ビジネスオンライン  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「ハーバード大学」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「ハーバード大学」に関する情報が集まったページです。

米公衆衛生局長官、SNSに「青少年の健康を損なう可能性」警告ラベルの表示を提唱
米公衆衛生局のマーシー長官は、SNSの利用が青少年の精神的健康を損なう可能性があるという警告ラベルの幼児を推進すると発表した。たばこやアルコール製品のラベルと同様の警告が必要だと主張している。(2024/6/18)

Microsoft、ロンドンに新AI拠点開設 トップには元DeepMindとInflectionの幹部
Microsoftは英ロンドンに「Microsoft AI」の新拠点を開設したと発表した。トップにはDeepMindとInflectionでAIエンジニアを務めたジョーダン・ホフマン氏を迎える。(2024/4/9)

ビジネスフレームワークの教科書:
マクドナルドの戦略はどうなの? 国内ハンバーガー業界を分析
ハンバーガーチェーンの「マクドナルド」は国内で最も店舗数が多いが、どのような戦略なのか。業界を分析したところ……。(2024/3/28)

『信長の野望』開発者に聞く 「シブサワ・コウ」という創業者の名を背負う重責
「スーパーマリオ」「ドラクエ」よりも長い歴史を持つ「信長の野望」シリーズ。『信長の野望 出陣』の開発者プロデューサーに「シブサワ・コウ」という創業者の名を背負う重みを聞いた。(2024/3/23)

SNSの栄枯盛衰を振り返る【第2回】
「YouTube」はSNS? 老いも若きも愛する“老舗SNS”6選の特徴を紹介
老舗の風格がただよう主要なSNSといっても、家族の誰かが毎日アクセスしているほどなじみ深いものから、日本ではあまり知名度のないものまでさまざまだ。筆者の独断で選んだ6つの“老舗SNS”の特徴を紹介する。(2024/2/22)

記録媒体はDNA、いつまでも使えるストレージ【前編】
SSDやHDDとは別物「DNAストレージ」は普通じゃない 桁外れな能力とは?
SSDやHDD、テープといった既存のストレージ技術では、データを保管し切れなくなる日が近づいている。革新的なストレージとして期待を集め、実用化が近づいているのがDNAストレージだ。その桁外れな能力に迫る。(2024/2/11)

AI生成コンテンツを見分けられるか?【第4回】
AI検出は「ChatGPTの文」をどこまで見抜けるのか? 複数ツールで試してみた
コンテンツがAI製なのか、人間製なのかを判別するための「AIコンテンツ検出ツール」がある。その実力はどうなのか。OpenAIをはじめ、複数のベンダーが提供する検出ツールを実際に使ってみた。(2024/2/3)

Innovative Tech:
中年以上は“マルチビタミン”を毎日飲むと記憶力低下を軽減できる? 500人以上が2年間飲み続けた結果は
米ハーバード大学などに所属する研究者らは、マルチビタミン/ミネラル(MVM)サプリメントの摂取が高齢者の認知機能に与える影響を調査した研究報告を発表した。(2024/1/30)

武尊を大谷翔平のような世界的スターに 格闘技団体「ONE」が見いだした日本市場の魅力
格闘技団体「ONE Championship」は1月28日、東京・有明アリーナで格闘技イベント「ONE 165 : Superlek vs. Takeru」を開催する。チャトリ・シットヨートンCEOに、今大会に向けての意気込みを聞いた。(2024/1/26)

出社を促すオフィスデザイン【後編】
「隠れたメッセージ」でやる気を引き出す、オフィスデザインの現実解
「出社したくなるオフィス」を設計する上で、自然とのつながりを感じられる「バイオフィリックデザイン」は有効なアイデアだが、実現は容易ではない。手の届く範囲で工夫できる「帰属意識を高めるデザイン」とは。(2024/1/12)

生成AI時代の価値創造:
収益が指数関数的に急上昇する「AIぐるぐるモデル」とは?
AI時代の価値創造の方法では、収益は逓増する。規模が大きくなればなるほど、指数関数的にもうかるようになる。その仕組みとは?(2023/12/12)

50以上の企業、スタートアップ、大学、研究機関、政府機関などが参加:
MetaやIBMなど50以上の組織が、オープンかつ安全で責任あるAIを推進する「AI Alliance」を創設
MetaやIBMなど50以上の組織が共同で、オープン、安全で責任あるAIを推進する「AI Alliance」を立ち上げた。(2023/12/8)

OpenAIの新取締役3人のプロフィール
OpenAIが発表した“初期段階”の取締役会のメンバー、アダム・ディアンジェロ氏、会長になるブレット・テイラー氏、ラリー・サマーズ氏のプロフィールを簡単に紹介する。(2023/11/24)

米スターバックスの「男女格差対策」がすごい 日本企業でもマネできる一歩は
日本のジェンダー不平等は世界的に見て深刻な状況にあります。なぜ今、ダイバーシティ推進に力を入れる必要があるのか、また、社内のジェンダー不平等にどのように対応・開示していけばよいのか、米スターバックスの事例をもとに解説します。(2023/11/20)

最初は注目されなかった:
ノーベル賞受賞のカリコ氏が語る「苦難と信念」 コロナワクチン開発に貢献した開拓者精神とは?
ノーベル生理学・医学賞に、コロナワクチンの開発に貢献した独ビオンテック社のカタリン・カリコ上級副社長と、米ペンシルベニア大学医学大学院のドリュー・ワイスマン教授が選ばれた。その背景には、苦難の研究者人生があった。困難にめげず信念を貫いて道を切り開いた姿勢は、多くの経営者のヒントになるだろう。(2023/10/3)

「LK-99は超電導体ではない」 Nature誌が掲載 世界中の科学者の追試結果を紹介
LK-99は超電導体ではない──英学術誌「Nature」は、そんなタイトルの記事を公開した。韓国チームは7月、「常温常圧で超電導性を示す物質を合成した」とする査読前論文を公開していたが、Natureはこれを否定する研究者たちの証言を紹介した。(2023/8/17)

ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術:
「即レス」は脳を疲弊させる?! 能力発揮するための睡眠習慣とは
オンとオフの切り替えがはっきりしていないためにこのリズムが狂ってしまうと、毎日の睡眠で疲れが取りきれず、心身ともに疲弊していく。どうすればいいのだろうか。(2023/7/27)

企業価値は3400万ドルと評価:
ハーバード中退コンビのLLM向けチップ新興が資金獲得
ハーバード大を中退した20代コンビによるAIチップ新興Etched.aiが、シードラウンドで536万米ドルを獲得した。同社のLLMアクセラレーターは、NVIDIAのH100 PCIeと比較し、1ドル当たり140倍のスループットを達成できるという。(2023/6/14)

高嶋ちさ子、出演番組での暴言を夫にとがめられ“発言自粛”宣言 「私はテレビに出ちゃいけない人」に応援の声
歯に衣着せない物言いが人気の高嶋さん。(2023/6/13)

ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術:
人生とは今日1日のことである。「今ここ」に集中できる人が成功も幸福も手にするワケ
今日という1日、この24時間は、あらゆる人に平等に与えられている唯一のものだが、「24時間をどう使うのか」という問いは、人類にとって永遠の課題である。(2023/6/1)

初心者がソフトウェアエンジニアになれる5つのステップ【第5回】
初心者でも就活で“無双”するための「エンジニアが取るべき認定資格」はこれだ
初心者がソフトウェアエンジニアとしての成功を目指すには、まずはソフトウェアエンジニアとして勤務することが大切だ。就職活動で自身のスキルをアピールするために、何をすればよいのか。やるべきことは2つある。(2023/5/29)

生成AIブームの裏にひそむ「AIリスク」 ハーバード大で起業した日本人経営者が語る“AIとの向き合い方”
生成AIをはじめとするAIモデルのリスクや法整備を含む社会の動向、日本企業のAI管理の事例について、「AIリスク」分野の専門家に聞いた。(2023/5/11)

「不真面目」DXのすすめ:
「苦しいDX」から脱却するためにすべきこと 秘訣を伝授【前編】
猫も杓子もDXに取り組む今、「DXの号令がかかったせいで苦労が絶えない人」も多くいるはずです。筆者が過去の経験から伝授する、「苦しいDX」から脱却して成果を出すための“意外な秘訣”とは。(2023/4/21)

ものづくり経営学の基本は「良い流れ」の現場力と「良い設計」の構想力である
日本において国際競争力の高い製造企業は、概して「多能工のチームワーク」に基づく統合型組織能力が高い。例えばトヨタ生産方式は約200の組織ルーティンにより顧客へ向かう「良い設計の良い流れ」を維持し向上させている。その基本形は、デジタル化時代においても変わることはない。この観点から、21世紀のものづくり経営学を論じる。(2023/4/19)

明るいサステナビリティ変革:
サステナビリティ変革のしわ寄せ、どこにいく? 根本を変える「CSV」という考え
サステナビリティ変革を推進する中で、そのしわ寄せはどこにいくのでしょうか? 事業成長とサステナビリティはトレードオフという考えを根本から変える「CSV」という概念を紹介します。(2023/4/17)

働く女の“いらいら”:
「妊娠したら辞めてくれ」――マタハラがまん延する職場の特徴と対処法
本連載では、職場で働く女性ならではの“お悩み”を解説する。今回のテーマは「妊娠報告・産休・育休」。マタハラがまん延する職場の特徴と対処法とは?(2023/2/27)

日本マイクロソフトの新社長にBCG出身の津坂美樹氏 米ハーバード大でMBA取得、DXなどに精通
日本マイクロソフトは新社長に米ボストン コンサルティング グループ(BCG)出身の津坂美樹氏が就任すると発表した。(2023/2/1)

日本マイクロソフト新社長に元ボストン コンサルティンググループCMOの津坂美樹さん
日本マイクロソフトは1日、新社長にボストン コンサルティング グループ(BCG)出身の津坂美樹(つさか みき)さんが就任したと発表した。(2023/2/1)

Payments Dive:
ハーバード大の教授が指摘する「BNPL(後払い決済)のリスク」とは
インフレが続く中、消費者の間でBNPLの利用が広がっている。一方で専門家は、金銭状況が悪化する消費者の増加を受け、BNPLの利用に警鐘を鳴らす。(2023/1/30)

Social Media Today:
NikeやDisneyのようなブランドパーパスを設定するために有効な5つの「なぜ?」
重要なのはあなたのブランドが「何を売っているのか」ではなく「なぜ存在しているのか」だ。NikeやDisneyのような「唯一無二のパーパス」を設定するための方法とは?(2023/1/26)

Social Media Today:
SNS担当者なら知っておきたい「ブランドパーパス」入門
製品やサービスをより明確なブランドパーパスに分解し、今後の戦略的アプローチの指針とするための方法を紹介する。(2023/1/25)

Innovative Tech:
細長い触手たちを物に絡ませてつかむソフトグリッパー 米ハーバード大などが開発
米Harvard Universityと米MIT、ドイツのZuse Institute Berlinによる研究チームは、複数の細長い触手の集合体で物体をつかむソフトグリッパーを提案した研究報告を発表した。空気を送ると伸びた触手は丸まり、壊れやすいものや不規則な形状のものをつかむ。(2022/11/1)

クラゲを参考にした触手ロボ、ハーバード大が開発 くねくね動いて物体を持ち上げる
不思議な動きで物を優しくキャッチ。(2022/10/31)

コスパの高いスキル:
英語ができれば給与はアップするのか 年収1000万円の壁
英語力がある人は給与が高い――。そんな話を聞いたことがあるが、実際のところはどうなのか。調査データを見ると……。(2022/10/6)

Q&A 総務・人事の相談所:
「目標未達に慣れた」社員たち やる気に火を付ける、たった1つの方法
【Q】売上高と経常利益の目標を立てていますが、いまだに一度も達成したことがありません。社員は達成できないことに慣れてきたように感じます。何か良い方法はありませんか。(2022/9/30)

仕事は「量」ではなく「率」 最短で結果を出す5つのステップとテクニック
(2022/9/17)

大学が取り組む「SDGs達成のためのデータ分析」【前編】
教員は学生に“刺激”を与えていない――ある大学教授を本気にさせた2冊の書籍
アムステルダム大学とマサチューセッツ工科大学が、データ分析を活用してSDGsの達成を目指す非営利団体を設立した。団体設立に至った理念とは。共同設立者に聞いた。(2022/9/7)

理想のキャリアを積める(物理) カプセルトイ「積みたいキャリア積み木」が登場
ある意味で教育玩具。(2022/8/29)

解法を解説し、同じような問題を作り出すことも可能:
大学レベルの数学を数秒で解く機械学習モデル「OpenAI Codex」、性能改善の裏側に迫る
ニューラルネットワークは高度な数学の問題を解くことはできないと広く信じられてきた。MITはこの神話を打ち破るため、ニューラルネットワーク「OpenAI Codex」を用いてテキストで事前学習し、コードで微調整することで、大学レベルの数学問題を正答率81%で解くことに成功した。これまでの正答率は8.8%だったという。さらに問題について解説したり、新たに問題を生成したりすることも可能だ。(2022/8/9)

製造業がサービス業となる日:
現代家庭は既にミッションインポシブル、パナソニックが目指す家事解放の新たな形
パナソニック ホールディングスは「くらしのウェルビーイング」の実現に向けた取り組みを強化。2022年7月29日には、同社 代表取締役 社長執行役員 グループCEOの楠見雄規氏、執行役員でくらしソリューション事業本部長である松岡陽子(ヨーキー松岡)氏が共同インタビューに応じ、これを実現する1つの取り組みとして、Yohanaサービスについて説明した。(2022/8/9)

Googleさん:
マクラーレン、ホイールにChrome搭載で爆速に?
マクラーレンF1チームがGoogleとのパートナーシップを発表しました。マシンにロゴを付けるだけではなく、「Android製品とChromeブラウザで支援」するそうです。ザク・ブラウンCEOが手にするAndroid端末は?(2022/3/19)

“ビリギャル”小林さやか、名門コロンビア大学院へ合格を報告 受験決意公表から2年「意思あるところに道は拓ける!」
ハーバード大学は残念ながら不合格に。(2022/3/15)

大愚和尚のビジネス説法:
僧侶という職業が“長生き”のワケ 働き方が激変しても、心身の健康を保つ「5つの習慣」
「健康で長生きしたい」とは、年を重ねるごとに誰もが抱く願望です。けれども残念ながら、誰もが健康で長生きできるわけではありません。仕事が「これから」というときに、大病を患ったり、「まだまだ」長く働けると思われていた人が突然亡くなったり……。かと思えば、100歳を超えてなお矍鑠(かくしゃく)としておられる方もある。なぜ、人は“順番に逝く”わけではないのでしょうか。(2022/2/21)

異色の日本人社長が見た米国モノづくり最前線(5):
【総括】日本のモノづくり再浮上のために――目指せ、製造業発のクールジャパン
オランダに育ち、日本ではソニーやフィリップスを経て、現在はデジタル加工サービスを提供する米プロトラブズの日本法人社長を務める今井歩氏。同氏が見る世界の製造業の現在とは? 今回は最終回として、これまでの連載内容を総括する。(2022/2/18)

甚大なソーシャルメディア障害【中編】
Meta(旧Facebook社)の障害に興味をそそられたエンジニアが反省すべきこと
単純なミスが連鎖的エラーを引き起こして重大な事態を招いたMeta(旧Facebook)の大規模障害。実は他の企業も“ひとごと”とは言えない事情が背景にある。(2021/12/28)

「学歴不問」は「実力不問」ではない:
そんなに学歴フィルターは「悪」なのか マイナビ「大東亜」騒動で見落としがちな視点
マイナビの失態で話題になった「学歴フィルター」。なんだかんだいって存在する「必要悪」ともいえる存在だが、筆者は今回の騒動で見落とされている視点があると指摘する。(2021/12/20)

米国は出身大学で大きな差:
なぜ日本の初任給は一律なのか? 不自然な「職能給」
欧米系の企業はジョブに基づいた職務給を、日本企業は人を基準とした職能給を主に採用しているといわれている。しかし、人事コンサルタントの筆者は、日本の賃金制度は全く“職能”に基づいていないと考えている。日米の賃金制度の違いから、日本の賃金制度の本質について考える。(2021/11/11)

Innovative Tech:
人を乗せたまま変形する「折り紙タイヤ」、ソウル大学が開発 オフロードと高速走行を切り替え
折り紙を応用した変形方法でオフロードと高速の両モードに対応。(2021/10/7)

Samsung、人の脳を半導体チップに“コピペ”する研究を発表
韓国Samsung Electronicsは、米ハーバード大学と共同で、人間の脳の構造を1つの半導体チップにコピー&ペーストする研究を行っていると発表した。(2021/9/27)

イグ・ノーベル賞、日本人が15年連続受賞 “歩きスマホ”巡る研究で
人々を笑わせる研究に対して与えられる賞「イグ・ノーベル賞」の動力学賞を、京都工芸繊維大学の村上久助教授などで構成された研究チームが受賞した。研究内容は、歩行する集団の一部が“歩きスマホ”をすることで、全体の歩く速度が遅くなることの調査。日本人の受賞は15年連続。(2021/9/10)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。