ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  N

「NECライティング」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「NECライティング」に関する情報が集まったページです。

製造マネジメントニュース:
収益構造改革の状況を発表、希望退職の募集と照明事業を譲渡へ
NECは、収益構造改革の一環として、特別転進支援施策(希望退職の募集)を含む人材活用施策の実施と照明事業の譲渡を発表した。2019年3月末までに約3000人が減少し、収益改善効果として、年度換算で約240億円を見込んでいる。(2018/12/14)

大林組が省エネ性と意匠性を兼ね備えた「天井用照明」開発
大林組が、グリッドシステム天井用に面発光の照明器具を開発。業界最高水準となる光取り出し効率93%の導光板を活用し、発光効率110.1lm/W(ルーメンパーワット)の省エネ性と、意匠性豊かな空間デザインの両立を実現した。(2018/6/25)

LED照明:
NECライティングが蛍光灯の生産を終了、LED照明への置き換え加速へ
NECライティングは2018年3月に蛍光灯器具の生産を終了する。LED照明への置き換えを加速させる方針である。同社の他では、既にパナソニックや東芝ライテックが蛍光灯器具の生産終了を発表している。(2016/9/26)

滝田勝紀の「白物家電、スゴイ技術」:
ソニーが“照明”を作る理由
ソニーといえば、オーディオ・ビジュアル製品が中心の“クロモノ家電”メーカーだが、最近はシロモノ家電的にも注目したい動きを見せている。それが「マルチファンクションライト」であり、「Life Space UX」の「LED電球スピーカー」や「グラスサウンドスピーカー」だ。(2016/5/16)

LED照明:
高天井の水銀灯、LEDで省エネ・小型化・明かりの質
倉庫など高所に設置する照明は光量が大きくなければならない。この条件を満たす水銀灯を、LED照明が置き換え始めた。省エネによって電気料金を抑えることができる。省エネの次は、器具の小型軽量化と明かりの品質向上だ。(2015/12/2)

LED照明:
阪神大震災を契機に生まれた残光型照明、業務用LED製品を追加
災害時の停電でもしばらく明るい――。NECライティングは、消灯時も淡いブルーグリーンの明かりが残るホタルック機能搭載の業務用LED照明のラインアップを追加した。(2015/11/25)

本田雅一の「男の白モノ」:
生活の中に溶け込み、ほとんど見えなくなる“スピーカー”とは
白物家電にも男心をくすぐる製品がいっぱいある! というわけで、本田雅一氏が個人的に気になったモノをピックアップする不定期連載がスタート。記念すべき第1回は、パナソニックの“シーリングスピーカー”。(2013/11/25)

配線どころか置き場所もいらないBluetoothスピーカー、パナソニック「シーリングスピーカー」を見てきた
パナソニックは、天井に設置する“シーリングスピーカー”2機種を発表した。照明器具用の引掛シーリングに取り付け、その配線で電源を得るBluetoothスピーカーだ。(2013/9/2)

LEDシーリングライトも買い時?——ビックカメラに聞く、この夏の注目製品
夏商戦で賑わう家電量販店。今年の夏はどのような商品が人気を得ているのだろうか。今回は、省エネ照明器具として注目される「LEDシーリングライト」についてリポートしよう。(2013/8/12)

ライティング・フェア2013:
次世代照明“有機EL”の憂うつ、そして明るさ
かつて“次世代の照明”といわれたLEDが急速に普及した一方、同じく“次世代の照明”といわれる有機ELは難しい環境に置かれている。東京ビッグサイトで開催中の「ライティングフェア」で最新の動向を探った。(2013/3/6)

注目製品/LED照明:
業界最高の明るさを誇るLEDデスクスタンド
NECライティング、2013年2月4日発売(2013/1/30)

注目製品/LED照明:
業界最高の明るさを誇る100形ハロゲン代替のLED電球
NECライティング、2013年1月15日発売(2013/1/11)

NECライティング、100形ハロゲン電球を置き換えるLED電球
NECライティングは、LED照明「LIFELED'S」ブランドの新製品として、100形ハロゲン電球相当の最大光度を実現したLED電球を発売する。(2013/1/9)

注目製品/LED照明:
業界初、電球色で白熱電球100W型相当の明るさを実現したLED電球
NECライティング、2013年1月発売(2013/1/8)

年末年始は切り替えのチャンス!:
蛍光灯より1クラス上を選ぶのが吉、ビックカメラに聞く“LEDシーリングライト”事情
年末の電球編に続き、今回はLEDシーリングライトの売れ筋についてお伝えしよう。前回と同様、「ビックロ ビックカメラ新宿東口店」に取材し、ビックカメラ全店のランキングとともにLEDシーリングライトの動向について聞いた。(2013/1/7)

NECライティング、「ホタルック」搭載のLEDシーリングライト28機種を発売
消灯後も淡い光で室内をしばらく照らしてくれる「ホタルック」機能を搭載したLEDシーリングライトが登場。(2012/9/4)

LED照明:
なるべくお金をかけないで済ませる、照明の節電対策5つのポイント
LED照明など、消費電力が少ない照明器具を導入する企業が増えている。空調と異なり、照明は1年間同じように使うもの。照明機器が消費する電力を削減できれば、その効果は1年中続く。しかし、節電対策にあまりお金を掛けられないという企業もあるだろう。本稿では、なるべくコストをかけずに、照明にかかる電力を削減する方法を解説する。(2012/8/31)

我慢しないLED照明選び――2012年夏
節電をしない人に理由を聞くと、上位には「面倒だと思うから」「我慢するのが嫌だから」といった意見が並ぶ。しかし、LED照明なら手間は器具を買ってきて取り換えるだけ。近年の性能アップにより不満のないレベルに達している。(2012/8/10)

LED照明:
断熱材で覆った照明器具でも使えて明るく光る、E17口金のLED電球
LED電球は価格も下がり、気軽に購入できるようになったため、節電対策の一環として購入している人が増えている。ただし、天井照明の中でも断熱材で覆ってある照明器具には普通のLED電球は使えない。NECライティングは断熱材で覆った照明器具でも使え、電力消費効率が高いLED電球を発売する。(2012/8/2)

製品ディレクトリ/LED照明:
ミニクリプトン電球とほぼ同じように光が広がるLED電球
NECライティング、2012年8月13日発売(2012/8/1)

E17口金:
NECライティング、断熱材施工器具対応の小型LED電球を新発売
NECライティングから、断熱材施工器具や密閉形器具に対応したE17口金の50形LED電球2種類が登場。(2012/8/1)

LED照明:
価格低下と明るさ向上が進む直管形LED、最新製品徹底比較
空調機器とは異なり、照明をLEDに入れ替えることによる節電効果は夏だけでなく、1年中期待できる。本稿では、多くのオフィスが使用している40形蛍光灯を直管形LEDランプに置き換えることを想定し、各社が発売している直管形LEDランプの特長を紹介していく。(2012/7/30)

製品ディレクトリ/LED照明:
60W形の白熱電球よりも光が広がる電球形LEDランプ
NECライティング、2012年5月1日発売(2012/4/23)

NECライティング、330度の配光角を持つLED電球に高出力タイプを追加
NECライティングは、広配光角タイプのLED電球に高出力タイプを追加する。白熱灯60ワット形相当。(2012/4/20)

LED照明:
LED照明の導入効果と注意点 第3回 「機器選定と導入」
企業におけるLED照明導入の効果を注意点を解説する連載の第3回。直管形LED照明を導入すると決め、機器を選定するときに注意したい口金の問題について解説する。導入時には、以前と同じ光環境を再現しようとする人が多いが、まったく違うもう1つの考え方を紹介する。(2012/4/20)

LED Next Stage:
より電球っぽくなったLED電球、音と光を操るLEDシーリングライト
ここ数年で急速に普及したLED電球。メーカー各社は差別化のための“次の一手”を模索している。(2012/3/12)

知財コンサルタントが教える業界事情(11):
なぜ、パナソニックは有機EL照明事業開発に熱心なのかを推察する
読者の方々の関心が高い有機EL技術について、もう少し掘り起こしてみることにしましょう。今回は出願年に注目したいので商用データベースを試用しています。(2012/1/19)

節電体質の家にしよう:
白色LED電球、シチュエーション別“使える”ランキング
シチュエーション別に昼光色/昼白色のLED電球の中から「おすすめベスト3」を紹介する。光色ごとにランキングを作ってみたので、これを参考に自分の用途に合わせて最適なLED電球を選んでみよう。(2011/11/1)

知財コンサルタントが教える業界事情(8):
今後どうなる!? 日本の有機EL技術〔後編〕どうなるコダック? ソニー vs. シャープの開発競争は?
中編で見た韓国企業の有機ELディスプレイ関連の知財戦略のしたたかさに対して、欧米・日本企業はどんな作戦を立てているのだろうか。知財データベースから業界事情を推察する。(2011/10/14)

NECライティング、330度の配光角を持つLED電球新製品
NECライティングは、LED電球「LIFELED'S」シリーズの新製品として、白熱電球に近い330度の配光角を実現した電球形LEDランプを発売する。(2011/9/12)

E26、昼白色/昼光色:
失敗しないLED電球の選び方、東芝ライテック“E-CORE”「LDA9N」
今回紹介するのは、東芝ライテック“E-CORE”シリーズの「LDA9N」。全光束850ルーメンという明るさを誇る昼白色タイプのLED電球だ。(2011/9/9)

E26、昼白色/昼光色:
失敗しないLED電球の選び方、パナソニック“EVERLEDS”「LDA9D-H」
今回紹介するのはパナソニック“EVERLEDS”「LDA9D-H」。密閉器具に対応した昼光色で825ルーメンの明るさを誇る大光量のLED電球だ。(2011/8/26)

E26、昼白色/昼光色:
失敗しないLED電球の選び方、東芝ライテック“E-CORE”「LDA8N-G」
東芝ライテックの“E-CORE”「LDA8N-G」は、独自の「マルチ拡散グローブ」の採用により、従来のLED電球よりも広い配光角を実現した昼白色のLED電球だ。(2011/8/18)

E26、昼白色/昼光色:
失敗しないLED電球の選び方、XLEDIA「X15-CJ」
今回紹介するのは、XLEDIA(エクスレディア)の「X15-CJ」。全光束1300ルーメンと、他社を大きく上回る明るさを実現したこのLED電球について詳しく紹介しよう。(2011/8/4)

E26、昼白色/昼光色:
失敗しないLED電球の選び方、東芝ライテック“E-CORE”「LDA6N/2」
今回紹介するのは東芝ライテックの“E-CORE”「LDA6N/2」。白熱灯に似たフォルムで密閉形器具にも対応したスタンダードなLED電球だ。(2011/8/3)

E26、昼白色/昼光色:
失敗しないLED電球の選び方、日立アプライアンス「LDA7D-A」
今回紹介するのは日立アプライアンスの「LDA7D-A」。発光面が広い「ビッグカバー」を採用した、サイズが大きめのLEDライトだ。(2011/7/19)

E26、昼白色/昼光色:
失敗しないLED電球の選び方、三菱電機オスラム“PARATHOM”「LDA7D-H」
今回紹介するのは三菱電機オスラムの“PARATHOM”(パラトン)から「LDA7D-H」。全光束470ルーメンの昼光色タイプで、手頃な価格で買えるスタンダードなLED電球だ。(2011/7/14)

E26、昼白色/昼光色:
失敗しないLED電球の選び方、シャープ“ELM”「DL-LA41N」
今回紹介するのはシャープの“ELM”「DL-LA41N」。昼白色のLED電球の中ではもっとも価格の安いこのライトは密閉器具にも対応しており、さまざまな場所で使えるお買い得モデルだ。(2011/7/11)

E26、昼白色/昼光色:
失敗しないLED電球の選び方、パナソニック“EVERLEDS”「LDA6N-H」
今回紹介するのはパナソニック“EVERLEDS”(エバーレッズ)の「LDA6N-H」。密閉器具に対応した昼白色相当のこの製品について詳しくレビューしよう。(2011/7/6)

E26、昼白色/昼光色:
失敗しないLED電球の選び方、NECライティング“LIFELED’S”「LDA8N」
今回から、クールな印象の白色系LED電球を紹介していこう。まずはNECライティングの“LIFELED’S LDA8N”。低価格ながらも全光束550ルーメンという明るさを実現したコストパフォーマンスの高い製品だ。(2011/6/30)

失敗しないLED電球の選び方(11):
シチュエーション別、LED電球“使える”ランキング
今回は特集の締めくくりとして、各社のLED電球のおすすめベスト3を紹介しよう。シチュエーション別にランキングをまとめたので、これを参考に自分の用途に合わせて最適なLED電球を選んでほしい。(2011/5/13)

節電体質の家にしよう:
失敗しないLED電球の選び方(10) パナソニック“EVERLEDS”「LDA7L-G」
最後に紹介するのはパナソニックの「EVERLEDS LDA7L-G」。今年3月に発売されたばかりの最新モデルで、白熱灯に匹敵する300度の配光角が特長だ。この製品ついて詳しくリポートしよう。(2011/5/12)

節電体質の家にしよう:
失敗しないLED電球の選び方(9) パナソニック“EVERLEDS”「LDA9L-H」
今回紹介するのはパナソニックの“EVERLEDS”「LDA9L-H」。同社の電球色タイプの中ではもっとも明るいこの製品について、詳しくレポートしよう。(2011/4/26)

製品ディレクトリ/LED照明:
蛍光灯照明器具をLED照明に変更して節電できるリニューアルキット
NECライティング、2011年5月20日発売(2011/4/25)

節電体質の家にしよう:
失敗しないLED電球の選び方(8) 東芝ライテック“E-CORE”「LDA9L」
今回紹介するのは東芝ライテックの「E-CORE LDA9L」。従来よりもコンパクトになり、明るさも増したこの最新モデルについて詳しくリポートしよう。(2011/4/19)

節電体質の家にしよう:
失敗しないLED電球の選び方(7) シャープ“ELM”「DL-LA62L」
今回紹介するのはシャープの「ELM DL-LA62L」。シャープのスタンダードモデルの中でもっとも全光束の高いLED電球で、メイン照明として使える明るさが魅力だ。(2011/4/18)

節電体質の家にしよう:
失敗しないLED電球の選び方(6) 東芝ライテック“E-CORE”「LDA7L」
今回紹介するLED電球は東芝ライテックの“E-CORE”「LDA7L」。明るさと発色の良さが魅力のこのLED電球について使用感をリポートしよう。(2011/4/6)

節電体質の家にしよう:
失敗しないLED電球の選び方(5) 日立アプライアンス「LDA7L-A」
今回紹介するのは日立アプライアンスの「LDA7L-A」。ホコリのたまりにくいフィンレスのデザインが特徴のこの製品ついてリポートしよう。(2011/4/5)

節電体質の家にしよう:
失敗しないLED電球の選び方(4) シャープ“ELM”「DL-LA42L」
今回紹介するのはシャープの“ELM”「DL-LA42L」。一般家庭用のLED電球が普及し始めたのはここ数年の出来事だが、そのきっかけの1つが2009年7月にシャープが新規参入したことだと言われている。そのELMシリーズの現行モデルをチェックしよう。(2011/4/4)

節電体質の家にしよう:
失敗しないLED電球の選び方(3) パナソニック“EVERLEDS”「LDA7L-A1」
今回紹介するLED電球は、パナソニックの“EVERLEDS”「LDA7L-A1」だ。軽量・コンパクトで密閉型器具でも使用可能なこのLED電球について、詳しくリポートしよう。(2011/4/1)



にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。