ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「自然保護」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「自然保護」に関する情報が集まったページです。

赤ちゃんハリネズミを保護したと思ったら…… まさかの正体だった英国の出来事にほっこり
優しい人だ……。(2024/3/29)

スピン経済の歩き方:
外国人は「ジブリパーク」を称賛するのに、なぜ日本人は「高い」と感じるのか
外国人観光客に人気の「ジブリパーク」だが、国内では「高い」などの理由で反応がイマイチのようだ。今後ジブリパークが生き残るために、筆者が提案することは――。(2024/3/13)

「ジャンボタニシ推奨の事実ない」JA福岡市 「除草目的でも放飼やめて」農水省が注意喚起 SNSで“ジャンボタニシ農法”が物議かもす
農水省は「一度侵入・まん延すると根絶は困難」として地域全体でのまん延防止を促しています。(2024/3/7)

杉山淳一の「週刊鉄道経済」:
「真冬の5合目に電車で行ける」 富士登山鉄道に賛否両論
2013年に世界文化遺産に登録された富士山。登録時に指摘された課題の解決策のひとつとして、山梨県はLRT方式による「富士登山鉄道構想」を推進している。対して富士吉田市は電気バスを推している。それぞれのメリット・デメリット、そして観光地として、世界遺産としての富士山について考えてみたい。(2024/1/27)

「化石燃料の段階的廃止」の行方は:
COP28で産油国が議長に 「化石燃料との決別」が宣言された交渉の舞台裏
昨年開催されたCOP28の議長国は、産油国のアラブ首長国連邦(UAE)だった。加えて、議長は国営石油会社のCEOでもあった。「気候変動会議の議長を化石燃料会社のCEOがリードできるのか?」と大きな話題を呼んだCOP28、どのような結末を迎えたのか。(2024/1/22)

世界の観光都市もオーバーツーリズム対策 潮流に乗り遅れるな
新型コロナウイルス禍で減少した旅行者はほぼ元通りとなり、世界の観光地でもオーバーツーリズムの問題が再燃。入場制限や施設の立地規制などの措置で対抗する。(2023/12/11)

LED:
「星空保護区」でアジア初認定 南六呂師の「日本一美しい星空」を支えるパナソニックの照明技術
福井県大野市の南六呂師エリアが2023年8月に、ダークスカイが定める「星空保護区」のアーバン・ナイトスカイプレイス部門で認定を受けた。取得に際して、光害に対する厳しい規定をクリアしなければならず、エリアの街路灯を全て交換したパナソニック エレクトリックワークス社は、空に光が広がらない屋外灯の技術で貢献した。(2023/11/13)

英国が新しい硬貨発表 リスやパフィンなどデザイン、「かわいい」「おしゃれ」と話題に
英国で年内に流通予定の新硬貨のデザインが発表されました。(2023/10/16)

ユニークなシーンを激写!「野生動物面白写真コンテスト」ファイナリスト発表 エアギターなカンガルーやタンゴを踊る馬など41作品
動物がすごいのか、カメラマンがすごいのか。(2023/10/6)

香川照之、性加害報道以来のメッセージ発信 残りの人生を「歌舞伎と昆虫」に捧げる決意表明
報道後、「この命を何に捧げるべきなのか」を考えたという香川さん。(2023/8/26)

謎のトーテムポールが突然出現する珍事 英ケントの自然保護団体が作者不明のトーテムポール発見
「バルト地方の嵐の神ペルクナスが一夜にしてトーテムポールの形で現れた」と報告。(2023/8/21)

洪水に流されたトラックに人が…… 空飛ぶ救命隊による奇跡の救出劇に息をのむ
勇気と連携で無事に救助。(2023/5/27)

日清食品が“プラントベースうなぎ”を開発 動物由来原料なし、かば焼きを食べ心地にこだわって再現
環境に優しいうなぎ。(2023/5/16)

スピン経済の歩き方:
「縮むニッポン」に適したビジネスは何か “盗まれない”最強の産業
人口が急激に減少していることを受け、さまざまなサービスが縮小している。多くの業界が厳しい環境に置かれているが、そんな中でも他国から「盗まれない」産業がある。それは……。(2023/5/9)

世界・日本の7社を紹介:
金融テクノロジーで個人の「環境意識」は変わるのか? グリーンフィンテック企業の可能性と課題
環境に良い行動に繋げたいと考える消費者を、金融テクノロジーでサポートする「グリーンフィンテック」が注目を集めています。国内外の7社を例に、グリーンフィンテックの可能性と課題について考えてみます。(2023/5/9)

開発に4年超も:
オオサンショウウオやジンベエザメ 水族館が「ぬいぐるみ」制作にこだわるワケ
最大9連休となる2023年のゴールデンウイーク、水族館に足を運ぶ人も多いのではないか。水族館といえば海の生き物の展示はもちろん、見逃せないのが、ぬいぐるみなどのグッズだ。単にかわいさをアピールするだけでなく、飼育員が監修し細かな部分までリアルに再現するなど、各館ごとに手の込んだこだわりが光る。水族館がぬいぐるみの制作にこれほど注力するのはなぜなのか。(2023/4/29)

明るいサステナビリティ変革:
サステナビリティ変革のしわ寄せ、どこにいく? 根本を変える「CSV」という考え
サステナビリティ変革を推進する中で、そのしわ寄せはどこにいくのでしょうか? 事業成長とサステナビリティはトレードオフという考えを根本から変える「CSV」という概念を紹介します。(2023/4/17)

既得権への忖度か:
形骸化した日本の「カーボン・プライシング」 ”導入後ろ倒し”はいつまで続くのか?
日本政府は「GX(グリーントランスフォーメーション)」を推進しているが、実際の内容は「変革」という割には遅く、既得権に忖度しているようにみえる。その中でもGX関連施策の中心に据えられている「カーボン・プライシング導入」が日本は非常に遅れている。なぜなのかというと……(2023/3/23)

エシカルな国産スマホ「arrows N」が目指すサステナブルとは? FCNTが説明
FCNTがNTTドコモ向けに納入する「arrows N F-51C」の製品説明会を開催。重量ベースで本体の約67%を再生資源としたことが特徴だが、その製品化に至るまでの経緯が語られた(2023/2/8)

企業間での関心高まる:
「キリン 午後の紅茶」に学ぶ、生物多様性とビジネスを両立させるには? 情報開示や考え方を解説
生物多様性に関する議論は加速しており、気候変動の次の重要テーマとして国際目標が定められるなど、この1〜2年で企業による生物多様性や自然資本への関心が急速に高まっています。ビジネスと生物多様性を両立させるために企業は何から取り組むべきでしょうか? 「キリン 午後の紅茶」の事例をもとに解説していきます。(2023/1/30)

ドコモの「arrows N」は9万8780円 事前予約を受付中
NTTドコモは、サステナビリティに配慮したFCNT製スマートフォン「arrows N」を9万8780円(税込み、以下同)で販売。「いつでもカエドキプログラム」を適用した際の実質負担額は4万9940円となる。(2023/1/24)

ドコモ、サステナビリティに配慮した「arrows N」1月24日に事前予約受付開始
NTTドコモは、1月24日10時にサステナビリティに配慮したFCNT製スマートフォン「arrows N」の事前予約受付を開始。本体にリサイクル素材を採用し、耐環境/耐衝撃性能なども確保している。(2023/1/23)

COP27では「化石賞」:
石炭火力発電の“延命”で灯る赤信号 世界から取り残される日本の「脱炭素戦略」
2022年11月の「COP27」で日本は脱炭素に逆行する国として、「化石賞」を受賞してしまった。この不名誉を返上する機会は23年5月に訪れるというが、日本にはどのような振る舞いが求められるのかというと……(2023/1/10)

湯之上隆のナノフォーカス(57):
3Mが2025年末までにPFAS製造を停止、世界の半導体製造はどうなるのか
3M社が2025年末までにPFAS製造から撤退するという。世界の半導体製造は一体どうなってしまうのだろうか。(2022/12/23)

企業の先進事例:
違法・無報告・無規制な漁業で枯渇する資源 回復を目指すための「ブルーシーフード」とは?
ロックフェラー家の当主デビッド・ロックフェラー・ジュニアさんが2004年に設立した海洋保護を目的としたNGO団体「セイラーズ フォー ザ シー」。企業や自治体を通して「ブルーシーフード」を普及させようとしている。日本支局のトップに「ブルーシーフード」の可能性を聞いた。(2022/12/22)

はびこる乱獲と密漁:
ロックフェラー家当主が設立した「海を守る組織」 日本支局トップに聞く“違法・無報告・無規制の漁業”
ロックフェラー家の当主デビッド・ロックフェラー・ジュニアさんが2004年に設立した海洋保護を目的としたNGO団体「セイラーズ フォー ザ シー」。企業や自治体を通して「ブルーシーフード」を普及させようとしている。日本支局のトップに企業として取り組むべきことを聞いた。(2022/12/15)

AppleやT-Mobileなどが計画:
夢物語が急速に現実へ、衛星とモバイルの直接接続
衛星とモバイル間の直接通信は、わずか1年余りで、サイエンスフィクションのような夢物語から、現実的な展望へと変貌を遂げた。AppleはGlobalstarと、T-MobileはSpaceXと共に、顧客が宇宙から届く信号に接続できるようにする計画に取り組んでいる。また、Amazonは、低軌道(LEO)衛星コンステレーション「Project Kuiper」を複数回打ち上げる準備を進めている。(2022/11/9)

サステナビリティに配慮したエシカルスマホ「arrows N」登場 2023年2月以降に発売
NTTドコモとFCNTが、サステナビリティ(持続可能性)に配慮した新型スマートフォンを発売する。電気/電子部品を除く部材の約3分の2をリサイクル素材としつつも、arrowsスマートフォンならではの耐衝撃/耐環境性能を確保していることが特徴だ。(2022/10/6)

【クイズ「この動物、なーんだ?」】AIが生成した“ある動物”の名前を当ててみよう! 第2回「○○○」編
伝説の生き物かな?(2022/9/18)

長浜淳之介のトレンドアンテナ:
ウナギのチェーン店が急増中! 価格が高騰しているのに、売り上げが好調な理由
コロナ禍に入ってから、ウナギのチェーン店が急増している。ウナギのファストフード「名代 宇奈とと」は、約2年で店舗数が7倍に増えた。一方、高級なウナギ料理を提供するチェーン店の存在感も増している。(2022/8/1)

「土用の丑の日」に憂う:
闇で流れる「ウナギロンダリング」 土用の丑の日に未来はあるか
7月23日に、今年も土用の丑の日がやってくる――。改善進まぬ「ウナギロンダリング」の実態や漁業者搾取の「稚ウナギ謎ルール」の現状を解説する。(2022/7/22)

Mincraftの無料DLCマップ「ROOTED TOGETHER」公開 マングローブ再生プロジェクトの一環
Minecraftの新しいDLCマップ「ROOTED TOGETHER」が公開され、公式マーケットプレイスから無料でダウンロード可能だ。(2022/6/24)

緑の募金を実施:
無料で最大300人を「小田急山中湖フォレストコテージ」に招待 小田急電鉄の狙いは?
小田急電鉄は、アウトドア施設「小田急山中湖フォレストコテージ」(山梨県山中湖村)に最大300人を無料招待するイベントを開催する。どんな狙いがあるのか?(2022/6/9)

導入事例:
2021年度の事業活動で利用する電力を100%再生可能エネルギーで調達、安藤ハザマ
安藤ハザマは、2021年度に同社グループの事業活動で使用した全電力を、再生可能エネルギー由来の電力で調達した。今回の取り組みは、同社のSBTとRE100の目標達成に向けた取り組みの一環であるとともに、顧客のサプライチェーン排出量削減にも貢献するという。(2022/5/30)

広島県在住者が「住み続けたい駅」ランキング、2位は「広大附属学校前」 1位は?
調査対象者は広島県内在住の20歳以上の男女。(2022/5/25)

海外事例で考える「脱炭素×製造業」の未来(3):
サプライヤー数は“トヨタ越え”、シーメンスが挑む6万社超のCO2排出量削減
国内製造業は本当に脱炭素を実現できるのか――。この問いに対して、本連載では国内製造業がとるべき行動を、海外先進事例をもとに検討していきます。第3回は幅広い分野で製品、ソリューションを展開するシーメンスを取り上げ、6万5000社を超えるサプライヤーにどのように脱炭素の取り組みを働きかけているのかを解説します。(2022/5/11)

スマトラトラは400ピース――絶滅危惧種のジグソーパズル、WWFカナダが発売 ピースの数は野生に残った個体数
わずか73ピースの動物も。(2022/3/24)

ロンドン郊外の庭で猫とキツネが遭遇して…… 一触即発のハプニングに思わずヒヤリとしてしまう
せっかくのんびりしてたのに。(2022/2/12)

仏で動物愛護に関する法案が可決、ペット店での犬猫販売・水族館のイルカ飼育が禁止に 動物愛護団体と水族館の反応を取材
動物愛護に関する法案が可決されました。(2021/12/1)

12月1日から:
スターバックス、皇居外苑にエコ店舗 廃棄物量を40%減らす
スターバックス コーヒー ジャパンは、「スターバックス コーヒー 皇居外苑 和田倉噴水公園店」をグランドオープンすると発表した。環境負荷の低減を目的とした店舗運営や実証実験を行っていく。店内にはどんな工夫が施されているのだろうか。(2021/11/30)

Go AbekawaのGo Global!〜Maverick Tayag編(後):
「成長するために頑張ること」と「強過ぎるプレッシャーの中で仕事をすること」は違う
グローバルに活躍するエンジニアを紹介する本連載。前回に引き続き三通のMaverick Tayag(マーベリック・タヤッグ)氏にお話を伺う。祖母の後押しもあり、日本で働き始めたタヤッグ氏。同氏が日本のエンジニアに対して思うこととは。(2021/11/30)

植物学者たちが“写真の場所を当てるゲーム”に挑戦したら…… 植物学の知識をフル活用して推理する動画が面白い
目の付け所が違います。(2021/9/26)

バス? それとも電車? パンタグラフがある謎の電気バス「トロリーバス」のお話
電車のようなバス……? それともバスのような電車……?(2021/9/16)

いまさら聞けない自動車業界用語(16):
CO2排出削減だけじゃない、環境のためにやるべきこと
今回は近年、非常に注目されていて、自動車関連企業の各社が積極的に取り組んでいる「環境」について説明します。(2021/8/23)

タイムアウト東京のオススメ:
岡山に隈研吾監修のサステナブルなパビリオンが誕生
東京の街の“ローカルエキスパート”が、仕事の合間に一息つけるスポットやイベントを紹介します。(2021/8/3)

「土用の丑の日」に憂う:
止まらないウナギロンダリング 漁業者搾取の謎ルールに支えられる「黒いウナギ」に未来はあるか
今年もウナギ業界最大のイベント「土用の丑の日」がやってきた――。(2021/7/28)

絶滅危惧種のタスマニアデビル 3000年ぶりにオーストラリア本土で自然繁殖
おなかの袋に豆粒ほどの赤ちゃんが!(2021/6/16)

PR:にっこり笑顔のホッキョクギツネ、「ンン゛ーッ!」と必死なユキヒョウ 野生動物たちのレアな表情を“WWFフォトギャラリー”で見てみよう
LINEで友だちになると、誰でも見ることができます。(2021/5/24)

ホテルの行方:
自粛ムードが漂っているのに、なぜ星野リゾートやドーミーインは続々と開業するのか
新型コロナウイルス感染拡大を受けて、ホテル業界が苦しんでいる。この先、一体どうなるのか。星野リゾートとドーミーインの取り組みを見ると……。(2021/4/26)

太陽光:
太陽光発電で失われた土地の1位は「里山」、国立環境研究所が全国調査
国立環境研究所が太陽光発電による土地改変の実態を明らかとするために、出力0.5MW(500kW)以上の発電容量を持つ国内の太陽光発電所を地図化し、規模や分布の特徴をまとめた調査結果を公表した。国内の0.5MW以上の太陽光発電所は8725カ所で、いわゆる里山と定義される環境に建設されているケースが多いことが分かった。(2021/4/7)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。