ビジネスオンライン  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「プライベートブランド」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「プライベートブランド」に関する情報が集まったページです。

オンライン専業生保の販売力強化策:
ライフネット生命が手掛ける「ホワイトレーベル」「オンライン保険代理店」 他社との協業に行き着いた理由とは
ライフネット生命が経営方針の重点領域として掲げるのが「顧客体験の革新」と「販売力の強化」だ。オンラインに軸足を置きつつさらなる成長機会拡大に向け先駆者の取り組みから成功のヒントを探る。(2021/6/24)

ドンキが5万円のドラム式洗濯機 「乾燥機能をあえて省いた」理由は
「あえて乾燥機能を省いた」ドラム式洗濯機がドンキから。価格は5万4780円(税込)。(2021/6/22)

平均価格は最安時でも16万:
ドンキ、5万円台のドラム式洗濯機を発売 低価格のため省いた機能とは?
ドン・キホーテから5万4780円のドラム式洗濯機が発売された。総務省の調査によると、1番安い時期でも平均価格は16万7495円だという。5万円台という破格価格を打ち出せた理由とは?(2021/6/21)

コロナ禍の苦境を救う?:
資生堂が撤退したアメニティーに商機 化粧品メーカーの新たな一手とは
化粧品がさまざまな場所で“活躍”している。コンビニのPB商品や、ホテルのアメニティー開発など、化粧品の可能性を広げる取り組みが増えた。(2021/6/18)

店内を取材:
初の融合店「ニトリホームズ」オープン ロゴの色をオレンジにした理由は?
ニトリホールディングスが、「島忠」との初の融合型店舗「ニトリホームズ 宮原店」をオープンした。どのような店舗なのだろうか(2021/6/11)

KDDI×menu提携の狙い au経済圏の拡大、ID連携によるシームレスなサービスを
KDDIが、フードデリバリー事業を展開するmenu(メニュー)と資本業務提携する。「アフターコロナ、ニューノーマル時代でも伸びる市場」と考えて提携を決めた。menuとの提携によって、店舗ラインアップを拡大し、ID連携によるシームレスなサービスを目指す。(2021/6/3)

【Amazonタイムセール祭り】Amazonベーシック特集 乾電池やケーブルなどの消耗品、モニターアームなどがお買い得に
PCやゲーム、ペット関連商品などがお買い得。(2021/5/23)

トップバリュ“キューブ状の骨取り魚”が天才的発想で話題 便利だしディストピア飯ごっこもできる
使い方いろいろ。(2021/5/19)

ワークマンが「春夏製品の売り上げランキング」を発表 人気を支えるニーズとは?
コロナ禍でアパレル各社が苦境にあえぐ中、10期連続最高益を達成したワークマン。その人気を支えるのは「サマーパンツ」だという……(2021/5/13)

ドンキの格安ノートPCに新モデル 指紋認証搭載、メモリ4GBで3万2780円 1TBまでのSSDを増設可能 
PPIHがノートPC「MUGA ストイックPC4」を発表。タッチパッドに指紋認証機能を搭載。1TBまでのM.2 SSDを接続できる拡張スロットも備える。価格は3万2780円(税込)。(2021/5/13)

ワークマン10期連続最高益 PB強化で「ジュニアアイテム」から「スーツ」まで
ワークマンは5月10日、2021年3月期通期の決算を発表した。純利益が同27.5%増の170億円となり、10期連続で最高益を更新した。(2021/5/11)

出店も加速:
ワークマン増収増益 スーツやアウトドア用品が後押し
ワークマンは5月10日、2021年3月期通期の決算を発表した。コロナ禍で作業服需要が減少する中、PB商品の拡充を図り、若年層へのアピールやブランドイメージの向上を進め売り上げを伸ばした。(2021/5/10)

モノづくり最前線レポート:
「モノ」から「コト」そして「ヒト」へ、ビームスが進める転換
ファッションワールド東京(2021年3月23〜25日、東京ビッグサイト)において、ビームス 取締役 開発事業本部 本部長 クリエイティブディレクターの窪浩志氏が「BEAMS(ビームス)のPB戦略とものづくり」をテーマに特別講演を行った。講演ではワクワクドキドキ感や面白さを追求する中で生まれた具体的なヒット事例をもとに、ビームスの商品戦略の原点を紹介した。(2021/5/10)

ローソンの商品パッケージデザインが変更 「分かりやすくなった」と好評、変更の理由を聞いてみた
「見やすく・区別しやすく・機能を分かりやすく」を重視し変更。(2021/4/28)

全19種類の展開:
ファミマが「100均コーナー」強化 巣ごもり需要で100均業態が好調
ファミリーマートは100均コーナーを強化する。クッキングシートや食品保存容器などの新商品を新たに投入。コロナ禍でも100均業態は好調だ。(2021/4/27)

ドンキの格安小型ノートPCに新モデル メモリ8GBで3万2780円
ドン・キホーテが、小型ノートPC「Nanote P8」を発売。前モデルからCPUを変更し、メモリも4GBから8GBに強化した。価格は3万2780円(税込)。(2021/4/20)

専門家が監修:
カインズの「やわらかいまくら」が世界的デザイン賞を受賞 独自のハニカム構造
カインズのオリジナル商品「Moffle(モッフル)弾力性に優れたやわらかいまくら」が、世界的なデザイン賞「レッド・ドット・デザイン賞2021」を受賞した。(2021/4/14)

緊急需要じゃない:
ファミマのコスメは半年で30万本超の売り上げ セブンやローソンはどう対抗? コンビニが化粧品売り場に力を入れる理由
コンビニの化粧品売り場に異変が……緊急需要を満たす商品から新しいニーズに対応する商品へと変化している。なぜ化粧品売り場に力を入れるのか(2021/4/13)

データドリブン経営基盤の構築、アルペングループが語る「内製化を失敗させない」3つのポイントの意味
EC市場の拡大やD2Cビジネスに代表される取引先メーカー自身の独自販売チャネル開発が盛り上がる中、IT資源にも相応の投資をしてきたリテール企業はどんなDXを進めるべきだろうか。1000万SKU、500万顧客の情報を抱え、レガシーシステムと「Excel集計」業務からの脱却に挑むアルペングループが今本気で向き合うDXの状況を聞いた。(2021/4/8)

磯部孝のアパレル最前線:
ジーユーがベビー服市場に参入 西松屋や赤ちゃん本舗の牙城を崩せるか
市場規模1兆円も満たないベビー服市場にジーユーが参戦した。ターゲットボリュームの減少以外の理由として指摘しておきたいのは、ベビー服市場が持つ特異性と専門性だ。(2021/3/24)

#ワークマン女子東京初出店:
作業着を置かない店を増やすのは「職人を守るため」 ワークマンが考える店舗戦略
ワークマンが3月19日、#ワークマン女子2号店となる東京ソラマチ店をオープンした。作業着を扱わない#ワークマン女子を10年で400店出店する努力目標を掲げる。その理由とは……(2021/3/23)

【料理で事故った体験談】野菜炒めを作っていたら、フライパンの柄が“弾け飛んだ”
一体、どういうことなんです?(2021/4/12)

積極的な価格競争にはならず:
ユニクロ「9%値下げ」に、ライバル静観の理由
「ユニクロ」や「GU(ジーユー)」を展開するファーストリテイリングは12日、「本体価格」をそのまま「税込み価格」にする実質約9%の値下げを始めた。圧倒的勝ち組の思い切った戦略だが、同業他社はどうするのか。(2021/3/15)

ひとり飯のフリーダムをフィギュア化 「優勝! おひとり様飯」 焼き豚を隙間なくのせた焼豚丼や、中華スープの素を使ったチャーハンなど
胡椒のミルが回せたり、串から焼き鳥が外せたりなどのギミックも。(2021/3/15)

業務スーパーが全国制覇 21年かけて47都道府県全てに進出
宮崎県に初出店。(2021/2/26)

商品開発手法も刷新:
ドンキが「情熱価格」に関しておわび 「いまひとつ面白みに欠ける普通のPBになってしまった」
ドン・キホーテがプライベートブランド(PB)「情熱価格」を刷新する。運営会社は「いまひとつ面白みに欠ける普通のPBになってしまった」とおわび文を発表。ロゴを刷新するとともに、商品開発手法を見直していく。(2021/2/25)

ドン・キホーテが「ヘッドフォン一体型VRゴーグル」を発売 税別3980円で2月25日から順次発売
ドン・キホーテが、プライベートブランド「情熱価格」のリニューアルを発表。その第1弾商品の1つとして、VRゴーグルとBluetoothヘッドフォンを一体化したものを2月25日から順次発売する。4月には、4Kチューナーレスの4K HDR液晶TVの発売も予定している。(2021/2/24)

「売上が伸び悩んでいます」 ドンキ、PB商品の“ダメ出し”を募集する特設サイト 140文字以内で募集
商品に対する“ダメ出し”を募集するWebサイト「ダメ出しの殿堂」をドン・キホーテが公開した。売り上げが伸び悩んでいる商品などを赤裸々に紹介し、消費者から寄せられた意見を生かす商品開発サイクルの実現につなげたいという。(2021/2/24)

エントリーモデル:
ワークマン アウトドア用品の取り扱いを開始 価格を抑えた「テーブル」や「チェア」など
ワークマンがキャンプ用品などのアウトドアグッズの展開を開始。1月下旬から順次テーブルや保冷容器、ローチェアなどを販売している。(2021/2/9)

TGCにも参加表明:
ワークマン コロナ禍でも大幅な増収増益 「自己修復機能付きダウン」や「ヒーターベスト」などPB商品が好調
ワークマンは2月8日、2021年3月期第3四半期決算を発表した。売上高にあたる営業総収入は前年同期比16.1%増の831億円、営業利益が同23.6%増の201億円、純利益が同22.9%増の133億円と大幅な増収増益となった。(2021/2/9)

緊急事態宣言の影響も懸念:
ユニクロや無印、ワークマンは前年越え 気温低下で12月度は好調
アパレル各社の2020年12月度の既存店売上高は前年同月比超えが相次いだ。月下旬からの気温低下が追い風となった。一方21年1月度は、首都圏を対象に発出される見込みの緊急事態宣言の影響も懸念される。(2021/1/6)

数字で見る2021年注目企業:
「炎上」と「改革」で4000億円企業に コロナバブル後に真価が問われるZOZO
サービス開始からわずか17年で商品取扱高が約22倍以上に伸びたZOZOTOWN。急成長できた背景とコロナ禍でも成長し続ける強みを著者の磯部孝氏はこう分析する。(2021/1/4)

長浜淳之介のトレンドアンテナ:
ワークマンやカインズを育てた群馬発「ベイシアグループ」の正体
高成長を続けて注目されるワークマンやカインズ。これらの企業は「ベイシアグループ」に属する。1958年、群馬県に誕生した「いせや」はなぜここまで成長したのか。(2020/12/24)

小売・流通アナリストの視点:
ウォルマートの「西友切り」は遅すぎた? それなのに今、楽天が西友とタッグを組むワケ
ウォルマートが保有する西友株式の85%を手放す。売却する株式のうち20%は、新会社を通じて楽天が取得するという。長らく伸び悩む西友だが、あえて今、楽天がタッグを組む理由とは?(2020/12/24)

通年採用:
コロナの影響で中退してしまった学生を正社員として採用 ドラッグストアの「ゲンキー」
新型コロナウイルスの影響で、中途退学を余儀なくされた学生が増えている。福井県などで展開するドラッグストアのゲンキーは、そういった学生を正社員として採用する。(2020/12/4)

小売・流通アナリストの視点:
「次なる島忠」は? 買収劇から透けて見えた、ニトリの壮大な野望
島忠争奪戦に勝利したニトリ。小売・流通アナリストの中井彰人氏によると、どうやらホームセンター業界だけでなく、まだまだ狙いがありそうだ。(2020/11/30)

「経営可視化が簡単」なんてことはない:
情シス専門採用ゼロのチームが挑む、アジャイルなDXからの経営高度化への道のり
データドリブン経営を考えたときにまず着手する必要があるのが、経営情報、実績情報の可視化だ。だが、重厚長大なシステム設計をしていては市場トレンドに取り残されてしまう。IT専門の人材がいない、数百万の商品を扱う企業はどうこの問題を克服したのだろうか。(2020/11/25)

ファミマ、100円均一でキッチン用品を展開 今後もラインアップ拡充へ
プライベートブランド「ファミリーマートコレクション」から。(2020/11/19)

約6万円の電動アシスト自転車、ドンキが発売
ドン・キホーテが電動アシスト自転車「EVA PLUS」を発売。価格は5万9800円(税別)。(2020/11/19)

アルミホイルなどを売る:
ファミマに「100均コーナー」が出現 コロナ禍で変化した消費行動に対応
ファミリーマートは全国の店舗で100円(税込110円)均一のコーナーを展開する。アルミホイルやスポンジなどを手ごろな価格で提供する。コロナ禍で変化した消費行動に対応する。(2020/11/18)

生活応援特価:
イオンリテール、11月6日から最大約700品目を値引き コロナ禍で冷え込んだ消費マインドを踏まえた対応
イオンリテールは11月6日から最大約700品目を値引きする。本州(東北を除く)と四国のイオン・イオンスタイルで実施。「イオン生活応援プロジェクト」の一環。(2020/11/5)

王手飛車取り:
島忠へのTOB どちらに転んでもニトリにはメリットしかない理由
ニトリが島忠の買収に名乗りを上げた。筆者は仮に買収できないとしても、ニトリにとっては大きなメリットがあると指摘する。その姿は、かつてのドン・キホーテと重なるという。(2020/10/31)

小売・流通アナリストの視点:
島忠巡り『キングダム』状態のホームセンター業界 秦=カインズにDCM、ニトリはどう戦う?
DCMと島忠の連合に、ニトリが待ったをかけた。小売・流通アナリストの中井彰人氏は、昨今のホームセンター業界を「古代中国戦国時代」と説く。同時代は人気マンガの『キングダム』で描かれているが、さて、その心は。(2020/10/30)

1株5500円で:
ニトリHD、島忠へのTOBを正式発表 DCM以上の買付価格で対抗
ニトリHDが島忠に対し、11月中旬をめどにTOBを始めると発表した。買い付け価格は1株当たり5500円。すでに島忠に対しTOBを実施している、DCMホールディングスの4200円を上回る額を提示した。(2020/10/29)

ミニストップ、キャッシュレス決済専用の“極小無人店舗” オフィスなど職場向け
ミニストップが、キャッシュレス決済のみに対応する小型の無人店舗の提供をスタート。来店者はセルフレジを使い、QRコード決済や電子マネーで商品を購入できる。オフィスや工場などでの導入を見込む。(2020/10/26)

キャッシュレス決済:
ミニストップが「極小コンビニ」を展開 オフィスや工場内で商品を販売
ミニストップが極小CVS(コンビニエンスストア)ユニット「MINISTOP POCKET(ミニストップ・ポケット)」のサービスを開始する。オフィスや配送センターなどに設置する予定。(2020/10/26)

Amazon.co.jpに「ライフ」のストアが開設 Webサイトとアプリから食品やプライベートブランド商品などが注文可能に
プライム会員向けサービスです。(2020/10/22)

人工知能ニュース:
ToFカメラと独自AIで手にした商品をカウント、目白に無人決済店舗オープン
TOUCH TO GOは2020年10月16日、紀ノ國屋と共同で、無人AI決済システムを導入した「KINOKUNIYA Sutto 目白駅店」をオープンした。店内のカメラと独自のAIアルゴリズムを組み合わせたシステムを使って、顧客が手に取った購入商品の品目などを自動認識することで、無人レジでの決済を可能にする仕組み。(2020/10/19)

中国「メイソウ」が米国市場に上場 「無印とユニクロとダイソーを足して3で割った」ようだと話題の雑貨店
いつの間にかめちゃくちゃ店舗が増えていた。(2020/10/16)

「Amazonプライムデーって結局何を買えばいいの?」と悩んでいる人必見 13日にねとらぼで売れていたセール商品30選
まだ祭りは終わっちゃいない。(2020/10/14)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。