ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「ノンフィクション」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「ノンフィクション」に関する情報が集まったページです。

世界を読み解くニュース・サロン:
なぜフェイスブックが「いじめっこだ」と世界から叩かれているのか
米フェイスブックが強大な影響力を批判されている。最近はオーストラリアでニュース記事の利用に料金を支払うよう求められ、強硬措置を取った。一方、グーグルは記事に対価を支払う新サービスの契約を各国で進める。劣勢のフェイスブックの今後の対応は?(2021/2/25)

スピン経済の歩き方:
「寿司業界」にこそ、日本経済復活のヒントがある理由
新型コロナの感染拡大を受けて、「倒産」の言葉をよく耳にするようになった。寿司店も例外ではなく、小・零細店を中心に倒産件数は高水準で推移している。「まあ、仕方がないよ」と思われた人も多いかもしれないが、筆者の窪田氏は前向きに受け止めているという。どういうことかというと……。(2021/2/23)

世界を読み解くニュース・サロン:
コロナ禍なのに、なぜ「起業」が世界で急増しているのか
新型コロナの影響が長引き、世界的に経済が低迷している。そんな中、小規模ビジネスを新たに立ち上げる動きが活発だ。米国やフランスなどで起業数が急増。コロナ禍の新たな需要を取り込もうとする動きも多い。これまでなかった発想のビジネスも生まれている。(2021/2/18)

スピン経済の歩き方:
「女性社外取締役」が増えると、男女格差が広がる皮肉なワケ
オリパラ組織委員会の会長人事の議論が盛り上がるなか、民間企業では着々と女性の経営参画が進んでいる。不二家が女優の酒井美紀さんを社外取締役に大抜てきしたが、筆者の窪田氏は「女性社外取締役が増えれば増えるほど、男女格差が広がっていく」という。どういう意味かというと……。(2021/2/16)

世界を読み解くニュース・サロン:
世界から非難されるミャンマー 日本企業は“ビジネスの危機”を乗り越えられるのか
ミャンマーで軍によるクーデターが発生。米国が経済制裁を強化する可能性もあり、現地に進出する多くの日本企業のビジネスが制限されることに。そして中国の存在感も強まる。この状況を救えるのは、ミャンマーとつながりを築いてきた日本政府だ。(2021/2/11)

スピン経済の歩き方:
なぜ会社は森喜朗氏のような「調整老人」がいないと、仕事が進まないのか
女性蔑視発言で国際的なバッシングを受け、引退に追い込まれていた森喜朗氏。周囲からの「辞めないでコール」によって不死鳥のごとくカムバックを果たしたが、なぜ会社や組織のトップに彼のような「調整老人」がたくさんいるのか。その背景を分析してみると……。(2021/2/9)

世界を読み解くニュース・サロン:
「就職希望です!」「研究成果を見て!」――巨大IT企業も狙われる、北朝鮮の巧妙な“攻撃”手口
北朝鮮のサイバー攻撃がまたニュースになっている。米国ではグーグルに対して、コンピュータ研究者を装って接触する攻撃を仕掛けた。過去には就職希望を装ってメールし、リンクをクリックさせる手口も。コロナ禍の混乱の中、日本も油断は禁物だ。(2021/2/4)

スピン経済の歩き方:
「納豆」はキムチの牙城を崩せるか “日本食”が脅威にさらされているワケ
「免疫力アップ食品」としてキムチが世界で注目されている。同じく発酵食品の「納豆」はどうか。納豆を世界に向けて“日本文化”として広めていくためには、強かな戦略が必要だ。そうでないと、韓国や中国に「起源」として主張されてしまう恐れもある。(2021/2/2)

幽霊も絶賛の「独身メシ」によだれが…… 異色の料理エッセイ漫画『ひとり事 キューライスのサクセスごはん』
ほっと心温まる料理と水彩画。(2021/1/28)

スピン経済の歩き方:
「出勤者7割削減」なんて無理な呼びかけは、やめたほうがいい理由
政府や自治体が喉を枯らして「出勤者7割削減」を呼びかけている。しかし、筆者の窪田氏は「『出勤者7割削減』の呼びかけもやめたほうがいい」と考える。なぜかというと……。(2021/1/26)

JKがハマる「チャイボーグ」 トレンド牽引、中国製の化粧品
 もう十数年前のことになるが、北京で中国中央テレビの番組に出演したことがある。ラジオ番組のMCが一堂に会して、自分たちの番組紹介をするという特別番組だった。(ノンフィクション作家・青樹明子)(2021/1/22)

世界を読み解くニュース・サロン:
イーロン・マスクも脱出 “最先端の街・シリコンバレー”は過去のものとなるのか
米IT業界の象徴だったシリコンバレーから、有名企業や経営者が離れつつある。コロナ禍によるテレワークの普及に加えて、シリコンバレーのリベラルな空気に違和感を持つ経営者などが増えているからだ。シリコンバレーは“過去のもの”となっていくのか。(2021/1/21)

スピン経済の歩き方:
「ふざけんなよと」怒り爆発 大手外食が“露骨に冷遇”されるワケ
「ランチがどうのこうのと言われました。ふざけんなよと」――。サイゼリヤの社長がキレたわけだが、その気持ちも分からないわけではない。東京都の感染拡大防止協力金(1日6万円)をみると、中小企業や個人事業主には配られるのに、なぜ大手チェーンには支給されないのか。その背景にあるのは……。(2021/1/19)

「スーパー戦隊」と「学研の図鑑」が奇跡の合体! 子どもから大人まで楽しめるファン必読書が4月8日に発売
「ゴレンジャー」から「ゼンカイジャー」までの45作品!(2021/1/15)

世界を読み解くニュース・サロン:
民間企業が主導した、トランプ大統領「ネット追放劇」に見る“権限”とリスク
TwitterやFacebookがトランプ大統領のアカウントを次々と停止。民間企業が大統領の口封じをする権利があるのか、と議論になった。SNSのルール上、暴動につながる発信は許容できないようだ。ただ、サービス提供者が人々の生活や権利に及ぼす影響がますます大きくなっていることは知っておくべきだ。(2021/1/14)

「全裸監督2」の新ヒロインは恒松祐里! オファー時は葛藤も「沢山悩みました」「逃したく無い。が勝ちました」
これはナイスな配役ですね〜!(2021/1/13)

スピン経済の歩き方:
飲食店にバラまかれる協力金が、「現場で働く人」にまで届かないワケ
1都3県で緊急事態宣言が発出されて、多くの飲食店が苦戦を強いられている。「一律1日6万円の協力金」がバラまかれることになったが、こうした支援金は現場で働く人たちにまで行き届いているのだろうか。答えは……。(2021/1/12)

スピン経済の歩き方:
なぜ「すしざんまい」は、マグロの初競りを自粛したのか
マグロの初競りで一昨年は3億3360万円――。驚くような落札額で世間をにぎわせてきた「すしざんまい」(運営:喜代村)が、今年のマグロ初競りを自粛した。なぜ自粛したのかというと……。(2021/1/7)

世界を読み解くニュース・サロン:
「生産性」「人材」で世界に後れ イノベーションランキングに見る、日本の深刻な位置付け
経済団体のリーダーたちが連呼する「イノベーション」。世界と比べると、日本は決して進んでいない。ランキングでは他の先進国に後れを取っている。特に、生産性と専門教育が弱い。世界の課題はコロナ後のイノベーション復活だが、日本にとってはチャンスにもなる。(2021/1/7)

「中年女性によるまんがタイムきらら空間」 経験者2組が語る「オタク同士のルームシェアって、実際どう?」
Twitterが得意なオタクはルームシェアに向いている。(2021/1/4)

スピン経済の歩き方:
鉄道、宅配、コンビニ、病院が、次々とブラック化するワケ
鉄道、コンビニ、病院、宅配――。日本のインフラは整備されていて、利用者にとってはとても便利だ。しかし、である。現場に目を向けると、ブラック化している職場も少なくない。その背景に、何があるのかというと……。(2020/12/30)

世界を読み解くニュース・サロン:
大手企業が次々と被害に ソーラーウィンズから連鎖した「サプライチェーン攻撃」の脅威
米国のIT企業、ソーラーウィンズへの大規模サイバー攻撃が話題になっている。同社の製品を導入した大手企業や政府機関が被害に遭い、情報を盗まれた。サプライチェーン攻撃は、いつ自分たちも被害を受けるか分からないという認識でいることが必要だ。(2020/12/24)

スピン経済の歩き方:
ナイキ、DHCも標的に! 「不買運動」はホントのところ、どれほど効果があるのか
ナイキが「差別」をテーマにした動画を公開して、不買運動が起きた。DHCが「差別的表現」をして、不買が呼びかけられている。こうした行動は、どこまで効果があるのか。売り上げなどを見ると……。(2020/12/22)

世界を読み解くニュース・サロン:
ビジネスパーソンも標的 高度技術を狙う、中国「ハニートラップ」の実態
米国などで中国によるハニートラップが話題になっている。古典的だが、今も駆使されており、知的財産を狙って企業関係者を標的にするケースも多い。国際ビジネスの場やSNS、アプリなど接触される危険は多い。自分もターゲットになる可能性があると認識しておくべきだ。(2020/12/17)

スピン経済の歩き方:
焼肉業界で「大豆ミート」が主流になる、これだけの理由
外食産業が苦戦する中、「焼肉」が健闘している。カルビやハラミなどを好む人が多いだろうが、近い将来、肉を食べることができない日がやって来るかもしれないのだ。どういうことかというと……。(2020/12/15)

世界を読み解くニュース・サロン:
宙に浮いた「TikTok」の運命は? まとまらない買収交渉の顛末
人気アプリ「TikTok」の米事業売却が合意に至らず、中途半端な状態だ。安全保障リスクを理由に、トランプ政権が使用禁止や米企業による買収に向けて動いていた。このままだと新政権が判断することになる。日本でも禁止にはならないだろうが、リスクの可能性は知っておくべきだ。(2020/12/10)

スピン経済の歩き方:
「中小企業は大企業に搾取されている」という説は、本当か
成長戦略会議が、中小企業の規模拡大を支援していく方針を固めた。反対の声も出ているが、筆者の意見は……。(2020/12/8)

元ノラ猫「今日からここがおうちだニャ―!」 初日から無防備な子猫のリラックスっぷりがよい
初日以降もおうちを満喫!(2020/12/8)

世界を読み解くニュース・サロン:
感染者最多の米国に「海外出張」 空港で実感した水際対策の違いとビジネス渡航の現状
新型コロナの感染者が最も多い米国に出張した。現地の入国では、新型コロナに関して緩い対応。一方、日本入国の際は多くの書類を渡され、一時隔離されて検査を受けた。訪問先の国によって対応も異なる。十分な情報収集と細心の注意があれば、ビジネス渡航は可能だ。(2020/12/3)

スピン経済の歩き方:
アイデア募集したら不正告発! 「政商」群がる? デジタル庁は大丈夫か
「デジタル改革アイデアボックス」をご存じだろうか。菅総理肝いりで進めているデジタル庁の創設に向けて、みなさんからアイデアを募集しているが、そこに「内部告発」が届いたのだ。「デジタル庁は大丈夫なの?」と思われたかもしれないが、筆者の窪田氏は違う見方をしていて……。(2020/12/1)

世界を読み解くニュース・サロン:
中国が覇権奪取に利用? 「QRコード」がコロナ禍で世界から注目されるワケ
G20サミットで中国の習近平国家主席が「QRコード」に言及。新型コロナ対策などで主導権を握ろうとしている。日本で生まれたQRコードは、コロナ禍を機に、中国に限らず世界で利用が進む。感染対策や非接触サービスをきっかけに、利用範囲が広がっていきそうだ。(2020/11/26)

実写ドラマ「おじさまと猫」、ふくまるの声優は神木隆之介! 草刈正雄に続く“神キャスティング”に「絶対可愛い」「育てたい」の声
楽しみすぎるな。(2020/11/25)

怖い上司が「保護犬を飼うの」 好感度とテンションが爆上がりする犬好きの漫画が共感を呼ぶ
ひとの愛犬を見たい気持ちわかる……!(2020/11/25)

スピン経済の歩き方:
「我慢の3連休」だったのに、なぜ人は「経済」を優先したのか
新型コロナの感染者が急増したことで、日本医師会が「我慢の3連休」を呼びかけたにもかかわらず、観光地や繁華街などでは多くの人が訪れていた。なぜ感染者が増えているのに、人は街中を歩くのか。その背景に……。(2020/11/24)

世界を読み解くニュース・サロン:
莫大なカネを動かす“オンライン活動” バイデンを勝利に導いた「コロナ時代の必須戦略」とは
米大統領選では、バイデン陣営が大規模なオンライン戦略を実施し、勝利の大きな要素となった。支援者を動かし、巨額の資金を集めた方法とは? コロナ禍において、企業にとってもますますオンライン活動が重要になりそうだ。(2020/11/20)

世界を読み解くニュース・サロン:
カプコンを攻撃したのは誰か 「世界で最も有害」なサイバー犯罪集団の正体
カプコンがサイバー攻撃を受けた。最大35万件の個人情報が流出した可能性がある。その攻撃を仕掛けたのはどんな集団かというと、世界的に暗躍するロシア系のハッカー集団だという。他にもランサムウェアによる攻撃は勢いを増しており、対応を急ぐ必要がある。(2020/11/18)

スピン経済の歩き方:
在宅勤務なら大丈夫でしょ! 「100万人の引きこもり」を活用できるのか
日本には「引きこもりが100万人いる」と言われている。人手不足が叫ばれている中、「過疎地で、引きこもりの方たちを活用しては?」といった声が出ているが、実現するのだろうか。筆者の窪田氏は否定的に考えていて……。(2020/11/17)

世界を読み解くニュース・サロン:
現地で見た、米大統領選“熱狂”の裏で二極化するビジネス コロナ再拡大の深刻な実態
米国では大統領選の裏で新型コロナの感染者が再び増加し、経済活動に影を落としている。レストラン業界では体力のない小規模店を中心に閉店が相次ぎ、雇用を維持できなくなっている。ホテルも壊滅的だ。当選したバイデンの船出はかなり厳しいものになるだろう。(2020/11/12)

新宿の有名ゲーセン「GAME SPOT21」が2021年1月に閉店へ 「かつての聖地が…」「泣きそう」
「バーチャファイター」シーンの中心となった“聖地”の一つでした。(2020/11/11)

スピン経済の歩き方:
「70歳まで会社にしがみつく人」が結局、会社を弱体化させてしまうワケ
定年を引き上げるニュースが相次いでる。現行の60歳から65歳にする企業が増えてきているわけだが、筆者の窪田氏はこの動きに懸念を抱いている。「長く働くことができていいじゃないか」と思われたかもしれないが……。(2020/11/10)

スピン経済の歩き方:
だから、多くのアパレルは苦戦することに
名門ブランド「レナウン」の消滅が決まった。このほかにも多くのアパレルが苦戦しているが、なぜこのような事態に陥ったのか。店舗数の多さが関係しているようで……。(2020/11/3)

スピン経済の歩き方:
セブンの「ステルス値上げ」を疑う人が、後を絶たない理由
消費者が知らない間に、こっそりと量を減らして価格は据え置き――。セブン-イレブンが「ステルス値上げ」をしているのではないかと叩かれている。なぜ、このように疑われているのか。筆者の窪田氏は、このように分析していて……。(2020/10/27)

スピン経済の歩き方:
人口減は予測できたのに、なぜ百貨店は増えていったのか
百貨店が相次いで閉店している。その要因として「消費構造が変わったから」「地方経済が厳しいから」といった意見が出てきそうだが、筆者の窪田氏は違う見方をしている。どういうことかというと……。(2020/10/20)

スピン経済の歩き方:
「オレは絶対に悪くない!」という“他責おじさん”が、なぜ出世するのか
「オレは絶対に悪くないからな!」――。会社の幹部や上司の顔を思い出して、「いるいる。ウチの会社にもたくさんいるよ」と感じた人もいるのでは。なぜ、他人のせいにする人が出世するのか。その背景を調べてみると……。(2020/10/13)

世界を読み解くニュース・サロン:
ビザ審査厳格化でも不十分な「中国スパイ対策」 日本の未来を揺るがす“経済安全保障”の大問題
政府が留学生などのビザ審査を厳格化する方針だと報じられた。中国などへの技術の流出が懸念されているからだ。日本の「経済安全保障」にとっては重要な動きだが、今回の対策では心もとない。日本では米国のような厳格な取り締まりができない。本気の対策が求められる。(2020/10/8)

スピン経済の歩き方:
日本郵政の「謝罪キャンペーン」が、新たな不祥事の呼び水になると考える理由
郵便局員による「おわび活動」がスタートした。「かんぽ生命」契約者の自宅などを局員が訪ねて、謝罪や説明を行うという。こうした行動に対し、「いいことだ!」と思われたかもしれないが、筆者の窪田氏は違う見方をしている。どういうことかというと……。(2020/10/6)

希帆、“屋根なし”の実家で撮影した完全ノンフィクションMV公開 監督は友人・重盛さと美
作詞と作曲も重盛さんが担当。(2020/10/2)

世界を読み解くニュース・サロン:
止まらない中国排除 米国の次のターゲット、鍵を握る「クラウド」企業
米国のさらなる中国企業排除が注目されている。米政府の「クリーンネットワーク計画」では5つの分野で情報を守ろうとしているが、特に中心となるのが「クラウド」。中国のクラウドサービスが次のターゲットとなる可能性があり、日本もまた振り回されそうだ。(2020/10/1)

スピン経済の歩き方:
「唐揚げバブル」の行末に不安を感じる、2つの理由
コロナ禍で外食産業がダメージを受けているなかでも、「唐揚げ専門店」は好調だ。次々に新しい店が誕生しているが、筆者の窪田氏は「唐揚げバブル」を懸念している。どういうことかというと……。(2020/9/29)

世界を読み解くニュース・サロン:
菅政権の肝いり「デジタル庁」は中途半端で大丈夫か――電子国家・エストニアの教訓
菅新政権の目玉政策の一つが「デジタル庁」の新設。だが2021年中の設置、時限組織というのは中途半端では。平井デジタル改革相も口にするデジタル大国・エストニアの事例を見ると、便利さにはリスクも伴う。セキュリティ対策も徹底した組織運営が必要だろう。(2020/9/24)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。