ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「損保ジャパン」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「損保ジャパン」に関する情報が集まったページです。

自動運転タクシーの実証実験、東京都庁周辺で実施 5G活用
東京都がKDDIなどと共同で5Gを活用した自動運転タクシーの実証実験を行う。東京都庁周辺を走行して実用性を検証する。(2020/11/13)

役職削減に戸惑いの声:
20代で課長昇進! 脱年功序列、損保ジャパンの狙い
損害保険ジャパンは10月から、勤続年数に応じて昇給や昇進が決まる年功序列から脱却する新たな人事制度を導入した。年次にかかわらず実力ある若手の登用を進め、社員のやる気を引き出すのが狙いという。だが……。(2020/10/29)

エキスパートが語り下ろすモダンマーケティングの論点:
大企業のDXはどうすれば前に進むのか
大規模開発から「早い・安い・使える」システム開発へ。保険業界において数々のデジタルシフトによるイノベーション事例を世に送り出した実績を持つ野呂健太氏が、大企業が変わるためのポイントについて語った。(2020/10/15)

KDDIなど5社:
自動運転タクシーの走行実験、西新宿の公道で 5G活用
KDDIや日本交通傘下のMobility Technologiesなどの5社は10月9日、自動運転タクシーの走行実験を西新宿エリアの公道で行うと発表した。(2020/10/9)

自動運転タクシーが西新宿で公道走行 KDDIなど5社が実験
KDDIなど5社が、自動運転タクシーを公道で走行させる実験を都内で行う。ドライバーが乗車する自動運転車の他、ドライバー不在の遠隔操作車両も走らせるという。(2020/10/9)

「自動走行ロボット専用保険プラン」損保ジャパンが発売
損害保険ジャパンが「自動走行ロボット専用保険プラン」発売。ロボットが歩行者をけがさせた時の治療費、サイバー攻撃を受けた時の損害などを補償する。(2020/10/5)

内定式もオンラインづくし 対面なしで入社まで「フルオンライン就活」
2021年春に社会人になる学生は、就職・採用活動でも会社説明会や面接をオンラインで受け、対面なしで内々定を受けており、入社まで対面がない「フルオンライン就活」という異例の状況を迎えている。(2020/9/29)

製造業IoT:
工場設備の異常検知から修理対応までカバーする保険商品の共同開発を開始
アルプスアルパインと損害保険ジャパンは、製造業へIoT技術の導入を促進するため、IoTセンサー連動型保険商品の共同開発を開始した。既に実証実験を開始しており、2021年度内のリリースを目指す。(2020/9/17)

ドローンやスマホで被害情報把握 損保各社が九州の豪雨で対応迅速化
九州で起きた豪雨災害に伴い、保険会社や銀行などの金融機関が被災者への対応を急いでいる。対応を迅速化するため、ドローンやスマートフォン、LINE、AI、ATM搭載の移動店舗車などさまざまな技術を活用する。(2020/7/10)

リストバンドで熱中症リスクを管理 損保ジャパンとNTTPCコミュニケーションズが業務連携
新型コロナウイルスの感染予防のためマスク着用での作業が増える中、例年以上に高まる熱中症リスクに対応する。(2020/6/29)

モビリティサービス:
クルマではなく人につく保険を、スマートドライブと損保ジャパン
スマートドライブと損害保険ジャパンは2020年6月23日、車両ではなく人につけるモビリティ保険やサービスを検討、開発するため、業務提携を結んだと発表した。MaaS(Mobility-as-a-Service、自動車などを所有せずサービスとして利用すること)の普及で移動手段が多様化することに対応していく。(2020/6/26)

製造マネジメントニュース:
製造業向けでIoTデータを用いた保険を提供、IoT関連ソリューションと合わせて
マクニカ、損害保険ジャパン、SOMPOリスクマネジメントは共同で、IIoT関連ソリューションの一括提供と、それらのデータおよび技術を用いた保険開発、最適な保険を提案する新サービスの提供を開始する。(2020/6/18)

安全運転なら保険料も安くなる……!! 「Yahoo!カーナビ」が機能拡充、アプリで“自身の運転状況”を記録して評価
安全運転でキャッシュバックがある自動車保険と連携。(2020/5/14)

銀行や携帯電話、複雑な手続きを“ワンストップ”化へ みずほ銀やKDDIら参加の新サービスが2020年6月に開始
トッパン・フォームズは、共通手続きプラットフォーム「AIRPOST」の消費者へのサービス提供を2020年6月下旬に始める。携帯電話事業者3社のメッセージサービス「+メッセージ」を利用して、各社への口座振替の申し込みや住所変更といった手続きを一元化できる。(2020/5/12)

オートモーティブワールド2020:
無人自動運転車の緊急時に遠隔操作するシステム、反力生成で実車と同等の操作感
KDDIは、「オートモーティブワールド2020」において、ドライバーを乗車させずにレベル4以上の自動運転車を運用する際に必須となる遠隔監視型自動運転用の操作卓を披露した。(2020/1/28)

“いま”が分かるビジネス塾:
10年後「自家用車激減」の衝撃――オワコンになる意外な業界とは?
進むカーシェアや自動運転技術。10年後には自家用車が最大25%減少の予測も。大打撃を受けそうな意外な業界とは?(2020/1/24)

大規模システムへのPaaS活用
SOMPOグループが保険代理店向けシステムを「Heroku」に移行した理由
クラウドが広く普及する中、運用コストや拡張性などを考慮して、PaaSを導入する企業は少なくなくなった。その中から、「Heroku」で保険代理店向けシステムを構築したSOMPOシステムズの事例を紹介する。(2020/3/2)

よくわかる人工知能の基礎知識:
AIが瞬時に株取引、為替暴落の危険も 金融業界で進むAIの取り組み
他業界に比べてAI導入が進む金融業界。自動株取引や不正検知など、実際のAI活用事例を紹介する。(2019/12/13)

インフルエンザの流行、AIで予測 予防・外出見直しの参考に さいたま市で実験
AIを活用し、さいたま市内のインフルエンザの流行状況を予測する実証実験を、日立製作所と損害保険ジャパン日本興亜が実施する。予測結果はWebサイトなどで配信。期間は12月6日〜2020年3月20日まで。(2019/12/5)

自動車走行データをAIで解析:
損保ジャパン日本興亜と理研、安全運転を支援
損害保険ジャパン日本興亜と理化学研究所革新知能統合研究センターは、機械学習技術を活用して自動車走行データを解析する技術を開発した。(2019/11/19)

1万人を対象に実験:
運転データから運転手を特定、機械学習で交通事故を予防できるか
損害保険ジャパン日本興亜(以下、損保ジャパン日本興亜)と理化学研究所の革新知能統合研究センターは共同で、「運転データによる大規模ドライバー識別技術」と「多重比較補正を利用した統計的軌跡マイニング技術」を開発した。交通事故予測のための研究成果だ。事故リスク評価モデルなどを支える基盤アルゴリズムとして実用化する。(2019/11/15)

自動運転タクシーの実用化に向け協業、KDDIら5社 20年夏に都内で実証実験
JapanTaxi、KDDIなど5社が、自動運転タクシーの実用化に向けて協業すると発表。タクシー業界のドライバー不足などの課題に取り組む。2020年夏をめどに、都内で自動運転タクシーの実証実験を行う予定。(2019/11/14)

スマホで撮影、AIが約30秒で自動車修理費を自動見積もり――損保ジャパン、自動車保険の補償額見積もりサービスを開始
損害保険ジャパン日本興亜は、自動車保険契約者向けの事故対応サービスとして、スマホで撮影した事故車両の画像からAIが概算修理金額を見積もりする「SOMPO AI修理見積」を公式LINEアカウント内で開始した。約30秒で修理金額が分かり、保険金支払い手続きも30分程度に短縮できる。(2019/11/11)

自動車のキズ、へこみをAIが解析 30秒で修理費用を見積もるサービス開始
損保ジャパン日本興亜とイードリーマーが、損傷を受けた自動車の画像をAIが解析して修理費用を見積もるサービス「SOMPO AI修理見積」始めた。キズやへこみの画像をAIで解析し、30秒で修理費用を自動見積もりする。(2019/11/8)

積水ハウスIT業務部の挑戦!:
ハウスメーカーが構想する“不動産ブロックチェーン”の可能性とインパクト
積水ハウスは、2020年以降を見据えた“住”関連ビジネスの基盤づくりを進めており、その一環としてブロックチェーンを活用した次世代不動産プラットフォームを構想している。プラットフォームには、通信会社、ガス会社、保険会社が参加しており、将来ビジョンでは水道や電力、行政などとの連携も視野に入れ、異業種間での新規サービスの創出を見込む。(2019/10/16)

SOMPOホールディングス、駐車場シェア参入 akippaを関連会社化 駐車場・会員獲得を共同で推進
SOMPOホールディングスがakippaを関連会社化し、駐車場シェアリングサービスに参入。今後は損害保険ジャパン日本興亜を含めた3社で、駐車場の新規開拓と会員獲得を進める。駐車場シェアリングに特化した保険商品の提供も検討する。(2019/10/3)

カローラとiPhoneをつなぐCarPlay機能は実用的? 試してみた
トヨタ・カローラの「TOYOTA SmartDeviceLink」をチェックしてきた。(2019/9/24)

よくわかる人工知能の基礎知識:
AI-OCR、医療、監視――広がる画像認識の可能性
ビジネスに役立つAIの基礎知識について分かりやすく解説する連載。今回のテーマは「画像認識」について。(2019/8/21)

自動運転技術:
自動運転ECUの業界標準目指す、ティアフォーが台湾クアンタと資本業務提携
ティアフォーは2019年8月19日、台湾のクアンタ・コンピュータ(Quanta Computer)を引受先として第三者割当による10億円の追加増資を実施したと発表した。この資本業務提携により、クアンタ・コンピュータとティアフォーは、自動運転システムを支える電子制御ユニット(ECU)の開発と商用化に注力し、業界標準の獲得を目指す。(2019/8/20)

河合薫の「社会を蝕む“ジジイの壁”」:
“新リストラ時代”の肩たたきツール? 「適性検査」に潜む魔物
金融や製造などの大手企業で、大規模な早期退職や転籍などが広がっている。新手のリストラ策として使われるツールの一つが「適性検査」だ。適性を見極めて転職するのは良いことのように見えるが、「適性がある=いい仕事ができる」わけではない。なぜかというと……(2019/7/12)

AIで洪水被害をシミュレーション、ウェザーニューズらが熊本市に今秋導入
ウェザーニューズと損害保険ジャパン日本興亜、One Concernの3社は、AIを活用した洪水の被害予測シミュレーションシステムを2019年秋から熊本市に試験的に導入する。(2019/7/8)

災害時のSNSで情報収集、災害レジリエンスの強化へ――「AI防災協議会」設立 LINE、ウェザーニューズなど
産官学が連携し、AIやSNSなどを活用して防災・減災を目指す「AI防災協議会」を設立。LINE、ウェザーニューズ、ヤフーなどの民間企業も参画する。SNSに投稿される被害情報をAIで収集・活用し、自治体の災害対策や市民の避難行動に役立てるなど、災害対応能力の高い社会の構築を目指す。(2019/6/19)

“また貸し”できる新車リース「SOMPOで乗ーる」登場 維持費を軽減
DeNA SOMPO Carlifeが、カーリースサービス「SOMPOで乗ーる」を始めた。メンテナンス代、税金、保険料を含めた月額料金で新車を貸し出す。利用者は、クルマを“また貸し”して収入を得ることも可能だ。(2019/6/6)

DeNAが「AIドラレコ」発表 運転傾向をスコア化 まずは商用車向けに
DeNAが、クルマに取り付けたカメラを通してドライバーや道路の状況を自動認識し、運転状況を可視化することで商用車両の事故を削減するサービス「DRIVE CHART」の提供を開始。実証実験ではトラックの追突事故件数がゼロになったという。(2019/6/4)

“カーシェア収入”も可、月額1万円台後半から DeNAがクルマ定額サービス「SOMPOで乗ーる」開始
「車検代、税金などもコミ」どんな仕組みなの?(2019/6/4)

自動運転技術:
自動運転の需要調査、公道実証にはネガティブな印象、MaaSは高齢者から期待大
損害保険ジャパン日本興亜は2019年4月22日、自動運転車やMaaS(Mobility-as-a-Service、自動車などの移動手段をサービスとして利用すること)に関する意識調査の結果を発表した。2017年に実施した同様の調査と比較して、自動運転機能を利用する意向や、自動運転車の普及に対する期待が高まっていることが分かった。また、MaaSの認知度は低いものの、利用してみたいという回答は半数を占めた。(2019/4/23)

大手日系老舗企業が人気:
難関大の就活生に人気の企業はどこ? 東大、京大、早慶などの20年卒に聞く
上位校向けの新卒採用支援サービス「レクミー」を運営するリーディングマークが、2020年卒就職人気企業ランキングを発表した。東大、京大、早慶など難関大学に通う学生が志望する企業はどこだったのか。(2019/4/18)

“対話のコツ”を学習したAIが保険金サービスの電話応対をガイド――損保ジャパン日本興亜、NTT Comと共同開発
損保ジャパン日本興亜は、NTTコミュニケーションズのAI技術を活用し、保険金サービス拠点の電話応対を支援する「電話応対ガイドAI」を開発する。対話品質が高いオペレーターの“対話のコツ”を学習したAIが、通話中の顧客の感情をリアルタイムで分析し、次にかけるべき言葉など、適切な対応をガイドする。(2019/4/18)

ネットでは賛否両論:
新卒採用でも「喫煙者お断り」 ひまわり生命の狙いは
(2019/4/16)

安全システム:
シートベルトで眠気や体調悪化を検知、損保ジャパン日本興亜とベンチャー
損害保険ジャパン日本興亜とPOSH WELLNESS LABORATORYは2019年3月13日、シートベルトカバー型デバイスを用いてドライバーの眠気や体調を検知するサービスの提供に向けて、実証実験を開始したと発表した。(2019/3/15)

LINEで贈れるワンコイン地震保険 震度6弱以上で1万円相当のLINE Pay残高を支払い
LINE Financialと損害保険ジャパン日本興亜が、家族や友人に少額の地震保険をスマホで贈れるサービス「贈るほけん 地震のおまもり」を始めた。(2019/3/12)

モビリティサービス:
個人間カーシェアの貸し出しユーザーを増やしたい、DeNAと保険会社が新会社
ディー・エヌ・エー(DeNA)とSOMPOホールディングスは2019年2月28日、東京都内で会見を開き、個人間カーシェアリングとマイカーリースに関する新会社を設立すると発表した。(2019/3/1)

ユーザーと金融の間にある“ギャップ”を埋めるために:
PR:LINEがチャレンジするのは“誰も経験したことのない領域の金融サービス”の実現――そこに求められるエンジニア像とは
コミュニケーションアプリで国内7900万の月間アクティブユーザーを抱えるLINEが、金融サービス事業へ本格参入し、話題を呼んでいる。同事業をリードしているのは、LINEのグループ会社として2018年1月に設立されたLINE Financialだ。LINEはなぜここにきて金融サービス事業に力を入れ始めたのか。今回から3回に分けて、LINE Financialの役割と狙い、そこで働くエンジニアの声を紹介する。第1回は、LINE Financialで開発室 室長を務める池田英和氏に、同社のビジネスビジョンと求めるエンジニア像について話を伺った。(2019/3/1)

iPhoneを海外で盗まれたら現地でやるべきこと
スられてぐったり。スペイン・バルセロナで私の「iPhone X」が盗まれました……。(2019/2/27)

自動運転技術:
自治体が苦労する自動運転実証実験の準備を短期間に、シミュレータ活用で
損害保険ジャパン日本興亜とティアフォー、アイサンテクノロジーは2019年2月15日、東京都内で会見を開き、自動運転車を使ったモビリティサービスの導入支援に関する業務提携を結んだと発表した。一般道で無人運転車が走るサービスの早期実現に向けて、実証実験がスムーズかつ安全に実施できるよう、自治体や交通事業者をサポートする。導入支援のソリューションは2019年後半から試験提供を開始し、2020年後半をめどに全国展開する。(2019/2/18)

安全システム:
事故の責任割合確定を60日から1週間に短縮、通信ドラレコとAIの自動判定で
損害保険ジャパン日本興亜は2019年2月8日、ドライブレコーダーの映像をAI(人工知能)技術で分析して、自動車事故の責任割合を自動算定するシステムを開発すると発表した。同社とドライブレコーダーの映像解析を得意とするジェネクストとの共同開発で、2019年内のリリースを予定している。2019年8月までに開発を終える計画だ。(2019/2/13)

つまずいた「3つの課題」も共有:
「RPAで40万時間削減」を掲げた損保ジャパン、導入後1年でどれだけ削減できたのか?
RPAの大規模導入が進む保険業界で、年間40万時間の削減を掲げた損保ジャパン。導入から1年がたち、目標としていた40万時間の削減には成功したのか? 同社が導入プロジェクトの全貌やその成果、そして乗り越えてきた課題について語った。(2019/2/6)

特集・RPAで仕事が変わる:
働き方改革の“即効薬”? いま「RPA」が注目される理由
日本でも多くの企業が導入し始めている「RPA」。なぜいまRPAが注目されているのか。RPAでできることや、私たちの働き方をどう変えていくのかを解説する。(2019/2/1)

「空飛ぶじゅうたんで眠りたい」を実現!? 最新技術を詰め込んだ「移動する畳」が気持ちよさそう
途中で寝落ちするやつ。(2019/1/17)

きょうから始めるAI活用:
「AIプロジェクトを担当してくれ」突然の上司のむちゃぶり あなたが最初にやるべきことは?
「ウチの会社でもAIを使おう」――急に上司からこんなむちゃぶりが飛んできたら、どうすればいい? AI初心者のビジネスパーソン向けに企業のAI導入について分かりやすく解説する新連載がスタート。(2018/11/14)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。