ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「橘十徳の「いいトシして玩具三昧」」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「橘十徳の「いいトシして玩具三昧」」に関する情報が集まったページです。

橘十徳の「いいトシして玩具三昧」:
障害物を乗り越える快感、ヨコモ「nanoQLO」
ヨコモの「nanoQLO(ナノクロ)」は、部屋の中で障害物を走破する楽しさを味わえる新感覚の4WDカーだ。その極小のボディーに秘められた性能を生かし、あらゆる凹凸を縦横無尽に走破する醍醐味を満喫しよう。(2011/3/1)

橘十徳の「いいトシして玩具三昧」第36回:
お手軽な室内ヘリコプター「ミニビー」と戯れる
シー・シー・ピーの「ミニビー」は、超小型で室内専用の赤外線ヘリコプター。だれでも気軽にヘリコプターの飛行を楽しめるこの製品、果たして飛行性能や操作性はどんなものか、じっくり試してみよう。(2010/3/23)

橘十徳の「いいトシして玩具三昧」第35回:
猫好きにはたまらない貯金箱 シャインの「いたずらBANK」
シャインの「いたずらBANK」は、ミカン箱の上にコインを置くと、カワイイ鳴き声とともに子猫や子犬が手を出す貯金箱。愛嬌(あいきょう)たっぷりの子猫や子犬がコインを集めるのを見れば、疲れた心が癒されることまちがいなし!(2010/3/16)

橘十徳の「いいトシして玩具三昧」第34回:
銀玉鉄砲のコーフンをもう一度、安全なトイガン「NERF」で遊ぶ
今回紹介するのは、トミーダイレクトが輸入販売元になった「NERF」(ナーフ)。人に当たっても安全なスポンジ弾を使ったこの商品、アメリカでは40年もの歴史を誇る人気のオモチャだ。(2010/2/16)

橘十徳の「いいトシして玩具三昧」第33回:
なんだか無性に懐かしい「大人の科学マガジン Vol.26 ミニエレキ」
今回紹介するのは学研の「大人の科学マガジン Vol.26 ミニエレキ」。付録のエレキギターのキットはプラスチック製で弦が4本のミニサイズながらも、スピーカーを内蔵しており手軽に演奏を楽しめる。(2010/2/2)

橘十徳の「いいトシして玩具三昧」第32回:
音符がかわいい楽器になった? 明和電機の「オタマトーン」
明和電機の「オタマトーン」は、音符のような形をしたユニークな楽器だ。練習すればきちんと曲を弾くこともできる。この楽器を使って、お気に入りの曲を演奏してみてはいかがだろうか。(2010/1/19)

橘十徳の「いいトシして玩具三昧」第31回:
“ズバッ”と参上、ハピネットの「サムライ刀」
今回紹介するのは、ハピネットが発売した「サムライ刀」。刀の柄(つか)の部分だけをオモチャにしたこの製品は、振ると内蔵スピーカーから刀を振る音が聞こえるという新感覚グッズだ。(2010/1/5)

橘十徳の「いいトシして玩具三昧」第30回:
光と音で衝撃のお目覚め 「信号目覚まし」
今回購入したのは、バンプレストの「信号目覚まし」だ。アラーム時刻になると、車の走る音やさまざまなメロディが聞こえて信号機が切り替わるこの時計を使えば、寝不足のアナタもスッキリと起きられること間違いなし!(2009/12/22)

橘十徳の「いいトシして玩具三昧」第29回:
お部屋の中でミニチュアゴルフ 「どこでもファミリーゴルフ」
メガハウスの「めざせ!かっ飛び王子 どこでもファミリーゴルフ」は、部屋の中で気軽にゴルファー気分を味わえるオモチャだ。寒くて外でクラブを振るのがおっくうになったゴルフファンにもおすすめ。(2009/12/8)

橘十徳の「いいトシして玩具三昧」第28回:
ケータイとパズルで自画像? テンヨーの「ジガゾーパズル」
今回紹介するのは、テンヨーの「ジガゾーパズル」。300ピースのパズルを組み合わせることで、あらゆる顔を作成できるという、いまだかつてなかった新感覚のパズルだ。(2009/11/17)

橘十徳の「いいトシして玩具三昧」第27回:
逆さ言葉を生成するICレコーダー「逆さマスタージャパン」
今回は、タカラトミーアーツが発売した「逆さマスタージャパン」を紹介しよう。録音した言葉を逆さ言葉として逆再生できるこのグッズ。シンプルながらも集中力や音感など、さまざまな感覚を刺激する新感覚オモチャだ。(2009/11/4)

橘十徳の「いいトシして玩具三昧」第26回:
泡風呂で癒しのひととき メガハウス「あわあわランド」
今回紹介するのは、メガハウスの「あわあわランド」。バブルバス剤を入れるだけで大量の泡を効率よく作れるこの商品。子どもと一緒に風呂で遊んでもよし、大人1人で癒しのひとときを楽しむのもよし。(2009/10/20)

橘十徳の「いいトシして玩具三昧」第25回:
くるくる回してお手軽もちつき 「くるりんもっちー」
今回紹介するのは、セガトイズが発売した「くるりんもっちー」。もち米を入れ、ハンドルをクルクル回すだけでもちを作れるという商品だ。オリジナルのもち料理を作って、ひと足早く正月気分を味わってみた。(2009/10/8)

橘十徳の「いいトシして玩具三昧」第24回:
ロケット打ち上げでストレス発散? 「セーフティロケット マーキュリー」
今回紹介するのは、ラジコンで有名なタイヨーが販売しているモデルロケット「セーフティロケット マーキュリー」。小型ながらも最大40メートルもロケットを飛ばせる実験キットだ。さっそくロケットを大空に打ち上げてみよう。(2009/9/15)

橘十徳の「いいトシして玩具三昧」第23回:
刑事ドラマを疑似体験? 「体験王〜鑑識捜査編〜」
今回紹介するのは、タカラトミーアーツが発売した「体験王〜鑑識捜査編〜」。10種類の鑑識ツールを使って、誰でも手軽に警察の鑑識捜査が体験できるという体験グッズだ。テレビの刑事ドラマなどに憧れている人はぜひ。(2009/9/1)

橘十徳の「いいトシして玩具三昧」第22回:
盤面と石が一体化 持ち運びに便利な「オセロ極Jr.」
今回紹介するのは、メガハウスの「オセロ極Jr.」。オセロの盤と石が一体化したというこの商品は、石がバラバラにならないので持ち運びやすく、いつでもサッと取り出して遊べるというスグレモノだ。(2009/8/18)

橘十徳の「いいトシして玩具三昧」第21回:
パズルとストーリーの意外な“合わせ技”「ハナヤマパズル文庫」
今回紹介するのは、ハナヤマが発売した「ハナヤマパズル文庫」。パズルにショートストーリーがプラスされたというこの商品は、物語を読んで、その世界観に浸りながらパズルを解く楽しさが味わえる。(2009/8/4)

橘十徳の「いいトシして玩具三昧」第20回:
赤外線コントロールのかわいいロボット 「マイクロドロイド」
今回紹介するのは、トミーダイレクトの「マイクロドロイド」。映画「スター・ウォーズ」でおなじみのドロイドを赤外線で自由にコントロールできる商品だ。手の平サイズで遊ぶ場所にも困らない楽しいオモチャだ。スター・ウォーズ好きは見逃せない。(2009/7/21)

橘十徳の「いいトシして玩具三昧」第19回:
意外とテクニックが求められるハイテクコマ「LuminoDisc」
今回紹介するのは、バンダイが発売した「LuminoDisc」だ。本体を回転させると方位や回転数をLEDで表示し、ゲームや光アニメーションを楽しめるというハイテクなコマ。新感覚のコマ回しを試してみよう。(2009/7/7)

橘十徳の「いいトシして玩具三昧」第18回:
天気を教えてくれるインテリア——“お天気カエル”
今回紹介するのは、晴雨予報グラス「The Frog weather reporter」だ。「お天気カエル」というニックネームを持つこの商品は、部屋に置いておくだけで、これからの天気が予報できるというスグレモノだ。(2009/6/9)

橘十徳の「いいトシして玩具三昧」第17回:
人生、ほんとに甘くない 「人生ゲーム 極辛」
今回紹介するのは、タカラトミーが発売した「人生ゲーム 極辛(ごくから)」だ。なにかとつらく厳しいこのご時世をリアルに反映したこのゲーム。大人が遊んでこそ、本当の面白さが分かるというものだ。(2009/5/12)

橘十徳の「いいトシして玩具三昧」第16回:
歩いてイスカンダルに行ってみた――バンダイ「遊歩計」
バンダイの「遊歩計/宇宙戦艦ヤマト〜歩いてイスカンダルへ〜」は、ヤマトのストーリーを追体験しながらウォーキングができる歩数計。冬の間に付いた脂肪を取りたいと思っている人、一緒にイスカンダルへ行ってみませんか?(2009/4/14)

橘十徳の「いいトシして玩具三昧」第15回:
寝起きの一発で気分スッキリ――バンダイ「ガンオクロック」
今回はバンダイから発売されたユニークな目覚まし時計「ガンオクロック」を紹介しよう。アラームを解除するためには専用ガンで的に命中させなければならないというこの時計。起き抜けで寝ぼけた頭もすぐにスッキリ。(2009/3/17)

橘十徳の「いいトシして玩具三昧」第14回:
「人生銀行 ニッポンの50年」で青春時代を振り返ってみた
今回は、タカラトミーから発売された貯金箱「人生銀行 ニッポンの50年」を紹介しよう。液晶画面が付いたこのユニークな貯金箱を使えば、日本のさまざまな時代を舞台にしたストーリーを楽しみながらお金をためられる。(2009/2/17)

橘十徳の「いいトシして玩具三昧」第13回:
穴に指を入れる快感――バンダイ「ツッツキバコ」
今回紹介するのは、バンダイから発売された「ツッツキバコ」。穴があったらつい入れたくなる人間のサガを巧みに突いたこの商品は、今までにないユニークな魅力にあふれている。(2009/1/27)

橘十徳の「いいトシして玩具三昧」第12回:
衝動買いからディープな世界へ? 増田屋「ラジコン潜水艦」
今回紹介するのは、増田屋コーポレーションの「ラジコン潜水艦」。お手頃な値段で買えるこのラジコンは、手の平に乗るほどコンパクトなので遊ぶ場所にも困らない。クルマやヘリコプターに飽きた方は要注目だ。(2009/1/6)

橘十徳の「いいトシして玩具三昧」第11回:
得した気分になる歩数計「タクシーウォーカー」
今回紹介するのは、ハピネットの歩数計「タクシーウォーカー」だ。歩いた距離をタクシー料金に換算して表示するという前代未聞のこの商品。果たして減量の強い味方になるのだろうか?(2008/12/16)

橘十徳の「いいトシして玩具三昧」第10回:
大人っぽくなった「フラワーロック」で懐かしい音楽に浸る
1980年代に一世を風靡した「フラワーロック」がバージョンアップして帰ってきた! 20年ぶりの「フラワーロック2.0」は、音楽に反応して踊るだけでなく、さまざまな色に光ったり、スピーカーとして使えたりと大幅に進化している。(2008/12/2)

橘十徳の「いいトシして玩具三昧」第9回:
「ペコッぱ」に延々と愚痴を聞いてもらおう
今回は、さまざまなアクションで見る者を癒してくれる「ペコッぱ」という商品をご紹介しよう。その場の空気を読んで相づちを打ってくれるというこの商品。ストレスがたまっている人は必見だ。(2008/11/18)

橘十徳の「いいトシして玩具三昧」第8回:
“壁を走る”不思議な感覚、タカラトミー「エアロスパイダー」
今回紹介するのは、新感覚の赤外線コントロールカー「エアロスパイダー」だ。その名の通り、クモのように壁に張り付いて走行できるというこのマシン。普通のR/Cカーに飽きた方は要注目だ。(2008/11/4)

橘十徳の「いいトシして玩具三昧」第7回:
動力のないトミカが“びゅんびゅん”走るサーキット
タカラトミーが発売した「トミカ びゅんびゅんサーキット」は、ミニカーの定番として人気の高いトミカを自動的に走らせることができるサーキット。お気に入りのミニカーが疾走する姿を存分に楽しもう。(2008/10/21)

橘十徳の「いいトシして玩具三昧」第6回:
“セレブなせんし”の貯金伝説、タカラトミー「バンククエスト」
今回は、タカラトミーが発売した「貯金伝説 バンククエスト」を紹介しよう。ロールプレイングゲームをプレイしながらお金を貯められるというこの貯金箱。がんばって貯金してゲームを攻略しよう。(2008/10/7)

橘十徳の「いいトシして玩具三昧」第5回:
大人も楽しい調理玩具「ふとまきまっきー」
ごはんと具を入れてハンドルを回すだけで、バラエティーに富んだ太巻きや細巻きを自在に作ることができる。バンダイの「ふとまきまっきー」は、子どもから大人まで楽しめるおもちゃ感覚の調理器具だ。(2008/9/24)

橘十徳の「いいトシして玩具三昧」第4回:
涼しげな水玉に癒される? 超撥水ゲーム「アクアドロップ」
普通の撥水加工を超えた“超撥水”。この特殊加工を応用したゲームが、バンダイから新しく発売された「アクアドロップ」だ。水を入れるだけでアラ不思議、小さな水玉となって盤面を転げ回る。(2008/9/9)

橘十徳の「いいトシして玩具三昧」第3回:
しゃべる棒に熱くなれ! バンダイ「棒ゲ〜<男トーキング>」
今回はバンダイが発売したばかりの新商品「棒ゲ〜」をご紹介しよう。手の平に棒を立ててバランスを取り、どれくらいの時間そのままでいられるかを競うこの玩具。シンプルなのになぜか熱くなってしまう不思議な魅力がある。(2008/8/12)

橘十徳の「いい歳して玩具三昧」第2回:
テレビで楽しめるデジタル顕微鏡「アイクロップス」で未知の世界をのぞく
今回取り上げるのは、バンダイが発売したデジタル顕微鏡「アイクロップス」だ。テレビに接続することで、対象物を約200倍の大きさに映し出すというユニークなおもちゃは、その機能以上にデザインもなかなか独特で魅力的である。(2008/7/29)

橘十徳の「いいトシして玩具三昧」第1回:
難しさがクセになる? 「野球盤エース」で新魔球
記念すべき新連載の第1回に取りあげるのは、「野球盤エース」。半世紀にわたる長い歴史を経てリリースされたこの製品には、なんと今までになかったまったく新しい“魔球”が搭載されている。(2008/7/15)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。