ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「老後」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「老後」に関する情報が集まったページです。

40代会社員に聞く「45歳定年制」の印象 早期退職を検討するきっかけは?
ソーシャルレンディング事業を手掛けるLENDEXが、全国の40代会社員を対象に「45歳定年制」に関する調査を実施した。(2021/11/25)

56.8%の夫婦が「マイホーム購入時に意見が合わなかった」 最も食い違いが発生したのはどこ?
AlbaLinkは、マイホームの購入経験がある既婚者に「家を購入する際の意見の相違に関する意識調査」を実施した。家の購入で意見の相違があったと答えた人は56.8%と、過半数を占める結果に。最も意見が合わなかった点は?(2021/11/23)

【漫画】飼っているウーパールーパーの右手が「取れた」……!! 飼い主がビックリした“その後”がいろいろと興味深い
かわいくてやっぱり不思議なウーパールーパーさんです。(2021/11/20)

経験者に聞いた:
住宅購入で後悔したことの4位は「近隣住民の質」 トップ3は?
住宅を購入した経験のある人を対象に「住宅購入で後悔したこと」について調査した。購入した住宅について後悔や不満を感じたことは何か聞いたところ、1位は「間取り・レイアウト」で41.8%だった。その理由とは?(2021/11/1)

使い道2位は「旅行」:
冬のボーナスの使い道、8年連続で「貯金・預金」が1位 想定支給額は?
共通ポイントサービス「Ponta(ポンタ)」を運営するロイヤリティ マーケティング(東京都渋谷区)は、「冬のボーナス」に関する調査を実施した。使い道は8年連続で「貯金・預金」が1位に。想定支給金額はいくらになるのか?(2021/10/29)

貯蓄と投資の割合は:
30〜40代の約9割が「老後のお金に不安がある」 必要だと思う対策は
シュアーイノベーションが行った「老後のお金に関する意識調査」によると、30〜40代既婚者の約9割が老後のお金に不安を抱えていた。必要だと感じている対策は……?(2021/10/27)

株式購入経験有無問わず、お金に関する困りごとは「老後資金」が1位に
 オンライン商談システム「bellFace」の開発販売事業を行うベルフェイス(東京都渋谷区)は、株式購入に関する消費者の意識調査を実施した。(2021/10/26)

「あなたは保険に入る必要はありません」 マネフォとライフネットが始めた保険診断が面白い
「あなたは保険に入る必要はありません」。保険の診断を受けると、けっこうな数の人にこんなメッセージが出る保険相談サービスがある。マネーフォワードがライフネット生命と組んで始めた「保険の見直し診断」だ。(2021/10/22)

「扶養から出るな」という夫も:
“パートは低賃金で当然”の日本で、なぜ「全従業員を正社員化」できた? イケア・ジャパン人事に聞く
いわゆる「同一労働同一賃金法」より約6年も前に、イケア・ジャパンはパートタイマーを含め全従業員を正社員雇用に切り替えた。なぜそのようなことができたのか。イケア・ジャパン人事にインタビュー。(2021/10/6)

20年経った確定拠出年金なぜ普及しない? 利用者は成功体験、複雑さが課題
確定拠出年金制度ができてから20年が経過。その間「老後2000万円」問題などの影響もあり、自助努力で老後に備えようという意識の高まりから、利用者は940万人に達した。しかし、これはまだ労働人口の10%に過ぎない。DCを利用している人が成功体験を得ている一方、制度の複雑さから利用を足踏みしている人も多くいるという課題が見えてきた。(2021/9/29)

米国株取り引きは日本株に続く柱になる 松井証券、和里田聰社長に聞く
日本初のネット専業証券である松井証券。カリスマ社長である松井道夫氏のあとを受けて2020年6月に社長に就任したのが、和里田聰(わりたあきら)社長だ。激動の証券業界において、松井証券の進む方向とは?(2021/10/6)

企業価値の向上を株式評価モデルで考える:
上場会社にとってESGのGとは何か、目的は達成できているか
上場会社にとってのESGのGについては、東証の「コーポレートガバナンス・コード」にその基本が集約されている。このコードを見ると、目的は「企業の持続的な成長」と「中長期的な企業価値の向上」だ。そこで「企業価値の向上」について、株式評価モデルを使って確認したところ……?(2021/9/21)

シニアは「扱いづらい」「ITに弱い」はもう古い! “企業を元気にする”成功例
シニア層の求職者が増えている。しかし、企業側がシニア採用に対し「コミュニケーションが難しそう」「ITに弱く、業務が困難なのでは」という懸念を取り払えないでいるケースも多い。そんな中、うまくシニア人材を活用している企業には共通点があった──。(2021/9/16)

コロナ禍で投資意欲「高まった」約6割 経済的負担を和らげたい
 SBIネオモバイル証券(東京都港区)とCCCマーケティング(東京都渋谷区)は、投資に関するアンケート調査を実施した。新型コロナウイルスの感染拡大による投資意欲の変化をについて尋ねたところ、投資意欲が「高まった」と回答した人が約6割いることが分かった。(2021/9/14)

テクノロジーと不動産、異色の組み合わせを品質でつなぐ:
PR:QAの責任は重い。だから楽しい
衣食住。生きる上で不可欠な3要素にもかかわらず、なぜ住だけがいまだに不便なままなのか? 不動産というデジタル化待ったなしの領域で、QAエンジニアができることとは。(2021/9/8)

「老後2000万円問題」とのギャップも明らかに:
現在の預貯金額「100万円未満」が最多 現金派とキャッシュレス派で「差」あり
現在の預貯金額は「100万円未満」が最多という結果に。しかし、現金派とキャッシュレス派で預貯金額の差があることが分かった。何に使う目的で貯めているのか? 預貯金額は? などを調査した。(2021/9/8)

賃金体系も変更:
バブル期の大量採用世代が定年に ダイキンが急ぐ「再雇用制度」大改定の中身
ダイキン工業が、今年4月の高年齢者雇用安定法の改正に合わせ、再雇用期間を延長した。最大のポイントは、70歳までの期間延長と再雇用者の処遇の見直しだ。その詳しい中身は……?(2021/8/24)

踊るバズワード 〜Behind the Buzzword(14)STEM教育(2):
“手作りのラズパイ教室”に見るプログラミング教育の縮図
今回は、“手作りのラスパイ教室”を運営するお母さんたちへのインタビューから、プログラミング教育について考えてみます。赤裸々に語っていただいた本音から見えてきたのは、「新しいプログラミング教育の形」でした。(2021/8/23)

資産形成と住まいに関する調査:
世帯年収1000万円以上の家庭 「老後・教育・住宅資金」として準備している金額はいくら?
GA technologiesは「資産形成と住まいの意識」についてアンケート調査を実施した。人生最大資金ともいわれる老後・教育・住宅資金。世帯年収1000万円以上の家庭が準備している金額はいくらだったのだろうか?(2021/8/21)

介護経験は女性が多い結果に:
「介護で大変なこと」に介護経験者の間で差 男性1位は排泄と食事、女性1位は?
リゼクリニックは、「老後・介護に関する調査」を実施。介護経験の有無や、介護経験者に介護で大変なことは何か、介護未経験者に不安なことは何か聞いた。(2021/8/19)

VRゲーム内では超カリスマプレイヤー、その正体は…… 漫画「VRMMOばあちゃん」のラストにほっこり
こんな老後も楽しそう。(2021/8/17)

調査で分かった:
「手取り30万円」に満足している人は約半数 給料が増えたらお金をかけたいことは?
ビズヒッツは、手取り30万円の男女214人を対象に調査を実施。手取り30万円で満足しているか、また手取りが増えたらお金をかけたいことについて聞いた。(2021/8/3)

産業動向:
注文住宅の購入に関する調査、43%がアフターサービスに24時間対応の相談を要望
赤鹿地所は、兵庫県に住む20代〜50代の住宅購入経験者・購入検討者1032人を対象に、インターネット上で、「注文住宅の購入」に関するアンケート調査を実施した。リサーチの結果、注文住宅の購入で不安なことは総額費用であることやアフターサービスとして24時間対応の相談サービスが求められていることが分かった。(2021/8/3)

70歳の働く場:
定年後に「新天地」で挑戦する高齢者 中小企業の支援で新たな生きがい見つける
高年齢者雇用安定法が改正されて、企業は4月から70歳までの社員の就業機会を確保するよう努力しなければならなくなった。企業にとっては継続雇用と定年延長・廃止に加え、個人事業主として業務委託契約を結ぶなどの対応を迫られている。企業の「お荷物」にならない「70歳の働く場」を考えてみた。(2021/7/28)

預り資産5000億円到達のWealthNavi、次のマイルストーン1兆円の意味とは?
ウェルスナビが運営するロボアドバイザーサービス「WealthNavi」の預かり資産残高が、7月14日に5000億円を超えた。次のマイルストーンは、預かり資産1兆円だ。この1兆円とは、WealthNaviにとってどんな意味を持ち、何が変わるのか。柴山和久CEOに聞いた。(2021/7/15)

50代、クレカへ不安 定年退職後に解約の声、収入減の影響懸念
定年退職や老後を目前に控えた50代、キャッシュレスが進む昨今ではクレジットカードの見直しやステータスカードを意識する人も多い。全国50代のクレジットカード保有者を対象に意識調査を実施したところ、3割以上が定年退職後のクレジットカードの見直しを検討していることが分かった。(2021/7/9)

大東建設が調査:
宮崎県の「住みここちランキング2021」発表 3位「日向市」、2位「宮崎市」、1位は?
宮崎県の「住みここちランキング2021」が発表された。日向市と宮崎市を抑えて1位になったのは?(2021/7/8)

大東建設が調査:
長崎県の「住みここちランキング2021」発表 3位「長与町」、2位「大村市」を抑えての1位は?
長崎県の「住みここちランキング2021」が発表された。3位「長与町」、2位「大村市」を抑えて1位になったのは?(2021/7/7)

「200万円以上」は19年の約半数:
夏のボーナス想定支給額 3位「40万〜60万円」、2位「20万円未満」、1位は?
ロイヤリティ マーケティングが「夏のボーナス」に関する調査を発表した。トップ3は19年と変わらない結果となった。200万円以上もらっていた割合は19年と比べて約半数となった。ボーナスの使い道などの結果と合わせてみていこう。(2021/6/30)

老後資金が不安62% 貯蓄額は「100万円〜500万円未満」が最多に
お金に関する情報メディア「ゼニエモン」では会社員を対象に「現在の貯金状況や老後の生活資金に関するアンケート」を実施した。その結果、現在の貯蓄額は「100万円〜500万円未満」が最も多く、ひと月当たりの貯蓄額では「5万円〜10万円未満」が最多となった。(2021/6/25)

【漫画】「老後の楽しみは読書」と思っている人へ、介護職員が語る「若いうちに読むべき理由」が説得力ありすぎる 「老後なんて! 読めないから!」
原因は視力の衰えだけではなく……。(2021/6/2)

産業動向:
中高年層の住み替えなどに関する調査、66%が住み替え時に資産価値を意識
三井不動産リアルティは、インターネット上で、2015年4月1日以降に不動産を購入あるいは売却した45歳以上の1851人を対象に「中高年層の住み替えなどに関する調査」を実施した。リサーチの結果によれば、対象者の65.9%は住み替え時に物件の資産価値を意識していることが判明した。(2021/5/27)

パナソニック報道で話題:
リストラしたい会社と、しがみつきたい社員 双方を苦しめる「成功体験」の正体
パナソニックの“リストラ”報道が話題となっている。人員削減したい企業、そして会社に残りたい社員。双方はそれぞれ成功体験を抱えていると筆者は指摘し、その成功体験を捨てない限り、不幸な人員削減が続くと解説する。(2021/5/27)

「父さん忍者になることにしたんだ」 忍術道場を継ぐ気の父と猛反対する娘の漫画がなんだかんだでいい話
「お父さんのご職業は?」「忍者です」(2021/5/15)

今なぜ若者がインデックス投資? 流行の陰につみたてNISAとYouTuber
一昔前までは、株式投資といえば上がりそうな銘柄を探してそれを買うというイメージが強かった。しかし今、若者の間でインデックス投資が流行している。ではなぜ、インデックス投資が盛り上がっているのだろうか。(2021/4/23)

保護した猫が、21歳のお誕生日をむかえ…… 人間換算で“百寿”を迎えた猫さまに「おめでとう!」の声
これからも元気で幸せな時間を過ごせますように!(2021/4/8)

アニメ「やくも」の舞台裏【後編】:
陶芸アニメで町おこし 岐阜県多治見市を舞台にした観光戦略とは
元となるコンテンツを制作し、アニメ化となる原案を作る――。そんな地方創生戦略のもとに動いていたアニメ『やくならマグカップも』。岐阜県多治見市を舞台にした観光戦略とは?(2021/4/6)

調査レポート:
コロナ流行前から戸建て住宅購入を検討していた人が全体の70%、三井不動産らが調査
三井不動産レジデンシャルは、同社が販売するマンションもしくは戸建て住宅を契約した20代〜70代以上までの475人を対象に、インターネットアンケートを活用して、「新型コロナウイルス感染拡大による住宅検討・購入に関する調査」を行い、コロナ禍が住宅購入のきっかけになった層より、以前から住居取得を検討していた人のほうが多いことを明らかにした。(2021/3/30)

スピン経済の歩き方:
えっ、まだ? なぜ日本企業の意思決定は「遅い」のか
欧米企業の意思決定は速いのに、なぜ日本企業は遅いのか。こうした言葉を聞いたことがあると思うが、本当にそうなのか。(2021/3/23)

オタクの老後:
77歳で「細菌撲滅」を遊び続けるおばあちゃん―― 高齢ゲーマー4人に聞いた、彼らが「ゲームで遊び続ける理由」
ゲームは「老後の趣味」たり得るのか。(2021/3/26)

オタクの老後:
コレクターの死後、残されたグッズはどうなる? 「コレクション」が「遺品」になる前に終わらせたい“最後の仕事”とは
大切なコレクションもいつかは「遺品」になります。その前にやっておいた方がよいこととは?(2021/3/28)

家を買う理由、借りる理由:
持ち家派は7割超? 年代別・年収別に見ると……
家を買うのか、それとも借りるのか――。全国の男女に聞いたところ、賃貸派44.5%に対し、持ち家派55.5%であることが、AlbaLinkの調査で分かった。しかし……。(2021/3/4)

オタクの老後:
“死に方”を考えるには“生きる気力”が必要 孤独死を描く漫画『ひとりでしにたい』が伝えるオタクと老後のこれから
作者・カレー沢薫さんに話を聞きました。(2021/3/29)

オタクの老後:
「男性の老人キャラはいい役が多い」 60歳でコスプレデビューした“亀仙人”から学ぶ、いつまでも趣味と人生を楽しむ方法
アニメや漫画の老人キャラ、言われてみればいい役ばかり!(2021/3/27)

ボロボロの封筒から出てきた「親父が描いた漫画」に反響 ツナギ姿で働く父の知らなかった一面とその人生
漫画を公開した息子さんを通じて漫画について取材しました。(2021/2/27)

調査で判明:
「40代で未経験の仕事に転職した理由」ランキング 3位は「収入アップ」、2位は「倒産・解雇」、1位は……
40代で未経験の仕事に転職するとどうなる? 転職した理由や年収などについて調査を実施した。生々しい声も明らかになった。(2021/1/13)

住宅ビジネスフェア2020:
コロナ禍で新築と中古の住宅市場は低迷するも、リフォームのニーズは増加
LIFULL HOME'S総研は、コロナ禍における新築住宅と中古物件の市場動向を調査した。結果、新築と中古の住宅市場ともに、売上が低迷していることを明らかにした。一方、新型コロナウイルス感染症の影響で、住み替えしにくい状況から、居住性と機能性を向上する改修ニーズは高まっており、リフォームを検討するユーザーが増加していることも判明した。(2021/1/7)

楽天銀行、ネット銀行初のリバースモーゲージ提供
 楽天銀行は1月5日、不動産事業を展開するハウスドゥの子会社フィナンシャルドゥと提携し、リバースモーゲージ「楽天銀行リバースモーゲージ」の提供を開始した。(2021/1/5)

背景と今後の課題:
70歳定年「歓迎できない」過半数、その理由は?
労働力不足などの問題から、政府が推進している「70歳雇用」だが、「戸惑い・困惑を感じる」という声も少なくない。段階的に定年を引き上げながら、賃金水準を緩やかに調整するなどの対応が求められそうだ。(2020/12/24)

ロボアド初の上場 潜在市場は16兆円超 ウェルスナビ柴山CEO単独インタビュー
顧客の資産をアルゴリズムに従って自動で運用するロボアドバイザー国内最大手のウェルスナビが12月22日、東証マザーズに上場した。調達した資金を使い、何を目指すのか。同社の柴山和久CEOに聞いた。(2020/12/22)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。