ニュース
» 2008年10月15日 15時46分 公開

Appleスペシャルイベント詳報 中編:MacBook発表のスペシャルイベントに隠されたテーマとは? (2/2)

[鈴木淳也,ITmedia]
前のページへ 1|2       

ジョブズ氏へのQ&A、禁じられた3つの質問とは――

 クック氏の説明が終わると、ジョブズ氏による「MacBook Pro」と「MacBook」の発表が行われた。こちらの詳細は直前のリポートを参照してほしい。

 ちなみに今回のイベントでも恒例の「One More Thing」が披露されたが、その内容はMacBookのフォローアップだった。完全な新製品を期待していた人たちには、ちょっとがっかりな内容だったかもしれない。

 MacBookの紹介が終わると、この手のイベントではめずらしく、ジョブズ氏を交えたQ&Aのコーナーになった。だが、Q&Aの開始にあたり、ジョブズ氏は次から挙げる3つの質問には答えられないので、あらかじめ了承してほしいと参加者に訴えた。その3つの禁止事項とは――。

米Appleデザイン担当SVPのジョニー・アイブ(Jony Ive)氏。新型MacBookファミリーに採用された「ユニボディ」について説明する(写真=左)。「百聞は一見にしかず」ということで、まずは会場の参加者にユニボディのフレームを各々配布して、その様子を体験してもらうことに。先に掲載した“開場直後にすでに着席していた人々”の写真は、実はスタッフで、それぞれ手にユニボディのフレームを抱えてこの瞬間を待っていたわけだ(写真=中央)。イベント終了後はQ&Aのコーナー。実はAppleのこの手のイベントでQ&Aを行うのは非常にめずらしい。ただし質問には条件があり、ある3つの事項についてはいっさい触れてはいけないという。その3つの禁止事項とは……

禁則事項その1

 まずは決算のお話。Appleも上場企業である以上、毎四半期ごとの決算報告は義務だ。同社会計年度で2008年第4四半期(2008年7-9月期)決算の発表が間もなく行われる。10月21日が決算発表日となるが、それに関する質問は同日のカンファレンスコールまで控えてほしいという。仰々しく説明しているが、Appleに限らず上場企業ではお約束ともいえる前置きみたいなものだ。

禁則事項その1は決算の話。米Appleはまもなく四半期(通年)決算報告を控えており、カンファレンスコールのある10月21日までは一切ノーコメントだ

禁則事項その2

 ジョブズ氏は何も言わず、「110/70」という数字のみをスクリーン上に表示した。会場の面々が怪訝(けげん)な表情をして首をかしげていると、突然数字の下に「Steve's blood pressure(スティーブ・ジョブズの血圧)」の文字が表示され会場中が爆笑の渦に。これは同氏の今日の最高血圧と最低血圧のことだ。つまり「頼むから私の健康問題に関する質問は止めてくれ」という同氏のジョークを交えたメッセージだったわけだ。9月のスペシャルイベントでも健康問題をネタにしたジョークを発しており、同氏の持ちネタの1つになりつつある。でも健康の話題はあまりシャレにならないので、日々健康でいてください、猊下(げいか)。

禁則事項その2は“いつもの話”。最近はすでに定番となっているジョブズ氏の健康問題に関する話題だが、今回は先手をとって「110/70。これが今日の私の血圧だ」と回答。健康問題の話お断りと、会場の笑いを誘う

禁則事項その3

 次に表示されたスライドは米ニューヨーク証券取引所(NYSE)のビルの写真だ。近年の金融市場崩壊で経済情勢や各社の業績への見通しが話題となっており、この手の企業トップを交えた会議では毎回質問の1つとして出てくる。筆者が前日にあたる13日に取材した米Sun Microsystemsの製品発表会でも、同社CEOのジョナサン・シュワルツ(Jonathan Schwartz)氏が登場して経済見通しに関する短い公式コメントを発表している。いまではシリコンバレー企業時価総額トップ5に入るAppleがこの問題の渦中にあるのは間違いないが、「せっかくの製品発表会なので、製品に関する質問を優先してほしい」という同氏のメッセージなのだと考えられる。

禁則事項その3は経済情勢の話。最近は企業トップが登場すると、必ず経済情勢に関する見通しやコメントを求めるのが通例だ。「いちおう私も米国を代表する企業トップの1人だが、この場でコメントすることでもないだろう」

 以上を踏まえたうえで質問コーナーが開始された。その中で、筆者が特に気になったコメントをピックアップしておく。

 まず、MacBook Proの17インチモデルは今回はアップデートされない。タイミングは未定だが、今後何らかのアナウンスを行う(ただし、17型ワイド液晶ディスプレイ搭載のMacBook Proは、ボディをそのままに1920×1200表示のLEDバックライトディスプレイと、320Gバイト(5400rpm)のHDDを標準搭載するなど、マイナーチェンジを行っている。ここでいうアップデートはユニボディを採用したメジャーアップデートのことだと思われる)。

 次に、Blu-rayへの対応は現時点で未定。Blu-rayは素晴らしい技術だが、ライセンス条項が複雑で現時点での選択肢としては難しい、HDMIインタフェースの採用についても同様、という回答だ。

 そして最後に、Netbook製品のリリースについて。同社によれば、Netbook市場はまだ立ち上がったばかりということもあり、“様子見”の状態だという。


 すでにウワサレベルで登場しているBlu-rayやNetbookに関する話題だが、質問への回答を見る限りでは、まだ検討の前段階にとどまっているようだ。

前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう