ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「部屋探し」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「部屋探し」に関する情報が集まったページです。

導入事例:
レオパレス21、20万戸超にスマートロック導入 年間約10万時間の業務削減
レオパレス21の管理物件でスマートロック導入件数が20万戸を超えた。入居者の利便性を向上するとともに、同社における鍵関連業務を年間約10万時間削減するなど業務効率化にもつながっている。(2024/1/17)

859人に聞いた:
不動産会社、住まい購入者が重視したのは 「物件写真が多い」上回る1位は……
物件購入者はどのような基準で不動産会社を選び、購入しているのか。アットホーム(東京都大田区)が調査を実施した。(2024/1/5)

不動産テック:
ChatGPTなど“生成AI” 不動産会社で使いたいが約6割も、使いこなす自信がないが約半数
いえらぶGROUPは、住まい探しで生成AIの利用状況を調査した。調査からは、生成AIを利用したい不動産会社が約6割に上る一方、使いこなしている会社は約1割にとどまっていることが明らかになった。(2023/10/12)

上から見ると「バーガーキング駅」 バーガーが出荷されそうな建物が発見され話題に
駅なのかバーガーキングなのか。(2023/9/26)

東京のどのエリアが人気なのか? 単身で住み替える場合
単身で住み替えする場合(広さは同じ)、東京のどのエリアが人気なのか。20〜30代の男女に聞いた(2023/9/17)

生成AI、不動産会社の59%が「使いたい」も、使用中は11% 導入が進まない理由は?
不動産業界に特化した電子契約サービスを提供するいえらぶGROUP(東京都新宿区)は、住まい探しにおける生成AIの利用状況に関する調査を実施した。(2023/8/24)

「ドアノブの形状がいいんですよ」などと何でも褒めまくる不動産屋さん クローゼットで死んでいた蛾にも驚きの一言
コメントがポジティブ過ぎる……!(2023/8/21)

フリーランスの約半数「賃貸物件探しで困った」 正社員との差も
住宅情報サイトを運営するLIFULLは、賃貸物件を探したことのあるフリーランスを対象に、「フリーランスの住まい探し実態調査」を実施した。(2023/8/2)

多様性の高い街:
高円寺はなぜ、吉祥寺に勝てないのか 街とジェンダーの“なるほど”な関係
「個性的な店が減った」「観光地化している」とあれこれ言われながらも長らく人気の街、吉祥寺。中央線沿線にはより都心に近い駅もあるが、それでも吉祥寺は頭1つ抜けている。その理由をジェンダー的観点から解説しよう。(2023/5/26)

2022年が住宅の買い時だと思った理由 「住宅ローン金利が安い」を抑えた1位は?
リクルート(東京都千代田区)が運営する「SUUMOリサーチセンター」は「住宅購入・建築検討者」調査を実施した。2022年が住宅の買い時だと思った人は44%で、19年から徐々に増加している。(2023/5/11)

漫画家のやしろあずきさん、不動産会社の執行役員を解任される 女性関係や違法賭博などの疑惑で物議
解任理由について「同氏の契約違反行為のため」と説明。(2023/5/10)

成約済みだった:
「おとり物件に遭った」4割、部屋探しで困っていることは?
いわゆる“おとり物件”に遭ったことがある人は、どのくらいいるのだろうか。2年以内に引っ越しした人に聞いたところ……。(2023/3/23)

東京や大阪の平均家賃を可視化した「家賃相場マップ」が分かりやすい 住まい探しの参考になるかも?
東京と地方都市の差が浮き彫りに。(2023/3/24)

親世代465人に聞く:
「子どもの1人暮らし」の心配事 3位「防犯」、2位「病気や事故の対応」、1位は?
引越し前の隣人調査事業を手掛けるトナリスク(東京都豊島区)は、「子どもの1人暮らしの心配事」について調査を実施した。(2023/3/8)

「ホームズ」とフリック入力するだけのゲーム 1時間で2000回以上入力できれば10万円が当たるキャンペーンも
不動産仲介を手掛けるLIFULL(は、「ホームズ」とフリック入力してスコアを競うスマートフォン向けブラウザゲームを開発したと発表した。特定の条件を達成したユーザーの中から抽選して、総額50万円分デジタルギフト券をプレゼントする。(2023/3/6)

今日のリサーチ:
Webサイトでの賃貸物件探しが2019年から2倍に――クロス・マーケティング調べ
物件検索Webサイトを使った部屋探しはもはや定番となっているようです。(2023/3/1)

防音設備は:
賃貸物件で妥協した設備ランキング 1位「オートロック」、2位以下は?
賃貸物件を契約するうえで、妥協した設備は何だろうか。過去2年以内に賃貸物件を契約した人に聞いた。(2023/3/1)

インターネットでの物件探し 必ず見たい写真で「キッチン」「風呂」を上回ったのは?
アットホーム(東京都大田区)は、物件を購入し引っ越しを経験した人、および購入を検討していて現在住まい探しをしている人を対象に、「オンラインでの住まい探し」について調査を実施した。(2023/2/14)

不動産会社の人に聞く:
一人暮らしで妥協できること 「これはいらない」1位は?
一人暮らしの住まい探しで、妥協しても問題がない項目は何だろうか。不動産会社で働く男女に聞いた。(2023/2/7)

LIFULLが男女800人に調査:
結局は“営業ガチャ”次第? 住まい探しで重視したこと2位「間取り」、1位は?
住宅情報サービスなど手掛けるLIFULL(ライフル)が「住まい探しの満足度に関する調査」を実施した。、住宅探しで最も重視したこと全体2位は「間取り」(58.0%)、3位は「想定の予算」(55.0%)となった。(2023/1/29)

ITで変わる、不動産業界の現在と未来(5):
【第5回】高騰が続く住宅価格 不動産購入者の動向や住まいの最新ニーズをアットホームが調査分析
昨今、マンションや戸建て価格の高騰が続き、新築だけではなく中古物件の価格も上昇しています。そこで、アットホームが実施した「『住宅購入のプロセス&マインド』調査2022年度版」をもとに、過去2年以内の住宅価格の推移をはじめ、住まいに対するニーズの変化や重視する設備などをレポートします。(2023/1/19)

「間取り」がちょっと:
新築VS. 中古、希望はどちらが多い? マンションを購入する際の不安
中古住宅のオンラインマーケットを運営するツクルバは、住まい探しに関する意識調査を実施した。2023年にマンション購入を希望している人の中で、新築に絞っている人は……。(2023/1/14)

すしざんまい社長「お寿司といえば」 → 無情にもカット NHKで起きた珍騒動のパロディCM、本人がノリノリで出演してしまう
木村社長、ノリが良い……!(2023/1/5)

子ども部屋のこだわりも聞いた:
子育てのために重視した住まいの条件 2位は「立地の利便性」、1位は?
(2022/11/10)

2年以内に買った1200人に聞く:
これだけは譲れない! マンション購入者が最後までこだわった設備、圧倒的1位は?
不動産情報サービスのアットホームは、過去2年以内に自己居住用の住宅を購入した全国の21〜49歳の男女を対象に、「住宅購入のプロセス&マインド」についての調査を行った。(2022/11/7)

今日のリサーチ:
リモートでの住まい探しに使いたい機能とは?――不動産情報サイト事業者連絡協議会調査
オンライン化が進む住まい探しですが、売買物件の契約はまだ対面を望む声が根強いようです。(2022/11/1)

「5年後の未来」を見すえた取り組みも:
メタバースで物件を探す!? 不動産大手LIFULLは、なぜ先進技術の活用に力を入れるのか
近年注目されるメタバース。各業界でどう事業に取り入れていくかの試行錯誤が行われている。LIFULLは、実際の街を再現したメタバース空間内で物件探しができる「空飛ぶホームズくん」のベータ版をリリース。開発の背景や、それを通して実現したい世界について聞いた。(2022/10/21)

ペットを飼育するうえで最も重視する設備 2位は「防音・遮音設備」、1位は?
アットホームは、20年8月以降にペット飼育(犬・猫)を前提として賃貸・売買物件を探して住んだことのある全国の18〜59歳の男女に、「住まい探しに関する実態」を調査した。犬・猫を飼育する上で重視した物件の設備1位は「エアコン」だった。(2022/10/20)

ITで変わる、不動産業界の現在と未来(3):
【第3回】AIが周辺の物件情報と比較して、消費者に響くコメントを自動生成する不動産テック
連載3回目は、2020年12月にアットホームが実装し、AIを活用して業務効率化と不動産業務のDX推進を支援する「アピールコメント自動生成」を採り上げます。インターネットで住まい探しをする際、物件紹介ページに物件の魅力や特徴が書かれている「おすすめコメント」をご覧になったことはありますか?今回は、そのコメントをAIで自動作成する機能の開発背景やこだわりなどを説明します。(2022/10/20)

調査レポート:
地震に備えるためにチェックすべき物件情報は「ハザードマップ」
アットホームは、全国のアットホーム加盟店1016店における賃貸物件仲介の経験者を対象に、対象に、「地震に備えるためにチェックすべき物件情報」をテーマとしたアンケート調査を実施し、ランキングをまとめた。1位には「ハザードマップ」がランクイン。(2022/9/16)

エイブル、「旦過市場火災」被災者を支援 賃貸契約手数料を免除
エイブルは、8月10日夜に北九州市小倉北区の旦過市場で発生した火災の被災者支援を行うと発表した。火災で避難し、エイブル直営店舗で部屋探しをする被災者に対し、賃貸契約の仲介手数料を免除するという。(2022/8/15)

SUUMOのCMに出ている女優ランキング 3位「中条あやみ」、2位「杉咲花」、1位は?
調査対象者は一都三県在住の10代〜50代(5歳刻み)と60代の男女、総サンプル総数は1100名。(2022/8/12)

携帯電話の電波も:
住まい探しで見落としがちなこと 2位は「冷蔵庫の扉が開く方向」、1位は?
不動産情報サービスのアットホームは、「住まい探しで見落としがちな物件情報ランキング」を発表した。ランキングの1位は……。(2022/7/8)

不動産のプロが選ぶ!:
住まい探しの前にすり合わせておくべき「条件・設備」ランキング 1位は?
アットホームが、全国のアットホーム加盟店を対象に実施したアンケートをもとに「新婚夫婦が住まい探しをする前に、すり合わせておくべき条件・設備ランキング」を発表した。(2022/6/20)

東京→横浜の「テレワーク移住」に大苦戦した話 一筋縄ではいかない引っ越しのアレコレ
会社に行かなくなったので、東京都から横浜にテレワーク移住した記者。しかし引っ越し作業に当たっては、思いもしない壁が立ちはだかっていた。(2022/5/29)

年間約30億円の被害:
「おとり物件」で疲弊する住まい探し 4人に1人が遭遇した可能性
住まいを探す際、「おとり物件」に遭遇する人が絶えない。LIFULLの調査によれば、おとり物件に遭遇した可能性がある人は4人に1人。おとり物件のために使った交通費の総額を試算すると、年間約30億円にも上ることが分かった。(2022/5/17)

価格や間取りを重視:
「家の広さ」または「駅からの距離」 家探しで多いのは?
家を探す際、どんなことを大事にしている人が多いのだろうか。過去1年以内に住宅購入を検討した人に聞いた。(2022/4/26)

築年数や間取りは:
初めての一人暮らしで子供と親がすれ違う条件 2位は「学校までの距離」、1位は?
不動産情報サイトを運営するアットホームは、「初めての住まい探し(一人暮らし)で、学生の親子がすれ違う条件」の調査を実施した。その結果、ランキングの1位は……?(2022/3/11)

不安だったことも聞いた:
上京して転職した理由 2位は「東京への憧れ」、1位は?
ビズヒッツは、上京転職の経験がある人に、「上京して転職した理由に関する意識調査」を実施した。「上京して転職した理由」の1位は「地方より仕事が多い」だった。(2022/2/25)

イタンジ調べ:
引越しする際、「家賃」以外で重要視すること 「静かさ」「駅からの距離」を上回った1位は?
イタンジは、「引越しにおける住まいのこだわりに関する意識調査」を実施した。引越しの際、「家賃」以外で重要視する住まいの条件の1位は「間取り」だった。(2022/2/16)

東京の都心部まで「だいたい45分」で行けるのはどこらへんまで? を可視化した地図が面白い 意外なところも「45分圏内」に
通勤などの目安に。(2022/2/11)

弁護士が解説:
10月に入ってから内々定を“取り消し” 炎上したスタートアップは、どうすれば良かった?
2021年10月、スタートアップ企業であるBluAgeが、21人の学生に対して内々定を取り消し、波紋を広げました。「内定」「内々定」の法的位置付けと企業に生じる義務、本件が騒動となった要因について、向井蘭弁護士に聞きました。(2022/2/9)

しずちゃん、相方・山里亮太に変装して登場 鏡で見た自分の姿に「似ていてショック」と嘆き
VTR出演した山里さん。(2022/1/13)

不動産市場の「今」を知る――アットホームラボ調査レポート(5):
コロナ収束に期待感、不動産仲介の業況は上向くか?
新型コロナウイルスの感染拡大から約2年が経ちました。国内の感染状況は足元では落ち着き、日常生活が戻りつつあります。そこで今回は、アットホームが行っている「景況感調査」で業況の推移を確認し、不動産店の声なども紹介しながら不動産市場の「今」について解説していきます。(2021/12/24)

産業動向:
若者の防災意識が上昇「ハザードマップ情報欲しい」、アットホーム調査
アットホームは、一人暮らしをしている全国の18〜29歳の学生・社会人を対象に、アンケート調査“UNDER30”を実施し、2013年から2021年調査の中から主な結果を発表した。(2021/12/3)

PR:湧き水がありすぎて水道代タダ? 移住サポートが手厚すぎ!? 「住みたい田舎」全国1位の愛媛県西条市に行ってきた
移住希望者のライフスタイルに合わせた、オーダーメイドの「移住体験ツアー」が無料で体験できます。(2021/12/3)

ロフト付き3.5帖:
イケア、都内で「家賃99円」のアパート入居者を募集
イケア・ジャパンが、家賃99円の狭小アパート入居者を募集している。都内にあるロフト付き3.5帖の洋室で、イケアの家具が付いてくる。(2021/11/22)

47人中21人の内々定を取り消し ITベンチャーBluAgeが「説明が至らない点があった」と謝罪
内々定を取り消されたとする投稿がSNSで拡散していました。(2021/11/4)

「賃貸情報店舗」「賃貸情報サイト」の満足度調査 1位を獲得したのは?
「賃貸情報店舗」「賃貸情報サイト」それぞれについて、実際の利用者からの回答を聴取した。(2021/10/18)

不動産市場の「今」を知る――アットホームラボ調査レポート(4):
感染拡大から1年半――、コロナ禍がもたらした「不動産仲介市場」の変化を読み解く
日本がコロナ禍に見舞われてから、1年半あまりが経ちました。1回目の緊急事態宣言の際は、転居の延期や取りやめが相次いだことで、不動産仲介の業況も急激に悪化する事態となったものの、今では働き方や暮らし方が変容した形での住まい探しの動きも戻ってきています。そこで今回は、アットホームが2021年8月23日に公表した「地場の不動産仲介業における景況感調査」から、不動産店の経営者層に聞いた2021年4〜6月期の業況について解説していきます。(2021/9/24)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。