ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「革命」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「革命」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

キーワードから小説や画像を自動生成 自然言語処理の革命児「GPT-3」の衝撃
「GPT-3」「OpenAI」というキーワードが人工知能界隈で飛び交っている。これはいったい何なのか、どこがすごいのか、探ってみた。(2021/1/15)

電子ブックレット(FA):
いまさら聞けない第4次産業革命(スマート工場編)
MONOistに掲載した主要な記事を、読みやすいPDF形式の電子ブックレットに再編集した「エンジニア電子ブックレット」。今回は、2016〜2018年に掲載した連載「いまさら聞けない第4次産業革命」の中でスマート工場についての話をまとめた「いまさら聞けない第4次産業革命(スマート工場 編)」をお送りします。(2021/1/13)

第4次産業革命の現在地:
「小さく始める」が「小さいまま終わり」に、SAPが第4次産業革命で訴える危機感
SAPジャパンは2020年9月にインダストリー4.0戦略の具現化を支援する戦略施設「Industry 4.Now HUB TOKYO」を設立した。同施設設立の狙いと、日本におけるインダストリー4.0の推進状況について、SAP Labs JapanのHead of Digital Supply Chain Managementである鈴木章二氏に話を聞いた。(2020/12/23)

モバクソ畑でつかまえて:
「サクラ革命 華咲く乙女たち」インプレッション ディライトワークスの「サクラ大戦」スマホゲー化は吉と出たか凶と出たか
モバクソゲーサークル「それいゆ」発起人、怪しい隣人さんによるスマホゲームコラム。今回はあの「サクラ大戦」シリーズのスマホ向け新作「サクラ革命」について。(2020/12/21)

知財ニュース:
第4次産業革命関連の国際特許、出願数トップ10で日系企業はソニーのみ
欧州特許庁は2020年12月10日(日本時間)、第4次産業革命を担う主幹技術となり得る、IoT、ビッグデータ分析、5G、AIの4分野に関する国際特許出願動向のレポートを公開した。企業別の出願数ランキングでは、ソニーが4位でトップ10にランクインし、12位のパナソニック、15位の富士通などがこれに続いた。(2020/12/10)

AI革命へ次の一手は 攻めに転じるソフトバンクG
投資先の株価回復に加え、米携帯電話大手TモバイルUSなどの株式売却益が寄与した。(2020/11/10)

ソフトバンクG、AmazonやFacebookへの投資に着手 孫社長「AI革命への投資会社になる」
ソフトバンクグループが、米Amazon.comや米Facebookなどの上場企業への投資に着手。孫正義社長は「AI革命への投資会社になる」と意気込んだ。(2020/11/9)

「空飛ぶクルマ」開発 “移動革命”へベンチャー名乗り相次ぐ 
交通渋滞が激しい都市部、離島や山間部の移動だけでなく、地震や豪雨などの被災直後の救急搬送の手段としても期待されている。(2020/11/5)

「空飛ぶクルマ」開発 “移動革命”へベンチャー名乗り相次ぐ
「空飛ぶクルマ」などと称されるeVTOLの開発に、ベンチャー企業が次々と名乗りを上げている。日本では実用化目標を2023年に定め、機体の安全基準や操縦者の技能証明などに関する具体的な検討が進んでいる。(2020/11/5)

モノづくり最前線レポート:
デジタル時代の製造業、勝ち筋は80%をつかみ取る「人中心」の考え
「ロボット新戦略」に基づき「ロボット革命」を推進するために民間主導で設立された組織的プラットフォーム「ロボット革命・産業IoTイニシアティブ(RRI)」は2020年10月27日、国際シンポジウム「製造ビジネス変革 日本の道」を経済産業省の共催で開催した。本稿では、その中で「日本の製造業の生きる道」をテーマとしたパネルディスカッションの内容を紹介する。(2020/11/2)

レジ待ち渋滞も解消:
“買いすぎ防止”スマホレジを導入したら、客単価が20%上昇 イオン「レジゴー」の秘密に迫る
イオンのレジに革命が起きている。買い物客が貸し出し用のスマートフォンを使い、かごに入れる前に商品をスキャン、専用レジで会計する「レジゴー」だ。スキャンにかかる時間は約1秒。レジでは決済のみを行うため、レジ待ちの渋滞も起きづらい。常に商品の一覧と合計金額が確認でき、利用者にとっては買い過ぎの防止にもなるレジゴーの導入で、客単価が向上したという。その理由を聞いた。(2020/10/22)

オフピーク銭湯:
老舗銭湯、逆転発想で「密を見える化」 広告代理店から転職、異色の“銭湯革命児”がひらめいた秘策
「今日は混んでいますか、という電話がとても多かったです」――コロナ禍で換気・消毒などの作業が増える中、人気銭湯「小杉湯」が直面したのはそんな課題だった。そんな中、思いついたのは時間ごとに混雑状況が分かるグラフを、Twitterなどで発信する「オフピーク銭湯」の取り組み。約12年間勤めた外資系広告代理店を辞めて小杉湯に転職したという異色のキャリアを持つ仕掛人、菅原理之さんにその背景を聞いた。(2020/9/29)

電子ブックレット(FA):
いまさら聞けない第4次産業革命(製造業のサービス化 編)
MONOistに掲載した主要な記事を、読みやすいPDF形式の電子ブックレットに再編集した「エンジニア電子ブックレット」。今回は、2016〜2018年に掲載した連載「いまさら聞けない第4次産業革命」の中で「製造業のサービス化」について解説した回をまとめた「いまさら聞けない第4次産業革命(製造業のサービス化 編)」をお送りします。(2020/9/28)

映画館とネットの配信公開に悩む映画界 コロナ禍で「劇場」同時公開が実現
映画業界で日本映画史始まって以来の革命が起きている。ネットでの映像配信は、これまで映画館での公開から半年以上後に行っていたが、新型コロナの影響で映画館とネットで同時に公開する取り組みが始まったのだ。(2020/9/25)

PR:東芝の音声AIが実現する“コミュニケーション革命” 〜何気ない会話を分析、業務効率化のヒントを抽出〜
(2020/9/25)

「あつ森」を革命する力を! 少女革命ウテナや神風怪盗ジャンヌなど、懐かし作品のヒロインになれるマイデザインが大集合
平成前半の思い出がよーみーがえるー!(2020/9/24)

ペットボトルのキャップ撃ち出す「ボトルマン」 Switchと連携も タカラトミーが発表
タカラトミーが、ペットボトルキャップを射出する玩具「キャップ革命 ボトルマン」を発表。10月24日に3種類の機体を発売する。Nintendo Switchと組み合わせて遊べるセットも。(2020/9/15)

「サクラ大戦」シリーズのスマホRPG「サクラ革命」発表 セガとディライトワークスがタッグ
プロジェクトのキャッチコピーは「日本、奪還。」。(2020/9/2)

ビニール袋の天才的な使い方を思いついて試してみたら…… 革命が起こりそうで起こらない日常漫画にクスッと和む
あるあるな状況からの天才的(?)発想です。(2020/9/1)

サプライチェーンの新潮流「Logistics 4.0」と新たな事業機会(12):
誰も分からない未来は「想像」ではなく「創造」せよ、世界観を示すことの重要性
物流の第4次産業革命ともいえる「Logistics 4.0」の動向解説に加え、製造業などで生み出される新たな事業機会について紹介する本連載。最終回となる第12回は、サプライウェブ時代という「誰も分からない未来」に「歩」を進めるに当たっての「世界観を示すことの重要性」について解説する。(2020/8/31)

今の機械学習開発スタイルは時代遅れ
MLOpsで近代化する機械学習の開発ライフサイクル
機械学習の分野は自動化されておらずパイプラインは不安な、旧態依然とした体勢で運用されている。MLOpsを導入することで、機械学習の世界に産業革命をもたらすことができるという。(2020/8/26)

電子ブックレット(FA):
いまさら聞けない第4次産業革命(基本編)
MONOistに掲載した主要な記事を、読みやすいPDF形式の電子ブックレットに再編集した「エンジニア電子ブックレット」。今回は、2016〜2018年に掲載した連載「いまさら聞けない第4次産業革命」の中で基本的な枠組みの話をまとめた「いまさら聞けない第4次産業革命(基本編)」をお送りします。(2020/8/24)

小寺信良が見た革新製品の舞台裏(15):
発売40周年のウォシュレット、「洗浄ノズルをくわえられるのか」にみる進化の魂
TOTOのヒット商品「ウォシュレット」が1980年の発売から40周年を迎えた。温水洗浄便座の代名詞として日本のトイレ文化に革命を起こしたウォシュレットだが、どのように開発され、これまで進化を続けてきたのだろうか。(2020/8/19)

星暁雄「21世紀のイノベーションのジレンマ」:
革命かパンドラの箱か、新AIツールGPT-3の波紋
GPT-3は、英単語や短い文章をインプットすると、関連する「それらしい」テキストを自動生成するツールだ。文章だけでなく、プログラムコードや楽譜を自動的に生成するデモンストレーションも登場した。(2020/7/29)

サプライチェーンの新潮流「Logistics 4.0」と新たな事業機会(11):
新技術の対立構造に見る、サプライウェブ時代を見据えた戦略的投資の難しさ
物流の第4次産業革命ともいえる「Logistics 4.0」の動向解説に加え、製造業などで生み出される新たな事業機会について紹介する本連載。第11回は、サプライウェブ時代を見据えた戦略的投資を検討するに当たって、有望なターゲットと成り得る幾つかの領域と、その選定に際しての視点を紹介する。(2020/7/27)

サプライチェーンの新潮流「Logistics 4.0」と新たな事業機会(10):
世界で最も愚直な会社、アマゾンの脅威
物流の第4次産業革命ともいえる「Logistics 4.0」の動向解説に加え、製造業などで生み出される新たな事業機会について紹介する本連載。第10回は、従来のセグメンテーションでは捉えられないプラットフォーマーの代表的存在であるアマゾン(Amazon.com)の戦略について取り上げる。(2020/6/23)

人権を尊重しつつ個人情報を収集するには:
「新型コロナ接触確認アプリ」検討会委員が語るデータ利活用の概念、APPAとは
新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止につながることが期待される「接触確認アプリ」。その有識者検討会に委員として参加する世界経済フォーラム第四次産業革命日本センターの藤田卓仙氏が、アプリの要件や今後、社会的合意形成を進ませる、APPAという概念を紹介した。(2020/6/16)

PR:世界中から集まるデータ、生産計画に生かせ ヤマハ発動機の革命劇
(2020/6/10)

サプライチェーンの新潮流「Logistics 4.0」と新たな事業機会(9):
物流施設デベロッパーにおける「モノ売り」から「コト売り」への進化
物流の第4次産業革命ともいえる「Logistics 4.0」の動向解説に加え、製造業などで生み出される新たな事業機会について紹介する本連載。第9回は、2000年代に物流施設に「所有と利用の分離」という概念を持ち込んだ物流施設デベロッパーが、どうすればサプライウェブ時代の新たなプラットフォーマーなれるのかについて取り上げる。(2020/5/28)

産業用ネットワーク:
PR:産業用ネットワークはどうあるべきか、「TSN」が起こす製造業の革命
産業用オープンネットワーク団体のCC-Link協会では、新たにOPC Foundationの前会長兼事務局長であるトーマス・J・バーク氏をGlobal Strategic Advisorとして招聘し、グローバル化やオープン化を加速させる方針を示す。バーク氏のインタビューから“これからの産業用ネットワーク”に求められるものを解き明かしていく。(2020/5/26)

雪国の朝にIT革命 「雪かきしてほしい人」と「雪かきバイトしたい人」をつなぐ除雪マッチングアプリが今冬登場
日雇いで気軽に依頼&お金稼ぎできる。(2020/5/8)

サプライチェーンの新潮流「Logistics 4.0」と新たな事業機会(特別編):
パンデミックに耐えうるサプライチェーンのリスクマネジメントとは(後編)
物流の第4次産業革命ともいえる「Logistics 4.0」の動向解説に加え、製造業などで生み出される新たな事業機会について紹介する本連載。今回は特別編として、新型コロナウイルス感染症のようなパンデミックにも対応可能な、サプライチェーンの維持・継続を図るためのリスクマネジメントの在り方を取り上げる。(2020/4/20)

サプライチェーンの新潮流「Logistics 4.0」と新たな事業機会(特別編):
パンデミックに耐えうるサプライチェーンのリスクマネジメントとは(前編)
物流の第4次産業革命ともいえる「Logistics 4.0」の動向解説に加え、製造業などで生み出される新たな事業機会について紹介する本連載。今回は特別編として、新型コロナウイルス感染症のようなパンデミックにも対応可能な、サプライチェーンの維持・継続を図るためのリスクマネジメントの在り方を取り上げる。(2020/4/16)

ジャーナリスト数土直志 激動のアニメビジネスを斬る:
NetflixがCLAMPらトップクリエイターと組む真の狙い――「製作委員会を超越する」アニメ作りの革命
2月、Netflixが日本のトップクリエイター6組と提携発表。CLAMPや乙一らが名を連ねた。既存のアニメ製作の枠を超えた「大戦略」に迫る。(2020/4/7)

モノづくり総合版メルマガ 編集後記:
ど近眼でも満足できるメガネが安く手軽に手に入るなんて
個人的には革命的な出来事でした。(2020/3/19)

サプライチェーンの新潮流「Logistics 4.0」と新たな事業機会(8):
RaaSやTaaSをも超える、サプライウェブ時代の新たなプラットフォーマーとは
物流の第4次産業革命ともいえる「Logistics 4.0」の動向解説に加え、製造業などで生み出される新たな事業機会について紹介する本連載。第8回は、RaaSやTaaSの以上のポテンシャルを持ち、サプライウェブ時代の新たなプラットフォーマーとなり得る、ソフトウェアメーカーのビジネスチャンスについて取り上げる。(2020/3/18)

スマートファクトリー最前線:
変種変量生産で効率50%向上、“世界的先進工場”は何を行っているのか
2020年1月にWEFによる「第4次産業革命を主導する世界的先進工場(ライトハウス)」に選ばれた日立製作所の大みか事業所。世界の中でも先進的な取り組みを進めるスマートファクトリーとして評価された工場となったわけだが、具体的にはどういう取り組みを行っているのだろうか。同工場の取り組みを紹介する。(2020/3/17)

IT革命 2.0〜DX動向調査からインサイトを探る:
あの時どうすればよかったのか? 今こそ振り返る20年前の「IT革命」
「IT革命」というコトバを同時代として知っている方は、ほろ苦い記憶があるではないでしょうか? しかし、もう一度振り返ることで、デジタルトランスフォーメーション(DX)への取り組みに変化が出るかもしれません。連載名「IT革命2.0」のタイトルに込めた思いをお伝えします。(2020/3/12)

IT革命 2.0〜DX動向調査からインサイトを探る:
日本企業は「組織全体」としてDXをどう見ているか、調査属性から探る
デジタルトランスフォーメーション(DX)は第4次産業革命と言われ注目度が高いキーワードです。IT部門や企画部門だけではなく、さまざまな部門から大きな関心が寄せられています。その空気感が伝わる調査結果を集めることができました。(2020/3/10)

SEMICON Japan 2019:
空飛ぶクルマ、SUBARUの取り組み
 半導体製造技術の展示会「SEMICON Japan(2019年12月11日〜13日、東京ビッグサイト)」で開催されたセミナー「SMART TransportationフォーラムII」にSUBARU(スバル) 航空宇宙カンパニー 技術開発センター自律システム設計部長の山根章弘氏が登壇。「空の移動革命に向けたSUBARUの安全への取り組みについて」をテーマに講演した。(2020/3/9)

サプライチェーンの新潮流「Logistics 4.0」と新たな事業機会(7):
「RaaS」が“手でモノを運ぶ作業”から人を解放する
物流の第4次産業革命ともいえる「Logistics 4.0」の動向解説に加え、製造業などで生み出される新たな事業機会について紹介する本連載。第7回は、従来の物流現場で人が担ってきた「作業」を物流ロボットなどで自動化するRaaS(Robot as a Service)を取り上げる。(2020/2/27)

SEMICON Japan 2019:
「空飛ぶクルマ」の現在地、果たすべき役割と課題
半導体製造技術の展示会「SEMICON Japan(2019年12月11日〜13日、東京ビッグサイト)」で開催されたセミナー「SMART TransportationフォーラムII」に経済産業省 製造産業技術戦略室長の藤本武士氏が登壇。「空の移動革命に向けた政府の取り組み」をテーマに講演した。(2020/2/26)

スマートリテール:
トライアルが首都圏初のスマートストア、リテールAIによる流通情報革命の現場に
トライアルカンパニー、サントリー酒類、日本ハム、日本アクセス、ムロオ、フクシマガリレイがリテールAI(人工知能)プラットフォームプロジェクト「REAIL(リアイル)」の戦略について説明。トライアルとして首都圏初のスマートストアとなる長沼店にリテールAIなどを全面採用し実証を進めていく計画だ。(2020/2/26)

ボカロ界の革命――無償のAI歌声合成ソフトが一般公開 誰でもアイドル声優の歌声が作れるように
AI技術を活用して人間らしい歌声を合成できるソフト「NEUTRINO」が無償公開された。これまでは研究者や開発者しか手にできかったAI歌声合成システムが、一般人でも触れるようになった。(2020/2/25)

製造マネジメントニュース:
第4次産業革命に関する経営者意識調査、日本は「社会課題解決」への意識が希薄
デロイト トーマツ グループは、第4次産業革命に関する国内外の経営者の意識調査結果を発表した。世界の経営者は、第4次産業革命を通じて、経済価値と社会価値の同時創出を追求する傾向にあるという。(2020/2/7)

製造マネジメントニュース:
経産省が「第四次産業革命スキル習得講座認定制度」の申請受付開始
経済産業省は、IT、データ分野を中心とした専門的、実践的な教育訓練講座を経済産業大臣が認定する「第四次産業革命スキル習得講座認定制度」の第6回申請受付を、2020年1月14日から開始する。(2020/2/3)

政府が進める「ドローン革命」、2022年の日本の空はどう変わるか
政府は、積極的に音頭を撮りながらドローンの利活用に関する研究や制度設計が進められている。政府が考える、ドローン活用の未来地図とは。(2020/1/27)

高橋ひかるが活動再開、「スクール革命!」出演にファンから歓喜の声「戻ってきてよかった〜」「復帰、スゲェ嬉しい!」
体調不良のため2019年10月から休養していました。(2020/1/26)

サプライチェーンの新潮流「Logistics 4.0」と新たな事業機会(6):
「TaaS」の出現により、商用車メーカーはトラックを売らなくなる!?
物流の第4次産業革命ともいえる「Logistics 4.0」の動向解説に加え、製造業などで生み出される新たな事業機会について紹介する本連載。第6回は、物流の主な担い手であるトラック業界を大きく変えるであろうTaaS(Truck as a Service)を取り上げる。(2020/1/23)

スマートファクトリー:
世界で最も先進的な工場として日本から初認定、日立大みか事業所など3工場
世界経済フォーラムは、第4次産業革命をリードする世界で最も先進的な工場「ライトハウス(灯台=指針)」として新たに18工場を認定。今回は、日本関連で初めて、日立製作所の大みか事業所、GEヘルスケア・ジャパンの日野工場、三井海洋開発の海洋施設(ブラジル・リオデジャネイロ)の3工場が認定された。(2020/1/14)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。