調査リポート
» 2017年02月24日 19時41分 公開

混雑時の下り速度はauがトップ リーディアのキャリア/MVNO通信速度調査

リーディアは、同社が運営する「スマートプラン.com」でキャリア3社とMVNO主要12社の通信速度調査の結果を発表。大手キャリア3社のほか、UQ Mobile、Y!Mobile、LINEモバイル、IIJmino、mineoが安定した結果をみせている。

[エースラッシュ,ITmedia]

 リーディアは、2月24日に同社が運営する「スマートプラン.com」でキャリア3社とMVNO主要12社の通信速度調査を発表した。

Photo 混雑時の快適

 本調査では各社の「Galaxy S6 edge」を使用し、端末によって利用できない周波数が出ないよう考慮して測定。日時は2月14日の回線が最も混雑する12時〜13時、混雑していない14時〜15時で、3〜5回測定した平均値を利用。通信速度にはスピードテストアプリ「Speedea」、Webの応答時間はアプリ「WBS Checker」を利用し、東京駅の八重洲中央口付近で調査を行った。

 測定対象回線はNTTドコモ回線の本家ドコモ、FREETEL、イオンモバイル、OCN モバイル ONE、楽天モバイル、IIJmio、LINEモバイル、mineo(Dプラン)、KDDI回線の本家au、UQ mobile、mineo(Aプラン)、ソフトバンク回線の本家ソフトバンク、Y!mobile。

 混雑時でも安定した通信が可能なのはドコモ、au、ソフトバンクのほか、UQ mobile、Y!mobile、LINEモバイル、1月から通信速度が改善したIIJmino、新たに測定対象として追加したmineo。混雑時の下り速度1位はauで、ソフトバンクとUQ mobileは1月よりも下がったものの良好な結果となっている。なお、au回線を使用したAプランとNTTドコモ回線を使用したDプランのあるmineoは、混雑時はAプラン、混雑時以外はDプランが速いという結果が出た。

Photo 下り速度
Photo 上り速度

 任意のWebサイト(今回はYahoo! JAPAN)のトップページに接続を開始し、全てのコンテンツをダウンロードするまでの時間を測定するWeb応答時間の比較では、14時台は大きな差がなかった一方、混雑する12時台はOCN モバイル ONE、イオンモバイル、FREETEL、楽天モバイルの受信速度が遅くなった。

Photo Web応答時間 12時台
Photo Web応答時間 14時台

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセストップ10

2022年06月27日 更新
  1. 「プラチナバンドを楽天に譲渡すべき」「PayPay黒字化はいつ?」 ソフトバンク株主総会で語られたこと (2022年06月25日)
  2. 詳しい人でもだまされる? スマホを狙った「フィッシング詐欺」の手口と対策 (2022年06月26日)
  3. スマホのバッテリー劣化の指標「充電サイクル500回」って結局どういうこと? (2022年06月25日)
  4. 月20GBのスマホ料金で最安は? ギガも通話もお得に使える10サービスを徹底比較 (2022年06月24日)
  5. Y!mobileとUQ mobileのキャンペーンまとめ【6月25日最新版】 人気スマホを特価で手に入れよう (2022年06月25日)
  6. PayPayキャンペーンまとめ【6月26日最新版】 最大10万ポイント還元が始まる (2022年06月26日)
  7. ドコモ販売ランキング:割引の「Xperia 1 II」と「Galaxy S21」がトップ10に返り咲き【6月13日〜19日】 (2022年06月25日)
  8. 総務省が4キャリアと全携協に「不当な端末販売拒否」の改善を要請――そもそも、スマートフォンは完全分離で売れるものなのか (2022年06月26日)
  9. Xiaomiの激安ハイエンドスマホ「POCO F4 GT」を解説 あえて“ゲーミング要素”を抑えた理由 (2022年06月25日)
  10. 楽天ペイメント、みんなの銀行、三井住友カードのキャンペーンまとめ【6月26日最新版】 最大全額還元は6月末まで (2022年06月26日)

過去記事カレンダー