ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「ウラジーミル・プーチン」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「ウラジーミル・プーチン」に関する情報が集まったページです。

【国際情勢分析】世界は「ルールなき群雄割拠」に向かうか 露シンクタンク報告が示す新時代
 20世紀型の国際秩序は終焉し、主権国家が群雄割拠する時代に向かう。そんな見通しを示す報告書がロシアの保養地ソチで開かれた討論会で発表された。出席した米欧の学者や外交官らからも特に異論は出なかったといい、ルールに基づく自由で公正な秩序の継承と発展を目指す議論が盛んな日本の外交・安全保障コミュニティとの温度差が目立っている。(外信部 平田雄介)(2019/11/7)

つけいるスキがない ドローン爆撃にも対策した最強の防弾仕様車「BMW X5 Protection VR6」爆誕
あらゆる攻撃を想定した要人防護用の最強仕様。(2019/9/17)

知の賢人・田坂広志が語る仕事術【後編】:
田坂広志が語る「“AI失業”しないために磨くべき能力」――学歴よりも体験歴の時代に
ダボス会議のGlobal Agenda Councilメンバーを務めた田坂広志に聞く「AI時代に活躍するために必要な能力と、その磨き方」――。(2019/8/7)

ロシア深層 宇宙大国、無残な凋落
ロシアの宇宙船「ソユーズ」による日本人宇宙飛行士の打ち上げや帰還を取材するため、モスクワ郊外の「飛行管制センター」には幾度も足を運んだ。近代的な建物を想像されるかもしれないが、実際には、ソ連時代にタイムスリップしたような、レトロ感たっぷりの低層施設である。(2019/7/17)

杉山淳一の「週刊鉄道経済」:
中国が突き進む「一帯一路」と、ユーラシア鉄道網の思惑
中国が進める広域経済圏構想「一帯一路」。ユーラシア大陸全体に及ぶ構想において「鉄道」は重要なインフラだ。この鉄道網の整備の行方は、日本の政府や企業にとっても大きな影響を及ぼす。(2019/5/31)

「全身真っ黒」ひぇぇ!! キャデラックSUVの最恐(!?)仕様「エスカレード SPORT EDITION」がすごい
このずぉぉぉんとした存在感よ。お値段も貫禄の1400万円越え。(2019/5/29)

Tumblr、AI誤判定でどう見ても性的要素のない画像にまで違反警告が届く 「かわいい動物のイラスト」「脱ぎ捨てたブーツの写真」など
既に訂正メールも届き始めているようです。(2018/12/5)

「鉄板ネタ」にも変化あり:
「宇野VS. 羽生」「プーチンの肉体美」……カレンダー商戦を追った
2018年も残すところわずかだが、19年用のカレンダー商戦が熱を帯びてきた。どのような商品が売れているのだろうか。取材を進めると「宇野VS. 羽生」「プーチンの肉体美」といったトレンドが見えてきた。(2018/11/23)

トランプ大統領のiPhone通話を中国とロシアが盗聴──New York Times報道
トランプ大統領が政府支給の端末ではなく、私物のiPhoneでの通話をしており、それを中国やロシアが盗聴しているとNew York Timesが報じた。(2018/10/25)

「ロシアは戦争状態」:
スパイ騒動で浮かび上がるロシア軍の「戦時モード」
国外では、ロシアの軍事スパイはヘマばかりするとして嘲笑の対象になっている。だが、ロシア政府の外交政策に対する軍の影響力は増大しており、軍が「秘密工作(ブラック・オペレーション)」を止める可能性はほとんどない。(2018/10/16)

うぉぉ、ド迫力 プーチン大統領も乗るロシア版ロールス「アウルス・セナート」登場、威圧的で怖そうなそのお姿
威圧的でおそロシア。【画像14枚】(2018/9/5)

見たこともないくらい清潔な都市:
W杯取材記者が見た、ロシア「最高の素顔」
W杯開催国ロシアについて、「冷涼な気候と冷淡な国民」というお決まりのイメージは誤解。取材で訪問した記者は一様に、自分たちが目にしたロシアの姿に喜び、啓発され、少なからず自分を恥ずかしく思った。(2018/7/10)

世界を読み解くニュース・サロン:
トランプ、金正恩、プーチン……世界の首脳を守る“専用車” がスゴい
6月12日にシンガポールで米朝首脳会談が開催され、両国首脳がクルマで移動する様子など、一挙一動が注目された。世界の首脳はどのようなクルマを専用車として使っているのか。(2018/6/14)

真説・人工知能に関する12の誤解(12):
中国の人工知能技術が、米国を追い抜く日は近い?
世界各国が人工知能開発に惜しみない投資を行っています。日本は投資や支援が遅れているという声もありますが、他国の状況はどうなのでしょうか。米国はもちろんのこと、最近は中国の動きに注目すべきです。(2017/12/7)

世界を読み解くニュース・サロン:
トランプか金正恩か、それとも……。本当に「クレイジー」なのは誰だ
相変わらず、トランプ大統領のツイートが話題になっている。北朝鮮に対して過激な発言が続いているが、その裏には何があるのか。ビジネスマンとして成功したトランプ流交渉術のひとつなのかもしれない。(2017/10/12)

ITはみ出しコラム:
日本も安心できない? 米大統領選のロシア干渉疑惑にみる「ネット情報工作の現在」
SNSの規約を守って巧妙に行われた情報操作が、徐々に明らかになってきました。(2017/10/8)

ロシア大統領「AIを制すものが世界を制す」、イーロン・マスク氏が懸念表明
ロシアのプーチン大統領が新学期の学生に向けた講演で、「人工知能(AI)分野で主導権を握る者が世界の支配者になる」と語った。これを受け米起業家のイーロン・マスク氏は「AI覇権争いが第三次世界大戦につながる」とツイートした。(2017/9/5)

「テロリストがたとえ便所に逃げ込んでも追いつめて殺す」 ロシアのプーチン大統領の半生を描いた漫画が登場
本名の「ウラジーミル・ウラジーミロヴィチ・プーチン」がタイトルです。(2017/8/25)

ロシア人が上半身裸のたくましい写真を投稿する「プーチン半裸チャレンジ」がInstagramで流行中 モフモフな猫も参加
なぜ流行った。(2017/8/17)

ロシアのプーチン大統領、VPN禁止とチャットサービスの携帯番号連係義務付け法案に署名
2018年3月にロシア大統領選を控え、プーチン大統領が国民の海外情報へのアクセスを規制し、匿名化を阻止する2つの法案に署名した。(2017/7/31)

トランプ米大統領、プーチン露大統領と合同サイバーセキュリティグループ結成で合意
ドナルド・トランプ米大統領は、7日のウラジーミル・プーチン露大統領との初会談で、選挙介入などに対処するための米露合同サイバーセキュリティ対策グループを結成することで合意したとツイートした。(2017/7/10)

トランプ大統領、CNNをプロレスでボコボコにする合成映像をツイート CNN「仕事せずに子どもじみた行動をしている」
馬乗りになって一方的に殴る内容から「記者に対する暴力を推奨」との批判も。(2017/7/3)

ギリギリセーフなのか……? トランプ、プーチン、金正恩のそっくりさんを使った香港のCMがいろいろな意味でヤバい
自社CMとして公開する度胸。(2017/6/23)

最大のセキュリティリスクはやはり「人間」?
最大のセキュリティリスク“人の脆弱性”の問題とは? 米大統領選サイバー攻撃から学ぶ
米大統領選中に発生した地方自治体職員へのサイバー攻撃は、新たな流出文書でロシアの関与が明らかになった。投票改ざんの有無は不明だが、攻撃者は地方特有の“隙”を狙ったのではないか、という見方がある。(2017/6/21)

「プーチンだけど何か質問ある?」 ロシアの人気番組、ニコ生で中継
プーチン大統領がロシア国民の質問に直接答える、年1回の名物番組「プーチン・ホットライン」が、「ニコニコ生放送」で6月15日に生中継される。(2017/6/14)

国民よ、なんか質問ある? プーチン大統領自ら答えるロシアの生放送番組、日本初の全編生中継
今年で15回目を迎える「プーチン・ホットライン」。(2017/6/14)

世界を読み解くニュース・サロン:
トランプはクビになるのか 「ロシアゲート」を解説
トランプ大統領に絡んだ「ロシアゲート」が話題になっている。次々に新しい暴露話が出てくるので、「よく分からない」という人もいるはず。一体、何が起きているのか。トランプはクビになるのか。解説する。(2017/6/1)

ウクライナとロシアがTwitterで論争 「ザ・シンプソンズ」のGIFを送りつける事態に
公式マーク付きアカウントの応酬……!(2017/5/31)

日本とアジアをつなぐ国際送電網(1):
電力を輸出入する時代へ、世界最大市場の北東アジアに
いまや通信と同様に電力の領域でも多国間のネットワークが広がる。日本や中国を含む北東アジアに国際送電網を構築するプロジェクトが動き始めた。世界最大の電力市場に新たな競争がもたらされるのと同時に、各国をつないだ広域ネットワークで電力の安定供給を図りながら、自然エネルギーの電力を一気に拡大できる。(2017/5/22)

馬をシマウマへ、風景写真を絵画へ描き換え 米大学開発の画像変換AIが魔法のよう
馬に人が乗っていた場合、乗り手ごと縞模様にしてしまうお茶目な失敗も。(2017/4/20)

世界を読み解くニュース・サロン:
トランプは「独裁者」になりつつあるのか
「トランプ大統領は独裁的な傾向があるのではないか」といった指摘が出ている。法の支配が確立している米国では、そう簡単に暴君が生まれることはないと思うが、トランプが“独裁者”になっていく可能性はあるのだろうか。(2017/2/23)

トランプ大統領がアクションフィギュアになって登場 リアルすぎて表情加工するアプリもばっちり認識
無限の可能性を感じる。(2017/2/7)

ロシア大統領「オバマ政権の挑発には乗らない」、トランプ氏「プーチン氏が賢いと知ってた」
米オバマ政権が29日に発表したロシアへの制裁措置を受け、ロシアのプーチン大統領は対抗措置を取らず、次期トランプ政権と露米関係を修復していくと語り、トランプ氏は「プーチン氏がとても賢いことは以前から知っていた」とツイートした。(2017/1/2)

スゴいお年玉! 伝説のお笑いコンビ・ラーメンズが100本のコントを無料公開、広告収入は災害の復興に
初笑いがラーメンズはおしゃれ。(2017/1/1)

雑誌「AERA」がネコ化だと? 1冊丸ごと猫特集の「ニャエラ」12月31日発売
「現代の肖像」は「現代のニャン像」になるなど、おなじみの連載もネコ化。(2016/12/26)

赤坂8丁目発 スポーツ246:
プーチン大統領を抱き込むのに「柔道外交」はどうか
ロシアのプーチン大統領が来日した。安倍首相と「領土問題」などを議論したわけだが、友好な関係を築くにはどうすればいいのか。プーチン大統領が13歳のころから熱中していた「柔道」を生かしてみては……。(2016/12/16)

マネーの達人:
これから起こる「トランプリスク」とは
ドナルド・トランプ氏が米国の第45代大統領に決まりました。選挙期間中の発言をもとに、トランプ氏が大統領に就任した際のリスクを考えてみましょう。(2016/12/12)

トランプ次期米大統領にロシアのプーチン大統領が祝電
ドナルド・トランプ次期米大統領が選挙中の討論会で「クリントン氏よりあらゆる面で優れている」と評価したロシアのウラジーミル・プーチン大統領が、トランプ氏に祝電を送った。(2016/11/10)

店長はロシア人の美人コスプレイヤー 本場のロシア料理が堪能できるメイド喫茶「ItaCafe」に行ってきたよー!
「ガルパン」のカチューシャのコスプレで知られるナスチャんさんのお店です。(2016/10/26)

杉山淳一の「週刊鉄道経済」:
シベリア鉄道の北海道上陸に立ちはだかる根本的な問題
日本のロシアに対する経済協力について、ロシア側がシベリア鉄道の北海道延伸を求めたという。JR北海道は鉄道事業を縮小し、ロシアは極東という辺境へ線路を延ばす。その背景を探ると、どうやら日本と世界は鉄道に対する認識そのものに違いがありそうだ。(2016/10/7)

「ゴキブリのようにここに集まってきた理由はなんだ」 若本規夫さんが読み上げるプーチン大統領の名言がおそロシア
さすがはプーチン大統領。(2016/10/6)

世界を読み解くニュース・サロン:
選挙を不正操作しようとする、ハッカー集団の正体
サイバー攻撃がらみの大きなニュースが続いている。8月半ばには、米サイバー作戦の一翼を担う米NSAがハッキングされた可能性があるとして欧米で大きな話題に。また、米大統領選をめぐってもハッキング攻撃が続いている。こうした攻撃を行っているのは誰か、探っていくと……。(2016/8/25)

世界を読み解くニュース・サロン:
世界のトップリーダーは、どんな休暇を送っているのか
国のトップは忙しい日々を送っているが、夏休みはどのように過ごしているのだろうか。多くの指導者はリゾート地でゆっくりとした時間を過ごしているが、中にはそうでもない人もいる。例えば、ロシアのプーチン大統領は……。(2016/8/12)

もたらすのは映像制作の革新か? 疑心暗鬼か? ビデオの人物の表情をリアルタイムで書き換えるシステム
カメラ前の演者と、ビデオの登場人物の表情がぴったりシンクロ。(2016/3/24)

プーチン大統領に違法データ配布サイトオーナーが助言? 
プーチン大統領の周辺に、また疑惑の人物が登場した。(2016/2/12)

これ使って大丈夫か!? リアルなプーチンと金正恩の頭から音が鳴るスピーカーで我が家の平和がやばい
コンセプトは「世界を動かす人物で聴く」。(2015/12/8)

インテリアスピーカーです:
スウェーデン発、権力者をモデルにした胸像型のBluetoothスピーカーに第2弾
世界で影響力のある権力者たちをモデルにした胸像型スピーカーシステム「サウンド・オブ・パワー」(SOP)シリーズに第2弾「キム・サンシャシン」登場。限定100台。(2015/12/8)

3匹のネコが厳重なセキュリティをかいくぐり、G20サミットに現れる
ニャンてことだ……。(2015/11/18)

週末アップルPickUp!:
2015年「世界で最も影響力のある人物」ランキング、IT界の有名人は何位?
気になるティム・クックCEOの順位は……(2015/11/6)

スピン経済の歩き方:
安保反対デモは「12万人」……なぜ警察発表の「4倍」なのか
安全保障関連法案に反対する大規模な集会が行われた。主催者は参加人数が約12万人と発表したが、警視庁は約3万人。なぜこんなにギャップがあるかというと……。(2015/9/1)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。