ニュース
» 2007年10月03日 11時15分 公開

CEATEC JAPAN 2007:“デジタルライフスタイルの現在”を4つのコーナーで体感――マイクロソフトブース

意外にもCEATEC JAPAN初出展となるマイクロソフトのブースでは、Windows Vistaを中心としたデジタルライフスタイルを提案する展示が多数見られた。

[前橋豪,ITmedia]

 マイクロソフトのブースは、基調講演で語られたデジタルライフスタイルを推進するための施策に沿った4つの展示コーナーを用意。Windows Vistaとパートナー企業の製品を組み合わせた活用法や、Windows Liveの新機能についてデモを行っている。

 「デジタルエンターテイメント」のコーナーはPCのAV機能にフォーカスした内容で、Vista搭載PCのWindows Media Player 11上でレーベルゲートの「“mora win”Type1 Music Store」サービスを試用できるほか、ピクセラがWindows Embedded CE 6.0を採用したマルチファンクションTVのコンセプトモデルを参考展示。そのほか、ソニーの「TP1」や富士通の「FMV-TEO」と薄型TVを組み合わせて、リビングのTVでWindows Media Centerのメディアオンライン機能を視聴する活用提案を行っている。

Windows Media Player 11上でアクセスできる「“mora win”Type1 Music Store」は、高速な検索機能が特徴(写真=左)。J-Wave Brandnew-Jでは、オンエア中の楽曲を手軽にType1 Music Storeでダウンロードできる(写真=中央)。TP1と接続した液晶TVでメディアオンラインを視聴(写真=右)

 「デジタルメモリ」のコーナーでは、デジタルカメラやHDVカメラで撮影した映像をVista上で活用するための機能や製品をまとめて展示。Windows Rallyに対応したエプソンの複合機「PM-T960」やバッファローの無線LANルータ「WZR-AMPG300NH」、Blu-ray Discの書き込みとHD DVDの読み込みに対応したアイ・オー・データ機器の外付けドライブ「BRD-UXH6」などのパートナー製品が展示してある。

 「プロダクティビティ」のコーナーでは、Office 2007やWindows Live Serch、Windows Mobileの活用法を紹介。Live Serchで検索した地図をワコムのタブレット「Bamboo Fun」を使ってトリミングし、フリーハンドでメモなどを書き込んでメールに添付するなどの機能が試せる。また、コーナー内に小さなステージが設けられ、PowerPointの活用法などのデモを行っている。

 「コミュニケーション」のコーナーは、新しいWindows Live関連サービスが展示のメインだ。Windows Live Mailで複数のメールアカウントを一括管理できる機能や、Windows Live Photo Galleryで複数の写真からパノラマ写真を合成する機能などが確認できる。

ネットワーク接続を容易にする技術のWindows Rallyに対応したエプソンの複合機「PM-T960」とバッファローの無線LANルータ「WZR-AMPG300NH」(写真=左)。接続されたPCのコントロールパネルからネットワークマップを見ると、ネットワークの構成を確認できる。Live Serchとタブレットを組み合わせた活用提案(写真=中央)。Windows Liveの新機能を中心に紹介する「コミュニケーション」のコーナー(写真=右)

 そのほか、ブースの前方にはメインステージが設置され、上記4つのコーナーに関連した活用提案を紹介。ブースの端ではVista搭載PCとWindows XP搭載PCを並べて比較するデモを実施し、Vistaの優位性を来場者にアピールしていた。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう