ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「ウラジーミル・プーチン」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「ウラジーミル・プーチン」に関する情報が集まったページです。

世界を読み解くニュース・サロン:
イーロン・マスクは許さない? 世界で広がる「デジタルノマド」とは
コロナ禍で普及したリモートワークに関連して、「デジタルノマド」と呼ばれる働き方に注目が集まっている。観光業などが注目する「デジタルノマド」とは。(2022/6/16)

深刻な落ち込み:
ロシアはどうなる? 富裕層は海外に逃亡して、若年層の“頭脳”は流出して
ウクライナ東部を徹底攻撃するなど長期戦の構えを見せるロシアだが、自国の経済は崩壊寸前だ。国内消費の大幅な落ち込みや富裕層マネーの資金逃避が進み、若者の「頭脳流出」も止まらない。(2022/6/14)

ロシア100年ぶりデフォルトへ 中国の支援の動きを阻止できるか?
 プーチン大統領がロシアの歴史に新たな汚名を残すのか。世界の大手金融機関でつくるクレジットデリバティブ決定委員会は1日、ロシア国債の利払いが「不履行」に当たると認定した。欧米から制裁を受けているロシアは、海外からの資金調達が長期間困難になるとみられる。ウクライナ侵攻の戦費枯渇に前進しているが、あの国が邪魔をしそうだ。(2022/6/3)

世界を読み解くニュース・サロン:
日本は「Web3」で勝てるのか 残念ながら「前途多難」
自民党が「岸田トークン」の配布で「Web3」に乗り出そうとしている。これまでインターネットなどで遅れてきた日本に、「Web3」で勝算はあるのだろうか。現時点で見えている課題は……。(2022/6/2)

世界を読み解くニュース・サロン:
ロシア系ハッカー集団の手口はどうなっているのか? まるで“会社員”のように動く
ウクライナ侵攻に絡んでいるとされる、ロシア系サイバー攻撃集団の「Conti(コンティ)」。イスラエル発のセキュリティ企業「KELA」などへの取材を通じて、その実態に迫る。(2022/5/19)

世界を読み解くニュース・サロン:
ロシアに進出している企業はどうなる? 撤退は「吉」か、継続は「凶」か
ロシア国内で海外の各企業はどのような対応を取っているのか。大手外国企業1000社以上のロシア国内での動きをウォッチしている、ある研究所のデータによると……。(2022/5/6)

世界を読み解くニュース・サロン:
イーロン・マスクのTwitter買収劇、その真実に迫る
イーロン・マスク氏によるツイッター買収劇は、どのようにして始まったのか。マスク氏とツイッター社のこれまでの関係や「敵視」を向けたタイミングなど、ここ数年のツイート内容などから考察する。(2022/4/22)

米財務省、ロシアの仮想通貨マイニング企業に制裁 「プーチンの残忍な戦争を支援しているため」
米財務省は、ロシアの仮想通貨マイニング企業BitRiverを制裁すると発表した。「プーチンの残忍な戦争を支援しているため」。米国で仮想通貨企業が制裁対象になるのはこれが初だ。(2022/4/21)

松尾由美子アナ、“ブチャ虐殺”巡り生放送で悔し涙 感情に左右された自身を謝罪も「ありがとう代弁してくれて」「人として当たり前」
共感の声が寄せられています。(2022/4/20)

フィデリティ・グローバル・ビュー:
ウクライナ戦争が引き起こす企業と投資家の社会的、倫理的ジレンマ
ロシア人に生活必需品を売るべきか――。ウクライナ戦争は企業に難しい課題を投げかけました。企業はESGと倫理的な配慮の間でどうバランスを取るべきでしょうか。フィデリティの取り組みとともにご紹介します。(2022/4/21)

ツイッター株の大量取得も話題に:
“宇宙からウクライナ支援” イーロン・マスク氏が人工衛星経由の通信システムを無償提供
ロシアのウクライナ侵攻に対し、民間の立場で「打倒プーチン」を鮮明にしているのが米電気自動車大手テスラの最高経営責任者(CEO)のイーロン・マスク氏だ。無償提供した人工衛星経由の通信システムがウクライナ軍のドローンと連携し、ロシア軍の撃破に貢献している。。(2022/4/5)

入社式で:
プーチン氏「人の鏡を持っていない」 楽天グループ三木谷氏が指摘
楽天グループの三木谷浩史会長兼社長は1日に開いた入社式で、ウクライナ侵攻を続けるロシアのプーチン大統領について、「(部下の厳しい直言を受け入れる)『人の鏡』を持っていない」と述べ、ウクライナへの支援を続ける姿勢を示した。(2022/4/2)

九電社長「要請聞いていない」 露産ガス代金のルーブル払い
G7のエネルギー相は、ロシアのプーチン大統領が自国通貨ルーブルで天然ガス代金を支払うよう要求したことを拒否するとした共同声明を発表した。これについて日本のエネルギー関連企業からはまざまな受け止めが聞かれた。(2022/3/30)

九電社長「要請聞いていない」 露産ガス代金のルーブル払い
日米欧の先進7カ国(G7)のエネルギー相は、ロシアのプーチン大統領が自国通貨ルーブルで天然ガス代金を支払うよう要求したことを拒否するとした共同声明を発表した。これについて日本のエネルギー関連企業からは29日、さまざまな受け止めが聞かれた。(2022/3/29)

ヤマーとマツの、ねえこれ知ってる?:
アドビ、税金上げるってよ! 最近のいろんな価格高騰について2人の編集者が悩む
Adobe Creative Cloud(CC)が4月27日から値上げされる。だが、値上げされるのはこれだけではない。(2022/3/28)

ウクライナ侵攻から1カ月:
ロシアの新興財閥が離反の動き スイス隠し資産公開でプーチン氏“金欠地獄”か
ウクライナ侵攻から1カ月が経過し、ロシア軍の苦戦も伝えられるが、ウラジーミル・プーチン大統領が戦争を止める気配はない。そこで西側諸国が経済制裁の標的とするのがソ連崩壊後に勃興した「オリガルヒ(新興財閥)」と呼ばれる大富豪たちだ。(2022/3/28)

この頃、セキュリティ界隈で:
ウクライナ侵攻で、闇社会にも分断 親ロシア派と親ウクライナ派に分かれるサイバー犯罪集団
ロシア軍のウクライナ侵攻が、闇社会にも分断を引き起こしている。サイバー犯罪集団が情報交換や取引の場として利用するロシア語の闇フォーラムでは、犯罪集団が親ロシア派と親ウクライナ派に分かれる「前例のないイデオロギー分断」が生じている。(2022/3/23)

シュワルツェネッガー「政府にだまされ心身を破壊された父のようにならないで」 ロシア国民への呼びかけが2000万回再生の反響
父親は旧独軍として対ロシア戦に従軍していました。(2022/3/18)

イーロン・マスク氏、Twitter名を「イーロナ・マスク」に
Starlinkの提供などでウクライナを支援しているイーロン・マスク氏が、Twitterのアカウント名を「Elon Musk」から「Elona Musk」に変更した。ElonaはElonの女性名。その理由は?(2022/3/17)

大山聡の業界スコープ(51):
半導体/エレ業界へのロシア ウクライナ侵攻の影響について考える
今回は、あまり好ましい話題ではないが、ロシアがウクライナへの軍事侵攻という暴挙が世界半導体および、エレクトロニクス業界にどのような影響を与えうるか、について考えてみたい。(2022/3/18)

ロシア人にウクライナに関する西側情報を送るSquad303の人海プロジェクト 700万件以上送信
Squad303と名乗る集団が、保有するデータベースのロシア人の電話にランダムにメッセージを送れるWebサイト「1920.in」を公開。ウクライナ侵攻についての西側情報を届けるよう呼び掛けている。既に700万件以上が送信された。(2022/3/13)

デフォルトの可能性:
「紙くず」危機 ルーブル建て債務返済で市場混乱
ウクライナに侵攻したロシアが経済制裁の対抗措置として自国通貨ルーブル建てで対外債務を返済する方針を打ち出し、金融市場に混乱を広げている。(2022/3/13)

小寺信良のIT大作戦:
世界にあふれ出す戦争 ITは武力にどう対抗できるのか
止まらない戦争は、ITの世界にも広がっている。われわれはどう動くべきだろうか。(2022/3/10)

中国、ロシアとの微妙な立場 「フェイクニュース法」受けTikTokのサービス停止
ウクライナに侵攻したロシアの「フェイクニュース法」を受けて、中国系動画投稿アプリ「TikTok」がサービスの一時停止を発表した。ロシアとウクライナの情報戦は「TikTok戦争」とも呼ばれる中、中国の微妙な立場が垣間見える。(2022/3/10)

世界を読み解くニュース・サロン:
ロシアのウクライナ侵攻、日本企業が備えるべき本当の怖さ
ロシアによるウクライナ侵攻が続く中、サイバー攻撃が世界を襲う可能性が指摘されている。ロシアが公開した「非友好的」な国家・地域のリストに含まれていた日本。今後懸念される影響とは……。(2022/3/10)

ロシア政府、日本を「非友好国」リストに 対露制裁への対抗措置か
ロシア政府が、日本を含む48の国と地域を「非友好国」として承認したと、国営タス通信が報じた。対露制裁を課す欧米諸国への事実上の報復措置とみられる。非友好国の企業が取引する際は、今後、ロシア政府の許可などが必要になるという。(2022/3/8)

ロシア、「虚偽情報」流布に最高で禁錮15年 米欧メディア、相次ぎ露で活動停止
ロシアのプーチン大統領は、ロシアの軍事行動に関する「虚偽情報」を流布した者に最長で禁錮15年を科す法律を発効させた。米欧の主要メディアは記者の安全を確保するためロシアでの活動を一時停止。他国メディアも追随を強いられる可能性がある。(2022/3/8)

プルシェンコ「ロシア人よ、下を向くな! 誇りに思え」 差別やめるよう訴える投稿「いま言うべきこと?」と猛反発
#StopRussianHate(ロシア差別反対)呼びかけ。(2022/3/7)

時間との戦い:
露国債、デフォルト迫る 16日から相次ぐ支払い期限 通貨ルーブル失墜も
ウクライナ侵攻を受けた日米欧の包囲網で、ロシア国債のデフォルト(債務不履行)が迫ってきた。制裁による外貨不足で外貨建て国債の利払いができなくなるためだ。国債が“紙くず”になれば通貨ルーブルの信認が失墜し、物価が急騰してロシア国民の生活が破壊されかねない。(2022/3/6)

「ロシア抜きのフィギュアに価値はない」プルシェンコ、アスリート締め出しに猛烈抗議 シェルバコワら世界選手権出場不可に
「いいからプーチンをとめて」と批判も。(2022/3/2)

カスペルスキーCEO、ロシアのウクライナ侵攻に「戦争は良いものではない」と反応
露カスペルスキーのユージン・カスペルスキーCEO(@e_kaspersky)は、ロシアのウクライナ侵攻について「戦争は良いものではない」とTwitter上で表明した。(2022/3/2)

EU、ロシアメディアのブロックを発表「嘘の拡散を阻止する」 空域閉鎖も
EUはウクライナに侵攻したロシアに対するさらなる制裁を発表した。ロシア国営メディアRTを含む複数のメディアからの「有毒な偽情報」をブロックする。また、EUの空域からロシアの飛行機を締め出す。(2022/2/28)

ロシア連邦公式サイトがアクセス不能に Anonymousが犯行声明
「gov.ru」や「kremlin.ru」など、一連のロシア連邦政府の関連Webサイトが2月26日ごろからアクセス不能になっている。ハッカー集団Anonymousが犯行声明をツイートした。一方ウクライナ大統領の公式サイトもアクセス不能になっている。(2022/2/27)

「ロシア政府に対抗作戦を行う」──ハッカー集団Anonymousが声明 サイバー攻撃を示唆
匿名のハッカー集団「Anonymous」は、「ロシア政府を標的にした、対抗作戦を実行する」という声明をTwitter上に投稿した。民間企業にも影響を与える可能性は高いとしている。(2022/2/25)

NATOに代わって報復か:
国際ハッカー集団「アノニマス」がロシアを攻撃? 紛争はサイバー空間でも 日本企業にも脅威
ロシアが隣国ウクライナに軍事侵攻し、国際的な批判が高まる中、国際ハッカー集団「アノニマス」を名乗るグループが、ロシアにサイバー攻撃を行うとする声明をTwitter上で発表し、話題となっている。(2022/2/25)

警戒を強めている:
JT、トヨタ……ウクライナ侵攻で工場閉鎖相次ぐ
ロシア軍がウクライナに侵攻したことで、両国に進出する日本企業も対応に追われている。ウクライナでは工場の操業停止など直接的な影響が発生。さらに、日本を含めた先進7カ国(G7)による経済制裁や、ロシアによる対抗措置が拡大すれば、ロシアでの事業にも大きな影響が及ぶ可能性があり、関係各社が警戒を強めている。(2022/2/25)

「全ロシア人が侵攻支持ではない」「ロシア人である事が恥に思う日が来るとは」 人気YouTuber“ピロシキーズ”がコメント
ハバロフスク出身の小原ブラスさんと、モスクワ出身の中庭アレクサンドラさん。(2022/2/25)

ロシア国防省の公式Webサイトで接続障害 エラー名は「私はティーポット」?
2月24日午後8時現在、ロシア国防省の公式Webサイトが418エラーとなり、つながらない状態になっている。このステータスコードは、1998年のエイプリルフールに、ジョークとして使われたもの。(2022/2/24)

金融庁「サイバー攻撃の潜在的リスク高まった」 金融機関に注意喚起、ウクライナ情勢が影響か
金融庁は、金融機関に対してサイバー攻撃に警戒するように注意喚起する声明を発表した。「昨今の情勢を踏まえるとサイバー攻撃事案の潜在的なリスクは高まっている」と説明している。経済産業省も23日に、企業の経営者などに対して同様の注意を促していた。(2022/2/24)

ウクライナ人柔道家ダリア・ビロディド「ロシアが戦争を始めました」 現地の状況明かし「私たちは生きたい」と訴え
東京オリンピックで銅メダル。(2022/2/24)

5日続落:
日経平均終値、1年3カ月ぶりの2万6000円割れ ロシアのウクライナ侵攻が影響か
日経平均株価の2月24日の終値は、前営業日比478円79銭安の2万5970円82銭だった。2月17日以来、5営業日連続の下落となり、2万6000円を割り込むのは2020年11月以来、1年3カ月ぶり。24日の取引では、下げ幅が一時600円を超えた。(2022/2/24)

ウクライナ首都キエフのライブカメラ、3万人が同時視聴中 爆発のような光も
Webカメラの映像コンテンツを配信する米EarthCamのライブカメラに注目が集まっている。ウクライナの首都であるキエフの模様をYouTube Liveで配信する「EarthCam Live: Kyiv, Ukraine」は24日午後3時現在、約3万人のユーザーが視聴している。(2022/2/24)

ロシアのウクライナ侵攻、ネット上に情報続々 宣戦布告はYouTubeに、火の手の様子はTwitterに、航空機の状況はFlightradar24に
ロシアのプーチン大統領は2月24日(現地時間)、ウクライナ東部住民を保護するための特別な軍事作戦を実施すると表明した。ネット上には、宣戦布告の動画やウクライナで火の手が上がっていること、航空機がウクライナを避けて運航している状況などが次々に投稿されている。(2022/2/24)

米、露へのハイテク部品禁輸方針 欧州の代替エネルギー確保も
バイデン米政権高官は、ロシアがウクライナに侵攻した場合、ハイテク部品などの対露輸出禁止措置を発動する方針を明らかにした。ロシアの軍事・先端技術産業に打撃を与える狙い。(2022/1/28)

世界を読み解くニュース・サロン:
見知らぬUSBはどうすればいいのか 会社のPCに差し込んではいけないワケ
FBIが、USBメモリを使ったサイバー攻撃手口が増加していると警鐘を鳴らしている。どんな手口が増えているのかというと……。(2022/1/13)

PR:LG21の「21歳」を祝うためにグッズを自作して誕生日会を開き、ARで花火を打ち上げる
21年間、胃の中で働き続けてくれてありがとう。(2021/12/10)

この頃、セキュリティ界隈で:
ランサムウェアも生存戦略 「DarkSide」は「BlackMatter」に? 現れては消えるサバイバル術
Ransomeware as a Service(サービスとしてのランサムウェア)ビジネス集団は幾つもあるが、元をたどるとそう多くはない。(2021/8/16)

「IE」の脆弱性を利用した新たなサイバー攻撃が見つかる ソーシャルエンジニアリングとの併用も確認
Malwarebytesの研究者が既知の脆弱性とソーシャルエンジニアリングを併用した攻撃手法を発見した。この攻撃は、テンプレートインジェクション手法を利用しているが、サポート終了が迫る「Internet Explorer」の脆弱性を利用している点が珍しい。(2021/7/31)

この頃、セキュリティ界隈で:
姿を消したランサムウェア集団 被害企業が苦境、裏社会で裁判沙汰も
ダークWebでも仁義は必要と。(2021/7/19)

バイデン大統領、ロシア拠点のサイバー攻撃についてプーチン大統領に電話で警告
ジョー・バイデン米大統領はロシアのウラジーミル・プーチン大統領に電話し、ロシアに拠点を置くサイバー犯罪集団による公的について話した。自国を守るため「必要な措置を講じる」と警告。プーチン氏は「米露は非政治的な協力を維持すべき」と語った。(2021/7/12)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。