やっぱり日本でも買いたい!!――ベルリンでPresarioの新モデルに指をくわえる 復活の日は来るのか!?(2/2 ページ)

» 2008年06月21日 08時38分 公開
[田中宏昌,ITmedia]
前のページへ 1|2       

日本未発売のNASやPavilionシリーズのオプションも展示

 Presarioシリーズのほかにも、コンシューマー向けノートPCの主力モデル「HP Pavilion Notebook PC」にも新モデル(dv4/dv5/dv7シリーズ)が登場し、真空圧着を用いた金属処理加工を施したVM Finishや新しいZEN-Designをアピールしていたが、日本ではすでに「HP Pavilion Notebook PC dv3000/CT」として投入済みなこともあり、あまり新鮮味はなかった。

Pavilionシリーズの新モデル「HP Pavilion dv4 Entertainment Notebook PC」(写真=左)。14.1インチワイド液晶ディスプレイを搭載する。TVチューナーやBlu-ray Discドライブを選択可能だ。液晶ディスプレイ天板のHPロゴが光るのはdv3000/CTと共通(写真=中央)。なぜか日本では発売されていないPavilionシリーズ用の大容量バッテリーの姿も(写真=右)

こちらは17インチワイド液晶ディスプレイを備えた「HP Pavilion dv7 Entertainment Notebook PC」(写真=左)。金属調のボディがまぶしい(写真=中央)。日本ではお目にかかれないQuickDock(写真=右)

 ほかにも、新モデルというわけではないが日本では未投入のホームサーバ「HP MediaSmart」やNASの「HP Media Vault mv2120」、Pavilionシリーズの最上位モデル「HP Pavilion HDX Entertainment Notebook PC」が展示され、注目を集めていた。

ギガビットLAN対応のNAS「HP Media Vault mv2120」(写真=左)。容量は500Gバイトで、前面の空きベイにSerial ATAドライブをもう1基追加可能だ(写真=中央)。ACアダプタで駆動し、背面にもUSB端子を備える(写真=右)

新モデルというわけではないが、ホームサーバ「HP MediaSmart」(写真=左と中央)と開発コード名“ドラゴン”こと「HP Pavilion HDX Entertainment Notebook PC」(写真=右)も展示されていた

前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセストップ10

2024年04月15日 更新
  1. Googleが生成AI向け独自CPU「Google Axion」プロセッサを発表/Intel N100を採用した超小型コンピューティングモジュール「LattePanda Mu」 (2024年04月14日)
  2. これを待ってた! ロープロ版GeForce RTX 4060搭載カードがASUSから登場! (2024年04月13日)
  3. Amazonのタイムセールが「スマイル SALE」に変更 4月19日からゴールデンウィークセール開催 (2024年04月13日)
  4. 「JBL Tune 310C USB」レビュー USB Type-C接続×ハイレゾ対応でAndroidスマホやiPhone 15シリーズにもお勧め! (2024年04月15日)
  5. 自宅の「スマートロック」にありがちな誤解 家から締め出されないために心掛けている実践的な5つのこと (2024年04月12日)
  6. 8コア16スレッドのRyzen 9 7940HS×Radeon 780M搭載! 片手で握れるミニデスクトップPC「GEEKOM A7」の“強さ”をチェック! (2024年04月10日)
  7. 「SwitchBot ハブ2」と「ハブミニ(Matter対応)」のMatter機能がアップデート 多くの同社製デバイスがホームアプリで操作可能に (2024年04月13日)
  8. ロジクールの“ちょい上”パンタグラフ式キーボード「Signature Slim K950」を試す (2024年04月11日)
  9. 無線LANルーター「Aterm」シリーズの一部に複数の脆弱性 設定変更や買い替えをアナウンス (2024年04月11日)
  10. “みんゴル”開発元がQuest向け新作VRゴルフゲームを5月発売 原宿で一足先に体験してきた (2024年04月12日)
最新トピックスPR

過去記事カレンダー