ビジネスオンライン  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「販売台数」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「販売台数」に関する情報が集まったページです。

ヒットの要因:
丸亀製麺「うどーなつ」6日間で100万食を突破 社長に“想定超え”の理由を聞いた
丸亀製麺が6月に発売した「丸亀うどーなつ」が、早くも累計販売数100万食を突破した。同社が考えるヒットの要因や発売の狙いを山口寛社長に聞いた。(2024/7/13)

2022年に本格参入:
7000万台を売った中国の電動二輪車「ヤディア」 日本でどう戦うのか
2001年に中国で誕生し、2017年から2022年までの6年連続で電動二輪車の販売台数ランキングで世界トップになったモビリティブランド「YADEA(ヤディア)」。2022年に日本に本格参入し、大手競合とどう戦うのか。(2024/7/8)

「おもいでばこ」20万台突破 初代から13年 スマホ・デジカメ写真1台で管理
スマホやデジカメで撮った写真を内蔵ストレージに保存し、テレビなどで楽しめる「おもいでばこ」シリーズの累計出荷台数が20万台を突破した。(2024/7/3)

想定の約2倍:
丸亀製麺の新スイーツ「うどーなつ」が100万食突破 「うどん弁当」上回る売れ行き
丸亀製麺が6月に発売した「丸亀うどーなつ」が好調のようだ。6日間で累計販売数100万食を突破。想定の約2倍を超える販売数だという。(2024/7/2)

スマート家電音痴でも手軽に節電? 石ころデザインのスマートリモコン「Nature Remo Lapis」登場
Natureが、新型スマートリモコン「Nature Remo Lapis」を発表した。累計販売台数65万台を記録した「Nature Remo」のデザインと機能を大幅に刷新した新モデルで、想定販売価格は7980円となる。(2024/6/26)

ローソン、「振っておいしいパスタサラダ」が好調 タイパ重視のニーズに対応
ローソンの「振っておいしいパスタサラダ」シリーズの累計販売数が発売から約4週間で300万個を突破した。商品開発時に意識した、タイパニーズとは?(2024/6/24)

石野純也のMobile Eye:
“ミッドレンジの王者”OPPOを猛追するモトローラ 「OPPO Reno11 A」vs「moto g64 5G」に注目
6月27日に発売される「OPPO Reno11 A」は、パフォーマンスを向上させ、カメラや急速充電なども全面的に刷新しているのが特徴だ。OPPOはオープンマーケットのAndroidスマートフォンでは販売台数1位をキープしている。そんなOPPOの座を狙うメーカーとして、モトローラもコスパ抜群の「moto g64 5G」を投入する。(2024/6/22)

2023年度のスマートウオッチ市場が初の前年度比マイナス、24年度以降は回復の見込み MM総研の調査から
MM総研は、5月23日にスマートウオッチの国内販売台数の推移/予測に関する調査結果を発表。2023年度通期(2023年4月〜2024年3月)の国内販売台数は375.8万台(前年度比3.7%減)で、調査以降初の前年度比マイナスとなった。(2024/5/27)

PS5販売好調も今後の予想は控えめ ハードが鈍化しても成長できるソニーのビジネスモデルとは?
PS5は2023年度に全世界で2080万台売れ、累計販売台数は、3月末時点で5920万台になった。(2024/5/15)

任天堂、スイッチ後継機を今年度中に発表 古川社長「独自のユニークな遊び提案」
発売から8年目となったスイッチは販売台数が右肩下がりとなっており、後継機の発表時期が注目されていた。(2024/5/8)

ファミリーマートが「ゴディバ監修」フラッペを数量限定発売 ホワイトチョコ味が仲間入り 累計販売数は550万杯
ホワイトチョコレート味は甘酸っぱいストロベリーソースがアクセント。(2024/4/24)

ダイドー「ベビー用紙おむつ自販機」が500台突破 想定より速いペースの展開、「社会的ニーズの高まりを感じた」
設置場所は道の駅に留まらず、大型商業施設や複合施設にも。(2024/4/27)

今どき! 買いどき! デジモノ道案内!:
「JBL GO 4」でBluetoothスピーカーデビュー! 累計出荷台数5700万台を突破した人気製品の最新モデルを試す
数あるJBLのスピーカーの中で、最も出荷台数が多いのがコンパクトな「JBL GO」シリーズだ。その最新モデルとなる「JBL GO 4」を試した。(2024/4/17)

ファミリーマートで「濃い宇治抹茶まつり」16日から開催 累計販売数は1600万食以上
どれも気になる〜!(2024/4/15)

中国Xiaomi、Tesla似の電気自動車「SU7」を約450万円で発売
中国スマートフォン大手のXiaomiは初の電気自動車(EV)「Xiaomi SU7」を発売した。価格はTeslaのModel 3より安い21万5900元(約450万円)。予約受け付け開始から7分で2万台を突破した。(2024/3/29)

電動化:
日産が新たな中計を発表、2026年度までに新型車30車種
日産自動車は販売台数の増加と収益性の向上に向けた2030年までの中長期的な取り組みをまとめた経営計画「The Arc」を発表した。2026年度までに足元から100万台の販売増と、営業利益率6%以上の達成を目指す。(2024/3/26)

テレビの音が聞こえやすくなる:
20万台を突破した「ミライスピーカー」が米国に “無名の商品”をどうやって売るのか
累計販売数が20万台を超えた「ミライスピーカー」シリーズ。テレビの音を聞こえやすくする機能に特化したスピーカーで、特許技術の「曲面サウンド」が使われている。2023年11月に米国に本格進出したというが、ニッチなカテゴリーでどう市場を切り開いていくのか。(2024/3/26)

累計販売5万台超え、ニトリ「ゲーミング座椅子」が好調 コロナ禍生まれのアイデアはどう進化した?
ニトリの「ゲーミング座椅子」が好調だ。シリーズ累計販売台数は5万台(24年3月現在)を突破し、ラインアップの拡充も行っている。(2024/3/22)

「NISSAN GT-R」2025年モデルを発表 最後のR35型、販売台数は1500台
日産自動車は、「NISSAN GT-R」の2025年モデルを発表した。「供給できない部品が多くなってきたことから、25年8月で生産終了する」(同社広報担当者)ため、今回が最後のR35型となる。(2024/3/18)

“ガリガリ感”を解消:
100万本以上売れた極細ボールペン「サラサナノ」 ヒットの要因は?
累計販売本数100万本を突破しているゼブラの極細ボールペン「サラサナノ」。これまでのボールペンとは何が異なるのか。開発の背景やヒットの要因は――。(2024/3/18)

PCの累計生産台数5000万台突破目前! 「島根富士通」が出雲にある理由
富士通クライアントコンピューティング(FCCL)の子会社として、ノートPCやデスクトップPCの生産を担う「島根富士通」。2024年度第3四半期(2024年10〜12月)にもPCの累計生産台数が5000万台を突破する見通しとなった。これに合わせて、5000万台記念モデルの製作計画をスタートしたという。(2024/3/15)

素材/化学メルマガ 編集後記:
日経平均株価が4万円台を突破、そんなことより老後の生活と年金を考える
日経平均株価が好調みたいですね。そんなことより老後の生活と年金について考えてみました。(2024/3/11)

ファミマ、累計1億2000万食超え「生コッペパン」から新商品 しっとり×3種類の食感にこだわり
ファミリーマートは2月27日、累計販売食数1億2000万食を突破した「生コッペパン」シリーズから新商品「生しっとりパン」を発売する。新商品の投入で、好調を支えた「生コッペパン」シリーズの強化を図る。(2024/2/26)

モトローラが手首に巻くスマホのコンセプトモデルを公開! スマホが腕時計に変形
モトローラが、MWC Barcelona 2024に合わせ、バルセロナでビジネスおよび製品に関する説明会を開催した。スマートフォンの販売台数は前年比で32%増となり、欧州やアジアでも成長している。折り曲げて机に置いたり手首に巻いたりできる「adaptive display」を使ったスマホのコンセプトモデルも紹介した。(2024/2/26)

PS5、10〜12月期に過去最高820万台を販売 今後、廉価版や値下げの可能性は?
「PlayStation 5」の販売台数が、2023年10〜12月期に四半期としては過去最高となる820万台に達した。ソニーグループが14日の第3四半期決算説明会で明らかにした。(2024/2/14)

ニトリ、販売台数4万台突破したゲーミング座椅子の「ワイド」版やカバーを新たに発売
ニトリは、累計販売台数4万台を突破したゲーミング座椅子の新ラインアップ「ゲーミング座椅子ワイド レバータイプ」「ゲーミング座椅子2 ベロア」を発売した。(2024/2/1)

電動化:
BYDのグローバル販売が300万台を突破、中国のNEV販売は9年連続首位
BYDは2023年の年間販売台数が前年比61.9%増の302万4417台だったと発表した。(2024/1/9)

「PS5」5000万台突破 約5カ月で1000万台販売
ソニー・インタラクティブエンタテインメント(SIE)はPS5の世界累計実売台数が5000万台を超えたと発表した。発売から約3年での達成だ。(2023/12/21)

テスラを猛追する黒船・BYDが「300万円のEV」投入 販社社長に日本戦略を聞いた
プラグインハイブリッドにEVを加えた販売台数でテスラを抜き、新エネルギー車(NEV)の販売台数で世界1位となった中国のEVメーカー、BYD。BYD Auto Japanの東福寺厚樹社長に、日本市場の販売戦略を聞いた。(2023/11/22)

週末の「気になるニュース」一気読み!:
Corei9-14900Kが約9GHzでクロック周波数の世界記録を樹立/Windows 11搭載デバイスが4億台突破
うっかり見逃していたけれど、ちょっと気になる――そんなニュースを週末に“一気読み”する連載。今回は、10月15日週を中心に公開された主なニュースを一気にチェックしましょう!(2023/10/22)

「オープンエコシステムでイノベーション促進と市場競争の活性化を」:
世界のスマートフォン販売台数のシェア99%を2社のOSが独占――Linux Foundationがモバイル業界に警鐘
Linux Foundationは、「モバイル業界の新たな方向性:オープンで透明性の高いモバイルソフトウェアの作成」と題するレポートを発表した。(2023/10/18)

マインクラフトの累計販売数が3億本超え Mojang15周年を前に
Microsoft傘下のMojangは、人気ゲーム「Minecraft(マインクラフト)」の累計販売数が3億本を超えたと発表した。Mojangは来年5月に15周年を迎える。(2023/10/17)

苦難の連続:
「ほぼ日手帳」ヒット支えた“糸井重里流”チーム作り “リコール”の危機を販促につなげた独自手法
年間82万部を売り上げ、累計販売部数は1000万部を超えた「ほぼ日手帳」。その誕生の背景にはさまざまな苦難があった。ほぼ日代表取締役社長の糸井重里さんと、取締役の小泉絢子さんに聞く。(2023/9/30)

累計1000万部:
糸井重里に聞く「ほぼ日手帳」売上30%増のワケ デジタル時代なのになぜ?
年間82万部を売り上げ、累計販売部数が1000万部を超えた「ほぼ日手帳」。デジタル時代なのに売上30%増の理由は? ほぼ日代表取締役社長の糸井重里さんと、取締役の小泉絢子さんに聞いた。(2023/9/29)

工作機械:
厚板や大物の曲げ加工、深曲げが可能なベンディングマシン拡充
アマダは厚板や大物の曲げ加工や深曲げを可能にする大型ベンディングマシン「HRB」シリーズとして7機種を拡充し、販売を開始した。年間販売台数は24台を目標としている。(2023/9/7)

小川製作所のスキマ時間にながめる経済データ(14):
モノづくりから公共産業へ? 労働者数の変化で見る先進国の産業構造転換
ビジネスを進める上で、日本経済の立ち位置を知ることはとても大切です。本連載では「スキマ時間に読める経済データ」をテーマに、役立つ情報を皆さんと共有していきます。第14回では、国別の自動車生産/販売台数のデータを見ていきます。(2023/9/7)

経済の「雑学」:
ファミマ「フラッペ」誕生の裏に“仮想敵” 大ヒットを生んだ観察眼
ファミリーマートの人気商品「フラッペ」。コーヒーマシンのミルクで作るフローズンドリンクで、累計販売数は約2億6000万杯を突破(2023年7月時点)しました。誕生のきっかけを取材しました。(2023/8/27)

折りたたみiPhoneは2025年に登場? カウンターポイントが折りたたみスマホ市場を予測
カウンターポイント社は、折りたたみ型スマートフォングローバル市場の出荷量を予測。2027年に1億台突破を見込み、SamsungとAppleが最も大きなシェアを獲得するとしている。(2023/8/22)

第8弾:
おかずは「漬物だけ」も発売 ローソンストア100「だけ弁当」累計400万個突破
ローソンストア100は8月23日、おかずが1種類だけの「だけ弁当」の第8弾となる「漬物弁当」を発売する。累計販売数418万個を突破した「だけ弁当」シリーズの新商品だ。(2023/8/21)

エアコン販売、上半期は前年比22%減 GfK調査
Gfk Japanが発表した2023年上半期の家電販売動向によると、エアコンの販売台数は前年比22%減の380万台だった。(2023/8/18)

グッドパッチとUXの話をしようか:
3万台突破の「しゅくだいやる気ペン」 ハマる親子続出のユーザー体験に迫る
夏の学生の風物詩といえば、その一つに「宿題」があるだろう。子どものやる気を引き出し、前向きに宿題に向かわせる、IoT文具「しゅくだいやる気ペン」が人気だ。ハマる親子続出のユーザー体験に迫る。(2023/8/18)

世界のスマホ販売台数は8四半期連続で減少 2位のAppleがシェアを拡大
カウンターポイントは、2023年第2四半期のスマートフォングローバル市場での販売台数を発表。前年同期比で8%、前四半期比で5%減少し、前年同期比割れは8四半期連続となった。(2023/8/14)

製造マネジメントニュース:
中国での販売台数減少は想定通り、「HEVやエンジン車もまだ売れる」
ホンダは2024年3月期第1四半期の決算を発表した。売上収益は前年同期比20.8%増の4兆6249億円、営業利益は同77.5%増の3944億円、当期純利益は同143.3%増の3630億円で増収増益だった。(2023/8/10)

知らないと損!?業界最前線:
「大人の流しそうめん」10万台超えのヒット商品に そのクールな仕掛け、開発者に聞いた
夏らしい家電として人気の流しそうめん機。コロナ禍で外出ができなかったこの数年間は、特に販売台数が伸びている。子ども向け、家族向けの流しそうめん機が多いなか、「大人の流しそうめん」シリーズを手掛けるのがドウシシャ。流しそうめん機を担当する川出洋司さんに、大人向け製品の開発経緯を聞いた。(2023/8/5)

小川製作所のスキマ時間にながめる経済データ(13):
国別の自動車生産台数と販売台数、圧倒的な米中に対して日本は?
ビジネスを進める上で、日本経済の立ち位置を知ることはとても大切です。本連載では「スキマ時間に読める経済データ」をテーマに、役立つ情報を皆さんと共有していきます。第13回では、国別の自動車生産/販売台数のデータを見ていきます。(2023/8/3)

PS5、4000万台突破 「供給は十分」とライアンCEO
ソニー・インタラクティブエンタテインメント(SIE)は、PlayStation 5(PS5)が全世界で累計4000万台売れたと発表した。ライアンCEOは「PS5の供給は十分にあり、需要がようやく満たされつつある」と語った。(2023/7/28)

電動化:
日産のEVの累計世界販売が100万台に、軽EVサクラは受注5万台
日産自動車はEVのグローバル累計販売台数が100万台に達したと発表した。(2023/7/26)

富士経済が世界市場を調査:
HV、PHV、EV市場、2035年に7600万台規模へ
富士経済は、HVやPHV、EVの世界市場(乗用車、新車販売台数)を調査し、2035年における市場規模予測を発表した。これによると、HV、PHV、EV合計で、2022年の1402万台に対し、2035年には7600万台に達する見通しである。(2023/7/24)

鈴木ケンイチ「自動車市場を読み解く」:
デリカミニ絶好調 三菱がeKクロススペースの失敗から学んだこと
三菱自動車の新型車「デリカミニ」が、発売前の予約だけで1万6000台を突破する絶好調ぶりです。ですが、デリカミニは新型モデルであって、新型ではありません。なぜでしょうか?(2023/7/6)

スマートウォッチ国内シェア 米アップルが8年連続首位、2位以下は?
MM総研は、「スマートウオッチの国内販売台数の推移・予測に関する調査」を実施した。メーカー別の台数シェア1位は「Apple」で日本でスマートウオッチが販売されて以来8年連続の1位となった。(2023/7/8)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。