ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  S

「SFA」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

第一三共、IT基盤刷新で1億円のTCO削減へ 営業基盤システムの高速化で
第一三共が、80台のサーバで16のシステムを動かしていた営業支援システムの基盤を刷新し、約1億円のTCO削減を実現した。何を変えたのだろうか。(2024/2/14)

商談後の事務作業の負担軽減:
「GENIEE SFA/CRM」がAIアシスタント機能を強化 商談データの登録を自動化
ジーニーは、同社の営業管理ツール「GENIEE SFA/CRM」上で使えるAIアシスタント機能を強化した。商談の音声から議事録を作成でき、自動でSFA/CRMへの入力まで完了できる。(2024/2/8)

データドリブンな営業への道筋:
なぜSFAへの記入漏れは減らないのか 米国企業に学ぶ「使えるSFA」設計
「SFAの入力が進まない」「SFAをうまく活用できていない」という声が多くの営業組織から聞こえてくる。どうしたら営業担当はSFAに記入してくれて、そのデータを営業活動に活用できるようになるのか? 米国企業が取り入れている方法を解説する。(2024/1/25)

SFAが「レポートツール」になり下がる 使いこなせない営業組織が持っていない視点
日本企業の営業組織でも「セールステック導入」が一般的になってきた。しかし使いこなせていない組織が多いようだ。SFAを導入したのにただのレポートツールに成り下がっている話も聞く。セールステックを効果的に活用するためにはどうすればいいのか、解説する。(2024/1/9)

抽選でAmazonギフトカードが当たる
「営業支援システム・顧客管理システム」に関するアンケート
簡単なアンケートにご回答いただいた方の中から抽選で10名にAmazonギフトカード(3000円分)をプレゼント。(2024/1/5)

抽選でAmazonギフトカードが当たる
「営業支援システム・顧客管理システム」に関するアンケート
簡単なアンケートにご回答いただいた方の中から抽選で10名にAmazonギフトカード(3000円分)をプレゼント。(2023/10/6)

「数字が合わない」を自動化で回避 インキュデータが「Zoho CRM」を導入
インキュデータは、ゾーホーのクラウド型顧客管理・営業支援システム「Zoho CRM」を導入した。顧客情報を一元管理することで属人化を防ぎ、案件獲得から請求までの業務上のトラブルを解消する。(2023/7/27)

抽選でAmazonギフトカードが当たる
「営業支援システム・顧客管理システム」に関するアンケート
簡単なアンケートにご回答いただいた方の中から抽選で10名にAmazonギフトカード(3000円分)をプレゼント。(2023/7/6)

抽選でAmazonギフトカードが当たる
「営業支援システム・顧客管理システム」に関するアンケート
簡単なアンケートにご回答いただいた方の中から抽選で10名にAmazonギフトカード(3000円分)をプレゼント。(2023/4/13)

「マネジャー不要論」も:
SFA導入で満足している日本企業に伝えたい、米国の「営業DX」新トレンド
コロナ禍以降、ツールの導入などを中心に進んだ営業DX。しかし、日本の先を行く米国では、もう一歩進んだトランスフォーメーションの波が起こっているという。(2023/2/28)

提案件数は1年で3倍に:
売れる商材はAIに聞け 大塚商会の独自システム、営業全体の受注率上回る活躍ぶり
大塚商会は2000年初頭に独自設計の「顧客管理&営業支援システム」の運用を開始し、データドリブンな営業スタイルを構築した。現在は、AIの提案が営業全体の受注率上回る活躍ぶりを発揮しているという。なぜそんな体制を確立できたのかというと……(2023/1/24)

抽選でAmazonギフトカードが当たる
「営業支援システム・顧客管理システム」に関するアンケート
簡単なアンケートにご回答いただいた方の中から抽選で10名にAmazonギフトカード(3000円分)をプレゼント。(2023/1/11)

抽選でAmazonギフト券が当たる
営業支援システム・顧客管理システムに関するアンケート
簡単なアンケートにご回答いただいた方の中から抽選で6名にAmazonギフト券(5000円分)をプレゼント。(2022/10/3)

中小企業のマーケティング・営業DXを推進:
「Kairos3」がブランド刷新 変わったことまとめ
MAとSFAの機能を独立させることで、製品の違いを明確化。さらに新製品「Kairos3 Timing」をラインアップに追加した。(2022/9/29)

あの案件は、なぜ失注したのか:
PR:SFAはただの日報? 案件受注のために「何をして」「どう行動すべきか」、利益につながるSFAの実力とは
コロナ禍以降、デジタルシフトの波が急速に押し寄せたこともあり、徐々に導入が進んできたSFA。営業支援ツールとして商談や顧客管理などに用いられているが、その実「ただの日報」「マネージャー層向けの部下管理」ツールにとどまっているケースは少なくない。「SFAにデータ入力している暇があったら、一本でも多く電話をかけたい」そう思われてしまう要因はどこにあるのか? 自社SFAを用いて部門横断、先進的な営業活動をしている、オラクルのセミナーから探る。(2022/8/29)

抽選でAmazonギフト券が当たる
営業支援システム・顧客管理システムに関するアンケート
簡単なアンケートにご回答いただいた方の中から抽選で10名にAmazonギフト券(3000円分)をプレゼント。(2022/7/1)

PR:MAで終わらない「CRMプラットフォーム」に見る真価 HubSpotに聞く、本当の「顧客視点」に今必要なものとは?
MAやSFA、CRMといった各種ツールを導入する企業が増えている。しかし、セールスのパイプラインを管理するため、または上司に報告する数字を管理するため、などインターナルコミュニケーションのための活用にとどまってはいないだろうか? 顧客体験が重要視され、「売ったら終わり」では生き残れなくなりつつある今、CRMプラットフォームを提供するHubSpotに、CRMを中心とした各種ツールを利活用する際に重要な「顧客視点」と、それによって得られる顧客からの「信頼」の重要性について聞いた。(2022/6/20)

機能拡充を実施:
カイロスマーケティング、「Kairos3」のSFA機能を単独提供開始
もともとマーケティングオートメーションツール「Kairos3」のオプション機能として提供していたSFA機能を単独で使えるよう、サービスメニューを変更した。(2022/5/12)

抽選でAmazonギフト券が当たる
営業支援システム・顧客管理システムに関するアンケート
簡単なアンケートにご回答いただいた方の中から抽選で10名にAmazonギフト券(3000円分)をプレゼント。(2022/4/26)

減らない“Excelでの営業管理” 8割が課題に直面するも、SFAツール導入予定は3割弱
ハンモックの調査によると、営業管理の現場レベルでは「Excelやスプレッドシート」をベースとした管理手法からいまだ抜け出せておらず、約8割が課題を抱えているなどの実態が明らかになった。(2022/2/16)

抽選でAmazonギフト券が当たる
「営業支援システム・顧客管理システム」に関するアンケート
簡単なアンケートにご回答いただいた方の中から抽選で10名にAmazonギフト券(3000円分)をプレゼント。(2022/2/14)

3社合同でソリューションを提供:
データ統合自動化SaaS「trocco」を軸にしたMAとSFAツールの連携ソリューション メリットは?
データ統合自動化サービス「trocco」を軸にMAツール「Adobe Marketo Engage」とCRM/SFAツール「e-セールスマネージャー」を連携するソリューション。どんないいことがあるのか。(2022/1/20)

営業SaaS「Magic Moment Playbook」、コミュニケーションを自動化する「Playbook シーケンス」をリリース
 営業支援サービスを提供するMagic Moment(東京都港区)は12月8日、LTV経営を支援する営業SaaS「Magic Moment Playbook」において、商談や顧客の状況に応じてコミュニケーションを自動化する新機能「Playbook シーケンス」をリリースしたと発表した。(2021/12/8)

住宅ビジネスフェア 2021:
住宅・不動産の営業活動を自動化するSaasツール、見込み客と営業のアクションを時系列で管理
スマートフォンが普及した今、住宅関連の営業活動にもスピードが求められている。高額な不動産の営業であっても、営業担当者が顧客に会ってから関係構築をしていくスピード感では、成果が得にくくなってきている。コンベックスのWebベースの営業支援サービス「Digima」は、見込み客が自社のWebサイト上でどのような関心を寄せているかをウォッチし、その傾向をもとに、不動産会社は見込み客に会う前に、営業の体制を整えられる。(2021/12/6)

よくある失敗から学ぶ!:
SFA・CRMの「入力が面倒くさい」「活用しきれない」を防ぐためのチェックリスト
SFAやCRMの導入が進み、営業活動において“なくてはならない存在”になりつつある。一方、「入力が面倒くさい」「活用し切れていない」との声も多い。よくあるSFA・CRM活用の失敗パターンに触れながら、どうすればうまく運用できるのかを考える。(2021/11/8)

非対面ビジネスの時代に向けた顧客情報活用法
売り上げアップに直結する、本当に必要な「営業支援ツール」の選定ポイントとは
「名刺管理、SFA、MA」ツール市場が大混戦だ。情報をビジネスに活用するためには「個人が便利に使える」だけでは意味がなく「営業に情報が飛んでいく」ような仕組みが必要だ。そのような中、統合型の営業支援ツールに注目が集まっている。(2021/6/10)

「データで考える営業部門」を作るための仕掛け:
1000人規模の営業部隊にSFAを正しく定着させるには? データ蓄積の現実的な手法
業績予測の精度を高め、早めに対策を打つには、営業活動を担う人員一人一人の活動状況の報告を頼りに状況を可視化するしかない。見るべき情報も市場動向に追従して変化させる必要がある。入力する「人」が頼みの業務改革を成功させるには、ツール側の進化も必要なようだ。1000人規模の営業部門が使えるデータを入力するようになるまでの取り組みを追った。(2021/5/12)

ヴィジュアル系が語る!会社を強くするインサイドセールス(2):
SFA・CRMの「そして誰も入力しなかった」を防ぐ! インサイドセールスとデータ活用の重要性
電話をはじめとするさまざまな手法を用いてアポイントを獲得する“役割”であるインサイドセールスは、自社サービスを必要としている顧客に丁寧な対応をし、契約につなげるために欠かせない存在です。そして丁寧な顧客対応をするためには、SFAやCRMにデータを蓄積し、活用する必要があります。本記事では、多くの企業が苦心するSFAやCRMの運用のための注意点などを解説します。(2021/1/26)

マーケターはDXのリーダーであれ:
「SFKETO」メンバーが語るMAとSFA連携 レベニュー組織の成果を最大化させるために必要なこととは?
「Marketo Engage」とSalesforceの両方を使う人々が集うコミュニティー「SFKETO(セフケト)」メンバーが、MAとSFAの連携をテーマに語り合った。(2020/8/5)

営業支援システム・顧客管理システムに関するアンケート
簡単なアンケートにご回答いただいた方の中から抽選で5名様にAmazonギフト券(3000円分)をプレゼント。(2020/5/8)

営業支援システム・顧客管理システムに関するアンケート
簡単なアンケートにご回答いただいた方の中から抽選で5名様にAmazonギフト券(3000円分)をプレゼント。(2020/4/2)

みずほ銀・みずほ信託銀、Salesforceの金融業向けCRMを導入 グループで顧客情報を一元管理
みずほ銀とみずほ信託銀が「Salesforce Financial Services Cloud」を導入。クラウド型の顧客関係管理(CRM)/営業支援(SFA)ツールで、みずほFGは今後、顧客情報などをグループ全体で一元管理し、営業力の強化を目指すという。(2020/3/4)

営業支援システム・顧客管理システムに関するアンケート
簡単なアンケートにご回答いただいた方の中から抽選で20名様にAmazonギフト券(3000円分)をプレゼント。(2019/12/13)

現場を知らずにRFPを作るリスク
「求めていたSFAと違った」はなぜ起きる? 営業と情シスのギャップ解消法は
SFAの導入は、選定やPoCを営業部門が主導し、本格導入は情報システム部門が進めることが多いが、運用が始まると「求めていたSFAと違った」という不満が生まれることは珍しくない。これを解消し、SFA導入を成功させるには何が必要か。(2019/5/30)

Excelに逆戻りさせない、SFAの活用術
SFAが定着しないのはなぜ? 3つの失敗例から考える「脱Excel」の正しい進め方
営業施策の管理にSFAとExcelを併用し、結局SFAが定着しないケースは少なからずある。どのような場合にSFAとExcelの二重管理が起きやすいのか、3つのアンチパターンから対策を考える。(2019/5/31)

今日のリサーチ:
CRM/SFAの2018年SaaS利用率は28.0% 2016年より約10ポイント高く――矢野経済研究所調べ
矢野経済研究所は、国内の民間企業を対象にERPおよびCRM/SFAといった業務ソフトウェアにおけるSaaSの利用率について調査しました。(2019/2/6)

現場で本当に必要なSFAの作り方
要件を固めて構築したSFA、営業が全く使ってくれない原因と対策とは
SFAに何を求めるのか、要件を固めて作り込んだはずでも、いざ導入してみると全く使われない――こうしたケースが後を絶たない。導入後に生じるギャップやリスクを最小化する方法を紹介する。(2019/1/11)

「SFAは使われない」の定説を覆す
SFA導入後に「こんなはずではなかった」と言わせないために、2つの対策
SFAを導入してもやがて営業は使わなくなる――定説を覆すには「導入前」と「導入直後」にやるべきことがある。どのようなことを実践すればSFAの定着が進むのか。(2019/1/11)

ワークフロー機能を強化:
ソフトブレーン、CRM/SFA「eセールスマネージャー」 最新版を発表
ソフトブレーンは、CRM/SFA「eセールスマネージャー」の最新版「Revision7」の提供を開始した。(2019/1/9)

Weekly Memo:
なぜ、金融機関がこぞって「営業支援サービス」を使い始めたのか
セールスフォース・ドットコムの営業支援を中心としたクラウドサービスが、ここにきて金融機関で普及しつつある。金融機関にとって、この動きはいったい何を意味するのか。(2018/12/17)

SFA定着の第一歩は“あの機能”
使っている感覚なし、いつの間にか営業全員を「SFAの使い手」に変貌させる方法
SFAを導入してもExcelの利用に“先祖返り”したという事例は幾つもある。SFAの定着に対する壁をどのように乗り越えればいいのだろうか。その鍵は、意外にも“あの機能”の使い方にあった。(2018/11/27)

77%が「レビューは有益」、93%が「レビューしてもよい」:
PR:「SIerに丸投げ」にできない時代、ビジネス向けITレビューサイトが企業ITにおける製品選択になくてはならない理由
SaaSを中心としたクラウドサービスが企業で広く用いられるようになった。10年ほど前から営業支援(SFA)や顧客管理(CRM)、経費精算、請求書管理などの分野でSaaSの提供が始まり、今では基幹システムを含めてありとあらゆるサービスがクラウド上で提供されるようになった。営業支援一つとっても数え切れないサービスが存在する。選択肢が増えるのはいい。だが、自社に合った製品やサービスをどう見つければいいのか。そのような中、米国で急速に人気を集めているのがビジネス向けITレビューサイトだ。(2018/10/15)

導入後の継続的なコンサルティングメニューを体系化して提供:
ソフトブレーン、カスタマーサクセスをゴールにサービス体系を刷新
ソフトブレーンは、CRM/SFA「eセールスマネージャー」のコンサルティングメニューについてサービス体系を刷新した。(2018/10/5)

“脱Excel”が進まない本当の理由、営業部員が「SFAは不便」と感じる場面とは?
営業部門の業務効率化を実現する上で欠かせない“脱Excel”。しかし、SFAに移行したあとも、不便さを感じて“併用”を続けてしまうケースは少なくないという。実際に営業社員がSFA導入後に不満を抱く理由は、どこにあるのだろうか。(2018/9/25)

レオパレス21、賃貸業務の物件確認対応とメール追客をAI活用システムで自動化 作業時間とコストの大幅削減へ
レオパレス21は、レオパレスセンター全店舗に物件確認電話の自動応答システム「ぶっかくん」を、法人営業部に自動追客機能を備える営業支援システム「ノマドクラウド」を導入。顧客対応の品質向上を図るとともに、年間約7万2000時間の作業時間削減と、約1億6932万円のコスト削減を目指す。(2018/9/14)

クラウドSFAで実現できる働き方改革、全社の「知」を結集して生産性を向上する
働き方改革のテーマは生産性の向上。商談1件1件を従来の労働力で効率よく受注へ結び付け売り上げという生産量を増やすには、全社総力戦の体制をITの力で構築したい。(2018/8/28)

改善ヒント集:
PR:SFAを導入せずにExcelから脱却〜営業&営業企画編
生産性向上の近道は現場自身で業務の問題点や解決策を見いだすこと。具体例として営業系部署でSFAを導入しなくても実現可能な「効率化の仕組み」を紹介する。(2018/8/10)

改善ヒント集
SFAを導入せずにExcelから脱却〜営業&営業企画編
生産性向上の近道は現場自身で業務の問題点や解決策を見いだすこと。具体例として営業系部署でSFAを導入しなくても実現可能な「効率化の仕組み」を紹介する。(2018/8/10)

SFA導入のホンネ
営業導入のSFAは運用が大変 情シス導入は仕様固めが大変 第三の選択肢は?
SFAを営業が導入したA社は「使えないから改修して」、情シスが選定したB社は「もっと使いやすく」という声が。SFAの導入と運用に大きな負担がないというC社のSFAとは?(2018/6/20)

「MAJIN」が「ちきゅう」を吸収:
ジーニー、CRM/SFAシステム「ちきゅう」を会社分割契約により事業承継
ジーニーは、ちきゅうが提供する中小企業向けCRM/SFAシステム「ちきゅう」の開発・販売事業を会社分割により承継すると発表した。(2018/4/26)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。