ハウツー
» 2016年12月26日 06時00分 公開

スマートフォンの通信速度制限を防ぐ方法(2/3 ページ)

[田中聡,ITmedia]

「カウントフリー」サービスを利用する

 MVNOを中心に、特定の通信サービスのデータ通信量をカウントしないサービスも増えている。例えばLINEモバイルではLINE、Twitter、Facebook、Instagramの通信量を、FREETELではApp Store、LINE、WeChat、WhatsApp、Pokemon GO、Twitter、Facebook、Messenger、Instagramの通信量をカウントしないサービスを提供している。特にSNSをヘビーに使う人にはうれしい。

データ節約 LINEモバイルではLINE、Twitter、Facebook、Instagramの通信料が無料になるプランを提供している

 音楽や動画サービスをよく使う人は、ビッグローブがBIGLOBE SIMで提供している「エンタメフリー・オプション」に注目したい。このサービスでは、月額480円で、AbemaTV、YouTube、Google Play Music、Apple Musicが使い放題となる。音楽や動画はSNSに比べて消費するデータ量が多いので、有料ではあるが、ヘビーユーザーなら導入する価値は大いにあるだろう。

家族でデータ通信量を分け合う

 家族で同じキャリアの回線を使っていれば、家族間でデータ通信量を分け合える。ドコモの場合は家族向けのパケットパックに加入していれば、プランごとのデータ通信量を家族で分け合える。

 例えば3人家族でドコモの「シェアパック15(標準)(15GB)」を契約している場合、単純計算すると1人あたり月5GBを使えるが、他の2人(妻や子供など)が合わせて5GBしか使わなければ、自分は残り10GBを使えることになる。

データ節約 ドコモでは、最大52GBもの通信量を家族で分け合える

 auの場合は「データギフト」として、月間データ通信量の中から家族に0.5GB単位で贈れる。ソフトバンクの場合は「家族データシェア」(月額500円)を契約すれば、子回線とデータ通信量を分け合える。

 格安SIMでも、IIJmioの「ファミリーシェアプラン」では10GBを家族で、楽天モバイルの「データシェアサービス」では余った通信量を家族で翌月に、mineoの「パケットギフト」では余った通信量を誰とでも翌月に分け合える。

Wi-Fiスポットを活用する

 飲食店、商業施設、駅などでWi-Fiスポットも普及している。3キャリアは「docomo Wi-Fi」「au Wi-Fi SPOT」「ソフトバンクWi-Fiスポット」を提供しており、一度設定をすれば、アクセスポイントに近づくと自動で接続するので、積極的に活用しよう。設定方法は各キャリアのWebサイト(ドコモauソフトバンク)を参照。

 MVNOでは、OCN モバイル ONE、BIGLOBE SIM、UQ mobile、NifMo(ニフティ)、楽天モバイル、UQ mobile、ワイヤレスゲートなどでWi-Fiスポットが提供されている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

過去記事カレンダー