ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「定年」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「定年」に関する情報が集まったページです。

キャリアニュース:
70歳定年時代で「定年の年齢、定年後の再雇用有無を気にする人」が増加
「ミドルの転職」が「ミドルの就業継続意向」についての調査結果を発表した。70歳定年時代を受けて、「定年の年齢や再雇用有無を気にする人が増えた」と、61%の転職コンサルタントが回答した。(2024/2/8)

増加する、60歳超えの労働者:
定年後の嘱託社員、最低賃金での雇用はアリなのか?
60歳の定年後に社員を再雇用する場合、給与はどれくらい支給すべきでしょうか? 6割程度が一般的と聞きましたが、最低賃金での雇用もアリなのでしょうか?(2024/2/2)

労働市場の今とミライ:
定年後の再雇用、賃金50%減の「妥当性」は? ”異例の判断”が下った判例から考える
60歳の定年後、再雇用で賃金が下がるのはよく聞く話だ。再雇用社員の賃金が5〜7割下がるのが一般的だが、果たして妥当な設計なのか? ”異例の判断”が下った「名古屋自動車学校事件」の裁判例を基に考察する。(2024/1/10)

「定年まで逃げ切れなかった」デイリーポータルZ独立 林さんに聞く不安と希望「もう一度、インターネットらしく」
あの「デイリーポータルZ」がついに独立。東急グループ傘下から、編集長の林雄司さんの1人会社に譲渡される。今後も赤字の見通しだが、いろいろ大丈夫なのか、赤裸々に聞いてきた。(2023/12/22)

定年退職後も失業手当はもらえるの? イマサラQ&A
40歳や50歳での退職ではなく、定年退職後に仕事を探している場合も失業手当(雇用保険の基本手当)はもらえるのですか。(2023/12/10)

定年って65歳? 法律で決まっていることQ&A
多くの会社員が迎える定年。定年前の準備や定年後の暮らしについて、労務管理とキャリアプランの専門家に聞いた。(2023/12/3)

営業DXで応える:
バブル世代の敏腕営業が大量離職 営業力の低下を今から食い止めるには?
バブル世代の敏腕営業たちが定年退職により会社を去ったあと、営業力は低下の一途をたどるかもしれない。彼らの営業力を資産として会社に残すためにはどうすればよいのだろうか?(2023/10/20)

AI時代を生き抜くということ:
スキルは4年で「陳腐化」する 学び続けなければ失業する時代、どう生き残る?
「大学で4年間教育を受けて40年働く。そして60歳で引退」のモデルは崩壊し始めている。どの国の政府も「定年後も、いかに働き続けてもらうか」を議論しています。それは日本も同様だ。リスキリングが必須の時代になった今、必要な心構えとは。(2023/9/27)

テクノロジーが変える“監査”の未来:
PR:沖縄移住、育児と両立、定年後も生涯エンジニア――監査法人・EY新日本の働き方 「柔軟な働き方を実現できる職場」に来ませんか?
(2023/7/10)

仕事が「つまんない」ままでいいの?(102):
「35歳で定年」など絶対にない エンジニアは「長く活躍できる時代」へ
エンジニアの間で長く語り続けられた35歳定年説。でもこれからは、全エンジニアが長く活躍する時代です。(2023/6/21)

時代が求める「50歳以上のITエンジニア」【中編】
人材不足の解消を「定年退職者の現役復帰」にすがる企業の焦燥
定年退職や早期退職を経て、悠々自適の余生を送る50歳以上の中高年齢者。人材不足が慢性化するIT業界は、こうした中高年齢者の現役復帰に活路を見いだそうとしている。突き動かすのは切迫感だ。(2023/5/29)

時代が求める「50歳以上のITエンジニア」【前編】
「定年退職したレガシーエンジニア」を高給で奪い合う企業の本懐
レガシーシステムに精通したITエンジニアであれば、高額の給与を支払ってでも手に入れたい――。そう考える企業が少なかならずある。主な獲得ターゲットは、退職した50歳以上の中高年齢者だ。(2023/5/28)

河合薫の「社会を蝕む“ジジイの壁”」:
吉野家「定年社員のドライバー再雇用」に、「おじさんのプライド論」での批判はナンセンスなワケ
吉野家HDの「定年社員をトラック運転手として再雇用」や、タニタの「ベテラン社員が若手の横で社内清掃」など、定年再雇用が話題になる度に「プライドがもたない」といった意見が散見される。しかし、こうしたプライド論は本質的ではない。人生の「最後の仕事」に向いているのは、どんな仕事なのか?(2023/4/28)

定年前と同じ職種:
定年退職後の6割が「今も働いている」、悩みは?
カケハシ スカイソリューションズは、「定年後の仕事とお金に関する調査」を実施した。定年退職後のうち66%が働いていることが分かった。(2023/4/11)

新連載「教えて! 労務のギモン」:
定年延長は「雇い止めがカンタン」「退職金の支払いが遅くなる」──本当か?
「雇い止めがカンタン」「退職金の支払いが遅くなる」「労働時間は原則そのまま」──本当でしょうか? 定年延長をめぐってはさまざまな言説があります。法改正から10年が経過し、状況は変わっています。あなたの認識は、もう古いかもしれません。(2023/3/30)

「定年後にやりたかった100のこと」でキャットタワーを手作りしたら…… 猫たち大喜びの愛ある作品に「尊敬します」と称賛の声
これは欲しい……!(2023/3/7)

「定年まで働きたい」の声:
54%が「社長または役員」を目指す 24年卒の学生に聞いた
プレシャスパートナーズは、2024年に卒業する学生を対象に「キャリアプランに関する意識調査」を実施。新卒で入社した会社で働きたい期間は「20年以上または定年まで」が最多であることが分かった。(2023/2/11)

「転職して給与を上げたい」声も:
「就職した会社で定年まで働く」77%、その理由は?
就職した会社で定年まで働きたいと考えている学生は、どのくらいいるのだろうか。高校生や大学生などに聞いたところ……。(2023/1/16)

「定年後の親父に待っていた猫ライフ」 父と元保護猫の愛と幸せにあふれた日常の1コマにほっこりする
幸せであふれています。(2023/1/16)

キャリアニュース:
75%が定年退職後に不安を感じ、約半数が年金以外に「資産形成している」
ライボが「2022年 定年退職に関する調査」の結果を発表した。定年退職後の生活に不安を感じる人は75.6%で、不安内容の1位は「自分の年金で生活できるか」だった。また、定年退職後のため、年金以外に「資産形成している」と54.7%が回答した。(2022/12/8)

定年後の世界:
60歳からのライフシフトは現実的か
2020年3月、改正高年齢者雇用安定法が成立し、多くの企業が定年の年齢を60歳から65歳に引き上げた(ように見える)が、実態としては、前からある定年後の再雇用的な働き方が多いようだ。 一方「ライフシフト」というワードが話題になっていて……。(2022/12/7)

社会人600人にアンケート:
職場の退職金「ない」47% 平均金額はいくら?
キャリア調査機関のJob総研は社会人約600人を対象に「定年退職に関する調査」を実施した。現在の職場で退職金が「ある」と答えた人の割合は全体の52.6%で、平均金額は1005.3万円だった。「ない」と答えた割合は47.4%だった。(2022/11/29)

61歳以降も働きたい理由 3位「健康・体力維持のため」、2位「定期収入を得たい」、1位は?
エン・ジャパンが定年延長に関する調査で「何歳まで働きたいと思うか」を聞いたところ、61歳以上まで働きたいと考える人が80%と大半を占めた。その理由とは?(2022/11/28)

キャリアニュース:
ミドル層の8割が61歳以降も働きたいと回答、後進の昇進を阻むと懸念の声も
転職サイト「ミドルの転職」が「定年延長」についての調査結果を発表した。定年を延長して、61歳以降も働きたい人が80%を占めたが、働く高齢者が増えることの社会的影響として、後進の昇進や若者の雇用を奪うことを懸念する声もあった。(2022/11/10)

裁判例を紹介:
定年退職後に嘱託社員として再雇用 賃金50%カットの妥当性は?
少子高齢化に伴い、高齢者活躍の土壌を整える必要性に迫られる日本。定年は60歳が一般的だが、65歳までの雇用維持、70歳までの就業機会の確保が努力義務となっている。定年退職後に嘱託社員として復帰した社員への賃金設定はいくらが妥当なのか? 社会保険労務士が解説。(2022/10/27)

抵抗感をどうなくす?:
ITスキルに無縁の52歳が「DX人材育成」されて分かった、ミドル・シニア世代をリスキリングするコツ
しばしば問題化する、ミドル・シニア層のリスキリング。人材不足の背景や定年再雇用も見据え、新たなスキルの習得を期待する企業側と、「今から新しいことを学べと言われても……」と困惑するミドル・シニア世代の間で、すれ違いが起きかねません。(2022/9/28)

匠の技をまな弟子へ:
ベテラン開発者が定年間近 あの老舗企業の情シスが、社内下請けから伴走型リーダーに生まれ変わるまで
EUCの失敗に懲りて、IT関連業務を全て情シス部門に集約したサーラグループ。だが、ベテラン開発者が定年間近になり、その体制に黄色信号が点滅し始めた。(2022/9/15)

Q&A 総務・人事の相談所:
役職定年のシニア管理職、モチベーション低下が課題に 制度設計の3つのポイント
シニア社員の活用促進のために定年延長を実施することにしました。同時に役職定年制を導入することを検討しているものの、該当者のモチベーションダウンが心配という声もあります。どのように制度構築をすべきでしょうか?(2022/8/1)

シニアは本当に扱いにくい?:
ノジマやYKKは定年撤廃 シニアの戦力化が企業にもたらす恩恵とは?
少子高齢化が進む日本社会で、企業のシニア層の就業促進は待ったなしの課題となっている。シニアは「扱いにくい」とのイメージがひも付いているが、経験豊かなシニア層の雇用は企業にメリットももたらす。(2022/7/28)

改正高齢法の実情:
年収が半減!? “働かない60代社員”を増やす、再雇用制度のひずみ
70歳までの就業機会の確保を努力義務とする改正高齢法への企業の対応を見ると、「60歳定年を維持したい」という企業の本音が透けて見える。そんな対応が生んだ、“働かない60代社員”を増やす、再雇用制度のひずみとは? 人事ジャーナリストの溝上憲文氏が解説する。(2022/7/28)

萬田久子、郷ひろみと美男美女2ショット 20代のレア写真に「2人とも変わらない」と称賛の声
2人は7月25日から放送開始のドラマ「定年オヤジ改造計画」で共演。(2022/7/21)

Go AbekawaのGo Global!〜Hugh Chiou(後):
僕がフリーランサーを続けるのは、35歳定年説を受け入れたくないから
グローバルに活躍するエンジニアを紹介する本連載。今回もフリーランスエンジニアのHugh Chiou(ヒュウ・チョウ)さんにご登場いただく。ヒュウさんに「一生プログラミングする」と決意させた、他の仕事にはない魅力とは何か。(2022/7/6)

給料と残業の関係:
「転職したい」新社会人の33%、定年までは?
就職した会社で定年まで働きたいと思っている人は、どのくらいいるのか。2022年春に就職した新入社員に聞いた。(2022/6/20)

1社で定年:
「一度も転職したことがない」定年退職者の51.4%
新卒で入社した会社に、何年勤めましたか? 転職して別の会社で働いている人に聞いた。(2022/6/19)

“橋本名人”としても知られる橋本真司氏がスクエニを定年退職 「FF」「キングダム ハーツ」シリーズなどをプロデュース
スクエニではFFやフロントミッションシリーズなどのプロデューサーを歴任。(2022/6/1)

普段が若すぎるのか……! 郷ひろみ、白髪まじりの“定年オヤジ”ショットに「素敵なオジ様」「バッチリ」の声
普段は66歳に見えないほど若々しい郷さん。(2022/6/1)

「お金に愛されないエンジニア」のための新行動論(2):
定年を自覚したエンジニアがひねり出した“投資のHello Worldアプローチ”
定年がうっすら見えてきたエンジニアが、なりふり構わず「お金/投資」について勉強するシリーズ。今回から、「何でもいいから、1万円で金融商品を一つ買ってみよう」という戦略、名付けて“Hello Worldアプローチ”を実践していきます。(2022/4/28)

「お金に愛されないエンジニア」のための新行動論(1):
定年がうっすら見えてきたエンジニアが突き付けられた「お金がない」という現実
今回のテーマは、すばり「お金」です。定年が射程に入ってきた私が、あらためて気づいたのは、「お金がない」という現実でした。2019年には「老後2000万円問題」が物議をかもし、基礎年金問題への根本的な解決も見いだせない中、もはや最後に頼れるのは「自分」しかいません。正直、“英語に愛され”なくても生きていくことはできますが、“お金に愛されない”ことは命に関わります。本シリーズでは、“英語に愛されないエンジニア”が、本気でお金と向き合い、“お金に愛されるエンジニア”を目指します。(2022/2/28)

就職人気から占う今後のIT業界:
ITエンジニア「35歳定年説」に変化 転職市場で40歳以上の需要が上昇したワケ
少し前まで、ITエンジニア「35歳定年説」といった言葉がささやかれていたが、ITエンジニア向け転職プラットフォームを手掛ける「paiza」の調査によると、採用されたエンジニアのうち、40歳以上の割合が右肩上がりで伸びているという。(2022/2/18)

キャリアニュース:
50代対象の求人は増加傾向、「70歳雇用確保努力義務」は半数が対応進まず
「ミドルの転職」が「定年延長によるミドル・シニアの活用」についての調査結果を発表した。50代対象の求人が「増えている」と転職コンサルタントの43%が感じていたが、「70歳雇用確保努力義務」には、53%が「対応が進んでいない」と回答した。(2022/2/10)

転職コンサルタントに聞く:
50代の求人が増えている、その理由は?
エン・ジャパンは「定年延長によるミドル・シニアの活用」に関する調査を実施した。その結果、50代を対象とした求人は……。(2022/1/31)

Q&A 総務・人事の相談所:
定年再雇用者のモチベーションが低下! 給料一律はやめた方がいいのでしょうか?
定年再雇用者は全員定額で、一般的なプレイヤーの社員の8割程度の給与としていた企業。優秀な層のモチベーション低下につながっており、改善したいと考えている──こうした場合、どのような対応が望ましいのだろうか?(2022/1/6)

大愚和尚のビジネス説法:
ブッダに学ぶ生き方改革! 「45歳定年」がささやかれる現代社会で必要とされる人材になるには
2021年9月に開かれた経済同友会のオンラインセミナーにて、サントリーホールディングスの新浪剛史社長が提言した「45歳定年制」が大きな波紋を呼びました。多くの賛否両論がありましたが、私自身は、新浪社長の提言自体、社会に対する一つの重要な問題提起だったと感じています――大愚和尚に聞く、定年までの“生き方改革”とは?(2022/1/11)

学情調べ:
学生に聞いた「目指したい役職」 3位は「課長」、2位と1位は?
学情は、2023年3月卒業(修了)予定の大学生・大学院生に、「仕事観(新卒で入社した企業で勤めたい年数・目指したい役職)」を聞いた。新卒で入社した企業で「定年まで働きたい」と回答した学生は38.3%だった。(2021/12/27)

40代会社員に聞く「45歳定年制」の印象 早期退職を検討するきっかけは?
ソーシャルレンディング事業を手掛けるLENDEXが、全国の40代会社員を対象に「45歳定年制」に関する調査を実施した。(2021/11/25)

定年後も「支えられる者」でなく「支える者」になる時代へ――再雇用、今さら聞けない「保険料や年金の扱い」はどうなるのか?
今の日本の社会では、どの企業も60歳前に「定年」を設定することはできない法律になっている。しかも、少子高齢化が加速している現状では、人手不足を解消する必要があること、そして公的年金の支給開始年齢が原則65歳に引き上げられたことを踏まえると、国は60歳以上の高年齢者を労働市場に留める施策を講じざるを得ない。その一つが「定年再雇用」である。再雇用で、保険料や年金はどういう扱いになるのか?(2021/11/1)

「定年延長のリアル」:
もう悩まない「定年延長」 賃金、退職金、組織の若返りをどうするか【まとめ読み】
高年齢者雇用安定法の改正により、企業は定年延長の検討を迫られている。その際、雇用形態や賃金改定、退職金制度、組織の高齢化についてはどう考えるべきなのか──。定年延長に悩める企業必読の記事をまとめて紹介します。(2021/10/26)

45歳定年制は、なぜ「45歳」なのか 日本企業の慣習と働かないおじさんの関連性
サントリー新浪社長の発言をきっかけに話題となった「45歳定年制」はなぜ、「45歳」なのだろうか。人事コンサルタントである筆者は、日本企業が行ってきた“人事制度の慣習”が背景にあると考えている。それはつまり、どういうことかというと──。(2021/10/25)

早すぎる役職定年:
硬直した金融業界を改革する、異色の“シニア専門家集団”とは
「早すぎる役職定年」「専門人材の不足」「過度な内製主義」といった課題を抱える金融業界。シニアを中心とした専門家集団を組織することで、それらの解決を目指すユニークな企業がある。日本資産運用基盤グループ(JAMP)だ。代表の大原氏に、金融業界の人材や組織の課題と、その解決策を聞いた。(2021/10/25)

ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術:
「45歳定年制」の是非から考える「人を活かす経営の新常識」
終身雇用は人を大切に育て活かせているのか? 制度疲労した日本型雇用を乗り越える提案は、10年前から看過され続けた。コロナ禍も相まって、全世代のキャリア自律がもはや待ったなしの必須課題に。いまこそ、「人を活かす経営の新常識」が求められる!(2021/10/14)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。