ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「ワークスタイル」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

コロナ禍に最適!?:
リモートワークの次の働き方 「平日・都市型ワーケーション」のすすめ
社会の変化に合わせ、新たな働き方として注目されているのが、「都市型ワーケーション」だ。さらに平日の業務時間内に出張先た旅先で仕事をする「平日型ワーケーション」も注目を集めている。作家/ワークスタイル専門家の沢渡あまね氏などに効用を聞いた。(2020/12/4)

テレワーク主体の働き方にも適応可能:
PR:肥大化を続ける「Windows Update」、アップデート作業を効率化する新たな一手とは
Windowsを使い続ける上で避けては通れない「Windows Update」。だが、Windows 10以降肥大化し続ける更新プログラムに起因する問題で、オフィスだけでなく、テレワーク環境でも悲鳴が上がっている。この問題に解決策はあるのだろうか。(2020/12/3)

一丁目一番地は「テレワーク」:
PR:ビジネスを止めず、加速させる――沢渡あまね氏に聞く、これから求められる「ビジネスレジリエンス」のカギとは?
コロナ禍をきっかけに注目が集まる「ビジネスレジリエンス」。その一丁目一番地ともいえるのが、テレワークだ。日本企業へ一気に浸透したかに見えるテレワークだが、沢渡あまね氏は「緊急避難手段として、一過性の取り組みにとどまっている企業も多い」と指摘する。テレワークを起点にビジネスレジリエンスを高め、ビジネスを加速させるにはどうすればよいのだろうか?(2020/12/1)

Weekly Memo:
AWSやMicrosoftと異なる「Google Cloud」の魅力とは、同社パートナー事業トップの話から読み解く
メガパブリッククラウドとして、AWSやMicrosoft Azureと競合する「Google Cloud」。競合サービスと異なる魅力は何なのか。同社日本法人パートナー事業トップの話から探ってみたい。(2020/11/30)

欧州FM見聞録(7):
オランダのFM学科が行うインターンシップ、企業の課題を学生が解決
本連載では、ファシリティマネジメント(FM)で感動を与えることを意味する造語「ファシリテイメント」をモットーに掲げるファシリテイメント研究所 代表取締役マネージングダイレクターの熊谷比斗史氏が、ヨーロッパのFM先進国で行われている施策や教育方法などを体験記の形式で振り返る。最終回は、オランダの大学「University of Applied Science(UAS)」にあるFM学科のインターンシップ制度について解説する。(2020/11/30)

注目のSREやSASEのニーズに対応する:
PR:戦力になるDX人材確保の早道とは? 実践的な資格取得による人材育成アプローチ
クラウドを始めとするデジタル技術は企業のDX推進を加速させる可能性を持っている。しかしDXを推進する人材を確保できているだろうか。SREやSASEという注目キーワードから理想的なDX人材育成計画の在り方を検討する。(2020/11/25)

PR:自治体向けビジネス拡大を目指すアプリベンダーが乗り越えるべき「LGWAN対応の壁」とは
国が掲げる「クラウド・バイ・デフォルト」の原則をきっかけに、地方公共団体でもクラウド化の波が一層強まりつつある。ただし、彼らにクラウドサービスやアプリケーションを提供する事業者にとって頭の痛い課題が、自治体専用ネットワーク「LGWAN」への対応だ。しかしこの課題をいち早くクリアすることで他社より優位に動けるだろう。素早く、効率的にこの課題を乗り越える方法を聞いた。(2020/11/25)

CloseBox:
M1の異常な性能 または私は如何にしてiPhoneを毎年更新するのを止めてApple Silicon Mac miniを買うようになったか
M1搭載Mac miniがやってきたので早速感想文を書いた。(2020/11/18)

サブスクで稼ぐ製造業のソフトウェア新時代(7):
サブスクに必要なのはセキュリティだけじゃない、求められる“総合力”
サブスクリプションに代表される、ソフトウェアビジネスによる収益化を製造業で実現するためのノウハウを紹介する本連載。第7回は、サブスクなどのソフトウェアビジネスによる収益化に踏み出すことをためらわせるセキュリティ対策について解説する。(2020/11/18)

Building Together Japan 2020:
作業プラットフォームとして機能拡張した“Archicad”で広がる「BIMの木」
梓設計は、GRAPHISOFTのオンラインイベント「Building Together Japan 2020」で、「設計者をつなぐBIM」のテーマで講演を行った。梓設計によれば、設計効率的なワークフローを実現するBIMでは、設計者、経験、技術の3つがつながり、スピードや品質が向上するという。(2020/11/17)

PR:コネクテッドカーがもたらす新しいビジネスとは
(2020/11/27)

PR:クルマの未来を作る、「カーエレクトロニクス開発」最前線
(2020/11/25)

PR:ベルフェイス急成長の舞台裏 営業活動の“新常識”を支える「Vonage API」とは?
(2020/11/24)

PR:テレワークは危険? 「こんな時期だから仕方がない……」では済まされない危険を回避するために
(2020/11/19)

オートデスク織田社長「ITは道具ではなく、もはや共同設計者」:
大和ハウスとヤマト科学がニューノーマル時代のDXを議論、未来の働き方を照らすAECセミナー
2019年4月から段階的に施行された働き方改革関連法を受け、場所にとらわれない新しいワークスタイルが身近になったことに加え、新型コロナウイルス感染症が世界の至る所で影響を及ぼし、with/afterアフターコロナ時代の新しい生活様式が生まれ、建設業や製造業などあらゆる産業の働く環境は一変した。この急激な変化に対応するためには、デジタル変革にどう取り組むかは、業種や業界を問わずもはや不可避の課題となっている。(2020/11/9)

ノートPCやタブレットの代替を狙う
「ThinkPad X1 Fold」は何がすごいのか? 9.6型×2画面の13.3型フォルダブル2-in-1
Lenovoは画面を折りたためるフォルダブル端末「ThinkPad X1 Fold」の販売を開始した。同社はノートPCとタブレットの特徴を兼ね備えた2-in-1端末としての特徴を強調している。主要な特徴を確認しよう。(2020/11/7)

コロナで方針転換:
高級椅子442脚を社員へ譲渡、朝礼も廃止──“こだわりのオフィス”を4割縮小、コロプラの決断
スマートフォンゲーム「白猫プロジェクト」などを開発・運営するコロプラは、定価で10万円以上するオフィスチェア400脚以上を社員に譲渡した。緊急事態宣言後すぐに決定した、オフィスの40%縮小がきっかけだ。もともとオフィスに強いこだわりを持っていたコロプラがオフィス縮小を決断したのには、どのような経緯があるのか。(2020/11/2)

PR:顔が見えない在宅勤務……人事労務担当者がいま考えるべき「労務管理」とは?
(2020/11/9)

ブイキューブ×ITmedia 対談企画:
PR:ニューノーマル時代に求められる、新しい会社のカタチ
(2020/11/16)

大型機を大幅削減へ:
「ビジネス需要は戻らない」 5100億円赤字見通しのANAホールディングス、コスト削減と新需要獲得へ
ANAホールディングスが発表した2021年3月期の連結業績予想は、過去最大の5100億円の最終赤字となる見通しだ。危機を乗り切るための事業構造改革では、機材の削減などによる大幅なコスト削減を図る。「強靭な企業グループに生まれ変わる」ための施策を急ぐ。(2020/10/27)

日本法人の幹部が語る:
HubSpotとWeWork 世界の成長企業が新しい日常で実践するスマートな働き方
ニューノーマル時代に企業が成長し続けるためのヒント。(2020/10/27)

BAS:
“ローカル5G”でスマートビル実現、三井不とNECネッツエスアイが12月に実験スタート
三井不動産とNECネッツエスアイは、ローカル5Gの使用する場所に応じてカスタマイズ可能な利点を生かし、多様化する働き方に合わせられる新たなオフィス環境の実験を2020年12月に開始する。(2020/10/26)

地銀初のオールクラウド化を推進:
北國銀行、IT基盤システムを全面クラウド化
北國銀行は、NECと連携して、メール、グループウェア、業務アプリなどを含むIT基盤システムを「Microsoft 365」や「Microsoft Azure」などのクラウドサービスで刷新。生産性向上、ニューノーマル対応したワークスタイルの変革、ITコスト削減を目指す。(2020/10/23)

ドラッグストアから地域コネクティッドビジネスへ :
サツドラ富山浩樹社長が語る「ウィズコロナ時代のチェーンストア戦略」
規模の追求という従来の基本戦略が機能不全を起こしつつある今、新時代のチェーンストアビジネス戦略はどうあるべきなのか――。サツドラホールディングスの富山浩樹社長に聞いた。(2020/10/23)

建築家やデザイナーも納得するHPのデジタルツール:
PR:ニューノーマル時代の建築設計にマッチする、これまでにない“デジタルシフト”の新提案
新型コロナウイルスによって、期せずして国内の建設業界にも働き方に変革がもたらされた。長時間労働や担い手不足、他産業と比べて低い生産性など、問題は依然として山積しているが、コロナ禍のポジティブな副産物としては、“デジタルシフト”が急速に進んだことが挙げられる。今後はニューノーマルを生き抜くために、いかに最適なデジタルツールを選び出すかがカギとなりそうだ。その際には条件として、グローバルでの社会課題にもなっているSDGsや多様なワークスタイルへの適合性なども、考慮する必要があるだろう。(2020/10/22)

サブスクで稼ぐ製造業のソフトウェア新時代(6):
不確実性の時代に製造業が将来を見通すための「ビジネスインサイト」とは
サブスクリプションに代表される、ソフトウェアビジネスによる収益化を製造業で実現するためのノウハウを紹介する本連載。第6回は、新型コロナウイルス感染症の感染拡大によって到来した本格的な不確実性の時代の中で、製造業が将来を見通すのに必要な「ビジネスインサイト」について論じる。(2020/10/20)

PR:リモートワークを当たり前に ニューノーマル時代に注目される「在宅派遣」サービスとは?
(2020/10/20)

製品動向:
ダイテックらが月額1人167円の現場管理クラウドを発売
ダイテックは、福井コンピュータアーキテクトと共同で、月額利用料が1人あたり約167円の現場管理クラウド「現場Plus」のサービスを開始する。現場Plusは、建設業で作業者の高齢化が進行していることを踏まえて、高齢者でも使いやすいインタフェースを採用している。(2020/10/19)

PR:“なし崩し的テレワーク”の課題 対策急務の「労務管理」と「セキュリティ」をどうすべきか
(2020/11/6)

PR:テレワークでさらに注目度がアップ! いつでもどこでもビジネスがはかどる新型「レッツノート」の魅力
パナソニックの「レッツノート」といえば、長年親しまれている日本を代表するモバイルパソコンだ。2020年はテレワークの全国的な普及に伴って、これまでとは違った角度でレッツノートに注目が集まっている。その新モデルの魅力に迫る。(2020/10/16)

勤務地ごとの出社人数を可視化 NECが勤怠管理ソリューションに新機能を追加
NECソリューションイノベータは「NEC 働き方見える化サービス Plus」に新機能を追加して提供を開始する。勤務地ごとの出社人数などを可視化する機能に加えてPC操作ログを取得できるオプションも提供する。(2020/10/15)

製造マネジメントニュース:
「DXはマイクロソフトの戦略そのもの」、日本MSが経営方針を説明
日本マイクロソフトは、オンラインで会見を開き、同社 社長の吉田仁志氏が2024年度までの中計経営戦略を説明した。新型コロナウイルス感染症の影響もあって社会全体で機運が高まりつつあるDX(デジタルトランスフォーメーション)を、政府・自治体向けと、物流、製造業、小売、中堅中小などの企業向けを軸に推進していく方針を明らかにした。(2020/10/8)

ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術:
子育て世代支援からの地域創生
働きたくても働けない母親がクローズアップされ、社会問題化されていた中、「子どものそばで働ける世の中を当たり前に」という企業理念実現のために、オフィスとキッズスペースが隣り合わせになった新業態を目指した。(2020/10/8)

政府と自治体、教育分野のデジタルトランスフォーメーションに注力 日本マイクロソフトが中期経営戦略を発表
2020年10月7日、日本マイクロソフトが2024年度までの中期経営戦略を発表した。(2020/10/7)

VDIの“誤解”を検証する【後編】
「VDI」で“予想外”のコストがかかる原因と対処法
企業がVDIを導入するとき、当初の見積もりよりも導入や運用にかかるコストが大幅に高額になることがある。それはなぜか。VDIのコスト要因を整理する。(2020/10/6)

新たなSaaS専業企業が誕生 DXに向けてNECとVistaが共同で設立
NECは、米国の投資ファンドVistaと協業して日本国内向けにSaaS事業を展開する企業SaaSprestoを共同で設立した。Vista傘下の60社以上のソフトウェア企業が持つクラウドサービスを日本市場にSaaSとして提供する。(2020/10/2)

PR:テレワークでも生産性は上げられる! 中小企業のための「DX推進の処方箋」
(2020/9/30)

レノボ・ジャパン合同会社提供ホワイトペーパー:
リモートワークでの生産性や管理性を左右する、デバイス選びの最新要件とは?
リモートワークが定着しつつあるいま、その生産性を左右するものとして重要度が増しているのが、従業員が使用するデバイスだ。ユーザー/管理者双方にとって重視すべき要件を解説するとともに、それらを満たすある製品群の特長を紹介する。(2020/9/28)

総務・人事・経理Weekの講演から探る:
属人化、在宅勤務、人手不足……課題山積の経理部門、何から手を付ける?
業務の属人化、在宅勤務による生産性の低下、繁忙期の人手不足など課題が山積する経理部門だが、どう解決すればいいのだろうか。CSアカウンティングの中尾篤史社長による「経理部門の働き方改革のススメ〜業務効率を上げるテクニックを伝授〜」の講演からヒントを探る。(2020/9/29)

欧州FM見聞録(5):
FMの関連システムを統合するIWMSで起きている変化
本連載では、ファシリティマネジメント(FM)で感動を与えることを意味する造語「ファシリテイメント」をモットーに掲げるファシリテイメント研究所 代表取締役マネージングダイレクターの熊谷比斗史氏が、ヨーロッパのFM先進国で行われている施策や教育方法などを体験記の形式で振り返る。第5回は、FMの関連システムを一元管理するIWMSに現在起きている変化を紹介する。(2020/9/29)

必要な存在であり続けるために:
withコロナ時代の都市鉄道に、何が求められるのか
新型コロナの感染拡大を受けて、鉄道会社が大ダメージを受けている。利用者数が激減したことで、売り上げが大きく落ち込んでいるわけだが、今後の都市鉄道はどうなっていくのだろうか。(2020/9/25)

アズビルが解き明かす「BAS」解体新書!(4):
【BAS徹底解剖】BAS/BEMSの「環境への貢献」
建物には、空調、照明、監視カメラなど、さまざまな設備機器が導入されている。それらを効果的に運用するシステムとして、ビルディングオートメーションシステム(Building Automation System、BAS)が存在する。本連載では、制御・計測機器メーカーで各種ビル設備サービスを展開するアズビルが、「建物の頭脳」ともいえるBASやシステムを活用したエネルギー管理システム「BEMS」を紹介し、今後の可能性についても解説する。第4回は、BEMSデータを活用した設備更新や建物の省エネ化などを採り上げる。(2020/9/25)

コロナ禍で変わる新しいワークプレイスの在り方
新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、大手企業を中心に急速にテレワークなどによる「在宅勤務」が普及するなか、テナント企業のワークプレイスに対する考え方に変化が生じている。(2020/9/23)

オープンにコラボレーションできる組織に:
PR:『職場の問題地図』著者・沢渡あまねと、組織開発のプロ・椎野磨美が語る「これからの組織のハッピー(幸福)」
(2020/9/17)

富士通が実践を基に語る:
PR:ニューノーマルは怖くない! 後戻りせず、テレワークを前に進めるための意外と簡単な「コツ」とは?
(2020/9/18)

PR:改革を推進してきたリーダーたちが語るIT変革の波と“仲間”の重要性
(2020/9/10)

テレワーク主体の考え方に転換
全社テレワークで注意すべき「VDI」の“分断”と対策
VDI(仮想デスクトップインフラ)の全社的な導入と、テレワークを前提にした制度改革を同時に進めることは容易ではない。現実解として、どのような方法を検討すべきなのだろうか。(2020/9/16)

PR:在宅勤務向け外部ディスプレイ選びのポイントは?
企業規模に限らずテレワークに踏み切る企業が増えているが、「かえって作業効率が落ちてしまった」という話も聞く。その要因はさまざまだが、オフィスと異なる作業環境も一因だ。在宅勤務での生産性を高める外部ディスプレイとは?(2020/9/11)

福利厚生か? 企業戦略か?:
ワーケーションを成功させるには? 企業がしっかり進めるべき「4つのステップ」
ワーケーションは、コロナ禍で混乱する企業、地域、個人、それぞれにメリットをもたらす、アフターコロナ時代の新しい「働き方&休み方」である。ただし企業がワーケーションのメリットを享受するには、しっかりステップを踏むことが重要だ。(2020/9/1)

変化に即応できるワークスタイル構築術:
PR:Vol.4 @Security ワークスタイルを問わないセキュリティ
(2020/8/27)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。