ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「東京商工リサーチ」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

改正高齢法の実情:
黒字でも希望退職を募る企業のホンネ──5年後に迫る「深刻な問題」とは
コロナ禍で希望退職者を募る企業が相次いだ。黒字でも希望退職を募る企業が少なくないのは、なぜなのか? 5年後に迫る「深刻な問題」とは──。(2022/7/29)

過去最多:
役員報酬1億円以上は663人、1位は?
2022年3月期決算で、1億円以上の役員報酬を手にした人はどのくらいいるのだろうか。東京商工リサーチが調べたところ……。(2022/7/23)

ウィズコロナ時代のテクノロジー:
岐路に立つテレワーク、不況で労働者の“踏み絵”に 監視ツールとしてのメタバースにも注目
世界各国での新型コロナウイルスの新規感染者がじわじわと増え続けている。しかし従業員に対してオフィス出社を求める企業は増えており、またテレワーク社員を監視するため技術としてメタバースに注目が集まっているという。(2022/7/6)

スタグフレーションの時代【前編】:
森永康平に聞く「賃金が上がらない国・日本」の深層
経済アナリストで金融教育ベンチャーのマネネCEOを務める森永康平氏は、物価だけが上昇して賃金は増えていないことに強く警戒感を示している。このまま購買力が上がらないまま、物価だけが上昇していくとどうなるのか――。森永氏に「賃金が上がらない国・日本」の深層を聞いた。(2022/7/6)

評価が難しい:
「在宅勤務をやめた」27.2% 浸透しきれなかった
現在、在宅勤務を実施している企業はどのくらい存在しているのだろうか。在宅勤務を「現在、実施している」と答えたのは……。(2022/6/27)

その一歩を踏み出す:
副業先選びのポイントは2つ メリット・デメリットを解説
働き方改革などの影響で、副業を前向きに考えている人もいるのでは。副業をすることのメリットは? デメリットは? さまざまな視点で解説する。(2022/6/24)

長浜淳之介のトレンドアンテナ:
ハンバーガー店が増えすぎている!? 激戦区「渋谷」「吉祥寺」で見た“淘汰”の兆し
コロナ禍の影響で、ハンバーガー店への新規参入が相次いだ。競争が激化した結果、淘汰されるケースも。激戦区である渋谷と吉祥寺では何が起きているのか?(2022/5/25)

東京商工リサーチ調べ:
競馬、競輪、ボートレース、コロナ禍でも業績好調 理由は?
コロナ禍での巣ごもりを追い風に、公営競技が好調だ。東京商工リサーチの調査によると、競馬、競輪・オートレース、ボートレースの関連法人の最新期の売上高は4兆311億円(前期比7.1%増)となった。(2022/5/23)

「相国最中」の和菓子屋「紀の国屋」が廃業 「とても残念です」「もう食べられないの?」と悲しみの声
突然の廃業の告知に驚く人も。(2022/5/17)

電力供給サービス:
新電力の2021年期の決算、6割近くの企業が赤字に
東京商工リサーチは2022年4月26日、新電力の2021年の決算に関する調査結果を発表した。それによると、電力小売販売を主力とする新電力212社のの決算(2021年1月期−2021年12月期)は、赤字が56.3%と半数を超え、前期(同24.1%)から大幅に上昇した。(2022/4/28)

新電力は6割近くが赤字 「淘汰リスク高まった」と東京商工リサーチ 
東京商工リサーチは26日、新電力の6割近く(56.3%)が赤字だったと発表した。「ビジネスモデルが根本から揺らぎ、今期も赤字拡大は避けられない事業者も多い」と指摘する。(2022/4/26)

企業の電力不足対策、策定済みは4.6% ウクライナ侵攻きっかけに改善進むか
東京商工リサーチが、BCPを定めている企業において、電力不足時を想定したBCPの策定率が16.5%にとどまるという調査結果を発表した。BCP自体を定めていない企業まで含めると、策定率は4.6%だった。(2022/4/18)

週末に「へえ」な話:
タピオカブームは終焉しても、ゴンチャの店がどんどん増えている理由
タピオカブームは終わった――。コロナ前はものすごく人気があって、店はどんどん増えていったのに、いまはどんどん閉店している。そんな状況の中で、タピオカを扱っている「Gong cha(ゴンチャ)」の店は増えているのだ。その理由を分析したところ……。(2022/4/17)

東京商工リサーチ調べ:
2021年度の焼肉店の倒産数 過去最少だった前年の1.5倍に
焼肉店の倒産件数は昨年比1.5倍、大手の参入や生活様式の変化で業界の先行きは不透明に。(2022/4/12)

東京商工リサーチ調べ:
コロナ禍なのにラーメン店の倒産が4割減、過去10年で最少 なぜ?
東京商工リサーチの調査によると、2021年度のラーメン店の倒産は22件で、過去10年で最少となった。(2022/4/12)

スマートメーターで企業の生産活動をリアルタイムに把握 東京商工リサーチとグリッドデータバンク・ラボが実証実験
グリッドデータバンク・ラボと東京商工リサーチは、電力のスマートメーターを用いて、企業の生産活動をリアルタイムに把握する実証実験を実施した。(2022/4/7)

東京商工リサーチ調べ:
旅行業、コロナ前から2兆円の売り上げ消失 6割以上の企業が最終赤字
東京商工リサーチは、国内旅行業1110社の最新期決算調査を発表した。売上高合計は7241億5400万円となり、コロナ前の前々期と比較すると売上高は2兆円の消失となった。同社は長引く移動制限や外出自粛、インバウンド需要の消失などにより、売上減少から赤字経営に直面する旅行業者が増えていると分析する。(2022/4/6)

年収3000万超えプレイヤーの結果も公開:
年収1000万円超えプレイヤーが選んだ「東京23区の住みたい街ランキング」 1位は?
GA technologiesは、2021年の1年間に年収1000万円以上の人が成約した物件をエリアごとに集計して発表した。年収1000万円超えプレイヤーが選んだ「住みたい街ランキング」の3位は「六本木」、2位は「三田」が選ばれた。(2022/3/25)

東京商工リサーチ調べ:
トヨタグループの国内取引状況を調査 1次仕入先の資本金で8割を超えたのは?
トヨタ自動車は3月16日に発生した地震の影響を受け、3月18日と3月22日にも国内工場の追加稼働停止を公表している。(2022/3/24)

廣瀬涼「エンタメビジネス研究所」:
ブーム終焉……タピオカの“空き店舗”は今、どうなっているのか
2019年にピークを迎えたタピオカブーム。しかし20年以降は落ち着き、他の流行と同じ道をたどっている。なぜ、タピオカブームは終焉を迎えたのだろうか。そしてタピオカ店は今、どうなっているのか。(2022/3/16)

SDGsは慈善ではない:
郷ひろみ、永作博美らが参加 悲鳴上げる中小企業を救うプロジェクトとは?
中小企業を助けようというのが「中小企業からニッポンを元気にプロジェクト」だ。アンバサダーとして郷ひろみ氏、永作博美氏、市原隼人氏、滝川クリステル氏を迎え、コロナ禍で苦しむ中小企業をサポートする。アンバサダーたちに今回のプロジェクトへの思いを聞いた。(2022/3/12)

東京商工リサーチ調べ:
2月の「後継者難」倒産は29件 「死亡」に続いて多い要因は?
2022年2月の「後継者難」倒産は前年同月比31.8%増で、2カ月連続で前年同月を上回った。(2022/3/22)

2月は「円安」関連倒産の発生なし 2カ月連続
東京商工リサーチは2022年2月の為替関連倒産のうち、「円安」関連倒産はなかったと発表。発生なしは2カ月連続。(2022/3/1)

賃上げ率は:
「賃上げを実施」71.6%、産業別のトップは?
2022年度、賃上げを実施する企業はどのくらいなのか。全国の企業に聞いたところ「実施する」と答えたのは71.6%だった。東京商工リサーチ調べ。(2022/2/21)

大手居酒屋チェーン14社 コロナ禍の2年間で1356店減少
「大手居酒屋チェーン」店舗数調査。その結果、2021年末の運営店舗数は、コロナ前(19年12月)に比べて1356店(18.8%)減ったことが分かった。(2022/2/17)

「働かないおじさん問題」のニュータイプ化:
これは立派な社会問題だ――「働かないおじさん問題」と正しく向き合うべき理由
「働かないおじさん」という言葉を目にする機会が増えた。一方で、実際にミドルシニアの問題に悩む企業の話を聞くと、「本人が意図的にサボっている」というサボリーマン的な内容はごくわずかだ。「働かないおじさん問題」はどこから生じているのか、その本質について考察する。(2022/2/14)

人気Youtuberヒカル考案「冗談抜きで旨いおかんの唐揚げ」全国小売店で販売
ジョイフルは、店舗で2021年12月14日から販売している「ヒカル考案 冗談抜きで旨いおかんの唐揚げ」を、全国のスーパーやドラッグストアでも販売開始した。コロナ禍での巣ごもり消費で売上増加を狙う。(2022/2/4)

組織文化を壊すリスクも?:
日本企業に使いこなせるのか 過度な「優秀な人材」獲得競争に覚える違和感の正体
昨今、ビジネス環境の変化に伴い、「優秀な人材」の獲得競争が激化している。一方で、いわゆる優秀な人材を獲得するのがゴールではない点に留意が必要だ。ケースによっては組織文化を壊してしまうリスクもある。(2022/1/26)

スピン経済の歩き方:
喫茶店数は30年で半減! 「純喫茶」はこのまま絶滅してしまうのか
「喫茶店」の休廃業・解散が過去最多を記録――。東京商工リサーチが発表したわけだが、昭和レトロの雰囲気が漂う「純喫茶」も衰退していくのだろうか。(2022/1/25)

倒産数との合計も過去最多更新:
2021年「喫茶店」廃業数、過去最多の100件 東京商工リサーチ
東京商工リサーチが2021年の「喫茶店」の休廃業・解散が初めて100件に達し、過去最多を記録したとする調査結果を発表した。前年度比26.5%の増加で、2000年の調査開始以降、最多だった2018年(84件)を大幅に上回ったという。(2022/1/24)

2021年の上場企業「早期・希望退職」募集状況 開示した上場企業は84社に
暮秋企業は前年の93社から9社減少したものの、募集人数は1万5892人に達した。(2022/1/21)

2021年の「上場企業の個人情報漏えい・紛失事故」、過去10年間で最多
2021年の事故件数は137件、漏えいした個人情報は574万9773人分に達することが明らかになった。(2022/1/19)

2021年、上場企業が漏えいした個人情報は574万人分 事故件数や社数は過去最多に
「2021年に上場企業が漏えいした個人情報は574万人分に達した」──東京商工リサーチはそんな調査結果を発表した。個人情報の漏えいや紛失事故を公表した上場企業(その子会社を含む)は120社、事故件数は137件で、過去最多となった。(2022/1/17)

2016年以来:
2021年「上場企業」の倒産件数はゼロ 5年ぶり
東京商工リサーチが発表した上場企業の倒産状況によると、2021年の倒産件数はゼロだった。16年以来5年ぶりで、15カ月連続で発生していない。(2021/12/30)

2021年のニュース振り返り:
米国が直面する「大退職時代」――若手人材を中心に、日本企業にも到来しそうなワケ
今、米国では多くの労働者が退職し、新たなキャリアを歩み始める「大退職時代」を迎えている。2021年のニュースを振り返るに、この波は日本にも到来しそうだ。特に、若手人材を中心に……(2021/12/27)

港区住民の7人に1人が社長:
「社長の住む街」ランキング 3位「六本木」、2位「西新宿」、1位は?
東京商工リサーチが2021年版「社長の住む街」をランキング化。コロナ禍でトップになったのは……?(2021/12/25)

コロナ前に戻るのは難しい:
忘・新年会を「開催しない」企業は約8割。10月より9.0ポイント上昇
東京商工リサーチが実施した「忘年会・新年会」の調査で、忘年会を「開催しない」企業の割合が79.4%に。10月に実施したアンケートと比べ、9.0ポイント上昇したことになる。(2021/12/16)

2022年の干支は「とら」:
とら年に設立された法人は全部で何社? ソフトバンク、ZOZOなど
東京商工リサーチは、過去のとら年に設立された法人を抽出し、調査結果を発表した。最古のとら年生まれ上場企業は、1878年の地方銀行だった。そのほかは、第一生命ホールディングスや、ソフトバンク、サイバーエージェントなどがあるという。(2021/12/11)

東京商工リサーチ調べ:
社長の輩出率が高い都道府県 2位「山形県」、1位は5回連続の?
東京商工リサーチは、2021年「社長の輩出率、地元率」調査の結果を発表した。都道府県別の社長「輩出率」で、1位になったのは?(2021/12/8)

東京商工リサーチ調べ:
居酒屋の倒産、過去30年間で2番目の多さに 約半数がコロナ関連
東京商工リサーチの調査によると、飲食業の1〜11月の倒産件数は累計596件に達した。居酒屋については、過去30年間で2番目の多さとなった。(2021/12/7)

上場企業の「早期・希望退職」募集が70社、1万4500人超 最多は日本たばこ産業の2950人
10月末地点で2021年の上場企業の早期・希望退職者募集人数は72社、1万4505人に達した。(2021/11/16)

PR:働く人々が本当に満足する、“リモートファースト”なオフィス環境はどうやって作る?
(2021/11/8)

初めて50万人超:
女性社長が50万人を突破、名前は「和子」がトップ
東京商工リサーチは「全国女性社長」に関する調査を実施した。その結果、全国の女性社長は54万919人で、調査開始以来、初めて50万人を超えたことが明らかに。(2021/11/4)

緊急事態宣言の解除後にやりたいリフレッシュ 5位「飲みに行く」、1位は?
Hakaliは、コロナ禍での「リフレッシュ方法」を調査した。緊急事態宣言解除後にやりたいリフレッシュ方法は何か聞いた。緊急事態宣言下で制限されていた「お酒を飲みに行く」は5位にとどまった。トップ4は? また、コロナ禍で新たに見つけたリフレッシュ方法なども調査した。(2021/10/30)

“いま”が分かるビジネス塾:
米国で仕事に戻りたくない人が続出。日本にも波及か?
米国ではコロナ危機からの景気回復が進んでいるが、一方で多くの人が仕事に戻りたがらないという現象が発生している。この現象は、日本にも……。(2021/10/27)

コロナ禍で迎える年末年始 忘・新年会を予定している企業はどれくらい?
2021年「忘・新年会に関するアンケート」調査。有効回答8174社のうち7割は「忘・新年会の開催予定がない」と回答した。(2021/10/25)

約9000社に調査:
大企業の約2割が「早期退職」制度を導入または検討、対象年齢は
東京商工リサーチの調査によると、上場企業を含む大企業の約2割が今後の検討を含め「早期退職・セカンドキャリア」制度を「導入する」と回答した。全体では約9割が「導入しておらず、今後も検討予定はない」としている。(2021/10/21)

「実証実験」の結果:
写真業界は苦戦しているのに、「セルフ式の撮影」が好調の理由
プロカメラマンによる撮影や現像などを手掛ける写真業界が苦しんでいる。新型コロナによるイベント自粛などの影響を受け、売り上げが低迷しているわけだが、そんな中で「キラーン」と輝くサービスが出てきた。セルフ式の写真撮影だ。どんなサービスかというと……。(2021/10/16)

「全国社長の出身大学」、日本大学が11年連続の1位 早稲田と慶応の結果は?
2021年「全国社長の出身大学」調査の結果が発表。(2021/10/15)

COVID-19:
建設業へのコロナの影響を調査、最も深刻な時は減収企業率が84.6%に
東京商工リサーチは、建設会社などを対象に、2020年2月〜2021年3月にわたり新型コロナウイルス感染症の影響について調査した。リサーチの結果によれば、前年の同じ月と比べて売上高が減少した「減収企業率」は、緊急事態宣言下の2020年5月が最も深刻で84.6%の建設会社が減収となり、収益が半減した会社は33.0%に達した。(2021/9/27)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。