ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「ティム・クック」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「ティム・クック」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

GAFAの4CEO、下院独禁法小委員会の公聴会に召喚
米下院独占禁止法小委員会が7月27日に開く公聴会に、GoogleのピチャイCEO、AppleのクックCEO、FacebookのザッカーバーグCEO、AmazonのベゾスCEOを召喚した。(2020/7/7)

星暁雄「21世紀のイノベーションのジレンマ」:
AppleとIntelが別れる、語られない理由
Appleは、なぜ脱Intelを進めると発表したのか。いろいろな分析が出ているが、ここではAppleが語らなかったある事実を取りあげる。知っている人はみな知っているが、日本語圏のメディアではあまり語られない事実だ。Intelは、もはや世界一の半導体製造技術を持つ企業とは呼べなくなっているのである。(2020/7/1)

本田雅一のクロスオーバーデジタル:
「Apple Silicon」はMacをどう変えるのか Windowsから離れiPhone・iPad互換が強みに
「Apple Silicon」によってMacが、そしてAppleが「得る価値」と「失う価値」は何か。WWDC20の発表と技術セッションの内容から、年末には登場するというApple Siliconとそれを搭載するMacについて考える。(2020/6/30)

石野純也のMobile Eye:
「ホーム画面」と「アプリの在り方」が変わる iOS 14が“飛躍的な進化”といえる理由
iOS 14は、iPhoneやiPadが10年以上かたくなに守ってきた“ホーム画面の流儀”を変えた。アプリを自動でまとめる「App Library」や、QRコード、NFCのスキャンで呼び出せる「App Clip」など、アプリの在り方を徐々に変えていこうとしているAppleの思惑も垣間見える。iOS 14から見えてきた、Appleの戦略を読み解いていきたい。(2020/6/27)

本田雅一のクロスオーバーデジタル:
Macが独自プロセッサ「Apple Silicon」に移行し、Intelと決別する理由
ウワサは本当だった。AppleがWWDC 2020の基調講演で自社開発プロセッサの「Apple Silicon」をMacに採用し、2年をかけてIntel x86アーキテクチャから移行すると発表したのだ。その狙いはどこにあるのだろうか。(2020/6/23)

WWDC 2020:
WWDC 2020まとめ(OS更新+「Apple Silicon」)
Appleの年次開発者会議「WWDC 2020」の約2時間の基調講演で発表されたことを簡単にまとめた。各OSのアップデート、プライバシー関連の新機能、うわさのMacの新プロセッサ「Apple Silicon」への移行などが発表された。(2020/6/23)

4度目の大転換を迎えるMac:
Appleが独自CPU搭載Macを2020年末に投入、Intel CPUサポートも継続
Appleが独自CPUの「Apple Silicon」を発表した。同Socを搭載したMacを2020年末に投入し、Mac miniベースの開発キットは6月末から出荷を行うという。(2020/6/23)

米最高裁、LGBTQ理由の職場差別は違法との判決
米最高裁が、同性愛やトランスジェンダーを理由に従業員を解雇するのは違法だという決定を下した。1964年の連邦公民権法が禁止する職場での性差別禁止はLGBTQ+も対象とするという解釈だ。(2020/6/16)

IT基礎英語:
差別や偏見に根差すracism問題の根深さ
黒人男性の死亡事件に端を発し、全米で激化している抗議活動。racismとは何なのか。(2020/6/15)

Apple、1億ドルの人種差別是正イニシアチブ発表
Appleのティム・クックCEOは、1億ドルを投じたAppleの「人種的公平と正義のためのイニシアチブ」を発表した。(2020/6/12)

Appleのティム・クックCEO、「人種差別を語る」を公開 人種差別問題に取り組む姿勢を説明
ジョージ・フロイド氏の死を巡って活発化している人種差別問題について、AppleのCEOがメッセージを表明した。(2020/6/5)

#BLMを表明する米IT企業トップたち
黒人男性ジョージ・フロイド氏の白人警官の暴行による死を契機に高まっている「#BLM(Black Lives Matter)」に、AppleやGoogleをはじめとする多数の米IT企業のCEOが人種差別反対を表明した。(2020/6/5)

“取り戻す”最後のチャンス?:
新型コロナで露呈した米国製造業の弱点
新型コロナウイルス(COVID-19)は、米国製造業の脆弱性を露呈してしまったと、専門家は指摘する。“手遅れ”になる前に対処するには、どんな方法があるのか。(2020/5/29)

【4年前の今頃は?】「1670年の絵画にiPhoneが描かれている」アップルCEOがまさかの報告
数年前の今日はどんな記事があった?(2020/5/26)

Apple幹部、COVID-19終息後の経済回復を楽観視
ジェフ・ウィリアムズCOOが(2020/5/8)

Apple CEOが米大学バーチャル卒業式で語ったこと
Appleティム・クックCEOが、米オハイオ州立大学のバーチャル卒業式にビデオメッセージを贈った。(2020/5/7)

Apple決算は微増収減益、サービスの売上高は過去最高
Appleの1〜3月期決算は、ハードウェア製品の需要と供給ともに新型コロナウイルスの影響を受け、3%の減益だった。一方Apple MusicやiCloudなどのサービスは巣ごもり需要で過去最高だった。(2020/5/1)

ロックダウンを繰り返さないために:
AppleとGoogleが協力した新型コロナ対策「接触追跡」とは何か?
新型コロナ対策でAppleとGoogleが手を結び、Bluetoothベースで濃厚接触の可能性を検出するプラットフォームを共同で開発する。その背景を追った。(2020/4/11)

製造マネジメントニュース:
新型コロナ対策で、アップルが医療用フェイスシールドを週100万個生産へ
米国アップルは2020年4月5日、同社のモノづくり力を生かし、医療用のフェイスシールドを開発し、提供を開始することを明らかにした。(2020/4/8)

Appleがフェースシールドを開発、100万個を医療関係者に配布へ マスクも2000万枚調達
翌週以降も100万個ずつ配布予定。(2020/4/6)

Apple、フェイスシールドを開発中 マスクは2000万個を調達
Appleは医療従事者向けに独自開発のフェイスシールドを提供する。(2020/4/6)

自社への利益を求め:
2020年大統領選を巡るハイテク業界の献金動向
シリコンバレーの大富豪たちは、選挙献金や資金集めイベントの実施など、2020年の米国大統領選挙に向けて金銭的関心を示している。この動機は、自社や、自社が行う新興企業への投資に有益な政策を掲げる候補者を支持するためなどだ。(2020/4/2)

Apple、米医療機関に1000万枚、ヨーロッパに数百万枚のマスクを寄付 COVID-19被害の多い地域に
Appleのサプライチェーンから調達したマスクを医療機関向けに寄贈。(2020/3/27)

AppleのクックCEO、新型コロナ対策で従業員に「可能なら在宅で」
AppleのクックCEOが、日本を含む世界の主要オフィスの従業員に対し、新型コロナウイルス感染症の拡大は「前例のない出来事」だというメモを送り、向こう週間は「可能であれば在宅勤務を」と呼び掛けた。(2020/3/9)

Appleは地球から何も奪わず製品を作り上げることを目指す ティム・クックCEO、語る
Apple CEOが2020年度株主総会で語ったこと。(2020/2/27)

App Store担当者執筆の暴露本、Appleが出版差し止め迫る
Appleは、元ヨーロッパApp Store担当ヘッドが著した書籍に対し、出版差し止めを迫った。(2020/2/20)

Apple、中国の直営店を1店閉鎖 新型コロナウイルス対策で
Appleが業績発表後の電話会見で、世界に広がりつつある新型コロナウイルス対策について説明した。中国の直営店の1つを閉鎖し、他の直営店でも清掃や従業員の体温チェックを強化している。(2020/1/29)

Appleの決算は過去最高の増収増益 最新iPhoneとウェアラブル、サービスが好調
Appleのホリデーシーズンを含む10〜12月期決算は、売上高は前年同期比9%増、純利益は11%増で過去最高だった。昨年9月発売の「iPhone 11」シリーズやAirPodsなどのウェアラブル、注力するサービスが好調だった。(2020/1/29)

目指すは過去に自分が作ったファイナルファンタジーと同じような作品:
Apple Arcadeは大きなチャンス――ティム・クックCEOも期待を寄せる大作JRPG「ファンタジアン」が目指すこと
坂口博信氏が率いるミストウォーカーがApple Arcade向けに新タイトル「ファンタジアン」を開発している。坂口博信氏や同社に訪れたAppleのティム・クックCEOに話を聞いた。(2020/1/10)

政治に翻弄された1年に:
2019年のエレクトロニクス業界を記事で振り返る
2019年の主なニュースを、EE Times Japanに掲載された記事で振り返ります。(2019/12/27)

ティム・クックCEOが思わずうなる、アップルブラックを生み出したこだわり
Appleのサプライヤーと聞くと、どのようなイメージを思い浮かべるだろうか。その実態を、日本のインキメーカー「セイコーアドバンス」に聞いた。(2019/12/25)

Foxconnの元従業員がiPhoneの廃棄部品横流しで約47億円の利益? Hon Haiは否定
iPhoneの製造を担当しているFoxconnで廃棄部品の盗難が問題となっている。(2019/12/20)

星野源さんとティム・クックCEOが行った居酒屋で同じポーズしてみた
Appleの新たな「聖地」で撮影してみた。(2019/12/17)

トランプ大統領、15日に予定していた中国への“iPhone関税”発動を停止
ドナルド・トランプ米大統領が、12月15日の発動を予定していたスマートフォンやノートPCを対象とする中国への制裁関税を停止したとツイートした。貿易交渉で合意したため。9月に発動したスマートウオッチなどの関税も引き下げる。(2019/12/14)

林信行が聞く:
人はなぜApple Storeに魅入られるのか Apple上級副社長が語る秘密
Appleが日本において直営店(Apple Store)を続々とオープン、リニューアルしている。その狙いと魅力はどこにあるのだろうか。2019年2月に直営店事業のトップに就任したディアドラ・オブライエン上級副社長に話を聞いた。(2019/12/13)

ティム・クックCEO、丸の内に現る
Apple 丸の内に、Appleのティム・クックCEOとRetail + People担当上級副社長ディアドレ・オブライエン氏がサプライズ来店した。(2019/12/10)

Apple ティム・クックCEO、3年ぶりに来日中
ティム・クックCEOがApple 表参道、青山の居酒屋などに出没中。(2019/12/9)

AppleやTeslaなど多数のIT企業CEOが米政権の「パリ協定」残留求める公開書簡に署名
AppleやTeslaなど多数のIT企業CEOが米政権の「パリ協定」残留求める公開書簡に署名(2019/12/3)

PayPal、価格比較・リワード情報ツールのHoneyを約40億ドルで買収
オンライン決済大手のPayPalが、価格比較・クーポン情報ツールのHoneyを買収すると発表した。買収総額は約40億ドル。ツールをPayPalに取り込み、ユーザーの購入体験を改革するとしている。(2019/11/21)

Appleの第4四半期は増収減益 ウェアラブルとサービスが好調
Appleの7〜9月期決算は、売上高は第4四半期としては過去最高の640億4000万ドル、純利益は3%減だった。クックCEOは、「ホリデーシーズンは非常に楽観している」と語った。(2019/10/31)

世界を読み解くニュース・サロン:
アップルの“告げ口”でサムスンに危機? 貿易戦争を揺るがす一声
米アップルのクックCEOが、トランプ大統領に“告げ口”をしている。対中関税制裁でアップルは大きな影響を受けるが、競合の韓国・サムスンは対象にならないからだ。アップルとトランプの関係は深く、今後のサムスンのビジネスに影響を及ぼすかもしれない。(2019/10/17)

Apple、中国政府が抗議した香港デモ支援アプリをApp Storeから削除
Appleが、香港のデモ参加者が警官や道路封鎖の状況を把握するために使っていたiOSアプリ「HKmap.live」を、中国政府の機関紙である人民日報が「Appleは香港の暴徒の暴力を支援するのか?」という記事を公開した後、App Storeから削除した。(2019/10/11)

Apple、Amazon、Microsoftのハードウェア戦略を俯瞰する
3社の発表イベントを全て取材した筆者が、プラットフォーマーのハード戦略を分析。(2019/10/11)

ティム・クックCEO、独自クレカApple Cardの海外展開も視野に
米国のみで提供されているApple Cardの海外展開について、CEOが語った。(2019/10/2)

新Mac Proの製造もテキサスで
Appleは、Mac Pro (2019) の製造を引き続きアメリカのテキサス州オースティンで行うと発表した。(2019/9/24)

Appleの広報担当副社長が退社 フィル・シラー氏が引き継ぎ
Appleの広報全般を統括するコミュニケーション担当副社長、スティーブ・ダウリング氏が10月末に退社する。後任はまだ決まらず、当面はワールドワイドマーケティング担当上級副社長のフィル・シラー氏が業務を引き継ぐ。(2019/9/19)

ITはみ出しコラム:
「iPhone 11」発表会のプレゼンターたち 製品も人も世代交代?
iPhone 11の発表イベントで登壇したAppleの人たち。9人のうち2人は、おなじみのティム・クックCEOとフィル・シラー上級副社長でしたが、登壇者の世代交代も進んでいるようです。(2019/9/15)

石野純也のMobile Eye:
2019年は「iPhone 11」を主役に据えたApple 低価格路線でテコ入れ、コンテンツも強化
2019年のiPhoneは、「iPhone 11」がラインアップの中心であることが打ち出された。iPhone 11の価格はiPhone XRの発売時よりも安い。Appleによると、「より多くのユーザーに手に取ってもらうため」の価格設定だという。(2019/9/14)

Apple、3眼カメラ搭載「iPhone 11 Pro」「11 Pro Max」発表
Appleが「iPhone 11 Pro」「11 Pro Max」を発表した。背面に初の3眼カメラを搭載する。(2019/9/11)

アマゾン熱帯雨林火災でAppleが寄付へ クックCEOが表明
Appleのティム・クックCEOは、大規模な火災が起きている南米アマゾンの熱帯雨林について、同社が森林の保護と回復のための寄付を行う予定だと明らかにした。(2019/8/27)



にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。