ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「マルチメディアコンテンツ」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

質問!マルチメディア→ITmediaのQ&Aサイト「質問!ITmedia」でマルチメディア関連の質問をチェック

「iTunes LP」、新規追加は終了へ
Appleが2009年に提供を開始したマルチメディアコンテンツ「iTunes LP」の新規追加を3月いっぱいで終了する。購入済みのコンテンツはそのまま利用できる。(2018/3/7)

Spotify、マルチメディアコンテンツ「Spotlight」でBuzzFeedなどメディアと提携
上半期中に米国で上場するとみられるSpotifyが、複数のメディア企業と提携し、音楽だけでなく、スポーツや政治のニュースを扱うマルチメディアコンテンツ「Spotlight」を立ち上げた。(2018/1/19)

実践 OSSデータベース移行プロジェクト(終):
Oracle DatabaseとMySQLの機能の違いを比較表で理解する
本連載では、商用DBMSからOSSデータベースへの移行を検討する企業に向け、「MySQL」への移行プロジェクトで必要となる具体的なノウハウをお届けします。今回は、移行設計を実施するに当たり把握しておきたい、Oracle DatabaseとMySQLの機能の違いについて説明します。(2017/11/30)

たつき監督「けもフレ」降板 カドカワ川上社長「ぼくも心配しています」
たつき監督が「けもフレ」続編の制作から外れると報告してファンに動揺が広がる中、カドカワ社長の川上量生さんがこの件について「ぼくも心配しています」とコメントした。【更新】(2017/9/26)

山根康宏の中国携帯最新事情:
IFAで見た中国スマホ 18:9の縦長ディスプレイが新しいトレンドに Huaweiも?
ディスプレイの縦横比が従来の「16:9」よりも縦長な「18:9」のディスプレイを採用した製品が中国メーカーで増えている。IFA 2017の新製品を見たところ、その傾向が進んでいることが顕著に分かった。新型iPhoneもこのトレンドに拍車を掛ける?(2017/9/5)

「Flash終了」までの20年とはなんだったのか? ネット文化からアニメへ至るFlashの歴史を振り返る
「おもしろフラッシュ倉庫」とかいろいろあったなぁ(遠い目)。(2017/8/1)

AIによるデータ管理と自動化が進む
「Excel」「PowerPoint」にAI追加、おせっかいではなく本当に使われる機能は?
ソフトウェアメーカー各社がAI機能を主力製品に取り入れている。「Microsoft Office」に関しても同様だ。そのことは、AIが私たちの働き方を変える注目すべき存在であることの証ともいえる。(2017/7/26)

さらばDirector Adobe、Directorの販売およびShockwaveサポートを終了
1980年代後半から続いていた、Directorによるマルチメディアコンテンツの系譜がこれで途絶える。(2017/1/31)

古田雄介のアキバPickUP!:
M.2 SSDやマウス――オマケつきIntel 200マザーが好調!
Intel 200シリーズ搭載マザーは初回からラインアップが充実していたが、ここに来てオマケつきという新個性が注目されている。(2017/1/30)

2016年にグッと来た「デジタル仕事道具」ベスト5
SOHO/中小企業に役立つPC、スマートデバイス、周辺機器、ソフトウェア、サービスなどの情報をお届けする「PC USER Pro」。今回はSOHO事業者でもある筆者が「個人で購入できて仕事がはかどるデジタル製品」の2016年版ベスト5を選んでみた。(2016/12/26)

2 in 1で仕事力アップ!!:
PR:アキバ取材の達人が「HUAWEI MateBook」を使い倒す
Core m搭載のハイスペックタブレット「HUAWEI MateBook」を古田雄介&アキバ取材班に放り込むとどんな化学反応が起こるのか、ある秋の日に試してみた。(提供:ファーウェイ・ジャパン)(2016/11/11)

アダルトVRでアダルトCD-ROMの仇は討てるのか
VRという新しいテクノロジーが切り開こうとしている「アダルト」は、20年以上前に「マルチメディア、CD-ROM」が通った道。この分野を最もよく知るジャーナリスト、納富廉邦氏がアダルトVRの問題点と可能性を探る。(2016/7/2)

PR:中堅・中小企業の間で人気が高まるサーバー「Cisco UCS Mini」とは
中堅・中小企業がCisco UCSを採用する例が急速に増えてきた。その背景には、中堅・中小企業向けにシステムサイズをチューニングし、価格を最適化した新製品「Cisco UCS Mini」の存在がある。UCS Miniはなぜ人気が高まっているのだろうか?(2015/11/24)

Flashはもういらない
FlashはHTML5に役目を譲って勇退せよ
さまざまな企業が、Flash排除の動きを強化している。Flashの歴史を振り返りつつ、HTML5へリプレースすべき理由を明らかにする。(2015/10/29)

SSD+HDDのデュアルストレージで外部GPUも搭載:
快適&高コスパの大画面フルHDノート「eX.computer note N1542J-720/E MD1」を試す
大画面ノートPCを自宅のメインPCとして利用する方も多いはず。そうなると、デスクトップPCに近い馬力があったほうが便利だ。デスクトップ並みの基本性能を持つ大画面ノート「eX.computer note N1542J」の実力をチェックしてみる。(2015/10/15)

iPhone 6s Plus登場で値下げも
徹底比較:iPhone 6 Plus vs. Galaxy S6 edge+、新iPhone登場前に注目したいその“お得さ”
「iPhone 6s Plus」が発表される中で併売される「iPhone 6 Plus」の実力と“お得さ”とは? 競合製品「Galaxy S6 edge+」との比較で、今買うべきファブレットを明らかにする。(2015/9/13)

格安SIM定点観測:
IIJmioとOCNの動きに注目――2015年7月音声通話編
7月の音声対応格安SIMは、「IIJmio」のイオンにおけるMNP即日転入対応と端末直販の動き、「OCN モバイル ONE」の特定サービスにおける通信量“不算入”の動きに注目だ。(2015/8/10)

自撮り機能も充実:
ファーウェイの夏モデルは“熱くならない”SIMフリースマホ しかも8コアで3万円以下の“価格性能怪獣”
ファーウェイがSIMフリースマホ「HUAWEI P8lite」「HUAWEI P8max」の国内販売を発表した。価格は3万円以下からと手頃だが、8コアプロセッサと1300万画素カメラを搭載するなど、コストパフォーマンスに優れるのが特徴だ。(2015/6/17)

これが仮想化のベストプラクティス
VMworld User awards受賞企業に学ぶ、仮想化活用術
VMworld Europe User awardsを2回も受賞したドイツの旅行代理店は、仮想化をどのように活用しているのか? VDIによるWindows 7への移行作業など、彼らの事例を詳しく紹介する。(2015/2/23)

MVNOの定額無制限プランはどれだけ快適?――ぷららモバイルLTEとU-mobileのSIMをレビュー(前編)
NTTぷららとU-NEXTが提供する、容量無制限かつ定額でLTE通信を利用できるサービスが話題を集めている。実際のところ、どれだけ快適に通信できるのだろうか。複数スポットで調べてみた。(2014/12/3)

「Google Chrome 39」の安定版公開、Macは64ビットのみに
GoogleのWebブラウザ最新版では、42件の脆弱性が修正された他、Mac版が64ビットネイティブになった。(2014/11/19)

「Google Chrome 37」の安定版リリース Windows向け64ビット版や危険度最高の脆弱性対処
GoogleのWebブラウザ最新版では、危険度最高の1件を含む50件の脆弱性に対処した他、Windows向けではフォント表示が滑らかになり、64ビット版を選択できるようになった。(2014/8/27)

Chromeブラウザの64ビットWindows版、CanaryとDevでリリース
Googleが64ビット版Windows 7/8向けのChrome(Canary/Devチャンネル)をリリースした。32ビット版より高速で、クラッシュ率は半減したとしている。(2014/6/4)

ビジネスの悩みを解決するPDFドリル:
Webページのスタイルを崩さずにPDF保存する裏技3選
WebページをPDF化するには複数の方法があり、それぞれページの再現度が異なるほか、リンクやしおり、タグの有無といった属性が異なっている。今回は3つの方法それぞれについて特徴を見ていこう。(2013/9/27)

デスクトップPCの3分の1:
モバイルからの訪問者をコンバージョンに変えるには?
「モバイルからの流入率は、2012年と比べて125%増えているのに対し、コンバージョン率ではデスクトップPCの数値を下回っている」という結果が出たそうだ。(2013/8/20)

「ARROWS NX F-06E」に迫る:
PR:フルセグなど充実のAV機能を使ってみよう
ARROWSの“新生”フラグシップモデル「ARROWS NX F-06E」。ドコモスマートフォン初のフルセグ対応を始めとして、動画や音楽をフルに楽しめる機能が盛りだくさんだ。今回はARROWS NXのAV機能を試してみる。(2013/6/7)

「HTC J One」の開発思想を聞く(3):
PR:これがスマートフォンにとっての“良い音”――「HTC BoomSound™」に込めた想い
スマートフォンの部品の中で、いつの間にか優先順位の低いものになってしまったのが「内蔵スピーカー」ではないだろうか。「HTC J One」ではこのスピーカーにも改革が必要と考え、「HTC BoomSound」と呼ぶ新しいスピーカーを搭載した。その経緯を伊藤氏に聞いた。(2013/6/3)

カメラは16.3M:
5.2インチフルHD+3020mAhバッテリーの“フルセグ”スマホ――「ARROWS NX F-06E」
5.2インチフルHD液晶に1.7GHzクアッドコア、3020mAhバッテリー、そして有効1630万画素カメラを搭載したハイスペックな「ARROWS NX」。フルセグとNOTTVにも対応している。(2013/5/15)

電子ブックレット:
リモコンが変わる、スマートテレビの登場で ユーザーインタフェースが多彩に
Webページのブラウジングはもちろん、SNSを利用したり、多彩なマルチメディアコンテンツを視聴したり……。インターネットと連携するスマートテレビを楽しむには、旧来のリモコンは使い勝手が悪い。スマートテレビ時代に適した新しいタイプのユーザーインタフェースとは? それを探る取り組みが業界で始まった。(2013/3/29)

インテル® Atom™ プロセッサー Z2760でタブレットは次世代へ:
PR:防水・極薄・高性能、家族をつなぐWindows 8搭載タブレット――「ARROWS Tab Wi-Fi QHシリーズ WQ1/J」
富士通の10.1型Windows 8搭載タブレット「ARROWS Tab Wi-Fi WQ1/J」は、Clover Trailこと「インテル® Atom™ プロセッサー Z2760」の高いパフォーマンスと優れた省電力性能に加え、防水・防じんというユニークな機構や、同社独自のクラウドサービス「My Cloud」連携によって、まさに“理想のタブレット”というべき製品に仕上がっている。今ならPC USER限定の特価モデルを販売中!!(2013/3/1)

テレビ×スマホの新しい提案――KDDI、「Smart TV Stick」と「Remote TV」を発売
KDDIが、スマホのコンテンツをテレビで楽しめる「Smart TV Stick」と、テレビのコンテンツをスマホで楽しめる「Remote TV」を2月23日に発売する。これらの2モデルは、どのような狙いで開発されたのだろうか。(2013/2/19)

NEXTシリーズ:
3000mAhの大容量バッテリーを搭載した5インチフルHDスマホ――「Optimus G Pro L-04E」
ドコモの2012年秋モデルとして登場した「Optimus G」が、ディスプレイとバッテリーを強化して“Pro”仕様に進化。プロセッサーもさらに高速化され、「ながら操作」機能がさらに便利になった。(2013/1/22)

さらにできるようになった最強NAS:
QNAPの“革命的”ファームウェア「3.8」を試す
QNAPのTurboNASは、継続的なファームウェアのバージョンアップが特徴の1つ。今回リリースされた「3.8.0」および「3.8.1」はブレイクスルーともいえるバージョンだ。(2012/12/21)

それは魔法の完成――“mini”の追加で広がったiPadの世界
ポストPCの本命とされるiPadの9.7インチディスプレイと、iPhoneの4インチディスプレイの隙間を埋める存在として登場した「iPad mini」。Appleがなぜminiを作ったのかは、実際に手にとって見るとよく分かる。(2012/10/31)

メモリーカード 技術解説:
いまさら聞けない SDメモリーカード入門
あなたはどれくらい「SDメモリーカード」のことを知っているだろうか? SD規格やSDホストコントローラの仕組みについて、人に正しく説明することができるだろうか? 携帯電話やスマートフォン、デジタルカメラに代表される身近な機器に必ずといってよいほど使われているSDメモリーカードの基礎を解説する。(2012/10/23)

Barnes & NobleのNOOKと電子書籍エコシステムの歴史
米国最大の書店チェーンのBarnes & Noble。電子書籍市場に乗り出して4年ほどがたとうとしているが、その軌跡をここで振り返ってみよう。彼らの小売パートナーとの関係にも最後に触れる。(2012/10/19)

KoboやAmazonが第2世代タブレットを発売するに当たって取り組むべきこと
AmazonのKindle Fire、KoboのKobo Voxのようなタブレットは現在の標準と比較してどうしようもないほど時代遅れになっている。変化し続けるタブレットデバイスの中で競争力を保つためにはどのような取り組みをすべきだろうか。(2012/8/20)

最小・最軽量Android!?:
これ1本で自宅のテレビがスマートテレビに! スティックタイプのAndroid PC
Geaneeは長さ約8.5cm、重さ約24gのスティックタイプのAndroid 4.0搭載端末、HDMIスマートスティック「GEANEE ADH-40」を発売する。テレビのHDMI入力端子に接続するだけで、スマートテレビとして利用できる。(2012/8/1)

PLMニュース:
iXVL PublisherがHTML5形式の出力に対応
ラティス・テクノロジーのタブレット端末向け3次元図面出力アプリがHTML5にも対応する。モノづくりの現場でもHTML5を使ったリッチで自由度の高いWebアプリケーションが使える日が近い? (2012/7/3)

Book Expo America 2012まとめ
先日開催されたBook Expo America 2012(BEA 2012)。世界の電子書籍市場ではいまどんな話題が注目されているのだろうか。Book Expo期間中に行った取材のエッセンスと最重要ニュースについてまとめた。(2012/6/14)

ゲーム、動画、写真、スマホまで:
PR:マルチメディア液晶ディスプレイで決定打が登場か?――RDT272WX(BK)/RDT234WX(BK)/RDT234WX-S(BK)の万能感に浸る
日本のマルチメディア液晶ディスプレイをリードする三菱電機が2012年夏の目玉として用意したのは、なんと“27型ワイド”の大画面モデル! IPS方式の27型フルHD液晶パネルに、同社が培ってきた高画質化技術や機能をこれでもかと詰め込み、かつてない大画面ディスプレイに仕上げている。定番の23型ワイドのモデルも世代交代でさらに進化しており、ますます見逃せなくなった三菱ディスプレイの進化を追う。(2012/6/11)

「Oracle Cloud」は“地球一包括的な”クラウドサービス――エリソンCEOが発表
「Oracle Cloud」はOracleのハードウェアで稼働するPaaS、SaaS、ソーシャルサービスを提供する包括的なクラウドサービスだ。(2012/6/7)

「MediaPad 10 FHD」のイー・モバイル版――写真と動画で見る「GT01」
イー・モバイルの新型Wi-Fiタブレット「GT01」は、クアッドコアCPUやワイドUXGAディスプレイなど高いスペックが目を引く。Huaweiが発表したグローバルモデル「MediaPad 10 FHD」がベースになっているが、イー・モバイル向けのカスタマイズはあるのだろうか。(2012/6/6)

今夏は“鮮やかさ”で勝負です:
写真で解説する「REGZA Phone T-02D」
ドコモ向け“REGZA Phone”の第3弾となる富士通製の「REGZA Phone T-02D」。前モデルのwithシリーズからNEXTシリーズに“移籍”して、映像美を極めたハイスペックスマートフォンとして登場する。(2012/5/17)

iPadアプリを無料化、業務データのスマートデバイス活用を容易に――CFOに聞くFileMaker 12の強み
社内に散在する業務データを集約し、iPhoneやiPadで有効活用したい――。こんな中小企業のニーズに応えてくれるのがFileMaker Proだ。iOSアプリを無料化し、導入/活用のハードルを下げる各種機能を実装した新バージョンについて、同社CFOのビル・エプリング氏に聞いた。(2012/4/19)

ホワイトペーパー:
ECMの効用と限界を説く ―企業競争力の源泉となる、マルチメディアデータを捨てていないか?―
マルチメディアコンテンツの活用が、企業競争力を決定する!パナソニックが提案する真のECMに必要な3つのポイント(2012/3/16)

ローデ・シュワルツ R&S VTE/VTS:
MHLインタフェースのプロトコル試験機、コンテンツの信号解析にも対応
モバイル機器向けマルチメディアインタフェース規格「MHL」に対応するローデのプロトコル試験機は、同規格のコンプライアンステスト仕様に沿ったプロトコルテスト機能に加えて、コンテンツのオーディオ/ビデオ信号を解析する機能も搭載できる。(2012/3/12)

無線通信技術 Wi-Fi:
「超」高速無線LANがやってくる、IEEE802.11ac/adが変えるモバイルの世界(動向編)
201X年の近未来、モバイル機器はもっと自由になる。写真や映像といったさまざまな大容量コンテンツを、「意識」しないほどスムーズにやりとりできる時代へ。モバイル機器の無線通信技術が今大きく変わろうとしている。スマートフォンやタブレットPCといったモバイル機器の使い勝手を大きく高める、新たな無線通信技術の最新動向をまとめた。(2012/3/9)

Mobile World Congress 2012:
トラフィック対策からLTE対応の同報配信技術まで――MWCのQualcommブース
LTE網を利用した同報配信技術からトラフィック対策として期待されるヘットネット技術、LTE時代の音声通話技術まで――。Qualcommブースで最新技術をチェックした。(2012/3/2)

KDDI、「EZチャンネル」と「EZチャンネルプラス」を終了
KDDIはauケータイ向けに提供しているプッシュ型のコンテンツ配信サービス「EZチャンネル」と「EZチャンネルプラス」を終了する。(2012/3/2)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。