ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「革命」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「革命」に関する情報が集まったページです。

「小学生がデザインしたのか」「いや待て、すごいぞこれ」 サイバーパンクな斬新デザイン、テスラの新型車「Cybertruck」みんなどう?
早速「コラ画像で遊ぶ」人もいろいろ、「こんなのが街にあふれるとか、革命的だ」などの声も。(2019/11/29)

ものづくり白書2019を読み解く(2):
第4次産業革命で製造業の取るべき戦略、データサービスと重要部素材のシェア獲得
日本のモノづくりの現状を示す「2019年版ものづくり白書」が2019年6月に公開された。本連載では3回にわたって「2019年版ものづくり白書」の内容を掘り下げる。第2回となる今回は、2019年版ものづくり白書が提示する4つの戦略の内、「世界シェアの強み、良質なデータを生かしたニーズ特化型サービスの提供」「第4次産業革命下の重要部素材における世界シェアの獲得」について詳しく掘り下げていきたい。(2019/11/28)

「中型領域に革命起こす」 有機ELディスプレイ製造のJOLED、世界初の「印刷方式量産ライン」稼働へ
JOLEDは、世界初となる印刷方式の有機ELディスプレイ量産ラインを稼働すると発表した。2020年の量産開始に向け、サンプル試作を進める。(2019/11/25)

【トップ直撃】飲食店業界に革命! 来店10分前でも予約できる「超直前予約アプリ」を展開 トレタ・中村仁代表取締役
 忘年会シーズンに向けて知っておいて損はない会社とアプリだ。飲食店向けの予約・顧客台帳をデジタル化するサービスを手がける企業が、一般ユーザー向けに来店10分前でも店を予約できる超直前予約アプリ「トレタnow(ナウ)」を展開している。家電業界から広告代理店、飲食店経営を経て起業したトップは、飲食店業界の予約システムに革命を起こそうとしている。(中田達也)(2019/11/20)

サプライチェーンの新潮流「Logistics 4.0」と新たな事業機会(4):
サプライチェーンマネジメントは新ステージへ、全体最適の範囲を拡張せよ
物流の第4次産業革命ともいえる「Logistics 4.0」の動向解説に加え、製造業などで生み出される新たな事業機会について紹介する本連載。第4回は、「全体最適の範囲の拡張」を目指す次世代のサプライチェーンマネジメントについて説明する。また、その成功例となる、ZARA、コマツ、ジョンディアのケースを見て行こう。(2019/11/19)

製造マネジメントニュース:
中小製造業向け「すぐ使え、すぐ見えるIoTツール」、RRIが募集結果を公表
ロボット革命イニシアティブ協議会は、「第3回スマートものづくり応援ツール」の募集結果を公表した。募集による取り組みを通じて、中小企業が容易に導入できてすぐに使えるIoTツールの情報を提供する。(2019/11/14)

製造業のデジタルトランスフォーメーション:
PR:第4次産業革命を理解していない日本の製造業、データ活用で現場力を強化せよ
IoTやAIなどのデジタル技術の急速な進展は、製造業におけるものづくりの在り方に劇的な変化をもたらしている。だが一方で、そうしたデジタル技術のみに注目しているだけでは真の変革は実現できない。スマートなものづくりを経営課題として捉え、全社的なデジタルトランスフォーメーション(DX)にアプローチすることでこそ、日本の製造業は新たな時代の優位性を確保し、持続的成長を成し遂げることができる。(2019/11/1)

「MaaS」参入競争始まる 主役は鉄道 スムーズな移動サービスで実証実験めじろ押し
鉄道やバスなどあらゆる交通手段を連携させる次世代移動サービス「MaaS(マース)」をめぐる参入競争が熱を帯びている。マイカー以外の全てのモビリティー(交通手段による移動)を一つのサービスととらえる「100年に1度」の交通革命をビジネスチャンスととらえているからだ。(2019/10/31)

動画視聴に最適:
PR:最新ディスプレイ講座――新たな選択肢「OLED(有機EL)」がもたらす動画視聴の大革命
ディスプレイの購入にあたり、新たな選択肢が浮上している。そう、OLED(有機EL)だ。従来の液晶と何が違うのか、どこが優れているのか、気をつけるべきポイントは何かをまとめた。(2019/11/28)

CAD/GIS:
「図面のカラー印刷はもはや常識!?」、A1を“2秒”で印刷するHPの高速プリンタがもたらす働き方改革
日本HPは、建設・製造分野のCAD/GIS向けに、モノクロ/カラーの図面を1台で高速印刷できる大判プリンタ「HP PageWide XLシリーズ」を訴求している。図面印刷にカラープリントがなぜ必要なのか?図面革命と銘打ったシークレットセミナーから、HP PageWide XL プリンタが現場の働き方改革をも実現する理由を探った。(2019/10/25)

製造マネジメントニュース:
RRIとドイツ工学アカデミー、人と機械のあるべき姿を提言
ロボット革命イニシアティブ協議会は、ドイツ工学アカデミーとの協業により、デジタル社会における人と機械のあるべき姿を提言する白書「Revitalizing Human-Machine Interaction for the advanced society」を公開した。(2019/10/15)

サプライチェーンの新潮流「Logistics 4.0」と新たな事業機会(3):
花王・アマゾン・アスクルの事例に学ぶ、デマンドチェーンマネジメントの重要性
物流の第4次産業革命ともいえる「Logistics 4.0」の動向解説に加え、製造業などで生み出される新たな事業機会について紹介する本連載。第3回は、サプライチェーンの川下にあたる流通・小売プロセスでの先進事例を紹介するとともに、「デマンドチェーンマネジメント」の重要性について説明する。(2019/10/15)

リチウムイオン電池 中韓参入、高性能化へ開発にしのぎ
ノートパソコンや携帯電話を普及させ、IT革命の立役者になったリチウムイオン電池は近年、資源・エネルギー問題での役割も重みを増した。(2019/10/10)

今後は「幻滅期」から「啓蒙活動期」に:
ブロックチェーン技術がビジネスに革命を起こすのは5〜10年後、Gartnerが予測
Gartnerは最新レポート「Hype Cycle for Blockchain Technologies, 2019」を発表し、ブロックチェーン技術はハイプサイクルの「幻滅期」に入ろうとしていると指摘した。(2019/10/10)

エッジコンピューティング:
「ないから作った」、OKIが発売する20万円以下のAIエッジコンピュータ
OKIはAIエッジコンピューティング事業戦略と、その戦略製品となるAIエッジコンピュータ「AE2100」を発表した。長年の社会インフラ領域での端末開発の実績を生かし、高信頼性を持ちながら高いコストパフォーマンスを維持する端末を提供し、第4次産業革命を推進していく方針だ。(2019/10/4)

電子ブックレット:
空の産業革命の今を読み解く、「産業×ドローンセミナー」総まとめ
2019年7月に東京都主催で開催された「産業×ドローンセミナー」の上中下編の総まとめです。(2019/9/24)

PR:これは画面革命だ! 有機ELディスプレイ搭載のハイパフォーマンスノートPCを試す
マウスコンピューターのクリエイター向けノートPC「DAIV-NG5820」シリーズに、有機EL搭載モデルが加わった。これまでの液晶ディスプレイとは何が違うのか、そのポイントをじっくり見ていく。(2019/9/24)

無人走行ロボットのサービス開始:
ドローンの次は最速20キロのUGV 楽天が陸・空から革命起こす 壁は「手ごわい」道交法 
楽天が自動走行ロボットを使った配送サービスを開始。神奈川県横須賀市のうみかぜ公園で9月21日から10月27日まで。同ロケーションでは既にドローン配送も行っている。楽天は「無人ソリューションで新たな産業革命を起こす」という目標を掲げているが、道路交通法などまだまだハードルは高い。(2019/9/20)

PR:肉×寿司には無限の可能性がある! 元気寿司の全従業員参加コンテスト「キッチンファイト」で革命的新メニューを食べてきた
ファイナリストたちのメニューは9月17日より順次商品化されます。(2019/9/24)

サプライチェーンの新潮流「Logistics 4.0」と新たな事業機会(2):
調達・生産プロセスにおけるサプライチェーンの革新
物流の第4次産業革命ともいえる「Logistics 4.0」の動向解説に加え、製造業などで生み出される新たな事業機会について紹介する本連載。第2回は、調達・生産プロセスにおけるサプライチェーンで起こりつつある革新について紹介する。(2019/9/19)

電子ブックレット(オートモーティブ):
空の移動革命ーー日本の動向
MONOistに掲載した主要な記事を、読みやすいPDF形式の電子ブックレットに再編集した「エンジニア電子ブックレット」。今回は、空飛ぶクルマの取り組みをまとめた「空の移動革命ーー日本の動向」をお送りします。(2019/9/18)

キャリアニュース:
「第4次産業革命により職を失う不安がある」と4割が回答
転職サイト「ミドルの転職」が「第4次産業革命」についてのアンケート調査結果を発表した。第4次産業革命を「知っている」のは全体の83%で、第4次産業革命によって職を失うことについて、40%が「不安がある」と回答した。(2019/9/12)

物流のスマート化:
ドローンとUGVで「宅配クライシス」を克服、楽天が起こす新たな産業革命とは
楽天の自社イベント「Rakuten Optimism 2019」のビジネスカンファレンスで、同社 常務執行役員の安藤公二氏が「あなたの生活がどう変わる:ドローンと地上配送ロボット」をテーマとした講演を行った。(2019/9/6)

「第4次産業革命によって職を失うかも」、業種別トップは?
第4次産業革命(IoTやAIなどを用いることで起こる製造業の革新)によって、職を失うかもしれないと感じている人はどのくらいいるのだろうか。転職サイトを利用している35歳以上のユーザーに聞いたところ……。エン・ジャパン調べ。(2019/8/31)

モノづくり総合版メルマガ 編集後記:
ロジスティクス4.0×インダストリー4.0が示す、第4次産業革命の本当の意味
既存の産業の枠を超えてはじめて、第4次産業革命の意味がある。(2019/8/29)

サプライチェーンの新潮流「Logistics 4.0」と新たな事業機会(1):
物流の第4次産業革命「Logistics 4.0」とは何か
物流ビジネスへの注目が日増しに高まる中、新たなイノベーションによって、物流の第4次産業革命ともいえる「Logistics 4.0」が起きつつある。本連載では、Logistics 4.0の動向解説に加え、製造業などで生み出される新たな事業機会について紹介する。第1回は、Logistics 4.0までの物流におけるイノベーションの変遷を解説する。(2019/8/22)

医療×テクノロジー:
5G、AIが「がん治療」を変える!? 山中教授らが語る未来
楽天は2019年8月2日、同社のイベント「Rakuten OPTIMISM 2019」(パシフィコ横浜/2019年7月31日〜8月3日)で、医療最前線:がん治療の革命児たち」と題したパネルディスカッションを実施。京都大学iPS細胞研究所所長の山中伸弥氏ら、がん治療のスペシャリストが、AIや5G(第5世代移動通信)などの最新テクノロジーが医療にもたらす可能性について語った。(2019/8/19)

交通政策白書を読み解く(後編):
モビリティ革命の推進力、日本の交通に変化をもたらす4つの先進的取り組み
国土交通省は2019年6月に「平成30年度交通の動向」及び「令和元年度交通施策」(以下、交通政策白書2019)を公開した。今回は「モビリティ革命〜移動が変わる、変革元年〜」をテーマに、交通の動向や交通に関する施策を紹介している。(2019/8/19)

HPC分野のスケールアウト型システムの課題を克服する:
PR:48TBメモリを搭載するスケールアップ型サーバが研究開発に革命を引き起こす
「インテル® Xeon® スケーラブル・プロセッサー」搭載「HPE Superdome Flex」は48TBの単一メモリ空間を駆使し、製造業、生命科学、材料、化学、物理などの研究分野で大規模な行列計算や3次元解析を実現する。(2019/8/13)

HPC分野のスケールアウト型システムの課題を克服する
48TBメモリを搭載するスケールアップ型サーバが研究開発に革命を引き起こす
「インテル® Xeon® スケーラブル・プロセッサー」搭載「HPE Superdome Flex」は48TBの単一メモリ空間を駆使し、製造業、生命科学、材料、化学、物理などの研究分野で大規模な行列計算や3次元解析を実現する。(2019/8/13)

交通政策白書を読み解く(前編):
モビリティ革命の原動力、日本の交通における3つの課題
国土交通省は2019年6月に「平成30年度交通の動向」および「令和元年度交通施策」(以下、交通政策白書2019)を公開した。本稿では、交通政策白書2019の第1部に示された交通の動向を概観したうえで、第2部「モビリティ革命〜移動が変わる、変革元年〜」から交通における現在の課題について取り上げたい。(2019/8/9)

「クーデター」と「革命」は何が違うのか?
そもそも「クーデター」って何?(2019/7/30)

12兆円の「ソフトバンク・ビジョン・ファンド2」、Microsoftも参画し「AI革命を加速」
ソフトバンクグループが、約11兆7000億円規模の「ソフトバンク・ビジョン・ファンド2」立ち上げを発表した。主にAI関連の成長企業への投資を目的とする。前回に続き、AppleとFoxconnが参画する他、Microsoftも加わる。(2019/7/26)

製造マネジメントニュース:
RRIが「スマートものづくり応援ツール」を募集、中小製造業のIoT導入を推進
経済産業省は、ロボット革命イニシアティブ協議会が第3回「スマートものづくり応援ツール」の募集を開始したと発表した。中小製造業がより簡単に利用できるIoT(モノのインターネット)ツールを選定し公表することで、企業のIoT導入を支援する。(2019/7/23)

PR:腕時計のデザインを変える「小さくて大きな革命」 カシオの薄型モジュール開発に迫る
2019年夏発売のプレミアムライン「OCEANUS Manta」(オシアナス マンタ)と高機能アナログウォッチ「EDIFICE」(エディフィス)は、“薄さ”にこだわって作られ、実際に腕に装着するとぴったりと張り付くような一体感が特徴だ。その秘密は、腕時計のコア「モジュール」の薄型化にあった。(2019/7/16)

「産業×ドローンセミナー」(下):
来るべき「自動航行時代」に“ドローン操縦士”は必要とされるか?
国が示す「空の産業革命のロードマップ」では、2022年度に最終のレベル4「有人地帯での目視外飛行」を目標に置く。現状、ドローンスクールでは操縦者の育成に努めているが、その先の自動航行が実現すれば、パイロットに求められる役割やスキルも変わることが予測される。(2019/7/8)

「産業×ドローンセミナー」(中):
「空の産業革命」レベル4を目指す各社の取り組みとは?西日本豪雨でドローンレーザーが果たした役割
国が示す「空の産業革命のロードマップ」では、2019年度からはレベル3「無人地帯での目視外飛行」のフェーズに入った。民間企業でも最終のレベル4「有人地帯での目視外飛行」に対応した新たなサービスを展開すべく、機体開発や検証を進めている。(2019/7/5)

「産業×ドローンセミナー」(上):
“有人地帯での目視外飛行”に向け国が年度内に方針策定、秋には飛行前点検が義務化
国が示す「空の産業革命のロードマップ」では、2019年度からはレベル3「無人地帯での目視外飛行」のフェーズに入った。最終のレベル4「有人地帯での目視外飛行」が実現すれば、建築物の点検、物流、警備業務といった都市部でのドローンサービスが本格化することが見込まれる。この前段階として、東京都では、ドローン特区の多摩地域での実証実験やインフラ点検の有効性検証に乗り出している。(2019/7/3)

製造マネジメント インタビュー:
第4次産業革命へ加速するタイ産業、日立と組んだSCG-CBMの取り組み
全世界で同時進行的に進む第4次産業革命。タイでも「タイランド4.0」など政府が支援する動きが目立つ。さらに、タイ企業でも積極的な取り組み事例なども現れ始めている。セメントや建設資材などを主力事業として展開するSCG-CBMの取り組みを紹介する。(2019/7/2)

人間の情念が花開く“夜の鳳学園” ミュージカル「少女革命ウテナ〜深く綻ぶ黒薔薇の〜」ゲネプロレポート
深く…もっと深く…。(2019/7/1)

製造業IoT:
PR:製造現場のデータ活用、「価値」を生み出すまでの最短ルートを進むために必要なもの
第4次産業革命など、製造業でもIoTやAIなどを活用したデジタル変革の動きが加速している。しかし、取り組みそのものは広がるものの、実際にデータから「価値」を得られている企業はいまだに少ない。データ活用のサイクルを構築するのに大きな手間や時間が必要になるからだ。これらを解決するために必要なものとは何だろうか。データの分析・活用の専門企業であるSAS Institute Japanに「価値につながるデータ活用のポイント」について聞いた。(2019/7/18)

MONOist IoT Forum 福岡2019(前編):
日本発の元祖スマート工場が歩む道と、標準化が進む第4次産業革命向け通信規格の動向
MONOist、EE Times Japan、EDN Japan、スマートジャパン、TechFactoryの、アイティメディアにおける産業向け5メディアは2019年6月18日、福岡市内でセミナー「MONOist IoT Forum 福岡」を開催した。本稿前編では三菱電機 FAシステム事業本部 FAソリューションシステム部 主席技監 森田温氏の基調講演と、日本OPC協議会 マーケティング部会 部会長である岡実氏によるランチセッションの内容をお伝えする。(2019/6/27)

「少女革命ウテナ」音楽の世界がふたたび J・A・シーザー“ウテナアルバム”第2弾発売決定
ジャケットは幾原邦彦監督監修、甘木歯四さんを起用。(2019/6/3)

製造業のIoTスペシャリストを目指そうSeason2(9):
データ駆動社会のAI(人工知能)と統計手法
データ駆動社会においては、いかにデータを有効活用するかが重要です。その中で、AI(人工知能)が第4次産業革命のキーワードであることは事実です。しかし、筆者がコンサルタントして企業を支援していると、企業の誤解に近い考えにより、推進方法自体に誤りがあることが多数あります。今回のコラムでは、その推進方法の誤りを経験的に解決するため、統計手法について理解していただく内容になります。(2019/5/31)

PR:「スマホの充電器ってどれ選んでも一緒じゃない?」という人に伝えたい「規格」と「認証マーク」の話
実は今USBの世界に大きな革命が起こっています。(2019/9/24)

第4次産業革命の現在地:
タイで進むタイランド4.0、日立製作所が取り組むASEANのデジタル変革
全世界的に第4次産業革命への動きが加速する中、タイでもタイランド4.0とする政策が進行。政府間での協力での覚書なども締結されているが、民間でも日本企業とタイ企業との連携強化の動きが進む。その中で日立製作所はいち早くタイにIoT拠点である「Lumada Center Southeast Asia」を設立し、東南アジア地域企業のデジタル変革を支援する取り組みを行う。日立製作所の取り組みを追う。(2019/5/16)

武闘派CIOに聞く、令和ニッポンの働き方改革【前編】:
日清食品HDの知られざる「IT革命」とは? 変革の立役者に直撃
40年間使い続けた古いシステムを撤廃、ビジネスの課題を解決できるIT部門へ――。そんな大きな変革プロジェクトでIT賞を受賞したのが日清食品ホールディングスだ。2013年、CIO(chief information officer)に就任した喜多羅滋夫氏は、どんな方法で昔ながらのIT部門を“戦う集団”に変えたのか。プロジェクトの舞台裏に迫った。(2019/5/15)

ハノーバーメッセ2019:
日本のモノづくり技術を世界に発信、ジャパンパビリオンの取り組み
日本能率協会(JMA)とロボット革命イニシアティブ協議会(RRI)はハノーバーメッセ2019(2019年4月1〜5日、ドイツ・ハノーバーメッセ)において、共同ブースを出展し、ジャパンパビリオンを設置した。ジャパンパビリオン内に出展した6社の動向を紹介する。(2019/5/9)

パーキング管理に革命を起こすロボット 空港の広大な駐車場を全自動で管理する「Stan」がすごい
大きなスーパーや郊外型商業施設でも活躍してくれそう。(2019/4/4)

マスクド・アナライズのAIベンチャー場外乱闘!:
「100年に1人の逸材」が変える「100年に1度のAI革命」
AIを活用したいが、上層部の理解を得られず難しい――そんな組織の壁を突破するにはどうすればいい? 大きな変革を得てV字回復を遂げたプロレス業界に学んでみよう。(2019/3/29)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。