レビュー
» 2012年08月29日 19時51分 公開

写真で解説する「Optimus G L-01E」(2/2 ページ)

[平賀洋一,ITmedia]
前のページへ 1|2       
photophotophotophoto ホームアプリは、LG製のもの(写真=左端)とdocomoPaletteUIを搭載(写真=左中)。通知エリア内の設定パネルはその内容を編集できる(写真=右中、右端)

photophotophotophoto ウィジェットを貼り付けた一例(写真=左端、左中)。タスク一覧(写真=右中)と、ホームでのアイコンやウィジェットの編集画面(写真=右端)

photophotophotophoto 標準ブラウザでITmedia Mobileを表示させてみた。PC向け表示でもかなり高速に表示しスクロールも快適(写真=左端、左中)。カメラアプリのファインダーUI(写真=右中、右端)

photophoto ワンセグにも対応

photophotophotophoto 電話アプリのUI(写真=左端)。搭載OSの詳細なバージョンは4.0.4(写真=左中)。設定メニュー内には「クアッドコア制御」という項目があった。4つのコアをどう制御するかで、省電力性を変更できるらしい(写真=左中)。スペック上のROM(ストレージ)は約16Gバイトだが、デモ機は約11Gバイトを認識。空き容量は約10Gバイトだった(写真=右端)

photophotophotophoto 設定メニューの「アプリ」項目から見たストレージとメモリの使用量。いずれもデモ機の一例なので、製品版ではプリセットアプリなどの内容が変わる可能性がある(写真=左端、右中)。電話関連などの操作ではジェスチャー操作も行える(写真=右中)。搭載されている日本語入力システム。7notes with mazec-Tもプリセットされている(写真=右端)

photophotophotophoto プリセットアプリとウィジェットの一部

前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセストップ10

過去記事カレンダー