レビュー
» 2016年07月19日 19時30分 公開

MMSもテザリングも利用できる――UQ mobileの「iPhone 5s」を試す (2/2)

[田中聡,ITmedia]
前のページへ 1|2       

専用SIMを採用、使い回しはOK?

 UQ mobileのSIMカードは、VoLTE非対応とVoLTE対応で異なるタイプが使われている。iPhone 5sはVoLTEに対応していないので、前者と同じタイプのSIMカードが使われているが、5sは専用のSIMカードが使われている。確かに、UQのiPhone 5sを起動したら、ピクトエリアに「UQ mobile 4G」と表示された。SIMロックフリーまたはSIMロックを解除したiPhoneにUQ mobileのSIMを挿すと、通信キャリアは「KDDI」と認識されるので、UQ mobile専用のSIMであることがうかがえる。

UQ mobileのiPhone 5s 左からVoLTE対応、VoLTE非対応、iPhone 5s専用のUQ mobile SIM。5s専用SIMはVoLTE非対応SIMとデザインは同じだが、SIMの製造番号に「a」の記載がある
UQ mobileのiPhone 5s ピクトエリアには「UQ mobile」と表示される

 では、UQのiPhone 5sに、UQ mobileで広く使われているVoLTE非対応のSIMカードを挿したらどうなるのか。VoLTE非対応のUQ mobile SIMを挿すと、ピクトエリアに「au」→「圏外」→「au 1x」といった順に表示がめまぐるしく変わって安定しない。圏外の表示でないときに通話はできたが、データ通信はできない。

 UQのiPhone 5sには、iPhoneを通信可能にするための「プロファイル」がインストールされていないので、これが原因か? と思い、UQの5sにプロファイルを入れてみたところ、「au 4G」の表示に切り替わり、データ通信を利用できた。……と思いきや、通信できたのは最初の数分だけで、途中から通信不能になってしまった。やはり専用SIM以外では利用できないと考えた方がよさそうだ。

UQ mobileのiPhone 5sUQ mobileのiPhone 5sUQ mobileのiPhone 5s VoLTE非対応SIMをiPhone 5sにセットしてプロファイルをインストールしたところ、最初はインターネットにつながったが、数分後は圏外になってしまった

 続いて、UQ mobileのVoLTE対応SIMを入れたところ、再起動がかかってアクティベーションを求められた。その後Wi-Fiネットワークを選択して進むと、「SIMが無効です」と表示されて、これ以上先へ進めなかった。VoLTE対応SIMは一切利用できないようだ。

 UQ mobileのプロファイルを削除せずにiPhone 5s専用SIMを入れ直したところ、最初の数分は通信できたが、すぐに圏外になってしまったので、プロファイルは削除した。

UQ mobileのiPhone 5sUQ mobileのiPhone 5s VoLTE対応SIMをiPhone 5sにセットしても、アクティベーションを実行できなかった

 UQのiPhone 5sでは専用SIMしか使えないことが分かったが、反対に、この専用SIMを他のiPhoneに入れたら通信できるのだろうか。SIMロック解除済みのソフトバンク版iPhone 6sにUQ mobileのプロファイルをインストールし、専用SIMを入れたところ、キャリア設定アップデートがかかり、アップデートをしたら、問題なく通信と通話が利用できた。ピクトエリアには「au 4G」と表示され、UQ mobileのVoLTE非対応SIMを入れたときと同じ挙動になった。

UQ mobileのiPhone 5sUQ mobileのiPhone 5sUQ mobileのiPhone 5s 5s専用SIMをiPhone 6sにセットしてキャリア設定アップデートを行ったら、問題なく利用できた。ただし通信キャリアは「KDDI」となっている

 ただしテザリングについては、「設定」→「モバイルデータ通信」→「インターネット共有」の項目が残っていたものの、このインターネット共有の項目がひたすら確認中となり、利用できないようだ。

UQ mobileのiPhone 5s 「インターネット共有」の項目が選択できず、テザリングは利用できない

UQのiPhone 5sは買いか?

 CPUはiPhone 6sより2世代古い「A7」、通信速度も下り100Mbpsにとどまるなど、最新モデルと比べるとスペックは見劣りするiPhone 5sだが、640×1136ピクセルの画面解像度、800万画素カメラ、フルHDの動画撮影、Touch ID対応など、ライトユーザーには十分すぎるスペックともいえる。一括価格が5万円ほどなら「iPhone SE」を導入したいところだが、2年間使えば大きく割り引かれる。現行モデルでは数少ない4型サイズにも魅力を感じる人は多いだろう。

UQ mobileのiPhone 5s 手のひらに収まるサイズ感なので、片手での操作性は抜群だ

 何より、これまでiPhone+UQ mobile SIMでは利用できなかったテザリングとMMSを利用できるのが大きい。

 気になるのはストレージの少なさと、OSアップデートがいつまで続くのかという点。2011年に発売された「iPhone 4S」のOSアップデートが2016年のiOS 10で対象外となったが、この流れで行くと、2013年に発売されたiPhone 5sのOSアップデートは2017年で最後になる。そうなると、購入時期によってはぴったりプランや端末購入アシストの2年縛りの最中に最新OSにアップデートできなくなる。

 このように注意点も多いUQのiPhone 5sだが、上記のメリットに魅力を感じるなら、導入する価値は大いにあるだろう。

基本情報から価格比較まで――格安SIMの情報はここでチェック!→「SIM LABO

格安SIM、SIMロックフリースマホのすべてが分かる

前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう