ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「ティム・クック」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「ティム・クック」に関する情報が集まったページです。

Apple、UCSBと共同でマルチモーダルLLM採用のテキストベースの画像編集「MGIE」発表
AppleとUCSBの研究者らは、マルチモーダル大規模言語モデル(MLLM)によるテキストベースの画像編集ツール「MGIE」を発表した。Hugging Faceでデモを試すこともできる。(2024/2/8)

Apple Vision Pro、米国で販売スタート クックCEOが購入者を出迎える
米国で「Apple Vision Pro」が発売された。オープンには、Tim Cook CEOら経営陣が購入者を出迎えた。(2024/2/3)

Apple、5四半期ぶりの増収 「年内にAIの取り組みの詳細を共有する」とクックCEO
Appleの10月〜12月期の決算は、増収増益だった。増収は5四半期ぶり。クックCEOは「AIの取り組みの詳細を年内に共有する」と語った。(2024/2/2)

AppleのMac、40周年 「誕生ですべてを変えた」とクックCEO
Appleの初代Macintoshが1984年1月24日に発表されて40周年。ティム・クックCEOが誕生日を祝う動画をXにポストした。(2024/1/25)

AppleがiPhoneの「RCS」採用を決めたワケ それでも“フキダシの色”は変わらない?
Appleが2024年後半にメッセージサービスのRCSを導入する方針を明らかにしました。AndroidとiPhoneユーザー間でも、これまで以上に気軽に画像の送受信などが行えるようになります。ここにきてRCS採用に動いたのは、EUのデジタル市場法(DMA)の影響がありそうです。(2024/1/14)

Apple Vision Pro向けアプリ開発ガイドライン公開 「AR/VR/XR/MRアプリと呼ぶなかれ」
Appleは、空間コンピューティングヘッドセット「Apple Vision Pro」向けアプリストアの開発者向けガイドラインを公開した。アプリは「空間コンピューティングアプリ」と呼び、AR/VR/XR/MRアプリと呼んではならないとしている。(2024/1/10)

AppleのMRヘッドセット「Vision Pro」、米国で2月2日発売 度付きレンズは別料金
Appleは、同社初のMRヘッドセット「Vision Pro」を米国で2月2日に発売すると発表した。価格は昨年6月に発表された通り3499ドル(約50万円)からで、1月19日に予約受け付けを開始する。(2024/1/9)

Apple、iPhone上でのLLM実行を可能にする手法の論文を発表
Appleは「LLM in a flash:Efficient Large Language Model Inference with Limited Memory」という論文を発表した。メモリ容量が限られた端末上でLLMを実行するための革新的な手法を編み出したとしている。(2023/12/22)

Apple、「App Store Award」の受賞アプリ発表 ティム・クックCEO、「優れた創意工夫、卓越した品質」などと称賛
米Appleは11月29日(現地時間)、2023年のベストアプリとベストゲームの受賞作を発表。優れた創意工夫、卓越した品質、明確な目的が示されたアプリが受賞したという。ティム・クックCEO(最高経営責任者)のコメントも発表された。(2023/12/1)

英国Apple Storeの労働問題【第3回】
Apple当事者が語る「従業員監視」の“背筋が凍る”実態
2022年以降、大手IT企業各社が大規模な人員削減を進めていた中で、Appleは目立った人員削減をしていないことが報じられた。しかし実際は「静かに人員削減を続けている」という。Apple Store従業員が語る実態とは。(2023/11/24)

Apple、iPhoneで2024年にRCSをサポートへ(iMessageは存続)
Appleは2024年にRCSをサポートすると米メディア9to5Macに語った。iPhoneのSMSとMMSがRCSになれば、Androidユーザーとのメッセージングで既読や入力インジケータなどの機能が可能になる。(2023/11/17)

Nothing、「Phone(2)」でiPhoneのiMessageをサポートするアプリ「Nothing Chats」を公開へ(日本はまだ)
Nothing Technologyは、Appleの「iMessage」とRCSの両方をサポートするメッセージングアプリ「Nothing Chats」を発表した。欧米の一部地域でリリースする。「Phone(2)」でのみ利用可能になる見込みだ。(2023/11/15)

石川温のスマホ業界新聞:
クアルコムが生成AI対応の「Snapdragon 8 Gen 3」を発表――生成AIに対応できていないアップルに一矢報いるか
Qualcommが、ハイエンドスマートフォン向けの新型SoC「Snapdragon 8 Gen 3」を発表した。本SoCはIPU(推論プロセッサ)の強化を行うことでオフラインでAI(人工知能処理)を行う「オンデバイスAI」処理を高速化したことが特徴だ。AppleがオンデバイスAIで強みを発揮しきれない面がある隙を突いて、一矢報いることができるのだろうか。(2023/11/5)

Apple決算、Mac売り上げが34%減で4四半期連続の減収もサービス好調で純利益は11%増
Appleの7〜9月期決算は、売上高は4四半期連続減だが、サービスが好調で純利益は2桁増だった。サービスに加え、9月発売の「iPhone 15」が好調だった。(2023/11/3)

モノづくり総合版メルマガ 編集後記:
さすがPro……「全てをiPhone 15 Pro Maxで撮影」Appleイベントの裏側
3nmプロセス採用の「Mac」用自社製プロセッサの第3世代「M3」ファミリーが発表されたイベントでの、最大のサプライズでした。(2023/11/2)

Appleが新型M3ファミリーを発表!  M3 MaxはM1 Max比で最大80%高速化
Appleがスペシャルイベントにおいて、新型Apple SiliconのM3ファミリーを発表、同時にMacBook ProとiMacの新モデルを投入した。(2023/10/31)

本田雅一の時事想々:
アップル「2030年カーボンニュートラル達成」の本気度 7年で何ができるのか?
アップルの新製品発表会で、ティム・クックCEOは、2030年までにカーボンニュートラルを実現すると話した。生産や流通はともかく、製品自身が消費する電力まで含めるのは「いささかハードルが高すぎるのではないか?」と思う読者もいるだろう。アップルはどんなことに取り組んでいるのか。(2023/10/2)

超便利そうなのに日本で使えないiPhone 15の新機能 その理由は?
「iPhone 15」の注目の機能に、進化した「探す」アプリがあります。駅のように人が多い場所でも、待ち合わせしている人のいる場所までピンポイントで案内してくれるという便利な機能ですが、残念ながら日本では使えないようです。(2023/9/27)

日刊MONOist火曜版 編集後記:
アップルに見る「脱炭素はうさんくさい」から目を背けない大切さ
きれいな話だけでは信用されなくなっています。(2023/9/19)

実機に触れて分かった「iPhone 15 Pro」の美しさ 新しいApple Watchはカーボンニュートラルで製造業の歴史に名を刻む
Appleのスペシャルイベントでは、iPhone 15シリーズや新型Apple Watchシリーズなどの新製品も多数紹介されたが、その先の取り組みを見据えた同社の進ちょくが、大胆にアピールされた。林信行氏が会場で感じたことをまとめた。(2023/9/14)

「iPhone 15」でもTouch IDは見送り 今後も復活しないと考える理由
iPhoneで利用される生体認証といえば、顔認証「Face ID」と指紋認証「Touch ID」がある。Face ID搭載機もTouch IDが搭載されるうわさが出回っていたが、どうやら違うようだ。なぜFace IDからTouch IDに置き換わらないのだろうか……?(2023/9/13)

Apple、QualcommとのiPhone向け5Gモデム契約を2026年まで延長 純正モデムに遅れか
Qualcommは、AppleとのiPhone向けモデム供給契約を2026年まで延長したと発表した。Appleは2024年のiPhoneに純正モデムを搭載するとみられているが、開発が遅れているようだ。(2023/9/12)

iPhone 14 Proの3Dスキャン機能を使って“犬の義足”を製作 Apple CEOの投稿に「すごすぎ」と驚きの声
元気いっぱい走る姿が感動的。(2023/8/25)

Appleの日本法人が40周年を迎え記念ロゴを公開
Appleの日本法人(現在はApple Japan合同会社)が、1983年の設立から2023年で40周年を迎える。それに伴ってAppleがプレスリリースを出し、独自のロゴを公開した。(2023/8/8)

Appleは「何年も前から生成AIを研究している」 クックCEOが米CNBCのインタビューで語る
米Appleが発表した2023年度第3四半期決算に関して、米CNBCがティム・クックCEOへのインタビューを実施。そこで、Appleは何年も前から生成系AIに取り組んできたと語ったと伝えている。(2023/8/7)

売れるかどうかは“あの用途”が鍵
驚きの50万円「Apple Vision Pro」は売れるのか? 誰も買わないのか?
AppleはHMD「Apple Vision Pro」に、3499ドルという“強気”の価格を設定した。「この価格でも買ってもらえる」と同社が見込むターゲットとは。(2023/8/6)

Apple決算、サブスクサービス好調で3四半期ぶりの増益
Appleの4〜6月期の決算は、売上高は1.4%減、純利益は2.3%増だった。サブスクサービスが8.2%増と好調で、クックCEOは加入者が10億を超えたと語った。(2023/8/4)

イーロン・マスク氏、「Apple税についてティム・クックと話し合うよ」とポスト
X(旧Twitter)のオーナー、イーロン・マスク氏は、クリエイター収益化改善についてのポスト(旧ツイート)で、いわゆる「Apple税」を軽減するようAppleのティム・クックCEOと話し合うと語った。(2023/8/3)

Twitter、Appleのアプリストアでも名称が「X」に 「Blaze your glory!」
AppleのアプリストアApp Storeでは7月30日まで「Twitter」と表記されていた「X」アプリの名称が、31日に「X」に変わった。オーナーのイーロン・マスク氏は「Blaze your glory!」とツイートした。(2023/8/1)

「Apple GPT」が出る日も近い? BloombergがAppleの生成AI競争参入を報道
MicrosoftやGoogleが生成AIの開発を進める中、Bloombergから、Appleもこれに参入を予定しているという報道が出た。既にApple GPTというチャットサービスが社内で開発されているようだ。(2023/7/25)

石川温のスマホ業界新聞:
Apple Vision Proは3499ドルで来年初頭に発売――日本円で49万円は妥当な値段なのか
Appleが開発者向けイベントの基調講演で「Apple Vision Pro」を発表した。AppleとしてはApple Watch以来となる新ジャンル製品となるが、日本円にして約49万円という価格が非常に注目を集めている。確かに画期的なデバイスだとは思うのだが、これで一般層への普及は望めるのだろうか……?(2023/6/18)

2023年2Q業績に見るAppleの戦略【後編】
不況でもAppleの「デバイス以外」が売れる理由とは
Appleは2023年第2四半期(1〜3月期)の業績を発表した。「Apple Pay」や「App Store」といったサービス事業の業績と、今後の同社の狙いを紹介する。(2023/6/13)

VRヘッドセットを作っている“中の人”は、「Apple Vision Pro」をどう見た?
Appleが6月5日二発表した「Apple Vision Pro」について、VRヘッドセット「MeganeX」など、VR向けハードウェア製品の開発・販売を手掛ける、Shiftall代表取締役CEOの岩佐琢磨氏から見た視点をコラムとしてお届けする。(2023/6/9)

Social Media Today:
Apple Vision Pro登場、Meta製品と7倍の価格差が生まれた理由は……
AppleはVision Proをどのように売っていくつもりなのか。(2023/6/8)

石野純也のMobile Eye:
“携帯電話の基本”が磨き上げられた「iOS 17」 ただし日本語対応には課題も
今秋リリースのiOS 17は、携帯電話の基本ともいえる「電話」や「メッセージ」の機能改善が主なトピック。「iOS 14」で導入されたウィジェットも、より多機能になる。ただし日本語対応の面では課題も残っている。(2023/6/7)

約50万円、「Apple Vision Pro」の実物を見てきた 気になる本体の“仕上がり具合”
6月5日(現地時間)から開催されているアップルの「WWDC23」。現地でApple Vision Proの実物を見る機会に恵まれたので、フォトレポートをお届けしよう。(2023/6/6)

「Apple Vision Pro」を先行体験! かぶって分かった上質のデジタル体験
AppleがWWDC23にて発表したMRヘッドセットが「Vision Pro」だ。これまでのAR/VRなどのHMDデバイスと何が違うのだろうか。林信行氏が真っ先にかぶって分かったことをまとめた。(2023/6/6)

Apple「Vision Pro」の発表に出なかった言葉 「VR」「メタバース」
Appleのティム・クックCEOによると「Vision Pro」は「新しいARプラットフォーム」であり、「Apple初の空間コンピューター」でもあるという。一方で「VR」「メタバース」という言葉は出てこなかった。(2023/6/6)

2023年2Q業績に見るAppleの戦略【前編】
「iPhone」「Mac」も“世界的不況”の渦中 その影響とは
Appleは2023年第2四半期(1〜3月期)の業績を発表した。「iPhone」「Mac」など各デバイスの業績や、同社のデバイス事業の戦略について解説する。(2023/6/6)

アップル「WWDC23」で発表されそうなものまとめ イベントはきょう深夜2時から
米Appleの年次開発者会議「WWDC23」が、6月6日午前2時(日本時間)から開催される。WWDC 2023で発表される可能性があるものをまとめて紹介する。(2023/6/5)

1〜3月期にiPhoneの売上が過去最高に 好調の要因は日本市場にあらず?
Appleは5月4日(現地時間)、4月1日を末日とする2023年会計年度第2四半期(1月〜3月)の業績を発表しました。減収減益でしたが、iPhoneは過去最高の売り上げを記録。低価格なiPhone SEや旧モデルではなく、iPhone 14シリーズなどのハイエンドモデルが売れているとみられます。(2023/5/25)

林信行の「テクノロジーが変える未来への歩み」:
Appleの最新アクセシビリティー機能にみるインクルーシブな試み
テクノロジーが困っている人を助け、そして新たな発展へと結びつく――林信行氏が、ITメーカー各社のインクルーシブな試みを取り上げていく連載、第2弾はAppleを取り上げます。(2023/5/18)

AppleがiPhone/iPadの新アクセシビリティ機能を発表 簡易ホーム画面や自分の音声作成など
米Appleが5月16日(現地時間)、iPhone/iPadユーザーのアクセシビリティに関する新機能を発表。2023年後半以降の提供予定としている。新機能は主に認知、視覚、聴覚、身体に障害を持つ人にフォーカスしたものとなっている。(2023/5/17)

アップル決算で高まる「インド」の存在感
米アップルが発表した2023年1-3月期決算では、市場予想を上回るiPhoneの売れ行きが話題になっている。そこで見えてきたのが、経済成長が続くインドの存在感だ。(2023/5/18)

Androidスマホへの「マイナンバーカード」電子証明書搭載 デジタル庁が設定手順などを説明
Androidスマホへの「マイナンバーカード」電子証明書搭載が5月11日より可能になる。スマホ用電子証明書搭載サービスだ。前日の5月10日、デジタル庁が設定手順や紛失時の対応方法などを説明した。(2023/5/10)

Apple、2四半期連続の減収減益 Macの落ち込みをサービスでサポート
Appleの1〜3月期決算は、前四半期に続く減収減益。Macの落ち込みをサービスがサポートし、アナリスト予測は上回った。(2023/5/5)

Twitterの旧青バッジ消滅開始 「Blueに加入なんかしてないぞ」とスティーブン・キング氏
Twitterが予告通り「Twitter Blue」非加入ユーザーの旧認証バッジの削除を開始した。ハル・ベリーやローマ法王などの著名人の青バッジも消えた。一方、以前からTwitter Blueに反対しているスティーブン・キングの青バッジは残っており、キングは「Blueに加入していない」とツイートした。(2023/4/21)

Apple、ムンバイにインド初の直営店開設 クックCEOも登場
Appleは4月18日にインド初のApple Store「Apple BKC」をムンバイに開店する。当日はティム・クックCEOも登場する予定だ。20日にはデリーに2店舗目を開店する予定。(2023/4/18)

AppleのMac出荷台数、前年同期比40.5%減に──IDC調べ
IDCは1〜3月期の世界PC出荷調査結果を報告した。総出荷台数は前年同期比29%減。中でもAppleは40.5%減と減少率が最も大きかった。(2023/4/11)

電子機器設計/組み込み開発メルマガ 編集後記:
ドイツに10億ユーロ追加投資、半導体内製化を加速するApple
Appleは、「セルラーチームの本拠地」とするドイツ・ミュンヘンにある研究開発施設を、大幅に拡張する予定です。(2023/3/13)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。