「この反響はマジで予想外でした」――猛烈に売れるSandy Bridge古田雄介のアキバPickUp!(3/4 ページ)

» 2011年01月11日 14時48分 公開
[古田雄介&ITmedia アキバ取材班,ITmedia]
※本記事はアフィリエイトプログラムによる収益を得ています

「エンコもできるホームサーバマシンも」――H67マザーの小型マシン需要も期待される

同店のASUSTeK製micro ATXマザー売り場は、開店から数時間で2モデル分の空きができていた

 H67マザーは、micro-ATXやmini-ITXサイズのラインアップでヒットモデルが複数みられた。ASUSTeKのmicro-ATXマザー「P8H67-M PRO」(1万4000円弱)と「P8H67-M EVO」(1万6000円弱)を昼までに売り切ったソフマップ秋葉原本館は、「micro-ATXマザーは入荷数が少なくて、人気モデルはすぐに完売となってしまいました。H67マザーはグラフィックスカードなしで安く組みたいという方に人気がありますが、そうなると拡張性を抑えて割安にしたmicro ATXタイプに人気が集まるわけです。実際、無印のCore i5-2xxxと安いH67マザーを選べば5万円程度でそこそこのPCを組むことも可能ですからね。対AMDという面でも興味深いマザーだと思います」と期待を込める。

 mini ITXサイズのH67マザーに興味を持つ店員さんも多い。ツートップ秋葉原本店は「新Core iシリーズの内蔵GPUは、Kシリーズ以外はどのラインアップでも同じなので、低価格なCore i5、今後出てくるCore i3などと組み合わせれば、ION以上の性能を持つ小型マシンが作れます。さらにエンコード性能も飛躍的に上がっているので、動画ファイルを保存するファイルサーバとして使うのも面白いですよね。サーバ側にエンコード処理を任せればメインマシンの負担はかなり減りますし、HDDの消費も最小限に抑えられます」と具体的な提案を織り交ぜて魅力を語った。

 また、パソコンハウス東映も「H67はH5x世代よりも完成度がかなり高まっているようなので、小型のリビングPCを新調するのもいいでしょう。最初からmini ITXのラインアップが充実しているので、その気になれば、TDP 65ワットのCore i5-2400Sを載せたマシンが今すぐ作れますしね」とプッシュしていた。

ZOTAC「H67ITX-WiFi」とFOXCONN「H67S」。価格は順に1万7000円前後と9000円弱(写真=左)。パソコンハウス東映に並んだH67搭載のmini-ITXマザー(写真=中央)。小型マシン向けに注目されているCore i5-2400S(写真=右)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセストップ10

2024年05月26日 更新
  1. 横幅が約58.2cm! 200%サイズのキーボード&振動するゲーミングチェアの実機が店頭に (2024年05月25日)
  2. サンワのペン型マウス「400-MAWBT202」を試す 充実の多機能、狭い場所で作業できる喜び (2024年05月24日)
  3. 次世代スイッチの主流となるか!? 磁気式アナログ検出スイッチ搭載の75%キーボード「VK720A」を普段使いの視点で試す (2024年05月24日)
  4. あなたのPCのWindows 10/11の「ライセンス」はどうなっている? 調べる方法をチェック! (2023年10月20日)
  5. Snapdragon X Elite搭載の「Snapdragon Dev Kit for Windows」登場/Microsoftが「Team Copilot」や「Copilot Studio」の新機能を発表 (2024年05月26日)
  6. Next GIGAで学習用端末のOSシェアが大きく変わる? PCメーカーやプラットフォーマーの動き【後編】 (2024年05月23日)
  7. スポットライトも内蔵! 屋外監視に適したネットワークカメラを試す (2024年05月17日)
  8. Philips、Type-C接続に対応したスタンダード23.8型/27型フルHD液晶ディスプレイ (2024年05月24日)
  9. SIEが自社製「nasne」のサポート業務を7月25日で終了 一部機能も2027年7月末までに提供終了 録画番組はバッファロー製に移行可能 (2024年05月24日)
  10. JBL、Type-C有線接続型のハイレゾ対応オープン型イヤフォン「JBL TUNE305C」 (2024年05月23日)
最新トピックスPR

過去記事カレンダー