ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「老後」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「老後」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

ママ友が「家、きれいすぎん?」と驚がくした“秘密の間取り” 目からウロコな新提案に「すごい参考になります!」「永遠にうらやましい」
3帖の可能性がすごい。(2024/7/5)

老後の趣味で気軽に“塗り絵”を始めて1年後…… めきめき上達した70代女性の美麗な水彩画に「本当にすごい…」「感動です」
すごいの一言。(2024/6/29)

公的年金、「制度見直し」派が7割 見直すべき項目の1位は?
現状の公的年金制度について、「見直すべき」と考える人が7割いる。そんな結果が、日本労働組合総連合会が実施した調査で分かった。見直すべき点については、「給付は税金などを財源とし、加入者は保険料を支払わない制度にする」(40.5%)が最も多かった。(2024/5/15)

還暦を迎える人の8割が「65歳以降も働きたい」、その理由は?
PGF生命は、2024年に還暦を迎える「還暦人」を対象に、「2024年の還暦人に関する調査」を実施した。還暦以降の就労意向について聞いたところ、65歳以降も働きたいと思う人の割合は80.8%、70歳以降も働きたいと思う人の割合は42.7%といずれも高い割合を示した。(2024/5/13)

2025年卒大学生の6割超が「地元就職希望」、その理由は?
マイナビは2025年3月卒業予定の大学生、大学院生を対象に「2025年卒大学生Uターン・地元就職に関する調査」を実施した。その結果、25年卒の学生が地元就職を希望する割合は6割超、その理由として最も多いのが「両親や祖父母の近くで生活したい」であることが分かった。(2024/5/13)

夫婦のおこづかいも貯蓄額も「減少」、理由は?
明治安田生命保険は、家計に関するアンケート調査の結果を発表した。夫のおこづかい、世帯の貯蓄額ともに3年ぶりのダウンとなっていた。(2024/5/2)

古田拓也「今更聞けないお金とビジネス」:
「65歳定年」義務化まであと1年……企業がとるべき対策とは?
いわゆる「65歳定年」導入の義務化が2025年4月に控えている。企業が取るべき対策は?(2024/4/19)

突然別居発表の大場久美子、家族巡って痛烈な声も「一緒に住んだばかりなのに見放して」 家族会議の末に義父母は「見守りがあるところを見つけると」
義父母への思いは確か。(2024/4/17)

アイマスにミク、Vtuberも こだわりの痛バイクが集結「萌ーターサイクルショー」フォトレポート
バイクの魅力と推しへの愛が爆発!(2024/4/13)

営業利益率50%超:
IT駆使し業界に新風 不動産マッチング「楽待」運営会社トップに聞く
8月で創業20期目になるファーストロジックの若手社長、坂口直大氏にインタビューした。(2024/4/11)

老後の不安:
あなたは何歳まで働く? 世帯年収別にみた実態
20〜50代の働き世代は、将来いつまで働こうと考えているのだろうか。(2024/3/27)

素材/化学メルマガ 編集後記:
日経平均株価が4万円台を突破、そんなことより老後の生活と年金を考える
日経平均株価が好調みたいですね。そんなことより老後の生活と年金について考えてみました。(2024/3/11)

独身男女の56.9%が「お金の余裕ない」 自由に使える金額は毎月どのくらい?
モデル百貨の調査から、独身男女の経済状況に関する実態が見えてきた。半数以上が「お金の余裕がない」と回答。1カ月の可処分所得はどれくらいなのか?(2024/2/29)

実施している資産運用、3位「株式投資」、2位「預貯金」、1位は?
楽天インサイトは、資産運用に関する調査を実施した。その結果、資産運用の実施状況では1位が「NISA」(31.6%)で、2位は「預貯金」(27.7%)、3位は「株式投資」(19.9%)だった。(2024/2/28)

NEWS Weekly Top10:
TikTokとXの意外な共通点 「初投稿で1万再生」から学んだこと
筆者は先週からTikTokへの投稿を本格的に始めてみた。投稿したのは、小2の息子が作った謎のゲーム「カワハギの胆醤油」だ。ゲームと言っていいのか分からないレベルの“クソゲー”だが、投稿から12時間以内に1万再生を超え、驚いた。(2024/2/26)

西川きよし、耳ピアスの今どき「大学生の孫」と“じぃじのお酌”姿 息子としぐさうり二つで「思わず笑って」「血の繋がりとは不思議」
いい時間だ。(2024/2/22)

仕事が「つまんない」ままでいいの?(110):
エンジニアに「キャリア安全性」はあるのか
働き方が変わろうとしているいま、「将来も、きっと大丈夫だ」と思えていますか?(2024/2/14)

「女1人で持ち家?」「1人暮らしで一戸建て?」 固定観念を一蹴するおしゃれなシンプルライフに「勇気出ました」と反響
共感の声が寄せられています。(2024/2/5)

投資している人が多い都道府県は? 1位は関東を押さえて東北県が獲得
投資に関する調査結果をAZWAYが発表した。投資している人が多い都道府県や始めた理由などが明らかになった。(2024/2/4)

新NISAを利用しない理由 「リスク怖い」「これまでのNISAで充分」を抑えた1位は?
新NISAを「利用していない」という人は42.2%に上ったことが、家計診断・相談サービス「オカネコ」を運営する400F(東京都中央区)による調査で明らかとなった。その理由とは。(2024/1/27)

判例を基に解説:
「退職金の廃止」を会社が勝手に決定 入社時の説明と違うが、会社の責任は?
入社時に説明を受けていた「退職金の支給」を会社が勝手に廃止にしていたことが判明した。入社時の説明と異なる場合、会社はどのような責任に問われるのか?(2024/1/15)

浮気公認芸人から不倫申し込まれた“超大物俳優”、返しの一言がカッコよすぎ 「粋!」「夢がある」と大興奮
大人の余裕を感じる。(2024/1/12)

生活苦は「社会保険料」のせいなのか? 負担率から本当の原因を考える
最近「生活が苦しい」とSNSや街の声としてテレビで聞くようになりました。その要因の一つとして「社会保険料」が挙げられていますが、本当に社会保険料が生活苦をつくりだしているのでしょうか? 負担率から真の要因について考えていきます。(2024/1/12)

PayPayアプリで「NISA口座」開設可能に 株や投信の売買はアプリ内で完結 ポイントも貯まる
PayPay証券は、NISA口座での取引を2023年12月31日から開始したと発表した。口座には、PayPayアプリ内で資産運用に特化したミニアプリ「PayPay資産運用」でもアクセスできる。(2024/1/5)

NISAで貯めたお金の使い道 3位「家族・友達旅行」、2位「投資」、1位は?
みずほ銀行は投資に関する調査を実施。NISAでお金を貯めてやりたいことの1位は「老後資金に充てる」(56.8%)で、2位は「投資」(22.1%)、3位は「家族・友達旅行」(21.6%)と続いた。(2023/12/28)

すい臓がんステージ4公表の森永卓郎、“闘う経済アナリスト”な実息子とラジオ特番 主治医とのやりとり語る
ミニカー収集のせいで自宅の床が抜けた、という森永家エピソードも披露。(2023/12/27)

老後の住まいの不安 持ち家1位は「維持管理が大変」、賃貸は?
AlbaLinkは、全国の男女を対象に「老後の住まいに関する意識調査」を実施。持ち家に住んでいる人に聞いた「老後の住まい」に関する不安1位は「維持管理が大変」だった。(2023/12/27)

タイムアウト東京のオススメ:
入棺体験も、終活をテーマにしたスナック「めめんともり」が森下にオープン
東京の街の“ローカルエキスパート”が、仕事の合間に一息つけるスポットやイベントを紹介します。(2023/12/26)

小寺信良のIT大作戦:
全然進まない「国民年金」のフルDX化 60歳を迎えた筆者が感じた制度設計の“気の利かなさ”
国民年金(老齢基礎年金)は、日本国民なら20歳から支払い義務が生じ、以降40年間、60歳を迎えるまで支払い続けなければならない。60歳を迎えた筆者が国民年金周りの手続きで実感したDX化の遅れと、“気が利かない”制度設計について切り込む。(2023/12/6)

“へそくり”はある:
夫婦の預貯金が大幅減少 「100万円未満」が最多、平均額は……?
夫婦の預貯金について、最も多い回答は「100万円未満」となったことがスパークス・アセット・マネジメント(東京都港区)による調査で明らかとなった。(2023/11/25)

パーソル調べ:
高齢者ほど「長く働き続けたい」傾向強く なぜ?
パーソル総合研究所(東京都港区)が、シニア就業者(60〜69歳)、およびプレ・シニア就業者(55〜59歳)の就業実態・意識について調査を実施した。(2023/11/21)

実家の「終活」でやること 3位「老後資金の準備」、2位「保険の見直し」、1位は?
実家の終活をどのように進めるべきなのか。AlbaLink(東京都江東区)の調査によると、実家の終活をしている人は37.2%だった。(2023/11/8)

「老後資金と働き方」に関する調査:
老後資金、いくら貯めてる? 50代会社員の実態、約2割が「2000万円以上」
「老後資金と働き方」の調査によると、50代会社員の8割以上が老後の生活費を不安視していることが分かった。老後資金としてどれくらい貯蓄しているのだろうか? 実態を調査した。(2023/10/24)

超ご長寿ニャンコ、最期の10カ月で起きた“4つの老化現象” 貴重な記録に「他猫事じゃない」「参考にしたい!」
全愛猫家に知ってほしい!(2023/10/21)

異例:
NECが「資産運用」サービス開始 あえて金融に乗り出すワケ
NECが資産運用サービスに乗り出す。NECが資産運用? と思った人もいるだろう。NECは資産運用サービスを提供することで何を目指しているのか。また、資産運用業界は今どんな状況にあるのかきいた。(2023/10/16)

ドコモがマネックス証券を子会社化 出遅れた金融サービスで他社を追撃へ
NTTドコモがマネックスグループのマネックス証券の株式49%を取得して連結子会社化し、ドコモの金融サービスを拡充する。新たな資産形成サービスを提供し、将来や老後に対する漠然とした不安などの社会課題を解決したいという思いが一致した。まずは40代以上をターゲットとして狙いつつ、これから資産形成の拡大が見込まれる20代などの若年層にもサービスを拡大していく。(2023/10/5)

FAメルマガ 編集後記:
セカンドの次はサードだ
野球の話ではありません。(2023/10/3)

ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術:
若手人材の早期離職を解決! 部下を活かすマネジメント“新作法”とは
現状を聞き分析する中で分かったのは、企業側が若者の真の離職理由を捉えきれていないこと。いったい何が食い違っているのだろう。なぜ若者はすぐに辞めてしまうのだろうか。(2023/9/28)

既婚男女の「へそくり」事情 平均額は? バレたのは?
モデル百貨は「へそくり事情」について調査した。現在貯まっているへそくりの額を聞いたところ……。(2023/9/26)

30代共働き夫婦の世帯年収 2位「600万〜700万円」、1位は?
お金に関するメディアを運営するタンタカは、30代の共働き夫婦を対象に「世帯年収」を調査した。最も多かったのは……。(2023/9/23)

男女の賃金格差、なぜ埋まらない? 「仕方ない」論が見落とす2つの視点
女性は男性よりも平均30.4%賃金が低い――。 格差を「仕方ない」とする人が見落とす2つの視点とは?(2023/9/22)

一人暮らしの約4割が「1万円以下」 月に貯めているお金
一人暮らしの人は、月にどのくらいのお金を貯めているのか。調査したところ……。(2023/9/14)

20〜50代男性の貯金総額 2位「3000万円以上」、1位は?
老後2000万円問題などを背景に「貯蓄」に対する意識が高まっている。20〜50代の男性は、貯金や投資にどれくらい取り組んでいるのか。(2023/9/6)

新NISAの魅力 2位「投資枠拡大」、1位は?
全国の投資意欲のある投資初心者や未経験者は、新NISAに関してどのような点に魅力を感じているのか。ウェルスナビ(東京都渋谷区)が調査を実施した。(2023/9/5)

96%が「お金を使わない生活を意識」、なぜ?
お金を使わない生活を意識している人は、どのくらいいるのか。全国の男女に聞いた。(2023/9/5)

94歳おばあちゃんの“推し活ランチ”をのぞいてみると…… アクスタ遊びを満喫する姿に「人生のお手本」「見習います!」
おしゃれなファッションもすてき。(2023/8/25)

「お金に愛されないエンジニア」のための新行動論(12):
「老後の2000万円」を準備できない私のための新アプローチ 〜検討編
数年前に世間を騒がせた「老後2000万円問題」。今回は、その問題の中身を解説し、「2000万円準備できない私」のための新たなアプローチについて検討してみます。(2023/8/21)

ミリ波レーダーで睡眠や心拍数をモニタリング 寝室見守りデバイス「ポム」のすごいところ
米国サンフランシスコのITベンチャー・Tellusとソースネクストが協業し、世界に先駆けて日本で展開することとなった非接触型の見守りデバイス「POM」(ポム)を体験してきました。(2023/8/14)

43歳で妊娠発表の宮崎宣子アナ、不妊治療中は「終わりのない絶望感」 “半分諦め”からの逆転に「泣いちゃうじゃん」
人生って分からないなあ。(2023/7/26)

産業動向:
人生100年時代のライフスタイルに対応 大和ハウスが金利選択型の残価設定型住宅ローンの取り扱いを開始
大和ハウス工業と楽天銀行は、ライフスタイルの変化に柔軟に対応するべく、金利選択型の残価設定型住宅ローンの取り扱いを開始した。(2023/7/18)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。