ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「定年」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「定年」に関する情報が集まったページです。

ハンター役の保護者をかわしてとらわれの校長を救え! 小学校PTAの逃走中イベントが楽しそう
救出目標の校長先生は、今年度で定年退職。良い思い出になったのでは。(2019/6/11)

Books&Apps:
定年後、あなたも「孤立老人」に陥るかもしれない深いワケ
いつのまにか妻や子供、兄弟姉妹からも“相手にされない人”になっていたとしたら……。定年後、孤独に涙する寂しい老人にならないためにできることとは。(2019/6/5)

「70歳以上」33%:
何歳まで働きたいですか? 定年を自由に設定できるとしたら
自由に定年を決めてもいいとしたら、何歳まで働きたいと思っている人が多いのだろうか。20〜70代の男女に聞いたところ……。エアトリ調べ。(2019/6/3)

どう対処する?:
6%の企業に“社内失業中”の社員が存在 「やる気がない」「人格に難あり」などの声
出勤しているのに仕事がない“社内失業状態”の社員を抱えている企業は6%であることが、人材会社エン・ジャパンの調査で判明。雇用先からは、「仕事をしている風のまま定年を目指しているように感じる」「人格的に問題がある」などの厳しい声が挙がった。(2019/2/26)

学びの本質:
定年後の予定は? シニア世代、「知る面白さ」探求
大学や大学院で学問に取り組むシニア世代が増加している。子育てが一段落したり、定年後の時間を利用し、一度は諦めた研究テーマや仕事を通じて抱えていた課題をじっくり探求できるという。人生100歳時代に突入し、AI台頭などを背景に社会の激変が予想される。学び続ける必要性が指摘される一方、知的好奇心に向き合い、主体的に学習する姿に“学びの本質”が浮かび上がってくる。(2019/2/21)

働き方改革:
高砂熱学工業が“選択定年制”や“年齢給廃止”など、新人事制度を導入
高砂熱学工業は2019年4月から、60〜65歳までの選択定年制や年齢給の廃止などを盛り込んだ“新人事制度”を導入する。(2019/2/7)

考え抜いた「不惑」の意味:
兼高かおるさんが唱えた「42歳定年説」  だから私は19年勤めたテレビ局を辞めた
兼高かおるさんが提唱した「42歳定年説」に影響を受け、筆者は42歳11カ月で、19年間勤務した放送局を辞めた。(2019/1/25)

7割が「個人で会社を買う」に興味:
独立・起業したい理由は「定年後の不安」 資金をためている人の平均額は……
経営承継支援が実施した「独立・起業に関する意識調査」によると、独立・起業したい理由は「定年退職後の収入に不安がある」が多かった。一方で、半数以上がまだ資金をためていない。ためている人の平均額は1259万円だった。(2019/1/21)

「生きがいになる」「年金が減る」などの声:
70歳までの「定年延長」に賛成? 反対? 働き盛りのビジネスパーソンはどう考えているのか
35歳以上のビジネスパーソンの83%が定年延長に「賛成」している――。人材会社エン・ジャパンの調査でこんな事実が判明。「仕事のやりがいが生きがいにつながる」などの声があったが、年金の減額を不安視する意見もあった。(2019/1/18)

建設業は定年65歳以上の割合が製造業の倍、ヒューマンタッチ総研が定年制や再雇用の動向を分析
ヒューマンタッチ総研は、国内の建設業の人材市場動向をまとめた2018年12月分のマンスリーレポートをリリースした。今回は、定年延長の動きを踏まえ、建設業の定年制や再雇用の動向を分析。その結果、建設業では66歳以降も働ける企業は、現状で31.7%にとどまった。(2018/12/27)

美名のもとに遂行される「政府シナリオ」:
公務員65歳定年制の導入は「若者の賃金搾取」と「解雇規制緩和」の序章だ
政府は公務員の定年引き上げを検討している。この動きが民間にまで波及すれば法定定年年齢の65歳への引き上げにつながり、70歳までの雇用確保を義務付けるという「政府のシナリオ」が現実味を帯びつつあるのだ。その先にあるのは……。(2018/11/29)

キャリアニュース:
「定年後も働きたい」約6割が回答
総合求人情報サイト「はたらこねっと」が「定年後の働き方」についてのアンケート調査結果を発表した。約6割が「定年後も働きたい」と回答した一方で、7割近くの人が「年齢に適した就業先が見つかるか」と不安に感じていることが分かった。(2018/11/26)

熱きシニアたちの「転機」:
障がい者が働く大繁盛の「チョコ工房」設立した元銀行マンの決意
定年後を見据えて「攻めの50代」をどう生きるのか。新天地を求めてキャリアチェンジした「熱きシニアたち」の転機(ターニングポイント)に迫る。4回目は障がい者を雇用するチョコ工房「ショコラボ」を起業した元銀行員の伊藤紀幸さん(53)。2018年11月1日に7周年目を迎えるショコラボの伊藤さんに話を聞いた。(2018/11/1)

若いうちから少しづつ投資すべき理由:
芥川賞作家・羽田圭介さんが説く「投資の思考回路」の作り方
人生100年時代というのは、定年退職してから退職金を資産運用して暮らしていこうと思っても遅すぎる時代に入ったということを意味する。では、若いうちからどのようにして投資を始めるのか? 自身の投資経歴を元に、投資の思考回路の作り方を、芥川賞作家の羽田圭介さんが話した。(2018/10/9)

81歳超えても働きたい人も:
30〜50代の8割が「定年後も働き続けたい」 今のうちから必要な準備は……?
定年後も働き続けたい30〜50代の“ミドル世代”は83%。人材会社エン・ジャパンの調査で分かった。必要な準備は「コネクション・人脈づくり」が最多だった。(2018/9/21)

達成できない人も多数:
働く人が「定年までにためたい資金」はいくら? 7000人に聞いた結果は……
ビジネスパーソンが、定年までにためておきたい資金は?――日本生命調べ。(2018/9/11)

熱きシニアたちの「転機」:
「Amazonとは違う世界を」 古書店に眠る本を“検索”で蘇らせた元リコー社員
定年後を見据えて「攻めの50代」をどう生きるのか。新天地を求めてキャリアチェンジした「熱きシニアたち」の転機(ターニングポイント)に迫る。3回目は古書の検索サイト運営会社を起業した元リコー社員の河野真さん(62)。(2018/8/20)

必須キーワードを識者が解説:
「定年後再雇用」の注意点は? 人事担当者必見の「働き方改革」用語解説
働き方改革関連法が可決・成立し、企業にも具体的な対応が求められます。企業の人事担当者が押さえておくべき「働き方改革」のキーワードをピックアップ。労働問題を扱う新進気鋭の弁護士が、用語の概念と企業が取るべき具体的な対策方法を解説します。今回は「再雇用時の労働条件」(定年退職前からの待遇変更)を取り上げます。(2018/8/2)

連載 熱きシニアたちの「転機」:
“リーマンショック解雇”を機にフレンチの道へ 元外資金融マンが描く「第3の人生」
定年後を見据えて「攻めの50代」をどう生きるのか。新天地を求めてキャリアチェンジした「熱きシニアたち」の転機(ターニングポイント)に迫る。2回目はリーマンショックで「クビ」を告げられ、一念発起してビストロを開業した元外資金融マンの両角太郎さん(54)。(2018/7/19)

妻に怒られて定年延ばす人も:
「65歳定年制」導入から4年 オリックスのシニア社員は活躍しているのか
他社に先駆けて「65歳定年制度」を導入してから4年がたったオリックス。制度の利用者は活躍しているのか。「HR EXPO」のセミナーで、グループ人事・総務本部 副本部長の直井厚郎氏が実態を明かした。(2018/7/12)

ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術:
定年を正しく理解し、その対応を間違わないように
人生は登山のようなものである。上りは苦しいが頂上という目標がある。下山は達成感があり、楽だし、景色も楽しめる。定年は頂上で中間点である。楽しく下山するためにはどのように過ごせばいいのだろうか?(2018/7/12)

連載 熱きシニアたちの「転機」:
56歳で早期退職 元大手ITエンジニアが「介護タクシー」続けるワケ
定年後を見据えて「攻めの50代」をどう生きるのか。新天地を求めてキャリアチェンジした「熱きシニアたち」の転機(ターニングポイント)に迫る。第1回目は「介護タクシー」会社を起業した元大手ITエンジニアの荒木正人さん(70)。(2018/6/13)

定年バカ:
定年あるある「旧職の地位にしがみつく」
前職でどのような仕事をしていましたか? 面接時、このように聞かれて「部長をやっていて、部下を管理していました」という人がいる。なぜ、こうしたイタイ言葉が出てくるのか。私たちが注意しなければいけないことは……。(2017/12/14)

前年よりも675万円増加:
20代、定年退職後も安心して暮らせると思う貯金額は「5055万円」
20代、定年退職後も安心して暮らせると思う貯金額は「5055万円」――SMBCコンシューマーファイナンス調べ。(2017/12/5)

定年バカ:
「定年後いくら必要なのか」 考えてもムダだった
定年後、ゆとりを感じられる生活を送るためには、どのくらいの預貯金が必要なのか。多くの専門家がいろいろな意見を述べているが、結局のところ本人の生活によってその金額は大きく変わってくる。(2017/11/27)

定年バカ:
「定年後に1億円」は本当に必要なのか
フィナンシャルプランナーなどが講師を務めるセミナーで「定年後に1億円は必要です」といったセリフを聞いたことがある。「1億円」という数字を聞いてびっくりした人も多いかもしれないが、本当に1億円も必要なのだろうか。(2017/11/20)

19年度から段階的に変更か:
政府、公務員定年を65歳に引き上げか 少子高齢化対策で
政府が、現在60歳に定められている国家公務員と地方公務員の定年年齢を65歳に引き上げる方向で本格的な検討に入ったと一部が報じた。内閣人事局の担当者に経緯を聞いた。(2017/9/1)

PR:「思い込みは捨てよ!」――ライフネット生命・出口会長が斬る、日本人が働き方を変えなくてはならない理由
政府が躍起になって推進する「働き方改革」だが、日本企業の取り組みはまだこれからといった状況だ。企業で抜本的な働き方改革を進めるには、どうしたらよいのか。自社でいち早く、在宅勤務や同一労働・同一賃金、定年制廃止などの制度を取り入れてきたライフネット生命保険の出口治明会長に聞いた。(2017/6/12)

Apple Japan、定年制度を廃止
Appleの日本法人が7月1日付で60歳定年制度を廃止していたことが明らかになった。(2016/12/12)

2016 TRON Symposium:
“東大の”坂村健氏による最後の「TRON Symposium」、動く「IoT-Engine」が登場
トロンフォーラムが主催する「2016 TRON Symposium−TRONSHOW−」は、TRONプロジェクトリーダーの坂村健氏が東京大学教授として臨む最後のTRON Symposiumとなる。坂村氏は2017年3月末に定年退官を迎えるが、同年4月に東洋大学が新設する情報連携学部の学部長に就任する予定だ。(2016/12/9)

「定年まで働きたい」社会人1年生は3割、2年生は?
最初に就職した会社で、どのくらいの期間働きたいですか? 社会人1〜2年目の男女に聞いたところ……。ソニー生命保険調べ。(2016/4/14)

モノづくりは国の底力:
ソニー定年退職の64歳、DMM.make AKIBAで伝えるモノづくりの極意
ソニーを定年退職後、DMM.make AKIBAで若手のサポートを行う“技術顧問”がいる。「モノづくりの復権」という志を胸に、長年の知識と経験で若手を導く阿部潔氏に話を聞いた。(2015/9/28)

今働いている人のうち26%が「40代リタイア」を望んでいる
あなたはいつまで働いていたいですか? 全国の働く男女に聞いたところ「定年まで」と答えた人が最も多く、次いで「40代まで」「生涯現役」だった。全研本社調べ。(2015/6/29)

年金減額は他人事じゃない! 定年までに必要な貯蓄額
(2015/6/4)

キャリアニュース:
高齢者雇用に企業は消極的か――「法定義務の範囲を超え自主的に対応」は1割下回る
現在の定年年齢について、75%の企業が「60歳」と答えた。現状では、定年が65歳以上か、定年を定めていない企業は、20%にとどまっている。(2014/9/10)

サカタカツミ「新しい会社のオキテ」:
オレ、定年まで働けるの? 中間管理職がハマる意外な落とし穴
「自分が定年まで働いている姿が想像できません」といった不安を感じていませんか? ロールモデルが多様化しているので、中間管理職の間でこうした落とし穴にハマる人が多いようですが、ではどうすればいいのでしょうか。答えは、簡単。それは……。(2014/8/4)

サカタカツミ「新しい会社のオキテ」:
皆が出世できないと分かっている、そんな時代のマネジメントとは
かつて多くの日本企業では、年功序列というシステムがとても強固だったと言われていました。それは本当でしょうか? そもそもなぜ「同期が同じスピードで出世し、定年で退職する」という仕組みができたのでしょう?(2014/6/9)

サカタカツミ「新しい会社のオキテ」:
それは40代前半――出世できなかった人が悔しがる「出世の分かれ目」を見逃すな!
定年間近になって振り返ったとき、「成果を出したのに出世できなかった。分かれ目はあれだったか」と気付くターニングポイントがあると言います。成功したが出世できない、失敗したのに出世する……その分かれ道とは?(2014/5/12)

過去最高、新入社員の50.7%が「定年まで働きたい」
就職した会社で「定年まで働きたい」と思っている新入社員はどのくらいいるのだろうか。この春就職した人に聞いたところ「定年まで働きたい」と答えたのは50.7%。調査を開始した1990年以降、半数を超えたのは初めて。日本能率協会調べ。(2014/4/18)

ICHIROYAのブログ:
5年働き1年休暇を3セット――これぞ「40歳定年制」理想の働き方
「40歳定年制」が提言されてからもうすぐ2年。これを成功させるためには、ドラスティックな改革が必要だ。「こうすれば、40歳定年制も恐くなくなる」――そんな方法を考えてみた。(2014/2/28)

サカタカツミ「就活・転職のフシギ発見!」:
あなたの会社は、定年まで働ける会社ですか?
「先が見通せなくて不安だ」という、30代前半の男性。定年まで自分がこの会社にいるとは思えない、将来自分はこういう働き方をするのだろうなというモデルがいない……実はこういうケース、最近増えています。あなたも同じことで悩んでいませんか?(2014/1/13)

年収1000万円の貧乏人:
あなたが定年まで働き続けなければならない本当の理由
サラリーマンになってから、いつも疑問に思っていたことがありました。「毎月20万円も稼げば生活できるのに、なぜ必死に働いているのだろう?」答えの1つは「資本主義社会だから」。改めて考えてみると、資本主義とは何でしょう?(2013/8/7)

こんな「プログラマ35歳定年説」は嫌だ(2013年4月人気記事):
こんな「プログラマ35歳定年説」は嫌だ
自分研の月間人気記事ランキングをお届けします。(2013/5/7)

IT用語解説系マンガ:食べ超(21):
プログラマ35歳定年、おめでとうございます
(2013/4/10)

「サラリーマンいじめ」ではないか 65歳定年制の正体
4月から施行される「改正高年齢者雇用安定法」の問題点を紹介します。(2013/3/12)

65歳定年制に賛成? 反対?――その理由は
あなたは何歳まで働きたいですか? 20〜30代のビジネスパーソンに聞いたところ「60歳」と答えた人が最も多く、次いで「65歳」だった。DODA調べ。(2012/11/21)

「定年までの見通しは明るい」という50代は、わずか18.2%
定年まで将来の見通しは明るい、と感じている人はどのくらいいるのだろうか。会社で働く50代の人に聞いたところ「定年まで明るい」と答えたのは2割を下回った。日本マンパワー調べ。(2012/11/7)

自分の意思で人生を決めている?――65歳定年時代に大切なこと
自分の人生を自分で決めるという経験をしなくて済むような仕組みや雰囲気がある日本。65歳定年時代を迎えようとする今、自分の意思を持ち、それを分かりやすく周囲に表明し、意思のある行動ができるようになってもらうことが大事だと筆者は主張します。(2012/10/17)

さっぱり分からなかった、3.11報道(5):
原発報道、なぜ詳しい人が書かなかったのか
原発報道の記事を読んで「書いている意味がよく分からないなあ」と感じた人も多いのでは。「定年退職したが、東電や原発などを担当していた元記者を呼び戻そう」といった声もあったが、実現しなかった。その背景には、組織の事情があったようだ。(2012/8/1)

定年退職制度は禁止するべき
年金支給開始年齢を引き上げざるを得なくなったことにより、「65歳までの雇用義務付け」が、実行されようとしている。しかし、改めて考えると定年退職制度は雇用対策法の趣旨と矛盾しているのではないだろうか。(2012/1/5)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。