ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  P

  • 関連の記事

「Pine Trail」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「Pine Trail」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

プロセッサ/マイコン:
IntelがAtomのロードマップを修正、消費電力でARMに匹敵すると主張
Intelは低消費電力プロセッサAtomのロードマップを一新した。処理性能はそのままに消費電力を大幅に引き下げることで新しい製品市場の獲得を狙う。15W級のAtomで極薄型のノートPCが設計できるようにする他、1Wを下回るSoC用コアでスマートフォンを狙う。競合はARMだ。(2011/6/2)

みなさん、おひさしぶり:
インテル、“Oak Trail”と“その先”を訴求
インテルは、4月27日に2011年の1〜4月における主な活動に関する報告と、IDF 2011 北京で発表した“Oak Trail”世代のAtomプラットフォームの説明を行った。(2011/4/27)

VAIO Z、MacBook Air、そして……:
2010年を彩ったモバイルノートPC
2010年に盛り上がったデジタルガジェットといえば、スマートフォンやタブレットが思い浮かぶが、実はモバイルノートPCも豊作だった。印象的な名機を振り返りたい。(2010/12/31)

MSI、日本市場向けの新製品を“スタイリッシュ”に訴求する発表会
エムエスアイコンピュータージャパンは、日本市場向けの新製品として、立体視対応液晶一体型PCやスタイリッシュなNetbookなど、5モデルを発表した。(2010/8/25)

まだNetbook……だと!?:
山椒は小粒でもピリリと辛いか!?――「HP Mini 110-3000」を試す
日本ヒューレット・パッカードのNetbookでエントリーモデルに位置付けられる「HP Mini 110-3000」。そのシンプルさが魅力の1台だが、実力のほどはどうなのだろうか。(2010/8/19)

2010年PC夏モデル:
基本性能を強化してOffice 2010も導入──「dynabook UX」
2010年夏モデルで登場する東芝のNetbookは、CPUを最新世代に一新。全モデルでOffice Personal 2010も導入した。(2010/6/14)

Intel、タブレット向けAtom「Oak Trail」発表
タブレット、Netbook向けの新Atom「Oak Trail」に加え、Intelは厚さ14ミリの薄型Netbookプラットフォーム「Canoe Lake」も披露した。(2010/6/2)

COMPUTEX TAIPEI 2010:
インテルのセッションで姿を見せた「Intel 6シリーズ」マザー
インテルは基調講演とPCクライアントセッションで「Sandy Bridge」「デュアルコアAtom」「Oak Trail」をアピール。次世代マザーも“さりげなく”登場した。(2010/6/2)

PR:正攻法で勝負をかけるMSIイチオシ「GT660」を世界最速でチェックする!
CeBIT 2010で華々しく登場した「GT660」は、強力なスペックと「DYNAUDIO」監修のサウンド環境が注目を集めている。COMPUTEX TAIPEI 2010でも主役となるフラッグシップノートを、世界最速で紹介しよう。(2010/5/31)

「21世紀教室」でデルができること──「Latitude」新製品発表会
デルは「Latitude E5510」「Latitude E5410」「Latitude E4310」と教育市場向けNetbook「Latitude 2110」の発表会を行い、教育現場におけるデルの役割をアピールした。(2010/5/12)

美しすぎるミニノート!?:
「HP Mini 210 Vivienne Tam Edition」の世界に浸る
“ゴールド&バタフライ”の大胆なボディデザインが際立つ「HP Mini 210 Vivienne Tam Edition」。実機を入手できたので、早速その中身をチェックしていこう。(2010/4/20)

白銅&facet:
フルモデルチェンジを果たした「HP Mini 210」のスリムビューティぶりに驚く
日本ヒューレット・パッカードの個人向けNetbookが“ひっそりと”ラインアップを一新した。その変ぼうぶりは、予想の斜め上を行くものだった……。(2010/4/9)

これは、いいものだ:
波打つボディが美しいデザイナーズミニノート――「Eee PC 1008KR」に見とれる
もはや、すっかりPC市場に定着したNetbook。基本性能に大差はないので、デザインの好みで選ぶ人も多いだろう。「Eee PC 1008KR」はこうした層を狙い打ちした1台だ。(2010/3/19)

CeBIT 2010:
「Gulftown」のウェハは「アップで撮るな」とガードされる
まもなく登場とうわさの6コアCPU「Gulftown」は、CeBIT 2010会場のそちこちでライブデモを展開中。Intelのプレスカンファレンスでは何が明らかになる?(2010/3/5)

CeBIT 2010:
デュアルディスプレイノートPCでMSIが想定する意外な“使いかた”
CeBIT 2009で「なんか“DS”みたい」と注目されたASUSのデュアルディスプレイノートPC。今回はMSIから2モデルが展示された。その概要とコンセプトを聞いた。(2010/3/3)

CeBIT 2010:
Intel、Netbook向け高速Atomプロセッサ「N470」を発表
「Atom N470」は、動作周波数1.83GHzと昨年12月に発表したN450より高速なグラフィックスコア統合型Netbook向けプロセッサだ。(2010/3/2)

PR:欧州で賞賛された“デザインセンス”でMSIは世界に挑む
X-Slimシリーズが日本だけでなく、欧州や北米、そして新興国でも強烈なインパクトを与えたMSI。その認知度は2010年もとどまらない。その理由をドイツで目撃した!(2010/3/1)

2010年PC春モデル:
富士通製Netbookがボディも中身も一新、WiMAX内蔵モデルも──「FMV-BIBLO LOOX M」
富士通のNetbook「FMV-BIBLO LOOX M」が新プラットフォームの採用とともに、“Made in Japan”を掲げた新デザインのボディを導入してフルモデルチェンジした。(2010/1/18)

2010 International CES:
CESでもPCパーツは忘れずに──最新チップセット搭載マザーとGF100にがぶり寄り
CESは世界最大を誇る家電の祭典。2010年はPC関連の話題が多かったが、主役はノートPCやタブレット端末だ。しかし、PCパーツでも興味深い展示があったのだ。(2010/1/15)

2010 International CES:
“3D化”がより高いCPUパワーを必要とする――Intel基調講演
Intelのポール・オッテリーニ社長兼CEOがCESの基調講演に登場。映像コンテンツの3D化によるCPUパワーの必要性を説き、Atomの新ソリューションなどを紹介した。(2010/1/9)

2010 International CES:
Sony Press Conferenceで「未発表VAIO」のデバイスマネージャーに迫る
ソニーがCESの開幕前日に行う公開イベントでは、その年の春モデルがいち早くチェックできるという。今回も期待にたがわずユニークなノートPCが登場した。(2010/1/7)

2010 International CES:
CES Unveiledで登場した“オモロイ”ノートPCたち
その年の注目製品が集まるUnveiledに登場したのは、未発表チップ搭載の“きょうはまだフライング”ノートと、“いざとなったらARM”になっちゃうCULVノートだ。(2010/1/6)

2010 International CES:
ASUSのプレスカンファレンスで登場した、気になるノートPC
ASUSが2010年に投入を予定している新作ノートPCを公開。最新プラットフォーム採用のノートPCでデバイスマネージャを開いてみた。(2010/1/6)

いち早く登場した新世代Netbook「Wind U135」をいち早くチェックする
グラフィックスコアを統合したAtom N450を搭載した新世代のNetbookが2010年早々に登場。その最も早く登場した中の1台で新年早々遊んでみた。(2010/1/4)

元麻布春男のWatchTower:
新旧Netbookをテストして次世代Atomの可能性を考える
インテルが2009年12月に発表した新AtomとIntel NM10チップセットだが、その実力はどの程度なのか。MSIの新旧Netbookでチェックした。(2010/1/4)

インテル、“グラフィックスコア統合”Atom N450を発表
インテルは、グラフィックスコアとメモリコントローラを統合した新世代Atomと対応チップセットを発表した。搭載PCは2010年1月4日以降にASUS、デル、MSIなどから発表される予定だ。(2009/12/21)

Intel Developer Forum 2009:
32ナノが上から下まで──IDFで公開された2010年のロードマップと「動く!」Larrabee
IDFのキーノートといえば、欠かせない存在だったパット・ゲルシンガー氏がIDF 2009直前にIntelを去った。彼に代わって登場したマロニー氏は何を語るのだろうか?(2009/9/24)

ミニノートPC市場に参入:
Qualcomm、“Smartbook”向け新チップセットを発表
QualcommはNetbook的なコンセプト「Smartbook」を提唱するとともに、45ナノメートルプロセスの新チップセット「Snapdragon QSD8650A」を発表した。(2009/6/2)

組み込み向け半導体最新動向:x86プロセッサ(3)
やっぱりAtom? それとも……ポストNetbook時代の覇権争い
Netbookの勢いが止まらない。その要因には「Intel Atom」などの低消費電力/低価格なCPUの存在がある。Intelとx86互換ベンダーとの組み込み分野での攻防は、今後どうなるのだろうか?(2009/5/25)

Intel、次世代版Atom「Pine Trail」の詳細を明らかに
次世代Atomはグラフィックスチップとメモリコントローラを直接プロセッサに組み込み、性能を強化する。(2009/5/20)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。