ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「銀聯」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「銀聯」に関する情報が集まったページです。

改札にクレカかざして乗車、ほぼ全ての東急線で15日から 事前のチケット購入不要に
東急電鉄はタッチ決済に対応したクレジットカードなどを使用した後払い乗車サービスの実証実験を、世田谷線を除く東急線全駅で5月15日より開始する。タッチ決済対応のデビットカードやプリペイドカード、クレジットカードを設定したスマートフォンなども利用できる。(2024/5/10)

西武鉄道がクレジットカードなどの「タッチ決済」での乗車を実証実験 21駅を対象に2024年度後半から
西武鉄道が、21駅を対象にタッチ決済対応のクレジット/デビット/プリペイドカードやスマートフォンなどを活用した乗車サービスの実証実験を実施する。タッチ決済用のNFCリーダーの他、二次元コードリーダーも併設することで多用な乗車サービスを検証できるようにする。(2024/3/28)

京王電鉄、「クレカのタッチ決済」で乗車可能に 23年度中にスタート
京王電鉄は、クレジットカードのタッチ決済を2023年度中に導入し、新たな乗車サービスの実証実験を開始すると発表した。24年度内に全ての駅で導入するとしている。(2023/12/13)

クレカのタッチで改札通過 関西の私鉄3社が対応へ
阪急電鉄、阪神電鉄、近畿日本鉄道の3社はそれぞれ、タッチ決済対応のクレジットカードなどを使って通過できる改札を設置すると発表した。(2023/11/7)

近鉄/阪急/阪神がカードの「タッチ決済」乗車サービスを提供 2024年内に
近畿日本鉄道(近鉄)、阪急電鉄、阪神電鉄がタッチ決済対応のカードやスマートフォンでの鉄道乗車サービスを開始する。時期は2024年内を予定し、対応決済ブランドはVisa、JCB、American Express、Diners Club、Discover、銀聯。(2023/11/2)

経済の「雑学」:
インバウンド需要復活 空港や観光地のローソンでどんな商品が爆売れしているのか?
インバウンド需要が本格的に復活している。では、コンビニではどんな商品が売れているのか。ローソンが開示した情報から見えてきたものとは?(2023/8/13)

自販機で15種類以上のQRコード決済が利用可能に コカ・コーラ ボトラーズジャパンが「QR de決済」を開始
コカ・コーラ ボトラーズジャパンは6月7日、1都2府35県に設置の自動販売機に新サービス「QR de決済」を導入。PayPayなどを含む15種類以上のQRコード決済が使えるようになった。ニュースリリースで使い方を説明している。(2023/6/8)

コカ・コーラの自販機、15種以上のQRコード決済に対応 インバウンド需要で
コカ・コーラ ボトラーズジャパンは7日、飲料自動販売機で15種類以上のQRコード決済が利用できるサービス「QR de決済」を発表した。9日から1都2府35県で展開する。(2023/6/7)

全国約2万の郵便局窓口へキャッシュレス決済を導入 2023年9月末まで
日本郵便は、2023年9月末までに全国約2万の直営郵便局の窓口へキャッシュレス決済を導入。クレジットカードは6ブランド、電子マネーは4ブランド、スマホ決済は11ブランドに対応する。(2023/6/7)

箱根エリアの交通網にタッチ決済やQRチケットを導入 2023年夏めど
小田急箱根グループの交通機関各駅が、タッチ決済の専用端末を設置。タッチ決済対応のカードやタッチ決済とQRコードを活用した電子チケットの読み取り機能が一体化し、2023年夏の運用開始を目指す。(2023/4/12)

箱根エリアの交通にタッチ決済とQR認証導入 箱根海賊船も 夏から
小田急箱根グループが運営する箱根エリアの交通網に、クレジットカードのタッチ決済とQRコード認証がこの夏、導入される。訪日外国人向けに利便性を高めるほか、駅業務の効率化を狙う。(2023/4/12)

Mastercardと銀聯は後日対応:
江ノ島電鉄の「タッチ決済」乗車は4月15日から全駅で Visaなど5ブランドに対応
江ノ島電鉄などが予告していた「タッチ(EMVコンタクトレス)決済」による乗車サービスの提供が4月15日からから始まることになった。サービス開始当初はVisa、JCBなど5ブランドのタッチ決済対応カードで利用できるが、Mastercardと銀聯のタッチ決済には後日対応となる。(2023/4/10)

クレカのタッチ決済で乗車、江ノ電が今春対応へ 首都圏の鉄道で初
江ノ島電鉄が今春、クレジットカードのタッチ決済による乗車に対応する。4月以降、江ノ電全駅にタッチ決済対応の改札機を導入する。タッチ決済対応は首都圏の鉄道事業者では初めて。(2023/3/3)

江ノ島電鉄、全駅でタッチ決済の乗車サービスを提供 4月以降に
江ノ島電鉄らは、4月以降に全駅でタッチ決済対応のカード(クレジット、デビット、プリペイド)やスマートフォンなどでの乗車サービスを提供開始。地域住民や国内外からの観光客の利便性向上を目指す。(2023/2/15)

江ノ電全駅がクレカのタッチ決済に対応 首都圏で初 今春から
江ノ島電鉄と三井住友カード、JCBなど6社は2月15日、今春から江ノ島電鉄全線でタッチ決済による鉄道乗車を実施すると発表した。実験ではない本格導入は、首都圏では初。(2023/2/15)

福岡市地下鉄、クレカタッチ決済乗車の実証実験を全駅に拡大 Visa以外にも対応
福岡市地下鉄で行われている、クレジットカードを使って地下鉄に乗車できる実証実験が拡大する。Visaブランド以外でも利用可能に(2023/1/10)

クレカやデビットカードで増えてる謎の“波マーク” 一体ナニモノ?
クレジットカードやデビットカードに「波マーク」が付いたものが増えていることにお気付きでしょうか。この「波マーク」は一体何を意味するのでしょうか。そして、スマートフォンと関係があるそうなのですが、どういうことなのでしょうか……?(2022/11/12)

USJは「Alipay」など導入:
USJ・東京ディズニーリゾート、キャッシュレス決済の現在地 比較で分かった2大テーマパークの特徴とは?
日本を代表する2大テーマパーク「USJ」「東京ディズニーリゾート」について、キャッシュレス決済の対応状況というテーマで比較した。(2022/10/13)

鹿児島市電でタッチ決済乗車実験 Visa以外の6国際ブランドにも対応
交通系ICカードではなく、クレジットカードのタッチ決済を使った公共交通機関乗車が、また一歩進んだ。国内ではVisaのタッチ決済を使った実験が先行していたが、この度始まる鹿児島市電での実証実験では、Visaだけでなく各種国際カードブランドについても検証を行う。(2022/10/6)

DMMの「Mastercard取引停止」で考える“カード決済の裏” クレカの扱いがなくなる複数の理由
先日、DMMがMastercardの決済を7月29日以降終了することが突然アナウンスされて話題になった。この件に関していろいろ臆測を含めたニュースが複数出ているが、「クレジットカードの決済が停止される」という背景について改めて考えてみたい。(2022/8/3)

中国のブロックチェーン活用事例は世界とは違う? 中国が目指す未来の世界とは
暗号資産取引を2021年に「全面禁止」した中国だが、ブロックチェーンの社会実装は進んでいるようだ。世界各国とは違う形で進化する中国のブロックチェーン事情を解説する。(2022/6/30)

ヤマーとマツの、ねえこれ知ってる?:
コミケでキャッシュレス決済は普及するのか? サークル参加した副編集長に現場の様子を語らせた
丸2年ぶりの開催となったコミックマーケット(今回はC99)。コロナ禍以降では初の開催であり、感染予防対策などでデジタル技術が導入された回でもあった。現場の様子をサークル参加した副編集長が語る。(2022/1/7)

不安は:
中国・韓国・日本のキャッシュレス決済調査、各国の特徴は?
銀聯国際日本支社は、中国・韓国・日本の「現金とキャッシュレス決済に関する調査」を実施。各国で最も使われる決済方法は何か、月にどのくらい現金もしくはキャッシュレス決算を使用しているか、キャッシュレス化への不安などを聞いた。(2021/8/18)

日中韓のキャッシュレス決済調査 現金使用額は日本がトップ、スマホ決済は?
銀聯国際日本支社は、日本、中国、韓国を対象とした「現金とキャッシュレス決済に関する調査」の結果を発表。月額での現金使用額は日本がトップとなり、キャッシュレス化への不安要素は3カ国とも「セキュリティ」となった。(2021/8/16)

日本人の現金使用額は中国人の7倍 銀聯が日中韓のキャッシュレス動向を調査
カードブランド「銀聯」(UnionPay)を運営する中国・銀聯国際の日本支社による、日中韓300人へのキャッシュレス決済の動向調査によると、日本人の現金使用額は中国人の約7倍であることが分かった。(2021/8/16)

モバイル決済の裏側を聞く:
コロナ禍でリアルからデジタルへ劇的に加速 「PayPal」好調の理由を聞く
新型コロナウイルスの影響で伸びているのがオンラインショッピングだ。オンラインを中心に決済サービスを提供しているPayPalは、2020年第2四半期の新規アカウント数が前年比で約140%増加した。「ニューノーマル」の時代におけるPayPalの戦略を、インターナショナルマーケット担当シニアバイスプレジデントのCameron McLean氏に聞いた。(2020/10/7)

Apple PayのPASMOは「1000万ユーザーを目指す」 Suicaにはない特徴とは?
PASMO協議会が10月6日、Apple PayでのPASMOのサービスを開始した。モバイルに対応することで券売機でチャージをする必要がなくなる。Apple PayのPASMOはどのように使うのか。またSuicaにはないメリットとは?(2020/10/6)

全国約8500の郵便局がキャッシュレス決済導入 7月7日から順次
日本郵便は、7月7日から全国約8500の郵便局へキャッシュレス決済を順次導入。各種料金の支払いや切手などの購入にクレジットカード、交通系ICなどの電子マネー、スマホ決済が利用できるようになる。(2020/6/29)

「Mi Smart Band 5」は画面が大きく、マグネット式充電採用、エヴァのウォッチフェイスも
Xiaomi(小米科技)が「Mi Smart Band 5」を発表した。カラー有機ELディスプレイが先代より20%大きくなり、バンドから外さずに充電できるようになった。中国では間もなく189元(非NFCモデル。約2900円)で発売し、それ以外の地域では7月発売の予定だ。(2020/6/12)

18サービスに対応したコード決済統一規格「JPQR」、6月22日に受付開始
総務省はコード決済の統一規格「JPQR」普及に向け、6月22日から導入店舗のWeb申し込みを受付開始する。「LINE Pay」や「メルペイ」など18サービスに対応し、それぞれの加盟店手数料も公開した。(2020/6/5)

18種の“○○Pay”に対応 統一QRコードを導入したい店舗のWeb受付開始 加盟店手数料も公開
総務省が、主要なキャッシュレス決済サービスに対応したQRコードの統一規格「JPQR」のWeb受付を22日に開始する。導入を希望する全国の店舗から申し込みを受け付け、「LINE Pay」や「メルペイ」など計18サービスを一括で申し込みできる。各決済サービスの加盟店手数料も公開した。(2020/6/5)

コード決済の統一規格「JPQR」、店舗提示型が全国で本格運用
キャッシュレス推進協議会は、4月27日にコード決済の統一規格「JPQR」(店舗提示型コード決済)の本格運用を開始。あわせて、JPQRの一方式として「請求書払い」を新たに規定した。(2020/4/28)

1つで13事業者のコード決済に対応できる統一QRコード「JPQR」全国でスタート 請求書払いも統一
経済産業省は、JPQRに準拠した店舗掲示型決済コードの本格運用を始めた。QRコード決済を導入する店舗は、JPQR準拠のコードをレジ置くだけで、13種のQRコード決済に対応できる。(2020/4/27)

全国のラオックスが「PayPay」と「au PAY」に対応
ラオックスは、2月13日に全国のラオックス店舗でQRコード決済「PayPay」「au PAY」を導入。なお銀座EXITMELSA、関西国際空港店は除く。(2020/2/13)

郵便局がキャッシュレス決済を導入 コード決済も利用可能
郵便局の郵便窓口が、2月3日にキャッシュレス決済へ対応。 郵便料金や切手などの購入、物販商品の支払いにクレジットカード、非接触決済、コード決済を利用できるようになる。(2020/2/3)

Airペイがau Payに続きdポイントにも対応 残るは楽天対応
リクルートライフスタイルが、店舗向け決済サービス「Airペイ」の決済手段を強化している。2020年1月にはUnionPay(銀聯)に、1月30日からはau PAYにも対応した。また4月からはdポイントの取り扱いも開始する。(2020/1/30)

SBペイメントサービス、EC事業者向けに「PayPay」を導入
ソフトバンクの子会社であるSBペイメントサービスは、同社が提供しているEC事業者向けオンライン決済サービスで「PayPay(オンライン決済)」の対応を開始。時期は2020年1月中を予定する。(2019/12/16)

メルカリの商品、海外からも購入可能に 代理購入サービスと連携
メルカリは、日本から出品された商品を海外から購入できるサービスを開始。BEENOS子会社の代理購入サービス「Buyee」を通じ、海外在住者のニーズに応える。(2019/11/15)

飛天ジャパンが強固なセキュリティを搭載したQRコード決済端末「ePayPOS QE41」を発表 11月に出荷開始
飛天ジャパンがQRコード決済端末「ePayPOS QE41」を発表。11月に出荷を開始する。国内外の主要なQRコード決済に対応し、店員と利用者が双方で金額を確認できるダブル・ディスプレイを備えていることが特徴だ。(2019/11/11)

JapanTaxiの決済機付きタブレット、非接触IC決済サービス3種に対応
JapanTaxiが提供するタクシー後部座席設置型のセルフレジ型マルチ端末「決済機付きタブレット」が、非接触IC決済サービス「Mastercardコンタクトレス」「JCBコンタクトレス」「American Expressコンタクトレス」に対応する。(2019/11/1)

郵便局がキャッシュレス決済を本格導入 2020年2月から順次
全国の郵便局でキャッシュレス決済が本格導入されることになった。2020年2月3日から65局で対応し、同年5月までに全国の約8500局で導入される予定だ。(2019/10/25)

モバイル決済で店舗改革:
PayPayだけで決済比率が45%に 居酒屋「よつやのうさぎ」がキャッシュレス化で変わったこと
店舗のキャッシュレス化は、特に中小規模の店舗や、個店にとっては大きな労力が伴う。では、キャッシュレスを導入すると、どんなメリットがあるのだろうか。今回は、PayPayを導入した居酒屋にお話を聞いた。(2019/8/5)

Origami、新規加盟店の決済手数料0%キャンペーン
Origamiは、6月1日から新規加盟店を対象に決済手数料を0%とするキャンペーンを実施。キャンペーン期間は11月30日までとなり、申込受付は7月31日まで行う。決済手数料はOrigami Payに限り、Alipayと銀聯QRは対象外。(2019/5/30)

Origami、6月1日から銀聯QRに順次対応 「ロフト」から対応開始
Origamiが、6月1日から順次「Origami Pay」加盟店における「銀聯QR」での支払いに対応する。全国に先駆け、同日から全国の「ロフト」のOrigami Pay対応店舗で銀聯QRでの支払いを受け付ける。(2019/5/27)

鈴木淳也のモバイル決済業界地図:
QRかICカードか? 交通系チケットシステムを巡る世界の最新事情
廉価版「Suica」のシステムを外販し、海外展開や交通系ICカードシステムの日本全国への普及を目指す計画の可能性が報じられている。一方、地域交通でQRコードを使う取り組みも進みつつある。世界の交通系システム事情も交え、交通系チケットシステムの現状を解説する。(2019/5/24)

リテールテックJAPAN2019:
スマホ1台でコード決済を導入できる SBペイメントのキャッシュレス戦略
2018年からスマホ決済、特にバーコードやQRコードを使ったコード決済がにわかに盛りあがっている。しかし店舗にとっては、扱うサービスが増えるほどオペレーションが煩雑になる。そこで注目したいのが、SBペイメントサービスの決済ソリューションだ。(2019/3/7)

SBペイメントサービスの店舗向け決済が「d払い」「楽天ペイ」「LINE Pay」「Origami Pay」に対応
SBペイメントサービスの提供する店舗向け決済サービスが、3月4日から「d払い」「楽天ペイ(アプリ決済)」「LINE Pay」「Origami Pay」に対応。これにより、店舗向けQRコード決済アプリ「S!Can」やマルチ決済端末「VEGA3000」をはじめ、QRコード決済端末「SUNMI」やAPI方式の導入で複数のQRコード決済を簡単に導入することができるようになる。(2019/3/4)

クレカやQRコードに対応、Android搭載マルチ決済端末 アルファノートから
アルファノートは、2月20日にAndroid搭載マルチ決済端末「A8」をリリースした。クレジットカード決済やQRコード決済をはじめ、ポイント機能や免税処理システムなど、多種多様な決済手段に対応する。ベンダー・Sireによるカスタマイズも可能で、7月末までキャンペーン価格の2万9800円(税別)で販売する。(2019/2/20)

鈴木淳也のモバイル決済業界地図:
海外のキャッシュレス事例にみる、日本の決済に必要なもの
2019年以降、日本のキャッシュレス市場はどう変わるのか。またどうあるべきなのか。海外のキャッシュレス導入事例を挙げつつ、日本にキャッシュレスに必要なもののヒントを探りたい。海外では、日本では見られない、ユーザー視点のユニークな取り組みが多い。(2019/1/14)

鈴木淳也のモバイル決済業界地図:
iOS 12と新型iPhoneを取り巻く「Apple Pay」最新事情
2016年10月に日本にもApple Payが正式上陸してから2年が経過した。Apple Payの登場は「モバイル決済」というジャンルに大きな変革を促した。そんなApple PayがiOS 12と新型iPhoneでどのように変化し、モバイル決済の世界にどのような影響を与えたのかをまとめた。(2018/12/25)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。