ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「銀聯」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「銀聯」に関する情報が集まったページです。

全国のラオックスが「PayPay」と「au PAY」に対応
ラオックスは、2月13日に全国のラオックス店舗でQRコード決済「PayPay」「au PAY」を導入。なお銀座EXITMELSA、関西国際空港店は除く。(2020/2/13)

郵便局がキャッシュレス決済を導入 コード決済も利用可能
郵便局の郵便窓口が、2月3日にキャッシュレス決済へ対応。 郵便料金や切手などの購入、物販商品の支払いにクレジットカード、非接触決済、コード決済を利用できるようになる。(2020/2/3)

Airペイがau Payに続きdポイントにも対応 残るは楽天対応
リクルートライフスタイルが、店舗向け決済サービス「Airペイ」の決済手段を強化している。2020年1月にはUnionPay(銀聯)に、1月30日からはau PAYにも対応した。また4月からはdポイントの取り扱いも開始する。(2020/1/30)

SBペイメントサービス、EC事業者向けに「PayPay」を導入
ソフトバンクの子会社であるSBペイメントサービスは、同社が提供しているEC事業者向けオンライン決済サービスで「PayPay(オンライン決済)」の対応を開始。時期は2020年1月中を予定する。(2019/12/16)

メルカリの商品、海外からも購入可能に 代理購入サービスと連携
メルカリは、日本から出品された商品を海外から購入できるサービスを開始。BEENOS子会社の代理購入サービス「Buyee」を通じ、海外在住者のニーズに応える。(2019/11/15)

飛天ジャパンが強固なセキュリティを搭載したQRコード決済端末「ePayPOS QE41」を発表 11月に出荷開始
飛天ジャパンがQRコード決済端末「ePayPOS QE41」を発表。11月に出荷を開始する。国内外の主要なQRコード決済に対応し、店員と利用者が双方で金額を確認できるダブル・ディスプレイを備えていることが特徴だ。(2019/11/11)

JapanTaxiの決済機付きタブレット、非接触IC決済サービス3種に対応
JapanTaxiが提供するタクシー後部座席設置型のセルフレジ型マルチ端末「決済機付きタブレット」が、非接触IC決済サービス「Mastercardコンタクトレス」「JCBコンタクトレス」「American Expressコンタクトレス」に対応する。(2019/11/1)

郵便局がキャッシュレス決済を本格導入 2020年2月から順次
全国の郵便局でキャッシュレス決済が本格導入されることになった。2020年2月3日から65局で対応し、同年5月までに全国の約8500局で導入される予定だ。(2019/10/25)

モバイル決済で店舗改革:
PayPayだけで決済比率が45%に 居酒屋「よつやのうさぎ」がキャッシュレス化で変わったこと
店舗のキャッシュレス化は、特に中小規模の店舗や、個店にとっては大きな労力が伴う。では、キャッシュレスを導入すると、どんなメリットがあるのだろうか。今回は、PayPayを導入した居酒屋にお話を聞いた。(2019/8/5)

Origami、新規加盟店の決済手数料0%キャンペーン
Origamiは、6月1日から新規加盟店を対象に決済手数料を0%とするキャンペーンを実施。キャンペーン期間は11月30日までとなり、申込受付は7月31日まで行う。決済手数料はOrigami Payに限り、Alipayと銀聯QRは対象外。(2019/5/30)

Origami、6月1日から銀聯QRに順次対応 「ロフト」から対応開始
Origamiが、6月1日から順次「Origami Pay」加盟店における「銀聯QR」での支払いに対応する。全国に先駆け、同日から全国の「ロフト」のOrigami Pay対応店舗で銀聯QRでの支払いを受け付ける。(2019/5/27)

鈴木淳也のモバイル決済業界地図:
QRかICカードか? 交通系チケットシステムを巡る世界の最新事情
廉価版「Suica」のシステムを外販し、海外展開や交通系ICカードシステムの日本全国への普及を目指す計画の可能性が報じられている。一方、地域交通でQRコードを使う取り組みも進みつつある。世界の交通系システム事情も交え、交通系チケットシステムの現状を解説する。(2019/5/24)

リテールテックJAPAN2019:
スマホ1台でコード決済を導入できる SBペイメントのキャッシュレス戦略
2018年からスマホ決済、特にバーコードやQRコードを使ったコード決済がにわかに盛りあがっている。しかし店舗にとっては、扱うサービスが増えるほどオペレーションが煩雑になる。そこで注目したいのが、SBペイメントサービスの決済ソリューションだ。(2019/3/7)

SBペイメントサービスの店舗向け決済が「d払い」「楽天ペイ」「LINE Pay」「Origami Pay」に対応
SBペイメントサービスの提供する店舗向け決済サービスが、3月4日から「d払い」「楽天ペイ(アプリ決済)」「LINE Pay」「Origami Pay」に対応。これにより、店舗向けQRコード決済アプリ「S!Can」やマルチ決済端末「VEGA3000」をはじめ、QRコード決済端末「SUNMI」やAPI方式の導入で複数のQRコード決済を簡単に導入することができるようになる。(2019/3/4)

クレカやQRコードに対応、Android搭載マルチ決済端末 アルファノートから
アルファノートは、2月20日にAndroid搭載マルチ決済端末「A8」をリリースした。クレジットカード決済やQRコード決済をはじめ、ポイント機能や免税処理システムなど、多種多様な決済手段に対応する。ベンダー・Sireによるカスタマイズも可能で、7月末までキャンペーン価格の2万9800円(税別)で販売する。(2019/2/20)

鈴木淳也のモバイル決済業界地図:
海外のキャッシュレス事例にみる、日本の決済に必要なもの
2019年以降、日本のキャッシュレス市場はどう変わるのか。またどうあるべきなのか。海外のキャッシュレス導入事例を挙げつつ、日本にキャッシュレスに必要なもののヒントを探りたい。海外では、日本では見られない、ユーザー視点のユニークな取り組みが多い。(2019/1/14)

鈴木淳也のモバイル決済業界地図:
iOS 12と新型iPhoneを取り巻く「Apple Pay」最新事情
2016年10月に日本にもApple Payが正式上陸してから2年が経過した。Apple Payの登場は「モバイル決済」というジャンルに大きな変革を促した。そんなApple PayがiOS 12と新型iPhoneでどのように変化し、モバイル決済の世界にどのような影響を与えたのかをまとめた。(2018/12/25)

店舗のQRコード決済導入を簡単に ソフトバンクがアプリ提供
ソフトバンク・ペイメント・サービスは、店舗が簡単にQRコード決済を導入できるアプリ「S!can」(スキャン)の提供を12月中に始める。(2018/12/4)

ソフトバンク、店舗向けQR決済アプリ「S!can」提供 第1弾は「銀聯QRコード決済」に対応
ソフトバンク・ペイメント・サービスは、12月中に店舗でのキャッシュレス決済を実現するQRコード決済アプリ「S!can(スキャン)」の提供を開始する。まずは第1弾として「銀聯QRコード決済」に対応し、今後も対応するQRコード決済サービスを拡充していく。(2018/12/4)

ミニストップ、12月17日から「楽天ペイ」「PayPay」「LINE Pay」に対応
ミニストップは、12月17日からスマホ決済サービス「楽天ペイ(アプリ決済)」「PayPay」「LINE Pay」に対応。これに合わせ、各種サービスでポイントプレゼントや決済金額還元などのキャンペーンも実施する。(2018/12/3)

ミニストップがバーコード決済導入 「PayPay」「LINE Pay」「楽天ペイ」対応
ミニストップは、スマートフォンを使ったバーコード決済サービスを17日から全国の店舗に導入すると発表した。「PayPay」「LINE Pay」「楽天ペイ(アプリ決済)」に対応する。(2018/12/3)

ソフトバンク、クレジットカードや電子マネー対応のマルチ決済端末を提供
ソフトバンク・ペイメント・サービスはクレジットカード、銀聯カード、電子マネーに一括対応する店舗向けマルチ決済端末「VEGA3000」の提供を開始。キャッシュレス化に向けた動きや訪日観光客など、さまざまな決済ニーズに対応することができるようになる。(2018/11/12)

モスバーガーがセルフレジ導入 都内と関西の7店舗から
モスバーガーがセミセルフレジを導入する。会計時間を短縮し、昼時などのレジ回転数を高める狙い。(2018/11/6)

マツキヨ、全国約1600店舗で中国のモバイル決済サービス「Alipay」に対応
ドラッグストア「マツモトキヨシグループ」は、ほぼ全店舗で「Alipay(支付宝)」の取り扱いを開始。訪日中国人をはじめとしたインバウンド対応によるロイヤリティー向上を目指す。(2018/10/31)

完全キャッシュレス店舗「大江戸てんや」10月2日オープン
天ぷら・天丼専門店「てんや」を展開するテン コーポレーションが、完全キャッシュレスのセルフタイプ型店舗を東京・浅草に出店。4カ国語に対応する多言語タブレットで注文を受け付け、IT化による業務軽減と訪日外国人のニーズへ応えてた店舗運営を行う。(2018/10/1)

Origamiが決済プラットフォームをオープン化、個人間送金の提供も
Origamiが、決済プラットフォームをオープン化した「提携Pay」を発表。外部パートナーがOrigamiの決済機能や加盟店ネットワークを活用できるようになる。Origami Payの機能も拡張し、2018年度内に個人間送金も開始する予定。(2018/9/21)

JapanTaxi、キャッシュレス決済機付きのタクシー向けタブレットを順次全国展開
JapanTaxiはクレジットカードや交通系IC・電子マネーなど複数決済が可能なカードリーダー端末と、広告タブレットが一体化したタクシー向け「決済機付きタブレット」を9月から順次全国展開する。QRコード決済に対応した「広告タブレット」と合わせ、全国で合計5万台の搭載を目指す。(2018/9/3)

ドコモほか、宮古島で訪日外国人向けキャッシュレス化トライアルを実施
NTTドコモらは、7月2日からキャッシュレス決済促進などを目的とした「宮古島訪日外国人送客およびキャッシュレス化トライアル」を実施。モバイル決済サービス「Anywhere」を用いたクレジットカード決済環境の整備など、訪日外国人向けの施策を展開する。(2018/7/2)

鈴木淳也のモバイル決済業界地図:
交通系ICカードとモバイルの“悩ましい関係”
日本のSuicaをはじめ、交通系ICカードのモバイル対応が世界中で進んでいる。海外では、旅行者が手持ちのクレジットカードそのまま乗車できる仕組みが、Apple PayやGoogle Payと連携しているケースもある。ただしモバイル対応にはさまざまな課題がある。(2018/6/26)

PayPalが7月から順次「銀行口座」支払いに対応 都市銀・ゆうちょ銀口座保有者対象
PayPalのパーソナルアカウントにおいて、クレジットカード・デビットカードに加えて「銀行口座」を登録できるようになる。都度購入だけではなく、定期的な支払いにも利用できる。(2018/6/25)

訪日外国人も便利に支払い:
モスバーガー、クレジットカード払いが可能に 銀聯などに対応
モスフードサービスは3月14日から、「モスバーガー」(全国1344店舗)でクレジットカードによる決済に対応する。(2018/3/13)

モスバーガーでカード決済可能に iDにも対応へ
全国の「モスバーガー」1344店舗で3月14日から、クレジットカード決済に対応する。今後「iD」決済にも対応する予定だ。(2018/3/13)

鈴木淳也のモバイル決済業界地図:
なぜいま日本で「QRコード決済」が注目を集めているのか?
LINEや楽天に加え、ドコモも参入することが決まった「QRコード決済」。国内3大メガバンクがQRコード決済で規格を統一するという報道もある。なぜ今、QRコード決済が注目を集めているのか。(2018/3/13)

鈴木淳也のモバイル決済業界地図:
世界の決済事情から考える「日本でモバイル決済が普及しない理由」
日本ではスマートフォンを使ったモバイル決済の認知度は高いものの、利用率は低い状況が続いている。一方中国では、日本とは対照的に、AlipayやWeChat Payが急速に市民権得ている。今回は、日本を含む世界の決済事情について読み解いていく。(2018/1/22)

モバイル決済の裏側を聞く:
“楽天のエコシステム”で日本のキャッシュレス化を推進 「楽天ペイ」の狙い
2017年3月に楽天は「楽天ペイブランド構想」を発表。キャッシュレス決済が足踏み状態にある日本を、楽天のエコシステムで変えていくという。2020年を見据えた同社の戦略を聞いた。(2018/1/9)

ET2017 特別講演レポート:
坂村健氏が見る中国シェアリングエコノミーの拡大とIoTの真価
「Embedded Technology 2017」「IoT Technology 2017」の特別講演に、東洋大学教授の坂村健氏が登壇。「オープンIoTで広がる未来、IoTからIoSへ」をテーマに、オープンIoTの考え方から実現のためのフレームワークアーキテクチャ、実践に向けての取り組みになどについて説明した。(2017/12/11)

海外店舗事業は撤退が続くが……:
伸び悩むヴィレヴァン、越境ECに注力 tensoと提携
「遊べる本屋」をコンセプトに独自路線で成長してきた書店「ヴィレッジヴァンガード」が、tensoと業務提携し越境ECに力を入れる。国内は売り上げが伸び悩み、海外展開では撤退が続いていた。(2017/8/3)

モバイル決済の最先端:
「アリペイ」が中国社会に与えたインパクト
モバイル決済の普及が進んでいない日本。一方で中国は「アリペイ」を中心に、モバイル決済やフィンテックサービスが爆発的に普及している。モバイル決済の最先端の社会では、どのようなことが起こっているのだろうか。(2017/7/3)

日本のAmazonが「銀聯カード」に対応
「銀聯」のクレジットカードが、Amazon.co.jpで使えるようになった。(2017/3/15)

ドン・キホーテが訪日客に選ばれ続けるワケ
総合ディスカウントストア、ドン・キホーテを訪れる訪日客が増え続けている――。同社の取り組みから、2020年に向けて多くの訪日客を呼び込むためのヒントが得られそうだ。(2016/7/22)

高井尚之が探るヒットの裏側:
業界首位を守り続けるマツキヨの“強み”とは
ジャーナリスト・経営コンサルタントの高井尚之氏が、人気企業・人気商品の裏側を解説する連載。今回は市場規模6兆円超のドラッグストア業界で首位を守り続ける「マツモトキヨシ」を読み解く。(2016/6/6)

Apple Pay、中国でスタート 5カ国目
Appleがモバイル決済サービス「Apple Pay」の中国での提供を開始した。世界で5カ国目。China UnionPay(中国銀聯)のクレジットカードおよびデビットカードをサポートする。(2016/2/18)

今年もたくさん買いました:
華やかな話題が多かった2015年のAppleを振り返る
今年注目のトピックは? 2016年のウワサも紹介。(2015/12/28)

Swatch、NFC決済機能搭載アナログ腕時計「Swatch Bellamy」発売へ
スイスの時計メーカーSwatchが、NFC対応カードリーダーでのモバイル決済が可能なアナログ時計「Swatch Bellamy」を2016年1月に中国で、その後、スイス、米国、ブラジルで発売する。(2015/12/1)

マネーの達人:
「かっぱ寿司」でクレジットカード・電子マネー決済が可能に――そのメリットは?
回転寿司の「かっぱ寿司」で、クレジットカードと電子マネーでの決済が可能になりました。今回は、サービス開始の背景と利用者側のメリットについて考えます。(2015/5/21)

Apple、中国でのApp Store決済でChina UnionPayと提携
Appleが、“2番めに大きい市場”である中国でChina UnionPayと提携し、App Storeでのカードによるワンタッチ決済を可能にした。UnionPayは「今後もAppleと協力していく」と語った。(2014/11/18)

ルーターセットで約1万5000円/年:
海外プリペイドSIM導入マニュアル――「中国TD-LTE 2014年」編
中国でも4Gサービスが相次いで開始され、日本同様に高速な通信回線をプリペイドで入手できるようになった。今回は中国移動のTD-LTEを利用すべく、プリペイドのデータSIMとWi-Fiルーターのセットを購入してみた。(2014/4/28)

カナダにみるNFCとモバイルペイメントの最新事情――北米は業界トレンドのリーダーになれるか?
日本では当たり前になりつつある「おサイフケータイ」だが、海外では国によって利用できるサービスや規格などが大きく異なる。今回はカナダのオンタリオ州政府の招待により、トロント周辺エリアでNFC/モバイルペイメント技術に取り組む各社と、現地での最新事情を取材した。(2013/12/19)

山根康宏の中国携帯最新事情:
中華“おサイフ”も秒読み段階!──2013年下半期の中国市場は「LTE」「NFC」に注目せよ
移動体通信事業者がスマートフォン中心にビジネスをシフトする中で、2013年後半は、中国でもLTEとNFCが本格的なサービスを開始する予定だ。(2013/8/5)

ワイヤレスジャパン2013:
ドコモのスマホでクレジット決済「Anywhere」
ドコモのAndroid端末で利用できるクレジットカード決済システム「Anywhere」は、複数回払いや「銀聯」カードにも対応する。(2013/5/30)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。