ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「後継者」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「後継者」に関する情報が集まったページです。

貝印が進める多品種ビューティーケア戦略 創業家社長に聞く「マイネス」誕生の由来
刃物メーカー貝印の遠藤浩彰社長に、新ブランド立ち上げの狙いや海外戦略について聞いた。(2024/5/21)

「とび工事業」の倒産、過去10年の最多更新 職人不足やコスト増で相次ぐ業績不振
タワーマンションや高層ビルなど、高所での建設作業を支える「とび業界」が危機に見舞われている。東京商工リサーチの調査によると、2023年度のとび工事業の倒産は135件と過去10年間で最多だった。(2024/5/13)

IT産業のトレンドリーダーに聞く!:
シャープ初の社内スタートアップは成功できる? 波瀾万丈のAIoTクラウドが目指す道
不安定な世界情勢が続く中で、物価高や継続する円安と業界を取り巻く環境は刻一刻と変化している。そのような中で、IT企業はどのようなかじ取りをしていくのだろうか。大河原克行氏によるインタビュー連載の第13回は、AIoTクラウドの松本融社長だ。(2024/5/13)

「後継者難」倒産、5年連続で過去最多を更新 最多要因は「代表者の死亡」
東京商工リサーチが調査結果を発表した。(2024/5/9)

ワクワクを原動力に! ものづくりなヒト探訪記(14):
倉庫を圧迫する大量の越前漆器 出会いつなぐマーケット開催で表舞台に
本連載では、新しい領域にチャレンジする中小製造業の“いま”を紹介していきます。今回はモノづくり産地の越前鯖江エリアで、漆器業界の抱える課題解決に挑戦する、越前漆器販売店「漆器久太郎」の曽明富代さんと曽明晴奈さんを取材しました。(2024/5/15)

“不穏な兆候”の4社 専門家「悪質な粉飾決算に金融機関は疑心暗鬼」
企業倒産が徐々に深刻化している。2023年度の倒産件数は9年ぶりの高水準だった。無利子・無担保融資(ゼロゼロ融資)の返済や物価高、人件費高騰などの要因に加え、不正発覚で経営破綻に追い込まれる「コンプライアンス(法令順守)違反倒産」も増えているという。(2024/5/8)

苦境のパン店を救え「冷凍×IT」 個人商店“味と物語”を全国へ定期便
地方を旅していると、田舎にこんなにおいしいパン屋さんが! と感動することがある。一方で、昨年度のパン屋さんの倒産は過去最多の37件(東京商工リサーチ調査)という苦境も……。(2024/4/30)

医療機関の休廃業は過去最多709件 10年前の2.3倍に
医療機関の休廃業・解散が急増している。帝国データバンクの調査によると、2023年度における医療機関(病院・診療所・歯科医院)の休廃業・解散は709件(前年度比37.1%)と過去最多を更新した。10年前と比較すると2.3倍となった。(2024/4/25)

「経営者」はM&Aをどう考える? 単に後継者不足が理由ではない
NEWOLD CAPITALは、会社を売却する意向のある経営者および自営業者を対象に「会社売却(M&A)に関する意識調査」を実施した。(2024/4/19)

社長の平均年齢は60.5歳と高齢化 平均年齢の高い業種は?
帝国データバンクは、2023年時点における全国の社長の平均年齢が60.5歳(前年比0.1歳上昇)だったと発表した。社長の平均年齢は、統計としてさかのぼれる1990年から毎年上昇しており、23年においても同様の傾向となった。(2024/4/19)

「人手不足」関連の倒産が過去最多 「運輸業」「建設業」を抑え一番苦しんだ業界は……?
2023年度(23年4月〜24年3月)の「人手不足」関連による倒産は191件(前年度比141.7%増)と前年度の2.4倍に急増。2019年度の160件を大幅に上回り最多を更新したことが東京商工リサーチ(東京都千代田区)による調査で明らかとなった。「運輸業」「建設業」を抑え一番「人手不足」に苦しんだ業界とは。(2024/4/18)

ゼロから学ぶ! 製造業のスキルマネジメント(3):
「スキルデータ」の活用が製造業にもたらすメリットとは 実践事例と注意点を解説
製造業を取り巻く環境が変わる中、力量管理で扱う人材情報に注目し、戦略的な人材育成/配置や組織力強化に活用する企業が増えてきました。本連載では組織的なデータ活用による発展的な力量管理を「スキルマネジメント」と呼び、その考え方や取り組み方を解説していきます。(2024/4/18)

小寺信良の「プロフェッショナル×DX」:
テレビ業界のハードワークは、なぜ無くならないのか
この連載ではこれまで、主に映像・放送技術のDX化についてフォーカスしてきたが、そもそもDXとは、人の働き方改革とセットの話である。今回はテレビ業界の働き方について、DXによる働き方改革は起こりうるのかを考えてみたい。(2024/4/16)

調査レポート:
建設業の倒産件数は前年度比35%増の1749件、人手不足/物価高倒産は過去最高に TDB全国調査
2023年度の企業倒産件数は前年度比30.6%増の8881件で、9年ぶりの高水準となった。負債総額は2兆4344億7400万円と、10年ぶりに2年連続で2兆円を超えた。建設業の倒産件数は前年度比35.5%増の1749件で、負債総額は47.1%増の1907億300万円といずれも大幅に増加した。人手不足や物価高を要因とする倒産も増加している。(2024/4/11)

現場改善を定量化する分析手法とは(7):
外注先の診断と評価を通して「真のアライアンスパートナー」を発掘する
工場の現場改善を定量化する科学的アプローチを可能にする手法を学習する本連載。第7回は、外注先に焦点を当てます。「外注先の診断と評価」によって良好な関係を維持するだけでなく、互いに発展していける「真のアライアンスパートナー」を発掘できます。(2024/4/11)

社長の平均年齢が過去最高の63.76歳、70代以上35%超える 高齢化トップは?
東京商工リサーチが19日までに発表した令和5年の全国社長の年齢調査によると、社長の平均年齢は63.76歳(前年63.02歳)となり、調査を開始した平成21年以降、過去最高となった。(2024/2/19)

製造マネジメントニュース:
ニデック新社長は車載事業本部長の岸田氏、後継者候補の副社長から昇格
ニデックは2024年4月1日付の社長人事を発表した。ニデック 副社長執行役員の岸田光哉氏が社長執行役員(CEO)に就任する。(2024/2/15)

マグロ、ワイン、日本酒……AIが目利き 「10年以上かかる」職人スキルを深層学習で再現
各業界で人手不足が深刻になっているが、特に高いスキルを持つ人材の不足が企業にとって大きな課題となっている。(2024/2/14)

マグロ、ワイン、日本酒……AIが目利き 「10年以上かかる」職人スキルを深層学習で再現
AIなどを活用してベテランのスキルを再現したり、若手に伝承したりする取り組みが進んでいる。昔ながらのアナログなスキルをデジタル技術が支える時代が到来しつつある。(2024/2/13)

サントリーが人事システムを一元化 推進する「全社員型タレントマネジメント」とは
サントリーは人事給与からキャリアビジョンまでを一元管理し、適材配置や自律的キャリア支援に活用する。サントリーが目指すタレントマネジメントとは。(2024/2/1)

古田拓也「今さら聞けないお金とビジネス」:
ニトリ、ニデック、幸楽苑……相次ぐ「創業者の出戻り」 業績が改善しても、手放しに喜べないワケ
ニトリホールディングス(HD)は、創業者である似鳥昭雄氏が10年ぶりに社長に復帰することを発表した。国内企業でのこうした”出戻り劇”は珍しくない。創業者の采配で業績を回復させるケースも少なくないが、しかし手放しに喜ぶことはできない。(2024/1/26)

「継続的な学習」を普及させる12のヒント【後編】
こんな社内制度で「スター社員」ばかりに? やる気が出る理由とは?
スキルの向上に努力を惜しまない従業員には末永く働いてもらいたい――そのために企業が構築すべき「継続的な学習」の制度とは。(2024/1/23)

2023年の企業の休廃業は5万9105件 「あきらめ廃業」広がりの兆し
2023年は市場から4.0%の企業が消滅。そんな結果が、帝国データバンクが実施した調査で分かった。(2024/1/18)

Payments Dive:
Appleの“相棒探し”、難航のうわさは本当か 「大きすぎる」のがアダに?
BIG4(旧GAFA)の一つであるAppleの“相棒探し”が難航しているといううわさを「Payments Dive」がつかんだ。新しい提携先として数社の名前が挙がっているがベストな“相棒”は見つけるのが難しいようだ。(2024/1/17)

EDA業界で再び「地殻変動」の兆し?:
SynopsysがAnsys買収を計画か、海外メディア報道
SynopsysがAnsysを買収するというニュースが業界をにぎわせている。買収が実現すれば、2024年のエレクトロニクス設計業界における重要な出来事となるだろう。また、EDA業界やIC設計全般にも大きな影響を与える可能性がある。(2023/12/28)

MONOist 年間ランキング2023:
“島津タイマー”や「標準正規分布表」など「品質」に注目が集まった2023年
2023年にMONOistで最も読まれた記事は何だったのでしょうか。今回はMONOistの全記事の中で2023年に読まれた記事のトップ10を紹介します。(2023/12/28)

「業界初『銭湯直営ブルワリー』誕生」 湯上りにクラフトビール、新時代の幕開け
「銭湯文化を未来に残し、発展させたい」という2人の夢に下町の地元仲間がタッグを組んだ。新時代の銭湯が幕を開ける。(2023/12/25)

ディズニーCEO、近年の作品が“偏り過ぎていた”と認める 「一番は楽しませること」「目的を見失っていた」
直近公開作の成績が振るわず。(2023/12/11)

長浜淳之介のトレンドアンテナ:
大阪の新店舗が大盛況! 資さんうどんが乗り越えてきた、各地の「うどん文化」
福岡に地盤を持つ資さんうどんが、徐々に勢力圏を広げている。11月、大阪市に新店舗をオープンした。今後、どのような戦略をとっていくのか。同チェーンの人気メニューや各地のうどん事情を基に解説する。(2023/12/10)

日本企業が抱える人的資本情報開示に関する課題とは:
経営層は「AIと自動化の導入に伴って従業員の40%に学び直しが必要になる」と考えている 日本IBM
日本IBMは、「人的資本経営推進と戦略的開示に向けて」と「自動化とAIが導く『拡張労働力』の世界」の2つの調査レポートを公開した。日本企業が抱える人的資本情報開示に関する課題や、AIによって仕事がどのように変化しつつあるのかを明らかにした。(2023/11/20)

12月22日オープン:
羽田空港に「地方創生型の店舗」が登場、特徴は?
羽田未来総合研究所は、羽田空港第3ターミナル出国エリア内に日本発の地方創生型ラグジュアリーブランド「JAPAN MASTERY COLLECTION」のショップをオープンする。(2023/11/16)

メカ設計ニュース:
シャーレス氏が28年務めたダッソーCEOを退任、自身の今後や後継者への期待を語る
2023年末をもってCEO職を退任するDassault Systemes(ダッソー・システムズ)のベルナール・シャーレス氏が自身の今後の役割や後継者、新しいエグゼクティブチームへの思いを述べた。(2023/11/15)

2週間で会員3000人:
溜池山王の無人本屋「ほんたす」が好発進 オープンして分かったことは?
溜池山王駅にオープンした完全無人本屋「ほんたす ためいけ 溜池山王メトロピア店」が2週間で会員数3000人を突破し、反響を呼んでいる。オープンして、どのようなことが分かったのか。現地を取材した。(2023/10/27)

【前編】徹底リサーチ! 旭化成の人的資本経営:
旭化成「多角化経営」のカギ 独自の人材戦略を読み解く
経営を多角化させてきた歴史を持つ旭化成。新規事業の創出や既存事業の強化に貢献できる人材を育成していく目的で、ある制度を設けている。制度の内容や運用方法とは?(2023/10/25)

高根英幸 「クルマのミライ」:
なぜガソリンの価格は分かりにくいのか 値引きの仕組みが複雑な理由
ガソリンスタンドの価格が分かりにくい。店の看板がいくつもあったり、値引きも複雑であったり。なぜこのような仕組みになっているのかというと………。(2023/10/20)

矢口真里、「日向坂46」齊藤京子を“後継者”に指名 持論も力説「好感度ある方に褒めてもらいたいと思う」
発信することって大切。(2023/10/17)

人的資本経営って面倒? いやいや「人事のやりたいこと」をする“武器”になる! 歓迎すべき理由とは
人的資本経営のストーリーを使えば、人事施策を説明しやすい――人的資本の考え方を“うまく使うコツ”を、デロイト トーマツ コンサルティングの執行役員が解説します。(2023/10/4)

古田拓也「今更聞けないお金とビジネス」:
日テレ、ジブリ買収で日本版「ディズニー」に? 戦略と意図は
日本テレビ放送網が、スタジオジブリを買収する方向で進んでいることが21日、発表された。SNSでは不安の声も囁かれているが、今回の買収が合意に至った裏側にはどのような戦略や意図があるのだろうか。海外の同様事例なども踏まえて確認していきたい。(2023/9/29)

スピン経済の歩き方:
「シン・ナウシカ」「実写版 トトロ」! ジブリ子会社化でありうるか
あのスタジオジブリが日本テレビの完全子会社になる。「これでジブリはアニメ制作に専念できる」といった声が出ているが、本当にそうなのか。企業買収の世界は……。(2023/9/26)

ジャニーズ“歴史的謝罪”から1カ月 東山紀之社長は「10.2会見」で何を語る? 求められる「7つの説明責任」
主な注目すべきポイントを7つまとめた。(2023/9/27)

日テレ子会社入りのスタジオジブリ、「吾朗氏に全権案」宮崎駿氏が猛反対していた 鈴木敏夫氏明かす
「ジブリは一人の人間が背負うには大きな存在になり過ぎた」。(2023/9/21)

日本テレビ、スタジオジブリ子会社化 背景に後継者問題
日本テレビは『となりのトトロ』などの製作元として知られるスタジオジブリを子会社化したと発表した。宮崎駿氏など創業メンバーの高齢化が進む中、スタジオジブリが日テレ傘下入りを決めた背景には後継者問題があるという。(2023/9/21)

スタジオジブリ、日テレが子会社化 宮崎監督は名誉会長に 「後継者問題で悩んでいた」
日本テレビホールディングスは21日、連結子会社の日本テレビ放送網が、アニメ製作会社のスタジオジブリを子会社化すると発表した。(2023/9/21)

スタジオジブリを日本テレビが子会社化 経営面をサポート 背景に後継者問題
宮崎駿氏は取締役名誉会長に。(2023/9/21)

対談企画「CEOの意志」:
金融グループ初の女性CEO誕生の裏側 マネックス松本大からいかにしてバトンを受け取ったのか
6月に、女性として初めて金融グループのトップに就任したマネックスグループの清明祐子CEO。創業者でありカリスマ的な存在だった松本大氏から、どのようにグループを引き継いだのか。サクセッションの裏側に迫る。(2023/9/21)

ドラッカーが教える「成功に必要なもの」:
第5回『超訳ドラッカーの言葉』 マネジメント編 企業は生き物のように生きることを目的とすることはできない。企業の目的は社会の役に立つことである。
成長する企業には使命があり、使命を共有した組織は事業を発展させ、社会に繁栄をもたらす。そこには必ずマネジメントがある。(2023/9/6)

女性雇用がスキルギャップを埋める【第3回】
IT業界の男女報酬格差 その裏にある本当に解決すべき課題とは
IT業界は「男女平等にチャンスがある」と考える人もいる。だが調査によると平均年収は男女で大きく差が付いていた。その裏にある本当に解決すべき課題を紹介する。(2023/9/3)

スタートアップシティーつくばの可能性(3):
「地産地消電源」を作る! つくばのベテラン技術者がチャレンジする夢
筑波研究学園都市としての歴史を背景に持つ茨城県つくば市のスタートアップシティーとしての可能性を探る本連載。第3回は、電力問題の解決に貢献する可能性を秘めたアンビエント発電技術に取り組むスタートアップ・GCEインスティチュートへのインタビューを通して、スタートアップエコシステムが果たす役割についても考える。(2023/8/28)

ドラッカーが教える「成功に必要なもの」:
第4回『超訳ドラッカーの言葉』 強み編 成果をあげるために自分の強みを知らなければならない。それは理想の話ではなく厳しい現実である。強みを生かすことは責任である。
生まれ持った得意な仕事のやり方のことを強みと定義する。あなたはどんな強みを持っているのだろうか。(2023/8/23)

ドラッカーが教える「成功に必要なもの」:
第3回『超訳ドラッカーの言葉』部課長編 部長は部門の責任者として経営陣の一角を担い、課長は現場の責任者として業務の遂行の責任を担う
部長は、部門の責任者として、社長や取締役などの経営陣と近く、会社によっては経営陣の一角を担う場合がある。課長は、現場の責任者として、業務の遂行に責任を担っている。本来そうありたいが現実は違う。(2023/8/9)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。