーズに上場した。公開価格は2000円で、初値は2500円となり、時価総額は約1200億円。(2019/12/17)

IPOを選ばなくなったスタートアップ
時価総額が10億ドル(約1000億円)を超えていながら上場しない、いわゆるユニコーン企業が話題になって久しい。そこまでいかなくとも、IPOをゴールとせず、未上場のまま資金調達を進めるスタートアップが、国内でも増えている。(2019/12/13)

金を扱うオリジナル版ゲームも開発:
1億5000万円の純金製人生ゲーム、“真の狙い”は? 「老後2000万円」問題でサービスも注目
田中貴金属工業は、時価総額1億5000万円相当の「純金製人生ゲーム」を公開。主力商品「純金積立」への理解を広めたい考え。同社オリジナル版の人生ゲームも制作しており、家族で楽しみながら資産としての金の価値を知ってもらうきっかけにする。(2019/11/20)

仮想通貨の回復始まる 各取引所も黒字化
1年間の低迷を経て、じわじわと仮想通貨市場が回復し始めている。4月から上昇が始まり、3カ月で総時価総額は2.4倍に増加した。価格上昇に伴い、国内の仮想通貨取引所も活況を呈し始めている。(2019/8/8)

令和時代に稼ぐ企業はここが違う:
赤字のUber GMやフォードを超える時価総額の根拠は「自動運転」
5月にIPOしたUber。将来への高い期待を反映し、時価総額はGMやFordを超える700億ドルに達しています。しかし現在は赤字で、今後もしばらくは赤字の見通し。Uberの事業構造を読み解くと、どうなったらこの時価総額が正当化されるのかが見えてきます。キーワードは「自動運転」です。(2019/6/17)

鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:
Microsoftの決算から見えるWindows 10とIntelとの関係
Microsoftが、同社初の時価総額1兆ドルを突破した。その要因を細かく見ていこう。(2019/5/9)

NGT問題が飛び火したアダストリア、株価は反応した?
時価総額1300億円超の銘柄を動かせるかどうか。(2019/4/24)

エグゼクティブ・リーダーズ・フォーラム:
トヨタに比べ純利益が非常に少ないAmazon.comの方がなぜ時価総額が高いのか
一般的に企業の成長は、直線的な右肩上がりだが、日本でも、米国でも、資産総額上位の企業は、指数関数的に成長している企業である。なぜ指数関数的成長ができるのかを考察する。(2019/3/25)

CIOへの道【フジテックCIO 友岡氏×クックパッド情シス部長 中野氏スペシャル対談】:
日本企業は「GAFAのまねをせずに」グローバルで勝てるのか 組織、システム設計から考える「日本ならではの戦い方」
平成元年、日本企業は世界時価総額ランキングに7社が名を連ねていたが、平成30年には1社もランク入りできないという事態に陥っている。日本企業は今後、“日本らしさ”を生かした戦略で勝つことができるのか、それとも勝ち組北米企業のやり方をトレースするしかないのか……。(2019/2/14)

2兆ドル規模に:
「数年以内に仮想通貨市場の時価総額は10倍に膨れ上がる」 米投資企業が予測
ビットコインが上昇局面に突入すれば、仮想通貨市場の時価総額は現在価格の10倍になる――。米仮想通貨投資企業Pantera Capitalの共同最高投資責任者ジョーイ・クリュッグ氏はBloombergに対し自身の見解を語った。(2018/10/17)

強気な見方も残ったまま:
ビットコインなどの主要仮想通貨価格が急落 IMFのレポートが原因か
ビットコインを筆頭にほとんどの主要仮想通貨価格が10月11日に下落に転じ、仮想通貨市場は3時間あまりで時価総額160億ドルを失った。その原因はIMFが発表したレポートだったとの見方が強い。(2018/10/12)

コメントは拒否:
米大手仮想通貨取引所Coinbase、英ファンドから5億ドル調達か
米大手仮想通貨取引所Coinbaseに対して英ヘッジファンドが出資を検討しているようだ。出資金額は最高で5億ドルに上るとみられ、実現すればCoinbaseの時価総額は80億ドル規模まで膨れ上がる可能性があるという。(2018/10/3)

Amazon.com、Appleに続いて時価総額1兆ドル超に
Amazon.comの時価総額が9月4日、短期間ながら1兆ドルを超えた。米国企業として、Appleに次ぐ2社目になる。(2018/9/5)

Amazonが抜く?:
「1兆ドル突破」銘柄、Appleの次はどこか
Appleに次いで米上場企業で2番目に時価総額1兆ドルを突破する銘柄の座を巡り、Amazon.comとMicrosoft、Alphabetが激しく争っている。(2018/8/7)

Appleの時価総額1兆ドル超にクックCEOが全従業員に「革新の結果にすぎない」とメッセージ
AppleのクックCEOが同社の時価総額1兆ドル超に当たり、「スティーブがそうしていたように、明るい未来に向かって前進し続けよう」というメッセージを全従業員に送った。(2018/8/6)

故ジョブズ氏にも言及:
時価総額1兆ドル突破は製品・顧客へ注力した結果=アップルCEO
Appleのティム・クックCEOは、時価総額1兆ドル突破は「画期的な出来事」だが、成功を測る上で最も重要な基準ではなく、同社が製品や顧客、企業価値を大切にした結果に過ぎないとの考えを示した。(2018/8/3)

IPOから5万%上昇:
米Apple、時価総額1兆ドル達成 米上場企業として初
米Appleの株価が2日の取引で2.8%高の207.05ドルまで上昇し、米国の上場企業として初めて時価総額が1兆ドルを超えた。(2018/8/3)

Apple、米企業として初の時価総額1兆ドル超え
好調な四半期決算を発表したAppleの株価が上昇し、8月2日に米国企業として初めて時価総額1兆ドルを超えた。(2018/8/3)

「ソースネクストの時価総額を約3倍にした」 通訳デバイス「POCKETALK」に新モデル 自社開発で大幅機能アップ
音声通訳デバイスの新製品「POCKETALK W」(ポケトーク ダブリュー)が9月7日に発売する。ソースネクストが完全自社開発した(2018/7/26)

ベールを脱いだ“ユニコーン”:
フリマアプリを全世界に――時価総額7000億円、メルカリの「次なる野望」
メルカリが東証マザーズに上場。株価(終値)は、公開価格の3000円を大きく上回る5300円、時価総額は7172億5600万円に上った。同社の経営陣が会見を開き、今後の展望を語った。(2018/6/19)

鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:
MicrosoftがAlphabet(Google)を時価総額で3年ぶりに抜いたことの意味
米国でMicrosoftの時価総額が、Googleの親会社であるAlphabetの時価総額を逆転した。過去1年間の株価をみると、Microsoftは40%もその価値を上昇させており、5月29日の取引終了時点で時価総額がAlphabetを上回ったのだ。その背景を探る。(2018/6/11)

6月19日に上場:
メルカリ仮条件2700〜3000円に決定 時価総額は最大4100億円超に
フリーマーケットアプリを手掛けるメルカリは、公開価格の仮条件を2700〜3000円に決めた。(2018/6/1)

足元のビットコインは7100ドル台で横ばい推移::
「ビットコインは短期的に6000ドルを下回る」、仮想通貨アナリストが予想
仮想通貨市場で下げ局面が続いている。1週間前までは仮想通貨全体の時価総額は3810億ドルあったのに対し、5月29日には3080億ドルと約20%も減少した。(2018/5/29)

メルカリ上場、時価総額は最大3600億円
メルカリがマザーズへ上場する。上場時の時価総額は、最大3600億円になる見通し。(2018/5/14)

ビットコインの支配率は低下傾向:
仮想通貨市場は底を打ったのか? 「オルトコイン」台頭の兆し
ビットコインは4月22日に、一時9000ドル台まで回復し、その時価総額も1520億ドルまで戻した。だが、CoinDeskによると、ビットコインの戻りは他の仮想通貨と比べてやや弱い。4月に入ってからの仮想通貨市場の回復は、オルトコイン(ビットコイン以外の仮想通貨の総称)がけん引しているようだ。(2018/4/23)

インタビュー:
時価総額には全然興味ない=山田メルカリCEO
メルカリの山田進太郎会長兼CEOは、株式上場について「どこかのタイミングではやる」と述べるにとどめ、詳細の言及は避けた。(2018/4/3)

時価総額2位「イーサリアム」初の日本公式イベント 熱気渦巻く
時価総額14兆円の仮想通貨「ビットコイン」に続いて、時価総額4兆6000万円の仮想通貨「Ethereum」(イーサリアム)の日本公式イベントが、3月29日に東京大学(文京区本郷)で行われた。イーサリアムの生みの親である、ビタリック・ブテリンさん(24歳)が講演し、会場は熱気で包まれた。(2018/3/29)

グローバルトップ企業を意識:
ソニー社長に吉田副社長、「時価総額に危機感」
ソニーは吉田憲一郎副社長兼最高財務責任者(CFO)が社長兼最高経営責任者(CEO)に昇格する人事を発表した。(2018/2/5)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。