ビジネスオンライン  >  キーワード一覧  > 

「文系」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「文系」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

世界を「数字」で回してみよう(59) 働き方改革(18):
リカレント教育【前編】 三角関数不要論と個性の壊し方
今回から前後編の2回に分けて、働き方改革の「教育」、具体的には「リカレント教育」を取り上げます。度々浮上する“三角関数不要論”や、学校教育の歴史を振り返ると、現代の学校教育の“意図”が見えてきます。そしてそれは、リカレント教育に対する大いなる違和感へとつながっていくのです。(2019/6/24)

「この顧客の成約確率は?」文系でもAI活用 ソニーが予測分析ソフト無償提供
ソニーは機械学習を使った予測分析ソフトウェア「Prediction One」の提供を開始した。ソニーグループ各社で、ダイレクトマーケティングやシフト配置、CRMなどに活用していたものを、外部の法人に提供する。(2019/6/12)

「電流の単位は?」「ブレーカーが落ちるのは何ワット?」 文系でも覚えておきたい“生活に役立つ科学の知識”
覚えておくといろいろ便利。(2019/6/13)

2020年卒業予定の学生に調査:
AIやIT職の仕事内容がイメージできない学生多数 マイナビ
マイナビが発表した「マイナビ AI推進社会におけるキャリア観に関するアンケート」の結果によると、2020年卒業予定の学生の75.4%がAIやITに関連した職種を志望していないことが分かった。(2019/6/11)

モノづくり総合版メルマガ 編集後記:
計測技術とおっぱいの話
まじめな話です。(2019/6/6)

PR:夢のエネルギー「核融合発電」、その実現を目指す国際プロジェクト「ITER」とは?
地球のエネルギー問題を解決する可能性を秘めた「核融合発電」。夢の発電方式といわれていたこの技術を、実現に近づける国際プロジェクト「ITER」が現在進行形で進められている。そしてこのITERには、核融合領域だけにとどまらない、さまざまな日本人の技術者が参画できる可能性があるという。(2019/6/3)

よくわかる人工知能の基礎知識:
文系でも分かる「機械学習」のススメ 教師あり/なし、強化学習を解説
よく耳にするようになった「機械学習」という言葉。機械学習にはどのような種類があって、どのようなことができるのか。(2019/5/23)

動かなくちゃ分からないことがあるんだ!:
求人サイト、カバーレター、コーディング面接――「行動駆動キャリア開発」エンジニアの北米企業就業譚
カナダのIT企業で働いて分かったこと。それは、意外な事実と自分の価値観だった――。(2019/4/18)

採用枠を増やす企業も:
20卒採用も「売り手市場」続く 「内々定辞退対策」も加速
マイナビが2020年新卒採用に対する企業の意識や動向をまとめた調査結果を発表した。採用活動は前年よりも前倒し傾向で、売り手市場が続く。(2019/4/16)

平均17.3社にエントリー:
20年卒の学生、積極的に就活開始 3月時点で6割以上が一次面接へ
マイナビが2020卒学生の就職活動状況に関する調査を発表した。学生の就活は3月中にどこまで進んだのか。(2019/4/11)

ゴーン報道の「第一人者」が語る【前編】:
ゴーンという「怪物」を生んだのは誰か 日産“権力闘争史”から斬る
ゴーンという人物は結局、日本の企業社会において何者だったのか――。長きにわたって日産とゴーンを追い続けてきた「第一人者」に、“怪物”が生まれた真因について直撃した。(2019/4/10)

平成の人気企業:
文系・理系の1位は? 2020年卒、就職人気ランキング
マイナビと日本経済新聞社は共同で、2020年卒学生を対象にした「就職企業人気ランキング」を実施し、上位100社を発表した。文系・理系の1位は……(2019/4/9)

「Plesk」導入でコマンド要らず:
PR:“初心者にやさしい”って本当? 文系記者がGMOのクラウドサーバ「ALTUS(アルタス)」でWebサイトを立ててみた
専任のIT担当者を置かず、業務部門の担当者にサーバ管理などを任せる例が、中小企業やベンチャー企業などで散見される。そんな“ムチャぶり”を受けた人の助けになるのが、GMOクラウドが提供するIaaS型パブリッククラウドサービス「ALTUS(アルタス)」である。UIを工夫し、初心者でも簡単に使いこなせる点が特徴だ。今回は、文系出身の記者が同サービスをゼロから体験し、その使い勝手をレポートする。(2019/4/8)

理系人気加速:
2020年卒の内々定率、理系男子は15%以上 マイナビ調査
マイナビが2020年卒の就職内定率調査を発表した。3月末時点の内々定率は12.7%と、16卒の調査以来過去最高。(2019/4/5)

Microsoft Azureで解決!
Windows Server 2008を使い続ける方法
「Windows Server 2008」の延長サポートが2020年1月に終了する。「早めに移行しましょうとはいうけれど、本当に移行しなきゃだめなの? 忙しい中での移行は大変過ぎる……」と嘆くある企業の課長に、中村ちゃんが教える解決策とは。(2019/3/27)

文系・理系ともにトップは:
大学3年生に聞く、就職したい企業ランキング
2020年3月卒業予定の大学3年生は、どんなところで働きたいと考えているのだろうか。就職したい企業・業種ランキングを見ると……。リスクモンスター調べ。(2019/3/3)

大手に絞りすぎ?:
3月から就活が本格的にスタート 企業の絞り過ぎて“持ち駒”ゼロの声も……
平成32年卒業予定の大学3年生らの就職活動が3月1日から本格的にスタートします。(2019/2/28)

教えて! キラキラお姉さん:
仮説と異なる結果が出たら、どう説明しますか?
後藤さんは、マルチデータ分析プロとして、ヤフーのサービス開発に参加している。時には店舗の現場で利用者の行動を直接観察し、時にはビッグデータから現れるユーザーの行動と向き合う。データに語ってもらう秘訣(ひけつ)と、チームの作り方を聞いた。(2019/3/1)

Facebook利用者は減少:
大学生に聞く、最も信頼できるメディアは「新聞」。だが……
情報源として最も信頼できるメディアは何ですか? 2020年卒業予定の大学生(大学院生を含む)聞いたところ、7年連続で「新聞」がトップ。ただ、その割合は年々減少していて……。マイナビ調べ。(2019/1/29)

水曜インタビュー劇場(投影機公演):
直径500メートルに星、星、星! 世界最大のプラネタリウムに迫る
2019年、これまで誰も見たことがない「プラネタリウム」が登場するかもしれない。たくさんの星を映し出すのではなく、ものすごくキレイに見えるわけでもない。ドーム球場の屋根に映し出すことができるのだ。世界最大のプラネタリウムはどのような仕組みになっているのかというと……。(2019/1/23)

「時代を映す鏡」:
来年卒の就活生も「銀行離れ」鮮明 人気の業界は?
学生の就職人気ランキングは「時代を映す鏡」といわれる。企業の業績不振や不祥事、採用減といったニュースが伝えられると、その企業や職種への就職を敬遠する学生が増え、ランキングが落ちるからだ。(2019/1/22)

適当すぎるだろ! 2月が28日までしかない理由
給料日の間隔は早くなる。でも締切の間隔も早くなる……。(2019/2/1)

ITmedia エンタープライズ セキュリティセミナーレポート:
インシデントの芽をつぶせ 脆弱性診断のプロが語る、企業セキュリティの“よくある盲点”とは
さまざまな企業の脆弱性診断を重ね、現在はさくらインターネットのCSIRTも運営するゲヒルン。創業者の石森氏が、インシデントの被害抑止に役立つ企業セキュリティの“盲点”をどう見つけてきたかを語った。(2019/1/15)

良心学の専門家に聞く:
仮想通貨「良心は欲を制すか」 小原克博教授
あの騒動が、リアル(現実)社会に何を残したのかは今もって見えづらい。平成30年に相次いだ仮想通貨の流出問題である。ハッカー対策を怠ったという交換業者への責任追及で終わるなら、根本的な解決にはならないだろう。政府や中央銀行の枠組みを超えるという仮想通貨の理想は、嘘だったのか。バーチャル(仮想)世界で暴走する欲望に、歯止めをかけることはできるのか。社会課題を良心の観点からひもとく新しい学問「良心学」を提唱した同志社大神学部の小原克博教授に尋ねた。(小野木康雄)(2019/1/10)

それって意味なくね?:
zip添付に後続パスワードは、意味のない「ITしぐさ」――2018年、ソーシャルで話題になった「自分戦略研究所」の記事ベスト10
全米が「オカシイ」と思っていた――Facebookのアクション数で振り返る2018年の自分研人気記事、1位はみんながモヤっていたあの「ITしぐさ」の解説記事でした。(2018/12/28)

車を愛すコンサルタントの学生フォーミュラレポ2018(2):
「速いマシンは美しい!」と何度でも言おう
お待たせ! 恒例企画。車とバイクが大好きなモノづくりコンサルタントから見た「全日本学生フォーミュラ大会」。2018年も楽しくレポートします! さて第2回はどの大学が登場するでしょうか。(2018/12/28)

未来のホリエモンか、単なる“意識高い系”か:
「東大生起業ブーム」の虚実
東大生の間で起業がブーム。専門サークルも人気だがなぜか大企業への就職が大半。起業自体が目的化している側面もある。(2018/12/25)

マイナビ転職×@IT自分戦略研究所「キャリアアップ 転職体験談」新春Special 2019:
PR:転職バーのハルカさん×きのこる先生 2019年もその先も生きのこるエンジニアは、手土産上手
そこそこのITベンダーで働くそこそこのシステムエンジニア「シュウヘイ」は、今日も転職バーの「ハルカさん」に、悩み相談(というのは口実で、単に甘えたいだけ)にやってきた(ここまでは2018年1月と一緒)。しかし、そこで彼を待っていたのは……!(2018/12/25)

モノづくり総合版メルマガ 編集後記:
リケジョ推しが解せない話と人事選考時の色眼鏡
時代も急激に変化しているので、人材登用も変化しなければ。(2018/12/13)

志望業界選びで悩む人も:
20年新卒の志望業界ランキング 3位は「化学」、2位は「食品」 1位は……?
20年卒の学生のうち、志望業界が明確に決まっている人は21.4%。人気の業界は「水産・食品」(17.7%)、「素材・化学」(17.2%)などだった。1位は……?(2018/12/5)

これからのAIの話をしよう(メディア編):
「世の中が変わることが面白い」 84歳の田原総一朗氏がAIに興味を持つ理由
ジャーナリストの田原総一朗さんは、なぜ人工知能の取材を熱心に続けているのか。AIに関心を持ったきっかけや、取材を通して感じたAIへの思いを聞いた。(2018/11/27)

エンジニア不足に「次の一手」:
PR:札幌市にIT企業が集積している理由
「エンジニア不足」が日本全体で課題となっている中、札幌市に多くのIT企業が進出をし始めている。その理由に迫った。(2018/11/19)

今日できないことが明日できるようになるのがうれしい:
「勉強するのはアタリマエ」な市原睦美さんが考える「学生時代に身に付けておくべき技能」とは
リクルートテクノロジーズで社内共通基盤の開発などに携わる市原睦美さんは、日々新しい技術を勉強し、実際にプロジェクトに取り込んでいるという。勉強とは彼女にとって何なのか、どのような勉強方法を実践しているのか、@ITが聞いてみた。(2018/11/15)

U&Iターンの理想と現実(51):
徳島編:東京でそこそこだったエンジニアが、地元で輝きを取り戻した日
地方のIT企業の仕事は公共の受託開発がメイン。いつまで続けられるか分からない。そんな不安にかられた筆者がとった行動は?――「ITエンジニア U&Iターンの理想と現実 徳島編」。最終回のテーマは、地方での仕事の作り方です。(2018/10/18)

関東第一高等学校・横山北斗教諭の挑戦【前編】
東京大学にIT活用で合格した現役教員 受験に活用したアプリとは?
教育分野のIT活用が広がらない要因の一つに、「受験にITが有効かどうか分からない」といった意見がある。本当にそうなのか。ITを活用した受験勉強に挑んだ、ある現役教員に話を聞いた。(2018/10/15)

「AI」エンジニアになるための「基礎数学」再入門(1):
AIは「単なる関数」、数学は「言語の一つ」、「文系出身」でも問題ない――Pythonで高校数学の範囲から学び始めよう
AIに欠かせない数学を、プログラミング言語Pythonを使って高校生の学習範囲から学び直す連載。初回は、「AIエンジニア」になるために数学を学び直す意義や心構え、連載で学ぶ範囲について。(2018/10/10)

デスクトップPCが動かせる……! リュックサックの「コンセントのような部分」をコンセントにする工作がロマン
似てるデザインから“ホンモノ”を搭載させるガチっぷり。(2018/10/9)

東京大学教育学部附属中等教育学校のIT導入事例
東大附属が汎用スキャナーで使える自動採点システムを導入、その選定理由は?
双生児研究で知られる東京大学教育学部附属中等教育学校が、マークシート形式のテストを自動採点できるシステムを導入した。同校教諭の對比地 覚氏に、その選定理由や導入効果を聞いた。(2018/9/27)

いないなら育ててみよう、セキュリティ人材 シスコの「学生向け人材育成プログラム」の中身
シスコシステムズが、サイバーセキュリティ人材育成を目指して2017年4月から実施してきた「サイバーセキュリティ スカラシップ プログラム」の模様を公開した。(2018/9/25)

コラムニスト同士の結婚もありました:
「10」にちなんだコラムや小説で「エンジニアライフ」の10周年を振り返る
2018年9月10日に10周年を迎えた「エンジニアライフ」を、コラムニストたちがあの手この手で振り返ります。(2018/9/21)

教えて! キラキラお兄さん:
文系エンジニアですが、ハッカーになれますか?
セキュリティ会社起業、ファイル共有ソフト「Winny」の暗号解読成功、政府の「情報保全システムに関する有識者会議」メンバー、「CTFチャレンジジャパン」初代王者――華々しい経歴をほこる“ホワイトハッカー”杉浦隆幸さんは、20代で創業し17年たった会社を去った後、新しい取り組みを始めた――。(2018/9/14)

「多重下請け+客先常駐+偽装請負」のコンボで業火に包まれるな:
IT業界の仕組みと偽装請負の闇を分かりやすく解説しよう
上流企業のエンジニアは、プログラミングを行わないって本当?――IT業界への就職/転職を考えている学生や若手エンジニアに贈る、エンジニアとして希望通りのスタイルで活躍するために知っておきたいIT業界の仕組みと慣習、そして自分に合ったIT企業の選び方。(2018/9/11)

長谷川秀樹のIT酒場放浪記:
どん底に追い込まれたから大逆転がある――日清食品 執行役員 CIOグループ情報責任者 喜多羅滋夫氏
P&G、フィリップモリスジャパンなど、外資系企業の日本法人のシステム部門を経て、日清食品でCIOを務める喜多羅滋夫氏。華やかな経歴を持ちながら、実は「紆余曲折あっての人生」だったという喜多羅氏が語るITエンジニアの成長の糧となる挑戦やキャリア形成のコツとは。(2018/9/7)

CAE:
「CAEが楽しい」地方の声から始まったCAE懇話会、ベテランの知見を後世へ
どのような経緯でCAE懇話会が生まれ、どういった取り組みを行ってきたのか。立ち上げ時から幹事を務め、同会の歴史を知る副理事長でアルゴグラフィックス 営業本部 HPC推進部長の辰岡正樹氏に、最近のCAEの動向や参加者の傾向なども含めて聞いた。(2018/8/31)

マイナビ転職×@IT自分戦略研究所 「キャリアアップ 転職体験談」:
PR:第54回 「手を動かして良いモノを作る」に専念したい――転職を機に初志を実現したエンジニア
「転職には興味があるが、自分のスキルの生かし方が分からない」「自分にはどんなキャリアチェンジの可能性があるのだろうか?」――読者の悩みに応えるべく、さまざまな業種・職種への転職を成功させたITエンジニアたちにインタビューを行った。あなたのキャリアプランニングに、ぜひ役立ててほしい。(2018/8/30)

CEDEC 2018:
「8割がソシャゲの相談」 ゲームAI注目されるワケ、「がんばれ森川君2号」開発者が語る
「がんばれ森川君2号」開発者・森川幸人さんは、ゲーム業界でAI技術を使った開発の需要が高まっていると話す。特にソーシャルゲームを作る会社からの相談が増えたという。(2018/8/27)

長谷川秀樹のIT酒場放浪記:
情報部門は一番の“業務コンサル”であれ――コーセー 情報統括部長 小椋敦子氏
会社全体の業務の流れを把握できる情報部門は“業務コンサル”であるべきと語るコーセー 情報統括部長 小椋敦子氏。女性ならではの視点で斬る、AIやRPAとの向き合い方や、女性情シス部長・CIOを育てるコツとは?(2018/8/24)

学校で人気の女子が図書室に通う理由は……? 気持ちを隠せない女子と気付かない鈍感男子の漫画に青春を感じる
前途多難かもしれない。(2018/8/9)

人文社会科学の学生も“AIを使いこなす人材”に 関西学院大、日本IBMとプログラム開講
関西学院大学と日本IBMが、AIを“使いこなす”人材を育てるプログラムを、2019年4月から同大学の生徒向けに開講する。(2018/7/10)

ママさん設計者と考える「モノづくりキャリア」(前編):
「何をしてきたか」ではなく「何ができるか」、これからのモノづくりキャリア
設計者になるまで紆余曲折があった「ママさん設計者」こと藤崎淳子氏だが、現在は未来を支えるモノイストである児童や学生たちの教育に取り組む。藤崎氏と一緒に、これからのモノづくりキャリアについて考えていこう。(2018/7/6)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。