ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「連絡網」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「連絡網」に関する情報が集まったページです。

LINE、グループトーク機能を拡張した「OpenChat」提供開始 友だち以外も招待可能
LINEのグループトーク機能を拡張した「OpenChat」の提供が始まった。LINE上で友だち登録をしていないユーザーも、URLやQRコードを共有すればトークルームに招待できるのが特徴。(2019/8/19)

業務を効率化するITツールの最新事情:
話題のSlackを導入するコツは? 基本と活用を解説
ビジネスチャットツールの現在の潮流を作ったのはSlack Technologiesの「Slack」であり、その潜在性はMicrosoftが同社買収を巡ってトップ間で激論があったことからもうかがえる。今回はそのSlackの基本から、活用までの情報をまとめたい。(2019/8/9)

『徳丸本 第二版』についても直撃:
「前例のないGW10連休、セキュリティ上どう備えるべき?」専門家、徳丸浩さんに聞いた
10連休を迎える2019年のゴールデンウイーク、改元に合わせて想定される具体的なリスクと対処法とは――情報セキュリティ専門家の徳丸浩さんに詳しく聞きました。(2019/3/20)

中部電力「気象庁より東海地震注意情報が発表」と誤配信 「きずなネット」「ビジエネ」で5万人以上に連絡
ヒヤッとした……。(2019/3/4)

初めて連絡するときのドキドキはいつの世も同じ 「恋愛と通信手段」の変遷描く漫画に共感の声
告白する手段の簡便さと、実行を決意するハードルは別問題。(2019/2/24)

今も昔も大差なし:
子どもの「夏休みの宿題」、手伝う?手伝わない? 700人の親に聞いた結果は……
子どもの「夏休みの宿題」を手伝う親はどの程度存在するのか?――イオレ調べ。(2018/8/23)

30年ぶりの刷新:
100人超の社員と約280社を巻き込んだローソンの「発注改革大作戦」
ローソンが30年ぶりに発注システムを大きく変えた。夕方以降の品ぞろえを強化することと、店舗の在庫状況を見ながら柔軟に発注内容を調整できる仕組みを構築するのが目的だ。100人以上に及ぶ社員と280社近くが関わるプロジェクトはどのように進められたのだろうか。(2018/6/29)

「電話つながらないときはネット活用を」 大阪地震でLINEが呼びかけ
LINEが、大阪北部で震度6弱の地震が観測されたのを受け、電話回線がつながらないときはインターネット回線を活用するよう呼び掛けている。(2018/6/18)

安井建築設計事務所が提案するIoT×BIMの建築マネジメントシステム
サントリーホールの設計や市立吹田サッカースタジアムのCM(コンストラクション・マネジメント)を手掛けたことで知られる安井建築設計事務所は、IoT環境センサーとBIMデータを組み合わせたクラウドタイプの建築マネジメントシステムの提供を開始した。3次元形状データに加え、省エネや室内環境の環境機能も表示される。(2018/5/9)

ITエンジニア U&Iターンの理想と現実(31):
愛媛編:高齢テスター集団を組織化せよ――地方の仕事探し、仕事創り
UIターンをしたいけれど、なかなか希望通りの転職先が見つからない? ならば、いっそ愛媛の資源を生かしたビジネスで起業してみませんか?――U&Iターンの理想と現実、愛媛編Part4は「愛媛での仕事探し、仕事創設」を紹介します。(2017/11/13)

週刊「調査のチカラ」:
「金萬」「越のルビー」「金長まんじゅう」 あなたの知らない名産品の世界
夏の終わりの風情漂うトピックスを調査データで紹介します。(2017/8/26)

ITライフch:
【みんなはどうしてる?】子どもにスマホは何歳から持たせるべきか
子育て中の保護者にとって「子どもにいつからスマホを持たせるか」は大きな問題です。デジタルアーツの実態調査によると、スマホの所有率は、中学生からぐっと上がっていることがわかります。(2017/3/31)

PR:携帯電話がない時代のデートってどうしてた? 30年前の恋愛について両親に聞いてみた
意外と親のことって知らないものです。(2017/1/31)

「あいまいみー」ちょぼらうにょぽみ先生、休載を報告するも8割が声優・佐倉綾音へのラブコール 「ほんと私安全な人間なんで!」
あやねるとデートうらやましい……。(2016/12/27)

学校と保護者の“不”を解決する――連絡サービス「うさぎノート」の狙いを聞く
学校から保護者への連絡サービス「うさぎノート」。プリントを作る先生の負担を減らし、保護者に直接お知らせが届く便利なサービスとして広がりを見せている。一方通行のシンプルなサービだが、先生と保護者、家族のコミュニケーションを活性化させるきっかけにもなっている。(2016/12/22)

年末年始のセキュリティ対策、インシデントや製品のサポート終了に備えて
IPAとJPCERT/CCが年末年始の長期休暇に備えたセキュリティ対策を呼び掛けた。ソフトウェアの更新や機器などの持ち出し、緊急連絡体制の点検など注意事項を紹介している。(2016/12/15)

本田雅一のクロスオーバーデジタル:
ソフトバンクのARM買収は正しい選択か?
3連休の最終日に英国から入ってきたビッグニュース。ソフトバンクグループは英ARMをなぜ買収するのか、それは正しい選択なのかを考察する。(2016/7/20)

休みが来るたびに戻ってくるハッシュタグ「田舎という言葉を使わないで田舎を表現」大喜利がGWも熱い
すでに恒例行事になりました。(2016/5/4)

ゴールデンウィークでもランサムウェアにご注意――休暇でのセキュリティ対策
長期休暇を前にJPCERT コーディネーションセンターが企業のシステム管理者と社員へのセキュリティの確認事項を紹介している。(2016/4/20)

本田雅一のクロスオーバーデジタル:
善意が裏目に出た「LINEの10分無料通話」 震災時の安否確認はどうすべきか
熊本県で4月14日夜に発生した最大震度7の地震を受け、携帯電話と固定電話あてに電話をかけられる「LINE Out」が1回あたり10分まで無料となり、他社もこの動きに追従した。しかし、回線の混雑を助長するこうした施策は「善意が裏目に出た」と言えるものだ。(2016/4/15)

冬休みの前と中と後で注意したいセキュリティ
2015〜2016年の年末年始休暇は例年より短いが、休暇前後や最中にもセキュリティに気を付けた対応を心掛けたい。(2015/12/18)

「データマイニング」が攻撃者、守る側、双方の武器に、マカフィーが予測:
2015年、最大のインパクトを与えた「年金個人情報流出」から得られた教訓とは
インテル セキュリティ(日本での事業会社はマカフィー)は2015年11月13日、第2回「2015年のセキュリティ事件に関する意識調査」の結果を発表するとともに、2016年ならびに今後の5年間増加するであろうサイバー脅威の予測も発表した。(2015/11/16)

2015年注目のセキュリティ事件、トップは年金機構攻撃 専門家の見方は?
社会人の印象に残ったセキュリティ事件では6割以上に認知された日本年金機構へのサイバー攻撃がトップだった。しかし、調査したマカフィーではランキング外の脅威を挙げる。(2015/11/13)

メール開封と同時に自動再生で高い訴求力:
iPhone向け動画メール広告、「らくらく連絡網」のイオレが提供開始
イオレは2015年8月20日、同社のメーリングリストサービス「らくらく連絡網」において、iPhone向けの新たな広告メニュー「プレミアム動画メール for iPhone」の提供を開始したと発表した。(2015/8/21)

熱中症の症状は3段階:
甘くみてはいけない――職場における「熱中症対策」
まだまだ暑い日が続き、熱中症へのケアが求められます。今回は、事業場での熱中症予防策や症状を訴える労働者が出たときの対応などについて解説します。(2015/8/21)

AIU保険はなぜ、有事に“平常運転”できるのか
明日、会社に行けないような事態が起こっても、対処できる――。それが“有事に仕事を止めるわけにはいかない”損保の世界のBCP対策だ。ユニークな事業継続の施策で知られるAIU保険に、“備えのポイント”を聞いた。(2015/5/27)

R25スマホ情報局:
災害時「緊急用通信端末」に期待の声
災害非常時に基地局を経由しなくても、文章や画像のやりとりができる端末機器を、情報通信研究機構(NICT)が開発しました。ネット上でも注目されているようです。(2015/5/20)

事務ごよみ:
年賀状の手配、安全確保、年末年始の行事や事務の計画確認を――12月の事務ごよみ【総務・法務】
年末はどこも慌ただしくなるため、何事もゆとりをもって計画しておく必要があります。また、長期休暇期間でもありますので、防犯に努めるとともに、年内に納めるべき仕事を完了できるようにしておきましょう。(2014/11/25)

なぜ人は“動く”のか:
ユーザー数4億7000万人を達成――10億人を目指す「LINE」
世界の人口は約72億人。つまり、10億人を動かすとなると、世界の人々のうち、7人に1人の心をつかむ必要がある。そんな究極の状況を生み出すために必要不可欠な条件とは?(2014/9/19)

@IT主催セミナー「誰も教えてくれなかったバックアップの極意」リポート:
PR:知らないと後に悔やまれる「バックアップ」の課題、方法、特長、使いどころ
(2014/7/16)

「アンテナ喫茶」座談会(2):
「2時間しか活動しないグループがある」「クラスのグループに入らないと置いていかれる」――イマドキ女子のLINE事情
女子高生や新卒社会人含む6人のイマドキ女子たちに、普段LINEをどう使っているのか聞いてみた。今回のテーマは「友だちとLINE」だ。(2014/4/30)

年末年始の長期休暇でもセキュリティ対策を忘れずに
休暇中はセキュリティインシデントの発生に気がつきにくいため、JPCERT/CCでは万一の時の対応や連絡体制の整備と休暇前後の点検実施を呼び掛けている。(2013/12/20)

電子書籍新刊情報
BookLive!の新刊電子書籍情報をリストでお届け。あなたが読みたかった作品も電子書籍で購入できるようになっているかも。(2013/11/11)

@IT セキュリティセミナーレポート:
いま、企業が情報を守るために必要な防御策とは
ここ数カ月を振り返ると、セキュリティ脅威の動向が活発化している。Web改ざんや不正アクセス、いまだ収まらない標的型攻撃……企業はこうした行為にどう対処すべきか。6月28日に開催されたセミナー「サイバー戦争勃発!? いま、企業が情報を守るために必要な防御策とは」の講演から、そのヒントを探る。(2013/7/30)

BYODは2018年に市民権を得る――NRIの将来予測
野村総合研究所は、2018年度までの「BYOD関連技術の進化と、企業へのインパクトを予測したITロードマップ」をとりまとめた。(2013/5/21)

中村伊知哉のもういっぺんイってみな!(33):
ようやく、マイナンバー。
税と社会保障の共通番号「マイナンバー」は、当初予定から1年ズレて、2016年にスタートする。「行政手続きにおける特定の個人を識別するための番号の利用等に関する法律」の意味を考える。(2013/5/27)

GW中のセキュリティ問題を回避するための基礎知識
IT管理者が留守になりがちな長期休暇は、サイバー攻撃などの被害が起きやすい。JPCERT/CCがIT管理者や一般社員などに向けた注意点などを紹介しているので、毎年のことでもぜひチェックしておこう。(2013/4/24)

導入事例:
NEC、陸前高田市に公共施設間ホットラインシステムを納入
陸前高田市の公共施設に導入されたホットラインシステムは、災害時でも地域内の公共施設間で確実に電話やFAXを使ったコミュニケーションを実現する。(2013/4/4)

藤田正美の「まるごとオブザーバー」:
「安全と安心」と「科学者と政治家」
どんなものでも絶対に安全ということはない。それに必ず人はミスをする。それを前提にして被害を最小限に食い止めなければならない。(2012/4/27)

GW前にセキュリティ対策はしっかりと、企業での心得
ゴールデンウィークの前後でシステム管理者や一般社員が心掛けるべきセキュリティ対策を紹介する。(2012/4/20)

年末年始の長期休暇前に確認すべきセキュリティ対策――JPCERT/CC
JPCERT コーディネーションセンターは、企業や組織などを対象に、冬場の長期休暇におけるセキュリティ対策の確認を呼び掛けた。(2011/12/19)

萩原栄幸が斬る! IT時事刻々:
安直なBCPにもの申す! 「だからいったじゃないですか、無理ですって……」
東日本大震災をきっかけに、あちらこちらでBCP(事業継続計画)の重要性が語られるようなったが、筆者は「今すぐのBCPは不要」と考える。BCPを急ぐことは大いに問題があるからだ。(2011/12/10)

クラウドは“魔法の杖”か? 海外に学ぶ現実的なBCP対応
企業の事業継続計画や災害対策において、果たしてクラウドコンピューティングは有効なのか。A.T. カーニーの戦略ITグループ プリンシパルが事例などを基に意見を示す。(2011/11/29)

震災時、学校から連絡があった保護者は6人に1人
(2011/11/15)

災害・救急医療分野のIT化最新動向(前)
物言えぬ患者の代理人となる医療情報カード「MEDICA」
2011年3月の東日本大震災では、全国から災害医療専門チームが派遣され、被災地の医療活動に従事した。災害・救急医療の現場でITはどう活用されているのだろうか?(2011/7/20)

未曾有の危機に直面したリーダーに求められること:
健全な危機感を持つ
前回は、「未曽有の危機に直面したリーダーに求められること」として、「思考の枠」に焦点を当ててお話しした。今回は、このシリーズの最後として、“If”という考え方についてまとめながら、危機に際してリーダーに求められることについて総括したい。(2011/7/8)

生き残るために:
緊急対応をスムーズにする「コンティンジェンシープラン」を作成しよう
コンティンジェンシープランとは、緊急時対応計画や非常事態発生時対応計画と呼ばれているものです。事業継続計画(BCP)を考える上でも、まず始めに着手すべき重要な取り組みになります。(2011/4/20)

生き残るために:
企業が常備すべき「防災グッズ」の再点検
大震災をきっかけに多く企業が「生き残るためには?」という意識を強めるようになりました。非常時に事業の継続と社員の安全を確保に不可欠な「防災グッズ」についてまず考えてみましょう。(2011/4/11)

企業の災害復旧計画に必要なものと不要なもの(後編)
ディザスタリカバリ計画のカギは「自動化」にあり
ITコンポーネントの高機能化が進んだことで、復旧プロセスの多くの要素を自動化できるようになった。その場合、設定の詳細や復旧手順などを文書化することはさほど重要ではなくなる。(2011/4/8)

オルタナティブ・ブロガーの視点:
災害対策としてテレワーク環境整備を推進しよう
場所に縛られない働き方は、災害時にその真価を発揮する。東北地方太平洋沖地震後、実際にテレワークを実行したインフォテリアの代表取締役社長 平野洋一郎氏が、テレワークの必要性について提言します。(2011/3/30)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。