ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「スカウト」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「スカウト」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

クリエイターズ・サバイバル アーティストの戦略教科書 第5回「SSS by applibot」:
絵を描くだけだったのが、ものを作るようになった 高木正文&BUNBUN&米山舞インタビュー
三者三様の人生曲線。(2020/1/15)

スーパー戦隊シリーズ第44作は「魔進戦隊キラメイジャー」、なぜか「仮面ライダードライブ」のキャラに注目集まる
シリーズ史上初、テレビ放送前衛に劇場版を2月に先行公開。(2019/12/26)

どこからやってきて、いくら稼いでいるのか:
「ヤクルトおじさん」が存在した! ヤクルトレディのルーツと謎に迫る
職場や家庭に訪問販売するヤクルトレディ。時折、重そうにカートを押しながら道を歩いているところも見かける。いったい、ヤクルトレディがどこからやってきて、いくら稼いでいるのか。また、「ヤクルトおじさん」は存在するのか。ヤクルトレディの謎に迫る。(2019/12/25)

9割の企業が利用する媒体は?:
Web/IT系企業への転職にはどの求人媒体が有効か groovesが調査結果発表
groovesは、ITエンジニアの採用活動をした企業に対して、採用決定経路や採用率を調査した。その結果から推定すると、求人サイトを通じて転職したITエンジニアは4割以上。社員や人材紹介会社など人づても4割を超えた。(2019/12/10)

JHICCの“二の舞”は避けたい:
中国で誕生したDRAMメーカー、ChangXinの野心
ChangXin Memory(以下、ChangXin)は、「中国で唯一のDRAMメーカー」として自社の独自性を公式に主張している。中国は、Yangtze Memory Technology(YMTC)が進めるNAND型フラッシュメモリの製造とGigaDeviceが設計するNOR型フラッシュメモリに加え、国産のメモリデバイスの製造計画を誇っているが、こうした成果よりもさらに大きな野心を抱いている。(2019/12/9)

1万7000人の新卒が殺到する中小企業社長が語る、優秀な人材の集め方
社員20人の新興企業ながら、新卒採用に学生が殺到することで注目を集めるLegaseedの近藤代表に、人材採用のヒントや日本企業の課題を聞いた。(2019/12/6)

電子機器設計/組み込み開発メルマガ 編集後記:
“タピオカパワー”で絶好調のCMOSセンサー、ソニーは首位を守れるか
市場は今後3〜4年、好調が続くようです。(2019/11/18)

「岸辺露伴は動かない」の新作OVA「ザ・ラン」から先行カット公開、露伴が“恐怖のゲーム”で走る走るっ!!
激走する露伴の姿が描かれています。(2019/11/11)

キャリアニュース:
日本での仕事に「良い」印象があると在留外国人の64%が回答
「Guidable Japan」が、外国人労働者を対象とした日本国内での労働イメージ調査の結果を発表した。回答者の64%が、日本の労働システムに良い印象を持っており、職種では「技術職」や「教師」の人気が高かった。(2019/11/8)

これはスカウト待ったなし 吉川ひなの、デビュー前の“Wピースショット”に「美女は子供の頃から美少女」の声
既にお顔が整ってる。(2019/11/6)

「デビューまで半年から数年」を「最短即日デビュー」に短縮 マンガ家デビューへの道のりが変わる、LINEマンガの新たな取り組みとは
運営メンバーが魅力を感じた作品には「最短即日」でスカウトメールが届く、とのことです。(2019/10/23)

松坂桃李の所帯じみっぷり、松岡茉優の所在なさっぷり演技が随一 映画「蜜蜂と遠雷」を漫画でレビュー
映像表現もすごい。(2019/10/21)

キャリアニュース:
転職コンサルタントの6割が「応募書類を改善すべきミドル層が多い」
ミドルの転職が「職務経歴書、履歴書のポイント」についての調査結果を発表した。転職コンサルタントの61%が「応募書類を改善すべきミドルが多い」と回答。また、応募書類の作成でやりがちな失敗の1位は「仕事の成果に具体性がない」だった。(2019/10/18)

イタリア人がみんなモテると思うなよ! テラハの人気者ペッペが漫画家デビュー オタク青年の東京生活を描く
イタリア出身のイケメン漫画家がスピリッツに登場!(2019/10/12)

Go AbekawaのGo Global!〜David Malkin編(前):
「起業していたけど翌日にクローズを決めた」――英国育ちの社交的なエンジニアが日本で働く理由
手書き文字認識「Tegaki」などAIを使ったサービス開発をするDavid Malkin(デイビッド・マルキン)氏。本を読むのが大好きだった少年は、「起業した次の日にスカウト」されるほどのAIエンジニアとなった。しかし、同氏はエンジニアリングだけが仕事ではないと語る。マルキン氏が考える本当の問題解決とは何か。(2019/10/7)

恋愛リズムゲーム「アイ★チュウ」、サービス休止 オフライン版の開発進行中
リリースから4年4カ月で。(2019/10/1)

「LINEマンガ」がマンガ家志望者に向けた新デビュープログラムスタート 最短即日でスカウトメール
プロマンガ家への近道となるかもしれません。(2019/9/22)

今のギャグ漫画は「テレビを基準にするやり方だとちょっとまずい」――『トマトイプーのリコピン』大石浩二に聞く、「面白かったね」で終わらない方法
「虚構新聞・社主UKのウソだと思って読んでみろ!」第99回。(2019/9/22)

“くみっきー”舟山久美子が生放送で結婚発表、ハワイでの求婚に号泣
おめでとうございます!(2019/9/17)

理系院生の3分の2登録目指す:
東大生ベンチャーが10億円調達 AIで理系学生の「最適な就職先」マッチングへ 
理系学生の就活サービスを手掛ける東大生ベンチャーが10億円を資金調達。AIを活用し企業と院生の「意外なマッチング」実現を目指す。(2019/9/17)

CAD:
CAD専門Webスクールと就職/転職サービスを一体化「ReCADemy」スタート
プロシーズとBRINGROWCADが共同で運営するCAD専門Webスクール「ReCADemy」が2019年7月よりスタートした。キャリアアップを目指すCAD人材とCAD技術者を獲得したい企業のニーズを効率よくマッチングするサービスとして注目が集まる。(2019/9/5)

マスクド・アナライズのAIベンチャー場外乱闘!:
データサイエンティストが今すぐ「アルキメデスの大戦」を見るべき理由
データサイエンティスト視点で映画「アルキメデスの大戦」を見ると・・・・・・? AI開発の現場に詳しいマスクド・アナライズ氏が解説。(2019/9/4)

ドラマ「ハイロー ザ・ワースト」では抗争は始まらず! ひとまず映画までに覚えておきたいことを整理してみた
今夜からは爆笑バスツアー編!? 構成が斬新過ぎる……。(2019/8/28)

吉川ひなの、20歳の泣き顔ショットに反響 カリスマモデル時代を振り返り「愛されてた」「頑張って生きていた」
内面の成長を感じたようです。(2019/8/21)

内定辞退率の予測データ販売:
リクナビ問題が大炎上した真相 “利用者不在”の人材ビジネスに潜む「構造的歪み」とは
リクナビの学生の個人情報を元に「内定辞退率」の予測データが販売されていた問題。SNSでは「学生は商売道具じゃない」と大炎上している。個人情報保護の専門家や他社の意見から問題の焦点を探る。(2019/8/13)

「企業を狙うサイバー攻撃に国境はない」:
PR:精鋭ホワイトハッカー1000人の力を世界から結集 日本企業を強くするペネトレーションテストとは
IoTや自動運転など、ビジネスにおけるデータの活用価値の向上と同時に危険性を増しているのがサイバーセキュリティだ。優良顧客の獲得を目的に、信頼性の強化と脆弱性検査に取り組む企業が増えている。ただし、その多くは特定のセキュリティツールやシナリオに依存した各社独自の内容で、本当の意味で攻撃者の視点に立った防御や、顧客が安心できるレベルの対策に至っていない。国内でも政府調達におけるガイドライン対応の義務付けが始まった今、この課題をクラウドソーシングで解決するサービスが日本にあることをご存じだろうか。(2019/8/5)

転職バーのハルカさん(15):
PR:好きなだけじゃダメなのよ――ブラッディ・メアリーの決意
貯金はないし、彼女もいない。転職活動はうまくいかないし、有給休暇も使い果たしてしまった。ナイナイ尽くしのシュウヘイの前に現れたのは、アルアル尽くしのゴージャスな美魔女。う〜ん、デラックス!(2019/8/1)

産業動向:
ビルメン業界特化型のポータルサービス、Web版とアプリでリリース
ビルメン業界特化型のビジネスマッチング「Builpo(ビルポ)」がWeb版とアプリ版でリリース。自動マッチングで人と仕事をつなげる「ツナガロ」と、ビルメン業界特化の求人サイト「ビルメン求人ジョイント」の2サービスだ。(2019/7/30)

事例で学ぶ品質不正の課題と処方箋(4):
内部監査を品質不正対応に活用するための実践的なアプローチ
品質不正は予防策が当然大切ですが、早期に発見して対応を図ることも必要になります。「発見」の代表的な担い手として、内部監査部門がその役割を果たすことが期待されます。本稿では、有効な品質監査を講じるために必要な方法論を解説します。(2019/7/22)

マシリトが行く!:
『ジャンプ』伝説の編集長が語る「21世紀のマンガ戦略」【後編】
『ジャンプ』伝説の編集長、マシリトこと鳥嶋和彦氏による特別講義の後編――。コミケの初代代表である原田央男氏がリードする形で、文化学園大学の学生からの質問に直接答えた。(2019/7/22)

「手品先輩」第4話先行カット公開 「1人でお楽しみ先輩」とはいったい……?
そして新キャラ登場のもよう。(2019/7/21)

今夜スタート「HiGH&LOW THE WORST EPISODE.0」新規参入するなら今! ハイロー世界鑑賞のコツを伝授
オタクもサブカルも夢中なハイローワールド。(2019/7/17)

歩くラッキースケベな先輩は、本当はひとりぼっち 「手品先輩」の喜劇と悲運
明るく楽しくちょいエロな日々と、やりきれない一面。(2019/7/16)

「ジャニーさんの思い出話をした」 川崎麻世、元「光GENJI」諸星和己との“ジャニーさん会”に反響
ファン「ジャニーさんとの思い出がたくさんある麻世くんは幸せですね」。(2019/7/15)

「これ全部手作業ですか……?」:
「日本式な考え方」に違和感を持つ外国人エンジニア プレイネクストラボ調査
プレイネクストラボが、同社が運営するサービスに登録する外国人ITエンジニアを対象に実施した意識調査によると「日本文化が好き」や「日本最先端技術を学びたい」との回答がある半面、仕事に対してルールを優先する一方で非効率で生産性に対する意識が低い点などに疑問を感じていることが分かった。(2019/7/12)

「こんな男子いたら惚れる!」 広瀬アリス、スカウトされた小6当時の写真がどう見ても美少年
本人も絵文字で反応。(2019/7/10)

スマホゲーム「ドクターマリオワールド」配信開始 任天堂とLINEが開発
1990年発売の「ドクターマリオ」をもとにしたスマホ向けパズルゲーム。(2019/7/10)

スピン経済の歩き方:
「闇営業」の原因は、日本の芸能ビジネスの「中抜き構造」にある
ワイドショーなどで連日のように、芸人の「闇営業」問題を取り上げている。「最初に発覚したときにうそをついたことがいけなかった」などとコメントしている人が多いが、問題の本質はそこにあるのか。筆者の窪田氏はちょっと違う見方をしていて……。(2019/7/2)

マスクド・アナライズのAIベンチャー場外乱闘!:
「僕と契約してデータサイエンティストになってよ!」 分析少女ありさ☆アリスの悲劇
未経験からデータサイエンティストを目指した「分析少女」に起きた悲劇とは。一部の怪しいデータサイエンティスト養成スクールへの警鐘を鳴らす物語。(2019/6/27)

『週刊ビッグコミックスピリッツ』史上初、漫画編集者の公募企画スタート
漫画業界が気になってる人に朗報。(2019/6/24)

ついに開業! スマホゲーム「ドクターマリオ ワールド」7月10日に配信 ピーチやクッパもドクターに
ドクターピーチがかわいい。(2019/6/18)

「ドクターマリオ」スマホ版、7月10日配信開始 LINEやFacebookと連携
「ドクターマリオ」のスマートフォンゲーム「ドクターマリオワールド」は7月10日配信開始。事前登録受付が始まった。(2019/6/18)

「撮影に支障がでております」 福山雅治、公式サイトがファンの“マナー違反”に注意喚起
迷惑掛けたらダメ。(2019/6/10)

ライブ配信サービス「SHOWROOM」の演者狙った悪質なスカウト行為 運営が注意喚起
「SHOWROOMがサービス終了するかもしれない」と事実無根のうわさを流すスカウトも。(2019/5/30)

「配信者への悪質なスカウトがあった」SHOWROOMが注意喚起 「サービス終了かも」などのうわさ流される
SHOWROOMが、配信者を狙った悪質なスカウトが行われているとの声明文を発表。「サービス終了するかもしれない」といったうわさを流し、他社サービスに引き抜こうとする悪質な例もあったという。同社はスカウトを受けた人に対し、慎重に検討するよう呼び掛けている。(2019/5/30)

転職バーのハルカさん(14):
PR:ここを外しちゃオサラバよ――思い出のにっがい黒ビール
アナタ、何を怖がってるの?――憧れのアイドル「ファンシーメタル」が自宅まで来てくれたのに、扉の外に出られないカナタ。深く傷ついてしまった彼の心を、シュウヘイたちは解きほぐせるのか?(2019/5/30)

いかにして「苦境」を乗り越えてきたか:
絶体絶命のファーウェイ、「伝説の創業者」のDNAに見る“それでも強気な理由”【前編】
米国の制裁に揺れる中国通信機器・端末大手のファーウェイ。絶体絶命の窮地に追い込まれたかに見える一方、創業者の任正非(じん せいひ)を筆頭にファーウェイ関係者は強気な姿勢を崩さない。(2019/5/29)

アニメに潜むサイバー攻撃:
「笑い男」事件は実現可能か 「攻殻機動隊 S.A.C.」好きの官僚が解説
そう遠くない未来、現実化しそうなアニメのワンシーンをヒントに、セキュリティにもアニメにも詳しい内閣サイバーセキュリティセンター(NISC)の文月涼さんが対策を解説します。第6回のテーマは「攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX」です。(2019/5/24)

「タッキーに見えました」「平野紫耀くんっぽい」 高校時代の青木源太アナがジャニーズ級のイケメン
しかも頭までいい。(2019/5/8)

趣味はお菓子作りの女子力高いキュート男子、実は…… スイッチ入ると別人になる漫画にギャップ萌えする人続出
見た目かわいい漢前。(2019/4/28)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。