ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「部屋探し」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「部屋探し」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

年間約30億円の被害:
「おとり物件」で疲弊する住まい探し 4人に1人が遭遇した可能性
住まいを探す際、「おとり物件」に遭遇する人が絶えない。LIFULLの調査によれば、おとり物件に遭遇した可能性がある人は4人に1人。おとり物件のために使った交通費の総額を試算すると、年間約30億円にも上ることが分かった。(2022/5/17)

価格や間取りを重視:
「家の広さ」または「駅からの距離」 家探しで多いのは?
家を探す際、どんなことを大事にしている人が多いのだろうか。過去1年以内に住宅購入を検討した人に聞いた。(2022/4/26)

築年数や間取りは:
初めての一人暮らしで子供と親がすれ違う条件 2位は「学校までの距離」、1位は?
不動産情報サイトを運営するアットホームは、「初めての住まい探し(一人暮らし)で、学生の親子がすれ違う条件」の調査を実施した。その結果、ランキングの1位は……?(2022/3/11)

不安だったことも聞いた:
上京して転職した理由 2位は「東京への憧れ」、1位は?
ビズヒッツは、上京転職の経験がある人に、「上京して転職した理由に関する意識調査」を実施した。「上京して転職した理由」の1位は「地方より仕事が多い」だった。(2022/2/25)

イタンジ調べ:
引越しする際、「家賃」以外で重要視すること 「静かさ」「駅からの距離」を上回った1位は?
イタンジは、「引越しにおける住まいのこだわりに関する意識調査」を実施した。引越しの際、「家賃」以外で重要視する住まいの条件の1位は「間取り」だった。(2022/2/16)

東京の都心部まで「だいたい45分」で行けるのはどこらへんまで? を可視化した地図が面白い 意外なところも「45分圏内」に
通勤などの目安に。(2022/2/11)

弁護士が解説:
10月に入ってから内々定を“取り消し” 炎上したスタートアップは、どうすれば良かった?
2021年10月、スタートアップ企業であるBluAgeが、21人の学生に対して内々定を取り消し、波紋を広げました。「内定」「内々定」の法的位置付けと企業に生じる義務、本件が騒動となった要因について、向井蘭弁護士に聞きました。(2022/2/9)

しずちゃん、相方・山里亮太に変装して登場 鏡で見た自分の姿に「似ていてショック」と嘆き
VTR出演した山里さん。(2022/1/13)

不動産市場の「今」を知る――アットホームラボ調査レポート(5):
コロナ収束に期待感、不動産仲介の業況は上向くか?
新型コロナウイルスの感染拡大から約2年が経ちました。国内の感染状況は足元では落ち着き、日常生活が戻りつつあります。そこで今回は、アットホームが行っている「景況感調査」で業況の推移を確認し、不動産店の声なども紹介しながら不動産市場の「今」について解説していきます。(2021/12/24)

産業動向:
若者の防災意識が上昇「ハザードマップ情報欲しい」、アットホーム調査
アットホームは、一人暮らしをしている全国の18〜29歳の学生・社会人を対象に、アンケート調査“UNDER30”を実施し、2013年から2021年調査の中から主な結果を発表した。(2021/12/3)

PR:湧き水がありすぎて水道代タダ? 移住サポートが手厚すぎ!? 「住みたい田舎」全国1位の愛媛県西条市に行ってきた
移住希望者のライフスタイルに合わせた、オーダーメイドの「移住体験ツアー」が無料で体験できます。(2021/12/3)

ロフト付き3.5帖:
イケア、都内で「家賃99円」のアパート入居者を募集
イケア・ジャパンが、家賃99円の狭小アパート入居者を募集している。都内にあるロフト付き3.5帖の洋室で、イケアの家具が付いてくる。(2021/11/22)

47人中21人の内々定を取り消し ITベンチャーBluAgeが「説明が至らない点があった」と謝罪
内々定を取り消されたとする投稿がSNSで拡散していました。(2021/11/4)

「賃貸情報店舗」「賃貸情報サイト」の満足度調査 1位を獲得したのは?
「賃貸情報店舗」「賃貸情報サイト」それぞれについて、実際の利用者からの回答を聴取した。(2021/10/18)

不動産市場の「今」を知る――アットホームラボ調査レポート(4):
感染拡大から1年半――、コロナ禍がもたらした「不動産仲介市場」の変化を読み解く
日本がコロナ禍に見舞われてから、1年半あまりが経ちました。1回目の緊急事態宣言の際は、転居の延期や取りやめが相次いだことで、不動産仲介の業況も急激に悪化する事態となったものの、今では働き方や暮らし方が変容した形での住まい探しの動きも戻ってきています。そこで今回は、アットホームが2021年8月23日に公表した「地場の不動産仲介業における景況感調査」から、不動産店の経営者層に聞いた2021年4〜6月期の業況について解説していきます。(2021/9/24)

不動産市況:
首都圏の賃貸契約者「約2割がオンライン内見を利用」、SUUMOリサーチセンター調べ
SUUMOリサーチセンターがコロナ禍で首都圏の賃貸物件契約者に独自アンケートを行った結果、オンライン内見の認知が進み、利用が普及していることが判明した。(2021/9/14)

テクノロジーと不動産、異色の組み合わせを品質でつなぐ:
PR:QAの責任は重い。だから楽しい
衣食住。生きる上で不可欠な3要素にもかかわらず、なぜ住だけがいまだに不便なままなのか? 不動産というデジタル化待ったなしの領域で、QAエンジニアができることとは。(2021/9/8)

偏愛ワード数は11個:
#サウナ、#コストコ LIFULLがこだわり型の賃貸検索「#偏愛検索」サービスの提供を開始
LIFULLは不動産・住宅情報サイト「LIFULL HOME'S」で、こだわりを持った理想の住まい検索ができる機能「#偏愛検索」サービスの提供を開始した。どのようなサービスなのだろうか?(2021/8/26)

オートモーティブメルマガ 編集後記:
使い勝手や過ごしやすさを無視して設計しても、都心の家は引く手あまた?
広い家に引っ越したいけど、今よりいい家が見つかるのかどうか。(2021/6/9)

出社しないつもりで“テレワーク移住”した記者、突然の現地取材と出社を経験
記者は会社が原則在宅勤務になったため東京都から埼玉県に引っ越した。一切出社せず、悠々自適の在宅勤務生活を送っていた記者だが、ある日、突然会社に行くことになってしまった。今回は出社を前提としない引っ越しをした直後に記者を襲った出社をレポートする。(2021/3/22)

もう出社しないので東京から埼玉に引っ越してみた “テレワーク移住”はアリかナシか 部屋探し編
新型コロナウイルスの感染拡大を機に、ITmedia NEWS編集部が原則在宅勤務の態勢に移行して1年。社内制度の改定でオフィスへの出社が義務ではなくなったため、記者は東京都から埼玉県に“テレワーク移住”した。(2021/3/19)

不動産業界のプラットフォーマーが目指す業界DX支援はなぜ利他的なのか
取引先が多く、個々の企業のIT投資が難しい業界でDXを推進するには、取引先を巻き込んだ商流全体の再設計が必要だ。業界全体のDX支援が自社のDX推進、持続可能な成長につながるとする企業の取り組みをレポートする。(2020/12/21)

住宅ビジネスフェア2020:
新築の戸建てと分譲マンションの最新市場動向、コロナ禍で低価格物件が好調
リクルート 住まいカンパニーは、首都圏で新築戸建て住宅または新築分譲マンションを購入した一般消費者を対象に、2019年4〜8月とコロナ禍の2020年4〜8月に動向調査を行った。結果、新型コロナウイルス感染症の影響で、完工した戸建て住宅のニーズが高まったことや低価格の一軒家を購入する一般消費者の増加を明らかにした。(2020/11/25)

鍵の受け渡しも非対面:
レオパレス21、部屋探しや内見をオンラインで対応 一連の手続きを非接触で
レオパレス21が部屋探しや内見をオンラインで対応するサービスを開始する。オンラインで契約するサービスと併せることで、全ての手続きを来店せずに済ませることができる。(2020/10/27)

紙、電話、FAX撲滅なるか? アットホームに聞く不動産業界ペーパーレス化の現在地点
「正確な情報は地元の不動産屋に足を運ばなければ得られない」――。日本では長く当たり前とされてきたこの常識を変えるには何が必要か。紙、電話、FAXを前提としてきた地場の仲介業者の業務支援を基盤に業界全体のDXを仕掛ける企業の1社に話を聞いた。(2020/10/19)

急成長を遂げる不動産テック市場の行方(3):
【第3回】変わる不動産業界と不動産テックの未来
前回は、注目を集めている不動産テック市場の初期から現在までを振り返りました。今回は、新型コロナウイルス感染拡大前後で、不動産業界のデジタルトランスフォーメーション(DX)は進んでいるのか、不動産業界や不動産テック市場がどのように変化しているのか、今後どうなるのかなどを踏まえ、withコロナ時代における不動産テック市場について見ていきます。(2020/9/25)

中古マンション市場調査:
コロナ禍で「駅近」物件人気は低下傾向――データで判明
コロナ禍のテレワークで変わる住まいの好み。駅近物件の人気は低下傾向に。中古マンション購入アプリで調査。(2020/8/12)

急成長を遂げる不動産テック市場の行方(2):
【第2回】不動産業界のDXは、不動産業務支援の分野へ
前回は、戦後から消費者向け不動産ポータルサイトが誕生するまで、不動産業界のデジタルトランスフォーメーション(DX)の歴史を振り返りました。不動産業界のデジタル変革は、不動産の情報流通から不動産業務の支援へと広がっていったことが、お分かりいただけたことかと思います。第2回は、近年注目を集めている不動産テック市場の初期から現在までを振り返ります。(2020/8/12)

急成長を遂げる不動産テック市場の行方(1):
【新連載】「不動産テック市場の行方」不動産業界のDXは35年前から始まった――
近年、急成長を遂げる“不動産テック市場”。非対面・非接触での営業や契約締結、VRでの物件内見、スマートロックなどの新しい不動産テックサービスが次々と登場し、不動産業界にもデジタル変革の波が押し寄せています。本連載では、不動産テック市場を俯瞰的に見ながら、延期が決定した東京五輪の影響やCOVID-19で意図せず普及が進む“リモートワーク”に伴う市場変化などを織り交ぜ、足元の不動産テック市場の現況と今後の見通しをアットホーム 原雅史氏がレポートしていきます。連載第1回では、不動産業界のデジタルトランスフォーメーション(DX)が約35年前から始まっていると言われていることを踏まえ、戦後を出発点にした不動産業界のDXがこれまでどのように発展してきたかを振り返ります。(2020/7/14)

産業動向:
新型コロナの不動産業界への影響を調査、81%が集客減
クラスココンサルファームは、同社の不動産テックを利用する全国の不動産業4000店舗にアンケート調査を行い、新型コロナウイルス感染症への影響などを調べた。(2020/7/1)

連載「オタクの幸せ」:
署名、公開質問状、調査、そしてオリジナル声優復帰へ “映画版の声優が芸能人問題”を乗り越えた「シンプソンズファンクラブ」12年間の記録
【完全版前編】互いの顔も知らず、映画業界への伝手もなかったファンがなぜ奇跡を起こせたのか。(2019/12/26)

「インドの天才×日本のチーム」が描くデジタルトランスフォーメーション:
PR:大解剖! OYO LIFEが日本の不動産業界に巻き起こすイノベーションとは
(2019/12/13)

ITエンジニア U&Iターンの理想と現実(64):
福島編:歴史とテクノロジーが融合する街「会津若松」は、そこそこ利便性の良い田舎
マッチングイベントはキャンセル待ち――会津若松が○○好きの女性に人気の理由とは?(2019/9/5)

不動産広告の「徒歩3分」は、誰にとっての3分なのか?
決まりはあるの?(2019/6/6)

海外M&Aの狙いとは?:
PR:世界規模の不動産プラットフォームを構築し、ボーダーレスな取引を実現する――LIFULL社長が語る、今後のビジョン
不動産・住宅情報サイトを運営するLIFULLが、世界トップのアグリゲーションサイト「Trovit」「Mitula」を傘下に収めた。その理由と目的、今後のビジョンを井上高志社長に聞いた。(2018/7/31)

奥華子の大阪イベントで大トラブル 当選者にメールが届いておらず誰も来ず
現在緊急会議中。(2018/7/16)

銭湯好きにうれしい部屋探しサイト「東京銭湯ふ動産」登場 風呂なし物件を「最寄り銭湯」と併せて紹介
風呂がなくても銭湯があれば大丈夫。(2018/7/14)

スピン経済の歩き方:
なぜレオパレス21の問題は、旧陸軍の戦車とそっくりなのか
レオパレス21が「界壁」問題で揺れている。界壁とは、部屋と部屋の間を仕切るモノだが、同社の物件には屋根まで達成していないモノが複数存在していることが分かった。この問題に対し、筆者の窪田氏は「日本型組織のスタンダート、というか伝統だ」と指摘する。どういう意味かというと……。(2018/6/5)

レオパレス21、AIがチャット形式で「部屋探し」 「バーチャルデスク」導入
レオパレス21が、AI(人工知能)を活用したチャットbotで、部屋探しをサポートするサービス「バーチャルデスク」を導入した。(2018/2/26)

MajiでKoiしそう 広末涼子、約20年ぶりの女子高生姿がデビュー当時のまま
本当に3児の母ですか!?(2018/1/4)

亡くなったじいさんの霊を呼び覚ましてみたら……? ハートフルな怪奇漫画に「これは良いオチ」の声
死んでも死にきれないとはこのこと。(2017/12/20)

サウナ情報4000件以上を集約、水風呂の温度や深さもしぼりこめる 日本初のサウナサイト「サウナイキタイ」始動
サウナ室にテレビがあるのかないのかまで調べられるだと……!?(2017/12/13)

「不動産屋のあり方変わる」――VRでお部屋探し「どこでもストア」登場 3分で内見
VR(仮想現実)映像で不動産を内見できる不動産案内所「どこでもストア」が、イオン品川シーサイド店に登場。1件の内見が3分程度で終わる手軽さが売りだ。(2017/6/30)

API Meetup Tokyo 17:
2016年、オープンになったLINEのチャットボットAPIは、どう活用されたのか
「API Meetup Tokyo #17 〜年末スペシャル〜」で、Web APIの適用事例として「LINEのchatbot展開」をテーマにした講演が行われた。本稿では、この講演の内容についてレポートする。(2017/1/26)

日本財託が「VR内見サービス」を開始 視点を合わせて移動できる機能も
サンプル物件も公開中です。(2017/1/19)

築5年、駅から10分、ピカチュウ出現? LR賃貸がポケモンの出現位置を見られる「POKEVISION」に対応
部屋もポケモンの湧きで選ぶ時代か。(2016/7/26)

知ってるようで知らない? 動画で分かるセメント・コンクリート・モルタルの違い
映像で見ると納得。(2016/6/19)

PR:土地勘のない場所でも安心――「NAVITIME」を上京女子が使ってみた
筆者は地元佐賀県で仕事をしていたが、今春ついに上京することになった。そんな東京で毎回げんなりするのが電車移動。迷路のような路線図、ダンジョンのような駅、人混みの多い場所やたくさんのビル……。そこで使いたいのが「NAVITIME」アプリ。東京初心者の活用術をリポートしたい。(2016/3/11)

年末恒例のネタ企画「裏紅白歌合戦」が1月なのに急きょ臨時開催 「あまりにいろんなことがありすぎて」
まだ1カ月しかたってないよ!(2016/2/1)

【連載】ちょっと気になるWebキャンペーン 第69回:
住まい探しに訪れたところ、まさかの“スラム物件”を案内されて――TECHOが仕掛けた動画+ソーシャルグッド事例
米ニューヨークのアパートの一画にモデルルームがオープンした。この地に住まいを探しにやってきた人々がそこで目にした驚くべきものとは?(2015/10/26)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。