ニュース
» 2017年10月19日 18時20分 公開

nuroモバイルが主役! 0 SIMはようやく改善?――「格安SIM」17サービスの実効速度を比較(ドコモ回線9月編)通信速度定点観測(2/2 ページ)

[小林誠,ITmedia]
前のページへ 1|2       

夕方:BIGLOBEモバイルがトップ! ロケモバとnuroモバイルも好調

 18時台になると、再び小雨が降ってきた。風もやや強めだ。とはいえ午前中、昼時よりも周辺は混雑している。ただし、普段は見られる待ち合わせの人は少なめだ。

 結果はいかに。

JR横浜駅西口での測定結果(夕方) JR横浜駅西口での測定結果(夕方)

 通信状況はランチタイムよりは改善し、下り平均1Mbps未満のサービスは8月と同じく2サービスのみとなった。

 下り平均速度のトップは、BIGLOBEモバイルで57.85Mbps。前回もMVNO最速の40Mbps台だったが、9月はさらに速度が伸びた。通信が比較的空いている午前中よりも速かった。

 それに続くのは、平均44.45Mbpsのmoepra U。3位のnuroモバイルは22.25Mbps、4位のロケットモバイルは11.69Mbpsで、前回に引き続き良好な結果を残した。

 その次は、何と0 SIMが平均6.17Mbpsでランクイン。ただし、測定エラーが続いたため再測定を行っている。楽天モバイルの4.74Mbps以降のMVNOは、おおむね1〜2Mbps台となった。

 下り1Mbps未満となったのは、平均0.8MbpsのOCNモバイルONEと平均0.85MbpsのNifMoの2サービスだった。

 一方、上り平均は全サービスで1〜4Mbps台となった。トップはロケットモバイルの4.48Mbps、ワーストは1.39MbpsのNifMoと0 SIM。ここまで好調だった0 SIMが、ついにワースト1位になってしまった。ただ、それでも今月はずいぶん健闘している。

JR横浜駅西口での測定結果(夕方)
計測開始時刻 下り平均(Mbps) 上り平均(Mbps)
IIJmio 18:04 2.73 4.3
OCN モバイル ONE 18:04 0.8 1.49
BIGLOBEモバイル 18:04 57.85 1.84
b-mobile(おかわりSIM) 18:09 1.38 3.45
LINEモバイル 18:09 1.12 2.58
楽天モバイル 18:09 4.74 1.82
NifMo 18:09 0.85 1.39
ロケットモバイル 18:13 11.69 4.48
FREETEL SIM 18:13 1.1 3.87
DMM mobile 18:13 2.23 1.98
U-mobile LTE使い放題 18:13 1.83 1.97
mineo(Dプラン) 18:17 1.13 3.02
DTI SIM 18:17 1.17 4.2
0 SIM 18:22 6.17 1.39
イオンモバイル 18:17 2.11 1.61
エキサイトモバイル 18:20 2.21 3.86
nuroモバイル 18:20 22.25 2.77
ドコモ(mopera U) 18:21 44.45 1.96

まとめ:9月はnuroモバイルと0 SIMに注目 MVNOの栄枯盛衰を感じる秋

 そこまで大騒ぎするほどではないと思うのだが、今回の計測において、0 SIMの速度改善は嬉しかった。絶対的な数値で見れば大した速度ではないかもしれないが、どの時間帯でも下り平均1Mbps未満が当たり前で、今まで速度が改善する兆しが一向に見られなかったのだから。測定時に我が目(と設定)を疑ったほどだ。

 今後は、この好調さがこのまま続くのかどうかが見もの。今回も1回あったが、他サービスと比べた際の測定エラーの多さも不安材料といえる。

 9月の主役は、0 SIMと同じ会社が提供するnuroモバイルか。ランチタイムにMVNOサービスで唯一、下り平均10Mbps以上を記録したのは心強い。もっとも、ランチタイムの“主役”はLINEモバイル→楽天モバイル→nuroモバイルと交代が続いているので、今後も良い測定値が出るのか注目したい。

 BIGLOBEモバイルは前回に続いて夕方に好調な結果を残している。KDDIグループ入り、サービス名変更と大きな出来事が続き、新しいTVCMも見る機会も増えている。ユーザー数がこれから増えることも予想される。果たしてこの好調さが続くのか、楽しみにしたい。

 一方、FREETEL SIMは苦しんでいる。こちらも楽天に買収されるという大事件があったが、前回、今回と不調で混雑時に強かった以前の面影は感じられない。復活はあるのだろうか。

 そして、ランチタイムの通信速度が振わなかったおかわりSIMも厳しい。ギリギリでも上下平均1Mbpsを保てれば、前回のように「低速ながらも安定」と評せたのだが……。

 各サービスの傾向をまとめると以下の通り。

  • IIJmio……午前・夕方・上りに期待
  • OCN モバイル ONE……午前中に期待
  • BIGLOBE SIM……午前中と夕方は速い
  • b-mobile(おかわりSIM)……全体的に遅い
  • LINEモバイル……午前中は速い
  • 楽天モバイル……午前中と夕方は速い
  • NifMo……午前中に期待
  • ロケットモバイル……午前中と夕方は強い!
  • FREETEL SIM……全体的に遅い
  • DMM mobile……午前中は速い・夕方も期待
  • U-mobile LTE使い放題……午前中は速い
  • mineo(Dプラン)……午前中は速い
  • DTI SIM……午前中に期待
  • 0 SIM……混雑時に強い! 大改善か!?
  • イオンモバイル……午前中激速! 夕方も期待
  • エキサイトモバイル……午前中速く夕方も期待
  • nuroモバイル……常に10Mbps以上! 9月MVP!!
  • ドコモ(mopera U)……常に40〜70Mbpsで別格

 今回の測定結果はあくまで参考データの1つとして役立てていただき、他のさまざまな情報も踏まえて、より良いMVNOを選んでほしい。

基本情報から価格比較まで――格安SIMの情報はここでチェック!→「SIM LABO

格安SIM、SIMロックフリースマホのすべてが分かる

前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう