ビジネスオンライン  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「社長」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「社長」に関する情報が集まったページです。

データ活用の肝は“プロセス最適化”と“プラットフォーム化”――TDSL新社長が語る
ビジネスにおける積極的なデータ活用が求められる今、ITベンダーとしてはこの支援に向けてどのような方向性を打ち出していくべきなのか。東芝デジタルソリューションの社長である岡田俊輔氏が同社のデジタル事業戦略を詳細に語った。(2022/8/12)

0円廃止で収益改善に向かう楽天モバイル 2023年中に人口カバー率99%を目指す
楽天モバイルの「0円ユーザー」の解約が増加したものの有料ユーザーは純増している。三木谷浩史会長兼社長は、完全有料化となる11月以降は利益がさらに改善すると自信を見せた。有料ユーザーに関しては「30%ぐらい伸びている」という。(2022/8/11)

楽天モバイル、契約数22万件減 “0円プラン”廃止で 三木谷社長「血を入れ替えられた」
楽天はモバイル事業について、契約数が546万件になったと発表した。5月の決算発表時は568万件としていたので、約22万件減ったことになる。月額料金0円から使えるプラン「Rakuten UN-LIMIT VI」を廃止した影響という。(2022/8/10)

ウチはお菓子屋:
銚子電鉄「まずい棒」 製造元が非公表だったワケ
千葉県鎌ケ谷市のキャラクター名をつけたスナック菓子「かまたん棒」が10日、市内限定で発売される。同市丸山の菓子会社「ニッポー」(青木健文社長)が製造した。同県の銚子電鉄の人気商品「まずい棒」と同じ棒状だが、「まずい棒」を製造していたのは実はニッポーだった。同社はそれを伏せてきた。その理由は。(2022/8/10)

製造マネジメントニュース:
「TDSLだけを考えるな」、東芝デジタルソリューションズ新社長のミッション
東芝デジタルソリューションズは2022年8月4日、同年3月に同社 取締役社長に就任した岡田俊輔氏の共同取材をオンラインで開催した。今後の同社の事業展開について、ビジョンや具体的な取り組みの計画などを語った。(2022/8/10)

緊急通報のローミングは「早めに対応すべき」――NTT島田社長一問一答(2022年8月編)
NTT(日本電信電話)が2022年度第1四半期決算を発表した。報道関係者向けの決算発表会では、KDDIと沖縄セルラー電話の通信障害に関する質問が相次いだ。主なやりとりを紹介する。(2022/8/9)

灼熱の日本:
電力ひっ迫の夏 エアコン掃除に強い「おそうじ本舗」の勝算
「おそうじ本舗」フランチャイズチェーン事業を展開するHITOWAライフパートナーの見澤直人社長に、ハウスクリーニング市場や今後の展望を聞いた。(2022/8/9)

GPUクラウドサービスへの懸念や課題を解消:
PR:GPUサーバの検討を重ね、たどり着いた結論は? 東京大学発ベンチャー社長に聞く
ハイスペックなGPUサーバは高額であり、サーバ管理も専門的なノウハウが必要なため、導入のハードルが非常に高い。中小企業におけるそんな悩みを解消し、ビジネスを強力に後押しするGPUクラウドサービスとは。(2022/8/3)

NTT持ち株、緊急通報ローミングに前向き 「できることから速やかに」
NTT(持ち株)の島田明社長は8日の決算発表会の場で緊急時のキャリア間ローミングに前向きな姿勢を示した。(2022/8/8)

房野麻子の「モバイルチェック」:
通信障害で返金のKDDI、増収減益の今後の行方 焦点は金融と法人
KDDIは7月29日、2023年3月期第1四半期決算の説明も行った。障害が起こったのは7月2日なので、当然、この決算に影響は出ていない。約款に基づく返金とお詫びの返金合わせて総額73億円の会計処理についても現時点では確定していない。なお、社長の高橋誠氏は売上増加やコスト削減の「経営努力でカバーする」と語り、業績予想は変更していない。(2022/8/8)

石川温のスマホ業界新聞:
au通信障害、なぜiPhoneは音声がダメでもデータ通信は使えたのか――高橋社長「iPhoneとAndroid、機種によって振る舞いが違う」
7月2日から4日渡って続いてKDDIと沖縄セルラー電話の通信障害。SNS上の報告を見ると「iPhoneはデータ通信だけできるのに、Androidはデータ通信もできなかった」という声が多かった。なぜ、このような事が起こるのだろうか。(2022/8/7)

楽天モバイル0円廃止の影響でIIJmioも好調 音声eSIMは「ドコモと協議している」と勝社長
インターネットイニシアティブの2022年度第1四半期の業績は増収増益と好調。個人向け「IIJmio」は楽天モバイルが0円廃止を発表した影響で、3.6万回線の純増となった。KDDI通信障害の影響でサブ回線需要が増し、eSIMが特に好調のようだ。(2022/8/5)

「PayPayはマネタイズの時期に」「KDDI通信障害は対岸の火事ではない」 ソフトバンク宮川社長
ソフトバンクが2023年第3月期1四半期の連結決算を発表した。携帯事業の値下げが響き、増収減益となった。登録者数が4800万人を超えたPayPayについては「これまでの種まきの時期から本格的なマネタイズの時期に移行したい」と宮川社長は言う。KDDIの通信障害については「対岸の火事ではない」と話し、事業者間ローミングでeSIMを活用する案を披露した。(2022/8/5)

「高橋社長は立派だった」 ソフトバンク宮川社長、au通信障害にコメント ローミングには「本気で考える時がきた」
ソフトバンクの宮川潤一社長が、KDDIが起こした大規模障害にコメント。「KDDIの高橋誠社長は立派に質疑応答などに対応しており、安心感があった」などと対応を評価した。(2022/8/4)

アズワン社長 井内卓嗣さん(53) 包括的に研究者支え 海外でも好評
約8年で、研究用理化学機器などの取扱商品が10万件から600万件に増えた。(2022/8/4)

アパホテルとコラボ:
ルノアールで「アパ社長カレーカツサンド」 一部店舗で限定発売
アパホテルと銀座ルノアールがコラボし、「アパ社長カレーカツサンド」を喫茶室ルノアール赤坂見附店で販売している。(2022/8/4)

蔓延る“義務的チームワーク”:
「お先に失礼します」が言いにくい職場 残業がなくなる方法は?
「何かと“チームワーク”といわれるので帰りづらいです」――こう話すのは、あるベンチャー企業に勤める松本さん(仮名、23歳男性)。松本さんの会社の社長は何かにつけてチームワークを重視しており、職場の雰囲気として“帰りづらい”が蔓延しているそうです。(2022/8/4)

「適切な対応」を求める:
総務省がKDDIと沖縄セルラー電話に「行政指導」 7月2日の通信障害を受けて
7月2日から4日にかけて発生したKDDIと沖縄セルラー電話の通信障害について、 金子恭之総務大臣が両社の社長に行政指導を行った。再発防止に向けて、大きく7つの事項を実行するように求めている。(2022/8/3)

キリンビバレッジ吉村透留社長 AIと「三現」で健康課題解決に挑戦
キリンビバレッジの吉村透留社長は、生産部門でキャリアを積み、2022に現職に就いた。商品開発にAIを活用しながら、現場・現物・現実の重要性を加味した経営を目指す。(2022/8/3)

キリンビバレッジ社長、吉村透留さん(58) AIと「三現」で健康課題解決に挑戦
ルーティンはAIに任せ、よりおいしく、より機能性の高い商品を考案する時間に充てる。(2022/8/3)

GPUクラウドサービスへの懸念や課題を解消
GPUサーバの検討を重ね、たどり着いた結論は? 東京大学発ベンチャー社長に聞く
ハイスペックなGPUサーバは高額であり、サーバ管理も専門的なノウハウが必要なため、導入のハードルが非常に高い。中小企業におけるそんな悩みを解消し、ビジネスを強力に後押しするGPUクラウドサービスとは。(2022/8/2)

排ガス・燃費データ不正:
背景にパワハラ気質も 日野自動車、03年から20年にわたり不正 社長「3カ月めどに進退明らかに」
日野自動車の排出ガス・燃費データで不正が発覚した問題をめぐり、日野は8月2日、特別調査委員会がまとめた調査報告書を公表した。これまで不正があった対象期間は2016年秋以降としていたが、調査の結果、03年10月からおよそ20年にわたって不正が続いていたことが判明した。(2022/8/2)

リンガーハット参戦! 8月10日“ハットの日”にイエローハットやピザハットの社長ら集結して「ハット首脳会談」を実施
まさかの3社コラボへ。(2022/8/4)

急速に成長するRISC-V市場:
SiFiveが日本支社設立へ、いずれは開発も視野に
RISC-VプロセッサコアIP(Intellectual Property)を手掛ける米SiFiveが、日本法人設立の準備を進めている。早ければ今後1〜2週間以内にも設立が完了する見込みだ。SiFiveジャパンの代表取締役社長は、Xilinx(AMDが買収)の日本法人ザイリンクスジャパンの代表取締役社長を務めていたSam Rogan氏である。(2022/8/2)

経営者は「裸の王様」?:
社長メッセージ、8割弱が「忖度で理解したフリ」 納得できない理由は?
クリエイティブパートナー事業を提供するレンズアソシエイツ(名古屋市中区)は、経営者に関する実態調査を実施した。経営者から「組織の方向性」に関して、明確にトップメッセージが発信されていると思う人は72.2%だった。一方、トップメッセージに納得していない理由を尋ねたところ、「現場のことを理解していないように感じるから」(88.9%)が最多となった。(2022/8/1)

UQ mobileとpovoで700万回線と好調 通信障害の影響は「営業努力でカバーする」と高橋社長
KDDIは7月29日、2023年度第1四半期(4月〜6月)の決算説明会を実施した。連結売上高は1兆3517億円、営業利益は2969億円で増収減益の決算となった。7月頭に大規模な通信障害が業績に与える影響について、高橋誠社長が見解を述べた。(2022/7/29)

本田雅一の時事想々:
KDDIを襲った多重のワナ 通信障害では結局、何が起きていたのか
auの大規模通信障害では、結局何が起きていたのか。KDDIの高橋誠社長は7月29日、障害の概要などについて報告をした。報告によると、多重の想定外に見舞われ、障害が長期化した背景が見えてきた。ITジャーナリストの本田雅一が解説する。(2022/7/29)

組み込み開発ニュース:
「今こそRISC-V浸透のベストタイミング」、SiFiveが日本法人を設立
オープンソースのプロセッサコア「RISC-V」に基づく半導体IPプロダクトを展開するSiFiveが、日本法人「SiFive Japan株式会社」の設立を発表した。2022年8月に法人登記を完了する予定で、代表取締役社長には、ザイリンクス日本法人の社長を務め、スパンションやAMDの日本法人でも活躍してきたサム・ローガン氏が就任する。(2022/7/29)

SOMPOホールディングス社長・奥村幹夫さん(56) 介護の海外展開も視野、即決企業に
損害保険と生命保険、介護と海外といった具合に事業を分けているが、顧客を中心に見たときにその垣根がなくなるだろう。(2022/7/28)

製造業×IoT キーマンインタビュー:
OTとITのノウハウを注入したDXを、横河デジタルの新たな挑戦
横河電機は2022年7月1日に、製造業の経営から現場までを見渡したDX(デジタルトランスフォーメーション)を推進する経営コンサルティング企業である横河デジタルを設立。同年10月1日から営業を開始することを発表した横河デジタルの代表取締役社長となった鹿子木宏明氏と、横河電機 フェローで横河デジタルの取締役に就任した勝木雅人氏に話を聞いた。(2022/7/28)

独自のステーション建設優先:
“宇宙大国”崩壊の危機 ロシア、ISS計画から離脱
ロシアの国営宇宙開発企業、ロスコスモスのボリソフ新社長は26日、2024年で国際宇宙ステーション(ISS)の計画から離脱することを決めたとプーチン大統領に報告した。欧米の制裁や民間企業の成長でロシアの宇宙ビジネスは斜陽化が指摘されており、プーチン氏が掲げた「宇宙大国」の地位は崩壊しようとしている。(2022/7/27)

すかいらーく、客からのパワハラ告発にも対応せず ジョナサンで店員が殴られ骨折させられた“壮絶なパワハラ” 社長は謝罪を拒否
「人件費をできるだけ抑え、未払いで長時間労働をさせる。そのために、暴力や恐怖で支配していたのではないか」。(2022/7/22)

教えて! ビジネスマナーの新常態:
上司を呼び捨て「違和感覚える」 マナー講師の見解は
取引先など社外の相手に対して、自社の社員を紹介する際、上司であっても社長であっても呼び捨てにし、へりくだって表現するのがビジネスマナーだ。一方で、自社とはいえ外部委託の社員や、他社から出向で来た社員もいるとして「一律で呼び捨てにするのは違和感がある」との声もSNSなどで散見される。(2022/8/1)

佐藤社長が語るクラウドフレア・ジャパンの戦略とIT市場における立ち位置
2022年1月、CDN大手のCloudflareの日本法人であるクラウドフレア・ジャパンの社長に佐藤知成氏が就任した。同氏はクラウドフレア・ジャパンの強みをどのように捉えてどのようなビジョンのもと、施策を展開するのか。(2022/7/20)

デジタル変革の旗手たち:
人の感性とデジタルのバランスで商品やサービスの変革へ ―― 三井農林 佐伯光則社長
1909年の創業以来、「自然の恵み・伝統と先進技術の融合により、世界に笑顔を届けます」というミッションに基づき、紅茶や緑茶を中心にした飲料、および飲料原料の製造、販売を事業として展開してきた三井農林。100年以上の歴史を持つ同社が、いかにデジタルを活用して変革を進めているのか。ITmediaエグゼクティブのエグゼクティブプロデューサーである浅井英二が話を聞いた。(2022/7/19)

優しい面接官「ウチの社長ワガママで気分屋でいつも怒鳴ってるけど大丈夫?」 → 大丈夫なわけないと面接官に感謝しつつ辞退した話
その後の面接官さんが心配だ……!(2022/7/18)

日本のクラウン、ここにあり:
「型破り」新型クラウン 豊田社長のダメ出しから始まった「革新と挑戦」
「15代続く中で磨かれてきたクラウンの“型”を、16代目が“型”破りしたといえるかもしれない」──7月15日に行われた新型クラウンのワールドプレミアで、豊田章男社長はそう語った。(2022/7/15)

ドコモが頭を悩ませる「シニアのd払い利用」 井伊社長が考える打開策は?
NTTドコモの井伊基之社長のインタビュー最終回では、スマートライフ事業に含まれる、dポイントクラブやd払いの戦略や課題についてうかがった。d払いやdポイントを使えないユーザーに対していかに訴求するかを課題としている。ドコモショップがそれを解決する場になるかもしれない。(2022/7/15)

4つのバリエーション:
新型「クラウン」世界初披露、SUVとセダン融合 「まさしく明治維新」と豊田社長
トヨタ自動車は7月15日、新型クラウンを世界初披露した。SUVとセダンを融合した「クロスオーバー」のほか、SUVタイプの「スポーツ」「セダン」、SUVとワゴンを組み合わせたような「エステート」の4車種。4車種を全て統一して「クラウン」と総称する。(2022/7/15)

「ドコモショップ3割削減」の先にあるもの 井伊社長に聞く
ドコモショップを3割削減する方針を明らかにしているNTTドコモ。単に削減するだけでなく、リアル店舗にオンラインを融合させた「ハイブリッド店舗」の推進を目指しているという。その意図はどこにあるのか。また、ショップの役割は今後、どのように変わっていくのか。(2022/7/14)

味の素社長 藤江太郎さん(60) 新体制着々 Z世代開拓へ若手活用
4月に就任して100日間での実行計画をまず始めた。手応えは。(2022/7/14)

NTT西の森林新社長、6Gを「西日本で率先して実用化を進めたい」
NTT西日本の森林正彰新社長は、2025年大阪・関西万博でNTTグループが出展するパビリオンで展開予定の光通信技術「IOWN」について、「西日本で率先して実用化を進めたい」と強調した。「われわれの生活が実際にどう変化するかを見せたい」と語った。(2022/7/13)

Weekly Memo:
AWSは「ブラックホール」か? クラウドの「現在地」は? ――AWSジャパン社長に聞いてみた
日本企業のIT環境に使われるクラウドの「現在地」はどこか。クラウドはDXでどんな役割を担うのか。クラウドサービスで先行するAWSジャパンの長崎忠雄社長に聞いてみた。(2022/7/11)

「焼肉ライク」の社長がTwitterでお得な月額制プランを提案 → 企画を勝手にすすめて怒られる
寄せられた意見を取り入れつつ実現に向けて動いているとのこと。(2022/7/9)

楽天証券の楠社長、「国内で最大の口座数を持つネット証券会社」とアピール
楽天証券は7月9日、投資家向けのオンラインセミナーを開いた。登壇した楠雄治社長は「6月に800万口座を超え、国内で最大の口座数を持つネット証券会社」になったとアピールした。(2022/7/9)

ホロライブ・さくらみこ、YouTubeチャンネル登録者150万人突破! 社長のYAGOOも「おめでとう!!!!!!」と祝福
みこち、おめでとう!(2022/7/8)

全く思いもよらないこと:
安倍元首相銃撃で「ただひたすら無事を祈るのみ」 キヤノンの御手洗氏
キヤノンの御手洗冨士夫会長兼社長CEOは8日、安倍晋三元首相が銃撃されたことについて「全く思いもよらないことであり、絶対に許されることではない。今はただひたすら無事を祈るのみ」とコメントを出した。(2022/7/8)

「ビズリーチ」CM出演の吉谷彩子、決めポーズの2ショットで多田社長を追悼 「たくさんの愛をくれて」
急性心不全での死去が公表されていました。(2022/7/8)

ワイヤレスジャパン 2022:
携帯ショップ“大量閉店時代”をどう乗り越える? スタッフ育成とオンライン化の取り組み
携帯ショップが迎えた“冬の時代”をどう乗り越えるか。ワイヤレスジャパン 2022ではモバイル業界の3人の社長が戦略を語った。後編では田中電子の人材強化の姿勢と、ピアズのオンライン接客への取り組みを紹介する(2022/7/18)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。