ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「部屋探し」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「部屋探し」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

不動産業界のプラットフォーマーが目指す業界DX支援はなぜ利他的なのか
取引先が多く、個々の企業のIT投資が難しい業界でDXを推進するには、取引先を巻き込んだ商流全体の再設計が必要だ。業界全体のDX支援が自社のDX推進、持続可能な成長につながるとする企業の取り組みをレポートする。(2020/12/21)

住宅ビジネスフェア2020:
新築の戸建てと分譲マンションの最新市場動向、コロナ禍で低価格物件が好調
リクルート 住まいカンパニーは、首都圏で新築戸建て住宅または新築分譲マンションを購入した一般消費者を対象に、2019年4〜8月とコロナ禍の2020年4〜8月に動向調査を行った。結果、新型コロナウイルス感染症の影響で、完工した戸建て住宅のニーズが高まったことや低価格の一軒家を購入する一般消費者の増加を明らかにした。(2020/11/25)

鍵の受け渡しも非対面:
レオパレス21、部屋探しや内見をオンラインで対応 一連の手続きを非接触で
レオパレス21が部屋探しや内見をオンラインで対応するサービスを開始する。オンラインで契約するサービスと併せることで、全ての手続きを来店せずに済ませることができる。(2020/10/27)

紙、電話、FAX撲滅なるか? アットホームに聞く不動産業界ペーパーレス化の現在地点
「正確な情報は地元の不動産屋に足を運ばなければ得られない」――。日本では長く当たり前とされてきたこの常識を変えるには何が必要か。紙、電話、FAXを前提としてきた地場の仲介業者の業務支援を基盤に業界全体のDXを仕掛ける企業の1社に話を聞いた。(2020/10/19)

急成長を遂げる不動産テック市場の行方(3):
【第3回】変わる不動産業界と不動産テックの未来
前回は、注目を集めている不動産テック市場の初期から現在までを振り返りました。今回は、新型コロナウイルス感染拡大前後で、不動産業界のデジタルトランスフォーメーション(DX)は進んでいるのか、不動産業界や不動産テック市場がどのように変化しているのか、今後どうなるのかなどを踏まえ、withコロナ時代における不動産テック市場について見ていきます。(2020/9/25)

中古マンション市場調査:
コロナ禍で「駅近」物件人気は低下傾向――データで判明
コロナ禍のテレワークで変わる住まいの好み。駅近物件の人気は低下傾向に。中古マンション購入アプリで調査。(2020/8/12)

急成長を遂げる不動産テック市場の行方(2):
【第2回】不動産業界のDXは、不動産業務支援の分野へ
前回は、戦後から消費者向け不動産ポータルサイトが誕生するまで、不動産業界のデジタルトランスフォーメーション(DX)の歴史を振り返りました。不動産業界のデジタル変革は、不動産の情報流通から不動産業務の支援へと広がっていったことが、お分かりいただけたことかと思います。第2回は、近年注目を集めている不動産テック市場の初期から現在までを振り返ります。(2020/8/12)

急成長を遂げる不動産テック市場の行方(1):
【新連載】「不動産テック市場の行方」不動産業界のDXは35年前から始まった――
近年、急成長を遂げる“不動産テック市場”。非対面・非接触での営業や契約締結、VRでの物件内見、スマートロックなどの新しい不動産テックサービスが次々と登場し、不動産業界にもデジタル変革の波が押し寄せています。本連載では、不動産テック市場を俯瞰的に見ながら、延期が決定した東京五輪の影響やCOVID-19で意図せず普及が進む“リモートワーク”に伴う市場変化などを織り交ぜ、足元の不動産テック市場の現況と今後の見通しをアットホーム 原雅史氏がレポートしていきます。連載第1回では、不動産業界のデジタルトランスフォーメーション(DX)が約35年前から始まっていると言われていることを踏まえ、戦後を出発点にした不動産業界のDXがこれまでどのように発展してきたかを振り返ります。(2020/7/14)

産業動向:
新型コロナの不動産業界への影響を調査、81%が集客減
クラスココンサルファームは、同社の不動産テックを利用する全国の不動産業4000店舗にアンケート調査を行い、新型コロナウイルス感染症への影響などを調べた。(2020/7/1)

連載「オタクの幸せ」:
署名、公開質問状、調査、そしてオリジナル声優復帰へ “映画版の声優が芸能人問題”を乗り越えた「シンプソンズファンクラブ」12年間の記録
【完全版前編】互いの顔も知らず、映画業界への伝手もなかったファンがなぜ奇跡を起こせたのか。(2019/12/26)

「インドの天才×日本のチーム」が描くデジタルトランスフォーメーション:
PR:大解剖! OYO LIFEが日本の不動産業界に巻き起こすイノベーションとは
(2019/12/13)

ITエンジニア U&Iターンの理想と現実(64):
福島編:歴史とテクノロジーが融合する街「会津若松」は、そこそこ利便性の良い田舎
マッチングイベントはキャンセル待ち――会津若松が○○好きの女性に人気の理由とは?(2019/9/5)

不動産広告の「徒歩3分」は、誰にとっての3分なのか?
決まりはあるの?(2019/6/6)

海外M&Aの狙いとは?:
PR:世界規模の不動産プラットフォームを構築し、ボーダーレスな取引を実現する――LIFULL社長が語る、今後のビジョン
不動産・住宅情報サイトを運営するLIFULLが、世界トップのアグリゲーションサイト「Trovit」「Mitula」を傘下に収めた。その理由と目的、今後のビジョンを井上高志社長に聞いた。(2018/7/31)

奥華子の大阪イベントで大トラブル 当選者にメールが届いておらず誰も来ず
現在緊急会議中。(2018/7/16)

銭湯好きにうれしい部屋探しサイト「東京銭湯ふ動産」登場 風呂なし物件を「最寄り銭湯」と併せて紹介
風呂がなくても銭湯があれば大丈夫。(2018/7/14)

スピン経済の歩き方:
なぜレオパレス21の問題は、旧陸軍の戦車とそっくりなのか
レオパレス21が「界壁」問題で揺れている。界壁とは、部屋と部屋の間を仕切るモノだが、同社の物件には屋根まで達成していないモノが複数存在していることが分かった。この問題に対し、筆者の窪田氏は「日本型組織のスタンダート、というか伝統だ」と指摘する。どういう意味かというと……。(2018/6/5)

レオパレス21、AIがチャット形式で「部屋探し」 「バーチャルデスク」導入
レオパレス21が、AI(人工知能)を活用したチャットbotで、部屋探しをサポートするサービス「バーチャルデスク」を導入した。(2018/2/26)

MajiでKoiしそう 広末涼子、約20年ぶりの女子高生姿がデビュー当時のまま
本当に3児の母ですか!?(2018/1/4)

亡くなったじいさんの霊を呼び覚ましてみたら……? ハートフルな怪奇漫画に「これは良いオチ」の声
死んでも死にきれないとはこのこと。(2017/12/20)

サウナ情報4000件以上を集約、水風呂の温度や深さもしぼりこめる 日本初のサウナサイト「サウナイキタイ」始動
サウナ室にテレビがあるのかないのかまで調べられるだと……!?(2017/12/13)

「不動産屋のあり方変わる」――VRでお部屋探し「どこでもストア」登場 3分で内見
VR(仮想現実)映像で不動産を内見できる不動産案内所「どこでもストア」が、イオン品川シーサイド店に登場。1件の内見が3分程度で終わる手軽さが売りだ。(2017/6/30)

API Meetup Tokyo 17:
2016年、オープンになったLINEのチャットボットAPIは、どう活用されたのか
「API Meetup Tokyo #17 〜年末スペシャル〜」で、Web APIの適用事例として「LINEのchatbot展開」をテーマにした講演が行われた。本稿では、この講演の内容についてレポートする。(2017/1/26)

日本財託が「VR内見サービス」を開始 視点を合わせて移動できる機能も
サンプル物件も公開中です。(2017/1/19)

築5年、駅から10分、ピカチュウ出現? LR賃貸がポケモンの出現位置を見られる「POKEVISION」に対応
部屋もポケモンの湧きで選ぶ時代か。(2016/7/26)

知ってるようで知らない? 動画で分かるセメント・コンクリート・モルタルの違い
映像で見ると納得。(2016/6/19)

PR:土地勘のない場所でも安心――「NAVITIME」を上京女子が使ってみた
筆者は地元佐賀県で仕事をしていたが、今春ついに上京することになった。そんな東京で毎回げんなりするのが電車移動。迷路のような路線図、ダンジョンのような駅、人混みの多い場所やたくさんのビル……。そこで使いたいのが「NAVITIME」アプリ。東京初心者の活用術をリポートしたい。(2016/3/11)

年末恒例のネタ企画「裏紅白歌合戦」が1月なのに急きょ臨時開催 「あまりにいろんなことがありすぎて」
まだ1カ月しかたってないよ!(2016/2/1)

【連載】ちょっと気になるWebキャンペーン 第69回:
住まい探しに訪れたところ、まさかの“スラム物件”を案内されて――TECHOが仕掛けた動画+ソーシャルグッド事例
米ニューヨークのアパートの一画にモデルルームがオープンした。この地に住まいを探しにやってきた人々がそこで目にした驚くべきものとは?(2015/10/26)

リクルート、「Pepper」の賃貸検討者向け接客実証実験を開始
リクルート住まいカンパニーは、感情認識パーソナルロボット「Pepper」を活用した賃貸検討者向け接客の実証実験を開始した。(2015/9/17)

「オタク専用お部屋探し」って特定層ロックオンじゃねーか!  お部屋探しサービス「にゃんぽち」サービス開始
不動産仲介もニッチな分野に目を向けるようになったもよう。(2015/8/30)

甘く切ない、ときめきの部屋探し……? 不動産会社監修の“イケメンと部屋探しができる恋愛RPGアプリ”登場
パートナー探しが大切。(2015/6/12)

新しいユーザー体験を――リクルートの「Apple Watch」対応アプリが完成するまで
リクルートのiPhoneアプリ3本が、Apple Watchに対応した。それによって、どのような“新しい世界”が広がるのだろうか。担当者に話を聞いた。(2015/4/24)

「等身大のCIO」ガートナー重富俊二の企業訪問記:
目指すのは革命より文明――ITリーダーは任せられた仕事を「やりきる」ことが重要
リクルート住まいカンパニーでは、「住まいを中心とした暮らしの進化を追求し、幸せな個人や家族をもっと増やす。」という経営理念に基づき、常に新たなサービスの提供を目指す。その一環として、新しい時代のITマネジメントに挑戦している。(2015/4/7)

な、なにがあったんだよ…… 「お部屋探しはミニミニで♪」のミニミニマンがアメコミ風ヒーローに変身
劇的なビフォーアフター。(2015/2/25)

裏技第2弾は高橋名人でおなじみの“16連射” 「SUUMO」アプリ担当者が隠しコマンド実装秘話を語る
“裏技”としてコナミコマンドを実装したことで話題になった、物件検索アプリ「SUUMO」。実はその他にもゲーマーがニヤリとできる裏技が盛り込まれていたことが判明した。(2015/1/26)

浅野いにお描き下ろしイラストがアニメに! 「マイナビ賃貸」新CM、1月10日より放送開始
描き下ろしの「デジタル転居ハガキ」も全員にプレゼント。(2015/1/9)

LEGOとOculusで住まいをイメージ HOME'Sがユニークな間取りシステム開発
ブロックで自分にピッタリの間取りを作ろう!(2014/11/7)

DevOps時代、テスト自動化はどうあるべきか?:
ビジネス目標を見据えたテスト設計が肝!「DevOps時代のテスト自動化カンファレンス 冬の陣」開催
DevOpsの実践で肝となるソフトウェアテストの自動化。しかし@ITの読者調査でも50%以上が「テスト環境に課題あり」と回答した。これにどう対応すれは良いのだろうか? カンファレンス登壇者の言葉にヒントを探る。(2014/1/30)

公認会計士まーやんの「ロジカるつぼ」:
自己啓発に使うそのお金、本当に元が取れてますか?
メタボを防止するためのジム通い、昇進するための英会話学校、ビジネス関係の書籍――これらにお金を使う時、「予算思考」と「投資思考」を意識すると賢いお金の使い方ができるでしょう。(2013/7/26)

ネット未公開物件も探せる――iPhone/Android向けアプリ「東京不動産屋マップ」
リーシング・マネジメント・コンサルティングから、不動産屋(賃貸仲介会社)中心に部屋探しをサポートする新機軸のiPhone/Android向けアプリ「東京不動産屋マップ」が登場。(2013/5/10)

首都圏で一人暮らしの人、次はこんな家に住みたい
一人暮らしの社会人は、どんな部屋に住んでいるのだろうか。首都圏に住む20代のビジネスパーソンに聞いたところ、平均金額は6万1100円であることが分かった。アットホーム調べ。(2012/12/19)

Facebook戦略策定の勘所:
リクルートSUUMOから学ぶ、Facebookの使い方5つのポイント(前篇)
リクルートSUUMOのFacebookページ運用についてインタビューした記事です。効果算出の考え方だけではなく、ブランド戦略の中でのソーシャルメディアの位置づけ、TVCMとの連携の仕方などを聞いています。まずは前篇をどうぞ。(2012/12/11)

貴様、新人か? よし、もふもふさせてやろう:
ネコ付き(?)な賃貸物件が話題に
ペット可の表記はないけれど……。(2012/11/12)

今いる場所の近くに何がある?――いろいろ見つかる周辺検索スマホアプリ50本
今いる場所の近くにあるコンビニは? トイレは? 100円ショップは? ATMは? 充電可能なカフェは? 駐車場は?――。周辺の店やサービスをいろいろ探せるスマホアプリ50本を一挙紹介。仕事やアフター5で役立つこと請け合いだ。(2012/8/14)

マイナビが賃貸情報サイトを開始、地方就活生に首都圏の部屋も提供
マイナビは7月5日、首都圏の物件を対象とした賃貸住宅情報サイト「マイナビ賃貸」を開始した。オープン特別企画として、地方就活生100人に、首都圏での活動拠点となる部屋を30日間無料で提供する。(2012/7/5)

一人暮らしを始めた若者、10人中4人が両親に優しくなった
1都3県で一人暮らしをする若者を対象に、「初めての一人暮らし」についての実態調査を行った。3人に1人が、寂しさを紛らわすため、テレビに向かって話しかけているという。アットホーム調べ。(2012/5/7)

首都圏の一人暮らし、家賃はいくら?
晩婚化の影響などで増えている一人暮らし。首都圏の一人暮らしの家賃は、学生は平均5万8700円、社会人は平均6万4900円であることが分かった。アットホーム調べ。(2012/1/24)

スマホで引越し先を決めよう!――Android向け不動産アプリを比較
年が明ければ引越しシーズンも間近に迫る。そこで今回は、不動産検索サービスのAndroidアプリ4種類を一気に紹介しよう。表による機能比較もあるので、参考にしてほしい。(2011/12/22)

イマドキ大学生の「ひとり暮らし」事情
東京でひとり暮らしをしている大学生は、月々の家賃をどのくらい支払っているのだろうか。オウチーノ総研の調査によると、最も多い価格帯は「6万円台」だった。(2011/12/1)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。